2011年03月24日

帰省します!

昨日、久しぶりにバンドでスタジオに入りました。こんなときだけど、正直やっぱり楽しかったです。すごく楽しかった。それから演奏も楽しかったけど、人と会って話すことって自分にとってこんなにも大事なことなんだって痛感しました。ライブもほとんど中止・延期になってるし、リハもなかったから、ほぼ毎日一人だったんです。一回だけカノソとご飯行ったけどね。みんなも知っての通り、僕はお喋りが大好きなので...昨日は元気出ました☆それまでがひどく落ち込んでいたとかでもないんですけどね。だって僕が痛んでたって、それで誰かが救われるわけじゃないし。だからと言っていつも通りでいられるわけでもないけど。


そんなことをブログに書こうとしていた昨日の夜、急に熱が出ました。結構上がったので「うわーまさかインフルエンザ!?」と思ったのですが、今朝は大分熱が下がっていました。けど明日から仙台に帰る予定なので病院に行ってきました。何一つ不自由してない僕がダウンしちゃうなんて、情けない話です。。。


I played the drum after a long time in the band yesterday. I was very happy. Talking with the people as much as the drum is played for me is also happy. I like to talk with someone. I became energetic yesterday☆Almost live scheduled was discontinued. Therefore, there was not a rehearsal in the band either. And, I was lonely for these several days. However, I went to supper only once with Kanonn. I think. It is very important to feel someone's sadness together. However, I cannot save someone only by it.

I saw the image that Cafekko a lot overseas sent the message to Japan and AN CAFE. Thank you.However,overseas Cafekko cannot read the FC blog of AN CAFE. Miku and I talked.We improved power during this year. Therefore, we can make more powerful AN CAFE.

I will return to Sendai from tomorrow.

☆My blog became new. It is an ameba blog.
http://ameblo.jp/antic-cafe-teruki/




ancafe_teruki at 21:19|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

3月30日、公演中止のお知らせ。

11.3/30(水)に町田 cloveにて開催を予定しておりましたSpyralcall出演のライブイベント「BLACK RUN PRESENTS“俺様BD前夜祭~わがまま言わせて~”」ですが、この度の大震災を受け、未だ続く余震や各所被害状況を考慮致しまして、安全面に大事をとり、中止とさせて頂く運びとなりました。何卒ご理解ご了承を頂けます様、お願い申し上げます。



ancafe_teruki at 18:58|PermalinkTrackBack(0)

2011年03月18日

自分にできることをする。

久しぶりの更新になります。東北地方太平洋沖地震から早くも一週間。この一週間、ほぼずっと家にいてテレビばかり見ています。


地震が発生したとき、僕は家にいました。東京にいても、今まで生きてきた中で体験したことのない激しい揺れだったので、「震源は東京」だと勝手に思っていました。揺れが治まってテレビをつけて「震源は宮城県沖」というのを知った瞬間、本気で青ざめたんです。「東京でこんなに揺れたのに、仙台どれだけ揺れたんだよ」って。幸い、地震の直後に父親から「大丈夫?」と家族全員にメールがきて、父親の無事はすぐに確認できました。が、そのメールに返信して以降、一切連絡がとれなくなりました。そこからはもうテレビのニュースの衝撃的な映像に釘付けになって、あっという間に朝方になっていました。


夜になって仙台の姉とメールが通じましたが、住んでいたマンションは入り口が崩れ、避難所も人があふれていて、姪っ子のハルタンを抱いたまま一晩外で過ごしていました。住居を失ったことと親と連絡をとれない不安もあり、気持ち的にかなり滅入っていたようだったので「命が無事だっただけで本当によかったよ」と朝まで何度も励ましました。その後、地元の友達ともメールが通じたので、「親と連絡が通じないので心配」と言ったら、うちまで走って見に行ってくれました。そしてあらためて一家全員の無事を確認できました。


関東に住んでる大学時代からの友人は、実家が岩手の釜石市です。今回壊滅的な被害を受けた地区のうちの一つです。地震後メールをしたら、「家族とは一切連絡がとれてない。家は海から離れてるから大丈夫だと思うけど、親父と妹は仕事場が海から近いから心配。信じるしかない。」と言ってました。そして一昨日、「病院から電話がきて、無事が確認できた!」と連絡をくれました。そして「永田にもう一つお知らせが...」と疲れた声で言うから何かと思ったら、「子供が産まれました」とのこと。こんなときだけど、本当におめでとう!出産のために奥さんの実家、静岡にいたらしいのですが、その日の夜も静岡で大きな地震があって本当に大変だったと言っていました。


それから、僕が通っていた大学は宮城県の多賀城市というところにあります。多賀城も釜石と同じく、壊滅的な被害を受けた場所。多賀城の友達とは未だ連絡がとれていなくて、アップされている避難名簿も一通り見ましたが、名前が無いので心配です。


仙台行きのバスのチケットがとれたのですが、親には「気持ちだけありがたく受け取る。そっちにいてくれた方が安心だから、もう少し復旧してから来てほしい」と言われました。まだ水道も復旧してないし、いろんなストレスもたまってるんだと思います。トイレも使えないし、風呂も入れないし。食料とかも。それでもうちの実家は全然まともな方だと思うし。避難所にいる人はそれに加えて寒さやとか、何より家族と連絡をとれない不安も。もっと言えば未だに救助されてない人もいるだろうし。それに福島の屋内退避圏内の人達も。


まだまだたくさんの人にとって大変な状況が続くと思いますが、みんなからのメッセージやツイッターでのつぶやきの通り、遠く離れた場所から僕らができることは「自分にできることをする」だと思います。


テレビでご遺族の方たちのインタビュー映像を見ていると、本当に気の毒で胸が痛いです。今回の震災で亡くなられた多くの犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。


ancafe_teruki at 17:13|PermalinkComments(36)TrackBack(0)