andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

カテゴリ:靴作り教室のこと

IMG_5542IMG_5541
IMG_5543IMG_5544
IMG_5545IMG_5539
IMG_5533IMG_5535
IMG_5537IMG_5536
IMG_5538
スタディーコース、Sさんの新作は、ネイビーのチロリアンです。
今回の作品は、当初、サンダル感覚で楽に履けるような仕様で、サクッとゴム底セメンテッドで作る予定で考えていました。
踵に芯材を入れず、踵を踏んづけて履くこともできるような作りにするとか、選んだ革も、柔らかさで選んだところなど、まさにちょい履き想定です。
ところが、作り進めていくうちにSさん、革の色や風合いが気に入りはじめてしまい、長く履きたいと思いはじめてしまい、気が付けば、ステッチダウンで革底を縫い付け、革の積み上げでウエッジソールにしてから、最後はシャークソール装着という、ヘビーな仕様へと完全に路線変更していたのでした。

まあ、途中で路線変更できるのも靴作りの楽しいところです。


IMG_5673IMG_5674
IMG_5676IMG_5675
IMG_5677
Hさん作、プレゼント用のベビーシューズの完成です。
今回は、子供らしさを抑えて、あえて高級紳士靴さながらのデザインと素材選びで作りました。
大人びた雰囲気と小さくて可愛らしい形のギャップがいいですね。
靴底も革底です。まあなんと贅沢な。
IMG_5678












IMG_5698
IMG_5699
IMG_5700IMG_5701
IMG_5702IMG_5704
IMG_5706IMG_5709
スタディーコースOさんの新作、フルブローグの完成です。このフルブローグ、通常の外羽根とはちょっと違っていて、ヴァンプ部が踵の後ろまで伸びています。このことによって、ライニングとの組み立てが相当複雑になってしまいましたが、無事、縫製を終えたときは、Oさん、一足作り終えたかのような達成感に浸っていました。しかしそれも束の間、その後に待ち受けるハンドソーンに再度、悪戦苦闘することに。
出来上がってみると、複雑なデザイン、丁寧な作業、ハンドソーンでの底付けで、さすがの見応えです。 これぞ、革靴!といった感じですね。
IMG_5694IMG_5695
IMG_5696IMG_5697
Oさん、自分専用の木型をお持ちなので、これからも色々な靴を作っていかれるでしょう。楽しみです。

IMG_5713IMG_5714
IMG_5715IMG_5716
IMG_5717
Nさんの新作です。娘さんへの通算3足目のプレゼントとして、サイドゴアブーツに挑戦しました。
一見、コマンドソールでハードな印象のこの靴ですが、ウイングチップにブローギングを施したり、ゴア部分も革で装飾的に覆うなど、芸が細かいところも見どころです。

製作中、作業に苦労しながらも、海外赴任の娘さんへ途中経過をメールする姿はとても微笑ましく、ただ商品を買ってプレゼントすることでは得られない嬉しさが見て取れる場面でもありました。
IMG_5710

IMG_5654IMG_5655
IMG_5656IMG_5657
IMG_5658
スタディーコース、Nさんの1足目は経年変化が楽しめそうな革を使った、内羽根です。
初めての靴作りに旺盛な好奇心を持って臨んだNさん、何がどうなって、どのように靴になっていくのかを、一つ一つの作業の理由を確認しながら、楽しんでいる様子が印象的でした。
IMG_5650IMG_5651
IMG_5652


フィッティングは、Nさん曰く、踵がキツいと言うことでしたが、おそらくそれは、ピッタリの靴を履いたことがない人が感じる最初の違和感で、そのうち病みつきになるホールド感である場合が多いのです。

このページのトップヘ