2018年11月14日

アンドリーニャの実店舗をオープンします。

濱田医院 (1) 


この度、愛媛県松山市の三津浜にアンドリーニャの実店舗をオープンします。
松山から伊予鉄高浜線の三津駅から徒歩5~6分のところにある、
旧濱田医院という、大正時代の木造建築の中に一室を借りることにしました。
旧濱田医院はシェアショップのような建物で、
いくつかの部屋にそれぞれ個性的なお店が入っています。
11月25日に旧濱田医院のショップや、松山近郊のお店が集まって、『旧濱田医院 de マーケット』
が開催され、それに合わせてアンドリーニャのプレオープンをします。
まだ什器も何も用意できないので、ほんの顔見世くらいのものになるかと思いますが、
お近くにお住いの方はぜひ遊びに来てください^^
本オープンは12月22を目指していますが、お店らしくなるのはもう少し先になりそうです。



こちらのお部屋に入ります
濱田医院 (2)


また月末からしばらくポルトガルへ行くこともあり、
オンラインショップの方も閉じております。
今週の17日、18日は、横浜の象の鼻テラスで
『そうだ、ポルトガルへ行こう!』のイベントに出店いたします。
...と、バッタバタですが、今後ともアンドリーニャをよろしくお願いいたします!




andorinha at 13:39|PermalinkComments(2) ポルトガル陶器と民芸のお店 アンドリーニャ 

2018年10月18日

アルコバサの更紗のスカート 谷中・クリコ

東京・谷中の、ヴィンテージクローズ&東欧民芸のお店、クリコさんオリジナルのファビュラスなスカート❤️
ポルトガル伝統のアルコバサの更紗で作られています。

クリコさんのポルトガルフェア、いよいよ明日19日からです。
私も楽しみ(*´ω`*)


_20181018_193231



_20181018_193204




andorinha at 19:42|PermalinkComments(0) 民族衣装 | イベント

2018年10月16日

谷中のクリコさんでポルトガルの民族衣装

_20181016_221210


19日から谷中のクリコさんでポルトガルの民族衣装のフェアをやります。クリコさんのコーデは必見!ですよ😊
私も今から楽しみです。
ぜひご来店ください。

18日からは不動前のラブディエンさんで、フォルミガ工房の陶器とアソーレスの刺繍のフェアをやります。こちらも可愛いものいっぱいです!


andorinha at 22:19|PermalinkComments(0) ポルトガル陶器と民芸のお店 アンドリーニャ | 民族衣装

2018年10月11日

Popeye最新号 ミランダ・ド・ドウロのナイフ


Popeye最新号は一人旅特集。
ポルトガルのページでは、
ミランダ・ド・ドウロのナイフを探す旅の記事でちょっとだけ協力させて頂きました。
拙著「持ち帰りたいポルトガル」でご紹介したミランダ・ド・ドウロのナイフは
男性に好評なんですよね。
折り畳みのナイフで、
柄の部分が美しい動物の角や木で出来ていて、眺めているだけで満足してしまいます。
表紙の写真はリスボンのコメルシオ広場でしょうか。

※以下公式サイトより


43445422_1856888831032254_1355946215006535680_n 


一度くらいはひとりぼっちで旅をしてみない? 
べつに一人じゃなくてもいいんじゃないかと言われると確かにそうかも知れないが、
このワクワクは尋常じゃない。
わけもなく東北をレンタバイクで突っ走れる人と、
それ何の意味があるのって言う人と。きみはどっちでいたい? 
ポパイ最新号「一人旅にいってきます。」は明日発売です! 
東北、ポルトガル、釜山、香港、スイス、カンザス、ベトナム……。
さあ、旅の予定を立てようじゃないか。
#popeyemagazine #一人旅 #popeyetravel



andorinha at 17:49|PermalinkComments(0) LIVRO☆スノホワ出版関係 | その他工芸品

2018年10月02日

イベントのお知らせ

今月は東京でアンドリーニャのイベントをします。

ラブディエン 東京・不動前◆
『ポルトガルの陶器と刺繍布』
10月17日(水)~28日(日)
手に馴染んで使いやすいと人気のフォルミガ工房の陶器の食器や
アソーレス諸島のコースターなどの小さな刺繍、
マリーニャグランデのガラス細工のペンダントなど...
ポルトガルの小さなかわいい手仕事の世界をおたのしみください。


クリコ 東京・谷中◆
『ポルトガルの漁師の衣装(仮題)』
10月19日(金)~28日(日)
ポヴォア・デ・ヴァルジンの漁師のセーターや
ナザレの漁師のシャツや女性の手編みのケープなど、
ポルトガルの民族衣装を集めました。
20日(土)11:00~ お茶会「ポルトガル妄想旅行」をします。
¥1,900(アソーレスのお茶orポートワイン、お菓子つき)
ポルトガル旅行について、ユルッとしたお話をしましょう♡
参加ご希望の方はクリコさんのインスタへDMをお願いします。


フォルミガ工房のマグカップ
P1310673

持ち手のカーブが絶妙で持ちやすいと評判です。
ラブディエンさんにお持ちします。


アソーレス諸島、サン・ミゲル島の刺繍工房
3017740

3017741

ワイン用エプロンやコースターなど。
ラブディエンさんにお持ちします。


ポヴォア・デ・ヴァルジンの漁師のセーター
3017739

ポルトガルでもなかなか手に入らない貴重なものです。
今回のイベント用に特別に作って頂きました。
クリコさんにお持ちします。


シャツを羽織ったナザレの漁師
P1012118

クリコさんにお持ちします。

めずらしいものを色々集めました。
ぜひ、遊びにきてくださいね!




andorinha at 17:35|PermalinkComments(2) ポルトガル陶器と民芸のお店 アンドリーニャ 

2018年10月01日

ポルトガル・シニア旅行 リスボンの缶詰バー 2017年8月

BlogPaint 

ベレンから旧市街の方へ戻り、小腹が空いたので缶詰バーのソル・イ・ペスカでちょっとつまむことにしました。


続きを読む

andorinha at 10:27|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 | リスボンのレストラン

2018年09月24日

ポルトガル・シニア旅行 パステイス・デ・ベレン 2017年8月

BlogPaint 
ベレンに来たならこのお店ははずせないでしょう。
パステル・デ・ナタ(エッグタルト)発祥のお店、パスティス・デ・ベレンです。


続きを読む

andorinha at 15:37|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 | リスボンのカフェ

2018年09月16日

ポルトガルのガイドブック「レトロな旅時間 ポルトガルへ」 最新版第二刷発売です。

portugalguide 

拙著「レトロな旅時間 ポルトガルへ 最新版」が8月に二刷となりました。
「レトロ本(出版に関わった人の間でこう呼んでいます)」が初めて出版されたのが2013年で、
その当時、観光地としてのポルトガルは今よりもう少しのんびりしたものでした。
日本人観光客にとっても、
ポルトガルはスペインツアーの最後にちょっと立ち寄るところ、
というケースが多かったように思います。
しかし、ここ数年、旅先としてのポルトガル人気は急速に高まり、
今では世界各国から大変多くの観光客が訪れています。
それに伴う町の変化は驚くほど速く、
「レトロ本」の内容も版を重ねるたびに更新の必要がありました。

前置きが長くなりましたが ( ´艸`)
お陰様で最新版も二刷となりましたので、
内容もビミョーに更新されております ( ´艸`)クスクス
秋の旅行、年末年始旅行にポルトガルをお考えでしたら、
ぜひ、ポルトガルのガイドブック「レトロな旅時間 ポルトガルへ 最新版
を旅のお供によろしくお願いします ('ω')ノ






andorinha at 11:00|PermalinkComments(0) レトロな旅時間 ポルトガルへ 

2018年09月13日

ポルトガル・シニア旅行 2017年8月 ベレン地区へ

BlogPaint


前回の更新から間が開いてしまいました~。
とっくにポルトガルから帰国していたのですが、
パソコンの買い替えやなんだかんだでバタバタとしておりました。
ではでは、昨年の両親と一緒のポルトガル旅行記の続きです。
ポルトガル旅行を考えている、
うちの両親世代の方の参考になるところもあるかなと思って、
この旅行記は題名を「シニア旅行」としています。


アライオロスからエヴォラで寄り道をしたら、リスボンに戻ってきました。
半日くらいでしたが、エヴォラちょこっと観光は楽しかったな。

そして次の日はコメルシオ広場から市電に乗って、朝からベレン観光へ!

続きを読む

andorinha at 12:52|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 | リスボン

2018年08月12日

【リスボンの市電28番線のスリに注意】

IMG_20180812_013946_659


【ポルトガル観光・リスボンの市電28番線のスリに注意】

今朝、28番線に乗ったときにスリに遭いました。すぐに気が付いたので被害はありませんでした。リスボンに旅行に行く方は用心してください。

【ことの顛末】
最近のリスボンの混み方は異常です。
人気の28番線も、始発に近い方の停車場でなければ乗れないと思い、バイロアルトの方に向かって歩いていました。すると、シアードの停車場の所でちょうど28番線がやって来ました。
車内は混んでいるけど、これ位ならなんとか乗れそうだと思い、私も列に並ぶことにしました。
停車場で待っていた人全員は乗りきれず、私が最後の一人となりました。そして、扉が閉まるとき、一人の女性が私の後ろから強引に乗り込んできました。
電車賃は前払いで、乗車カードをタッチする機械は運転手の後ろの方にあります。私がタッチしようとすると、後ろの女性が先に手を伸ばして強引にタッチしようして邪魔をします。
すると、機械の側に立っていた女性が、後ろの女性からカードを預かって変わりにタッチしてくれ、私のカードも同じようにタッチしてくれました。
その時、腰のあたりを探るような気持ちの悪い感触があったので下を見ると、ショルダーバッグのファスナーが、外側も内側も全開になっていたので、後ろの女性がスリだと気付き、すぐに大声で「ピックポケット!(英語間違ってなかったか?…😓)」と何度も叫びました。そしてバッグの中を確認すると、何も盗られてはいませんでした。
次の停車場で、機械の側にいた女性と後ろの女性は、車内の奥の方に移動していきました。

私のショルダーバッグは大きくて底の方に手が届きにくく、スリ予防にファスナーを二ヶ所につけてあるので、なんとか大丈夫だったのかもしれません。

機械の側の女性と、後ろの女性はグルだと思います。後ろから強引に機械にタッチしようとしたときに体をかぶせてきたので、その時に外側のファスナーを開け、そして、後ろの女性がしてもらったように私もタッチしてもらおうと気を取られた時、内側のファスナーを開けたのだと思います。
強引にタッチをした女性は「ほうら、こうしてあなたもタッチしてもらいなさい」と、私に実演して見せたのだと思います。

【注意点】
●28番線はシアードより先の停車場(始発に近い方)まで行って乗り、座席に座るのがおすすめ。
●出来るだけ列の最後尾に並ばない
●スリは小綺麗な格好をしている(ポルトガル人とは限らない。サングラスをしたおしゃれなバカンス風の白人女性だった)
●混んでいるところでは、貴重品の入ったバッグは体の前に持ち、口の所に注意を向けておく

これらの事はいつも心掛けていたつもりでしたが、ほんの一瞬の隙を狙われたのですね。


andorinha at 17:47|PermalinkComments(4) ポルトガル旅行・旅のヒント 

2018年08月04日

アソーレスにいます。

DSC_0998


アソーレスに来ています。

インスタとたまにフェイスブック(ブログ内リンク参照)に、ちゃちゃっと写真をアップしていますので、帰国までそちらをお楽しみください😃


andorinha at 22:17|PermalinkComments(0)

2018年07月18日

ポルトガル・シニア旅行 エヴォラのお気に入りカフェ、アルカダ 2017年8月

ポルトガル レストラン (1) 

エヴォラでのランチは、広場に面したアーケードにあるカフェ・アルカダで食べました。
(↑この入り口のデザイン好き)


続きを読む

andorinha at 17:15|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 | ポルトガルのカフェ

2018年07月12日

ポルトガル・シニア旅行 エヴォラその2 2017年8月

ポルトガル旅行 ブログ (2) 

カテドラル で涼んだら を見学したら、旧市街をブラブラ。
白いお馬さんの観光用の馬車もいましたよ♪


続きを読む

andorinha at 12:29|PermalinkComments(0)

2018年07月02日

ポルトガル・シニア旅行 エヴォラ半日旅行 2017年8月

ポルトガル 観光 ブログ (2) 

のんびりアライオロスに後ろ髪をひかれながら、リスボンへと戻ります。

の、前に、エヴォラに立ち寄りました。
まずはカテドラルから見学。
これは12~13世紀に建てられたものだそう。


続きを読む

andorinha at 12:31|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 | エヴォラ

2018年06月19日

TRANSIT40号 特集ポルトガル 小冊子に参加しました

DSC_0917


TRANSIT40号 永久保存版・ポルトガル特集。


分厚いです。


美しくて
ちょっと切なさを感じる町並み、
雄大な自然、
大地の香り、
温かさ。

ポルトガルの魅力がみっちり詰まって 読みごたえがあります。

そ・し・て

秘密の袋とじに

じゃなくて、
綴じ込みの小冊子のトラベルガイドで
私のオススメの小さな村と お土産の紹介をしました。
本日発売です!よろしくね



DSC_0916




トラベルガイドで小さな村とお土産の紹介しております
DSC_0915 




andorinha at 17:48|PermalinkComments(0) LIVRO☆スノホワ出版関係 

2018年06月15日

ポルトガル・シニア旅行 アライオロスのポザーダ 2017年8月

ポルトガル 旅行 ブログ (4)

アライオロスではポザーダ(ポウサダ・コンベント・デ・アライオロス)に泊まりました。


続きを読む

andorinha at 14:40|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 | アライオロス

2018年06月08日

魚のうろこの花のコサージュ

P1310687 

ネットショップに『魚のうろこの花のコサージュ』をアップしました。

アソーレス諸島の修道院に伝わる伝統工芸「魚のうろこの花」。
18世紀頃に始まったとされ、修道女が宗教画を飾るために作られていました。


私のお友達の日本人作家のhonamiさんに、
ポルトガル製の作品を参考にして作ってもらいました。
すりガラスのような、不思議で美しいコサージュです。
試作を重ねたり、この形になるまで苦労したみたいです。
花びらは、触ってみると意外と丈夫です。
ただ、作りが繊細なので、お使いになるときは気を付けてくださいね。
リボンは写真のサーモンピンクとグリーンがあります。



andorinha at 17:28|PermalinkComments(2) ポルトガル陶器と民芸のお店 アンドリーニャ | ポルトガル手工芸・雑貨

2018年06月06日

ポルトガル・シニア旅行 アライオロス 2017年8月

P1310130 

ギマランイス、ポルト、そしてリスボンへと南下してきたら、次はアライオロスへと向かいます。


続きを読む

andorinha at 16:06|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 | アライオロス

2018年05月28日

上海のTV番組に、ちゃっかりアンドリーニャ

sh

3月の清澄白河のBaharさんでの「ポルトガルのかわいい手仕事展」の開催中、上海のテレビ局が清澄白河を紹介する旅番組を取材していたのですが、ラッキーなことにアンドリーニャの展示もたっぷり映してもらえました!

东京印象 2018 :东京印象—文青最爱的时髦下町 清澄白河地区特辑

取材に応じているのはBaharさんのオーナーさんです。ほぼぶっつけ本番だったのですが、堂々とした受け答えに感服いたしやした!私ならくちびるがプルプル震えて頭真っ白になってる...




andorinha at 15:37|PermalinkComments(0) ポルトガル陶器と民芸のお店 アンドリーニャ 

レロ書店でワタクシの本が販売されます!

レロ書店 ポルト (1) 

ポルトのレロ書店 Livraria Lello は、世界の美しい書店と言えばたいてい名の挙がるポルトガルを代表する老舗書店で、ハリー・ポッターの物語にも影響を与えたと言われます。
(作者のJ・K・ローリングはポルトに住んでいたそう)




そのレロ書店で、拙著「レトロな旅時間 ポルトガルへ」と「持ち帰りたいポルトガル」が販売されることになりました!(号泣)
私の本を好きだと言ってくれるポルトガルの友人たちを通じてレロ書店へ話が行き、本を見たオーナーさんも気に入ってくれて今回の運びとなりました。
日本語で書かれた本ですが、日本の本は写真が多いので海外の方でも楽しんで頂けるそう。

一冊の本を作るには、出版社、編集者、カメラマン、デザイナー、印刷屋さんなどなど、多くの人の力が必要です。
なので、このことは、この本に関わって頂いた方々のことを思い浮かべ、名誉であり誇りであると思っています。本当にうれしい!



ガイドブック「レトロな旅時間 ポルトガルへ」イカロス出版
saisin2



ポルトガルの手仕事「持ち帰りたいポルトガル」誠文堂新光社

無題 


全国の書店、Amazonなどでお求めになれます。




レロ書店の2階
レロ書店 ポルト (2)





有名な赤い階段
レロ書店 ポルト (3)






レロ書店 ポルト (4)


店頭に本が並んだところを見てみたいです。


★ブログの人気投票に1票お願いします★ 
ブログ村・ポルトガル情報
↓ ↓ ↓
robakun



andorinha at 12:14|PermalinkComments(2) LIVRO☆スノホワ出版関係 

2018年05月07日

ポルトガル・シニア旅行 インペリオで晩ごはん♪ 2017年8月

リスボン レストラン ブログ (2) 

リスボンで半日観光をした日、晩ごはんは新市街のインペリオへ...


続きを読む

andorinha at 16:54|PermalinkComments(4) 2017年8月ポルトガル周遊 | リスボン

2018年04月29日

母の日の贈り物に、ポルトガルのマグカップ

ハート (2) 

二羽の鳥とハート、そしてカーネーション。
幸せを感じる、ポルトガルの型染めのマグカップです。
絵柄はポルトガルの古い陶器から、
軽くて持ちやすいと好評のカップの形は、
当店オリジナルで作りました(エヘン)。
母の日の贈り物におすすめです。

お求めはこちら↓↓↓
ポルトガル陶器と民芸のお店 アンドリーニャ




andorinha at 14:27|PermalinkComments(0) ポルトガル陶器と民芸のお店 アンドリーニャ | 焼き物・アズレージョなど

2018年04月27日

ポルトガル・シニア旅行 リスボン半日観光 2017年8月 

リスボン 観光 ブログ (2) 

ポルトからリスボンへ戻った日の午後、ランチの後で市内観光をしました。
これはケーブルカーのグロリア線で登っているところ。

続きを読む

andorinha at 10:32|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 | リスボン

2018年04月21日

ポルトガル・シニア旅行 ポルトからリスボンへ&ランチ 2017年8月

リスボン レストラン ブログ (2) 

ポルトから南下して、次はアレンテージョを目指します
...の前に、中継地点のリスボンで一泊しました。


続きを読む

andorinha at 15:31|PermalinkComments(0) 2017年8月ポルトガル周遊 

2018年04月12日

ポルトガル・シニア旅行 ポルトのホテル 2017年8月

ポルトガル ポルト 観光 ホテル (7)

さてさて、日が開いてしまいましたが、ポルト観光の続きです。
今日はポルトで泊まったホテルです。


続きを読む

andorinha at 14:31|PermalinkComments(2) 2017年8月ポルトガル周遊 | ポルトガルのホテル