andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:製作事例-4

jirei-04_w600

製作事例-4

写真左/1足目:紐靴 内羽根 黒 ストレートチップ
参考価格¥92,400-(税込) ※仮縫い靴含む
税抜き価格は¥88,000-・・・紐靴の基本料金です。
写真右/2足目:紐靴 内羽根 こげ茶 フルブローグ
リピートオーダー時参考価格¥76,650-(税込) ※仮縫い靴なし

写真は、現在3足目のリピートオーダーをいただいているお客さんの1足目と2足目の写真です。
1足目の内羽根ストレートチップはベーシックラインでご注文いただき、2足目はイメージ写真などを参考にお客さんのお好みのデザインで製作させて頂きました。写真右の靴は凝ったデザインですが、こういったデザインでも内容によりデザインアレンジはプラス1万円ほどからご相談可能です。ぜひ、雑誌の切抜きやイメージスケッチなど、あなたのご希望のデザインをご相談下さい。素材やデザインをご一緒にあれこれご相談できるのが、オーダー靴の醍醐味です。

事例-4に関する全ての記事

作品紹介INDEX

Yさんの一足目、黒の内羽根は革底にゴムを半貼りして、耐久性を持たせていたのですが、つま先からゴムが剥がれてきていましたので、修理しないといけません。
IMG_1748

この場合、再接着だけで対処する場合もありますし、再接着後、釘を打って補強する場合もあります(いずれも無料)。今回はYさんの希望により、少し本格的な修理をすることにしました(これは有料)。修理というより、カスタムといった方が適当だと思います。
IMG_1749

写真の鉄でできた補強パーツをつま先に打ち込んで剥がれ防止兼、摩耗防止といったところでしょうか。気になるのは鉄なので、歩行の際、蹴りだす瞬間に若干滑るような感覚が残るかもしれませんが、今回はYさんのチャレンジ精神でこれを試してみることに。

Yさんは、特にご自身の足と靴との関係にトラブルを感じて注文されているわけではないのですが、靴を履くことを一つの意識的な体験と捉えてられていて、いつも興味津々である様が伝わってきますので、こちらもそれに応えられるよう幅広く知識を広げていかなければいけません。

Yさん、いつもありがとうございます。またよろしくお願いいたします。

アンケート
①出来上がった靴はいかがでしたか?

2足目ですが、より完成度があがったように思います。デザインもとても気に入って、中敷きなどの細かい調整なども色々と提案いただき、とても満足しています。大切に履かせて頂きます。

②完成までの説明や連絡などで、もっと説明して欲しいと思われた点や、もっとこうして欲しい、と感じられたところはありますか?

とくに不満はありません。メールでもタイムリーに回答頂きありがたいです。
IMG_1741







 

IMG_1736IMG_1735Yさんは、私がまだ独立する前から靴を作らせていただいているお客さんです。一足目はストレートチップがついた黒い内羽根でした。今回が2足目の注文となります。一足目とデザイン以外での違いは、踵を包むカウンターという硬い芯材をロングカウンター仕様にしている点で、より、がっちりと踵を包み込んで安定させています。
一足目と同じ木型を使用しているのですが、一足目は履いている際、どうも右足に若干ゆるみを感じる、ということが わかりましたので、靴の中で微調整して対応していましたが、今回はその部分を木型で修正して製作に臨みました。
今度は同じ部分がややキツくなってしまっていましたので、拡張器具で革を少し伸ばして対応しました。
往々にして不具合が出た部分に直接対処を施してもその不具合は解消されないものですが、今回のように木型を前回より絞った部分があって、その場所に異常が感じられた場合は、その絞り方が原因だとみて問題ありません。
納品後もしばらく歩いてみて、出てきた不具合には随時対応いたします。 アフターケアも万全なのが既製靴とは違うところです。

上の 靴を履いていない方は、Yさんのご子息です。親子で工房においで下さいました。

今日、一足目の黒の内羽根の修理依頼もいただきましたので、その内容を今日のアンケートと合わせて次回紹介したいと思います。
それにしてもこの2枚、見事なシンクロ率。さすがです。 

やっと、フルブローグの内羽根が完成しました。羽根が2重に折り重なって複雑なデザインですが、革の色が落ち着いていますので、とても上品です。作っていて楽しく、ついつい凝ってしまいましたが、お客さんも喜ばれると思います。
IMG_1707

IMG_1709


このページのトップヘ