MAGNA HISTORIA

カテゴリ: 告知

高円寺にみじんこ洞という家庭料理の店がありまして、そこには多数のミニコミ誌が集まっており、このお店もフリーペーパーを作っている。そのフリーペーパーに以前から詩を載せていただいて、今回発行の第28号にまた掲載して頂きました。今回で5回目。ありがたいことです。下記URLを参照。

http://minicomi2.jimdo.com/みじんこ洞フリペできました/

ソネットはもともとイタリアで生まれた詩の形式で、14行であるほか韻の踏み方や内容の展開方法など、一応の決まりがあって、それもイタリアのペトラルカ風とイギリスのシェイクスピア風とで違うのだが、それを日本語でやっている私はどうしているかというと、七五調の文語体で定型にしている。最後の二行は七音の連句なので、展開方法は一応シェイクスピア風を意識はしている。けれど、日本語のソネットだから、どうなんだろうね。暗黒十四行詩なんで、色んな鬱屈したものを作品として昇華できるよう頑張ってはいる。が、成果が出ているかどうかはお読みいただければ幸いです。

よく様々な企画展なども催され、食事も美味しいみじんこ洞様です。フリーペーパーはみじんこ洞様の他、高円寺の近辺のいくつかのお店にも配布されている模様。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の文学フリマで販売が開始された、私も参加しているみじんこ洞さんの合同誌『MINORITY』第10号が以下のみじんこ洞さんのサイトでも取り扱いが始まっているようです。表紙・裏表紙とも綺麗に仕上がっているようです。ご興味のある方、ご覧ください。

http://mijincodou.cart.fc2.com/ca0/246/p-r-s/

私のPoematia pro HKT48、よろしくね…とかいってずうずうしい宣伝ですが。

そういえば、たかみなの卒業記念シングル、ちょっと気になる。ここしばらくのAKBの楽曲はあんまり王道アイドルソングな雰囲気の楽曲が無いのが私としては好みから外れるなと思っていたところ、今回は昔、AKBがいいなと思っていた頃の雰囲気を思い出すタイプの曲だ。最近はAKBよりはNMBやHKTの曲の方が気に入っていたものだから、またAKBでいいと思える楽曲が出てきたことが嬉しい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ごきげんよう。

時々お世話になっております高円寺の家庭料理のお店、みじんこ洞様のフリーペーパー第8号に私の「暗黒十四行詩」第3弾を掲載して頂きました。

今回は「夢魔夢中」と「救済の血潮」の二篇です。

みじんこ洞様以外にも高円寺の幾つかのお店にて配布されている模様です。

ちなみに、みじんこ洞様のツイッターは @mijincodou です。

ご興味ありましたらお手に取ってくださいまし。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

高円寺の家庭料理の店、みじんこ洞さんのフリーペーパーに、詩を二篇掲載して頂きました。みじんこ洞さんの他、高円寺の幾つかのお店にも置かれているので、手にとって頂けると幸いです。
DSC_0125
DSC_0124
    このエントリーをはてなブックマークに追加




『短歌研究』の最新号です。今回はうたうくらぶのコーナーで、なみの亜子先生のアドバイスを受けながら、一首の歌を彫琢していく様子がご覧いただけます。

嗚呼、また新人賞の応募要項が載っている。今年はどうしようかな、と考えている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回投稿したきゅんくんTシャツ選手権の結果が発表されました!(下記サイト)

http://self-support-rate.cocolog-nifty.com/1/2013/10/qnt-29e5.html

私の参加作品は残念ながら受賞なりませんでしたが、それでも3位の栄光に浴しました。投票してくださった皆様、ありがとうございます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもお久しぶりです。

最近、こんなことをしております。きゅんくん(@kyun_kun)という大変興味深いクリエイティブな活動をされている方がいらっしゃるのですが、そのきゅんくんが主宰している、Tシャツのデザイン選手権に参加しています。

↓のサイトです。
http://www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=82183

もう、参加者の皆さん、素敵なデザインの応募作ばかりで、私は穴があったら入りたい、むしろまずは穴を掘りたい、といった感じです。が、とりあえず、見ていただけたら・・・投票開始しております。
    このエントリーをはてなブックマークに追加




『短歌研究』最新号が発売になり、新人賞の結果が発表されています。私は予選通過に留まりました。

新人賞応募作品のうちの二首と、うたうくらぶの佳作に一首掲載されています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

短歌研究 2013年 07月号 [雑誌]短歌研究 2013年 07月号 [雑誌] [雑誌]
出版:短歌研究社
(2013-06-21)


キヤンパスにハイネ詩集を携へて光る少女はいつの幻   

安藤 麗


『短歌研究』2013年7月号が発売され、「うたうくらぶ」に一首掲載していただきました。

嗚呼、今月に入ってまだ一首も詠めていない。投稿しなければと思っているが、詠める時とそうでない時と波がある。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ツイッターはやってもブログ更新しなくなってきたな・・・。

さて、『短歌研究』最新号が発売になりました。

短歌研究 2013年 06月号 [雑誌]短歌研究 2013年 06月号 [雑誌] [雑誌]
出版:短歌研究社
(2013-05-21)


寺山修司の特集でもあります。

一首、「うたうくらぶ」に掲載していただいております。

短歌研究新人賞、今年も応募した。どうなることやら。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ