原書が出たのは1981年だが、読んでいると今現在の我々が置かれている環境を指して鋭く評されているかの心地であった。インターネット時代において拡散する情報の実態の有無、その意味と無意味を鋭く問われる。クローンや原発の問題なども取り上げられ、まるで今の現状を踏まえて書かれているかのような鋭さ。

本物が無くなって、その情報、データのみが流通して構築されているこの世界には何の実態も無く、何の意味も無いのかもしれない。