2014年10月05日

やったー!おめでとうニシコリ選手!


前回の更新から完全にほったらかしていたけど、まだまだテニス熱いですよ!

今日は楽天オープンテニスの決勝でした。
外は台風だし、家でライブで試合見ました。

シビれる試合だったー!

キツそうだったけど、みごと勝利。
終わった後の彼の涙がとても印象的でした。

本当におめでとうございます
そして感動をありがとう。

それにしても、テニスのツアーって大変なスケジュールなんですね・・
先週もマレーシアでやって(優勝!)これからまたすぐ上海なんですって・・

いやぁ、、がんばってください・・




(WOWOWやめられない)


ancia2 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月07日

・・と思ったら


フェデラー負けてた・・。

涙。


決勝の火曜日は出張で大阪だから中継見れないのが残念。
ここまで来たら優勝してほしい!



ancia2 at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

勝ったーー!!(観戦終了)


勝ちましたよぉ!!

あのジョコビッチ選手に! 世界No.1の!!

興奮したわーー!

感動したよーー!


・・寝る。


フェデラー戦は・・・ゴメン録画で。 (フェデラー頼むよ)


ancia2 at 04:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月04日

出張帰り。


私テニスの試合見るのが好きなんですよ。
(ルールは正直よく知らないんだけど笑)

いま全米オープンテニスの真っ只中!
皆さんニュース見ましたか?
錦織選手がベスト4まで勝ち上がりましたね!!
実は朝も生中継を見ていまして…でも今日は出張で7時には出なきゃいけなくて、結果がすごく気になっていました。

何だかすごい接戦だったらしく、帰って録画を見るのが楽しみですわ。
(最近テニスか海外ドラマしか見てないな…)

ちなみに錦織選手の今のコーチはあのマイケル・チャン選手ですよ!
お懐かしい。
結果を出してるってことは良いコーチってことかしらね。

まぁなんにせよ錦織選手には頑張ってほしいです。



2014年09月02日

スカイツリー。


今日はお休みを取って・・

やってきました

初めてスカイツリーに行ってきました!

高い・・

エレベーターが展望台まで1分もかからないのがすごい。
あっという間に地上350mに到着です!

新宿・渋谷方面

今日は天気も良く、展望台からの景色は上々。

池袋・埼玉方面


浅草の町がミニチュアみたいに見えました。
浅草


東京タワー。
東京タワー


東京ドーム。
東京ドーム


しばらく見ていると、雲がやってきて景色が変わりました。
雲

雲

雲の影がはっきり見えて面白いですね。

〜〜

ついでにすみだ水族館にも。

水族館

さすが新しい水族館だけあり、中の構成や展示方法はとても綺麗です。
子どもが校外学習の目的で行くような場所というより、大人が癒しを求めて鑑賞できるような空間でした。

水族館

くらげLOVE。

入場料がスカイツリー展望台と変わらない値段だったので、高いなぁと正直思いましたが、館内の企画でやっていたペンギンの生散歩(そんな名前じゃない)が見られたのまぁ良いかという感じです。

いや〜何あのペンギンの可愛さ。
ペンギンLOVE。


ancia2 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年08月30日

映画三昧。


・・というほどでもないけど、今日は朝からテレビをつけていたので、映画を2本観ました。
家で動き回りながらでしたが、良い気分転換になりましたよ。


◆ライフ・オブ・パイ −トラと漂流した227日−
移住のために一家で乗船した貨物船が事故で沈没し、遭難ボートに一人残った少年とトラの話。

とても綺麗な映像に驚愕!これは映画館で見たら鳥肌モノかも。
ほぼCGなんでしょうけど、映像にはリアリティがあり、また幻想的な景色にも説得力がありました。

少年は漂流しながらトラと長い時間を過ごし、自分の在り方を自分で見つけていくんですね。
人の世界に戻った時に信じていた自分の価値観が揺さぶられるところがリアルで良かったです。

原作の小説があるらしい。
そして監督がアン・リーだった。台湾の映画監督ですね。


◆いまを生きる
厳しい全寮制の学校の英語教師が授業を通じて生徒たちの心を自由にしていく話。

言わずと知れた名作ですが、白状すると初めてまともに観ました(汗)。
そして、すごく良かったです。
思春期の少年たちの繊細な心の在りようが伝わってきました。

誰しも本当の自分の外側には外向きの自分を持っている。
ロビン・ウイリアム演じるキーティング先生に触発されて、皆が自分の中に本当の「自分」を見つけていきます。
しかし、見つけた「自分」とどう折り合いをつけるのか、純粋であるがゆえに少年達は新たな苦悩を知るのです。

親の期待を知っている子どもが本当に自分の欲することを見つけられるかというのは難しい問題ですね。
少なくとも自分はそう思いますよ。

映画を観てすごく泣いてしまいました(恥)。
最近ピュアなものを見ると涙がでちゃってね。子どもとか見るだけで泣ける。

〜〜

映画2本とも決してハッピーエンドじゃないですが、いい映画でした。

特に先日、ロビン・ウイリアムが亡くなったと聞き、彼の映画を観たいと思っていました。
追悼として特集されていたものですが、観れてよかった。



2014年08月17日

ちょっと涼しくなってきた


先日ダウントン・アビー第1シーズンのDVDが発売及びレンタル開始されたので、とりあえず収録されている特典映像を見るべく、レンタル屋へ直行!

特典映像は製作者のコメンタリーとメイキング、それから編集でカットされた場面の映像でした。
実際のところ、映像自体は既にどこかで見たことあるものでしたが、なにしろ英語が分からなかったので、とりあえず内容が分かって満足。
メイキングは俳優さんたちの素の姿がチラチラ見えてファンとしては嬉しいもの。(オブライエンさんがちょくちょくお茶目でかわいい。それからトーマス(の人)の楽しそうな笑い声がイイ!)

また、カットされた場面も私からすると「なんでカットしちゃったの??」というくらいな場面もあり、本当に見られて良かったです。
例えば、トーマスとデイジー、それからウイリアム達が夜のお祭りに行く場面も一部カットされていたらしいのです。
放送された映像だと、歩きながらデイジーがいきなりトーマスに「博識なんですね!」なんて言うから、私は「えっ?トーマス何か博識なこと言ったっけ??」なんて思っていたんだけど、その前に実はシェイクスピアのハムレットの台詞を言っていたらしいことが判明しました。(私は無知であるので、後で調べたというのは言うまでもない・・。まさにウイリアムと同じ反応である。。)

そんなわけで、いずれブルーレイ版を買おうと思っているけど、我慢できなくて借りてしまった話でした・・。

ではまた。。




2014年07月30日

チケット取れた


アンガールズ田中さんが脚本・演出を手掛ける舞台「田中が考え中」第3幕―。

発売日に出遅れて、完売と聞いたのでほぼ諦めていましたが、若干戻りがあったようで、先程コンビニで購入できました!ラッキー。

公演は9月12日(金)、13日(土)。
両日共にまだ購入可能だったけど、迷った末に12日(金)にした。(よし休むぞー!)

とりあえず楽しみなイベントが一つ増えたから、それまでなんとか生き延びるよ。。。


ancia2 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月17日

出張先のホテルでも…


ウイリアムゥーー!!
デイジィーーー!!(泣)

注:ダウントン見てます。

(ホテルでスタチャン見れないかと思ったら映ったよ)


トーマスへ
また悪巧みばっかりしてないで、デイジーを励ましてあげてー!



2014年07月03日

ダウントン・アビーにハマりすぎて、まさかのシャーロック放置状態。


わーテンコ盛りな1、2話が終わった・・(汗)。
個人的には、ストーリーがさっさと進むのがこのドラマの良いところだと思うわ。
もしこれが日本だったら、この1、2話の内容だけで余裕で1シーズンいっちゃうくらい色々あったよ・・。

友達にハマっていると言ったら、普段はハマりそうにないのにねドロドロメロドラマなんて・・と言われ、確かにそうだなと思ったり。題材としては日本で言うところの「渡る世間」みたいなもんだと思うと自分でも意外過ぎる。いわゆる相続権争いとか、恋愛とか、出世とか、コソ泥(トーマス限定)とかですよ。

今更ながらストーリーを紹介すると・・
グランサム伯爵一家が暮らす「ダウントン・アビー」というお屋敷を舞台にしたお話です。1912年タイタニック号が沈没し、伯爵家の相続人が亡くなるところからストーリーが始まります。その相続をめぐる争いや戦争、時代の移り変わりに伯爵家が巻き込まれていくんですね。
このドラマが面白いのは、これは伯爵家の話でもあり、その屋敷に仕える使用人たちの話でもあるところ。ストーリーは、階上(upstairs)と階下(downstairs)それぞれで展開していきます。

私がまずハマったのは、いわゆる様式美ってやつですか。イギリスが舞台になっているだけで、日本人である私には楽しめる要素が沢山あるのです。
舞台となるお屋敷はちゃんと「本物」のお屋敷で撮影しているようで、現在はご当地ツアーが大人気だとか。また、使用している家具や食器、装飾品なども本物志向で、かなり価値のあるものを使用しているようです。
実際、見ているだけで気持ちが持っていかれますよ。
そもそも、総指揮・脚本を手がける方が貴族に属する方だそうで、なるほど納得ですな。

ちなみにお屋敷はこんな感じ。すごいー。眼が良くなりそう笑。
downton abbey




続きを読む