重くてもいいから持って帰りたい -最終回・ポルトガルのドアヴィラ・レアルの美味しいお菓子屋さん

2011年03月15日

モンサントのカワイ子ちゃん  -モンサントの人形

bonecoこんにちは。スノホワです。


これはポルトガル・モンサントの村の入り口でスノホワ夫婦を迎えてくれたお人形さんです。モンサントの伝統工芸品です。

岐阜県の郷土玩具「さるぼぼ」という、のっぺらぼうの赤い顔をしたお猿さんのぬいぐるみにチョット似てますね。


ウェストでキュッと結んだリボンに白い襟。水玉だのギンガムチェックだの花柄だの、ちょっとおフランスなワンピースを着こなすその小生意気さはヘップバーンやバルドーを彷彿とさせるものがあります
しかし、この時は買わずに通り過ぎてしまったのです。

後悔先に立たず...ナゼにスノホワは買わなかったのか?



.....。


例のヘソキュウッと曲がったから。


スノホワ夫婦が村に着いたタクシーを降りるなり、この人形売りのおばさん達の「ちょいと買ってきなさいヨ」攻撃が凄かったんであります
チラッと見て「あ、カワイイな」と思ったし、そんなに高い物でもなかったと思うのですが、ゆっくり洋服を吟味する気分も失せるやかましさ。「買え!」と言われると「いらんわい!!」とついヘソを曲げ強情を張ってしまう所は大工だった爺様譲りナリ
ポルトガル人は概して素朴でシャイな人が多く商売気もそんなに無いのですが、ちょっと観光地ズレした所だと時々こういう事に遭遇します。

あぁ...やっぱりカワイイなぁ...買えば良かった。(下に敷いたアヒル柄の布もかわいかったりして)
やっぱり  と感じたモノはその場で手に入れないと後のお祭り騒ぎです。


モンサントの岩の家
monsanto



andorinha at 15:10│Comments(0)TrackBack(0) ポルトガル手工芸・雑貨 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
重くてもいいから持って帰りたい -最終回・ポルトガルのドアヴィラ・レアルの美味しいお菓子屋さん