健康・ダイエット・美容の追っかけ日記

いつも健康でスリムな体型な人ほど、バランスよく食事をし、肥満防止のための努力をしているもの。どんな食事やエクササイズが、 そんな憧れの健康美をキープできるのか?そういった観点から、最近話題のダイエットや最新健康方法、また、正しい食の知識などを追っかけております。

脚やせ~足のむくみ~豆知識



足のむくみのメカニズムについて、


足のむくみが起こるのは、
血流が悪くなり、
足に水分がたまり始めるためとされています。
水分を摂りすぎると
むくみやすいといわれますが、
他にも様々な原因があります。


血液やリンパ液が上手く
循環しないのも原因なのです。
これは長い時間同じ姿勢を
保っていることで、
筋力が衰えたりすることで
不純物・老廃物が溜まって
しまうことが原因です。
便秘とも関係があります。


むくみは水分代謝の低下ですので、
汗を掻きにくい人にも見られます。
足の筋力が弱い人にはむくみも起こりやすく、
それは全身への血液やリンパ液を
送るための機能が
低下しているために起こります。


女性はふくらはぎなどに
筋肉がついて太くなるのを嫌います。
ですがある程度筋肉がなければ
むくみやすくなるのです。

また、足の筋肉もあり
水分代謝がしっかりしていても、
血液、リンパ液の濃度が高い人は循環が
悪いこともあり、むくみやすくなります。



脚やせ方法 効果・口コミ人気ランキング


お腹ダイエット~就寝前の3時間~豆知識




日中活動している昼間は
活動型の交感神経の働きが高まり、
消化する働きが活発です。

一方、夜眠っている間は
休息型の副交感神経の働きが高まって、
食べたものの栄養が
腸から吸収されやすくなっています。


特に就寝前の3時間以内に食べると、
消化・吸収がいっそう強まります。


このため、夜寝る前に食事をしたり、
夕食に一日の食事量の半分以上を摂ると
脂肪が合成されやすく体に
溜め込まれやすくなります。

また、立っている時より横になって
寝ている時のほうが血液の循環がよくなるため、
胃腸や肝臓などに血液が集まりやすく、
活動が活発になります。


さらに眠っている間の代謝量は
基礎代謝量より約10%低くなるため、
食べたもののエネルギーはほとんど使われずに、
ますます脂肪として蓄えられます。

遅い時間に食事を摂ると、
翌朝に胃がもたれて
食欲不振をも招きやすくなります。







お腹ダイエット効果・口コミ


豊胸~効果のある食べ物~豆知識

普段私たちが食べるもので
豊胸効果のあるものと言えば。
イソフラボンです。

イソフラボンは、
女性ホルモンに似た働きをします。

イソフラボンが含まれているものは、
大豆製品で、
豆乳、納豆、豆腐などがあります。

また、キャベツ、ひじき、わかめ、めかぶ、
などの海藻類。
リンゴやぶどう、桃や梨などの果物。
ビタミン類やアミノ酸を豊富に含むマグロ、
牡蠣、うなぎなどの魚介類。
などに含まれるボロン
という物質も効果があります。


しかし、
栄養バランスを考えた食事をしなければ、
体調に変化をきたします。

この食品ばかり食べるのではなく、
この食品を取り入れたメニューを
自分なりに考案するといいでしょう。



バストアップ(胸を大きくする)方法効果・口コミ

プロフィール

メロン

お悩み解決法




















































ダイエット中食したスイーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ