2022年10月02日

【News=戦争速報】 ロシア軍が東部の要衝リマンから撤退、ウクライナが奪還へ(2022)

  ウクライナ軍がロシア軍を包囲していた東部ドネツク州の要衝、リマンからロシア軍が撤退したことが分かった。ロシア時間(ウクライナ時間と時差なし)10月1日にロシア国防省が発表したとCNNなど欧米のメディアが報じた。声明では「より有利な戦線」へと移動するためとしているが、隣接するルハンスク州の軍政トップ、ハイダイ氏は、ロシア軍部隊からの撤退の申し出をウクライナ軍が拒否したため、ロシア軍には「突撃を試みるか、降伏するか、全員が死ぬかの選択肢しかない」と現地の窮状を訴えていたことなどから、事実上の敗走とみられる。ウクライナ軍の部隊は既にリマンに隣接した一部の集落に入って、3方向からリマンにいる約5000人の兵士を包囲していた。リマンは鉄道の分岐点となる駅があり、ロシア軍が武器や弾薬、兵士らを東部の各地域や南部戦線に運ぶための重要な拠点となっていた。ウクライナにとっては、先月東部ハルキウ州の奪還に成功して以降、最大の戦果となった。ドンバス地方全体の解放に向けた重要な一歩になる可能性が高いが、ロシアのプーチン大統領は前日に、ドネツク州を含むウクライナ4州をロシアに「併合」すると宣言したばかりで、いきなりの撤退は容認できない事態のため、再攻勢に出てくる可能性も捨てきれない。今回の交戦でウクライナ・ロシア双方にかなりの死傷者が出たとの情報もあるが、検証できる状況にはない。

★NHKNews
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221002/k10013845261000.html



andyhouse777 at 11:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----戦争速報

【News=災害速報】 宮崎県日南市で震度5弱、M5.8、津波は発生せず(2022)

 10月2日午前0時2分ごろ、宮崎県でやや大きな揺れがあり、宮崎県日南市で震度5弱の、宮崎市と都城市、小林市、串間市、高鍋町、新富町で震度4の、宮崎県のほか、鹿児島県や熊本県、大分県、佐賀県、愛媛県で震度3の地震を観測した。この他、震度2〜1の地震を九州、四国、中国、近畿の各地方で幅広く観測した。この地震による津波はなかった。気象庁は、今後1週間程度は同じ程度の揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけている。震源は鹿児島県大隅半島東方沖の海上で、深さは29km、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.8と推定される。いずれも速報値で、今後修正されることもある。対象地域には、緊急地震速報が発報された。日南市では緊急地震速報が出たのとほぼ同時に強い横揺れが20秒ほど続いたという。
 宮崎県で震度5弱の揺れを観測したのは、ことし1月22日に発生した日向灘を震源とするマグニチュード6.6の地震以来。今回の震源は、南海トラフの巨大地震が想定される震源域からは外れており、やや南側に位置しているという。

 宮崎は私の第二の故郷です。
 どうか深刻な被害がありませんように。

★TBSNEWSDIGNews
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/168347?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter




andyhouse777 at 03:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2022年10月01日

【News=戦争速報】 ウクライナ軍が東部の要衝リマンのロシア軍を包囲、陥落寸前か(2022)

  ウクライナ軍がウクライナ時間9月30日までに、東部ドネツク州の要衝、リマンでロシア軍を包囲していることが分かった。包囲作戦は最終段階で、約5000人いるとみられるロシア軍兵士らに退却をするよう促しつつ、北部、南部や西部の3方向から2週間にわたって続けてきた砲撃なども継続し、ロシア軍の補給路も射程に収めて、兵站が増強できないような態勢をとっている。ロシアが退却する場合、ウクライナ軍に許可を求めなければならないほどの優位を保っていることから、陥落は時間の問題とみられる。

★CNNNews
https://www.cnn.co.jp/world/35194013.html


 リマンは同州の要衝スラビャンスク市から東方に離れた町で、ロシアの侵略直後にロシアに占領されている。交通の分岐点もあり、ロシア軍が武器や弾薬、兵士らを東部の各地域や南部戦線に運ぶための重要な拠点となっている。

 CNNによると、ウクライナ国旗が掲げられていることを示す多くの映像が出回っているという。
 ただ、親ロシア派が名乗る「ドネツク人民共和国(DPR)」トップのデニス・プシリン氏はウクライナ軍の攻勢に耐え、増援部隊が投入されていることも明かしており、情勢はまだ不透明なまま。
 2014年の紛争時にDPRの「国防相」だった「ドネツク人民共和国」の親ロ派、イゴール・ガーキン氏はSNSのテレグラムで「前もって撤退を確保しておくべきだった」として、ロシア軍司令部の「プロ意識の低さ」を痛烈に批判しており、「撤退の決断の遅れ」が今回のような包囲を招いた要因として大きいことが明らかになっている。


andyhouse777 at 16:46|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----戦争速報

【Report】 7年ぶりに三谷幸喜の二人芝居を再演、「素敵な舞台になればいいな」と言う草なぎ剛に香取慎吾は「ぶつかり合えている時間がとても楽しい」(2022)

 草剛と香取慎吾が共演する10月1日開幕の二人芝居「burst!〜危険なふたり〜」の囲み会見と公開舞台稽古(ゲネプロ)が9月30日に東京都内で行われ、草、香取と作・演出の三谷幸喜が報道陣の前に登場した。今回は再演で2015年の初演以来、7年ぶりの上演となる。香取は「草剛は僕がとても好きな俳優さんなので、一緒に芝居ができて楽しい。今2人がぶつかり合えている時間がとても楽しいです」と今の素直な心情を明かし、草は「2人の人生が交差して何かが生み出されるような、お互いの人生の全てを懸けた、そんな素敵な舞台になればいいなと思います」と意気込みをにじませた。三谷は通常でも難しいと言われている二人芝居が今回はしかも「2人が顔を会わせるのが1回だけ」で、違う方向を向いて(電話ごしに)しゃべるという「普通はできないこと」に挑戦していることを称え、「2人は遠隔操作みたいに遠くを見ながらしゃべっている。なおかつ呼吸がぴったり合って、良い、演劇的な空間が続く。そんなことは、まず普通の俳優さんはできない。それをさらっとやっている2人はすごい」と具体的な理由を挙げて「2人は最強!」と力強く語った。香取は「嬉しいんですけど、三谷さん、自分で作った作品を褒めているようにも聞こえる」鋭く突っ込んで、報道陣の爆笑を誘った。
 舞台「burst!〜危険なふたり〜」は10月1〜26日に東京・外苑前近くの日本青年館ホールで上演される。

★舞台「burst!〜危険なふたり〜」の囲み会見に出席した3人。左から草剛、三谷幸喜、香取慎吾(撮影・阪清和)
ふたり横

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ORICONNews
https://www.oricon.co.jp/news/2251337/full/


 香取によると、(初演の)映像や資料が一切残っていなかったのだという。「こんなことってあるんだってぐらいに何もない中で、思い出しながら、でも思い出すだけじゃなく新しい要素も入れてやったんです」と明かした。ところが「新しいと思ってやっていたら、『これ、7年前もやってましたね』みたいな、そんな発見もありながら、楽しい時間を過ごしてきました」とまさに模索の日々。

 開幕を翌日にした思いを問われると草は「すごくワクワクしている。今が一番楽しいかもしれないですね。気が早いですけど、再再演をしたい」と早くも宣言。それに対して香取は「僕は1カ月後、『やっと終わった!』という気持ちだと思う」とやや対照的。「緊張するのが1カ月続くのかと思うと、楽しみだろうけど終わったら開放感」と今の心情を表現。草の「再再演発言」を「もうそう言っているのが信じられない」と苦笑していた。

 よく見ると、三谷はスタッフジャンパー姿。7年前の初演のスタッフジャンパーのようで「この作品が好きなので、早くやりたいと願いを込めて7年前からずっとこのスタジャンを着ている。夢が叶って感無量です」と喜びの表情を見せた。

 香取にとっては「僕よりも舞台経験が多い」という草は舞台俳優という印象も強く、昨日(9月29日)通した時も、始まる直前に「慎吾ちゃん、よろしくね!」ってサラッと言われて、「お願いします!」っと本気の雰囲気で返したことを明かし、「古くからの付き合いですが、あらためてこうやって本気でぶつかり合えることができてとても楽しいです」とほほ笑んだ。

 香取と三谷は「新選組!」などタッグを組むことが多いが、「距離感が縮まらない」ことがよく知られているが、三谷は香取の電話番号は「(今も)知らないです」と答える一方で、「でも僕と草さんの関係はどんどん深まっています。稽古場から帰る時も一緒になってくれたりとか、プライベートでもお酒を飲んだこともある俳優さんです。僕はそういうことはほとんど無いんですけど、この方とは2回行きました」と草との関係の深化を話し出し、笑いを誘った。草は「おかしいですよね。慎吾ちゃんに連絡する時、僕のところにかかってくるんですよ」と不思議に思っている様子。

 三谷は「演出家って寂しい仕事で、僕が関わる時間っていうのは明日の初日が最後。それまでに完璧なものを作っておいて、で、幕が開いたら、千秋楽までおまかせというか。僕も毎日ここに来ることはないですし、だからあとはもうこの2人におまかせするしかないんです」と演出家にとっての「初日前」の独特な感情を明かした。

 せりふを覚えたのは「8割」程度だと明かした香取に草は「あと2割をここからどうやって巻き返すんだろう?すごいなぁ」と2人ならではの冗談めかしたトークを炸裂させる。

★舞台「burst!〜危険なふたり〜」の囲み会見に出席した3人。左から草剛、三谷幸喜、香取慎吾(撮影・阪清和)
ふたりタテ

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 三谷は「1時間40分ありますが、お客さんの皆さんも、こんなに長く生(なま)の2人を見ていられるチャンスってあんまりないと思います。ずーっと出ていますから。それはとても貴重な機会だと思いますので、その機会を存分に味わって楽しんでいただきたいと思います」と特別な時間を過ごせることを予告。
 草はコロナ禍がまだ完全には終わっていない状況での上演に「コロナ禍で有観客だといろいろ課題がある中、このように舞台を上演できることはほんとうに幸せに感じてますし、来ていただくお客さんにはとても感謝しています」としみじみ。「来ていただける方には幸せを持って帰ってもらいたいと思っています。1カ月よろしくお願いします」と呼び掛けた。
 一方、香取は「1時間40分、必ず皆さんに良い思い出になる、忘れられない楽しい時間だったり、ハラハラする時間だったり、そんな気分になれる舞台だと思うので、たっぷりその時間を楽しんでいただきたいと思います。ちなみに僕はこの舞台には人生は賭けていません」とオチ付きの絶妙のトークで会見を締めくくった。


andyhouse777 at 14:58|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★Report 

【舞台/MUSICAL】 モダン・ミリー(2022)

 夢を見ることの大切さは、例えばミュージカル「モダン・ミリー」の物語の舞台となっている1920年代のニューヨークでも、原作になっている映画が公開された1967年でも、ブロードウェイで上演した2002年でも、そして、日本で初演された2007年、15年ぶりの再演となった今年2022年の東京でもそれは変わらない。むしろ、その大切さは時代が現代へと進めば進むほど必要で不可欠なことになってくる。しかも、今回の公演が、人々の希望を打ち砕いていったコロナ禍で中止された2020年公演を経ての上演であることを考えてみれば、その「夢を見ることの大切さ」を思う人々の心はこれまでで最大限に膨れ上がっていたはずだ。太陽のようなはつらつとした魅力にあふれる朝夏まなとがこの「夢を見る達人」である主人公のミリーを全身で演じているのを見ているだけで、不思議と力が沸いてくる。夢を見る力こそがそれぞれの人の人生を切り拓いてくれるような気がしてくるのだ。まさしく今こそ観るべき作品なのだろう。

 ミュージカル「モダン・ミリー」は、2022年10月1〜2日に大阪市の新歌舞伎座で上演される。これに先立って9月7〜26日に東京・日比谷のシアタークリエで上演された東京公演はすべて終了している。
 なお、公演関係者に新型コロナウイルスの陽性反応者が出たため、9月10〜12日の公演は中止された。

★舞台写真はブログにのみ掲載しています

★無料のブログでの劇評は序文のみ掲載し、それ以降の続きを含む劇評の全体像はクリエイターのための作品発表型SNS「阪 清和 note」で有料(300円)公開しています。なお劇評の続きには作品の魅力や前提となる設定の説明。朝夏まなとさん、中河内雅貴さん、実咲凜音さん、廣瀬友祐さん、保坂知寿さん、一路真輝さんら俳優陣の演技に関する批評や小林香さんの演出や舞台表現に対する評価などが掲載されています。
https://note.com/sevenhearts/n/nd03f8226d6f4


【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無条件に無料でお読みいただけるサービスは原則として2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66278893.html


★ミュージカル「モダン・ミリー」の一場面。中央が朝夏まなと(写真提供・東宝演劇部)
モダン・ミリー朝夏群舞TB_0079

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モダン・ミリー」の一場面。左から廣瀬友祐、朝夏まなと、中河内雅貴(写真提供・東宝演劇部)
モダン・ミリー広瀬朝夏中河内06_0605 (1)

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モダン・ミリー」の一場面。朝夏まなと(左)と保坂知寿(写真提供・東宝演劇部)
モダン・ミリー朝夏保坂タテTB_0989

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モダン・ミリー」の一場面。朝夏まなと(写真提供・東宝演劇部)
モダン・ミリー朝夏タテ06_0459

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モダン・ミリー」の一場面。朝夏まなと(左)と中河内雅貴(写真提供・東宝演劇部)
モダン・ミリー朝夏中河内0G5A1096朝夏

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モダン・ミリー」の一場面。実咲凜音(左)と朝夏まなと(写真提供・東宝演劇部)
モダン・ミリー入江朝夏タテTB_0285

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モダン・ミリー」の一場面。一路真輝(左)と朝夏まなと(写真提供・東宝演劇部)
モダン・ミリー一路朝夏TA_0168

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モダン・ミリー」公式サイト
https://www.tohostage.com/modern_millie/index.html


 出演は、朝夏まなと、中河内雅貴、実咲凜音、廣瀬友祐、保坂知寿、一路真輝、入絵加奈子、安倍康律、小野健斗、工藤広夢、砂塚健斗、高木裕和、堀部佑介、丸山泰右、大月さゆ、小林由佳、島田彩、盒鏡蕾臓花岡麻里名、吉田萌美。

 スタッフは以下の通り。
🔶脚本=リチャード・モリスディック・スキャンラン
🔶新音楽=ジニーン・テソーリ 🔶新歌詞=ディック・スキャンラン
🔶原作/ユニバーサル・ピクチャーズ同名映画脚本=リチャード・モリス

🔶演出/翻訳=小林香
🔶訳詞=竜真知子
🔶振付=木下菜津子、RON×II、松田尚子 🔶音楽監督=大嵜慶子
🔶美術=松井るみ 🔶照明=高見和義、島田美希 🔶音響=山本浩一 🔶衣裳=中村秋美 🔶ヘアメイク=伊藤こず恵 🔶歌唱指導=高城奈月子、吉田華奈 🔶音楽監督補/ピアノ・コンダクター/稽古ピアノ=亜久里夏代 🔶オーケストラ=東宝ミュージックダット・ミュージック

🔶演出助手=福原麻衣 🔶舞台監督=松井啓悟 🔶制作助手=柴原一公
🔶プロデューサー=田中利尚、渡邊隆
🔶製作=東宝

 上演時間は、約2時間50分(休憩25分含む)。

 ミュージカル「モダン・ミリー」は、2022年10月1〜2日に大阪市の新歌舞伎座で上演される。これに先立って9月7〜26日に東京・日比谷のシアタークリエで上演された東京公演はすべて終了している。
 なお、公演関係者に新型コロナウイルスの陽性反応者が出たため、9月10〜12日の公演は中止された。

★チケット情報(大阪公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。新型コロナウイルスの感染状況の深刻化や緊急事態宣言の発令の有無などによっては、自治体の要請などによって今後も上演予定日時や公演開始時間などに影響が及ぶ可能性がありますので、作品の公式サイトなどでそれぞれの時点での状況をお確かめの上、お出掛けください。東京公演はすべて終了しています。

大阪公演
https://www.tohostage.com/modern_millie/ticket.html#ZENKOKU


★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse



★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620



★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。もちろんこのミュージカル「モダン・ミリー」の劇評も収容しています。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて(例外あり)読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なおジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d


★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。もちろん、この舞台「世界は笑う」の劇評も収容されています。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なおジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a



andyhouse777 at 12:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----ミュージカル

【News=速報】 ブルキナファソで今年2度目のクーデター、暫定大統領追放、憲法停止を宣言(2022)

 西アフリカ内陸部に位置するブルキナファソでブルキナファソ時間9月30日、1月のクーデターで政権トップの座に就いた軍の将校、ポール=アンリ・サンダオゴ・ダミバ(Paul-Henri Sandaogo Damiba)暫定大統領(軍の位では中佐)を追放し、憲法停止、国境封鎖を宣言する声明を国営放送で兵士が読み上げたことが分かった。ロイター通信など欧米のメディアが報じた。首謀者は不明だが、声明の発信者として書かれている陸軍のイブラヒム・トラオレ(Ibrahim Traore)大尉が主導したクーデターとみられる。政情不安な国ではクーデターは日常茶飯事だが、年間に2回のクーデターが起きることはまれ。

★AFPBBNews
https://www.afpbb.com/articles/-/3426734


 追放されたダミバ暫定大統領はフランスの軍学校を卒業し、さらに犯罪学を学んだエリート軍人で、就任前、国内のイスラム教徒系反政府勢力の掃討のためにロシアの軍事組織「ワグネル」グループから傭兵を雇うように政府に進言したことを聞き入れてもらえなかったため今年1月、カボレ政権を崩壊させクーデターを実行。クーデター後、国民には人気があったが、選挙で選ばれていないことに加え、ロシアとの協力関係を志向していたため、国内の指導層や政治家の中には警戒する者も多かった。兵士が読み上げた声明では「テロ対策を滞らせ治安回復に失敗したこと」を政権転覆の理由に挙げている。トラオレ大尉がどのような政治勢力の影響を受けているかはまだ全く分かっていない。

 共同通信電では、ブルキナファソでは30日朝から、首都ワガドゥグの軍基地で激しい銃声が上がるなどし、政情が緊迫していたという。


andyhouse777 at 11:37|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=訃報】 アントニオ猪木が死去、プロレス界に一大変革、北朝鮮にも独自ルート(2022)

 「燃える闘魂」をモットーに昭和、平成のプロレス界に一大変革をもたらし、北朝鮮の指導層とも独自の人脈を築いて活躍した参院議員でプロレスラーのアントニオ猪木(本名・猪木寛至)が死去したことが分かった。関係者が明らかにしたと、10月1日に国内のすべての主要メディアが報じた。79歳だった。神奈川県出身。難病「全身性アミロイドーシス」で闘病中だったとの情報がある。
 家族とともに渡ったブラジルで働いていたが、砲丸投げなどで活躍する秀でた運動神経とパワーに注目した遠征中の力道山がスカウトし、1960年に日本プロレスでジャイアント馬場と同時デビューした。

 心より哀悼の意を表します。

★日刊スポーツNews
https://www.nikkansports.com/battle/news/202210010000213.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp&utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp






andyhouse777 at 10:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年09月30日

【News=訃報】 六代目三遊亭円楽が死去、「楽太郎」時代に国民的人気確立(2022)

 日本テレビ系演芸番組「笑点」のレギュラーを長年務め、落語界屈指の人気を誇った落語家の三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・会泰通=あい・やすみち)が9月30日、肺がんのため死去した。東京都出身。72歳だった。告別式は近親者で行うという。
 1970年に20歳で五代目三遊亭円楽に入門し、「楽太郎」の名前で1981年に真打ちに昇進。五代目死去後の、60歳で六代目三遊亭円楽を襲名した。




★ORICONNews
https://www.oricon.co.jp/news/2251304/full/



andyhouse777 at 22:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----訃報

2022年09月28日

【News=速報】 諏訪之瀬島の御岳が噴火、噴火警戒レベルを3に引き上げ(2022)

 9月28日午後10時44分ごろ、鹿児島県十島村・諏訪之瀬島にある活火山「御岳(おたけ、796m)がやや大きな噴火を起こし、福岡管区気象台は午後10時50分、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。もともと活発な火山だが、レベル3になるのは諏訪之瀬島では数える程度。24日から断続的に噴火が続いていた。大きな噴石が火口から2km程度の場所に飛んでいてもおかしくないことから、気象庁は火口から約2kmの範囲内では噴石の飛散に警戒するよう呼びかけている。諏訪之瀬島は十島列島では2番目に大きな有人島で郵便局や集落もある。
 気象台によると、同島のレベル判定基準では5日間で25回以上の爆発があった場合、3に引き上げる。爆発は24、25日は各1回、26日8回、27日4回、28日は引き上げまでに11回あった。



★ウェザーニュースNews
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6440082?source=rss



andyhouse777 at 23:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2022年09月27日

【News=速報】 帝国劇場が2025年めどに一時休館へ(2022)

 東京・丸の内の帝国劇場が再開発に伴う建て替えのため、2025年をめどに一時休館することが分かった。東宝が9月27日に開いた取締役会で決議したと国内の主要メディアが報じた。再オープンの年月は不明。メディアの報道によると、「帝国劇場」の入る「帝劇ビル」と、共同所有する公益財団法人出光美術館(出光美術館)、隣接する「国際ビル」を所有する三菱地所と共同して一体的に建て替えるという。
 東宝は「新ビル並びに新劇場の施設計画やスケジュール、事業計画等の詳細につきましては、決定次第、改めてお知らせいたします」と報告している。

 帝国劇場ではミュージカルを中心に連日上演が続く日本を代表する劇場として知られている。

★帝国劇場の内部。舞台から客席方向(写真提供・東宝演劇部)
帝劇内観 軽バージョン


andyhouse777 at 16:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 梶田冬磨が死去、恋愛リアリティーショー「恋する週末ホームステイ」出演の22歳俳優(2022)

 ABEMAの恋愛リアリティーショー「恋する週末ホームステイ」出演した廃油、梶田冬磨が9月16日に死去していたことが分かった。大阪府出身。22歳という若さだった。遺族の意向により、通夜・葬儀は近親者のみで執り行った。27日になって梶田のInstagramで報告されたと国内の主要芸能メディアが報じた。ABEMAの恋愛リアリティーショー「恋する週末ホームステイ」のシーズン3に出演した際にモデルの青木菜花と結ばれ、一昨年2020年11月に結婚。昨年2021年4月には第1子が誕生していた。
 梶田は「恋する週末ホームステイ」のほか、「劇団山本屋『午前5時47分の時計台』」や「トワイライトムーン」などの舞台をはじめ、テレビドラマにも出演していた。

★Twitter公式アカウント


★Instagram公式アカウント


 心より哀悼の意を表します。


andyhouse777 at 16:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News】 赤塚不二夫らが「天才バカボン」など生んだフジオ・プロ旧社屋で取り壊し前にアートな展覧会開催、9月29日開幕(2022)

 赤塚不二夫が率い、実際に「天才バカボン」など数多くの傑作漫画を生み出したフジオ・プロダクションの、東京・中落合にある旧社屋の取り壊しが決まったことが分かった。現在の社長である娘の赤塚りえ子は「ただ壊してしまうのはもったいない」との理由で「建物『フジオプロ』とさよならする前に、様々な分野から多くの方に参加していただき、何か一緒に楽しいことをすることこそフジオプロ的なのではないか…?」と考え、「天才バカボン」「ギャグゲリラ」「花の菊千代」の赤塚による原稿原画や懐かしのグッズ、秘蔵写真などを展示・上映する展覧会「フジオプロ旧社屋をこわすのだ!!展 『ねぇ、何しに来たの?』」をフジオ・プロ旧社屋(東京都新宿区中落合1-3-15)で今年9月29日〜10月30日の木、金、土、日曜日に(祝日含む)に開催する。10月10日を除く月、火、水曜日は休館日。会場では物販も予定されているという。

 私は、新聞記者時代に「最後の赤塚番記者」として数々の記事を書かせていただましたし、2006年にはデビュー60周年に合わせて、タモリさんや黒柳徹子さん、ちばてつやさん、松尾スズキさんら各界の著名人に赤塚さんとのほほえましいエピソードやあこがれの思いを語っていただく前代未聞の大型インタビュー連載「デビュー60周年なのだ !!」を企画・取材・執筆し、共同通信から全国の加盟新聞社に配信しました。この企画は皆さんから数々の秘話が飛び出し、漫画家の方には入院していた赤塚さんを激励する描きおろしの漫画を描いていただいたこともあって、日本中で大反響を得ました。フジオ・プロの旧社屋はこの企画が始まった場所でもあります。
 大きな感慨と共に、今回のこの展覧会を取材して、後日、当ブログなどで報告させていただきます。

★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse


★展覧会「フジオプロ旧社屋をこわすのだ!!展 『ねぇ、何しに来たの?』」公式サイト=チケット購入・予約ができます
https://kowasunoda.com/


★公式サイトの「チケット購入・予約」ページに直接飛ぶ場合は
https://teket.jp/4261/14586


★コミックナタリーNews
https://natalie.mu/comic/news/493741


 展覧会には気鋭の現代アーティストであるりえ子社長(Rieko Akatsuka名義)をはじめ、E Y E、浅野忠信、安齋肇、伊藤桂司、KAZ、川口貴弘、北見けんいち、木村知夫、黒田征太郎、五木田智央、斉藤あきら、しいやみつのり、しりあがり寿、高橋キンタロー、タケヤマノリヤ、田名網敬一、タナカカツキ、てらしまけいじ、中野裕介/パラモデル、野上眞宏、みうらじゅん、吉勝太ら各界の著名アーティストが赤塚不二夫をオマージュした作品を展示。赤塚不二夫本人の作品も含まれる。

 開館日の午前1時〜、午後1時〜、午後3時〜、午後5時〜の4つの時間帯で開かれ、各回最長2時間まで。午後7時には完全閉館される。
 各回20名の入場で、予約入れ替え制。
 料金は500円。

 建物の2階から靴を脱いでの観覧となるため、フジオ・プロは、靴下着用での来場を推奨(この場合、絶対的なお願いだと理解すべきだと思います)している。


andyhouse777 at 16:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----ストレート

2022年09月25日

【News=速報】 オタワ国際アニメ映画祭で日本作品が短編・長編の両グランプリを制覇(2022)

 北米最大級のアニメ映画祭として知られるカナダのオタワ国際アニメーション映画祭(Ottawa International Animation Festival)でカナダ時間9月24日(日本時間25日)、短編部門グランプリに兵庫県出身の和田淳監督の日仏共同製作アニメーション映画『半島の鳥(Bird in the Peninsula)』が、長編部門グランプリに山村浩二監督の『幾多の北』が選ばれ、日本作品が両部門を制覇したことが分かった。他に最優秀ノンナラティブ賞が榊原澄人監督の「飯縄縁日」に贈られた。『半島の鳥』は今年2月、第72回ベルリン国際映画祭の短編コンペ部門で「スペシャル・メンション(特別表彰)」を受けている。『幾多の北』もアヌシー国際アニメーション映画祭でコントルシャン部門賞を受けており、いずれも国際的な評価の高い作品が質の高さを追認されたかたちだ。

★REUTERSNews
https://jp.reuters.com/article/idJP2022092501000890


 今年のコンペティション部門には短編62本、長編7本が選出された。

 『半島の鳥』は15分の作品で、先生たちに監視されながら大人への通過儀礼に向け舞踏を練習する少年たちを目撃したある少女がその儀式を邪魔しようとする物語。彼だけに見える鳥も描かれる。
 和田監督は、繊細な表現力が活きる羽毛のようなタッチが国際的に評価されている。

 『幾多の北』では具体的な元凶は描かれないが、何らかの原因で人生が立ち行かなくなった人々の姿が描かれている。東日本大震災後に感じた不安や苦悩が込められている。独特なタッチのアニメと警句、そして前衛的ジャズが絡むかなり挑戦的な作品となっている山村監督初の長編。


andyhouse777 at 21:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 キプチョゲがベルリン・マラソンを2:01:09の世界新で優勝(2022)

 ベルリン・マラソン(BERLIN MARATHON)はドイツ時間9月25日にドイツの首都ベルリンで行われ、男子で2時間1分39秒の世界記録を持つケニアのエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)が速報タイムで自身の記録を30秒も縮めて新たな世界新記録となる2時間1分9秒をマークして優勝した。キプチョゲは2019年にオーストリアのウィーンで行われたマラソン大会で、フルマラソン史上初の2時間切りとなる1時間59分40秒をマークしているが、ドリンクの手渡しを自転車でするなど競技方法が微妙に違い記録は非公認となっている。
 2013年以降出場した16のマラソンのメジャー大会で14回優勝。オリンピックの男子マラソンでもリオ・デ・ジャネイロ(2016年)、東京(2021年)と2連覇中で、これで2024年のパリ五輪での3連覇も実現の可能性がさらに高まった。

★世界最高記録で優勝したエリウド・キプチョゲ=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1427167069' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★日刊スポーツNews
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202209250001020.html





andyhouse777 at 18:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 ファラオ・サンダースが死去、コルトレーンの後継者、クラブ・ジャズ通し日本のクラブシーンにも影響力(2022)

 ジョン・コルトレーンの実質的な後継者で、ジャズ界の巨人らに「おそらく世界で最高のテナー・サックス奏者」と言わしめた米国のミュージシャン、ファラオ・サンダース(Pharoah Sanders)が米国西部時間9月24日に米ロサンゼルスで死去したことが分かった。81歳だった。詳しい死因は非公開。サンダースが所属しているレーベル「Luaka Bop」がSNSで発表したと欧米や日本の音楽メディアが報じている。ジャズ界に新しいジャズの到来を告げた「アセンション」「メディテーションズ」などの作品で世界的に知られ、日本のクラブシーンにも大きな影響を与えたレジェンドの突然の訃報に、世界中のファンらは世代を問わず、打ちのめされた思いでいる。

★演奏するファラオ・サンダース(2018年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1003593920' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★演奏するファラオ・サンダース(2017年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/956761416' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★レーベル「Luaka Bop」のTwitter公式アカウント=Twitter


★KYODONews
https://nordot.app/946646956160483328


 1940年、米南部アーカンソー州リトルロック生まれ。カリフォルニア州オークランドで音楽活動をのキャリアをスタートさせ、ニューヨークへ移ってサン・ラとのセッションを重ねた後、コルトレーンの誘いで1965年、バンドに参加した。
 1966年のコルトレーンにとって唯一の日本公演にも帯同していたが、1967年にコルトレーンが他界すると、バンドリーダーとして統率力を発揮した。

 その後フリー・ジャズの可能性を模索しながら、ゴスペルやファンク、アフロビートなど黒人音楽の要素をジャズに取り入れて、ブラックジャズの発展に寄与。「カーマ(Karma)」(1969年)や「ブラック・ユニティ(Black Unity)」(1972年)などの珠玉の作品を世に送り出した。
 「カーマ」には、32分もある「The Creator Has A Master Plan」も収められている。
 この時期のサイドマンにはスタンリー・クラークもいた。

 1990年代と2000年代は活動のペースを落としたが、ツアーやコラボレーションを継続。ホイットニー・ヒューストンや元MONDO GROSSOの中村雅人を中心に結成された日本のバンド「SLEEP WALKER」ともコラボを行っている。
 2010年代に入ると、英国のエレクトロニック・プロデューサー、サミュエル・シェパード(別名フローティング・ポインツ)とコラボ。ロンドン交響楽団と録音したアルバム「Promises」を2019年に発表して絶賛された。
 こうした活動を通して、クラブ・ジャズシーンにも大きな影響力を持ち、クラブシーンの活性化に一役買った。

 レーベル「Luaka Bop」は「ファラオ・サンダースが亡くなったことをお伝えするのは、とても残念です。彼は今朝早く、ロサンゼルスで愛する家族と友人に囲まれて安らかに息を引き取りました。 いつまでも、そして永遠に最も美しい人間でありますように、安らかにお眠りください」と追悼している。


andyhouse777 at 16:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 『百花』の川村元気監督に監督賞、スペインの第70回サンセバスチャン国際映画祭(2022)*現地からの速報写真多数掲載!

 スペイン北部バスク地方のサンセバスチャンで開かれている第70回サンセバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)のクロージングセレモニーとしての授賞式がスペイン時間9月24日夜(日本時間25日未明)開かれ、コンペティション部門の監督賞「シルバーシェル」に映画『百花』を監督した日本の川村元気監督が選ばれたことが分かった。アジア作品に理解のある映画祭として知られているが、日本人の同賞受賞は初めて。かつて川村監督が企画・プロデュースとして主導した映画『怒り』(李相日監督)は2016年に第64回サンセバスチャン国際映画祭に出品されているが、受賞は逃している。

★受賞の喜びを語る川村元気監督=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1426993553' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.com/detail/1426993512' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★出演の原田美枝子(右)とともにレッドカーペットで撮影に応じる川村元気監督=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1425700720' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★毎日新聞デジタルNews
https://mainichi.jp/articles/20220925/k00/00m/200/020000c


 共同通信など日本のメディアが現地から報じているところによると、川村監督はスピーチで、映画祭での公式上映後に受賞はあきらめて(西に100km離れた芸術観光都市)ビルバオを訪れていたが、バル(バー)にいた際に受賞に関する連絡があり、飲んでいた白ワインを噴き出しそうになった」と経緯を打ち明け、授賞式の観客を笑わせたという。
 そして、「まさか監督賞まで取れるとは思っていなかった。一瞬パニックになった」と喜びを笑顔で語ったという。

 川村監督は43歳。上智大から東宝に入社し、社内の企画募集をきっかけにプロデューサーに。『電車男』や『モテキ』、大ヒットアニメとなった『君の名は。』『天気の子』など若者の間でのブレーク作品を着実に興行収入に結び付ける手腕に注目が集まった。
 日本アカデミー賞の最優秀作品賞を受賞した『告白』や、キネマ旬報日本映画ベストテン第1位を獲得した『悪人』、映画賞を多数受賞した『怒り』など邦画の王道的作品でもプロデュース力に高い評価を受けた。
 2012年に「世界から猫が消えたなら」で小説家デビューすると、「億男」など立て続けに話題作を発表し、絵本や映画脚本にも進出した。

 映画『百花』は川村が2019年に発表した第4弾小説を川村監督自身が初の長編映画監督作品として臨んだ映画で、認知症を患って記憶をなくしていく母親(原田美枝子)と、介護をしながら思い出をよみがえらせる息子(菅田将暉)の姿を描いている。日本では今月9月9日に封切られた。
 2人のほか、長澤まさみ、北村有起哉、岡山天音、河合優実、長塚圭史、板谷由夏、神野三鈴、永瀬正敏ら演劇・映画界のそうそうたる俳優が出演している。

 サンセバスチャン国際映画祭は、スペイン語映画を顕彰する賞として、1952年に創設。1956年からは国際的にAカテゴリーの映画祭として認められ、カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界三大映画祭に次ぐ国際映画祭として位置付けられている。
 コンペ部門には、最優秀映画賞(コンチャ・デ・オロ=黄金の貝殻賞)、審査員特別賞、監督賞(シルバー・シェル)、男優賞(シルバー・シェル)、女優賞(シルバー・シェル)、撮影賞(審査員賞)、脚本賞(審査員賞)がある。


andyhouse777 at 12:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2022年09月24日

【News=災害速報】 東京都心の豪雨で目黒川一時氾濫まであと28cm、氾濫危険情報を発令も水位急降下し全面解除(2022)

 台風15号から変わった温帯低気圧によるゲリラ豪雨で東京都目黒区内を流れる目黒川では9月24日午後5時すぎ、青葉台水位観測所で氾濫の危険性が高い「氾濫危険水位」の278cmに到達。さらに水量が増加して午後5時40分には439cmまで伸びて、氾濫まで28cmとなった。このため、東京都と気象庁は24日午後5時すぎ、「氾濫警戒情報」を出して流域の住民らに浸水への警戒を呼びかけたが、午後6時すぎに周辺での雨量が減ったため、水位も激減。東京都と気象庁は午後8時に全面解除した。午後8時50分には水位は26cmにまで減っている。
 目黒川では今月18日の台風14号の日本列島襲来時も青葉台水位観測所では午後0時50分に氾濫発生水位まであと1m13cmに迫る354cmまで上がって同様の「氾濫警戒情報」が発令されているが、その後解除されている。
今回は約20分間に3m以上も上昇し、18日を上回る水位にまで到達した。

【注】この記事は目黒川から約5.5km離れた六本木のビル7階にある場所で、十分に安全を確保しながら執筆しています。

★NHKNews
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220924/k10013835581000.html





andyhouse777 at 17:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2022年09月23日

【News=災害速報】 静岡県浜松市が市内の24万人に「緊急安全確保」発令、ただちに命が助かる可能性の高い行動を、東海道新幹線は全線運転打ち切り(2022)

 台風15号が接近中の静岡県浜松市は9月23日午後10時10分、市内を流れる安間川、芳川流域の約23万6700人を対象に、警戒レベルで最も高いレベル5の「緊急安全確保」を発令した。浜松市は少しでも安全な場所で命が助かる可能性の高い行動を取るよう市民に呼びかけている。
 緊急安全確保は、避難情報ではあるが、「緊急安全確保」は、発令された時点で災害が切迫しているか、または現に発生していることが予想され、避難中の住民に対しては安全な施設への緊急的な避難を促しているものの、避難が困難な住民に対しては、より上の階への垂直避難や崖側に向いた部屋からより遠い部屋や安全性の高い部屋への水平避難など屋外へは出ずに対応するよう求める緊急的なものであり、早急な対応が必要だ。

 また、東海道新幹線は東京−新大阪間で運転見合わせを続けていたが、東海地方での大雨がやまないため、JR東海は午後10度すぎ、全線で23日の運転を中止すると発表した。

 台風15号は北上を続けており、このまま24日早朝、浜松市付近に上陸するか、上陸直前で東北東に進路を変え、伊豆半島から房総半島に向かう可能性もある。

★この情報は9月23日午後10時42分現在のものです。最新の避難情報を入手してください


andyhouse777 at 23:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2022年09月20日

【News=訃報】 宮沢章夫が死去、コント「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」・演劇「遊園地再生事業団」・小説戯曲「ヒネミ」と多方面で活躍(2022)

 作家、演出家、演劇やコントなどのユニット主宰者と幅広い分野で活躍した宮沢章夫(みやざわ・あきお)が9月12日にうっ血性心不全のため東京都内の病院で死去していたことが分かった。静岡県出身。65歳だった。主宰劇団が公表した。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。

★朝日新聞デジタルNews
https://www.asahi.com/articles/ASQ9N5DJNQ9NUCVL024.html


 美術大学中退後の1985年に、大竹まこと、きたろう、斉木しげる、いとうせいこう、竹中直人、中村ゆうじらとパフォーマンスユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成して、1989年まで活動した。
 マダガスカルに1年近く移住したが1990年に帰国し、作品ごとに俳優を集めて演劇を上演する後に盛んになったプロデュース形式の劇団ユニット「遊園地再生事業団」を結成し、主宰者となった。旗揚げ公演の「遊園地再生」が好評で、1992年発表の初期の傑作「ヒネミ」で岸田國士戯曲賞を受賞した。このころ、小説として発表した「サーチエンジン・システムクラッシュ」は第122回芥川賞、第13回三島由紀夫賞の候補にもなるなど、注目度が高まった。
 2010年には「時間のかかる読書―横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず」で第21回伊藤整文学賞(評論部門)も受賞している。
 戯曲の作風は日常の矛盾を声高には叫ばない言葉で静かに乾いた視点で描写し、「静かな演劇」のひとつにも数えられた。

 2000年〜2003年には京都造形芸術大学助教授、2016〜2019年は早稲田大学文学学術院文化構想学部の客員教授を務めるなど教育面でも活躍した。
 NHKEテレで放送された「ニッポン戦後サブカルチャー史」の講師としても知られた。

 関係者によると、心臓に持病があり、入院していたという。


andyhouse777 at 20:37|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----訃報

【News=災害速報】 台湾東部地震のけが人は168人に増加、停電・断水は20日中に全戸で回復へ(2022)

 台湾時間9月17日夜と18日午後に2日連続大地震に見舞われた台湾東部でのけが人は19日までの集計から22人増え168人になったことが分かった。死者は、震源地の台東県池上に近い花蓮県玉里での1人から増えていない。台湾の中央災害対策センターが20日にまとめたと台湾メディア「フォーカス台湾」の日本語版が報じた。
 「フォーカス台湾」によると、2万2024戸で起きていた停電はほぼ回復。花蓮や台東の2027戸では断水が続いているが、20日中には復旧が完了する見通しだとしている。

★「フォーカス台湾」日本語版
https://japan.focustaiwan.tw/society/202209200007


★現地の被災状況=すべてgettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1243354137' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.com/detail/1243354244' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.com/detail/1243335565' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images


andyhouse777 at 18:58|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

【News=訃報】 カラニ・デイビッドが死去、プロサーファーの若きレジェンド、サーフィン中に難病の発作(2022)

 ハワイ出身のプロサーファーでスケートボーダーのカラニ・デイビッド(Kalani David)が9月17日、中米コスタリカでサーフィン中に持病の難病の重篤な発作を起こして亡くなったことが分かった。まだ24歳という若さだった。父親がが明らかにしたとCNNなど欧米のメディアや世界中のサーフィンメディアが報じている。

★サーフィンをするカラニ・デイビッド(2019年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1187429820' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★友人のカメラマンのInstagramへの投稿=Instagram


★CNNNews
https://www.cnn.co.jp/showbiz/35193510.html


 カラニ・デイビッドは幼いころからサーフィンとスケートボードに親しみ、両方で世界大会に出場。既に「ベテラン視」されていた14歳で出場した2012年の「ISA世界ジュニアサーフィン選手権」のパナマ大会では団体と個人で金メダルを獲得する活躍を見せた。

 しかし、心房と心室の間に電気刺激を伝える余分な伝導路(副伝導路)が生まれつきあることで動機や息切れがひどくなったり、重い場合は心拍数が異常に速くなる頻脈を起こす「ウォルフパーキンソンホワイト症候群」という難病を患っていて、発作を抑えるために肥大した余分な心筋を切除する心臓手術を受けていたという。

 2016年にはスケートボードをしている時に絶命寸前の発作を起こしたものの一命はとりとめた。
 最近は発作が頻発していたようで、今年6月には医師から「発作が収まるまで運転もサーフィンもしてはいけない」と言明されていることを投稿で明かしている。
 サーフィンをすることはできるが、やっている最中に発作が起きた場合、「救助が間に合わなければ、脳の空気が足りなくなって死ぬか植物状態のどちらかになる」と壮絶な書き込みも。
 ここ数年は寝ている間に発作があり、今年4〜6月には車の運転中とサーフィン中に1回ずつの発作があったことも明かしている。
 カラニはさらに「なんでこんなに運よく今まで生きているのか分からないから。そろそろきちんとしなければ。人生を先へ進んで少なくともスケートと釣りができるように!」と祈るような言葉を書き込んでいた。
 最後の投稿となったのは、3週間前。サーフィンではなくスケートボードでさまざまな技を披露する動画が掲載されていた。

 心より哀悼の意を表します。


andyhouse777 at 16:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----訃報

【News=災害速報】 メキシコ西部でM7.6の大地震、1人死亡1人けが、1985年・2017年と同じ9月19日にまたも発生、日本には海面変動程度か(2022)

 メキシコ時間9月19日午後1時5分(日本時間20日午前3時5分)ごろ、メキシコ西部のミチョアカン(Michoacan)州沿岸で大きな揺れがあり、地震の規模を示すマグニチュード(M)が7.6と推定される地震が観測された震源から東に210km離れたメキシコシティでも大きな揺れがあったという。メキシコメディアによると、中西部で1人が死亡、1人がけがを負ったという。マグニチュードについては、メキシコの地震観測機関がM7.4、米地質調査所(USGS)がM7.6としており、意見が相違している。震源はミチョアカン州コアルコマン(Coalcoman)の南59kmで、そのあたりに近いメキシコ西部の沿岸には最高で79cmの津波が到達した。この地震で太平洋を挟んで向かい側にある日本の北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県九十九里・外房、静岡県などの沿岸では若干の海面変動がある可能性はあるものの被害が発生する可能性は低く、津波の心配はないという。ただし、日本で海面変動があった場合は、日本時間20日午後4時ごろから約1日間は続く見込みで、警戒が必要だ。



★REUTERSNews
https://jp.reuters.com/article/mexico-quake-idJPKBN2QK1NF

★ウェザーニュースNews
https://weathernews.jp/s/topics/202209/200015/


 メキシコ国内では1985年と2017年にも大きな地震があったが、今回を含めてすべて9月19日に起きており、関東大震災の発生日に全国で防災訓練が行われる日本と同様に、メキシコでもこの日は防災避難訓練が行われていたという。1985年は1万人、2017年は370人が死亡している。


andyhouse777 at 14:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2022年09月19日

【News=災害速報】 台湾東部の地震で1人死亡・146人けが、足止めの行楽客500人は下山開始へ(2022)

 台湾時間9月17日夜と18日午後に2日連続大地震に見舞われた台湾東部では、震源地の台東県池上に近い花蓮県玉里にあるコンクリート工場の作業員1人が倒壊した設備の下敷きとなり死亡。台湾全土でのけが人は146人にのぼっていることが分かった。台湾の中央災害対策センターが19日午前8時(日本時間19日午前9時)現在のまとめとして発表したと台湾メディアが報じた。

 玉里ではコンビニが入った3階建てのビルが倒壊、複数の橋が崩落し、いずれも数人が巻き込まれたが、救助されている。命に別状はないもよう。
 行楽地に通じる道路では山崩れがあり、約500人が足止めされたが、下山を開始したという。

 学校の建物にも被害が出ているが、詳細は不明。児童らの人命には影響はない。

★「フォーカス台湾」News
https://japan.focustaiwan.tw/society/202209190002



andyhouse777 at 23:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

【舞台/MUSICUL】 COLOR(成河・濱田めぐみ・浦井健治出演回)(2022)

 劇中のすべてのせりふが音楽が、そしてすべての要素が、互いに共鳴し合って、有機的なつながりを創り上げている−。そんな不思議な感覚を味わわせてくれる新作ミュージカルが誕生した。ミュージカル「COLOR」は、草木染作家の坪倉優介さんが、芸術大学で学んでいたころに遭遇したオートバイの事故で記憶喪失に陥った経験から導き出された、記憶といのちの物語。記憶を失うとはどういうことなのか、記憶のない状態は「無」なのか、記憶を失った状態から何かを生み出せるのか。舞台上には坪倉さんが乗り越えた、あるいは記憶を復活させるという従来型の方法を使わずに生み出した新しい創造の世界への道程を探りながら描き出される生命感にあふれた世界が展開していた。

 ミュージカル「COLOR」は、2022年9月5〜25日に東京・初台の新国立劇場小劇場で、9月28日〜10月2日に大阪市のサンケイホールブリーゼで、9月9〜10日に名古屋市のウインクあいちで上演される。

★舞台写真はブログにのみ掲載しています

★無料のブログでの劇評は序文のみ掲載し、それ以降の続きを含む劇評の全体像はクリエイターのための作品発表型SNS「阪 清和 note」で有料(通常は300円ですが、作品のテーマに連帯し100円)公開しています。なお劇評の続きには作品の魅力や前提となる設定の説明。浦井健治さん、成河さん、濱田めぐみさんの演技に関する批評などが掲載されています。
https://note.com/sevenhearts/n/n3c239c3b5c88


【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無条件に無料でお読みいただけるサービスは原則として2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66278893.html


 ミュージカル「COLOR」は、母親役を濱田めぐみさんと柚希礼音さんがWキャストで演じ、浦井健治さんと成河さんが毎回、ぼく役と大切な人たち役という2つの役柄を交代しながら演じるため、さまざまな組み合わせが組まれていますが、今回、劇評を掲載するのはミュージカル「COLOR」(ぼく=成河、大切な人たち=浦井健治、母親=濱田めぐみ)の回だけです。なにしろ超人気公演のため、取材機会も限られます。どうかご容赦ください。この組み合わせでカバーできない柚希礼音さんのファンや関係者の方には申し訳なく、大変心苦しいのですが、取材の状況にご理解をいただけると幸いです。また別の機会に採り上げさせていただきます。ご了承ください。
 ただし写真は、ミュージカル「COLOR」(ぼく=成河、大切な人たち=浦井健治、母親=濱田めぐみ)の組み合わせだけでなく、すべての組み合わせの中からアトランダムに選ばせていただいておりますので、こちらで舞台の雰囲気をお楽しみください。

★ミュージカル「COLOR」の一場面。成河(左)と濱田めぐみ(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
成河(ぼく) 濱田めぐみ(母) 3

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」の一場面。濱田めぐみ(左)と成河(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
成河(ぼく) 濱田めぐみ(母) ごはん

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」の一場面。成河(左)と浦井健治(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
成河(ぼく) 浦井健治(大切な人たち)

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」の一場面。成河(手前)と浦井健治(中央)と濱田めぐみ(奥)(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
成河(ぼく) 濱田めぐみ(母) 浦井健治(大切な人たち) 

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」の一場面。左から柚希礼音、浦井健治、成河(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
浦井健治(ぼく) 柚希礼音(母) 成河(大切な人たち)

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」の一場面。柚希礼音(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
柚希礼音(母)

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」の一場面。柚希礼音(左)と浦井健治(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
浦井健治(ぼく) 柚希礼音(母) いのちの色 

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」の一場面。浦井健治(左)と柚希礼音(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
浦井健治(ぼく) 柚希礼音(母)

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」の一場面。浦井健治(左)と成河(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
浦井健治(ぼく) 成河(大切な人たち)

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「COLOR」公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/color2022/


 出演は、浦井健治、成河、濱田めぐみ・柚希礼音。

 スタッフは以下の通り。
🔶原作=坪倉優介「記憶喪失になったぼくが見た世界」 🔶音楽・歌詞=植村花菜 🔶脚本・歌詞=高橋知伽江
🔶演出=小山ゆうな
🔶編曲・音楽監督=木原健太郎

🔶振付=川崎悦子 🔶美術=乘峯雅寛 🔶照明=勝柴次朗 🔶音響=山本浩一 🔶映像=上田大樹 🔶衣裳=半田悦子 🔶ヘアメイク=林みゆき 🔶ボーカルスーパーバイザー=ちあきしん

🔶演出助手=守屋由貴/野田麻衣
🔶舞台監督=加藤高

🔶製作=ホリプロ

 上演時間は、約1時間25分(休憩なし)。

 ミュージカル「COLOR」は、2022年9月5〜25日に東京・初台の新国立劇場小劇場で、9月28日〜10月2日に大阪市のサンケイホールブリーゼで、9月9〜10日に名古屋市のウインクあいちで上演される。

★チケット情報(東京公演・大阪公演・愛知公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。新型コロナウイルスの感染状況の深刻化や緊急事態宣言の発令の有無などによっては、自治体の要請などによって今後も上演予定日時や公演開始時間などに影響が及ぶ可能性がありますので、作品の公式サイトなどでそれぞれの時点での状況をお確かめの上、お出掛けください。
東京公演
https://horipro-stage.jp/stage/color2022/#schedule

大阪公演
https://www.sankeihallbreeze.com/schedule/202209/28/

愛知公演
https://cte.jp/wp_detail/221009/


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620


★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、Twitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse



★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。もちろんこのミュージカル「COLOR」の劇評も収容しています。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて(例外あり)読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d


★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。もちろん、この舞台「世界は笑う」の劇評も収容されています。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a



andyhouse777 at 21:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----ミュージカル

【News=速報】 第47回トロント国際映画祭観客賞はスピルバーグの自伝的映画『ザ・フェイブルマンズ』、全編にあふれる映画愛、世界の作品賞席巻の可能性も(2022)

 世界最大の映画市場、北米地区の代表的な映画祭のひとつに成長した第47回トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)がカナダ時間9月18日閉幕し、観客の投票で決まる観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)をスティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督の自伝的映画『ザ・フェイブルマンズ(The Fabelmans、原題)』が受賞したことが分かった。ロイターなど欧米のメディアが報じた。トロント国際映画祭はコンペティションをしない珍しい映画祭で観客賞が事実上の最高賞となるが、審査員が選ぶ他の代表的な映画祭とは違って一般的な映画ファンにとって本当に面白い作品が選ばれるため、その後のゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞などの賞レースの台風の目となる作品を生み出すことで知られる。世界の映画界への影響力を年々強めており、一般公開時の興行面での成功もほぼ確約されることから、『ザ・フェイブルマンズ(The Fabelmans、原題)』が今後大きな注目を集めるのは必至。世界の映画祭やアカデミー賞の作品賞を独占する可能性も出てきた。2022年映画賞レースの号砲が高らかに鳴らされたかっこうだ。

★映画『ザ・フェイブルマンズ(The Fabelmans)』オフィシャル予告編(映画好きの方、映画づくりを少しでも体験したことがある方は十分に気をつけてご覧ください。涙が止まらなくなります)=YouTube


★第47回トロント国際映画祭に姿を見せたスティーブン・スピルバーグ監督=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1422657177' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews
https://jp.reuters.com/article/toronto-film-festival-idJPKBN2QK02E


 今年は3年ぶりの完全有観客で開催。今後の世界の映画祭での盛況を予感させるものとなった。
 出品された映画は約200本。日本人監督作品では、大塚竜治監督の『石門』や第75回カンヌ国際映画祭でエキュメニカル審査員賞とソン・ガンホの最優秀男優賞を獲得した是枝裕和監督の韓国映画『ベイビー・ブローカー』、アカデミー賞国際長編映画賞の候補となる日本代表作品に選ばれた早川千絵監督の『プラン75』、先日閉幕したベネチア国際映画祭で話題をふりまいた深田晃司監督の『LOVE LIFE』の4本が参加した。

 トロント国際映画祭は、北米という地の利から、数々のスターが参加することでも知られ、今年は観客が戻っただけでなく、ハリウッドスターのダニエル・クレイグやケイト・ハドソン、歌手のテイラー・スウィフト、米人気司会者、オプラ・ウィンフリーら多くの有名人がレッドカーペットに姿を見せた。

 『ザ・フェイブルマンズ(The Fabelmans、原題)』は、スピルバーグの幼少期から青年期を、映画制作と家族への愛情たっぷりに描き出した作品。スピルバーグ監督はトロント映画祭初の参加作品で事実上の「最高賞」を手にした。
 監督の両親役としてポール・ダノとミシェル・ウィリアムズが出演している。

 観客賞の次点はサラ・ポーリー監督の『ウィメン・トーキング(Women Talking、原題)』。あるコロニーで性的虐待を受けてきた女性たちが集まり、沈黙するか、逃げ出すか、虐待をした男たちと闘うかを徹底的に話し合うという異色の野心作。ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリー、ベン・ウィショーらが出演している。

 観客賞の次々点は、ダニエル・クレイグ主演作『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』だった。

 トロント国際映画祭は、英語圏で米国映画への視点が深いトロントとは対照的にフランス語圏でフランスやヨーロッパ、アジア映画への視線が深いモントリオール国際映画祭と共にカナダを代表する二大映画祭だが、ともにその年の映画賞レースに大きな影響を与える映画祭として知られており、カナダと米国から構成される北米地区の興行収入や観客への影響度・浸透度を推定する最初の機会として業界関係者には重宝されている。

 過去、『グリーンブック』『それでも夜は明ける』『スラムドッグ$ミリオネア』を含め、アカデミー賞などの主要賞を受賞した作品が早くから観客の目を引き、賞レースで大きな支持を集めるきっかけを作った映画祭として大きな実績を持っている。


andyhouse777 at 20:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報
★仕事のご依頼は★
映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・現代アートなどエンターテインメントに関する取材・インタビュー・記事執筆・批評・パンフレット編集・司会・ナビゲート・コメンタリーなどで私がお役に立てることがありましたら、何なりとご用命ください。パンフレット編集やエンタメの著名な賞の審査員、雑誌での連載、ラジオ番組でのレギュラー出演、エンタメイベントの司会進行などの経験もございます。下記アドレスにメールをいただきましたら、すぐにご連絡させていただきます。聞いて、書いて、話して、伝えるプロフェッショナルです。エンタメ以外でもぜひ!

sevenhearts@spa.nifty.com
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
ページ別順位(2014年8月4日現在)=直接リンクはされていませんので、各ページへ行くには、タイトルをコピーして下かトップ右の記事検索欄にペーストして検索してください
<01> Endless SHOCK 2014(21907)
<02> 太陽2068(9402)
<03> Endless SHOCK 2013(8821)
<04> なにわ侍 ハローTOKYO!!(8399)
<05> 直木賞芥川賞2013前期候補作決まる(5734)
<06> ソング・ライターズ(4968)
<07> 第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞にリリー・フランキー(4586)
<08> MIWA(3890)
<09> 「そして父になる」に世界から熱視線(3590)
<10> 「カッコーの巣の上で」舞台版が小栗旬主演で開幕(3316)
<11> 抜目のない未亡人(2862)
<12> マーガレット(2641)
<13> PLAYZONE → IN NISSAY(2550)
<14> 高校中パニック!小激突!!(2213)
<15> ストリッパー物語(2132)
<16> ダディ・ロング・レッグス=2014(2059)
<17> 刑事ドラマの殉職特集を放送(2049)
<18> 殺風景(1952)
<19> 今ひとたびの修羅(1818)
<20> ムサシ ロンドン・NYバージョン(1791)
<21> ムサシ ロンドン・NYバージョン=2014(1791)
<22> 「レ・ミゼラブル」と「アルゴ」にGグローブ賞(1760)
<23> かもめ(1725)
<24> 頭痛肩こり樋口一葉(1693)
<25> レディ・ベス(1665)
<26> イン・ザ・ハイツ(1637)
<27> 私が黄金を追う理由(1593)
<28> ジャック再び降臨「24」最新シリーズ放送開始(1592)
<29> 木の上の軍隊(1522)
<30> 国民の映画(1517)
<31> 2013前期芥川賞に藤野可織、直木賞に桜木紫乃(1315)
<32> ショーシャンクの空に(1280)
<33> ジャニーズ2020ワールド(1228)
<34> A.B.C座2013 ジャニーズ伝説(1178)
<35> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜=2014(1116)
<36> DREAM BOYS JET(1113)
<37> 「愛の渦」映画化(1087)
<38> 「ピトレスク」の稽古場公開(1085)
<39> 「レディ・ベス」世界初演ついに幕開け(1065)
<40> BACK STAGE(1047)
<41> 金閣寺(1028)
<42> シスター・アクト(990)
<43> レ・ミゼラブル(958)
<44> THE BIG FELLAH(953)
<45> 「天才執事ジーヴス」でウエンツと里見が名コンビに(952)
<46> 半沢直樹(923)
<47> もらとりあむタマ子(918)
<48> ザ・ワーズ 盗まれた人生(875)
<49> Holidays 休暇(862)
<50> ロスト・イン・ヨンカーズ(816)
<51> ミュージカルベストテンの選考投票に参加(804)
<52> ロンサム・ウエスト(787)
<53> 花嫁と父つなぐピアノ、盛岡のCMが話題(785)
<54> クリプトグラム(779)
<55> うかうか三十、ちょろちょろ四十(761)
<56> 奇跡の7人「THE BIG FELLAH」に集う(755)
<57> シレンシオ(695)
<58> アルトナの幽閉者(652)
<59> 筧利夫が世界最新演出版の初回を無事完遂(637)
<60> ネクスト・トゥ・ノーマル(635)
<61> ザ・ビューティフル・ゲーム(624)
<62> 私のダーリン(618)
<63> LOVE CHASE !!(599)
<64> SHOCK1000回達成(591)
<65> つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜(589)
<66> 第86回日本アカデミー賞主演女優賞に真木よう子(575)
<67> 天翔ける風に(574)
<68> 愛の渦(572)
<69> 恋と音楽(569)
<70> モンテ・クリスト伯(551)
<71> ストロベリーナイト(549)
<72> 半沢直樹 その2(530)
<73> 第86回日本アカデミー賞主演男優賞に松田龍平(520)
<74> ベネチア金獅子賞に「サクロ・グラ」(513)
<75> 第86回日本アカデミー賞助演女優に真木よう子(498)
<76> 韓国版「家政婦のミタ」はチェ・ジウ主演(494)
<77> 米経済紙が半沢直樹特集、英語で倍返しは?(493)
<78> 第150回芥川賞直木賞候補作決まる(492)
<79> ライクドロシー(477)
<79> エニシング・ゴーズ(477)
<81> 太鼓たたいて笛ふいて(475)
<82> マイ・フェア・レディ(465)
<83> 屋根の上のヴァィオリン弾き(458)
<84> 秋のソナタ(450)
<85> ABC座2014ジャニーズ伝説(439)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<88> 渇いた太陽(436)
<89> 雨と夢のあとに(435)
<90> マンマ・ミーア!(429)
<91> 晩餐(426)
<91> マイケル・ジャクソンの新曲8曲入り新譜発売へ(426)
<93> 声(423)
<94> Tribes(417)
<95> ジェニファー・ローレンスがショートヘアーに(408)
<96> Paco〜パコと魔法の絵本〜from『ガマ王子vsザリガニ魔人』(403)
<97> 名もない祝福として(396)
<98> テンペストを白井晃演出で(395)
<99> ジャニーズ・ワールド(390)
<100> 半沢直樹 その3(383)
<101> 「シェルブールの雨傘」5年ぶり再演へ(378)
<102> 音のいない世界で(375)
<103> テイク・ディス・ワルツ(369)
<104> 組曲虐殺(364)
<104> 春琴(364)
<106> 「レ・ミゼラブル」は6/21発売(361)
<106> 「国民の映画」再演決定(361)
<108> ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(348)
<109> レ・ミゼラブル新演出版(347)
<110> 関数ドミノ(346)
<111> NO MORE 映画泥棒新バージョン(342)
<112> ピアフ(339)
<113> 海辺のカフカ◆archive◆(338)
<114> 007ファッション南青山で公開(334)
<114> 北島三郎、座長公演も最後と表明「引退ではない。歌い続ける」(334)
<116> 野田秀樹の「MIWA」に豪華俳優が集結(331)
<117> ロンドンでマティスの切り紙絵展始まる(330)
<118> ハリウッド白熱教室(322)
<119> リトルマーメイド(320)
<120> ぴんとこな(316)
<121> トガニ 幼き瞳の告発(313)
<122> カンヌバルムドールに「アデルの人生」(309)
<123> 脳男(305)
<124> トニー賞は「キンキーブーツ」(301)
<125> 赤鬼(299)
<126> BRAVE HEARTS 海猿(293)
<127> 「レディ・ベス」開幕前にトークイベント(291)
<128> 「オペラ座の怪人」完結編ついに日本初演へ(290)
<129> 第86回日本アカデミー賞作品賞に「舟を編む」(286)
<130> 取材・執筆した「殺風景」PR記事が掲載されました(281)
<131> ナタリー・ウッド事故死ではない可能性(278)
<131> 第86回日本アカデミー賞監督賞に石井裕也(278)
<133> 「海辺のカフカ」再演決定(277)
<134> 真夏の方程式(273)
<135> ハーベスト(269)
<135> 第21回読売演劇大賞は森新太郎(269)
<137> 4 four(268)
<137> 日の浦姫物語(268)
<139> iSAMU(258)
<140> ウルトラマリンブルー・クリスマス(254)
<140> 「風立ちぬ」公式上映で瀧本美織が存在感を発揮(254)
<142> トニー賞2014Ms作品賞(251)
<142> 進化するミス・サイゴン7月から世界最新演出で日本公演(251)
<144> ワイルド・スピード EURO MISSION(249)
<145> 半沢直樹第2回は21.8%で大台乗り(245)
<146> 小さいおうち(244)
<147> てんぷくトリオのコント(243)
<148> 「スクルージ」開幕、市村正親が意欲(242)
<149> 第67回カンヌ国際映画祭が開幕、長澤まさみも登場(241)
<150> アジア温泉(230)
<151> スター・トレック イントゥ・ダークネス(229)
<152> 「シスター・アクト」に個性派ずらり(226)
<152> 河瀬直美「2つ目の窓」公式上映で12分の鳴り止まぬ拍手(226)
<154> 片鱗(225)
<155> ジョン万次郎の夢(223)
<156> 白い夜の宴(221)
<157> 台湾の超美形ボーカルバンド人気、日本に到達(216)
<157> 野田秀樹の「赤鬼」気鋭の演出家・俳優で上演中(216)
<159> ウィズ〜オズの魔法使い〜(215)
<160> ビトレスクキャスト陣一体感強調(214)
<160> 戦隊ヒロイン「女子ーズ」にときめく5女優集結(214)
<162> GODZILLA ゴジラ(212)
<163> 第151回芥川賞直木賞候補作決まる(211)
<164> マクベス(207)
<164> ムーミン生んだトーベ・ヤンソン生誕100周年迎える(207)
<166> サウンド・オブ・ミュージック(205)
<167> テレ東が「不明者」を大捜索中(202)
<167> 「エッグ」再演決定、初の海外パリ公演も実現(202)
<169> 舟を編む(201)
<170> 蝋燭の灯、太陽の光(199)
<170> アナ雪の「スリラー」ダンス映像が大反響(199)
<172> 満天の桜(196)
<172> レッド・ツェッペリンがリマスター版収録の未発表曲2曲公開(196)
<174> ジェーン・エア=映画(193)
<175> さいあい シェイクスピア・レシピ(188)
<175> トニー賞2014Ms助女賞(188)
<177> ダディ・ロング・レッグス追加公演決定(181)
<178> 図書館戦争(180)
<179> KREVAの音楽劇再演、各界から逸材結集(179)
<180> ザ・フルーツ(178)
<181> 八月の鯨(176)
<182> 魔女の宅急便(173)
<182> 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ミュージカル日本初演へ(173)
<184> G・グローブ賞録画放送(172)
<184> 100回泣くこと(172)
<186> プラチナデータ(170)
<187> テルマエ・ロマエ供168)
<187> 第86回アカデミー賞のノミネート作決まる(168)
<189> オブリビオン(167)
<189> キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(167)
<191> あなたがここにいればよかったのに(166)
<192> ジェーン・エア=舞台(162)
<192> さよならドビュッシー(162)
<194> 華麗なるギャツビー(161)
<194> 藁の楯(161)
<194> ポール・ウォーカー急逝の波紋広がる(161)
<197> 異国の丘(160)
<197> 8月31日〜夏休み最後の日〜(160)
<197> 追悼 大瀧詠一(160)
<197> 安室奈美恵の洗練されたマッシュアップ映像が話題(160)
<201> ホロヴィッツとの対話(159)
<201> ヒトミ(159)
<203> 半沢直樹第6回も29.0%と好調維持(158)
<203> 初音ミクオペラにパリが熱狂(158)
<203> 中古LPからマービン・ゲイのパスポート発見(158)
<206> エッグ(156)
<206> 「ショーシャンクの空に」舞台化決定(156)
<208> J・K・ローリングの新作に34歳のハリー・ポッター登場(155)
<209> サビタ稽古場イベント(154)
<210> 風立ちぬ(151)
<210> 村上春樹、2013年のノーベル文学賞逃す(151)
<210> 追悼 やしきたかじん(151)
<213> 半沢直樹第5回は29.0%と続伸(150)
<214> The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(146)
<215> さよなら渓谷(145)
<215> WILCO(145)
<217> 新国立劇場2014-15ラインナップ発表(144)
<217> 「メリー・ポピンズ」の裏側描く映画初上映(144)
<219> トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2(143)
<220> 半沢直樹最終回は42.2%とミタ超え、関西は歴代最高(142)
<221> ダチョウ課長の幸福とサバイバル(141)
<222> ベネチア女優賞(140)
<223> 中学生円山(139)
<224> 大事なはなし(138)
<224> 「I'll be back」で大論争(138)
<224> 宮本亜門がドンペリPartyのショー演出(138)
<227> ナミヤ雑貨店の奇蹟(137)
<227> ケイティ・ペリーが着物パフォーマンス(137)
<227> 県庁おもてなし課(137)
<230> カンヌ審査員にキッドマンと河瀬直美ら(135)
<231> 任侠ヘルパー(134)
<231> レディー・ガガ、涙の訳はマネージャーとの決別?(134)
<231> 鬼才ラース・フォン・トリアーの最新作は超過激 !(134)
<234> 客家(133)
<234> その夜の侍(133)
<236> トニー賞2014Ms主女賞(131)
<237> 半沢直樹第3回は22.9%で今年ドラマトップ(130)
<237> DREAM BOYS(130)
<237> 米ゴールデン・グローブ賞ノミネート作決まる(130)
<240> 第39回菊田一夫演劇大賞にレミゼのキャスト&スタッフ(129)
<240> 海峡の光(129)
<242> 悪霊(128)
<243> シェイクスピア生誕450年記念上演始動、ハムレットは北朝鮮にも巡演へ(126)
<244> トニー賞2014MsRV作品賞(125)
<245> ミス・サイゴン(124)
<246> ザ・スーツ(123)
<246> フィリップ・シーモア・ホフマンが急死(123)
<246> 陽だまりの彼女(123)
<246> 共喰い(123)
<246> 「ドラえもん」英語吹き替え版は日米文化研究に興味深いヒント数々(123)
<251> 半沢直樹第4回は27.6%に急伸(122)
<251> ベルリン金熊賞(122)
<251> ミス・サイゴン=2014(122)
<251> 南京錠の橋ポン・デザール一部崩壊(122)
<255> 思い出を売る男(121)
<256> ダディ・ロング・レッグス(120)
<257> ずっと二人で歩いてきた(119)
<257> 横道世之介(119)
<259> 新・幕末純情伝(118)
<260> カウラの班長日記sideA(117)
<261> 無明長夜(116)
<261> ガラパコスパコス(116)
<263> 第86回米アカデミー作品賞に「それでも夜は明ける」(115)
<264> 半沢直樹に幻のラストシーン、DVD&Blu-rayに収録へ(114)
<264> 虚像の礎(114)
<264> 渡辺謙が「王様と私」でブロードウェイデビューへ(114)
<267> 大奥〜永遠〜【右衛門佐・綱吉篇】(112)
<268> 半沢直樹第9回は35.9%とさらに上昇(111)
<268> 地獄でなぜ悪い(111)
<268> トニー賞2014Ms助男賞(111)
<268> ピンク・フロイド10月の20年ぶりのアルバム発売を正式発表(111)
<272> ハムレット(109)
<272> ロックアウト(109)
<274> アカデミー助演女優賞はアン・ハサウェイ(108)
<274> 闇金ウシジマくん(108)
<274> 授業(108)
<274> 東京国際映画祭サクラグランプリは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」(108)
<278> トニー賞2014PRV作品賞(107)
<278> トニー賞2014Ms主男賞(107)
<278> リチャード3世の墓と断定(107)
<378> 鍵泥棒のメソッド=舞台版(107)
<282> 半沢直樹第7回は30.0%と壁突破(105)
<282> ソチの脱出ヒーローまたも閉じ込め(105)
<282> 東京タワーはGW特別ライトアップ中(105)
<285> サ・ビ・タ日本版来春再演決定(104)
<285> 米アカデミー賞最注目は9歳の少女(104)
<285> 日本舞台美術家協会が7年ぶり展覧会開催(104)
<288> エンロン◆archive◆(103)
<288> つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(103)
<288> そして父になる(103)
<291> みなさん、さようなら(101)
<292> レミゼ衣装を東京3都市で展示(100)
<293> アルゴ検証番組日本初放送(99)
<294> 「荒野の七人」新吹き替え版放送(97)
<294> 五輪色の東京タワーを月も見に来た?(97)
<296> キングコングの巨大ロボ公開(96)
<296> 手のひらの砂漠(96)
<296> 第151回芥川賞は柴崎氏、直木賞は黒川氏(96)
<299> 釣りバカ全作品をWOWOWが一挙放送へ(95)
<299> アナと雪の女王(95)
<301> ラ・マンチャの男(94)
<302> ジャニス・ジョプリンがハリウッドの殿堂入り(93)
<302> 初めてなのに知っていた(93)
<304> るろうに剣心(92)
<304> THEMANZAI2013優勝はウーマンラッシュアワー(92)
<304> トニー賞2014P主男賞(92)
<304> ピンク・フロイドが10月に20年ぶりのアルバム発売か(92)
<308> ベネチア最終盤情勢(91)
<308> 獣の柱まとめ*図書館的人生<下巻>(91)
<308> 第86回米アカデミー賞総まくり(91)
<308> SONG&DANCE60感謝の花束(91)
<312> 夢売るふたり(90)
<312> アカデミー主演女優賞はジェニファー・ローレンス(90)
<312> 建てましにつぐ建てましポルカ(90)
<312> 半沢直樹DVD&Blu-ray発売は12/26(90)
<312> 赤塚不二夫のココロ展〜2015年は生誕80周年なのだ!〜(90)
<312> 地下室の手記(90)
<312> 昭和レストレイション(90)
<312> チェ・ジウとクォン・サンウ、11年ぶり共演ドラマ「誘惑」スタート(90)
<320> 撫で撫で(89)
<321> 僕等がいた(89)
<322> 集金旅行(88)
<323> リトルマエストラ(88)
<323> ワイルド・スピード第7作の製作休止へ(88)
<323> ベルリン女優賞に黒木華(88)
<323> カンヌ女優賞はジュリアン・ムーア(88)
<323> 東京タワーがサムライブルーに(88)
<323> ワイルド・スピード第7作撮影再開、急死のポール部分は実弟2人で補充(88)
<329> 日本記者クラブ個人D会員になりました(87)
<329> インポッシブル(87)
<331> 鍵泥棒のメソッド=映画版(86)
<331> ルビー・スパークス(86)
<333> トニー賞2014P作品賞(85)
<334> 其礼成心中(84)
<334> キャロリング(84)
<336> ヘルタースケルター(83)
<336> 魔女とたまごとお月様(83)
<337> 第20回全米映画俳優組合賞はアメリカン・ハッスル(81)
<338> 「スター・ウォーズ」6作を一挙放送へ(80)
<339> カンヌグランプリにコーエン兄弟(79)
<339> 日本アカデミー賞作品賞は桐島、(79)
<339> メモリーズ・コーナー(79)
<339> 凶悪(79)
<339> 自動改札やスマホで光るネイル発売へ(79)
<344> 半沢直樹第8回は32.9%とさらに上積み(77)
<344> 第67回カンヌ国際映画祭まもなく開幕(77)
<346> 来訪者(76)
<346> AKB48総選挙2014渡辺麻友が初の1位指原は2位に陥落柏木3位(76)
<348> カンヌ監督賞にアマト・エスカランテ(74)
<348> ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン(74)
<348> ベネチア銀獅子賞(74)
<348> 未成年モデル保護法案が米上下院通過(74)
<348> ツナグ(74)
<348> 最も稼いだ女優はアンジョリーナ・ジョリー(74)
<348> 東京震度5弱、都心は無事です(74)
<348> ユーミンの音楽×演劇コラボ、第2弾は比嘉愛未とW主演(74)
<356> ヴィンセント・ギャロが日本映画に出演(73)
<356> 暗いところからやってくる(73)
<358> カンヌ男優賞にブルース・ティーン(72)
<358> 世界の名刑事が大集結(72)
<358> 新しい靴を買わなくちゃ(72)
<358> キャプテン・フィリップス(72)
<358> 三鷹で昭和の名優作品続々上映(72)
<363> スター・ウォーズ最新作にハン、ルーク、レイアの3俳優出演決定(71)
<364> 最強のふたり(70)
<364> 大島優子が紅白でAKB48卒業宣言(70)
<364> 傷心のミック、復活待つ世界(70)
<364> 錬金術師(70)
<364> 当ブログのFBページいいね2000件達成(70)
<369> プロメテウス(69)
<370> スターウォーズ新シリーズ公開は再来年12/18(68)
<370> ポール・ウォーカーが事故死(68)
<370> トニー賞2014P主女賞(68)
<373> トム・ハンクスの陪審員まさかの強制終了(67)
<373> 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(67)
<375> ロバート・プラントがツェッペリン再結成を完全否定(66)
<375> 無欲の人(66)
<375> 宇宙兄弟(66)
<378> アカデミー作品賞はアルゴ(65)
<378> ライフスタイル体操第一(65)
<380> ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。(64)
<380> 「風と共に去りぬ」の続編について作者が手紙で返答していた(64)
<382> 臨場 劇場版(63)
<382> カンヌ最終盤情勢(63)
<382> ウィリアム・シェイクスピア(63)
<382> 多彩に変化する東京の空(63)
<382> マイティ・ソー、10月から性別を変更へ(63)
<387> ジェーン・エアその2(62)
<387> ヤバレー、虫の息だぜ(62)
<387> 東京家族(62)
<387> ポール・マッカートニー5月に再来日屋外ライブ(62)
<387> 三鷹市芸術文化センター星のホール(62)
<392> アカデミー主演男優にマシュー・マコノヒー(61)
<392> ブルージャスミン(61)
<392> 「アメリカントップ40」の名DJケーシー・ケイサムが死去(61)
<395> モンスターズクラブ(60)
<395> ダークナイト・ライジング(60)
<395> カンヌ女優賞にベレニス・ベジョ(60)
<398> バイトショウ(59)
<398> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜(59)
<400> アウトレイジビヨンド(58)
<400> タランティーノ脚本流出に怒り次回作中止?(58)
<400> 第150回直木賞に朝井と姫野、芥川賞に小山田(58)
<400> トニー賞2014P助男賞(58)
<404> 黄金を抱いて翔べ(57)
<404> ベネチア審査員大賞(57)
<404> ロンドンの劇場で天井崩落(57)
<404> マン・オブ・スティール(57)
<404> カンヌ2014審査委員長はジェーン・カンピオン監督(57)
<404> ハリソン・フォード宇宙に帰還(57)
<409> 潜水艇ボンドカー、8600万円で落札(56)
<409> ストーンズが豪NZツアー無期限延期(56)
<411> ザ・マスター(55)
<411> 世界にひとつのプレイブック(55)
<411> 「B・ジョーンズの日記」最新小説は恋するシングル・マザー(55)
<411> 学士会館(55)
<411> ビートルズの公式ドキュメンタリーを44年ぶりに制作へ(55)
<416> Gグローブ賞作品賞(54)
<417> のぼうの城(53)
<417> 芸劇リニューアル(53)
<417> セックス・ピストルズの心暖まるX'mas映像放送へ(53)
<420> モンティ・パイソン再結成へ(52)
<420> 三人姉妹(52)
<420> I’M FLASH !(52)
<420> カルティエのX'masアニメ公開(52)
<424> グッモーエビアン!(51)
<424> 日本レコード大賞はEXILE(51)
<424> アカデミー主演女優賞にケイト・ブランシェット(51)
<427> リンカーン(50)
<427> Gグローブ主演女優賞(50)
<427> プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(50)
記事検索
映画系DVD or Blu-ray
舞台系DVD or Blu-ray
人気作品ランキング