国民の祭典、コミケの時期ですね。

さて、
痛G―痛車グラフィックス (Vol.5) (GEIBUN MOOKS No.673) (ムック) (GEIBUN MOOKS 673)痛G―痛車グラフィックス (Vol.5) (GEIBUN MOOKS No.673) (ムック) (GEIBUN MOOKS 673)
販売元:芸文社
発売日:2009-07-31
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


車とかの雑誌のコーナーに行ったら軽く驚いたというか、感激したというか。痛い車、つまり「痛車」の雑誌が刊行されていたのね。よく出来ているよ、本当に。

個人的にはスクイズと長門の痛車が良いと思った。

そして、本書を読むまで知らなかったのだが、他にも「痛単車」とか、「痛チャリ」ってのもあるんだね。こちらも本当によく出来ていて、感激する見栄え。

「痛い」という自嘲的な表現が、逆に本人の快楽中枢を刺激している感じがする。