ギャル曽根の大食いHappy道~食べても食べても太らない~


巻頭からすっぴんのギャル曽根様お写真。しかし、ある程度想定の範囲内である。脳内でメイクを落とした想定の範囲内。

しかし、私にとって大事なのはそういうことではない。あれだけ食べて太らないのは吸収しないからである。太らない点では羨ましいが、それは食料としての食べる意味があまりない気もする。そして、吸収しないわけだから排出するわけである。

一日六回。毎日六回も用を足せば、当然お尻は……、ということで、ギャル曽根様もそういう悩みがあったのである。私はそこに一種の感動というか、親近感というか、いつも素敵な笑顔でおいしそうに料理をほおばるギャル曽根様も悩みを抱えて健気に生きていらっしゃるということが、私にとって励みになる思いがしたのである。

今日は落ち込んで、呼吸法で立ち直ろうとしたがあまり効かず、また一人で寂れたバーにでも行ってうなだれてお酒でも飲もうかと思っていたが、節約中だし、ゲーセンもちょっと前にすって何も取れなかったからもうやるもんか、とやめることにしたし、そこでふらふらと書店に行って何気なく手に取ったこの一冊が私を少し励ましてくれた。

ありがとう、ギャル曽根様……