2017年06月25日

【舞台】 怪人21面相(2017)

 私はまだ「グリコ・森永事件」を追っている。新聞記者としての30年近くのキャリアのうちの25年、そして批評家・インタビュアー・ジャーナリストとして独立してからの3年あまり、あの事件を忘れたことはない。事件に直接かかわるようになったのは発生から5年後の1989年に兵庫県警の担当記者を拝命してからだが、その後兵庫県警キャップ、愛知県警キャップ、そして文化部記者となっても、時に組織的に、時に個人的に「取材」を続けてきたつもりだ。これまでに報道されたすべての記事を読み、可能な限りの資料を読み、可能な限りの人物に会い、可能な限りの推理を立ててきた。自分なりに「犯人ではないか」とある種の「確信」を持った人物もいる。しかしフリーランスとなった今も、世間や警察と同じようにもちろんまだ「結論」や「真実」には到達していない。そんな中で舞台「怪人21面相」を観た。演劇ユニット「パラドックス定数」を主宰する劇作家・演出家、野木萌葱の代表作のひとつで、昨年、第24回読売演劇大賞・優秀作品賞を受賞した野木の「三億円事件」で演出を担当した和田憲明との再タッグが実現した舞台だ。映画やドラマのように多角的に描くためには物理的な場所も時間もない演劇という手法で描かれる世紀の未解決事件は、犯人と仮定した人物らによるアジトでの会話だけに絞った究極の会話劇。もちろん犯人以外だれも真実を知らないわけなので、この設定も犯行動機も正体も単なるフィクションにすぎない。ただこの一連の事件群が持つ、たぎるような怒りと憤懣、いらだちと、犯人たちの人としての致命的なゆがみをきちんと解釈した上での作劇と、感情を爆発寸前のガスタンクに充満させているような演出とが、まるでとぐろを巻くように絡み合い、とてつもない凄みを持つ作品に仕上がっていることは確かだ。私たちが本当の犯人にたどりついた時、この舞台はどんな重みをもつだろうか。企画制作はウォーキング・スタッフ。
 舞台「怪人21面相」は6月19〜26日に東京・下北沢のシアター711で上演される。

★舞台「怪人21面相」公演情報

 グリコ・森永事件については、その時に生まれていなかったような今の若い世代も含めてほとんどの人が知っていると思ってはいるが、重大な事件がどんどん忘れられていく現代にあって、最低限のことは書き記しておかねばならないだろう。
 単なるひとつの事件を指すのではなく、食品企業連続脅迫事件である。犯人が捕まっていないまま、時効を迎えたため、未解決事件である。
 すべての始まりは1984年3月18日。江崎グリコの社長が兵庫県西宮市の自宅から誘拐され、まもなく10億円や金塊などの要求が発覚。3日後に大阪府茨木市で社長は保護されたが、4月に入って、江崎グリコに脅迫状とともに現金要求。マスコミへの挑戦状などとともに江崎グリコへも複数回脅迫状が届き、現金受け渡しをめぐる犯人側と警察側の攻防があったが、6月末に終結宣言。この間、江崎グリコ本社の試作室放火事件や、兵庫県内での青酸入り菓子ばらまき事件、犯人に襲撃されたアベックが乗っていた車を現金受け渡し場所近くに近づけようとした事件などが発生している。
 6月には丸大食品への脅迫も始まっていたが、森永製菓への脅迫が始まった9月になってから発覚。電車からの投げ落としを指示した丸大食品の社員役の刑事を執拗に見張っていた「キツネ目の男」が目撃されたが、逃走を許している。
 10月になると森永製菓への脅迫がエスカレート。大阪、兵庫、愛知、東京で青酸入り菓子がばらまかれ、11月にはハウス食品への脅迫も始まった。受け渡しの指示通り、名神高速道路上や大津サービスエリアなどに展開したが、最終的には大阪府警や兵庫県警と滋賀県警との意思の疎通がうまく行っておらず、犯人は取り逃がした。
 12月には不二家にも脅迫状が届き、翌年1985年2月のバレンタインデー前後に青酸入りチョコレートや毒なしチョコレートが東京や愛知でばらまかれた。
 その後森永製菓への脅迫を終結する宣言があり、3月には和菓子屋の駿河屋に脅迫状が届いたが、8月7日の滋賀県警本部長の焼身自殺などを経て、8月12日に食品企業への脅迫を終結させる宣言が届いた。ハウス食品の社長は、この日発生した日航ジャンボ123便墜落事故機に搭乗しており、死亡している。
 この後も最近に至るまで、食品企業への脅迫はたびたび発生しているが、ほとんどすべては便乗犯や愉快犯、あるいはグリコ・森永事件の犯人とは関係のない人物による犯行とみられている。

 この間、犯人側は企業への脅迫状とともに、マスコミにも頻繁に挑戦状などを送り、メディアと国民を巻き込んだ「劇場型犯罪」を展開。江戸川乱歩の「怪人二十面相」を模したと思われる「かいじん21面相」を名乗って、徹底的に警察を小ばかにした文面を書き続けた。一方で時折大衆の心の機微に触れるような表現や文言も駆使。まるで義賊を気取るようなこともあった。
 毒入り菓子をコンビニの棚に置いているように見える人物の防犯ビデオ映像や、脅迫や指示に使われた子どもの声などが公開されるなど、メディアを惹きつける要素があふれていた。

 2000年2月の完全時効成立まで捜査は続けられ、犯人として過激派説、左翼活動家説、元警官説、外国諜報機関説、食品企業関係者説、組織暴力説、元暴走族説、総会屋説、株価操作グループ説(私は警察やマスコミがどれがどれほど有力とみていたかを知っているが、ここではあえて書かない。これら以外にも多くの説が存在する)などが次々と浮上したが、検挙には至らなかった。
 事情聴取された人物は多数存在するものの、本件の容疑で逮捕・拘留されたものはいないと言われている。

 今回の舞台「怪人21面相」では、犯人は4人。その肩書を書いてしまうとある程度筋書きが類推されてしまうので書かないが、いずれも事件に関係する組織の内部の状況にアクセスが可能な人物で、裏工作や暴力的な作業が可能なメンバーを抱えている集団である。
 白砂(俵木藤汰)は年長のリーダーで、計画全体の立案。幸村(木内秀信)は実行部隊で脅迫文も書く裏稼業の人間。鳥羽山(小林大介)や蓮見(石田佳央)はまっとうな会社員だが、さまざまな憤懣を抱いている人物だ。

 工場跡のようなアジトで脅迫文を書いている幸村。孤独な闇が全身を支配している。まともな世界で生きてきた人間ではない。そこに集まって来るのは、白砂、鳥羽山、蓮見。
 実際の事件の経緯を追いながら、その動機などがせりふのかたちで綴られていく。なにしろ物語の舞台はこのアジトのみ。すべてはここで語られる言葉によって具体化されていく。
 その動機や正体は、さきほど私が書いたさまざまな説をうまく取り込んだような配置の仕方がされていて、作者の野木が相当事件について研究した跡がうかがえる。

 この4人、決して仲は良くない。同じ目的に向かって集結した「同志」というよりも、鳥羽山や蓮見が持つ不満や怨恨をからめとった白砂が、幸村という「道具」を使って、事件を転がしている構図。もちろん、金という要素は4人をそれぞれに強く引き付けているだろう。
 みんな互いに毒を吐き、なじり、けなす。それは事件の犯行から抜けるということでは絶対的にないが、いつ崩壊してもおかしくないほど、互いを大事にしていない激しさがある。
 そのこともあってか、とにかく4人の俳優のせりふの語気が強い。このアジトですべての不満を吐き出しているようだ。
 シアター711は小劇場。そこでこれだけの勢いでせりふが発せられるわけで、観客の感情にビシバシと激しくたたきつけるようにして響いてくる。
 この感情に触るざらざらした感触はせりふだけではない。幸村が脅迫文を打つ和文タイプライターの打音は必要以上に大きく、まさしく自らの怒りを打ち付けるようにして刻み付けている。時に軽妙に綴られる文章も、こうしてまるで念を込めるようにして書かれてきたのであろうことがこちらに伝わって来る。

 白砂にはとにかく警察を躍らせろ、空虚に行動させろという思いが強く、それが鳥羽山の社会に対する不遜な態度にもつながり、犯行全体が反社会性と同時に権力全体に対する異議申し立てでもあるかのように見せる要因になっている。
 幸村は生き抜くために精神まで挫滅させてきた自らの人生への悔恨があるというよりも、むしろ自らの暴力的な行為を完遂させる快感に自分を無理やり浸らせているような狂気がある。

 俵木は所属するラッパ屋では、いい人、良い上司という役柄も多いが、これほどまでに精神をぎらつかせる役も実に良い。体中に社会への軽蔑を漲らせ、自らの太鼓で踊る警察の姿をあざ笑う。ラッパ屋での芝居をもうこれまでと同じ感情で観られないかもしれない。
 小林は花組芝居の役者。正義感はきっと誰よりも強く、しかしまたその反対の感情も人一倍強いであろう鳥羽山という人物の造型が見事だ。やることはスマートなのに、感情のコントロールは不器用。現役の肩書を持つ役柄だけに、なかなかに表現は難しいだろうが、とてもバランスが良い演技をする。
 石田は映画、テレビドラマ、舞台とまんべんなく活躍している役者だが、今年3月の舞台「白蟻の巣」での複雑な役柄の好演が印象に新しい。本作での蓮見もまた事件への複雑な関わり合い方があるだけに、工夫のしどころが多い役である。ただ単に激しいだけではない、感情のベースにある恨みつらみがそれを中からマグマのように押し上げている静かな怒りも表現している。
 幸村の表現がとても重要であることを木内はだれよりも分かっている。底辺に蠢く者のみじめさとたくましさ。全身から醸し出す負のオーラ。人気声優として知られる木内の俳優としての実力を見せつけられているようで、心が震えて来る。
 和田は、緊張の糸を決して切らない集中力を観客にも自然に持てるように導いてくれているようだ。2時間近くの芝居の時間はあっという間に過ぎていく。それでいて、観客の心に詰め込まれた感情の波は何十何百にも重なる。野木との再タッグは再び大きな反響を呼ぶだろう。

 舞台「怪人21面相」は6月19〜26日に東京・下北沢のシアター711で上演される。

 上演時間は、1時間55分(休憩なし)。

★チケット情報はこちら=残席状況は各自でお確かめください。


andyhouse777 at 04:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----小劇場

2017年06月23日

【Report】 こまつ座「イヌの仇討」熱い稽古続く(2017)

 井上ひさしが吉良上野介の目線で「忠臣蔵」を描いた舞台「イヌの仇討」が1988年の初演以来、こまつ座としては29年ぶりに初めて再演されることになり、7月5日の初日に向けて連日都内の稽古場で厳しい稽古が続いている。吉良が隠れていたと言われる吉良邸お勝手台所の炭部屋を唯一の舞台に、なにかと赤穂浪士に同情的な世間の空気を嘆きつつも、お付きの者や家来衆、果てはたまたま居合わせた盗人までが知恵を出し合い、事態の突破口を探ろうと懸命に奮闘する姿。見えざる敵である大石内蔵助の断片的な情報を聞くうち、吉良がやがては討ち入りの「真実」に気付き始めるという井上一流の幾重ものひねりとテーマ性があふれた傑作戯曲は、初めて井上戯曲に挑む気鋭の演出家、東憲司の柔軟な演出と、吉良に扮する主演の大谷亮介ら高い演技力を持つ俳優の知的な表現によって、新たな輝きを加えつつある。こまつ座第118回公演「イヌの仇討」稽古場の取材を特別に許された当ブログ「SEVEN HEARTS」がその熱気を緊急リポートする。
 舞台「イヌの仇討」は7月5〜23日に東京・新宿南口の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演される。

★舞台「イヌの仇討」の稽古風景(写真提供・こまつ座)
『イヌの仇討』稽古場い曚楞完

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★舞台「イヌの仇討」公演情報

 舞台「イヌの仇討」はもともと「長屋の仇討」というタイトルで上演が予定されていたが、直前になって改題され、内容も変わった作品。1988年に初演されて以降、こまつ座では、一度も再演されていなかった。

 舞台の設定はまさしく日本人の誰もが知るあの吉良邸討ち入り。時は元禄十五年(一七〇二)十二月十五日の七ツ時分(午前四時頃)だ。
 大石内蔵助が率いる赤穂浪士は、討ち入って吉良の寝所を急襲したが、既にお付きの者とともに逃げていてもぬけの殻。3度も家探しをしたと言われている。
 この物語は吉良がその間身を潜めていた炭部屋での出来事。

 稽古場に設営された舞台は、物置である炭部屋の内部であり、雑然とした状況を再現している。そこには吉良上野介(大谷亮介)が、側妻のお吟(彩吹真央)や女中頭のお三(三田和代)、忠義な家来衆やお付きの者や女中らとひしめき合うようにして隠れている。そこにはなぜか一人の盗人もいる。そして将軍から預かっているお犬様も。時は将軍綱吉の御代。生類憐みの令の施政下である。

 稽古は、一定の長さのシーンを俳優に演じさせ、演出の東が気になる部分を指摘していく形式。これも稽古が終盤になり、初日が近付いてくるとだんだん通しで稽古する頻度が増えて来るので、今現在の形式でしかない。
 東はせりふのチェックだけではなく、俳優のひとつひとつの動作がどう観客に伝わるか、余計な誤解を与えないかを慎重に感じ取っていく。狭いところに登場人物がひしめく芝居でもあるため、群像としての集団のフレームが伸び縮みする様子も、物語の流れに沿って変化していくため、東は粘り強くチェックしている。
 盗人の珍妙な提案に一喜一憂する皆の者、殿様である吉良上野介の気付きや覚悟にはらはらどきどきする家来衆。感情がそのままリアクションや仕草に敏感に表れる緊張した場面が続くため、細かい検討が加えられている様子。

★舞台「イヌの仇討」の稽古風景(写真提供・こまつ座)
『イヌの仇討』稽古場〇陣刀抜きそう

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 例えばリアクションのメリハリ、そして物や小道具を受け渡したり受け取ったりする時のタイミングにも気を配る。段取りだけの動作になっていないか。気持ちと動作の関係はこれでよいのか。せりふを言うにしてもそこに込められた感情は何なのか。東は台本にない気持ちの言葉を示しながらせりふを言う雰囲気を決めていく。井上の戯曲であり、せりふが付け加えられることはないが、せりふの背景を説明しているのだ。地団駄の踏み方にもこだわった。

 物語がやがて、浅野内匠頭や赤穂藩、討ち入りそのものに対する疑問や、大石内蔵助の真意、お上の欺瞞などに近づいていくため、事態に狼狽する段階とは違う明らかな転調も求められ、特に吉良上野介の謎解きや気づきの独白のような部分では、神々しいまでの次元の違う表現も求められている。

★舞台「イヌの仇討」の稽古風景(写真提供・こまつ座)
『イヌの仇討』稽古場盗人待った

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 舞台上での動きも含め、ただ単に演出家の指示に従うだけでなく、俳優自身からの提案もたびたびあり、東もそこに柔軟に対応し、話し合いながら、工夫を深めていっている。しかもひとりの俳優の提案だけでなく、そこからディスカッションが始まり、新たな動きが決められていくこともある。

 世間の認識はともかくとして、吉良上野介はあまたの学問、芸事に通じた秀でた人物であり、品のある人物だ。大谷はその人物的な大きさをしっかりと意識した上で、さらに討ち入りそのものの持つ大きな意味合いを自ら読み解いていく吉良の深い洞察力、そして生死を超えた覚悟を持つに至る終盤へ向けて、人物造型を深めていく。
 彩吹は感情をどう込めるか、どう表現すれば伝わりやすいかを考えに考える。三田もひとつひとつの動きにいかに意味をもたせるかの工夫に余念がない。

 それにしても家来衆から女中、お付きの者、盗人に至るまで、それらの役柄を演じる俳優たち(久保酎吉、植本潤、加治将樹、石原由宇、大手忍、尾身美詞、木村靖司)の芸達者なことと言ったらない。
 観客は、演技派の実力俳優である大谷、彩吹、三田の演技に惹きつけられるだけではなく、彼らのそれぞれの場面での個性あふれる演技に圧倒されることだろう。
 新たなる伝説の舞台誕生の予感が高まってきた。

★舞台「イヌの仇討」の稽古風景(写真提供・こまつ座)
『イヌの仇討』稽古場ッ稻啓臾笋こ櫃

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 舞台「イヌの仇討」は7月5〜23日に東京・新宿南口の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演される。

★チケット情報はこちら=最新の残席状況はご自身でお確かめください


andyhouse777 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Report 

【News】 小林麻央さんが死去(2017)

 乳がんを患いながらブログで闘病記を発信し続けたフリーアナウンサー、小林麻央(こばやし・まお、本名堀越麻央=ほりこし・まお)さんが亡くなったことが分かった。34歳というあまりにも若すぎる死だった。夫の歌舞伎俳優、市川海老蔵さんが23日午後に東京都内で記者会見を開いて明らかにした。国内のほとんどのメディアが速報で伝えた。

 1982年、新潟県生まれ。大学生のころからテレビのバラエティー番組にタレントとして出演したり、ニュース番組でキャスターを務めたりした後、2010年に海老蔵さんと結婚。1男1女をもうけた。

 2014年秋に乳がんが見つかり治療を続けていたが、1年8カ月後の2016年6月に海老蔵さんが東京都内で開いた会見で公表。2016年9月から闘病ブログを始め、亡くなる2日前の今年2017年6月20日まで更新を続けていた。

 アナウンサーの道を目指した者としても、ジャーナリストのはしくれとしても、キャスター時代以降の小林さんのニュースに対する取り組み方、そしてその後の生きざまに感嘆していました。
 本当に残念です。

 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

andyhouse777 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 『スター・ウォーズ』ハン・ソロスピンオフ映画の後任監督はロン・ハワード、7月に撮影再開へ(2017)

 人気SF映画『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主人公にしたスピンオフ映画のフィル・ロード(Phil Lord)とクリストファー・ミラー(Christopher Miller)がそろって降板した監督に新たに『ダヴィンチ・コード』シリーズや『ビューティフル・マインド』『アポロ13号』などの人気作で知られるロン・ハワード(Ron Howard)監督を起用することが分かった。米ルーカスフィルムが米国時間6月21日に発表したとAFP電やロイター電などが伝えている。2監督が「創造性の相違」を理由に監督から離脱した20日からわずか1日での後任発表は、映画の公開が来年5月に迫っていることなどから、製作側が1日たりとて空白期間を作れないと判断したためとみられている。

★ロン・ハワード監督

★AFPBBNews
★REUTERSNews

 ハワード監督はルーカスフィルムで制作した『ウィロー(Willow)』をはじめ、『バックマン家の人々(Parenthood)』、『身代金』『バックドラフト』などでも知られ、『ビューティフル・マインド(A Beautiful Mind)』ではアカデミー賞の最優秀監督賞に輝いている。

 ハン・ソロのスピンオフ映画は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)』に次ぐスピンオフ作品第2弾となる。密輸を生業としていた若き日のハン・ソロを中心にストーリーが展開する。タイトルは未定で、2018年5月25日に公開予定。スティーブン・スピルバーグに映像制作のセンスで見出された後、フランシス・フォード・コッポラに演技面を評価され『イノセント・ガーデン』『ブルージャスミン』『ヘイル、シーザー! 』と話題作への出演が相次いでいる若き注目株アルデン・エーレンライクがハン・ソロ役で主演する。

★アルデン・エーレンライク


 フィル・ロードとクリストファー・ミラーによる監督ユニットのもと、撮影は既に今年2月にロンドンで始まっていたが、現在中断。7月10日からハワード監督に引き継がれて撮影が再開されるという。

 降板の引き金となったトラブルの内容が米国では徐々に明らかになっているようで、米娯楽誌「バラエティ(Variety)」によると、フィル・ロードとクリストファー・ミラーは、ユーモアやアドリブを増やすことを主張してルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ(Kathleen Kennedy)社長や脚本のローレンス・カスダン(Lawrence Kasdan)氏と意見が対立したという。

★ローレンス・カスダン


 フィル・ロードとクリストファー・ミラーはどちらも製作・監督・脚本を手掛ける「2人でひとつの」監督ユニットで、『くもりときどきミートボール』シリーズや『21ジャンプストリート』『22ジャンプストリート』『LEGOムービー』などで知られるが、まだ著名とは言いがたい新人監督。彼らが『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(The Empire Strikes Back)』や『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(Return of the Jedi)』、『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒(Star Wars: The Force Awakens)』で脚本を共同執筆した巨匠カスダンにもっとユーモアを入れるように求めたのだから、ケネディ社長ははらはらどきどきで相当困惑したはず。降板は致し方ないとしても、もう少し議論の中身が知りたいところだ。

andyhouse777 at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2017年06月22日

【News】 『スター・ウォーズ』ハン・ソロスピンオフ映画の2監督が突如降板、公開予定は来年5月(2017)

 人気SF映画『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主人公にしたスピンオフ映画の監督として製作作業に加わっていたフィル・ロード監督とクリストファー・ミラー監督がそろって降板したことが分かった。米ルーカスフィルムが米国時間6月20日夜に2人の離脱を発表したと、CNNなどが伝えている。降板理由はルーカスフィルム側が「われわれのクリエーティブな構想の違いが鮮明になったため」、2監督側が「プロジェクトに関する我々の構想や手順が、パートナーと合わなかったため」と説明しているが、ストーリーなど物語の根幹部分が問題なのか、描き方や表現方法が問題なのかは明かされていない。来年5月に公開が予定されているが、現時点では公開の遅延や新たな監督の就任などはアナウンスされておらず、先行きは不透明だ。


★CNNNews

 映画のタイトルはまだ発表されていない。ハリソン・フォードが演じて有名になったハン・ソロの若き日々を描く作品で、スティーブン・スピルバーグに映像制作のセンスで見出された後、フランシス・フォード・コッポラに演技面を評価され『イノセント・ガーデン』『ブルージャスミン』『ヘイル、シーザー! 』と話題作への出演が相次いでいる若き注目株アルデン・エーレンライクが主演する。

 CNNによると、ルーカスフィルムは、新しい監督は近いうちに発表予定だとしているという。

 フィル・ロード監督とクリストファー・ミラー監督はどちらも製作・監督・脚本を手掛ける「2人でひとつの」監督ユニットで、『くもりときどきミートボール』シリーズや『21ジャンプストリート』『22ジャンプストリート』『LEGOムービー』などで知られる。

andyhouse777 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 英グレンフェル・タワー火災被災者のためのチャリティーソング発売(2017)

 先週ロンドンの高層住宅グレンフェル・タワーで起きた火災の被災者らを支援するため、英国のバンド「ザ・フー」やポップ歌手のロビー・ウィリアムズ、ラップ歌手のストームジーら英国音楽界のスターたちが参加して製作したチャリティーソングが英国時間6月21日に発売され、ミュージックビデオが公開された。チャリティーソングはサイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」をカバーした曲。売上金は「ロンドン・コミュニティ・ファンデーション」にすべて寄付されるという。

★チャリティーソング「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」ミュージックビデオ=YouTube




★REUTERSNews

 ロイター電によると、呼びかけたのは、音楽プロデューサー、サイモン・コーウェル。参加したアーティストは、アデル、ロジャー・ダルトリー(ザ・フー)、ピート・タウンゼント(ザ・フー)、ブライアン・メイ(クイーン)、ロビー・ウィリアムス、ナイル・ロジャース、エミリー・サンデ、ジェシー・J、ジンジャー・スパイス(スパイス・ガールズ)、クレイグ・デヴィッド、ルイ・トムリンソンら。レオナ・ルイス、ジェームス・ブラントらの歌声もフィーチャーされているという。

 ミュージックビデオには、アーティストらが個別にレコーディングする様子の合い間に、火災現場の近くに集まった人々が犠牲者に祈りをささげる姿や、被災者の支援のために送られてきた衣類などを仕分けするボランティアの人々の姿、声も出さずただ抱きしめ合う互いに相手を知らない人々の姿、助け出すことができなかった無力感から涙を流す消防士の姿などが映し出されている。
 グレンフェル・タワーは鎮火した後の焼け焦げた姿が短く映し出されるが、タワー全体がもうもうと炎を上げて燃えているあの衝撃的な映像は使われておらず、犠牲者の遺族や負傷者、住民らに、PTSDによるフラッシュバックを誘発しないように配慮されているとみられる。

andyhouse777 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2017年06月21日

【News】 WOWOWでの続編新作放送控え前作「ツイン・ピークス」を5週連続オールナイト放送(2017)

 1990年代に大ブームを巻き起こした米国の大人気ドラマ「ツイン・ピークス」の復活最新シリーズ「ツイン・ピークス The Return」の放送が米国で始まって約1カ月。早くも謎が謎を呼ぶ展開で日本のファンはもう待ちきれない状態。今回は日本でも7月22日からWOWOWで放送が始まるため、あと1カ月の辛抱なのだが、続編の放送を前に復習をしておきたいと考えている人には6月23日からWOWOWでスタートする前作「ツイン・ピークス」のまとめ放送「5週連続『ツイン・ピークス』オールナイト!」が絶好の機会となる。



★WOWOW「5週連続『ツイン・ピークス』オールナイト!」番組情報

 WOWOWの「5週連続『ツイン・ピークス』オールナイト!」は、6月23日の午後11時からWOWOWプライムでスタート。序章と1〜5章の6本が連続して放送され、6月30日は午後11時から6〜12章の7本を放送。7月7日は午後11時から13〜20章の8本、7月14日は午後11時から21〜24章の4本、7月21日は午後11時から25〜29章の5本が放送される。



 続編の新作「ツイン・ピークス The Return」は7月22日からWOWOWプライムで毎週土曜午後9時から2カ国語版が、毎週金曜午後11時から字幕版が放送される。
 さらにこの放送に先立って、新作「ツイン・ピークス The Return」の第1章を7月1日午後8時45分から先行放送。7月2日午後11時から第1〜4章を続けて先行放送する。いずれもWOWOWプライムで。

 「ツイン・ピークス」の本編放送後に、デヴィッド・リンチが監督した映画『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』を7月1日にWOWOWプライムで、7月18日にWOWOWシネマで放送するほか、映画『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』の未公開シーンをリンチ監督が自ら編集して創り上げた映画『ツイン・ピークス もうひとつのローラ・パーマー最期の7日間』を7月1日と22日にWOWOWプライムで放送する。

★WOWOWツイン・ピークス関連情報

 「ツイン・ピークス」は1990年から91年にかけて2シーズン計30回にわたって放送された。その後世界中で大ヒットした。そもそも「ツイン・ピークス」は、カナダ国境の近くにある架空の街ツイン・ピークスという小さな町で起きた学園の女王ローラ・パーマーが惨殺体で発見されるというショッキングな殺人事件をめぐり、FBIから派遣されてきたデイル・クーパー特別捜査官の捜査を追うように描かれる物語。事件解決後は、クーパー自身にも別の危機が迫る。

 続編の新作「ツイン・ピークス The Return」は、1、2シーズンの製作総指揮にあたったリンチ監督とマーク・フロストが、時代を現代に設定したストーリーを執筆。オリジナルキャストだったクーパー役のカイル・マクラクラン、ローラ・パーマーとその従姉妹マデリーン・ファーガソンの2役を演じたシェリル・リー、ローラの恋人・ボビーを演じたダナ・アッシュブルックの続投など、新しい登場人物も含めて217人もの俳優の名前が発表されているが、それが秘密のベールをはがすことには作用せず、ますます謎が深まる方向に作用している。全米での放送が始まっても、謎は解き明かされるどころか、どんどん増えている。
 私たちが既にデヴィッド・リンチ監督の罠にはまっていることは間違いなさそうだ。



andyhouse777 at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 名優ダニエル・デイ・ルイスが引退を表明、米で12月公開の映画が最終作(2017)

 『マイ・レフトフット(My Left Foot)』(1989年)、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(There Will Be Blood)』(2008年)、『リンカーン(Lincoln)』(2013年)の3作品でアカデミー賞史上ただ一人3度も主演男優賞を獲得している俳優ダニエル・デイ・ルイス(Daniel Day-Lewis)が俳優業から引退することが分かった。広報を務めるレスリー・ダート(Leslee Dart)氏が米国時間6月20日に出した声明で明らかにしたとロイター電やAFP電、BBCなどが伝えた。引退理由は「個人的な決断」としか明かしていない。1950年代の英国のファッション業界を描いたポール・トーマス・アンダーソン(Paul Thomas Anderson)監督作品『Phantom Thread(原題)』(米国などで今年12月公開、日本公開時期は不明)が最後の出演映画となる。唯一無二の魅力と演技力を持つ名優の60歳という円熟期前の若すぎる引退は世界に衝撃を与えそうだ。


★AFPBBNews
★REUTERSNews

 ロイター電によると、声明は「ダニエル・デイ・ルイスは今後、俳優としての仕事はしません。長年にわたって一緒に仕事をした方々や観客の方々に深く感謝しています」と記されている。またAFP電によると、広報のダート氏は「これは(デイ・ルイスの)私的な決断です。彼やその代理人が今後、この件(引退)についてコメントすることは一切ありません」と述べているという。

★第62回アカデミー賞で主演男優賞を受賞したダニエル・デイ・ルイス


★第80回アカデミー賞で主演男優賞を受賞したダニエル・デイ・ルイス


★第85回アカデミー賞で主演男優賞を受賞したダニエル・デイ・ルイス


 ロイター電によると、デイ・ルイスは1990年代後半の一時期に俳優業を休業してイタリアで靴職人の修業をしていたことがあり、2013年に『リンカーン』でオスカーを受賞した後、自身の所有するアイルランドの農場で長期休暇をとる計画だと英紙が報じたことがあるというが、いずれも単なる休業であり、引退ではない。

 デイ・ルイスは大作家アーサー・ミラーの娘で脚本家・映画監督のレベッカ・ミラーと結婚し、3人の子供がいるという。

 デイ・ルイスはオスカーを獲得した前述の3作品以外にも、『父の祈りを(In The Name of the Father)』、『ギャング・オブ・ニューヨーク(Gangs of New York)』でもアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされている。

andyhouse777 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【舞台】 熊楠の家(2017)

 明治維新の前年に和歌山に生まれた南方熊楠が膨れ上がる知の欲求に導かれるように東京、米国、キューバ、英国、そして熊野、田辺と重ねていく遍歴はつとに有名だが、その変化は、有名無名に関係なく人との出会いによってもたらされている。熊楠は世界的権威である粘菌への愛情にも負けず劣らず人間そのものが好きなのだ。劇団民藝との9度にわたるコラボレーションで知られる劇作家の小幡欣治はそのことをよく分かっていたのだろう。書下ろしの記念すべき第1作だった舞台「熊楠の家」は、結婚して腰を落ち着けた田辺での熊楠の後半生が描かれるが、そこにあふれているのは、困った人だと思いながらもついてきてくれる家族から、変人奇人だと囃しながらも熊楠を愛してやまず何かと世話を焼いてくれる町の人々、熊楠の探求心と現場主義に惹きつけられるようにして集まって来る弟子たち、そしてその業績の輝きに魅せられた当時の摂政(後の昭和天皇)まで、熊楠を取り巻く人々の生き生きとした姿と、そうした人々や人間存在そのものに対する熊楠自身の深い愛情である。南方熊楠生誕150年の今年、劇団民藝は1995年の初演から22年ぶりに再演。「知の巨人」「博覧強記」と大仰に語られることの多い熊楠がいかに人間的であり、夫として父親として、そしてエコロジストとしてもいかに苦悩していたかを、あらためて私たちの前に示してくれている。演出は劇団民藝演出部の丹野郁弓。
 舞台「熊楠の家」は6月15〜26日に東京・新宿南口の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演される。

★舞台「熊楠の家」の一場面。左から千葉茂則、齊藤尊史、八木橋里紗、大中耀洋、中地美佐子(写真提供・劇団民藝)
熊楠の家写生褒め千葉齊藤八木橋大中中地image3

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★舞台「熊楠の家」公演情報

 南方熊楠は、幼少時から絵入りの百科事典を筆写、記憶するような子どもで、万物への興味・好奇心が人並外れて旺盛であったという。大学予備門(東京大学)に進んだものの、標本採集や博物館通いで学業がおろそかになり、落第を期に中退、和歌山に帰郷した。父親を粘り強く説得して、1886年末に渡米、農業大学に入学するも、飲酒が発覚し自主退学を余儀なくされ、宙ぶらりんな時期が続く。標本になる生物の宝庫だと聞かされたフロリダに移って中国人に世話になりながら採集を続け、キューバにも渡る。
 研究や成果発表が活発だった英国に渡ると、天文学の分野で科学誌「ネイチャー」に掲載デビュー。その博学ぶりが大英博物館の目に留まり、東洋専門の目録編纂係として働くようになる。孫文とも親しくなり、充実した日々を過ごすが、人種差別に対して腕力で反撃したため、大英博物館での職を失い、日本に帰国する。
 和歌山で研究を続けたが、熊野などでの植物採集を経て、「粘菌の宝庫」であった田辺に腰を落ち着けることに。神社宮司の娘であった松枝と結婚して、ついに熊楠の家族の歴史がスタートしたのである。

 劇団民藝の舞台「熊楠の家」はタイトルからも分かるように、この田辺での結婚以降を描いている。

 既に粘菌に関しては世界的な知名度があり、生物学、植物学、民俗学、博物学に関しても恐るべきレベルの知識を持っていた熊楠。英語だけでなく、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、スペイン語、漢文にも通じていたため、田辺にいてもインターナショナルな研究者だった。しかし、どの大学や研究機関にも所属せず、在野のいち研究者として存在していたために、地元の人は、一部の人を除いては、熊楠のことを「山や森や神社で植物を採集している変な人」ぐらいにしか考えていないところがあった。

 なにしろ熊楠(千葉茂則)は大酒飲みで癇癪持ち。裸で歩き回ることもしばしばでまさしく奇人変人であった。それでも日々の暮らしや研究を手伝ってくれる人々がたくさんいた。熊楠は憎めないし、裏や邪心がまったく見えない。可愛げがあって人間くさいのだ。みんな熊楠のことが大好きだった。
 それでも妻の松枝(中地美佐子)にしたら大変な夫。しばしば投げ出したくなるが、そのたびに熊楠の憎めなさを思い出し、戻ってきてしまうのだ。

★舞台「熊楠の家」の一場面。左から千葉茂則、八木橋里紗、横島亘、中地美佐子(写真提供・劇団民藝)
熊楠の家家族談笑image4

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 明治も40年以上が経った1909年。自然豊かな田辺にも大変な問題が巻き起こっていた。膨大な数存在する神社を統合しようという神社合祀令が出されたのだ。
 宗教的にはある種合理的な判断であったかもしれないが、それは実はなくなっていく神社の自然が破壊されるということを意味していた。それは樹齢何百年もの古い大木が多い神社に潜む粘菌を採集している熊楠にとっても一大事だった。
 いまのような環境に対する考え方や生態系という概念もなかった当時の日本。しかし熊楠には、これはただ自然がなくなっていくということや、菌や昆虫が少なくなるということだけではなくて、人間が依存している自然環境にも必ず悪い影響をもたらすという「予感」があったのだ。日本における「エコロジー」の誕生である。

★舞台「熊楠の家」の一場面。中地美佐子(左)と千葉茂則(写真提供・劇団民藝)
熊楠の家かしま中地千葉image1

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 熊楠は地元での活動のほか、世界的な知名度を活かして新聞でも反対の論陣を張り、徹底抗戦。ついにはちょっとしたいざこざから役人を殴る暴力事件を起こしてしまう…。

 物語は、熊楠と松枝のもとに生まれた熊弥(大中耀洋)が成長するうちに脳を患い、精神のバランスを崩していく姿と、手元に置いてなんとか落ち着いた生活を送らせてやろうとする熊楠や松枝、そして妹の文枝(八木橋里紗)の懸命の努力を描いていく。
 そして、生物学者でもあった当時の摂政(後の昭和天皇)から寄せられた思いがけない依頼に戸惑う熊楠だったが、熊弥と同年輩であることを知るにつれ、心境に変化が生まれていく。

★舞台「熊楠の家」の一場面。中地美佐子(左)と千葉茂則(写真提供・劇団民藝)
熊楠の家タキシード中地千葉image5

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 ここにあるのはさまざまなきらめきを持った「きずな」の数々だ。献身的に支えてくれている松枝や文枝とのきずなだけでなく、精神的な弱さから父親である熊楠に反発する熊弥へのおびただしいほどの愛情。そして子分のように使っているのに、なんだかんだと世話を焼いてくれる地元の人々とのほのぼのとしたきずなであり、粘菌の研究者同士が持つ常人には理解の及ばないレベルのつながり。それは面識もないのに、粘菌によってつながる摂政との関係にも言える。
 それはもちろん熊楠の人柄も関係しているが、曼荼羅に例えられたという熊楠の知識体系の持つ宇宙的な広がりを想像させる。曼荼羅は宇宙そのものであるという考え方もある。まさしく熊楠という人間の中に翼を広げるこの宇宙的な理(ことわり)が、熊楠の人生を形作っているのである。
 日々の細々としたことを描きつつも、その宇宙へと広がっていくつながりを戯曲の中に描き出した小幡の作劇力、そして丹野の構成力と表現力が冴えた一作となっていた。

 千葉は豪放で予測不能な熊楠のキャラクターをぐいっと大づかみしながらも、それに常に固執するのではなく、個々の場面に合わせて実に柔軟に造型している。そしてまた人々に愛されるべき人間としての可愛らしさの表現がなんとも良い。座長としての大きさも作品を積み重ねるごとにしっかりとしたものになっている印象だ。

 中地は引いて支えるところ、出て動かすところ、おそらく演じた松枝自身も配慮したであろう熊楠という大人物との妻としての付き合い方を実に繊細に演じ分けている。
 はつらつとした文枝を造型した八木橋にも見どころは多かったし、熊楠の友人で眼科医でもある喜多幅の天性の明るさが南方家の何よりの救いとなる様をうまく見せた横島も秀逸。熊楠の研究者としての大きさをしっかりと感じさせた弟子役の齊藤尊史に加え、熊楠を陰に陽に支える町の人々を活写した吉田正朗、平松敬綱、安田正利、平野尚、齊藤恵太、梶野稔のコンビネーションも抜群だった。
 特に、どこかゆったりと鷹揚に流れているこのドラマの空気を精神的な発作の場面などで緊張感あふれるものにする演技が求められる熊弥役を体当たりの演技で描き出した大中には拍手を贈りたい。

 出演はほかに天津民生、本廣真吾、境賢一、山本哲也、大野裕生、天津民生、 梶野稔、別府康子、望月香奈、相良英作、大黒谷まい、保坂剛大、大野裕生。

★舞台「熊楠の家」の一場面。中地美佐子(左)と千葉茂則(写真提供・劇団民藝)
熊楠の家扇あおぎ中地千葉image2

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 舞台「熊楠の家」は6月15〜26日に東京・新宿南口の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演される。

 上演時間は、2時間40分(休憩15分含む)。

★チケット情報はこちら=最新の残席状況はご自身でお確かめください。


andyhouse777 at 01:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----新劇

【Break】 今日はゆっくり読書の日、窓辺の特等席で(2017)

★★★Instagramから(2017.06.20)★★★

 最近、小説の中にどっぷりと入り込めてなかったから、今日はゆっくり読書の日。緑越しに陽光の差し込む窓辺の特等席で。

読書IMG_0637補正済み





andyhouse777 at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Break 

2017年06月20日

【News】 湯浅政明監督の『夜明け告げるルーのうた』が第41回アヌシー国際アニメーション映画祭で最高賞クリスタル賞を受賞、『この世界の片隅に』には審査員賞(2017)

 フランス南東部アヌシーで開催されていた第41回アヌシー国際アニメーション映画祭で、日本の湯浅政明監督の作品『夜明け告げるルーのうた』が、長編部門の最高賞にあたるクリスタル賞を受賞した。日本作品の長編部門最高賞は1995年に受賞した高畑勲監督の『平成狸合戦ぽんぽこ』以来22年ぶり、短編部門で加藤久仁生監督が『つみきのいえ』で受賞した2008年からでも9年ぶり。また、既に国内外で高い評価を受けている片渕須直監督の『この世界の片隅に』が長編部門の審査員賞を受賞した。アヌシー国際アニメーション映画祭は1960年にカンヌ国際映画祭からアニメ部門を独立させた最も歴史が古く、世界最大規模のアニメ映画祭(1997年からは隔年開催から毎年に変更された)。そこで日本からの作品が主要賞を2本も受賞したことは、宮崎駿監督や高畑勲監督らの活躍で既に評価の高い日本で着実に次世代の世界的監督が育ちつつある状況を世界に示したことになり、さらなる注目が日本アニメに集まることは必至だ。

★『夜明け告げるルーのうた』


 現地からの報道によると、映画祭コンペティションでは230作品が公式上映されたという。正式出品は216作品との情報があるが、未確認。49の国と地域から参加した。

 『夜明け告げるルーのうた』は、両親が離婚したために静かな漁港の町に引っ越してきた男子中学生が、人魚の女の子と出会い、音楽を通じた交流を深めていく中で、人に対して閉ざしていた心を開いていく姿がビビッドで詩的な映像とともに描かれている。

 湯浅監督はテレビアニメ「ちびまる子ちゃん」、映画『劇場版クレヨンしんちゃん』シリーズを手掛けてきた日本のアニメ界では知らない人のいないアニメクリエイター。高い評価を受けた2004年の映画初監督作品『マインド・ゲーム』の後、2010年のテレビアニメ「四畳半神話体系」が文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞するなど注目が高まり、今年は4月7日にアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』が公開されたのに続き、今回の受賞作『夜明け告げるルーのうた』が5月19日に公開されるなど、作品の公開が相次いでいた。

 『夜明け告げるルーのうた』は手書きのタッチも残るようなデジタル技術が駆使されており、大人数のアニメーターやエンジニアを必要とする従来のアニメづくりに一石を投じる作品でもある。本作は湯浅監督にとっては原作のない初のオリジナル作品。

★『この世界の片隅に』


 『この世界の片隅に』は、こうの史代の漫画が原作。第2次世界大戦末期の呉を舞台に、戦争が激しくなる中で懸命に嫁ぎ先の家庭で生き抜こうとする若い女性の姿を描き、能年玲奈から改名した「のん」が主演声優を務めた感動アニメ。ネット上で一般の人からの資金提供を募るクラウドファンディングで製作費の一部(スタッフの確保などの費用)を捻出し、昨年2016年11月に日本で封切られた。
 全国のミニシアター系の映画館約60館程度の封切りだったが、初日から観客が詰めかけ、今月6月に観客動員200万人、興行収入25億円を突破している。
 キネマ旬報社が毎年選出する「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画部門の第1位に選ばれたほか、アニメ監督としては史上初めて監督賞も受賞している。さらに、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞にも選ばれたほか、第71回毎日映画コンクール日本映画優秀賞・大藤信郎賞も受賞している。片渕監督は第67回芸術選奨文部科学大臣賞、第59回ブルーリボン賞監督賞を受賞した。






andyhouse777 at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 キャリー・フィッシャーの死因は睡眠時無呼吸症候群や心疾患と「その他の不明な要因」、薬物検出も関連は不明(2017)

 人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のレイア姫(Princess Leia)役で世界的なスターに上りつめたものの、英国からの帰国便の中で心臓発作を起こし、米国時間の昨年12月27日に配送先の病院で亡くなった女優、キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher、享年60歳)の死因について、ロサンゼルス郡の検視当局は6月16日、睡眠時無呼吸症候群に加え、心疾患や「複数回の薬物摂取」を含む「その他の不明な要因」だったと結論づけた。さらに体内からはコカインや合成麻薬MDMA(通称「エクスタシー(Ecstasy)」)などの薬物が検出され発作までの3日間で使用されたことが19日になって判明。また摂取した量と時刻が特定できていないがヘロインの検出もあったという。薬物についてはいずれも発作や死にどのような影響を与えたかについて確定できないという。AFP電やロイター電、米主要メディアが相次いで伝えた。



★AFPBBNews

★REUTERSNews
★REUTERSNews

 AFP電によると、ロサンゼルス郡の検視当局による検視報告書では、体内からはコカインや合成麻薬MDMAのほか、大量のアルコールとアヘン成分が検出された。
 また、高血圧や高血糖などによって血管の内膜が傷つき、その隙間から入り込んだコレステロールが白血球の一種マクロファージに取り込まれることでその死骸が沈殿し、粥状のかたまり(アテローム)になって、プラークとして隆起する症状として知られる「アテローム性動脈硬化」という心臓疾患で薬を服用していたことにも触れたが、ロイター電によると、死亡との関連は確認できないとしているという。

 このような状況から検視当局は、結論として、睡眠時無呼吸症候群や「その他の特定できない要因」による死亡と報告したもようだ。

 フィッシャーは昨年12月23日、仕事先のロンドンからロサンゼルスに戻る航空機内で心臓発作を起こし、乗り合わせた救命士に高度な蘇生救命措置を受け、一時は小康状態になったが、27日になって急変し亡くなった。
 看病を続けていた母親の女優、デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)もフィッシャーの死の翌日に後を追うように亡くなっている。

andyhouse777 at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 ケイティ・ペリーのTwitterフォロワー数が史上初の1億人突破(2017)

 米国の歌手、ケイティ・ペリー(Katy Perry)のTwitterフォロワー数が世界で初めて1億人を超えたことが分かった。突破したのは米国時間6月16日で、ツイッター社も正式に認定。ケイティの最新アルバムのタイトルを交えて「Today, we #WITNESS history.Congratulations @katyperry, the first to reach 100 million followers! #LoveKaty(今日、我々は歴史を#WITNESSした。前人未到の1億人フォロワー到達おめでとう! )」とツイート。ケイティが初めてつぶやいた2009年2月21日以降のツイートの歴史を振り返る映像を投稿した。現時点で8543本のツイートが確認されており、年間約1000本。こうしたケイティ自身の不断の努力も彼女を初の1億人超えアーティストに押し上げた要因と言えそうだ。

★AFPBBNews

★ツイッター社の祝賀ツイート


 ケイティもツイッター社の祝賀に対して、「Thank you, @Twitter, for always giving me an opportunity to have a voice!(@Twitter、いつも発言の機会を与えてくれてありがとう!)」と返している。

★ケイティ・ペリーも返答ツイート


 Twitterのフォロワー数が多いのは、ケイティの1億14万人、その後にジャスティン・ビーバー(9,680万人)、バラク・オバマ元米大統領(9,094万人)、テイラー・スウィフト(8,512万人)、リアーナ(7,413万人)と続いている。

andyhouse777 at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【舞台】 これはあなたのもの 1943−ウクライナ(2017)

 サブタイトルの中にある1943年。この年にウクライナにいたユダヤ人はどういう存在だったのか。詳しく書くと、新聞1日分、つまり60ページほどの長さになるので、極めて簡略化しなければならない。そこはナチス・ドイツとソ連が真っ向からぶつかり合う場所だったのである。ウクライナにはウクライナ人のほか、ユダヤ人やロマの人々に加え、直前まで支配していたポーランド人や周辺諸国の人々も存在した。そんな中でコミュニティーを担う一定の安定した関係ではあったものの、周囲の列強に国を奪われたウクライナ人と国を持てずに流浪を続ける民であるユダヤ人との間には緊張関係もまたあったはずだ。そこにナチス・ドイツのユダヤ人迫害からホロコーストへと至る政策がドイツ以外の支配地域でも実行される。そんな時代のウクライナのユダヤ人とウクライナ人を描いたのが、地人会新社の第7回公演「これはあなたのもの 1943−ウクライナ」。1990年代の米国を主な舞台に、1943年のウクライナへと記憶の旅を続けながら解き明かされるのは、憎しみの根源的な意味合いとその行く末。化学反応におけるウッドワード・ホフマン則を明らかにし、1981年のノーベル化学賞を福井謙一と共に受賞した化学者ロアルド・ホフマンが劇作家・詩人としての才能を活かして自らの経験をもとに描いたこの慟哭の戯曲は、憎悪が連鎖し、世界に拡散する現代にあって、自らの心に宿る憎しみとどのような向き合い方をするべきなのかを観る者すべてに問い掛ける鋭い切っ先を持っている。演出は鵜山仁。
舞台「これはあなたのもの 1943−ウクライナ」は6月15〜25日に東京・初台の新国立劇場小劇場で上演される。5月18日から6月4日にかけて、東京・小平、石川県七尾市、兵庫県西宮市、愛知県多治見市、愛知県知立市でも上演された。

★舞台「これはあなたのもの 1943−ウクライナ」公演情報

 ロアルド・ホフマンは、母親との米国移住後、コロムビア大学、ハーバード大学院を経て、化学者となった頭脳明晰な博士で、先述したように1965年にウッドワード・ホフマン則を発表し、1981年にそれが認められてノーベル化学賞を受賞している。
 一方ではこれまでに6冊の詩集を発表。「O2 Oxygen」「Should've」、そして本作「Something That Belongs to You」と3作の戯曲を発表している。
 ホフマンはソ連の支配下、ナチス・ドイツの支配下と激動するウクライナに生まれ、ホロコーストを生き延びた人間であり、その壮絶な経験がこの舞台「これはあなたのもの 1943−ウクライナ(Something That Belongs to You)」には込められている。

 物語の舞台は1992年の米国・フィラデルフィア。ホフマンを投影したとみられるエミール(吉田栄作)は母親のフリーダ(八千草薫)と渡ってきたここ米国で内科医として成功し、心理学者である妻タマール(保坂知寿)や、娘ヘザー(万里紗)、息子ダニー(田中菜生)に囲まれて幸せに暮らしている。フリーダも体が弱ってはいるが、穏やかに同居生活を続けている。
 お互い仲がいいし、よくディスカッションする家族だが、おばあちゃんであるフリーダはウクライナにいたころの話や戦争の話をほとんど何も話さない。共に死線を潜り抜けてきたはずのエミールも同様で、フリーダに無理に問い詰めるようなこともしない。タブーになっているわけではないが、なにかアンタッチャブルな領域の話である雰囲気が家族の中には共通認識としてあった。
 それでも、子どもならではの率直さというか残酷さというか、ヘザーは学校で議論するためにホロコーストのことをいろいろと調べなくてはならず、経験のあるフリーダおばあちゃんから話が聴きたいとアピールする。
 深く話すことを避けるフリーダだが、徐々にその重い扉は開き始める。フリーダはぽつりぽつりと話し出した。

 物語は、フリーダやエミールの記憶の中にある1943年のウクライナへと行きつ戻りつしながら進んでいく。
 ウクライナでフリーダとエミールは、ナチス・ドイツがユダヤ人狩りをする中、ウクライナ人であるオレスコ氏の家の屋根裏にかくまわれていた。支配者であるナチス・ドイツにユダヤ人を差し出すウクライナ人もいる中で、オレスコ氏の行為は危険極まりないものだった。それでもかくまってくれたのだ。
 しかしフリーダは孫たちの前ではウクライナ人への憎しみを語ることが多かった。「助けてくれたのに憎いの?」。孫たちの疑問も当然だが、もっと複雑な事情と、フリーダ自身の心に影を落とすさまざまな要素があった。フリーダはウクライナ人のことを「ひとごろしども」と呼ぶのだ。そこまで思わせたものは何だったのか。

 そんな中、オレスコ氏の娘アーラ(かとうかず子)が米国で仕事を見つけ、ウクライナから渡って来るついでに、家を訪ねたいと手紙をよこした。フリーダに「渡さなくてはいけないもの」があるというのだ。
 ざわつくフリーダ、そしてエミール一家。物語は佳境を迎える…。

 これだけの複雑な話の筋を、観客が混乱しないように、戯曲に書き起こすホフマンの手腕は見事だ。しかも、一部のシーンを除いては、過去のウクライナでの出来事は、俳優が実際に演じるのではなく、記憶をたどるフリーダやエミールの言葉によって、観客の頭の中に投影されるのだ。あくまで舞台は1992年のフィラデルフィア。アーラが過去から持ち込む何かを持ってくるのもこの1992年のエミール一家の家なのだ。

 八千草はひとつひとつのせりふをそんなに激しく口にしているわけではないのだが、その封印した記憶の重々しさがあるからか、実にずしんと観客の心に響く説得力がある。
 吉田は、エミールの心の中の迷いの表現がうまい。表面的には穏やかで静かな父親然としているものの、母親に対する遠慮や配慮が過剰で、けっして健全とは言えない精神を抱いているエミールの深層部分での悩みも表現する。
 保坂はそんなエミールを深いところから引っ張り上げるタマールのキャラクターづくりがうまい。妻という立場ならもう少し夫に寄り添い過ぎてしまうかもしれないところが、心理学者という立場があるためか、普段から冷静、客観的に物事を見る癖がついているのか、情緒に頼りすぎない考えを率直に言う。このバランスが実にいいのだ。
 娘のヘザーを演じる万里紗は、自分の興味に忠実に質問攻めにしていくようなヘザーの無意識の率直さと、子どもには荷の重すぎる選択や葛藤に意識的に苦悩する姿、このふたつを若い身体の中に同居させる難しい演技を成功させている。息子ダニーを演じる田中菜生も、小さなころからディスカッションの教育を叩き込まれる米国の子どもたちの一員として恥ずかしくない態度を示すダニーのプライドとある種の背伸びをうまく表現している。田中はウクライナでの幼少時のエミールも演じているが、その無邪気さは観客の心に染みる。

 答えが見つからないエミールたちの家族に大きな変化をもたらす存在であるアーラを演じるかとうは、この家族が創り出した空気の中に途中から登場するわけで、その存在の仕方に苦労したであろうことは容易に想像できるが、遠い過去の記憶が溶かす長い年月がアーラとフリーダをゆっくりとしかしはっきりと結び付けていく、その過程の中に自然に身を置くたたずまいがなんとも言えず、感動を呼ぶ。

 ある種の会話劇、議論劇であるこの作品。しかしそこに言葉があふれかえらないのは、戯曲の中のあちこちに散りばめられた詩的な表現のおかげである。おそらくホフマンの詩人としての力と才能が大きく作用していることは間違いない。時には歌うようなせりふとして、時には述懐として、時には詩そのものとして…。鵜山の言葉を大切にする演出と組み合わされた時の相互作用は、作品の完成度の高さに大きく影響を与えている。

 舞台「これはあなたのもの 1943−ウクライナ」は6月15〜25日に東京・初台の新国立劇場小劇場で上演される。5月18日から6月4日にかけて、東京・小平、石川県七尾市、兵庫県西宮市、愛知県多治見市、愛知県知立市でも上演された。

 上演時間は、2時間20分(休憩15分を含む)。

★チケット情報(東京公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。


andyhouse777 at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----ストレートプレイ

2017年06月19日

【News】 SMAPの稲垣・草・香取が事務所を退社へ、中居は残留(2017)

 解散した人気アイドルグループ「SMAP」のメンバー、稲垣吾郎、草剛、香取慎吾の3人が今年9月に契約が切れる所属事務所ジャニーズ事務所を退社することが明らかになった。中居正広は事務所に残留する。事務所が発表したと国内のほとんどのメディアが6月19日報じた。

 当ブログにも今回の決定をめぐってさまざまな情報が入って来ていますが、信ぴょう性の確認に時間がかかるため、現時点では各メディアの転電にとどめます。後日精査した上でお伝えできるものがあれば、お伝えします。

andyhouse777 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【Report】 日本初演30周年の「レ・ミゼラブル」スペシャルカーテンコールで伝説のキャスト・現役バルジャンら150人が大集結、創作コンビも登場で最後は観客総立ち(2017)

 5月から東京・丸の内の帝国劇場で上演されているミュージカル「レ・ミゼラブル」が6月17日、日本初演からちょうど30周年の日を迎え、鹿賀丈史や鳳蘭、前田美波里、島田歌穂、別所哲也、今井清隆ら歴代の伝説的キャストをはじめ、岸祐二、坂元健児、山崎育三郎、安崎求、今拓哉、岡幸二郎、宮川浩、藤田朋子、岩崎宏美ら「レ・ミゼラブル」をきっかけにスターへの階段を上っていった俳優ら、そして今回の2017年公演にも出演している森公美子、鈴木ほのかや現役のメンバーの一部、アンサンブルでかつて参加したOBOGの人たち、成長した加藤清史郎ら子役のOBOGも加わり、本公演終了後に150人もの俳優・関係者が参加するスペシャルカーテンコールイベントが開かれた。しかも途中からはロンドン・シンガポール・ドバイなどの公演で活躍中のファンテーヌ役女優、パトリス・ティポーキが歌唱披露。脚本のアラン・ブーブリルと作曲のクロード=ミッシェル・シェーンベルクも登場し、シェーンベルクのピアノ演奏で新旧のジャン・バルジャン役が歌の共演をする夢のような場面もあり、盛りだくさんの趣向に最後には帝国劇場に残った観客全員が立ち上がる未曽有のスタンディングオベーションが繰り広げられた。
 ミュージカル「レ・ミゼラブル」は2017年5月25日〜7月17日に東京・丸の内の帝国劇場で、8月1〜26日には福岡市の博多座で、9月2〜15日には大阪市のフェスティバルホールで、9月25日〜10月16日には名古屋市の中日劇場で上演される。5月21〜24日はレビュー公演が行われた。

★伝説的ジャン・バルジャン役俳優(写真提供/東宝演劇部)
伝説バルジャン大写し17A_0027

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★ミュージカル「レ・ミゼラブル」2017年公演公式サイト

 「レ・ミゼラブル」は文豪ヴィクトル・ユゴーが1862年に発刊したあまりにも有名な小説。当時、世界的な規模で破格のベストセラー&ロングセラーになった。現代に至るまで世界の名作文学の一角を占めているこの小説を、ミュージカル「キャッツ」で知られていたキャメロン・マッキントッシュがミュージカル化、1985年にロンドンで初演の幕を開けた。その後の「ミス・サイゴン」とともに、脚本のアラン・ブーブリルと作曲のクロード=ミッシェル・シェーンベルクの代表作となった作品だ。
 米国ブロードウェイに続き、日本でも1987年から上演がスタート。日本は世界でも有数の熱狂的な「レ・ミゼ」ファンを持つ国。非英語圏で初めて「レ・ミゼラブル」を受け入れた国として、日本はオリジナルスタッフたちに最も重要視、そして尊敬されている国のひとつだ。

 フランス革命後も混迷が続いていた19世紀初頭のフランスの激動する社会情勢を背景に、罪と罰の物語、革命の真実、したたかに生きる民衆の力、究極の愛、神と人間の関係などが描かれる作品。せりふを含めて、すべてが音楽と歌で表現される。日本に根付いた数々のミュージカルの中でも特にリピート率が高い「くせになる」ミュージカルとも言える。
 鹿賀丈史、滝田栄、山口祐一郎、別所哲也、村井国夫、内野聖陽、島田歌穂、本田美奈子、笹本玲奈、新妻聖子、知念里奈、岩崎宏美、坂本真綾、安奈淳、シルビア・グラブ、マルシア、早見優、純名りさ、野口五郎、石川禅、岡田浩暉、藤岡正明、石井一孝、山崎育三郎、駒田一、阿知波悟美、森公美子、原田優一、福井貴一、上原理生、昆夏美ら日本のミュージカル界の歴史を見ているような俳優陣が代々演じ継いできた作品だ。

 30周年を迎えた今年2017年の公演では、今週、記念の特別なカーテンコールが行われてきたが、この日は最終日。歴代のキャスト紹介や歌唱披露、インタビューなどたっぷり1時間以上をかけての集大成的な記念イベントとなった。

 冒頭、通常の劇中では1幕の最後で、登場人物たちがそれぞれ全く別の思惑を抱きながら明日を歌う「ワン・デイ・モア」を鹿賀丈史や鳳蘭、前田美波里、島田歌穂、別所哲也、今井清隆ら歴代の伝説的キャストをはじめ、現役キャストも含めたさまざまな組み合わせで披露。まさしく時空を超えた大共演となった。

★スクリーンに映る歌詞が感動をよみがえらせる「レ・ミゼラブル」日本初演30周年スペシャルカーテンコール(写真提供/東宝演劇部)
歌詞映りメイン17A_0015

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★歴代マリウス(写真提供/東宝演劇部)
マリウス3人17B_0009

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★かつてガブローシュを熱く演じた加藤清史郎(中央)も成長した姿を見せた(写真提供/東宝演劇部)
加藤清史郎17A_0412

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 OBOGも含めたキャストらの紹介が終わると、司会者からバトンタッチされた森公美子と岡幸二郎が進行役・聞き手を務めるインタビュータイムとなった。
 1987年の日本初演から参加している鹿賀丈史は日本初演の1年近く前から稽古が始まったことを振り返り、その初日に向けて美しいセットや照明プランが完成していくのを目の当たりにしたことを語る。「俳優は仮縫いをして衣裳を作ってもらうのですが、ファスナーやマジックテープは一切使わずに、ボタンは1個1個止めるという手作りの(雰囲気の)中で、初日を迎えました」
 そしてこの日の公演について語り「勢いがわれわれの時より増していた」と称賛すると同時に、「これもわれわれが始めたことです」と、日本における「レ・ミゼラブル」のルーツ俳優である誇りを口にした。

★インタビューに答える鹿賀丈史(写真提供/東宝演劇部)
鹿賀丈史17A_0460

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 2003〜2011年にジャン・バルジャン役で出演した別所哲也は、その鹿賀の日本初演を見て「ぜひ出てみたいと思った作品なんです」と打ち明ける。
 日本初演の1987〜2001年にエポニーヌ役を務めた島田歌穂は「今でも初日の感動と興奮を思い出します」と語り、ロンドンに世界の「レ・ミゼラブル」キャストを集めて行われた一大イベントでエリザベス英女王の前で歌唱したことを「本当に夢のような経験でした」と振り返った。島田と親交の深い司会役の森は「まだまだマダム・テナルディエ役とかありますよ」と自身が今回の公演で演じている役を挙げ「お待ちしておりますよ」といざなった。

★インタビューに答える島田歌穂(写真提供/東宝演劇部)
島田歌穂インタ17B_0335

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 1997〜1999年にマダム・テナルディエ役で出演していた前田美波里は「指がうずくんです」と自身の指をさするが、実はそれはかつて「レ・ミゼラブル」出演中に骨折した指。「きっと指が(皆さんに)言ってよと言ってるんですね」と前田は微笑み、「これも人生の中での思い出です。大切にしていきたいです」と結んだ。

★インタビューに答える前田美波里(写真提供/東宝演劇部)
前田美波里インタ17A_0053

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 同じくマダム・テナルディエ役に初演の1987年から1988年と、1995〜2001年と断続的に出演した鳳蘭は、宝塚歌劇団を退団してまだ男役のイメージが残っている時期の出演だったために、子ども(コゼット)をいじめる役柄にショックを受けたファンから「鳳さんがそんな人だとは思わなかった」と手紙が来たエピソードを紹介し、「来世はコゼットやります」と笑わせた。

★インタビューに答える鳳蘭(写真提供/東宝演劇部)
鳳蘭インタ17A_0484

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 1994年にマリウスを演じた宮川浩は、「舞い上がりやすいタイプなので、何も覚えていないですね」と苦笑する。
 初演の1987年から1988年にマリウス、2007〜2009年にテナルディエを演じた安崎求は「レ・ミゼラブル」の舞台にハンガーがついたままの衣裳で登場した失敗エピソードを「告白」。「気を付けてください」と後輩に呼びかけたが、森に「たぶん(そんな人は)いないと思いますよ」と一蹴された。
 2007〜2013年にマリウス役で出演した山崎育三郎は「最初の『ハ・ハン』から最後の『ハァー』まで全部歌える」ほどの「レ・ミゼ」オタクであることをデビュー当時から自認しており、オーディションで歌う指定曲が「カフェ・ソング」だけだったのにも関わらず、演出のジョン・ケアードに「全部(すべての曲を)何も見ないで歌えます」と猛烈アピール。「そう言ったら合格しました」と情熱が奏功した出発点を語った。
 森からは「ジャン・バルジャンも狙えるし、ジャベールも」と「レ・ミゼラブル」復帰をうながされると、「頑張ります!」と元気に答えていた。

★オーディション秘話を披露した山崎育三郎(写真提供/東宝演劇部)
山崎育三郎17A_0513

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 日本初演のコゼットの後、ファンテーヌ、そして今回はマダム・テナルディエと役を極めつつある鈴木ほのかは、「鳳蘭さんの役ができるなんて。皆さんのおかげです。ありがとうございます」と感激の面持ちだった。
 日本初演の1987〜1988年と1997〜2001年にファンテーヌ役で出演した岩崎宏美は、出ない音域があったために苦労したエピソードを語り、観客らを驚かせた。

★インタビューに答える岩崎宏美(写真提供/東宝演劇部)
岩崎宏美インタ17B_0408

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 2007年にファンテーヌ役を演じた渚あきはオーディションで役の気持ちを表現してみてと言われて号泣してしまったエピソードを披露。絶対にダメだと思っていたら合格したものの、その後3次審査で、演出のジョン・ケアードには「なんで僕の前では泣かないんだ」と言われたそう。
 1987年の日本初演「レ・ミゼラブル」が初舞台の藤田朋子は「このオーディションに受からなかったら、いまだに路頭に迷っていたと思います」と、女優人生における「レ・ミゼラブル」の重要さを強調する。「レ・ミゼラブル」の舞台が終わってから受けたNHKの連続テレビ小説のオーディションに合格。1988年に「ノンちゃんの夢」に主演して、一躍国民的女優への道を歩むわけで「いままで続けてこられたのは、私みたいなちっぽけな人を舞台の上に持ってきてくれたからなんです。ありがとうございます」と感謝を口にした。

★インタビューに答える藤田朋子(写真提供/東宝演劇部)
藤田朋子インタ17B_0419

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 小此木まりは、1994年に8歳でリトル・コゼット役として「レ・ミゼラブル」に出演したのが初ミュージカル。「本当に感謝しています」と微笑んだ。

 レジェンドキャストへのインタビューが終わって、舞台に登場したパトリス・ティポーキはファンテーヌの歌う人気曲「I Dreamed a Dream」を披露。現在「レ・ミゼラブル」の公演が行われている英国・ロンドンとブラジルの出演メンバーから、お国ごとの趣向を凝らした心温まるお祝いのビデオメッセージがスクリーンに映し出された。また脚本のブーブリルや、「ミス・サイゴン」の公演会場にいる作曲のシェーンベルクとプロデューサーのサー・キャメロン・マッキントッシュのメッセージも流された。

★感動的な歌声で歌唱披露したパトリス・ティポーキ(写真提供/東宝演劇部)
パトリス・ティポーキ17A_0090

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 そして観客はここで夢のような瞬間に誘われる。そのブーブリルとシェーンベルクが舞台に登場したのだ。

★観客の拍手に応えるアラン・ブーブリル(写真提供/東宝演劇部)
アラン・ブーブリル17A_0590

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★「レ・ミゼラブル」日本初演30周年スペシャルカーテンコールに登場したクロード=ミッシェル・シェーンベルク(写真提供/東宝演劇部)
シェーンベルグ17A_0595

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 日本初演についてブーブリルは「よく覚えています」と話す。「日本語訳詞を担当された岩谷時子さんとたくさんたくさんディスカッションをしたことを覚えています」と振り返り、初日に観劇に来ていた当時の皇太子(現在の平成天皇)と説明役としてフランス文学やユゴーの話をたくさんしたことを披露した。
 そして「30周年の舞台に立てるとは、皆さんのおかげです」と感激の様子だった。

 シェーンベルクはロンドン公演を観に来たコゼット役の斉藤由貴とディナーを共にした席で、斉藤から「ユキ・サイトウ、コゼットやるの、ノーノーノー」と言われた秘話を紹介。理由を聞くと斉藤は「コゼットはマリウスとキスするが、私はそれができません」と答えたため、妥協案として「ほっぺにキス」を提案したのだという。
 ファンを裏切りたくない斉藤由貴のなんともほほえましいエピソードで、当時のファンが聞いたら、胸がきゅんきゅんしそうだ。

★シェーンベルクによるこの日のためのスペシャルバージョンで披露された名曲「彼を帰して」。自らピアノ演奏にあたった(写真提供/東宝演劇部)
シェーンベルグピアノ演奏17A_0158

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 インタビューを終えたシェーンベルクは、そのままピアノの前に座り、スペシャルバージョンの「彼を帰して Bring Him Home」を演奏。
 舞台の上手下手からは、鹿賀丈史、別所哲也、今井清隆に加えて、今回の2017年公演でジャン・バルジャン役をトリプルキャストで務めている福井晶一、吉原光夫、ヤン・ジュンモの3人が登場。6人のジャン・バルジャン俳優による夢の共演となった。
 鹿賀の説得力のある語り口、別所のスケールの大きい歌唱、そして今井の深みのある声、そんなレジェンド俳優たちの熱唱に負けない生き生きとした歌唱を披露する現役バルジャン3人の歌声も頼もしい限りだ。

★新旧バルジャンが夢の共演(写真提供/東宝演劇部)
彼を帰して夢の共演17A_0147

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★別所哲也(左)と鹿賀丈史の共演(写真提供/東宝演劇部)
別所鹿賀共演17B_0524

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 そして最後はやはり「民衆の歌」。特別バージョンで演奏、歌唱されただけでなく、スクリーンに映った歌詞を見て、観客も大声で大合唱。涙を流しながら歌っている女性もいて、舞台上の俳優やクリエイターたちにもそれが伝わったのか、いつにも増して力強い「民衆の歌」になっていた。

★「レ・ミゼラブル」日本初演30周年特別カーテンコールの最後には、観客とともにキャスト全員で「民衆の歌」を大合唱(写真提供/東宝演劇部)
民衆の歌全員17B_0145

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 特別カーテンコールの終演後、報道陣の囲み取材に応じたのは、福井、吉原、ヤンの現役バルジャン3人に加え、鹿賀、島田、鳳、岩崎の日本初演出演組と別所、今井。
 鹿賀は「最初に作った(者たちの)気持ちを若い人たちが受け継いでくれて、一緒に歌うことができました。今日は本当にいい時間でした」と満足げ。別所は「お客さんの中には3世代にわたって観てくださっている方もいる。私もぜひ娘にはこの作品を観てもらいたいと思っています」と「レ・ミゼラブル」への思いを語る。今井は「演出のジョン・ケアードは『この作品はスターがつくるミュージカルじゃなくて、スターを創り出すミュージカルだ』と言っていました。たくさんのスターが生まれて各方面で頑張っていますし、30年経ってもこの作品のパワーは衰えない。この場に居られて幸せです」と微笑んだ。
 島田は「生涯感謝し続ける作品です」とし、「両親に見せることができた日本初演初日の感動は今でも忘れられません。これからも40年、50年に向かって、どんどんどんどんいい舞台を、作品の感動を届けていってもらいたいなと思います」と話す。岩崎は観劇していた現皇后の美智子さんから「あなたの年齢で母親役をやることは私にとっても誇りです」と言われて涙が止まらなかったというエピソードを紹介した。鳳は「今日はお客様が感動しているのがひしひしと伝わって来て、客席と舞台がひとつになれました。私も出演できて本当に幸せです」と特別な特別な時間であったことを明かした。

★「レ・ミゼラブル」日本初演30周年で囲み会見に応じる現役のジャン・バルジャン役俳優とレジェンドキャストら。左から吉原光夫、ヤン・ジュンモ、福井晶一、別所哲也、鹿賀丈史、今井清隆、島田歌穂、岩崎宏美、鳳蘭(写真提供/東宝演劇部)
囲み全員横一線17B_0227

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 吉原は鹿賀にあこがれて劇団四季に入り、劇団の映像室で鹿賀の舞台映像を何度も見ていた事実を明かし、先輩だった今井の背中も追ってきたと話す。そして別所は吉原にとって2011年の「レ・ミゼラブル」で同じ役を分かち合った先輩。「そんな人たちとこの1週間一気に同じ舞台に立てたということは、僕にとっては神の恵みというか幸せをいただいたという感じがしています」と話す。ヤンは「韓国には30年も続いているミュージカルがないのでうらやましい気持ちもあります」と語り、福井は「歴史や重みを感じますし、みんながこの作品を愛しているんだなということを感じたこの1週間でした」とスペシャルウィーク全体を振り返った。

★「レ・ミゼラブル」日本初演30周年で囲み会見に応じる現役のジャン・バルジャン役俳優。左から吉原光夫、ヤン・ジュンモ、福井晶一。この3人がこの衣装でそろうことはほとんどないという(撮影・阪清和)
レミゼ30周年現役バルジャン横並びIMG_2475補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 鹿賀は30年前の初日(1987年6月17日)の記憶について問われ、「もちろん覚えています」ときっぱり。「一生懸命稽古したせいでそんなに緊張することもなく、結構伸び伸びやった気がします。今日の方がよっぽど緊張しました」と笑顔を見せた。
 30周年の舞台に呼ばれるとは思っていなかったとし、「観客の方と感動を分かち合い、逆に力をもらえて幸せでした」と感慨深げに語る。
 別所は「彼を帰して Bring Him Home」の歌唱を振り返り、「蘇るものがたくさんありました。スペシャルな編曲で、このために作られたものだったのでとても僕にとって思い出に残るものになりました」と語る。今井は「キーが転調して、いつもより高い声を出さなきゃいけなくて、慌てて練習しました。うまくいって良かったです」と安どの表情を見せた。

 鹿賀は現役バルジャンへのアドバイスを求められると、「アドバイスなんかとんでもないです。素晴らしいです。僕らも一生懸命やっていましたけど、今の方々は力強くて、あったかくて、熱がね、すごく熱いものがありますので」と高く評価。「今日、若い連中の演じ、歌っている姿を見て、逆に力をいただいた気がします。お客さまも熱い方々で感動して帰られました。本当に幸せな30周年でした」と締めくくった。

 ミュージカル「レ・ミゼラブル」は2017年5月25日〜7月17日に東京・丸の内の帝国劇場で、8月1〜26日には福岡市の博多座で、9月2〜15日には大阪市のフェスティバルホールで、9月25日〜10月16日には名古屋市の中日劇場で上演される。5月21〜24日は帝国劇場でプレビュー公演が行われた。

★チケット情報(東京公演福岡公演大阪公演名古屋公演)=東京公演は全日程全席完売です。福岡公演・大阪公演・名古屋公演も最新の残席状況はご自身でお確かめください



andyhouse777 at 03:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Report 

2017年06月18日

【News】 ビヨンセが双子を出産と米誌報道(2017)

 米国の歌手、ビヨンセ(Beyonce)が双子を出産したもようだ。複数の米芸能メディアが報じたとAFP電などが伝えている。夫は大物ラッパーのジェイ・Z(Jay Z)。2人の間には2008年の結婚後、5歳になる娘、ブルー・アイビー(Blue Ivy)ちゃんが生まれており、彼女に次ぐ第2子、第3子となる。性別は不明。

★AFPBBNews

 AFP電によると、最初に報じたのは米誌ピープル(People)とUSウィークリー(US Weekly)。

 ビヨンセは妊娠が判明した際には写真投稿サイト「Instagram」に、ランジェリー姿でふっくらとしたお腹に両手を添える自らの写真を公開。ジェイ・Z(Jay Z)と連名で「We would like to share our love and happiness. We have been blessed two times over. We are incredibly grateful that our family will be growing by two, and we thank you for your well wishes.(私たちの愛と幸福を皆さんにシェアしたいと思います。私たちは2倍の神の祝福を受けた。家族が2人増えることをとてもうれしく思い、皆さんの祝福に感謝します)」と喜びを綴っていた。


andyhouse777 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 第9回AKB48選抜総選挙は指原莉乃が圧勝で3連覇達成、奪還逃した渡辺麻友は年内卒業を表明、宮脇咲良は奪首宣言(2017)

 49枚目シングルのセンターを決める第9回AKB48選抜総選挙が、6月17日夕方から夜にかけて、沖縄県豊見城市の同市中央公民館で開かれ、一昨年渡辺麻友から第1位の座を奪い返したHKT48兼STU48の指原莉乃が今年も第1位となり、選抜総選挙初の3連覇を達成した。2位には返り咲きを悲願としていた渡辺麻友が、3位にはSKE48の松井珠理奈が入り、昨年と同じトップ3となった。3位以内を目指していた宮脇咲良は惜しくも4位となったが、6位だった昨年より2つも順位を上げ、次世代センターの最有力候補が存在感を見せつけた。5位には速報段階でトップに立ち注目されていたNGT48の荻野由佳が入り、6位には須田亜香里が入り、昨年の7位からひとつ順位を上げた。グループ総監督の横山由依は7位に滑り込み、念願の「神7」入りを初めて果たした。毎年注目されるスピーチでは驚きの発言が続出。渡辺麻友は年内でのAKB48からの卒業をサプライズ発表。宮脇咲良は来年の第1位奪取をいきなり宣言した。また、突然「結婚します」と宣言したメンバーもいた。AKB48の象徴とも言える前田敦子、大島優子という2大絶対的エースもなしえなかった連覇という快挙を昨年達成した指原莉乃が今年も断トツの24万票あまりを獲得し、他を圧倒する結果となった。指原は今回が最後の総選挙と位置付けており、渡辺も卒業するため、来年以降は大波乱が予想される。

 事前に悪天候が予想されたことで、総選挙イベントの前に開催予定だった「AKB48グループコンサート」の屋外公開イベントは中止。今回の開票イベントは観客なしでテレビ中継となった。野外イベントの中止をめぐっては一部のファンに混乱を招いたため、横山と指原がファンに謝罪する場面もあった。

 選抜メンバーの順位と票数は以下の通り。

 1位=指原莉乃=246376票/2位=渡辺麻友=149132票/3位=松井珠理奈=113615票/4位=宮脇咲良=82803票/5位=荻野由佳=73368票/6位=須田亜香里=63124票/7位=横山由依=58314票/8位=惣田紗莉渚=52475票/9位=岡田奈々=48143票/10位=北原里英=45684票/11位=高橋朱里=42663票/12位=白間美瑠=41491票/13位=本間日陽=41230票/14位=古畑奈和=40202票/15位=高柳明音=38576票/16位=吉田朱里=35540票

andyhouse777 at 04:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 ジョン・G・アヴィルドセン監督が死去、『ロッキー』『ベスト・キッド』で弱者逆転のカタルシス描く(2017)

 『ロッキー(Rocky)』や『ベスト・キッド(The Karate Kid)』などのシリーズ映画を手掛けた米国の映画監督、ジョン・G・アヴィルドセン(John Avildsen)が、米国西部時間6月16日、膵臓がんのため米ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターで死去した。81歳だった。ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)が長男の話として報じているとAFP電などが伝えている。


★AFPBBNews

 アヴィルドセン監督は1935年、イリノイ州オークパーク出身。CM業界から映画界に入り、低予算映画を数多く制作していたが、1970年代に入って頭角を現し、1973年の『セイブ・ザ・タイガー』(日本未公開)では、ジャック・レモンにアカデミー主演男優賞をもたらす快挙を成し遂げ一気に注目監督となった。
 しかし、さらに監督の名を有名にしたのは、1976年公開の『ロッキー』。社会的に弱い立場の人々が才能や幸運で成功する物語が得意だったアヴィルドセン監督の真骨頂とも言える作品で、ハングリーなシルヴェスター・スタローン(Sylvester Stallone)の魅力を全開させた。映画は超低予算だったが、空前の大ヒットとなり、スタローンはスターに。シリーズ化された『ロッキー』のうち、『ロッキー5/最後のドラマ(ROCKY V)』でも監督を務めた。

 米国で巻き起こった空手ブームを背景につくられた1984年の『ベスト・キッド(原題 The Karate Kid)』は、いじめられていた少年がいじめっ子たちとの決着を2カ月後の少年空手選手権でつけることになり、どこからともなくあらわれたアパートの老管理人ミヤギから空手の極意を学ぶというストーリーが受け、大ヒットした。
 『ベスト・キッド』はシリーズ化され、3作目までアヴィルドセン監督が監督を務めている。ミヤギ役の日系米国人俳優、ノリユキ・パット・モリタは一躍人気者になり、シリーズ全作に出演した。

 スタローンは、16日夜から17日にかけて、自身の写真投稿サイト「Instagram」に追悼文を投稿。「The great director John G. Avildsen Who won the Oscar for directing Rocky! R. I. P. I'm sure you will soon be directing Hits in Heaven- Thank you , Sly(『ロッキー』を監督してオスカーを獲った偉大なジョン・G・アヴィルドセン監督、どうぞ安らかに。近いうちにきっと天国でも大ヒット作を監督されると私は確信しています。ありがとう。スライ(スタローンさんの愛称)より 」と心を込めた言葉を贈った。

★シルヴェスター・スタローンの写真投稿サイト「Instagram」公式アカウント



andyhouse777 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2017年06月16日

【News】 アダム・ウエストを追悼しロサンゼルス市庁舎にバットマンマークをライトアップ(2017)

 米国時間6月10日に白血病との闘いの末88歳で亡くなったテレビシリーズ「怪鳥人間バットマン(Batman)」の主人公バットマン役俳優、アダム・ウェスト(Adam West)を追悼しようと、米ロサンゼルスで15日、市のシンボルの一つである市庁舎にバットマンのマークをライトアップするイベントが開かれた。AFP電や米メディアが伝えた。「バットマン」の物語の中では、事件が起きてバットマンに助けてほしい時は、ゴッサムの警察署に設置されたサーチライトを照射し、夜空にバットマンマークを浮かび上がらせることなっていることから、それを模した追悼パフォーマンス。



★AFPBBNews

 AFP電によると、追悼式典にはエリック・ガルセッティ(Eric Garcetti)ロサンゼルス市長、ロサンゼルス市警のチャーリー・ベック(Charlie Beck)氏が出席。
 テレビシリーズや映画版のコスチュームを着たウエストやバットマンのファン数百人も集まったという。

★エリック・ガルセッティロサンゼルス市長が点灯した


★映画やドラマではこんなふうにサーチライトを照射するのがお約束


 ウエストは1960年代前半までは端役に甘んじていたが、1966年の「怪鳥人間バットマン Batman」で主役に抜擢され、国民的スターに。このドラマをもとに同じ1966年に映画化された『バットマン オリジナル・ムービー Batman』でも主演した。

 DCコミックスで生まれた「バットマン」は、映画では1940年代から既に映像化されていたが、「怪鳥人間バットマン Batman」は初めてのテレビドラマ化作品。同年の映画化作品でも主演しており、その後のバットマンのベースを作った功労者と言える。

★市庁舎前に集まったファンら


andyhouse777 at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 「イマジン」の共作者にオノ・ヨーコを追加(2017)

1971年の発表以降、ジョン・レノン(John Lennon)の楽曲とされてきた「イマジン(Imagine)」の共作者として、妻で現代アート作家、オノ・ヨーコ(Yoko Ono)の名前が加えられることが決まったことが明らかになった。全米音楽出版社協会(National Music Publishers Association)が米国東部時間6月14日発表したとAFP電などが報じている。レノンは暗殺される直前の1980年のインタビューで、オノ・ヨーコのコンセプチュアル・アートブック「グレープフルーツ」の文章から「イマジン」の着想を得たことを明かしており、「『イマジン』は、レノン/オノの曲としてクレジットされるべきだった」と発言している。



 「イマジン」発表時のクレジットには、レノンと共同プロデューサーとしてオノ・ヨーコとフィル・スペクターの名前が記されているが、作詞作曲者はジョン・レノンの名前だけ。

 「イマジン」がこのほど、「世紀の歌(センテニアル・ソング)」に選出され、米ニューヨークで14日に開催されたイベントでオノ・ヨーコと息子のショーン・レノン(Sean Lennon)がトロフィーを受け取るためにステージに登場した際に、楽曲共作者としてオノ・ヨーコがソングライターに追加されることが突然アナウンスされたという。
 イベントでは、先述した英BBCによるインタビュー映像も流されたという。

 オノ・ヨーコは自身のTwitter公式アカウントで全米音楽出版社協会に対して謝意を述べている。

★オノ・ヨーコTwitter公式アカウント



andyhouse777 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News=速報】 野際陽子が死去、「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」「TRICK」で活躍したインテリ女優の先駆者(2017)

 「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」「TRICK」など数え切れないほどの人気ドラマに出演してきた女優、野際陽子(のぎわ・ようこ)が、肺腺がんのため13日に亡くなっていたことが15日分かった。81歳だった。通夜や葬儀は既に親族だけで済ませた。緊急入院が報じられていたが、15日になって主要メディアが相次いで訃報を伝えた。テレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」にメインキャストとして出演中で、台本変更など何らかの対応がとられるもよう。



 1936年、富山県内で生まれ富山市内で育つ。中学校から東京の立教に進み、大学卒業後、NHKにアナウンサーとして入局。名古屋局で災害報道にあたった他、東京に移ってからは番組の司会なども務めた。
 1962年、いったん広告代理店にプレゼンテーション係として勤めたが、フリーになり女優業に専念。1963年7月にTBS系単発ドラマ「悲の器」(同年9月のTBS系テレビドラマ「赤いダイヤ」とする説もあり)で俳優デビューすると、当時の日本では珍しい知的なセンスと語学力を持った女優として注目され、パリ留学も経験。1968〜1973年に放送されたTBS系「キイハンター」での元女スパイ役で大ブレークした。

 1970年代後半から1980年代にかけては、時代劇にも幅広く出演し、1992年に息子(佐野史郎)を溺愛する母親の役で出演したTBS系連続ドラマ「ずっとあなたが好きだった」で再び大ブレーク。以降「ダブル・キッチン」「浅見光彦シリーズ」などのドラマで着物を着た母親の役が続いた。

 1990年代以降はテレビ朝日系ドラマ「味いちもんめ」の料亭「登美幸」の女将、吉武小百合役や、テレビ朝日系連続ドラマ「TRICK」シリーズでの主人公山田の母親、里見役、主人公が東山紀之演じる渡辺小五郎に変わって以降(藤田まことが演じる中村主水も2009年版までは登場)の「必殺仕事人」シリーズでの小五郎の嫁の母(姑)渡辺こう役、テレビ朝日系連続ドラマ「DOCTORS〜最強の名医〜」シリーズでの院長、堂上たまき役が特に注目された。
 NHK連続テレビ小説では「京、ふたり」「ほんまもん」「ゲゲゲの女房」と3回もナレーションを務めている。

 私生活では、「キイハンター」で共演した千葉真一さんと1973年に結婚。94年に離婚するまでの21年間、カレーや夫婦旅のCMで共演し、夫婦を演じ続けた。

 今年は4月3日に放送が始まった往年のトップスター総出演のテレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」に主要キャストとして出演していた。

 近年、早期の肺がんが見つかり、治療に成功したが、2015年に再発して手術を受けるなどしていた。復帰後も元気に仕事を続けていたが、今年5月になって体調が悪化し、「やすらぎの郷」の撮影からいったん離れていた。

 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


andyhouse777 at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2017年06月14日

【活動報告】 阪清和オフィシャルサイトに共同通信社時代のインタビュー実績を掲載しました(2017)

 わたしく阪清和が2013年まで30年半在籍していました共同通信社(主に東京本社文化部と大阪支社文化部)でのインタビュー実績のリストを掲載しました。
 【ミュージシャン】【俳優=女優】【俳優=男優】【クリエイター】の各ジャンルごとにまとめています。

 仕事を依頼してくださる企業の方や、依頼を検討されている方々から最もよく聞かれる点の一つですので、掲載させていただきました。

13


★KIYOKAZU SAKA OFFICIAL=インタビュー実績紹介ページ

 音楽分野では、JPOPを中心にロック、洋楽、ジャズ、ワールドミュージック、歌謡曲、演歌、アイドル、純邦楽まで幅広くインタビュー。中島みゆき、松任谷由実、井上陽水、吉田拓郎、細野晴臣、南こうせつ、桑田佳祐、山下達郎、小田和正、坂本龍一、サザンオールスターズ、ドリーム・カムズ・トゥルー、CHAGE&ASKA、忌野清志郎、槇原敬之、松本隆、布袋寅泰、高橋真梨子、渡辺真知子、徳永英明、杏里、郷ひろみ、スピッツ、太田裕美、小林武史、平井堅、山崎まさよし、矢野顕子、浜崎あゆみ、佐久間正英、山下洋輔、コブクロ、つんく、Gackt、PUFFY、甲斐よしのり(順不同、敬称略)といった超大物をはじめ、音楽界のレジェンドとも言える早川義夫、岡林信康(順不同、敬称略)にもインタビュー。ミッシェル・ガン・エレファント、ブランキー・ジェット・シティ、ザ・イエローモンキー、EGO-WRAPPIN’ 、ゆらゆら帝国、クラムボン(順不同、敬称略)といったマニア垂涎のミュージシャンにも話を聞き、当時インタビューが難しいとされていた鬼束ちひろ、電気グルーヴ、Misia、UA、Cocco、ピチカート・ファイヴ(順不同、敬称略)からも貴重な言葉を引き出すことに成功しました。
 中山美穂、小泉今日子、松浦亜弥、内田有紀、荻野目洋子、上原多香子、斉藤由貴(順不同、敬称略)ら時代ごとのトップスターにもインタビューしたほか、モーニング娘。やAKB48などのアイドルグループにもお話が聴けています。
 また昭和史を彩ってきた雪村いづみ、菅原洋一、小林亜星、西城秀樹、田端義夫、二葉百合子、淡谷のり子、村田英雄、ペギー葉山、橋幸夫、弘田三枝子、北島三郎、森進一(順不同、敬称略)の各氏には時代の証言の数々や初めて聴くようなお話も伺えました。氷川きよし、香田晋、神野美伽、大月みやこ、中村美律子、香西かおり、山川豊、長山洋子(順不同、敬称略)らには演歌の神髄に触れるお話をしていただいています。

 洋楽は担当期間が短かったにもかかわらず、オノ・ヨーコ、ジャクソン・ブラウン、ジョージ・マーティン、シェリル・クロウ、アラニス・モリセット、イエス、ブリトニー・スピアーズ、リッキー・マーティン、マキシ・プリースト、エリック・カルメン(順不同、敬称略)らそうそうたる方々にインタビューすることができました。

 女優では、森光子、吉永小百合、十朱幸代、池内淳子、浅丘ルリ子、草笛光子、高橋恵子、渡辺美佐子、由美かおる、大竹しのぶ、黒柳徹子、宮沢りえ、仲間由紀恵、永作博美、今井美樹、浅野ゆう子、和久井映見、大地真央、高岡早紀、安田成美、斉藤由貴、真矢みき、藤原紀香、三田和代、麻実れい、夏木マリ、水野美紀、田中美奈子、木の実ナナ、吉行和子、田中美佐子、賀来千香子、水野真紀、木村佳乃、米倉涼子、葉月里緒奈、鳳蘭、松下由樹、高畑淳子(順不同、敬称略)ら芸能界の実績を残されてきた方々から、長澤まさみ、北川景子、綾瀬はるか、戸田恵梨香、宮あおい、桐谷美玲、佐々木希、深田恭子、堀北真希、高畑充希、優香、伊東美咲、安倍なつみ、内山理名、平野綾、笹本玲奈、村川絵梨、池脇千鶴、高橋愛(順不同、敬称略)ら若手を引っ張っている第一線の旬な方々まで幅広くお話をうかがいました。

 男優では、仲代達矢、松本幸四郎、森繁久弥、江守徹、橋爪功、野田秀樹、柄本明、野村萬斎、寺尾聰、唐沢寿明、志村けん、小日向文世、竹中直人、船越英一郎、江口洋介、生瀬勝久、平田満、中村橋之助(当時)、市川亀治郎(市川猿之助)、堺正章、井上順、かまやつひろし、森本レオ、渡辺徹、古谷一行、吉田栄作、後藤ひろひと、國村隼、坂口憲二、牧伸二、ジェリー藤尾、ラサール石井(順不同、敬称略)ら俳優界を支える重鎮の方々から、妻夫木聡、小栗旬、藤原竜也、草剛、稲垣吾郎、中居正広、福士誠治、宮藤官九郎、松本潤、二宮和也、滝沢秀明、向井理、相葉雅紀、市原隼人、長塚圭史、佐藤隆太、内野聖陽、石丸幹二、山崎育三郎、成河、城島茂、井ノ原快彦、森田剛、丸山隆平、北山宏光、武田真治、八島智人、山田孝之、及川光博、柳家花緑、浦井健治、杉浦大陽、山本耕史、上原理生、瀬戸康史、渡部豪太、矢野聖人、西島隆弘、柳下大、桐山照史(順不同、敬称略)ら人気と実力を兼ね備えた中堅・若手の方々まで、世代を限定することなく、お話を聴かせていただきました。

 その他、演出家や劇作家、脚本家、映画監督、タレントの方々も、蜷川幸雄、タモリ、野田秀樹、三谷幸喜、アン・リー、ジャック・ペラン、倉本聰、野沢尚、森田芳光、青島幸男、栗山民也、鵜山仁、ケラリーノ・サンドロビッチ、横内謙介、前川知大、蓬莱竜太、本谷有希子、三浦大輔、前田司郎、江本純子、わかぎゑふ、上田誠、河原雅彦、鄭義信、謝珠栄、小野寺修二、長塚圭史、岡村俊一、辻真先、赤塚りえ子、古舘伊知郎、高田文夫、小山内美江子、杉本清、なぎら健壱、梨元勝(順不同、敬称略)とジャンルレスにインタビューしてきました。
 漫画家は世代を問わず、やなせたかし、ちばてつや、松本零士、藤子不二雄A、永井豪、秋本治、楳図かずお、サトウサンペイ、江口寿史、モンキーパンチ、森田まさのり、三田紀房、高井研一郎、北見けんいち、古谷三敏、安野モヨコ、羽海野チカ、二ノ宮知子、中原アヤ、こうの史代、CLAMP、ひうらさとる、漆原友紀、牧美也子(順不同、敬称略)と創作の秘密についてインタビュー。作詞・作曲の分野でも船村徹、遠藤実、なかにし礼、石本美由紀、平尾昌晃、服部克久(順不同、敬称略)らから貴重なお話をうかがいました。

 もちろん、2014年のエンタメ批評家・インタビュアー・ライター・アナウンサー・ブロガー・MCとしての独立後も各方面で数々のインタビューを手掛けております。近日中に独立後のインタビュー実績についても追加掲載する予定です。

 なお、現時点でのインタビュー総数は約2500人です。
 詳しくはインタビューリストをご覧ください。

andyhouse777 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★活動報告 

2017年06月13日

【Report】 サローヤンの舞台「君が人生の時」が開幕(2017)

 人生の哀歓を心情あふれるタッチで描き出す稀代の劇作家、ウィリアム・サローヤンの代表作「君が人生の時」が、V6の坂本昌行と野々すみ花らの出演で幕を開けた。20世紀前半という悲しみの時代にあって、逆境の中でも誠実に前向きに生きた人々の人生模様を描く世界的名作の上演を前に、坂本ら出演者4人が会場の新国立劇場中劇場で囲み会見に応じた。
 舞台「君が人生の時」は6月13日〜7月2日に新国立劇場中劇場で上演される。

★舞台「君が人生の時」の一場面。右から丸山智己、野々すみ花(撮影・阪清和)
IMG_2418男野々丸山3人補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★舞台「君が人生の時」公演情報

 サローヤンは1934年にデビューし、戯曲や映画台本を書いていたが、1938年から1939年にかけてブロードウェイで発表した「わが心高原に」と「君が人生の時」が相次いで当たり、一躍時の人に。ピュリッツァー賞に選ばれたが辞退した。
 「君が人生の時」は、サンフランシスコの波止場近くの場末の酒場が舞台。何で生計を立てているのかもまったく分からないイケメンの流れ者ジョ―(坂本昌行)は、毎日のようにその酒場の一角に陣取っては、入れ替わりたちかわり現れる人々を観察している。哲学者や警官もいれば娼婦や港の労働者も。人生の縮図のようなその場所に居続けるジョーの目的がまったく見えてこない。店に通ううちジョーの弟分になったトム(橋本淳)や、元女優だというキティ(野々すみ花)、酒場のマスターのニック(丸山智己)らを中心に過ぎていく時間が描かれていく作品だ。

★舞台「君が人生の時」に出演する3人。左から橋本淳、野々すみ花、丸山智己。主なキャストにはほかに坂本昌行、木場勝己がいます(撮影・阪清和)
IMG_2452橋本野々丸山並びセッション補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 坂本は演じるジョーを「ミステリアスでベールに包まれている役」と表現する。「お酒を飲みながらいろんな人を観察して、いろんな人と交流して自分の喜びに変えている男」だそうで、ずっと座っての演技が多いが、クールでスマートな演技も見どころになる。
 野々はキティを「夢がいっぱい詰まっている女性」ととらえる。マスター役の丸山は「ずっとみんなを見続けている」と役の勘どころをとらえ、橋本は「純粋で素直な、少年のような青年の役を演じます」とトムをみている。

★舞台「君が人生の時」の一場面。キティを魅力的に演じる野々すみ花(撮影・阪清和)
IMG_2437野々グラス補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 「とらえどころのない作品だった」と当初の印象を打ち明ける坂本だが、「でも、ひとつひとつ紐解いて、歴史を探っていくと、非常に温かい作品。激動の時代に移民とかなんとか関係なくみんなが酒場に集まって触れ合える温かさが一番の魅力だと感じました」と変化を語った。

 坂本にとっては、俳優もすべて初共演、宮田慶子新国立劇場演劇部門芸術監督の演出も初めて、新国立劇場中劇場で上演する芝居も初めてという初めて尽くし。しかしよくディスカッションをするカンパニーだったそうで、「初めの1週間はそれだけでしたね」(坂本)というほど。しかも自分の役のことだけを調べるのではなく、みんなでひとつひとつの役に付いて調べ合う雰囲気が出来ていたという。「役者さんの作品への向き合い方が素晴らしいと感じました」と坂本は驚きを隠さなかった。「プロの現場はこういうところだ」と思ったという。

★舞台「君が人生の時」の一場面。キティ(野々すみ花)(撮影・阪清和)
IMG_2412野々補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 野々は坂本のことを「いい意味でニュートラルな方」という。しかしいったん芝居の中に入ってしまうと「一瞬目が合っただけでも、いろんなものを発してくださる大きな方」と信頼を寄せている様子。それに対して坂本は野々と橋本を指し、「この2人ほんとに真面目なんですよ」という。「ダメ出しがあったら悩んで、すごく集中していく。僕も悩む方ですが、僕以上にすごいです」
 橋本は恐縮しつつ「坂本さんの背中を見てやっていければ。それに本番になって楽しめればいいいですね」と微笑む。V6としての坂本は小学生のころから見ていたため、最初に稽古場で会った時はアイドルを見るようなイメージだったようだが、「立ちげいこで座っている坂本さんを見て、『あ、これはジョ―だな』と思った」という。「たたずまいを既に創り上げていらっしゃいました」と感心する。

★舞台「君が人生の時」の一場面。トムを演じる橋本淳(撮影・阪清和)
IMG_2400橋本1人補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 丸山も坂本を「ストイック」と表現。しかも「周りへの気づかいやリスペクトがにじみ出ていて、尊敬すべき座長です」と言うが、坂本から「用意してきた(コメントだ)な」と突っ込まれる始末。

★舞台「君が人生の時」の一場面。マスターのニック(丸山智己、右)とキティ(野々すみ花、左)(撮影・阪清和)
IMG_2410野々丸山ふたり補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 坂本は観客が本作を観るにあたり、「人生の中で自分が一番輝ける、素直になれる瞬間っていつだろう、と考えていただけたらいいと思います」と話した。「心が通い合える温かい作品になっていますので、劇場に足を運んでください」

 舞台「君が人生の時」は6月13日〜7月2日に新国立劇場中劇場で上演される。

【Cast】
坂本昌行 / 野々すみ花 / 丸山智己 / 橋本淳 / 下総源太朗 / 沢田冬樹 / 中山祐一朗 / 石橋徹郎 / 枝元萌 / 瀬戸さおり / 渋谷はるか / RON×II / かみむら周平 / 林田航平 / 野坂弘 / 二木咲子 / 永澤洋 / 寺内淳志 / 坂川慶成 / 永田涼 / 一柳みる / 篠塚勝 / 原金太郎 / 木場勝己

★チケット情報はこちら=最新の残席状況はご自身でお確かめください


andyhouse777 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Report 

【News】 最も稼ぐセレブ今年の1位はラッパーのディディ、ビヨンセとJ.K.ローリングが続く(2017)

 毎年前年の6月から1年間の推定年収をもとに発表される米経済誌「フォーブス」の「世界で最も稼ぐセレブ100」リスト(著名人長者番付)で、米国のラッパー兼音楽プロデューサー、ディディ(Diddy)ことショーン・コムズが推定1億3000万ドル(約143億円)で首位に輝いたことが分かった。前年トップだった米国の歌手テイラー・スウィフト(Taylor Swift)は昨年の1億7000万ドル(約175億円)から4400万ドルに減り、49位に後退した。フォーブスが米国時間6月12日に発表したと米メディアやAFP電、ロイター電などが報じた。コムズの収入急増の理由は、バッド・ボーイ・ファミリーのリユニオンツアーや、ファッションブランド「ショーン・ジョン」の売り上げ、シロック・ウオッカとのパートナー契約などで多角的なビジネス展開が奏功したようだ。特に、うち7000万ドル(約77億円)は、自身のアパレルブランド「ショーン・ジョン(Sean John)」の株式の3分の1を売却したことによるものだった。



★AFPBBNews
★REUTERSNews

 メディアの報道を総合すると、2位は1億500万ドル(約115億円)でビヨンセ(Beyonce)。アルバム「レモネード」のヒットやワールドツアーなどの収入だ。夫の大物ラッパー、ジェイ・Z(Jay Z)も55位に入った。

 3位はファンタジー小説「ハリー・ポッター」の原作者J.K.ローリング(J.K. Rowling)の9500万ドル(約104億円)で、本編シリーズ終了を受けて新たに始まったスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の収入と昨年立て続けに発売した電子ブックの収入などとみられている。

★今年のトップ3。左から2位のビヨンセ、1位のディディ、3位のJ.K.ローリング


 AFP電によると、以下は、カナダのヒップホップ歌手ドレイク(Drake)やサッカーポルトガル代表選手のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)、カナダのR&B歌手「ザ・ウィークエンド(The Weeknd)」らが僅差で続いているという。

andyhouse777 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報
★★仕事のご依頼は★★
 2014年1月をもって正式にフリーランスとなりました。映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどエンターテインメント全般に関する批評、インタビュー、取材、ニュース・コラム・エッセイなどの記事執筆、司会進行、ナビゲート、企画などでお役に立てることがありましたら、ぜひとも声をかけてください。      仕事依頼専用アドレスは    sevenhearts@spa.nifty.com
ページ別順位(2014年8月4日現在)=直接リンクはされていませんので、各ページへ行くには、タイトルをコピーして下かトップ右の記事検索欄にペーストして検索してください
<01> Endless SHOCK 2014(21907)
<02> 太陽2068(9402)
<03> Endless SHOCK 2013(8821)
<04> なにわ侍 ハローTOKYO!!(8399)
<05> 直木賞芥川賞2013前期候補作決まる(5734)
<06> ソング・ライターズ(4968)
<07> 第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞にリリー・フランキー(4586)
<08> MIWA(3890)
<09> 「そして父になる」に世界から熱視線(3590)
<10> 「カッコーの巣の上で」舞台版が小栗旬主演で開幕(3316)
<11> 抜目のない未亡人(2862)
<12> マーガレット(2641)
<13> PLAYZONE → IN NISSAY(2550)
<14> 高校中パニック!小激突!!(2213)
<15> ストリッパー物語(2132)
<16> ダディ・ロング・レッグス=2014(2059)
<17> 刑事ドラマの殉職特集を放送(2049)
<18> 殺風景(1952)
<19> 今ひとたびの修羅(1818)
<20> ムサシ ロンドン・NYバージョン(1791)
<21> ムサシ ロンドン・NYバージョン=2014(1791)
<22> 「レ・ミゼラブル」と「アルゴ」にGグローブ賞(1760)
<23> かもめ(1725)
<24> 頭痛肩こり樋口一葉(1693)
<25> レディ・ベス(1665)
<26> イン・ザ・ハイツ(1637)
<27> 私が黄金を追う理由(1593)
<28> ジャック再び降臨「24」最新シリーズ放送開始(1592)
<29> 木の上の軍隊(1522)
<30> 国民の映画(1517)
<31> 2013前期芥川賞に藤野可織、直木賞に桜木紫乃(1315)
<32> ショーシャンクの空に(1280)
<33> ジャニーズ2020ワールド(1228)
<34> A.B.C座2013 ジャニーズ伝説(1178)
<35> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜=2014(1116)
<36> DREAM BOYS JET(1113)
<37> 「愛の渦」映画化(1087)
<38> 「ピトレスク」の稽古場公開(1085)
<39> 「レディ・ベス」世界初演ついに幕開け(1065)
<40> BACK STAGE(1047)
<41> 金閣寺(1028)
<42> シスター・アクト(990)
<43> レ・ミゼラブル(958)
<44> THE BIG FELLAH(953)
<45> 「天才執事ジーヴス」でウエンツと里見が名コンビに(952)
<46> 半沢直樹(923)
<47> もらとりあむタマ子(918)
<48> ザ・ワーズ 盗まれた人生(875)
<49> Holidays 休暇(862)
<50> ロスト・イン・ヨンカーズ(816)
<51> ミュージカルベストテンの選考投票に参加(804)
<52> ロンサム・ウエスト(787)
<53> 花嫁と父つなぐピアノ、盛岡のCMが話題(785)
<54> クリプトグラム(779)
<55> うかうか三十、ちょろちょろ四十(761)
<56> 奇跡の7人「THE BIG FELLAH」に集う(755)
<57> シレンシオ(695)
<58> アルトナの幽閉者(652)
<59> 筧利夫が世界最新演出版の初回を無事完遂(637)
<60> ネクスト・トゥ・ノーマル(635)
<61> ザ・ビューティフル・ゲーム(624)
<62> 私のダーリン(618)
<63> LOVE CHASE !!(599)
<64> SHOCK1000回達成(591)
<65> つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜(589)
<66> 第86回日本アカデミー賞主演女優賞に真木よう子(575)
<67> 天翔ける風に(574)
<68> 愛の渦(572)
<69> 恋と音楽(569)
<70> モンテ・クリスト伯(551)
<71> ストロベリーナイト(549)
<72> 半沢直樹 その2(530)
<73> 第86回日本アカデミー賞主演男優賞に松田龍平(520)
<74> ベネチア金獅子賞に「サクロ・グラ」(513)
<75> 第86回日本アカデミー賞助演女優に真木よう子(498)
<76> 韓国版「家政婦のミタ」はチェ・ジウ主演(494)
<77> 米経済紙が半沢直樹特集、英語で倍返しは?(493)
<78> 第150回芥川賞直木賞候補作決まる(492)
<79> ライクドロシー(477)
<79> エニシング・ゴーズ(477)
<81> 太鼓たたいて笛ふいて(475)
<82> マイ・フェア・レディ(465)
<83> 屋根の上のヴァィオリン弾き(458)
<84> 秋のソナタ(450)
<85> ABC座2014ジャニーズ伝説(439)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<88> 渇いた太陽(436)
<89> 雨と夢のあとに(435)
<90> マンマ・ミーア!(429)
<91> 晩餐(426)
<91> マイケル・ジャクソンの新曲8曲入り新譜発売へ(426)
<93> 声(423)
<94> Tribes(417)
<95> ジェニファー・ローレンスがショートヘアーに(408)
<96> Paco〜パコと魔法の絵本〜from『ガマ王子vsザリガニ魔人』(403)
<97> 名もない祝福として(396)
<98> テンペストを白井晃演出で(395)
<99> ジャニーズ・ワールド(390)
<100> 半沢直樹 その3(383)
<101> 「シェルブールの雨傘」5年ぶり再演へ(378)
<102> 音のいない世界で(375)
<103> テイク・ディス・ワルツ(369)
<104> 組曲虐殺(364)
<104> 春琴(364)
<106> 「レ・ミゼラブル」は6/21発売(361)
<106> 「国民の映画」再演決定(361)
<108> ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(348)
<109> レ・ミゼラブル新演出版(347)
<110> 関数ドミノ(346)
<111> NO MORE 映画泥棒新バージョン(342)
<112> ピアフ(339)
<113> 海辺のカフカ◆archive◆(338)
<114> 007ファッション南青山で公開(334)
<114> 北島三郎、座長公演も最後と表明「引退ではない。歌い続ける」(334)
<116> 野田秀樹の「MIWA」に豪華俳優が集結(331)
<117> ロンドンでマティスの切り紙絵展始まる(330)
<118> ハリウッド白熱教室(322)
<119> リトルマーメイド(320)
<120> ぴんとこな(316)
<121> トガニ 幼き瞳の告発(313)
<122> カンヌバルムドールに「アデルの人生」(309)
<123> 脳男(305)
<124> トニー賞は「キンキーブーツ」(301)
<125> 赤鬼(299)
<126> BRAVE HEARTS 海猿(293)
<127> 「レディ・ベス」開幕前にトークイベント(291)
<128> 「オペラ座の怪人」完結編ついに日本初演へ(290)
<129> 第86回日本アカデミー賞作品賞に「舟を編む」(286)
<130> 取材・執筆した「殺風景」PR記事が掲載されました(281)
<131> ナタリー・ウッド事故死ではない可能性(278)
<131> 第86回日本アカデミー賞監督賞に石井裕也(278)
<133> 「海辺のカフカ」再演決定(277)
<134> 真夏の方程式(273)
<135> ハーベスト(269)
<135> 第21回読売演劇大賞は森新太郎(269)
<137> 4 four(268)
<137> 日の浦姫物語(268)
<139> iSAMU(258)
<140> ウルトラマリンブルー・クリスマス(254)
<140> 「風立ちぬ」公式上映で瀧本美織が存在感を発揮(254)
<142> トニー賞2014Ms作品賞(251)
<142> 進化するミス・サイゴン7月から世界最新演出で日本公演(251)
<144> ワイルド・スピード EURO MISSION(249)
<145> 半沢直樹第2回は21.8%で大台乗り(245)
<146> 小さいおうち(244)
<147> てんぷくトリオのコント(243)
<148> 「スクルージ」開幕、市村正親が意欲(242)
<149> 第67回カンヌ国際映画祭が開幕、長澤まさみも登場(241)
<150> アジア温泉(230)
<151> スター・トレック イントゥ・ダークネス(229)
<152> 「シスター・アクト」に個性派ずらり(226)
<152> 河瀬直美「2つ目の窓」公式上映で12分の鳴り止まぬ拍手(226)
<154> 片鱗(225)
<155> ジョン万次郎の夢(223)
<156> 白い夜の宴(221)
<157> 台湾の超美形ボーカルバンド人気、日本に到達(216)
<157> 野田秀樹の「赤鬼」気鋭の演出家・俳優で上演中(216)
<159> ウィズ〜オズの魔法使い〜(215)
<160> ビトレスクキャスト陣一体感強調(214)
<160> 戦隊ヒロイン「女子ーズ」にときめく5女優集結(214)
<162> GODZILLA ゴジラ(212)
<163> 第151回芥川賞直木賞候補作決まる(211)
<164> マクベス(207)
<164> ムーミン生んだトーベ・ヤンソン生誕100周年迎える(207)
<166> サウンド・オブ・ミュージック(205)
<167> テレ東が「不明者」を大捜索中(202)
<167> 「エッグ」再演決定、初の海外パリ公演も実現(202)
<169> 舟を編む(201)
<170> 蝋燭の灯、太陽の光(199)
<170> アナ雪の「スリラー」ダンス映像が大反響(199)
<172> 満天の桜(196)
<172> レッド・ツェッペリンがリマスター版収録の未発表曲2曲公開(196)
<174> ジェーン・エア=映画(193)
<175> さいあい シェイクスピア・レシピ(188)
<175> トニー賞2014Ms助女賞(188)
<177> ダディ・ロング・レッグス追加公演決定(181)
<178> 図書館戦争(180)
<179> KREVAの音楽劇再演、各界から逸材結集(179)
<180> ザ・フルーツ(178)
<181> 八月の鯨(176)
<182> 魔女の宅急便(173)
<182> 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ミュージカル日本初演へ(173)
<184> G・グローブ賞録画放送(172)
<184> 100回泣くこと(172)
<186> プラチナデータ(170)
<187> テルマエ・ロマエ供168)
<187> 第86回アカデミー賞のノミネート作決まる(168)
<189> オブリビオン(167)
<189> キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(167)
<191> あなたがここにいればよかったのに(166)
<192> ジェーン・エア=舞台(162)
<192> さよならドビュッシー(162)
<194> 華麗なるギャツビー(161)
<194> 藁の楯(161)
<194> ポール・ウォーカー急逝の波紋広がる(161)
<197> 異国の丘(160)
<197> 8月31日〜夏休み最後の日〜(160)
<197> 追悼 大瀧詠一(160)
<197> 安室奈美恵の洗練されたマッシュアップ映像が話題(160)
<201> ホロヴィッツとの対話(159)
<201> ヒトミ(159)
<203> 半沢直樹第6回も29.0%と好調維持(158)
<203> 初音ミクオペラにパリが熱狂(158)
<203> 中古LPからマービン・ゲイのパスポート発見(158)
<206> エッグ(156)
<206> 「ショーシャンクの空に」舞台化決定(156)
<208> J・K・ローリングの新作に34歳のハリー・ポッター登場(155)
<209> サビタ稽古場イベント(154)
<210> 風立ちぬ(151)
<210> 村上春樹、2013年のノーベル文学賞逃す(151)
<210> 追悼 やしきたかじん(151)
<213> 半沢直樹第5回は29.0%と続伸(150)
<214> The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(146)
<215> さよなら渓谷(145)
<215> WILCO(145)
<217> 新国立劇場2014-15ラインナップ発表(144)
<217> 「メリー・ポピンズ」の裏側描く映画初上映(144)
<219> トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2(143)
<220> 半沢直樹最終回は42.2%とミタ超え、関西は歴代最高(142)
<221> ダチョウ課長の幸福とサバイバル(141)
<222> ベネチア女優賞(140)
<223> 中学生円山(139)
<224> 大事なはなし(138)
<224> 「I'll be back」で大論争(138)
<224> 宮本亜門がドンペリPartyのショー演出(138)
<227> ナミヤ雑貨店の奇蹟(137)
<227> ケイティ・ペリーが着物パフォーマンス(137)
<227> 県庁おもてなし課(137)
<230> カンヌ審査員にキッドマンと河瀬直美ら(135)
<231> 任侠ヘルパー(134)
<231> レディー・ガガ、涙の訳はマネージャーとの決別?(134)
<231> 鬼才ラース・フォン・トリアーの最新作は超過激 !(134)
<234> 客家(133)
<234> その夜の侍(133)
<236> トニー賞2014Ms主女賞(131)
<237> 半沢直樹第3回は22.9%で今年ドラマトップ(130)
<237> DREAM BOYS(130)
<237> 米ゴールデン・グローブ賞ノミネート作決まる(130)
<240> 第39回菊田一夫演劇大賞にレミゼのキャスト&スタッフ(129)
<240> 海峡の光(129)
<242> 悪霊(128)
<243> シェイクスピア生誕450年記念上演始動、ハムレットは北朝鮮にも巡演へ(126)
<244> トニー賞2014MsRV作品賞(125)
<245> ミス・サイゴン(124)
<246> ザ・スーツ(123)
<246> フィリップ・シーモア・ホフマンが急死(123)
<246> 陽だまりの彼女(123)
<246> 共喰い(123)
<246> 「ドラえもん」英語吹き替え版は日米文化研究に興味深いヒント数々(123)
<251> 半沢直樹第4回は27.6%に急伸(122)
<251> ベルリン金熊賞(122)
<251> ミス・サイゴン=2014(122)
<251> 南京錠の橋ポン・デザール一部崩壊(122)
<255> 思い出を売る男(121)
<256> ダディ・ロング・レッグス(120)
<257> ずっと二人で歩いてきた(119)
<257> 横道世之介(119)
<259> 新・幕末純情伝(118)
<260> カウラの班長日記sideA(117)
<261> 無明長夜(116)
<261> ガラパコスパコス(116)
<263> 第86回米アカデミー作品賞に「それでも夜は明ける」(115)
<264> 半沢直樹に幻のラストシーン、DVD&Blu-rayに収録へ(114)
<264> 虚像の礎(114)
<264> 渡辺謙が「王様と私」でブロードウェイデビューへ(114)
<267> 大奥〜永遠〜【右衛門佐・綱吉篇】(112)
<268> 半沢直樹第9回は35.9%とさらに上昇(111)
<268> 地獄でなぜ悪い(111)
<268> トニー賞2014Ms助男賞(111)
<268> ピンク・フロイド10月の20年ぶりのアルバム発売を正式発表(111)
<272> ハムレット(109)
<272> ロックアウト(109)
<274> アカデミー助演女優賞はアン・ハサウェイ(108)
<274> 闇金ウシジマくん(108)
<274> 授業(108)
<274> 東京国際映画祭サクラグランプリは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」(108)
<278> トニー賞2014PRV作品賞(107)
<278> トニー賞2014Ms主男賞(107)
<278> リチャード3世の墓と断定(107)
<378> 鍵泥棒のメソッド=舞台版(107)
<282> 半沢直樹第7回は30.0%と壁突破(105)
<282> ソチの脱出ヒーローまたも閉じ込め(105)
<282> 東京タワーはGW特別ライトアップ中(105)
<285> サ・ビ・タ日本版来春再演決定(104)
<285> 米アカデミー賞最注目は9歳の少女(104)
<285> 日本舞台美術家協会が7年ぶり展覧会開催(104)
<288> エンロン◆archive◆(103)
<288> つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(103)
<288> そして父になる(103)
<291> みなさん、さようなら(101)
<292> レミゼ衣装を東京3都市で展示(100)
<293> アルゴ検証番組日本初放送(99)
<294> 「荒野の七人」新吹き替え版放送(97)
<294> 五輪色の東京タワーを月も見に来た?(97)
<296> キングコングの巨大ロボ公開(96)
<296> 手のひらの砂漠(96)
<296> 第151回芥川賞は柴崎氏、直木賞は黒川氏(96)
<299> 釣りバカ全作品をWOWOWが一挙放送へ(95)
<299> アナと雪の女王(95)
<301> ラ・マンチャの男(94)
<302> ジャニス・ジョプリンがハリウッドの殿堂入り(93)
<302> 初めてなのに知っていた(93)
<304> るろうに剣心(92)
<304> THEMANZAI2013優勝はウーマンラッシュアワー(92)
<304> トニー賞2014P主男賞(92)
<304> ピンク・フロイドが10月に20年ぶりのアルバム発売か(92)
<308> ベネチア最終盤情勢(91)
<308> 獣の柱まとめ*図書館的人生<下巻>(91)
<308> 第86回米アカデミー賞総まくり(91)
<308> SONG&DANCE60感謝の花束(91)
<312> 夢売るふたり(90)
<312> アカデミー主演女優賞はジェニファー・ローレンス(90)
<312> 建てましにつぐ建てましポルカ(90)
<312> 半沢直樹DVD&Blu-ray発売は12/26(90)
<312> 赤塚不二夫のココロ展〜2015年は生誕80周年なのだ!〜(90)
<312> 地下室の手記(90)
<312> 昭和レストレイション(90)
<312> チェ・ジウとクォン・サンウ、11年ぶり共演ドラマ「誘惑」スタート(90)
<320> 撫で撫で(89)
<321> 僕等がいた(89)
<322> 集金旅行(88)
<323> リトルマエストラ(88)
<323> ワイルド・スピード第7作の製作休止へ(88)
<323> ベルリン女優賞に黒木華(88)
<323> カンヌ女優賞はジュリアン・ムーア(88)
<323> 東京タワーがサムライブルーに(88)
<323> ワイルド・スピード第7作撮影再開、急死のポール部分は実弟2人で補充(88)
<329> 日本記者クラブ個人D会員になりました(87)
<329> インポッシブル(87)
<331> 鍵泥棒のメソッド=映画版(86)
<331> ルビー・スパークス(86)
<333> トニー賞2014P作品賞(85)
<334> 其礼成心中(84)
<334> キャロリング(84)
<336> ヘルタースケルター(83)
<336> 魔女とたまごとお月様(83)
<337> 第20回全米映画俳優組合賞はアメリカン・ハッスル(81)
<338> 「スター・ウォーズ」6作を一挙放送へ(80)
<339> カンヌグランプリにコーエン兄弟(79)
<339> 日本アカデミー賞作品賞は桐島、(79)
<339> メモリーズ・コーナー(79)
<339> 凶悪(79)
<339> 自動改札やスマホで光るネイル発売へ(79)
<344> 半沢直樹第8回は32.9%とさらに上積み(77)
<344> 第67回カンヌ国際映画祭まもなく開幕(77)
<346> 来訪者(76)
<346> AKB48総選挙2014渡辺麻友が初の1位指原は2位に陥落柏木3位(76)
<348> カンヌ監督賞にアマト・エスカランテ(74)
<348> ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン(74)
<348> ベネチア銀獅子賞(74)
<348> 未成年モデル保護法案が米上下院通過(74)
<348> ツナグ(74)
<348> 最も稼いだ女優はアンジョリーナ・ジョリー(74)
<348> 東京震度5弱、都心は無事です(74)
<348> ユーミンの音楽×演劇コラボ、第2弾は比嘉愛未とW主演(74)
<356> ヴィンセント・ギャロが日本映画に出演(73)
<356> 暗いところからやってくる(73)
<358> カンヌ男優賞にブルース・ティーン(72)
<358> 世界の名刑事が大集結(72)
<358> 新しい靴を買わなくちゃ(72)
<358> キャプテン・フィリップス(72)
<358> 三鷹で昭和の名優作品続々上映(72)
<363> スター・ウォーズ最新作にハン、ルーク、レイアの3俳優出演決定(71)
<364> 最強のふたり(70)
<364> 大島優子が紅白でAKB48卒業宣言(70)
<364> 傷心のミック、復活待つ世界(70)
<364> 錬金術師(70)
<364> 当ブログのFBページいいね2000件達成(70)
<369> プロメテウス(69)
<370> スターウォーズ新シリーズ公開は再来年12/18(68)
<370> ポール・ウォーカーが事故死(68)
<370> トニー賞2014P主女賞(68)
<373> トム・ハンクスの陪審員まさかの強制終了(67)
<373> 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(67)
<375> ロバート・プラントがツェッペリン再結成を完全否定(66)
<375> 無欲の人(66)
<375> 宇宙兄弟(66)
<378> アカデミー作品賞はアルゴ(65)
<378> ライフスタイル体操第一(65)
<380> ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。(64)
<380> 「風と共に去りぬ」の続編について作者が手紙で返答していた(64)
<382> 臨場 劇場版(63)
<382> カンヌ最終盤情勢(63)
<382> ウィリアム・シェイクスピア(63)
<382> 多彩に変化する東京の空(63)
<382> マイティ・ソー、10月から性別を変更へ(63)
<387> ジェーン・エアその2(62)
<387> ヤバレー、虫の息だぜ(62)
<387> 東京家族(62)
<387> ポール・マッカートニー5月に再来日屋外ライブ(62)
<387> 三鷹市芸術文化センター星のホール(62)
<392> アカデミー主演男優にマシュー・マコノヒー(61)
<392> ブルージャスミン(61)
<392> 「アメリカントップ40」の名DJケーシー・ケイサムが死去(61)
<395> モンスターズクラブ(60)
<395> ダークナイト・ライジング(60)
<395> カンヌ女優賞にベレニス・ベジョ(60)
<398> バイトショウ(59)
<398> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜(59)
<400> アウトレイジビヨンド(58)
<400> タランティーノ脚本流出に怒り次回作中止?(58)
<400> 第150回直木賞に朝井と姫野、芥川賞に小山田(58)
<400> トニー賞2014P助男賞(58)
<404> 黄金を抱いて翔べ(57)
<404> ベネチア審査員大賞(57)
<404> ロンドンの劇場で天井崩落(57)
<404> マン・オブ・スティール(57)
<404> カンヌ2014審査委員長はジェーン・カンピオン監督(57)
<404> ハリソン・フォード宇宙に帰還(57)
<409> 潜水艇ボンドカー、8600万円で落札(56)
<409> ストーンズが豪NZツアー無期限延期(56)
<411> ザ・マスター(55)
<411> 世界にひとつのプレイブック(55)
<411> 「B・ジョーンズの日記」最新小説は恋するシングル・マザー(55)
<411> 学士会館(55)
<411> ビートルズの公式ドキュメンタリーを44年ぶりに制作へ(55)
<416> Gグローブ賞作品賞(54)
<417> のぼうの城(53)
<417> 芸劇リニューアル(53)
<417> セックス・ピストルズの心暖まるX'mas映像放送へ(53)
<420> モンティ・パイソン再結成へ(52)
<420> 三人姉妹(52)
<420> I’M FLASH !(52)
<420> カルティエのX'masアニメ公開(52)
<424> グッモーエビアン!(51)
<424> 日本レコード大賞はEXILE(51)
<424> アカデミー主演女優賞にケイト・ブランシェット(51)
<427> リンカーン(50)
<427> Gグローブ主演女優賞(50)
<427> プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(50)
記事検索
レ・ミゼラブル特設コーナー
★Blu-rayコレクターズBOX=amazonページ


★公式記録集「レ・ミゼラブル--舞台から映画へ」大型本
★大ヒットドラマ「半沢直樹」12/26発売!★
★DVD ★Blu-ray
あまちゃん特設コ-ナ-
★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-1


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-2


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-3
映画系DVD or Blu-ray
舞台系DVD or Blu-ray
楽天ショップへ
人気作品ランキング
参加中のブログ
J-CASTニュース
ninjatools tag