人生を危険にさらせ!
須藤 凜々花
幻冬舎
2016-03-30



もう文庫化もされて、今頃になってではあるが、読んだ。アイドルが専門家と対話しながら哲学的思索を深めていくのだが、哲学史を編年体式に追うタイプの入門書ではなく、「生きるということ」「愛するということ」など5つのテーマのもと、様々な哲学者が紹介され、そこに時には同意したり、あるいは違和感を感じつつ、須藤凜々花は自分の考えを磨いていく。

NMB48や須藤氏に特別興味が無ければ、読者は結構限定されてしまうとは思うが、哲学の入門書的なものとして考えると、私は割と充実感を感じられたし、正直言うと『ソフィーの世界』よりも面白かった。ロールズとかランシエールなど、割と最近の思想家も登場するところがよかった。哲学史を教科書的にさらうものではないので、それぞれの哲学者の紹介という側面から考えればどうしても紹介しきれない部分はあるし、関連したその他多くの哲学者も扱いきれないのだが、その分紹介された理論を自分自身の問題としてよく考えながら対話が行われる。

総選挙での衝撃的な発表があって、実に物議を醸し、正直あれには色々思うところがあった。最近バラエティ番組などにもちょくちょく登場し、その時のことも語っているが、彼女の哲学に対する思いは本当のものなのか、冗談ぽく自らを語るばかりでなく、真摯な彼女自身の哲学も聞きたいものである。あの時の決断が本書の正義論で熱く語られる内容と深く関連するものなのか否かというのも、読んでいて気になるところである。