MAGNA HISTORIA

カテゴリ: 音楽学



ヘンデル・バッハ・スカルラッティ生誕333年記念の昨年に出版された本で、これを見つけて以来ずっと読みたいと思っており、この度読了。全編通して読みやすかった。

著者による「はじめに」も書かれている通り、評伝でも研究書でも音楽の解説書でもない、というスタンスで、一般の音楽愛好家向けに親しみやすく、またわかりやすく書かれている。とはいえ、ヘンデルが生きた時代のヨーロッパ史、特に各国の王位継承権の問題やそれを巡る戦争、力関係については少し詳しめに解説し、そのような情勢の中でドイツ、イタリア、ヘンデルで音楽活動を行ったヘンデルの特に声楽曲に籠められた政治的意味を読み取ろうというもの。楽譜を引用しての楽曲解説みたいなものはほとんどない。

取り上げられる話題として、ハノーファー選帝侯時代からの付き合いである後の英国王ジョージ1世との関係からヘンデルのイギリスでの音楽活動を考えるところも面白いし、また、オペラやオラトリオなどの内容に、当時の政治的時事問題が重ねられていることがよくわかる。たとえば、「メサイア」も初演がロンドンではなくダブリンで、そこで成功したのも、内容には反体制的なメッセージが読み取れるようになっており、これでアイルランドのジャコバイトの反応を伺っていたのではないかというのだ。

しかし、もちろん現王朝を讃える楽曲も様々作っているし、またイタリアにいた時代には何人もの枢機卿のパトロンがいて、カトリック教会向けの音楽も作っている。けれどヘンデル自身はルター派。

うまいこと立ちまわって、行く先々の依頼に応じ、よく言えば臨機応変に曲を作り、儲けも結構あったようだが、節操がないというのは果たして言い過ぎだろうか。本書を読んで思ったことは色々あるのだが、その中の一つに、ではヘンデル自身の思想信条というのはどこにもないのか、というところ。もちろん、18世紀の職業作曲家であれば、依頼主に合わせて曲を作るのは当然のことだけれども、ドイツからイタリアに渡ってさらにイギリスに帰化する中で、それぞれ政治的にも宗教的にも違う立場にころころと合わせて曲を作るのに、些かなりとも葛藤はなかったのか、あっても割り切るしかないという意識があったのか、この辺りに触れる文章が本書にはなかった。どこまでヘンデルの本音を探りうる資料が残されているのかわからないが、結局、ヘンデルはそういった政治的・宗教的信条についてはそこまで拘りがなかったのか、人物像として気になるところであった。

あまり詳しいところまで踏み込むのはこの本の趣旨ではないのかもしれないが、ヘンデルという作曲家がいわば敏腕プロデューサーのように行く先々で音楽イベントを盛り上げた人物なのだ、という人物評を下すにしても、上記のような自らの信条との折り合いについての問題は果たしてどうだったのか、気になるところである。イギリス文学史に登場する詩人たちは結構こういう問題で悩んだり憂き目にあったりする者もいるわけであるから。

あとは、器楽曲への言及がほとんどないのだけれど、これは彼の音楽ビジネスとの関連で何か述べるべきところはないのだろうか。などなど、なにぶん多彩な作曲家であるために、一本の筋を通してまとめ上げるのは大変なのかもしれないのだけれど、もちろん面白く読みました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



C. P. E. バッハのチェンバロとフォルテピアノのための協奏曲変ホ長調 Wq. 47、2台のチェンバロと管弦楽のためのソナティナニ長調 Wq. 109、2代のチェンバロのための協奏曲ヘ長調 Wq. 46を聞いた。

最初の2曲はエリック・リン・ケリーがチェンバロ、ヨス・ファン・インマゼールがフォルテピアノとチェンバロを担当、最後の一曲はアラン・カーティスとグスタフ・レオンハルトがチェンバロを演奏している。オーケストラはコレギウム・アウレウム。最初の2曲は1982年にデジタル録音されたものだが、最後の曲は詳細が記されてないが、元はアナログ録音だったものをデジタル処理したもののようだ。

作曲年代としては最初のWq. 47が1788年、つまり作曲者の晩年なのだが、年を重ねた風格よりも新鮮な躍動感に満ちている。独奏にチェンバロとフォルテピアノの新旧二種類の鍵盤楽器を並べるところが、バロックから古典派への移行期ならではの組み合わせである。弦とフルートの掛け合いの主題がこれら独奏楽器の掛け合いへと繋がり、明るい楽曲。

続くソナティナは編成としてはオーケストラと2台のチェンバロという協奏曲風な形になってはいるが、冒頭から金管楽器やティンパニが壮大に響き鳴らされて序曲のよう。それがテンポを緩急変化させて進行し、2楽章目はメヌエットで終わる。

最後の協奏曲が一番古く作曲されたもので1740年、20代の時に書かれたものだが、これが一番落ち着いた曲調。これはC. P. E. バッハの特徴で、最初の頃よりも年を経てからの方がもっと自由な楽想で曲を書き、独創的な作品になるのだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



ハリー・クリストファーズ指揮ザ・シクスティーンの演奏で、旧約聖書の「サムエル記」に基づくヘンデルのオラトリオ「サウル」を聞いているが、素晴らしく感激する作品と演奏。

オペラ・セリア並みに劇的な展開が台本と音楽によって表現されており、傲慢で嫉妬深く怒りの収まらないイスラエルの王サウル(クリストファー・パーヴズのバス)、ペリシテ人との戦いで英雄としての功績を果たしたダビデ(セアラ・コノリーのメゾソプラノ)、サウルの二人の娘、息子、それぞれの個性の違いが際立っており、生々しい人間のドラマを見せられる。それぞれの人物がレチタティーヴォとアリアを次々と交代させ、目まぐるしく変化する喜怒哀楽が歌と音楽で盛り上がる。

人々からの評価が自分よりも高いダビデに対するサウルの激しい怒り、高潔なダビデ、サウルの息子でやたらダビデが好きなヨナタン、ダビデに対しては対照的な態度を示すサウルの娘メラブとミカルなど、それぞれの性格を独唱陣は鮮やかに歌い上げているし、オーケストラの音楽も壮大。そもそもの編成が豪華で、珍しくカリヨンが導入され、合間のシンフォニアがちょっとサザエさんのBGMみたいな雰囲気を醸し出している。金管はトランペット2本の他にトロンボーンが3本も入っている。ダビデは竪琴を奏でるので、ハープも登場。

ルース・スミスが解説で書いているが、17・18世紀イギリスにおける王位継承をめぐる争いがこのオラトリオの主題の背景にあるようだ。そこを歴史的になぞらえながら聞く面白さもあるだろうし、その知識がなくても、また旧約聖書の知識がなくても(そもそもオラトリオにおいては元の話に改変を加えることも珍しくない)、台本・演奏ともに演劇的に生き生きとしたものなので、CD3枚分の演奏に飽きずに聞き入ることができる。

個人的には、戦いの勝利を祝う合唱曲や怒り続けるサウルのアリア、また、終わりの方であっけなくサウルとヨナタンが死に、その後しばらく続く悲嘆の合唱とアリアの中、ダビデが歌う悲しみがヨナタンだけに向けられてサウルを無視しているのとかも面白い。魔女が預言者サムエルを呼び出す場面もある。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



ウィリアム・クリスティ率いる古楽グループ、レザール・フロリサンがシャルパンティエの同名の牧歌劇「花咲ける芸術」(Les Arts Florissants)を演奏したCDなのだが、1982年に出たLP版を復刻したものらしい。美しいデザインの紙ジャケットで、演奏もいいのだが、いただけない大きな問題が一つ。ジャケットの裏面には「強制結婚とエスカルバニャス伯爵夫人のための幕間劇」という曲名とその配役が記され、また中の解説書にはこの曲の歌詞まで載っているのに、該当するトラックがなく、つまり「花咲ける芸術」しか収録されていないのだ。収録時間40分43秒というのは「花咲ける芸術」のみのものである。

なんか変だなと思って調べてみると、どうも元のLP版には上記幕間劇の楽曲が収録されていて、それをこの復刻版CDでは省いたのではないかと思われる。であればCDジャケットもその解説書からも表記を外さなければいけない。あるいは省かずに収録しておけばいいのに、と思う。面白そうな曲なのに。モリエールの戯曲を基にした曲のようだが。解説書の歌詞を見ながら聞いていると、最後の2ページの歌詞が出てこないものだから、そこで気付いたのだ。というわけで、かなり重要な難点を抱えているのだが、上記リンク先のアマゾンにはその点を書いたレビューがなぜか無い。

さて、「花咲ける芸術」は一応「オペラ」という表記もあるが、小規模編成でフランス語で歌われる楽曲であり、「平和」や「詩」「音楽」「絵画」など擬人化された歌手が登場してルイ14世の治世を王の名を名指しして讃える(ルイという言葉が出てくる)。シャルパンティエの澄んだ響きの楽曲が美しく演奏される。時に激しい兵士たちの合唱に阻まれ、その歌い方がかなり世俗的雰囲気を出したコミカルな発声。このように平和が阻まれそうにもなるが、ルイ14世の統治によって平和な世となってまとまる。シャルパンティエはこれをギーズ公爵夫人のために書いたらしい。牧歌劇という感じ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンのカンタータ全集第34巻は1725年の作品3曲。

「何と美しいことでしょう、暁の星が照り輝くのは」BWV 1
「我らを保たせたまえ、主よ、あなたの御言葉のもとに」BWV 126
「主イエス・キリスト、真の人にして神」BWV 127

日本語版だと上記のように訳語がついている。BWV1はホルンが入って牧歌的な響きを持ち、キリスト誕生の喜びを歌う。BWV127はオーボエとリコーダーの木管の組み合わせが、透明感と優しさに満ちた雰囲気を合唱にも独唱にも醸し出すが、終盤はトランペットを伴ったバスのレチタティーヴォとアリアで差し迫った最後の審判が示され、コラールで終わる。

この2曲の間にあるBWV126の冒頭は短調にしてトランペットを盛んに使う。これがいかに衝撃的なことであるのかは、ある程度バッハのカンタータやバロック音楽に親しみのある人の方がわかる。普通はニ長調やハ長調の曲でないとトランペットは使われないのだが、イ短調の楽曲でトランペットが活躍し、バッハお気に入りの音型を奏でる弦楽をバックに、その響きは戦闘的とも感じられる。歌詞も殺伐とした状況を歌っている。3曲目のレチタティーヴォも例外的な形式で、アルトとテナー2人がそれぞれレチタティーヴォを歌い、間に2人でコラールを一節ずつ挟んで歌う。この3曲の中ではとても印象の強いカンタータであった。

なお、独唱陣はキャロリン・サンプソン (ソプラノ)、ロビン・ブレイズ (アルト)、ゲルト・テュルク (テノール)、ペーター・コーイ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



ライプツィヒでのバッハ1725年のカンタータが4曲収録されている、バッハ・コレギウム・ジャパンのCD。内容は以下の通り。

1.「主を讃えよ」 BWV137
2.「申し開きをなせ、とは雷鳴のごとき言葉」 BWV168
3.「主なる神は太陽にして盾なり」 BWV79
4.「汝らキリストのものと自称する者たちよ」 BWV164

このうちBWV168と164は冒頭がそれぞれバスとテノールのアリアになっていて、その他の曲も独唱や重唱のアリアでソリストの声が光る演奏であった。BWV168でペーター・コーイが歌う冒頭のアリアは、歌詞の通り雷のような声をバリバリと鳴らし、声量が凄そうだ。後者のテノールのアリアも魅力的で、櫻田亮氏の美声が響く。

ところで、解説書5頁右上にBWV137の初演が1735年ではないかと書かれているが、これは1725年の誤りだろうか。 ちなみに冒頭から躍動感のある祝典的な曲で、合唱の音型が躍動的すぎて歌詞は聴き取りづらいが、聞きごたえがある。レチタティーヴォがなく、歌詞の冒頭はすべて "Lobe den Herren" で始まる。ソプラノとバスの二重唱アリアも聞ける。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



バッハのチェンバロ協奏曲第4番イ長調 BWV1055、同第5番ヘ短調 BWV1056、同第6番ヘ長調 BWV1057、そして同第7番 ト短調 BWV1058をトレヴァー・ピノックのチェンバロ と指揮、イングリッシュ・コンサートが演奏したCD。このアマゾンのジャケット写真は間違っていると思うが。

瑞々しい演奏なのだが、録音は1980年。CDにはADDの表記、つまり録音はアナログだったものをデジタルマスタリングしたもの。結構昔の演奏なんだな。

昔からバロック音楽が好きだが、最初はどうも古楽器の音が好きになれなかった。軽くて、弱弱しいと感じていたし、楽器によってはモダン楽器とあまりにも音色が違いすぎて、ある音色から親しみを覚えた楽器に対しても、それが古楽器になれば、また別の楽器の音色を聞くような違いを感じたのである。

実は人生で最初に買ったCDが下のリヒターによるバッハのチェンバロ協奏曲集で、いまだにその重厚な迫力ある演奏が聴く人に与える感動は大きいだろうし、私もこれでバッハの曲は素晴らしいと感嘆した。けれど、もうこんな重々しい弾き方でバッハを演奏する人もいないだろう。これはこれで価値を持っているとしても、古楽演奏に関する研究も進んだ今、リヒターを見習って演奏するような時代ではなく、その意味ではあくまでも過去の遺産として、その価値を輝かせているのかなと思う。


そのリヒターの世代の後、といってもこのピノックの演奏がもう40年近くも前のものになってしまった。

さて、今では古楽器の演奏もそれほど抵抗なく聞くようになった。ピノックの盤も今でも全く古びない演奏で、楽しく聞ける。

バッハのチェンバロ協奏曲は、ヴァイマルやケーテン時代の旋律楽器のために書いた協奏曲をライプツィヒ時代になってチェンバロ協奏曲に編曲したものと考えられている。だが、この編曲の以前、ケーテンにいた頃、ブランデンブルク協奏曲第5番を書いており、これがチェンバロ協奏曲の先駆けのような作品。ただ、個人的にブランデンブルクの第5番は様式的にそれほど気に入っているわけではなく、というのも、あまりにも第1楽章のチェンバロ独奏カデンツァが長くて、均整が取れない心地がするのだ。いつまで続くのか、これは、という気分になってしまう。この第5番はチェンバロ協奏曲風だが、一応チェンバロはヴァイオリンとフルートと共に独奏楽器群の中の一つなので、そういう中で目立ちすぎというか暴走気味な感じがしてしまう。

これと比較して聞くと興味深いのが、ここで紹介しているピノックのCDに収録された、ブランデンブルク協奏曲第4番を編曲したヘ長調の協奏曲で、原曲のヴァイオリンパートはチェンバロに置き換えられ、2本のリコーダーと共に独奏楽器として活躍する。チェンバロも独奏楽器として活躍しているとはいえ、それでも曲のバランスとしてはこちらの方がよいと感じる。ピノックとイングリッシュ・コンサートの演奏も明るく躍動感があってよい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

バッハカンタータクラブの演奏を初めて聞いたのは随分前のことで、当時は小林道夫氏が指揮を務められていた。終演後のロビーには鈴木雅明氏の姿を拝見することもあった。まだSNSがこれほど発展する前の頃であるから、新聞の催し物紹介欄のようなところで演奏会の情報を知ったような気がするが、はっきり覚えていない。会場も奏楽堂ではなかった。

さて、2019年の定期演奏会では、冒頭にヨハン・クリスティアン・バッハの交響曲 ニ長調作品18-4が序曲として奏され、力強くも気品のある、カッコ良い演奏であった。

続いていよいよJ. S. バッハのカンタータが始まり、一つ目はカンタータ 第105番《主よ、あなたの僕を裁きにかけないでください》。いかにもバッハ的な悲痛な雰囲気の濃厚な冒頭がたまらない。「ため息」や「嘆き」の動機が連続し、不安を煽り続ける和声が続く。こういったバッハの音楽修辞学についての分析は、毎度楽理科の学生さんが執筆されているプログラムに詳しく、読みごたえがあってためになる。このカンタータはソプラノの華麗な音型が登場するアリアも良かった。そういえば、歌詞の中に出てくる「マンモン」はどこか別のところで見た覚えがあるなと思ったら、カンタータBWV168にも出てくる。

次にカンタータ 第21番《私には多くの憂いがありました》。歌詞に対応した劇的な表現に富んでいるところが感動的。魂とイエスの二重唱もある。そして、気付いたのは、同じ曲を私は2012年の定期演奏会でも聞いていたこと。3曲目のソプラノの痛切なアリアが印象に残っていて、こうして定期演奏会に通ううちに再会することになり、その意味でも感慨深いものがある。このカンタータではテノールの喜ばしいアリアでチェロが鮮やかに活躍しているのも良かった。

音楽の魅力を幅広く認知してもらうには、安価でも質の良い演奏を聴く機会が数多くあることが大切であろうと思う。東京藝大のバッハカンタータクラブによる定期演奏会はそんな貴重な機会の一つ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



ジョン・エリオット・ガーディナー指揮モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツらの演奏で、ヘンデルのオラトリオ「エジプトのイスラエル人」を聞いていた。2枚組のCDだが、この録音では2部構成の全曲合わせても1時間半くらいの演奏で、2枚目には戴冠式アンセム「司祭ザドク」と「主よ、王はあなたの力によって喜び」も併録されている。

ヘンデルのオラトリオとしては地味というか、厳粛な雰囲気の合唱曲が多く、独唱の華やかさには欠ける。内容は主に『旧約聖書』の「出エジプト記」の話から取られており、苦難にあえぐイスラエル人がエジプトを脱し、モーゼに率いられて真っ二つに割れた紅海を渡り、最後は神への賛歌を歌う。さすがにモーゼらの一行が紅海を渡った後、追跡したエジプト人が紅海の水に飲み込まれる描写はティンパニを激しく鳴らし、うねるような弦の伴奏を伴う荒々しい合唱曲。これは迫力があって面白い。また、第2部の方は祝典的な楽曲も多い。だが、フランス風序曲ではない荘重で暗い序曲に始まり、旋律自体に動きの少ない曲が目立つ。トロンボーンの響きが重厚に響くところも、荘重な印象を強める。

という印象を受けたけれども、解説を読むと結構色々な作曲家の曲を借用しているようだ。ヘンデル自身の「メサイア」と似た雰囲気の一節が聞こえる曲もある。

戴冠式アンセムはいかにもヘンデルらしい祝祭的な楽曲。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



何故か豚を抱えているよくわからないジャケットデザインであるが、バロック時代のイタリアの作曲家ベネデット・マルチェッロのオラトリオ「四季の嘆きと微笑み」のCD。オーボエ協奏曲で有名なアレッサンドロ・マルチェッロは彼の兄である。

あのオーボエ協奏曲の曲調と比較すると、かなり情熱的で強い演奏で、聖母マリアを讃える内容のオラトリオにしては随分俗っぽい表現に満ちた楽曲だという印象。春夏秋冬がそれぞれ擬人化されて、ソプラノ・アルト・テノール・バスによって歌われ、合唱を交えながら第1部ではマリアの死の悲しみに沈み、第2部になって天で御子イエスと共にあるマリアを讃え、喜ぶ内容。序曲から激しい。独唱と合唱が "viva! viva!" と歌い交わす箇所とか、凄い。弦楽器がガリガリ音を強く鳴らし過ぎじゃないか。

演奏はヴェニス・モンテヴェルディ・アカデミー、アンサンブル・ロレンツォ・ダ・ポンテ、指揮はロベルト・ツァルペロン他。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ