2016年07月25日

懐かしの・・


私が学生時代に読んでいた漫画雑誌「LaLa」の40周年原画展なるものが開催されていたので、駅のポスターにつられて、つい行ってしまいました!

原画展

このポスター・・明らかに私の世代に向けて呼びかけてますよ(笑)。
展覧会に来ている人も30代〜40代くらいの人が多かったですね。

私が中学・高校時代(大学も??)に好んで読んでいた漫画は、この「LaLa」のほか、「花とゆめ」「MELODY」など、白泉社が出版している漫画雑誌のものでした。
いわゆる少女漫画と言われるものですが、普通の学園恋愛ものというよりは、もっとファンタジー要素があったり、ちょっと冒険もののような、SFのような雰囲気があったりして、私はそういう漫画が好きでした。

展示会場では、好きだった成田美名子先生や清水玲子先生の原画を初めて間近で見ることができ、懐かしくもあり、またその完成度に感動したりもしました。(とても今更ですが、漫画家さんって絵、ホント上手!!

今回のポスターにも一番手前に載っている成田先生の「CIPHER」は、私もとても好きな作品で、最近もう一度読みたい衝動に駆られ、レンタル屋さんで全巻借りてしまった作品です(笑)。
また、清水先生は私完全にファンでしたので、ほぼ全ての作品を一度は見ていると思います!そのくらい好きでした。ちょっと近未来のSF的な要素がある作品が多いですね。絵の雰囲気は完全に少女漫画なんだけど、中身はかなり硬派というのが素敵でした。
私が一番好きな作品は「月の子」と「ジャックとエレナシリーズ」です。今でも実家に帰ったときに一気読みしたりしますよ。どちらも夢物語だけど、幸せがあり、切ない話でもあります。特に「ジャックとエレナ・・・」を読むと、幸せってなんだろな?って思ったりします。

展覧会の出口でオリジナルグッズが売っていて、ジャックとエレナのポストカードとかないかなぁ〜と思ったら「A4クリアファイル」しかなかったので(笑)、買ってやりましたよ!!(使わんだろ!) あと「CIPHER」もね!(同左!)

良い気分転換でした。



ancia2 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年07月11日

ごほうび。


7月から新しい会社で働き始めたんです。

先週末でやっと一週間。
うーん、長かった。。

初日は、前日からすごく緊張してしまい、ちゃんと寝られなかった上に遅刻する夢まで見て、朝から変な汗かきました・・。
新しい場所に通ったり、新しい人達と触れあったりするのは、ワクワクする気持ちもありますが、慣れないうちは疲れも溜まりやすいですね。
何だか知らないけど、毎日ぐったりしていました(笑)。

とりあえず、なんとか一週間通ったので、金曜日の会社帰りに自分に「ごほうび」を買いました!

ごほうび

私、普段ほとんどジュエリーはしないんですが、最近は服によってはネックレスだけ使うようになりました。
今回初めて、自分でちゃんとしたネックレスを買いましたよ!

実は、転職活動をしている時から、ちょっと下見をしていたんです。
転職決まったら、買おう!って(笑)。
しばらく忘れてたんですが、ふと思い出してお店に行ったら、お目当ての物がまだあったので一週間目のご褒美として買っちゃいました〜。

何かと自分に甘いので(笑)、ちょこちょこご褒美を与えながら、頑張っていこうと思います〜。



ancia2 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月29日

癒しの空間。


実家の近所に素敵なカフェが出来たと聞いて、散歩がてら母と行ってきました。
静かな住宅街の中にある、静かなカフェ。

癒しカフェにて

お客さんは私達だけ。
本や雑誌、穏やかな音楽に囲まれた、ゆったりとした空間に癒されます。

シナモンドーナツと・・

私は、今日のコーヒーと大好きなシナモンドーナツを注文。
母はコーヒーとプレーンドーナツを。

今日のコーヒーは「ホンジュラス産」なのだそう。うん、美味しい。
ドーナツも揚げているのにあっさりシンプルでとても美味しいです。

店内のゆったりとした雰囲気に思わず時間も忘れてしまいそう。
そんなカフェはわたしの街ではとても貴重。

いつまでもこの素敵な空間がありますように・・(切実)

また行こうっと。。

ancia2 at 18:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2016年02月01日

スキー。


この週末、何年かぶりにスキーに行ってきました。
場所は新潟の湯沢町、神立と岩原でした。

岩原1

私のスキーはボーゲンから上達してなくて、初級かよ!って感じのスタイルですが、過去スノボに挑戦したものの、まともに立つことすらできず、そっちは望み薄なので、それからずっとスキーです。
いつも初級〜中級コースでフラフラしてます。

岩原2

天候を心配してたんですが、行き帰りも晴れており、スキー場でもほとんど降られることはありませんでした。
特に2日目(岩原)は、午後から晴れ間も見えて、景色が良かったです!
(写真ではイマイチ伝わらないのですが・・)

岩原3


というわけで、今日は休息のためにお休みです(笑)
体が痛い。
でも怪我しなくて良かった。。

家で録り溜めてたテニスの全豪オープンを観てます。
にしこり選手は良い試合しましたね!
やっぱりジョコビッチ選手が優勝だったのね・・・完全に一強時代ですね。
しみじみ・・


ancia2 at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年10月31日

「ダウントン・アビー」 −帰ってきたマイブーム−


先日、友達の結婚式に参加するために初めてハワイに行ってきました!
毎日仕事ばっかりの身にはいい気分転換になりました。
写真も沢山撮ってきたので、アップしたいなぁ〜なんて思っているのですが、とりあえずこの話題から(笑)

行き帰りの飛行機がデルタ航空だったためか、あの「ダウントンアビー:シーズン5」を見ることができましたー(祝)
やっほぅー

・・と言っても、一時期のマイブームも下火になっていて、なんなら結構忘れてたんですけどね(汗)
でも一度、見始めたらどんどん気になって「これは・・絶対すべて見なければならない・・!」と若干強迫観念を抱きながら、エピソード9(クリスマス・スペシャル)まで(時々早送りしながら)見てきましたよ。
そもそも英語だし、何言ってるか分かんないんだけど、まぁドラマなので何となく分かりますから。
 大変  とか  幸せ  とか (笑)

分かってないのに、ドラマ見ながら泣いてましたからね、私(笑)
機内食(Beef)食べながら、ナフキンで涙拭ってましたからね(笑) 「くぅ・・・トーマスっ」って思いながら。

そして、久しぶりにネットでダウントンアビーについて検索したら、なんと先月9月20日から本土で最後のシーズンと言われる「シーズン6」が始まっているらしいじゃないですか〜!!
うぉー全く知らなかった。
早速、予告編とか沢山見ちゃったよ。最後らしい、ちょっと寂しげな雰囲気でした。

日本で公開されるのは、ずいぶん先の事になりそうだけど、見るのは後になってもいいから、とにかく良い終わり方をしてほしいなぁって思います。
最後だと思うと、正直トーマスにも少しは幸せを与えてほしいよ。(結局そこね)
奴は単なる寂しい男の子なんだから(それにしても幼稚でタチ悪いけどね笑)

トーマス役のロブ氏のインタビュー動画とか見たのですが、一時期のボリューミィさから比べるとちょっと痩せたかも・・って思いました。
シーズン5とかはだいぶ貫禄出ちゃってて、具合悪い演技なのにひ弱さゼロに見えたからね(笑)

とにかくまた楽しみが一つ増えました。


ancia2 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年10月04日

モロゾフのコーヒーミルクプリン。


こんばんは。
もう10月です!
金木犀の香りがする季節ですね。私の誕生日ももうすぐです。
秋生まれだからか分かりませんが、私はこの季節が好きです。

さて、近頃は大阪への出張が多いのですが、この前向こうで食べたプリンがとても美味しかったので、紹介したくなりました。

モロゾフのコーヒーミルクプリンです!

レイコープリン

食べた後のフタですみません!
ネットで検索しても、紹介できるようなページが出てこなかったので、こんな形に。。
というのも、この商品、大阪天王寺にある「あべのハルカス近鉄」限定で販売しているプリンだったのです。

私はもともとコーヒーが好きなので、ついコーヒー的なものに魅かれてしまうのですが(笑)、これはちゃんとプリンであり、またちゃんとコーヒーの香りがして、とてもバランスが良かったです。
バランスという意味では、カラメルソースも良かったですね。
とろっと甘いプリンに、きっちり苦めのソースが最高でした

普段、モロゾフのプリンを食べていないので、いつものプリンとどう違うのか分からないのですが、今度は普通のプリンも食べてみようと思いました

ちなみに、この限定品はビン入りでした。
通常のプリンもビン入りで販売されているようですが、なんとなく懐かしい感じで良いですね!
容器は厚めのガラスで出来ていて、家で食べたら取っておくのに・・と思いました(笑)

昔は牛乳とかヨーグルトとかもビン入りでありましたよね。
懐かしいです。


ancia2 at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年09月07日

懐かしのリバー・フェニックス。


先日、彼の出ていた映画がテレビで特集されていました。
久しぶりにいくつか観て、懐かしさに浸っているところです。

彼は1993年に23歳の若さで亡くなってしまって、私はその頃高校生でしたが、亡くなった当時のことはあまり憶えていません。
でも、きっとそれからファンになったんでしょう、例えば雑誌「スクリーン」とかに写真が載っていたら、買ってしまうくらいには好きでした。

実は当時、彼の写真集が欲しかったんですが、買うのがすごく恥ずかしくて、結局買えなかった記憶があります・・(笑)。
懐かしいですね、当時は今と違って「買う」と言ったら、「本屋で買う」以外の選択肢はなかったので、自意識過剰な自分は何かとハードルが高かったものです(笑)

という訳で、出演した映画も大体知っています。
先日テレビで見たのは「旅立ちの時」「リトル・ニキータ」「ダーク・ブラッド」の3本でした。放送後、他にも観たくなって「スタンド・バイ・ミー」のDVDを買ってしまいました(笑)。

以下、ひとりよがりな映画の感想です。(あらすじ等は下のリンクからどうぞ)

「旅立ちの時」
彼のファンだったらこの作品が一番好きという方も沢山いるでしょう。私もこの作品が一番好きでDVDも持っています。
作品としても、リバーはこの作品でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされましたし、ほかに脚本賞の候補にもあがったようです。
ストーリーと設定はいかにも映画っぽいんですが、描いてるのは家族愛とか恋愛とか、そういう普遍的なもので、それが押しつけがましくなく、自然に描かれているところが好きです。
所々に流れているピアノの旋律が印象的で、当時の私はピアノはうまく弾けなかったのに、映画の中で彼が弾いている曲の楽譜を探して買ったのを思い出します(笑)

「スタンド・バイ・ミー」
言わずと知れた名作です。急に懐かしくなってDVD買っちゃいました(笑)。
でも買ってよかった! 特典映像に監督の解説とか出演者のインタビューとかがたっぷり入っていて、作品が好きな方はこれだけでも買う価値があると思いました。
本当に久しぶりに観たけど、あまり印象は変わらなかったかな。仲良し4人組のうち、昔も今も私が共感したのはテディとゴーディでした(笑)。それからクリスが大人に裏切られたときの悲しみを告白する場面では、自分が大人になったせいか、非常に罪深さを感じました。インタビューで監督も言っていましたが「大人が子どもをだましたり、嘘をついたりすると、その裏切りは子どもに立ち直れないほどのショックを与える」のです。子どもは大人が思っている以上に、大人のことを絶対的なものとして信頼しているんですよね。
大人になって観ると、この映画本来の醍醐味が味わえる作品でしょう。大人になった自分が12歳の頃を眩しく思う作品です。

「ダーク・ブラッド」
この作品は、1993年に彼が急死したため撮影途中でお蔵入りになっていた映画で、20年後の2013年に監督が最後の遺作として改めて編集し直して公開した作品です。
リバーの最後の姿という意味では貴重なものですが、今回初めて観た感想としては、あまり心動かされるストーリーではありませんでした。少なくともストーリーで引っ張っていく感じじゃなくて、なんというか信念とか信条とかを表しているのかなと思いました。
とても暗い話です。悲しい終わり方でした。人によっては救いがあると思う人もいるのかもしれないけど。

「リトル・ニキータ」
この作品は、ご本人曰く「アイドル扱いされた」作品らしいです(笑)。設定はこれまたいかにも映画っぽいんですが・・まぁ家族愛とかそういう話です。それにしても、今観ると時代を感じますね。コンピュータの画面とか、ソ連のスパイとかね〜。「アイドル扱いされた」成果もあり(?)、美少年なリバーが沢山観れます(笑)。

旅立ちの時 [DVD]
リヴァー・フェニックス
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-11-06



スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]
ウィル・ウィートン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-01-26



ダーク・ブラッド [DVD]
リヴァー・フェニックス
TCエンタテインメント
2014-10-31




ancia2 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月03日

ブルームーン。


こんばんは。
7月31日の夜は「ブルームーン」と呼ばれる満月でした。

その日の朝、NHKラジオの「夏休み 子ども科学電話相談」で、小学生の女の子が「今日はブルームーンだそうですが、月が青く見えるのですか?」という質問があって、初めて知りました。

先生の答えは「青く見えることはないんじゃないかな〜」ということで、実際は月が青く見える可能性はほとんどないみたいです。
ただ、まれに太陽の光が地球の大気の中を通って月に届くとき(皆既月食みたいな場合に)、青く見える可能性があるとのこと。
宇宙って神秘的ですよね。

夜、家の窓から月が見えたのでカメラで撮ってみました。

BLUEMOON

ただのスマホだからいつもの月でしかないけど(笑)、なんとなく神秘的に感じましたよ

ちなみに「ブルームーン」の謂れは諸説あるみたいですが、現在はひと月に2回満月がある月の2回目を指すのが一般的らしいです。
月の満ち欠けは29.53日の周期なので月に2回あるということが珍しいようですね。今月は7月2日が満月だったので、31日にもう1回満月が来ました。
次は、3年後の2018年1月2日と31日だそうです!

暦ってすごく正確なんですね・・
うーん、昔の人ってすごいなぁと改めて思うのでした。


ancia2 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月15日

終わっちゃった・・


ウィンブルドンが終わりました〜

ここ何週間かテニスしか見てなかった私です(笑)

決勝は去年と同じ、ジョコビッチとフェデラーの対戦でした。
ジョコビッチはこの前の全仏では準優勝に終わりましたが、ランキングは不動の1位。
去年のウィンブルドンでジョコビッチがフェデラーに勝って優勝したのを見た私としては、フェデラーを応援していました。
フェデラーの準決勝の試合、対マレー戦は観ていてワクワクするような素晴らしい試合だったので、きっと決勝戦はエキサイトするだろうと思っていました。
実際は自分が緊張しすぎて、心臓が痛くなりっぱなしだったけど(笑)

結果はジョコビッチ、強かったです! さすがの一言。
全仏で決勝で負けてメンタル辛そうだったけど、やっぱり結果出してきますね。さすがプロ。さすが1位。

わーんフェデラー負けちゃったけど、表彰式でのインタビューで「まだモチベーションはある」って話してくれたから、まだまだこれからに期待できます!

今日もまた決勝戦(録画)を見てしまった・・(笑)

(私、いつの間にこんなにテニスが好きになったのか、自分でも分からないんだけど・・


ancia2 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月13日

ウィンブルドン男子決勝


観てるんだけど、すごい試合でもう心臓痛い・・汗

明日仕事だけど、録画してるけど、テレビ消せる気がしないっす・・汗



最近、テレビほぼテニスしか観てないです私。

明日から何を観ればいいのか・・



ancia2 at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!