さて…
『令和』の時代の幕開けです❗😊✨🎌

皆さんも、ひとつの時代の区切りとして、
何かしらの願いや思いを馳せておられるのではないでしょうか❓❗


そう言えば私は…
昭和から、平成に変わる瞬間、
ちょうど、最後の家族旅行をしておりました。

当時、母はまだ移動出来る程度の状態だったので、
動けるうちに…ということで、母の希望により伊良湖にアワビを食べに行ったのです。

『時価』としか書かれていないお品書きのお店に入り…
アワビ、伊勢海老、車海老を一体どれだけ頼むべきかと、家族四人で苦笑い。😅

父は、『好きなだけ頼みなさい。お金払えなかったら、お前ら(私と弟)置いていくわ。(笑)』と、笑いながら言い…
本当に、全く気にせず、好きなだけ食べた事を思い出します。

その時、そこで、昭和天皇がお亡くなりになったニュースが流れ…
店の中の空気感が変わったことを覚えています。

外に出ると、今まで開いていたお店が一斉に閉まりだし…
何処に行くことも出来ない状態になりました。
海にいたせいか、空もどんよりし、
私のイメージの中では、空も海も町も…
全てが『グレーの港』の記憶しか残っていません。


しかし、『平成』から『令和』に変わる瞬間は、お祭りのように明るく…
同じ内容でも、状況や捉え方が違うと、こうまで違うものなのか…と痛感致しました。



私にとって『昭和』は…
大人になる過程の上り坂で…何もかもが、上に上にと上がるだけでした。

しかし、『平成』は…
震災、結婚、出産、離婚、挫折、病気、裏切り…
そんな中、もがき苦しみながら無我夢中で手繰り寄せ、導かれた歌の世界で、
多くの人と出逢い、支えられ、いろんな事を経験することができました。
私にとっては平成は、『荒波』そのものでした。

ちょうど、半年ぐらい前から、
自然と気持ちが切り替わりはじめ…
今までしなかった事を少しずつ行うようになりました。


デビュー当時のプロフィールに書かれたモットー…
『今、私にできること❗』
好きな言葉…『意思あるところに道はある』

今さら❓❗…いえ、今もなお、私はこの2つは変わらないなぁと思います。

そして…
『嬉しい時も、悲しい時も…どんな時にもその人の心に寄り添える唄い手』『邪魔にならない唄い手』でありたいと思うこと…これも変わることはありません。

人生折り返し地点を過ぎ、
さて、今から私に何ができ、何をすべきか…
一つ一つ丁寧にこなしていきたいなぁと思います。😊


皆さまにおかれましても、
今日から始まる新たな時代が、
穏やかで、豊かに…
そして、実り多きものになりますよう、
心からお祈り申し上げます。

3bb041e2358284a7acf4b40d0f154e2c66671fa7