Envelope ポルトガルのヴィンテージレターセット爺さん印のポルトガルプリン

2011年02月18日

Catedoral de Pao  リスボンの目にも美味しいパン屋さん

catedoral de paoこんにちは。スノホワです。


この美しいドームのような建物は、いったいどこでしょう.....?




ニャンと!

パン屋さんなのでした~
catedoral de pao



















リスボンのパン屋さん、Catedoral do Paoです。

以前から行きたいと思っていたお店だったのですが、昨年(2010年)の夏、ようやく訪れることができました。
最近、リスボンはポルトガル入国の夜と、出国前日くらいしか滞在できません。リスボン市内で行きたい所はごじゃんとあるんですけど、地方を周ると中々時間がとれません。この日もネコ缶だスーパーだとリスボンマラソンのごとく駆け回る途中で寄ったのでした。
場所はガイドブックに掲載されている日本料理店「新盆栽」の近くだったと記憶.....。

このパン屋さんが面白いのは、店内のカフェでその焼き立てパンも食べられるという事です。ポルトガルではめずらしい形ですね。パンの他にソッパ(スープ)などのメニューもあり。

アールヌーボーの装飾が美しい店内
BlogPaint




















catedoral de pao





















お腹と背中がくっついてたので早速注文。

タチウオのフリットサンド
BlogPaint



















う~んさすがパン屋さん。パンの外皮がパリッとしていてMuito Bom(=すんごく・おいちいの意味-現代ポ語辞典)
でも中にはさんだフリットが冷えていてこれがイマイチですね~。ちょっと残念。


夫が食べたハムサンド
BlogPaint



















これもパンはとっても美味しいんですけど、ハムが普通かな~。最高にうんまい、というほどでは無かったです。


しかーし。
スノホワのアンテナにピピッときたモノが!!
店に入った瞬間からショーケースに目がくぎづけの.....


サラダ・デ・フルタ
BlogPaint



















カットフルーツミックス。ポルトガルのレストランの定番デザートです。細かくカットしたりんごやぶどうなど季節のフルーツと、あとは缶詰のカットフルーツなどをまぜてシロップで和えたものは良くみかけます。
ここのお店のは写真のように、キウイやオレンジなど新鮮な果物がゴロゴロ!!缶詰でお茶を濁すような事はしてません。目にも美しいですね。それをシロップでは無くフレッシュなオレンジジュースで和えてあり、果物を食べた後はジュースをゴクリ。またこのイチゴの甘~くて美味しいことったら 
今まで食べたサラダ・デ・フルタの中で一番美味しかったです。キング・オブ・サラダ・デ・フルタナリ~

もうひとつ面白かったと言うか気になったのが.....


レジのおやっさん。
catedoral de pao


























ポルトガルでは普通、席でお勘定を済ませるのですが、この店はレジでこのおやっさんにお金を払います。
カウンターでパンを売るお姉さんや注文を取りにくるマダム達が忙しそうに立ち働くのを尻目に、おやっさんだけはハナ〇ソほじりながらホケ~っと。お客さんが支払いに来た時だけ我に返ったようにガチャガチャとレジ打ち。
「オイオイあのオッサン見てみ」「イシシシ、何ボケーっとしてるんだろね」と頼んだパンが出てくるまでしばしのヒマつぶし。


catedoral de pao



















店を探していたとき、入り口は目立たない感じなのでうっかり通り過ぎてしまいました。
お土産にパンを買って帰りたかったのですが、リスボンマラソンのコース中盤だったのであきらめました。
ポルトガルのパンは美味しいのでお土産にいいですよ。冷凍しておけば随分日持ちします。



Catedoral do Pao

Rua Dom Pedro V57,1200-092
Lisboa


※2010年8月現在の情報です。


andorinha at 13:45│Comments(0)TrackBack(0) ポルトガルのカフェ | リスボン

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Envelope ポルトガルのヴィンテージレターセット爺さん印のポルトガルプリン