2023年09月30日

【舞台/MUSICAL】 ラグタイム(2023)

 まだジャズが成立する前に、黒人たちが模索していた音楽がある。それは「ラグタイム」。さまざまな方法で裏拍を強調することである種のずれを生み、独特の浮遊感を聴く者に感じさせる手法で、その後のジャズの成立、隆盛にも大きな影響を与えた。まるでこの手法を使ったような方法で、白人、黒人、移民と米国を構成する3つの要素が絡み合いながら現代へと変遷してきた歴史を綴った一大叙事詩のミュージカル「ラグタイム」がカナダでの世界初演から実に27年にしてようやく、日本人キャストによる日本初演として上演されている。移民の苦闘や、黒人の闘争史として描かれることも多いこれらの歴史をはじめからどの視点も漏らすことなく、大きなうねりとして描いたこの作品は圧倒的な説得力を持つだけでなく、日本のミュージカルをそれぞれの立場でけん引してトップに立ってきた石丸幹二と井上芳雄の演技の魂が初めての共演によってより磨き上げられ、米国の抱えてきた苦悩を鮮やかに表現。2人をよく知る安蘭けいとの屹立した関係性によって、物語の舞台となった時代や、初演時、いずれの時代にも負けない同時代性をたたえることに成功したのである。

 ミュージカル「ラグタイム」は、10月5〜8日に大阪市の梅田芸術劇場メインホールで、10月14〜15日に名古屋市の愛知県芸術劇場大ホールで上演される。それに先立って9月9〜30日に東京・日比谷の日生劇場で上演された東京公演はすべて終了しています。

★舞台写真はブログにのみ掲載しています

★無料のブログでの劇評は序文のみ掲載し、それ以降の続きを含む劇評の全体像はクリエイターのための作品発表型SNS「阪 清和note」で有料(300円)公開しています。なお劇評の続きには作品の魅力や前提となる設定の説明。石丸幹二さん、井上芳雄さん、安蘭けいさん、遥海さん、川口竜也さん。東啓介さん、土井ケイトさん、綺咲愛里さんら俳優陣の演技に関する批評や、藤田俊太郎さんの演出や舞台表現に対する評価などが掲載されています。場合によっては、スタッフワークについて言及することもあります。
https://note.com/sevenhearts/n/n7ec078b9b07d


【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無条件に無料でお読みいただけるサービスは原則として2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66278893.html


★ミュージカル「ラグタイム」の一場面。左から井上芳雄と遥海、石丸幹二、1人おいて後列右端が安蘭けい(写真提供・東宝演劇部)
TD_0453井上石丸みんな歌い上げ

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ラグタイム」の一場面。中央が石丸幹二、後列左端が安蘭けい(写真提供・東宝演劇部)
TC_0474監督一家座り

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ラグタイム」の一場面(写真提供・東宝演劇部)
TA_0131群舞

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ラグタイム」の一場面。遥海(左)と井上芳雄(写真提供・東宝演劇部)
TB_04512人赤ちゃん

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ラグタイム」公式サイト
https://www.tohostage.com/ragtime/index.html


 出演は以下の通り。

ターテ 石丸幹二

コールハウス・ウォーカー・Jr. 井上芳雄

マザー 安蘭けい

サラ 遥海

ファーザー 川口竜也

ヤンガーブラザー 東 啓介

エマ・ゴールドマン 土井ケイト

イヴリン・ネズビット 綺咲愛里

ハリー・フーディーニ 舘形比呂一

ヘンリー・フォード&グランドファーザー 畠中 洋

ブッカー・T・ワシントン EXILE NESMITH

新川將人、塚本直、木暮真一郎、井上一馬、井上真由子、尾関晃輔、小西のりゆき、斎藤准一郎、Sarry、中嶋紗希、原田真絢、般若愛実、藤咲みどり、古川隼大、水島渓、水野貴以、山野靖博(アンサンブルとして出演を予定していた宮島朋宏は、体調不良のため休演)

リトルボーイ(Wキャスト) 大槻英翔、村山董絃

リトルガール(Wキャスト) 生田志守葉、嘉村咲良

リトルコールハウス(Wキャスト) 平山正剛、船橋碧士


 スタッフは以下の通り。

🔶脚本=テレンス・マクナリー 🔶歌詞=リン・アレンズ 🔶音楽=スティーヴン・フラハティ
🔶翻訳〜小田島恒志 🔶訳詞=竜真知子

🔶演出=藤田俊太郎

🔶振付=エイマン・フォーリー 🔶音楽監督=江草啓太 🔶美術=松井るみ 🔶照明=勝柴次朗 🔶衣裳=前田文子 🔶音響=大野美由紀 🔶ヘアメイク=柴崎尚子 🔶映像=横山翼 🔶擬闘=栗原直樹 🔶指揮=田邉賀一 🔶歌唱指導=YUKA 🔶演出助手=守屋由貴/寺崎秀臣
🔶舞台監督=倉科史典

🔶プロデューサー=小嶋麻倫子/塚田淳一/江尻礼次朗

🔶宣伝美術=植田麗子(TOHOマーケティング) 🔶宣伝写真=渞忠之
 上演時間は、約3時間25分(休憩20分含む)。
 
 ミュージカル「ラグタイム」は、10月5〜8日に大阪市の梅田芸術劇場メインホールで、10月14〜15日に名古屋市の愛知県芸術劇場大ホールで上演される。それに先立って9月9〜30日に東京・日比谷の日生劇場で上演された東京公演はすべて終了しています。


★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse
★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620



★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なおジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a


★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。もちろん、このミュージカル「生きる」の劇評も収容されています。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて(例外あり)読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なおジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d




andyhouse777 at 21:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----ミュージカル

【お知らせ】 まもなくミュージカル「ラグタイム」の劇評を投稿します(2023)

 まもなくミュージカル「ラグタイム」の劇評を当ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」に掲載します。皆様からたくさんのご要望をいただいておりましたのに遅くなりまして申し訳ございません。まもなくです。いましばらくお待ちください。
 ちなみに、劇評は序文のみ無料で、全文を読む場合は初回のみ有料(300円)です。ご了承ください。写真は無料のブログでのみご覧になれます。

★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitter(現X)でお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse


★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog



andyhouse777 at 17:49|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★お知らせ 

【News=速報】 27年前の2パック銃殺犯を逮捕、ギャングがおいの報復、東西ヒップホップ抗争ではなかった(2023)*生前の写真満載、つらい方は見ないでください

 米・ラスベガスで1996年に発生し犯人が捕まらないまま謎に包まれていたラッパーの「2パック(ツーパック)」(本名トゥパック・アマル・シャクール)銃殺事件について、米国の警察当局は米国時間9月29日、ギャングの元リーダー、ドウェイン「ケフ・D」デイヴィス被告(60歳)を、1件の殺傷能力のある武器を使った殺人罪で逮捕し、ネバダ州の大陪審が29日に起訴したことが分かった。事件当時は東西海岸のヒップホップグループの対立が激化していたため、長らく両陣営の高僧に巻き込まれたとみられていたが、デイヴィス被告が、おいとトラブルになった2パックを報復のため銃撃したとみており、抗争とは無関係と判明した。

★2パック(1993年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/74308078' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★2パック(1994年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1336359794' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★2パック(1993年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/74308100' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★2パック(1994年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1125954899' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★BBCNews
https://www.bbc.com/japanese/66969606


 事件は、1996年9月7日に発生。2パックはラスベガスで横付けされた車から発砲を受けて亡くなった。25歳の若さだった。
 警察は、2パックとデイヴィス被告のおいのオーランド・アンダーソンさん(故人)がカジノでけんかになったことをつかんでおり、監視カメラには、アンダーソンさんが殴られている様子が映っていたという。警察は、このけんかが最終的に、シャクールさんに対する報復殺人につながったと説明している。

 2パックは1981年、デジタル・アンダーグラウンド(Digital Underground)のMCとして、グループの曲「Same Song」に参加。脱退後に2パックとしてソロ・デビューした。1992年には映画『ジュース』にも出演して俳優としても人気を得ていた。


andyhouse777 at 17:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2023年09月29日

【News=速報】 マイケル・ギャンボンが死去、『ハリー・ポッター』のダンブルドア校長役として世界的人気(2023)

 映画『ハリー・ポッター(Harry Potter)』シリーズの6作品で魔法学校ホグワーツ(Hogwarts)のアルバス・ダンブルドア(Albus Dumbledore)校長を演じ、世界的な人気を持つアイルランド出身の舞台俳優、マイケル・ギャンボン(Michael Gambon)が肺炎のため病院で死去したことが分かった。82歳だった。家族が英国時間9月28日に発表したとBBCやAFPなど欧米の主要メディアが報じた。『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングや主人公ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフやヒロインのハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンら共演者からの追悼が相次ぐなど、英国とアイルランドは悲しみに包まれている。(日本ではマイケル・ガンボンと表記されることが多かった印象がありますが、訃報の報道に際して、もっとも現地での発音に忠実と思われる英国のBBCガムマイケル・ギャンボンと報じているため、当ブログもBBCに倣います)

★マイケル・ギャンボン(2006年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1224444800' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★ダンブルドア校長を演じるマイケル・ギャンボン=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1258678997' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★AFPBBNews
https://www.afpbb.com/articles/-/3483861


★BBCNews

https://www.bbc.com/japanese/66956688


 アイルランドのダブリンで生まれ、幼いころ家族とロンドンに移住した。
 母国のダブリンで1962年、初舞台「オセロ」に出演。その後は俳優ローレンス・オリヴィエが率いていた創設間もないナショナル・シアターでさまざまな舞台に出演するなど舞台俳優として活躍。英国のの優れた商業演劇作品に与えられるオリヴィエ賞を3回受賞している。

 1980年以降はテレビ・映画にも進出。『ハリー・ポッター(Harry Potter)』シリーズには2作目までダンブルドア校長を演じていたリチャード・ハリスの2002年の死去にともなって役を引き継いだ。
 また、BBCのドラマ「歌う大捜査線」やITVのドラマ「メグレ警視」などに出演した。1989年の映画『コックと泥棒、その妻と愛人』では粗暴な大泥棒の頭目アルバートを怪演している。

 テレビ、映画、ラジオ、舞台で長年活躍し、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)による英国アカデミー賞(British Academy Film Awards)の男優賞をテレビ作品で4度受賞している。

 1998年にはナイトに叙され、サーの称号をつけて呼ばれたほか、俳優仲間からは「グレート・ギャンボン」とも呼ばれた。

 アイルランドのレオ・ヴァラッカー首相は「偉大な俳優だった。彼はベケットでも、(人気刑事ドラマでの)デニス・ポッターでも、ハリー・ポッターでも、すべての演技に全力を尽くした」と追悼するコメントを発表している。


andyhouse777 at 19:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2023年09月26日

【News=速報】 ソフィア・ローレンが自宅で転倒し腰を骨折、手術は無事成功(2023)

 イタリアの世界的俳優、ソフィア・ローレン(Sophia Loren)が今月9月24日にスイス・ジュネーブの自宅で転倒し、腰の骨を折るけがをしたことがイタリア時間25日に分かった。ローレンは89歳で、すぐに手術を受け、成功したという。命に別状はない。関係先のレストランチェーンが発表したとAFPが報じている。今後回復を待ってリハビリを行うとしている。

★ソフィア・ローレン(2001年撮影)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/71545578' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



andyhouse777 at 18:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2023年09月25日

【舞台/MUSICAL】 スリル・ミー(尾上松也・廣瀬友祐出演回)(2023)

 日本では犯罪の名前を人の名前で表現することはほとんどない。しかし米国をはじめとした欧米では、「〇〇殺人事件」というように犯人の名前を冠して事件名とする例がとても多い印象がある。はじめは「シカゴ殺人事件」と呼んでいたとしても、やがてはその犯人のキャラクターや犯行の特異性に注目が集まるようになると、名前が冠されることは多々ある。同姓同名の人への風評被害という懸念はあるにしても、そういった例が多いのが実態である。約100年前に米国シカゴ郊外で起きた誘拐・殺人事件もまた「レオポルド&ローブ事件」という若い青年2人の犯人の名前が冠されている。この事件を題材に戦慄のミュージカルとして組み上げた「スリル・ミー」を観ると、事件の本質がまさに2人の「関係性」にこそあったことがよく分かる。だからこそ、事件には2人のファーストネームが冠されているのだ。2011年から日本人キャスト公演が始まり、若い男優にとっては「俳優としての自分を見つめ直さざるを得なくなる」極めて高いレベルの作品として定着。事件の真相を追うサスペンスフルな展開と2人の関係性が変化していくスリルが二重に観客を追い込んでいく唯一無二のミュージカルは沸騰し続けている。尾上松也・廣瀬友祐ベアら3組が織りなす2023年再演公演の出来栄えを観ていると、栗山民也によって引き出された繊細な演技と歌、ピアノ演奏のみの伴奏があいまって、俳優たちの原初的な才能のきらめきとこれからの可能性を同時にきらめかせるような舞台に昇華していることがよく分かる。

 ミュージカル「スリル・ミー」は2023年9月7日〜10月3日に東京・池袋駅西口の東京芸術劇場シアターウエストで、10月7〜9日に大阪市のサンケイホールブリーゼで、10月11〜12日に福岡市のキャナルシティ劇場で、10月14〜15日に名古屋市のウインクあいち大ホールで。10月21〜22日に群馬県高崎市の高崎芸術劇場スタジオシアターで上演される。

★舞台写真はブログにのみ掲載しています

★無料のブログでの劇評は序文のみ掲載し、それ以降の続きを含む劇評の全体像はクリエイターのための作品発表型SNS「阪 清和note」で有料(300円)公開しています。なお劇評の続きには作品の魅力や前提となる設定の説明。尾上松也さん、廣瀬友祐さんの演技に関する批評や、栗山民也さんの演出や舞台表現に対する評価などが掲載されています。なお、場合によっては朴勝哲さんらのピアノ演奏やスタッフの方々のスタッフワークに触れることもございます。
https://note.com/sevenhearts/n/n64960a7bb336


【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無条件に無料でお読みいただけるサービスは原則として2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66278893.html


 なお、今回のミュージカル「スリル・ミー」は、尾上松也(私役)×廣瀬友祐(彼役)、木村達成(私役)×前田公輝(彼役)、松岡広大(私役)×山崎大輝(彼役)という3つの固定ペアで上演されていますが、取材機会の関係で劇評を掲載するのは、ミュージカル「スリル・ミー」(尾上松也・廣瀬友祐出演回)(2023)に限らせていただきます。ご了承ください。
 この組み合わせではカバーできない、木村達成さん、前田公輝さん、松岡広大さん、山崎大輝さんのファンや関係者の皆さま方には大変心苦しく感じております。人気公演のため取材機会も限られます。また別の機会に採り上げさせていただきます。なにとぞご容赦ください。

★ミュージカル「スリル・ミー」の一場面。尾上松也(左)と廣瀬友祐(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
左 私役 尾上松也/右 彼役 廣瀬友祐

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「スリル・ミー」の一場面。尾上松也(左)と廣瀬友祐(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
左 私役 尾上松也/右 彼役 廣瀬友祐2

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「スリル・ミー」の一場面。「私」役を演じる尾上松也(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
私役 尾上松也

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「スリル・ミー」の一場面。「彼」役を演じる廣瀬友祐(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
彼役 廣瀬友祐

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「スリル・ミー」の一場面。「私」役を演じる尾上松也(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
私役 尾上松也2

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「スリル・ミー」の一場面。「彼」役を演じる廣瀬友祐(撮影・田中亜紀、写真提供・ホリプロ)
彼役 廣瀬友祐2

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「スリル・ミー」公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/thrillme2023/


 出演は次の6人による3通りの組み合わせ。
尾上松也(私役)×廣瀬友祐(彼役)
木村達成(私役)×前田公輝(彼役)
松岡広大(私役)×山崎大輝(彼役)

 ピアニストは、朴勝哲/落合崇史/篠塚祐伴のトリプルキャスト。

 スタッフは次の通り。
🔶原作・音楽・脚本=ステファン・ギルドノフ(Stephen Dolginoff)
🔶翻訳・訳詞=松田直行
🔶演出=栗山民也

🔶音楽監督=落合崇史 🔶美術=伊藤雅子 🔶照明=勝柴次朗 🔶音響=山本浩一 🔶衣裳=前田文子 🔶ヘアメイク=鎌田直樹 🔶振付=田井中智子 🔶歌唱指導=伊藤和美
🔶演出助手=坪井彰宏、野田麻衣
🔶舞台監督=松井啓悟、田中伸幸
🔶主催・企画制作=ホリプロ

 上演時間は、約1時間40分(休憩なし)。

 ミュージカル「スリル・ミー」は2023年9月7日〜10月3日に東京・池袋駅西口の東京芸術劇場シアターウエストで、10月7〜9日に大阪市のサンケイホールブリーゼで、10月11〜12日に福岡市のキャナルシティ劇場で、10月14〜15日に名古屋市のウインクあいち大ホールで。10月21〜22日に群馬県高崎市の高崎芸術劇場スタジオシアターで上演される。


★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse


★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620



★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なおジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a


★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。もちろん、このミュージカル「スリ。ミー」の劇評も収容されています。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて(例外あり)読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なおジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d



andyhouse777 at 20:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----ミュージカル

【お知らせ】 まもなくミュージカル「スリル・ミー」2023年版の尾上松也・廣瀬友祐出演回の劇評を投稿します(2023)

 まもなくミュージカル「スリル・ミー」2023年版の尾上松也・廣瀬友祐出演回の劇評を当ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」に掲載します。皆様からたくさんのご要望をいただいておりましたのに遅くなりまして申し訳ございません。いましばらくお待ちください。
 ちなみに、劇評は序文のみ無料で、全文を読む場合は初回のみ有料(300円)です。ご了承ください。写真は無料のブログでのみご覧になれます。

 なお、現在当ブログで2018年に公開したミュージカル「スリル・ミー」2018〜2019年版の「松下洸平・柿澤勇人ペアバージョン」の劇評にアクセスが殺到していますが、これは2018年12月上演の舞台の劇評です。

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「スリル・ミー」2018〜2019年版「松下洸平・柿澤勇人ペアバージョン」:劇評=2018.12.24投稿


★「阪 清和 note」:ミュージカル「スリル・ミー」2018〜2019年版「松下洸平・柿澤勇人ペアバージョン」:劇評=2018.12.24投稿


 松下洸平さんの人気はすさまじく、この劇評も発表以降長く人気を得て、たくさんの方に読んでいただいていますが、ミュージカル「スリル・ミー」は2021年とそして今年2023年と新たな歴史を重ねています。松下さんは今回は出演していませんが、まもなく投稿されるミュージカル「スリル・ミー」2023年版の尾上松也・廣瀬友祐出演回の劇評の掲載をお待ちいただき、ぜひともご一読ください。

★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitter(現X)でお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse


★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog



andyhouse777 at 19:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★お知らせ 

【News=速報】 全米脚本家組合は経営側と暫定合意、スト終了に光明(2023)

 今年5月から待遇の改善とAIの利用制限などを求めてストライキに入っていた米ハリウッドの脚本家らでつくる全米脚本家組合(WGA)が映画製作会社や動画配信会社と労働協約で暫定合意したことが米国時間9月24日分かった。「ストライキ終了に一歩前進した」と言える内容だという。WGAはまだ宣伝活動への参加の容認などストの終了は宣言していないが、デモ行進など一般人への運動アピールを意味するピケ(本来は事業所などで組合員のスト破りなどを監視する行為)は中止した。合意の発効には組合執行部と組合員の承認が必要となるため、今後も予断を許さない。ロイターなど欧米の主要メディアが報じた。WGAにやや遅れてストライキに入った米俳優組合(SAG─AFTRA)はストを続けており、国際映画祭でのレッドカーペットセレモニーや世界各地でのプレミアや記者会見などが相次いで中止になるなどハリウッドの機能停止状態が続いている。

★ユニバーサルスタジオの前で気勢を上げるWGAのメンバーら(2023年9月21日撮影、暫定合意を喜んでいる様子ではありません)=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1696186976' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

andyhouse777 at 16:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2023年09月24日

【News=速報】 宮崎駿監督にサンセバスチャン国際映画祭の生涯功労賞(ドノスティア賞)(2023)

 スペイン北部バスク地方のサンセバスチャン(San Sebastian)でスペイン時間9月22日、第71回サンセバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)が始まり、宮崎駿(Hayao Miyazaki)監督が「生涯功労賞」に当たるドノスティア賞(Donostia Award)を授与されたことが分かった。宮崎監督は授賞式には出席せず、感謝のビデオメッセージが会場で流された。
 サンセバスチャン国際映画祭は最初はスペイン語映画だけの賞だったが、1957年からはAカテゴリーの国際映画祭となった。ドノスティア賞には2018年に是枝裕和監督がアジア人として初めて選ばれており、今回は日本人として2人目。

★AFPBBNews
https://www.afpbb.com/articles/-/3482940




andyhouse777 at 19:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2023年09月23日

【News=速報】 BTS4のSUGAが兵役の代替服務を開始(2023))

 世界的な人気を誇る韓国の人気音楽グループ「BTS(防弾少年団)」のシュガ(SUGA)が韓国時間9月22日、兵役義務の代替服務となる勤務を始めたことが分かった。「社会服務要員」とみられる。AFPの報道などによると、健康上の理由で代替勤務となったもよう。BTSでは通常の兵役についたJIN、J-HOPE(ジェイホープ)に次ぎ3人目。代替服務の場合、通常兵役の18カ月よりも若干長い。

★SUGA=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/1459463692' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

andyhouse777 at 19:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2023年09月19日

【舞台/MUSICAL】 生きる(市村正親・上原理生出演回)(2023)

 「生きる」。この物語が世界中の人々の心を打つのは、よく練られた美談だからではない。死を目の前にして偉業を成し遂げた英雄譚だからでもない。監督の黒澤明自身も橋本忍や小國英雄と脚本を立ち上げながら、いかにこの物語を美談のように感じさせないかに腐心したというから、やはり肝心なのは死の恐怖に抗いながら進んだ主人公の美しさではなく、人生の最後の最後に短いながらも確かに歩んだ主人公の力強さなのだ。つまりは、生きることの輝きなのである。2018年に世界で初めてミュージカル化されたことで、作品の持つ普遍的なペーソスはより増幅され、明確な目標を失いながらもがむしゃらに歩んできた戦後日本人の虚無感と焦燥感まであぶりだすことに成功した本作は、再演を重ねてより明確な人生のメッセージを私たちに届けてくれる堂々たるオリジナルミュージカルとしての風格を備えてきたと言えそうだ。(写真はミュージカル「生きる」とは関係ありません。単なるイメージです)

 ミュージカル「生きる」は2023年9月7〜23日に東京・初台の新国立劇場中劇場で、9月29日〜10月1日に大阪市の梅田芸術劇場メインホールで上演される。

★舞台写真はブログにのみ掲載しています


★無料のブログでの劇評は序文のみ掲載し、それ以降の続きを含む劇評の全体像はクリエイターのための作品発表型SNS「阪 清和note」で有料(300円)公開しています。なお劇評の続きには作品の魅力や前提となる設定の説明。市村正親さん、村井良大さん、上原理生さん、高野菜々さん、実咲凜音さん、福井晶一さん、鶴見辰吾さんら俳優陣の演技に関する批評や、宮本亜門さんの演出や舞台表現に対する評価などが掲載されています。
https://note.com/sevenhearts/n/n1bd29a7bded6


【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無条件に無料でお読みいただけるサービスは原則として2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66278893.html


 なお、ミュージカル「生きる」は主役が市村正親と鹿賀丈史のダブルキャストで、小説家役が上原理生と平方元基のダブルキャストであることから4種類の組み合わせが存在しますが、取材機会の関係で劇評を掲載するのは、ミュージカル「生きる」(市村正親・上原理生出演回に限らせていただきます。ご了承ください。
 この組み合わせではカバーできない鹿賀丈史さんと平方元基さんのファンや関係者の皆さま方には大変心苦しく感じております。人気公演のため取材機会も限られます。なにとぞご容赦ください。

 ただし、舞台写真はホリプ様のご協力を得て、両キャストの写真を掲載いたします。劇評の文章内ではお二人には言及いたしませんが、写真でお楽しみください。

 以下は市村正親さんと上原理生さんが出演された回の写真から先に掲載します

★ミュージカル「生きる」の一場面。上原理生(左)と市村正親(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
14_左_上原理生_右_市村正親

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。市村正親(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
1_市村正親

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。市村正親(左)と高野菜々(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
18_左_市村正親_右_高野菜々

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。村井良大(左)と実咲凜音(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
11__左_村井良大_右_実咲凜音

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。村井良大(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
7_村井良大

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。上原理生(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
9_上原理生

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。高野菜々(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
10_高野菜々

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。中央が福井晶一(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
12_F_中央_福井晶一

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。高野菜々(中央)と市村正親(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
16_左_高野菜々_右_市村正親

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。鶴見辰吾(右から2番目)(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
13_中央_鶴見辰吾

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

以下は、鹿賀丈史さんや平方元基さんが出演された回の写真です。

★ミュージカル「生きる」の一場面。中央が鹿賀丈史(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
23_中央鹿賀丈史_平方元基

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。高野菜々(左)と鹿賀丈史(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
19_左_高野菜々_右_鹿賀丈史

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。鹿賀丈史(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
4_鹿賀丈史

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」の一場面。鹿賀丈史(左)と平方元基(撮影・引地信彦、写真提供・ホリプロ)
15_左_鹿賀丈史_右_平方元基

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「生きる」公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/ikiru2023/


 出演は以下の通り
渡辺勘治:市村正親/鹿賀丈史(ダブルキャスト)
渡辺光男:村井良大
小説家:平方元基/上原理生(ダブルキャスト)
小田切とよ:高野菜々(音楽座ミュージカル)
渡辺一枝:実咲凜音
組長:福井晶一
助役:鶴見辰吾
佐藤 誓
重田千穂子
田村良太
治田 敦、内田紳一郎、鎌田誠樹、齋藤桐人、高木裕和、松原剛志、森山大輔
あべこ、彩橋みゆ、飯野めぐみ、五十嵐可絵、河合篤子、隼海 惺、原 広実、森 加織
スウィング:齋藤信吾、 大倉杏菜
安立悠佑、高橋勝典

 スタッフは以下の通り
🔶原作 黒澤 明 監督作品 「生きる」 (脚本:黒澤 明 橋本 忍 小國英雄)
🔶作曲&編曲 ジェイソン・ハウランド 🔶脚本&歌詞 高橋知伽江

🔶演出 宮本亞門

🔶美術 二村周作 🔶照明 佐藤 啓 🔶音響 山本浩一 🔶衣装 宮本まさ江 🔶ヘアメイク 小沼みどり 🔶映像 上田大樹 🔶振付 宮本亞門、前田清実 🔶音楽監督補 鎭守めぐみ
🔶指揮 森 亮平 🔶歌唱指導 板垣辰治 🔶稽古ピアノ兼音楽監督補助手 村井一帆 🔶稽古ピアノ 安藤菜々子
🔶演出助手 伴 眞里子
🔶舞台監督 加藤 高
   
🔶主催 ホリプロ/TBS/東宝/WOWOW
🔶後援 TBSラジオ
🔶特別協賛 大和ハウス工業
   
🔶企画協力 黒澤プロダクション
🔶企画制作 ホリプロ

 上演時間は、約2時間25分(休憩25分含む)。

 ミュージカル「生きる」は2023年9月7〜23日に東京・初台の新国立劇場中劇場で、9月29日〜10月1日に大阪市の梅田芸術劇場メインホールで上演される。


★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse

★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620



★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なおジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a


★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。もちろん、このミュージカル「生きる」の劇評も収容されています。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて(例外あり)読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なおジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d



andyhouse777 at 19:45|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----ミュージカル

2023年09月14日

【News=速報】 阪神が18年ぶりセ・リーグ優勝(2023)

 阪神タイガースが2023年9月14日夜、4−3で巨人を破り、18年ぶりのセ・リーグ優勝を決めた。阪神は11連勝。

andyhouse777 at 20:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2023年09月12日

【News=戦争速報】 クリミア沖の石油・ガス掘削施設をウクライナ軍が奪還、ミサイル配備・レーダー設置で反転攻勢激化か(2023)

 2014年の軍事侵攻によってロシアが併合・不法占拠しているウクライナ南部クリミア半島の北西沖にある石油・ガス掘削施設の通称「ボイコ・タワー」をウクライナ軍がウクライナ時間9月11日までに奪還したことが分かった。ウクライナ国防省情報総局の情報としてCNNなど欧米のメディアが報じた。

★CNNNews
https://www.cnn.co.jp/world/35208969.html


 報道によると、ウクライナ軍がボイコ・タワーの掌握作戦を実施。ロシアが所有するヘリ用のUAM(無誘導航空機ミサイル)や、黒海上の船の動きを追跡できるレーダーを奪取したという。作戦中には、ボートに乗ったウクライナの特殊部隊とロシアのSu30戦闘機の間で戦闘が起きる場面もあった。ロシア軍は攻撃を受けて撤退を余儀なくされたという。

 ロシアはこのタワーをヘリの発着地点としてや、レーダーの配備場所として使用していたという。ウクライナは同様にヘリパッドとしてだけではなく、長距離ミサイルの設置場所としても活用するもようで、ボート型水上ドローンなどでクリミア半島への攻勢を強めているウクライナ軍にとって、さらに強力な攻撃拠点となる。

andyhouse777 at 19:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----戦争速報

【News=災害速報】 モロッコ大地震の死者が2862人に、英国の救助隊が被災地入り(2023)

 モロッコ時間9月8日発生したM6.8のモロッコ大地震の被害はその後も拡大し、日本時間9月12日夕方までに2862人の死亡が確認された。けが人は2562人にのぼっているもよう。山間部の被災地では重機が投入できないため、被害の確認が遅れており、犠牲者やけが人はさらに増える見込み。
 モロッコには多くの国から救助の申し出があり、モロッコ政府は第1弾として英国、スペイン、UAE、カタールからの救助隊を受け入れた。英国の救助隊は60人の救助隊員に加え、救助犬も被災地入りし、がれきの下で生き埋めになった人がいないか、捜索を続けている。

andyhouse777 at 17:37|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2023年09月10日

【News=速報】 濱口竜介監督の『悪は存在しない』が第80回ベチネア国際映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)受賞、三大映画祭のグランドスラム達成(2023)

 イタリアで開催中の第80回ベネチア国際映画祭で9月9日(日本時間10日)、濱口竜介監督の『悪は存在しない』が、最高賞の金獅子賞に次ぐ銀獅子賞(審査員大賞)を受賞した。濱口監督は、2021年3月にベルリン国際映画祭で『偶然と想像』が審査員大賞、7月に『ドライブ・マイ・カー』カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞しており、いずれも最高賞ではないものの、「世界三大映画祭グランドスラム」を達成。『ドライブ・マイ・カー』は2022年3月のアカデミー賞では国際長編映画賞を受賞しており、世界にその実力を認められた。『悪は存在しない』は映画祭事務局とは異なる外部の組織が運営する国際批評家連盟賞も受賞している。

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/%E6%BF%B1%E5%8F%A3%E7%AB%9C%E4%BB%8B%E7%9B%A3%E7%9D%A3-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AB%E7%B6%9A%E3%81%84%E3%81%A6%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%81%E3%82%A2%E3%81%A7%E3%82%82-%E9%8A%80-%E3%81%AE%E5%BF%AB%E6%8C%99-%E9%87%91-%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%84%8F%E6%AC%B2%E3%81%AF-%E5%B0%91%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84/ar-AA1gv476



andyhouse777 at 20:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=災害速報】 モロッコ大地震の死者が2000人を突破(2023)

 モロッコ大地震の被害はその後も拡大し、日本時間9月10日夜までに2012人の死が確認された。けが人は2059人にのぼっているもよう。現地では倒壊した建物のがれきを取り除くなどして捜索が続いている。


andyhouse777 at 20:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2023年09月09日

【News=速報】 塚本晋也監督の『ほかげ』がNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞(2023)

 イタリアで開催中の第80回ベネチア国際映画祭でイタリア時間9月8日(日本時間9日)、塚本晋也監督の『ほかげ』がNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞したことが分かった。『ほかげ』はベネチア国際映画祭の斬新な作品を集めたオリゾンティ部門に選出されているが、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)は映画祭事務局とは異なる外部の組織が運営する賞。日本人監督の受賞は初となる。
 『ほかげ』は戦後日本を舞台に、民衆の視点から戦争を捉えた作品。趣里と森山未來らが出演している。

★映画『ほかげ』予告編


★受賞時の様子=YouTube


 映画『ほかげ』は11月25日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開。


andyhouse777 at 20:35|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 濱口竜介監督の『悪は存在しない』が国際批評家連盟賞を受賞(2023)

 イタリアで開催中の第80回ベネチア国際映画祭で9月8日(日本時間9日)、濱口竜介監督の『悪は存在しない』が国際批評家連盟賞を受賞したことが分かった。『悪は存在しない』はベネチア国際映画祭の金獅子賞など主要賞を競うコンペティション部門に出品されているが、国際批評家連盟賞は映画祭事務局とは異なる外部の組織が運営する賞。コンペティション部門の各賞は9月9日夜(日本時間10日未明)に開かれる授賞式で発表される。

★受賞時の様子=YouTube


andyhouse777 at 17:31|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=災害速報】 モロッコ中部でM6.8の大地震、300人死亡か、世界遺産都市マラケシュにも被害(2023)

 アフリカ北部モロッコの中部でモロッコ時間9月8日午後11時11分(日本時間9日午前7時11分)ごろ、強い揺れがあり、地震の規模を示すマグニチュード(M)が6.8の地震が観測された。米地質調査所(米地質調査所(USGS)が明らかにしたと欧米のメディアが報じた。USGSによると、震源はマラケシュから南西に約70km離れた地域で、震源の深さは18.5kmだった。AP通信はモロッコ内務省の情報としてアルホウズ、マラケシュ、ワルザザート、アジラル、シシャワ、タルーダントなどの都市で少なくとも296人が死亡、負傷者は少なくとも153人に上る見込みだという。死者、負傷者ともに、さらに増える可能性がある。

★ウェザーニューズNews


★日経電子版News


 詳しい被害は分かっていないが、世界遺産に登録されているマラケシュの旧市街ではモスク(イスラム教礼拝所)の塔などの建物が倒壊しているとの情報があり、世界遺産の建物にも被害が及んでいることは必至だ。
 モロッコは元来大きな地震が少ない地域で、モロッコメディアは「同国史上最悪の地震」としている。CNNはUSGSの見解として「モロッコを襲った地震としてはここ100年あまりで最も強い」としている。
 揺れは、海岸部にある首都ラバト、カサブランカ、エッサウィラ、隣国のアルジェリアでも感じられたが、現時点では被害は報告されていないという。

andyhouse777 at 16:11|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

【News=災害速報】 トカラ列島の群発地震さらに活発化、200回超える、津波はなし(2023)

 9月8日未明から鹿児島県・トカラ列島で続いている群発地震は9日になってさらに活発化し、体に感じる有感地震だけで午後3時までの約36時間半に計206回を突破した。地震の規模を示すマグニチュードは5.0〜2.2で、震度は3〜1だった。いずれも津波の被害はなかった。

★tenki.jp


andyhouse777 at 15:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2023年09月08日

【News=災害速報】 トカラ列島で群発地震、70回超える、津波はなし(2023)

 9月8日未明から鹿児島県・トカラ列島で群発地震が続き、午後8時までの約17時間半に計70回を突破した。地震の規模を示すマグニチュードは4.6〜2.4で、震度は3〜1だった。いずれも津波の被害はなかった。

★tenki.jp


andyhouse777 at 20:35|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=災害速報】 岩手・宮城で震度4、津波はなし(2023)

 9月8日午後6時28分ごろ、東北地方の太平洋側でやや強い揺れがあり、岩手県花巻市や一関市と宮城県気仙沼市で震度4の地震を観測。岩手、宮城、青森の各県で震度3を観測した。その他東北地方の各県と北海道、茨城の両県で震度2〜1の地震を観測している。震源地は宮城県沖(北緯38.9度・東経142.1度)で地震の規模を示すマグニチュードは5.5、震源の深さは約50kmと推定されている。数値はいずれも気象庁による速報値で修正される可能性がある。この地震による津波はなかった。宮城県・女川町の東北電力女川原発では放射能の数値などに異状はないという。

★tenki.jp


andyhouse777 at 20:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

【News=速報】 iakuが2年ぶり新作「モモンバのくくり罠」上演へ(2023)

 大阪を拠点に全国的な人気を誇る演劇ユニット「iaku」が今年11月から12月にかけて、東京と大阪で2年ぶりの新作となる舞台「モモンバのくくり罠」を上演することが分かった。主宰する劇作家・演出家の横山拓也による繊細なストーリーテリングによって自然と劇中の議論に観客を引き込んでいくような高密な会話劇の真骨頂となるような本作は、親の生き方の中で強引に人生を始めざるを得なかった娘の自立と宿命の物語。ひいては毒親問題、宗教二世問題、親ガチャ論争なども見え隠れする親子の関係を中心に社会の深淵を描く横山の力作に期待は高まるばかりだ。

 舞台「モモンバのくくり罠」は2023年11月24日〜12月3日に東京・三軒茶屋のシアターシラムで、12月8〜10日に大阪市のABCホールで上演される。

★舞台「モモンバのくくり罠」ビジュアル
新ビジュアル (1)


★iaku公式サイト
http://www.iaku.jp/information


 横山拓也は大阪府出身。大阪芸大在学中に俳優の山田かつろうらと結成した劇団「売込隊ビーム」では作・演出を務め、その後個人的な活動に入った。

★横山拓也
横山拓也2023


 2012年には制作担当の笠原希とともに演劇ユニット「iaku」を結成。公演の度に、俳優を集める形式をとっている。横山のオリジナル作品を日本各地で発表していくことと、各地域の演劇(作品および情報等)を関西に呼び込む橋渡し役になることを指針にしている。何気ない日常生活の風景の中から会話を積み上げてものごとの真理や社会的核心に近づいていく作品群で、「iaku」は拠点の関西ばかりでなく全国的な人気を獲得しつつある演劇ユニットに成長してきた。
 横山が外部の演劇ユニットに書き下ろし、2009年に初演された「エダニク」は第15回日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞するなど高い評価を受け、iakuでも再演。「流れんな」「人の気も知らないで」「目頭を押さえた」「あたしら葉桜」「walk in closet」「車窓から、世界の」など、戯曲が発表されるたびに評判を上げてきた。「エダニク」あたりからは東京の演劇ファンにも認知され始めた存在だ。その人気や認知度は全国に広がる気配を見せている。

 基本的には「再演を繰り返すような作品を創り出すこと」を目標にしている。そのコンセプトの通り、上質な作品を創り出し、それを何度も再演してさらに磨きをかけていくという地道な姿勢が目立つが、生み出される新作の衝撃度が毎回勢いを増しているだけに、日本で今もっとも新作が注目され、その発表が期待される劇作家の一人であるということは言えよう。
 近年は文学座、劇団俳優座にも戯曲を提供している。

 新作「モモンバのくくり罠」は、いわゆるネイチャリストとして山中で自給自足の生活をしている母(枝元萌)のもとに生まれた娘、(祷キララ)が小学校に通うようになって周囲との違いに気づき反発。母は猟などを手伝っていた近所の男性(緒方晋)と過ごすことが多くなり、妻らの生活を支えるため都会で会社勤めをしていた父(永滝元太郎)も別の女性(橋爪未萠里)と暮らすことになり、完全に顔を見せなくなった、娘は都会での独り暮らしを選択した。
 都会での苦しい生活、山での暮らしをどこか欲している体などに悶々としていた娘は、父の大病をきっかけに母のもとへと向かうことに。
 山では自給自足の暮らしに憧れる男性(八頭司悠友)が訪ねてきて、居候をしている。娘に加え、父とその父の浮気相手も山にやってきた。
 奇妙な人間関係と愛憎が渦巻くこととなる。

★舞台「モモンバのくくり罠」キャスト
iaku『モモンバのくくり罠』組み写真


 出演は、枝元萌、祷キララ、緒方晋(The Stone Age)、橋爪未萠里、八頭司悠友、永滝元太郎。

 舞台「モモンバのくくり罠」は2023年11月24日〜12月3日に東京・三軒茶屋のシアターシラムで、12月8〜10日に大阪市のABCホールで上演される。

 チケットは東京、大阪ともに全席指定で、9月23日午前10時から発売する。

【チケット購入】
<チケットぴあ>
https://w.pia.jp/t/iaku/ <Pコード 東京:521−544 大阪:521−545>


<イープラス>
https://eplus.jp/iaku/ 


<ローソンチケット>
https://l-tike.com/iaku/ <Lコード東京:33349 大阪:51751>


<演劇最強論−ing>
http://www.engekisaikyoron.net/



andyhouse777 at 12:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2023年09月07日

【News=速報】 新社長に東山紀之氏(2023)

 ジャニーズ事務所は9月7日午後2時から、東京都内で創業者の前社長、ジャニー喜多川氏による性加害問題について会見を開き、辞任した藤島ジュリー景子氏に代わって東山紀之氏が5日付で新社長に就任したことを発表した。出席した東山氏は年内で「表舞台から退く」としてタレント業から引退する意向を表明した。

andyhouse777 at 16:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【News=速報】 藤島ジュリー景子社長が辞任(2023)

 ジャニーズ事務所は9月7日午後2時から、東京都内で創業者の前社長、ジャニー喜多川氏による性加害問題について会見を開き、出席した藤島ジュリー景子氏が5日付で社長を辞任したことを明らかにした。被害者への補償などのため、代表取締役にはとどまるという。

andyhouse777 at 15:45|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報
★仕事のご依頼は★
映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・現代アートなどエンターテインメントに関する取材・インタビュー・記事執筆・批評・パンフレット編集・司会・ナビゲート・コメンタリーなどで私がお役に立てることがありましたら、何なりとご用命ください。パンフレット編集やエンタメの著名な賞の審査員、雑誌での連載、ラジオ番組でのレギュラー出演、エンタメイベントの司会進行などの経験もございます。下記アドレスにメールをいただきましたら、すぐにご連絡させていただきます。聞いて、書いて、話して、伝えるプロフェッショナルです。エンタメ以外でもぜひ!

sevenhearts@spa.nifty.com
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
ページ別順位(2014年8月4日現在)=直接リンクはされていませんので、各ページへ行くには、タイトルをコピーして下かトップ右の記事検索欄にペーストして検索してください
<01> Endless SHOCK 2014(21907)
<02> 太陽2068(9402)
<03> Endless SHOCK 2013(8821)
<04> なにわ侍 ハローTOKYO!!(8399)
<05> 直木賞芥川賞2013前期候補作決まる(5734)
<06> ソング・ライターズ(4968)
<07> 第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞にリリー・フランキー(4586)
<08> MIWA(3890)
<09> 「そして父になる」に世界から熱視線(3590)
<10> 「カッコーの巣の上で」舞台版が小栗旬主演で開幕(3316)
<11> 抜目のない未亡人(2862)
<12> マーガレット(2641)
<13> PLAYZONE → IN NISSAY(2550)
<14> 高校中パニック!小激突!!(2213)
<15> ストリッパー物語(2132)
<16> ダディ・ロング・レッグス=2014(2059)
<17> 刑事ドラマの殉職特集を放送(2049)
<18> 殺風景(1952)
<19> 今ひとたびの修羅(1818)
<20> ムサシ ロンドン・NYバージョン(1791)
<21> ムサシ ロンドン・NYバージョン=2014(1791)
<22> 「レ・ミゼラブル」と「アルゴ」にGグローブ賞(1760)
<23> かもめ(1725)
<24> 頭痛肩こり樋口一葉(1693)
<25> レディ・ベス(1665)
<26> イン・ザ・ハイツ(1637)
<27> 私が黄金を追う理由(1593)
<28> ジャック再び降臨「24」最新シリーズ放送開始(1592)
<29> 木の上の軍隊(1522)
<30> 国民の映画(1517)
<31> 2013前期芥川賞に藤野可織、直木賞に桜木紫乃(1315)
<32> ショーシャンクの空に(1280)
<33> ジャニーズ2020ワールド(1228)
<34> A.B.C座2013 ジャニーズ伝説(1178)
<35> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜=2014(1116)
<36> DREAM BOYS JET(1113)
<37> 「愛の渦」映画化(1087)
<38> 「ピトレスク」の稽古場公開(1085)
<39> 「レディ・ベス」世界初演ついに幕開け(1065)
<40> BACK STAGE(1047)
<41> 金閣寺(1028)
<42> シスター・アクト(990)
<43> レ・ミゼラブル(958)
<44> THE BIG FELLAH(953)
<45> 「天才執事ジーヴス」でウエンツと里見が名コンビに(952)
<46> 半沢直樹(923)
<47> もらとりあむタマ子(918)
<48> ザ・ワーズ 盗まれた人生(875)
<49> Holidays 休暇(862)
<50> ロスト・イン・ヨンカーズ(816)
<51> ミュージカルベストテンの選考投票に参加(804)
<52> ロンサム・ウエスト(787)
<53> 花嫁と父つなぐピアノ、盛岡のCMが話題(785)
<54> クリプトグラム(779)
<55> うかうか三十、ちょろちょろ四十(761)
<56> 奇跡の7人「THE BIG FELLAH」に集う(755)
<57> シレンシオ(695)
<58> アルトナの幽閉者(652)
<59> 筧利夫が世界最新演出版の初回を無事完遂(637)
<60> ネクスト・トゥ・ノーマル(635)
<61> ザ・ビューティフル・ゲーム(624)
<62> 私のダーリン(618)
<63> LOVE CHASE !!(599)
<64> SHOCK1000回達成(591)
<65> つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜(589)
<66> 第86回日本アカデミー賞主演女優賞に真木よう子(575)
<67> 天翔ける風に(574)
<68> 愛の渦(572)
<69> 恋と音楽(569)
<70> モンテ・クリスト伯(551)
<71> ストロベリーナイト(549)
<72> 半沢直樹 その2(530)
<73> 第86回日本アカデミー賞主演男優賞に松田龍平(520)
<74> ベネチア金獅子賞に「サクロ・グラ」(513)
<75> 第86回日本アカデミー賞助演女優に真木よう子(498)
<76> 韓国版「家政婦のミタ」はチェ・ジウ主演(494)
<77> 米経済紙が半沢直樹特集、英語で倍返しは?(493)
<78> 第150回芥川賞直木賞候補作決まる(492)
<79> ライクドロシー(477)
<79> エニシング・ゴーズ(477)
<81> 太鼓たたいて笛ふいて(475)
<82> マイ・フェア・レディ(465)
<83> 屋根の上のヴァィオリン弾き(458)
<84> 秋のソナタ(450)
<85> ABC座2014ジャニーズ伝説(439)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<88> 渇いた太陽(436)
<89> 雨と夢のあとに(435)
<90> マンマ・ミーア!(429)
<91> 晩餐(426)
<91> マイケル・ジャクソンの新曲8曲入り新譜発売へ(426)
<93> 声(423)
<94> Tribes(417)
<95> ジェニファー・ローレンスがショートヘアーに(408)
<96> Paco〜パコと魔法の絵本〜from『ガマ王子vsザリガニ魔人』(403)
<97> 名もない祝福として(396)
<98> テンペストを白井晃演出で(395)
<99> ジャニーズ・ワールド(390)
<100> 半沢直樹 その3(383)
<101> 「シェルブールの雨傘」5年ぶり再演へ(378)
<102> 音のいない世界で(375)
<103> テイク・ディス・ワルツ(369)
<104> 組曲虐殺(364)
<104> 春琴(364)
<106> 「レ・ミゼラブル」は6/21発売(361)
<106> 「国民の映画」再演決定(361)
<108> ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(348)
<109> レ・ミゼラブル新演出版(347)
<110> 関数ドミノ(346)
<111> NO MORE 映画泥棒新バージョン(342)
<112> ピアフ(339)
<113> 海辺のカフカ◆archive◆(338)
<114> 007ファッション南青山で公開(334)
<114> 北島三郎、座長公演も最後と表明「引退ではない。歌い続ける」(334)
<116> 野田秀樹の「MIWA」に豪華俳優が集結(331)
<117> ロンドンでマティスの切り紙絵展始まる(330)
<118> ハリウッド白熱教室(322)
<119> リトルマーメイド(320)
<120> ぴんとこな(316)
<121> トガニ 幼き瞳の告発(313)
<122> カンヌバルムドールに「アデルの人生」(309)
<123> 脳男(305)
<124> トニー賞は「キンキーブーツ」(301)
<125> 赤鬼(299)
<126> BRAVE HEARTS 海猿(293)
<127> 「レディ・ベス」開幕前にトークイベント(291)
<128> 「オペラ座の怪人」完結編ついに日本初演へ(290)
<129> 第86回日本アカデミー賞作品賞に「舟を編む」(286)
<130> 取材・執筆した「殺風景」PR記事が掲載されました(281)
<131> ナタリー・ウッド事故死ではない可能性(278)
<131> 第86回日本アカデミー賞監督賞に石井裕也(278)
<133> 「海辺のカフカ」再演決定(277)
<134> 真夏の方程式(273)
<135> ハーベスト(269)
<135> 第21回読売演劇大賞は森新太郎(269)
<137> 4 four(268)
<137> 日の浦姫物語(268)
<139> iSAMU(258)
<140> ウルトラマリンブルー・クリスマス(254)
<140> 「風立ちぬ」公式上映で瀧本美織が存在感を発揮(254)
<142> トニー賞2014Ms作品賞(251)
<142> 進化するミス・サイゴン7月から世界最新演出で日本公演(251)
<144> ワイルド・スピード EURO MISSION(249)
<145> 半沢直樹第2回は21.8%で大台乗り(245)
<146> 小さいおうち(244)
<147> てんぷくトリオのコント(243)
<148> 「スクルージ」開幕、市村正親が意欲(242)
<149> 第67回カンヌ国際映画祭が開幕、長澤まさみも登場(241)
<150> アジア温泉(230)
<151> スター・トレック イントゥ・ダークネス(229)
<152> 「シスター・アクト」に個性派ずらり(226)
<152> 河瀬直美「2つ目の窓」公式上映で12分の鳴り止まぬ拍手(226)
<154> 片鱗(225)
<155> ジョン万次郎の夢(223)
<156> 白い夜の宴(221)
<157> 台湾の超美形ボーカルバンド人気、日本に到達(216)
<157> 野田秀樹の「赤鬼」気鋭の演出家・俳優で上演中(216)
<159> ウィズ〜オズの魔法使い〜(215)
<160> ビトレスクキャスト陣一体感強調(214)
<160> 戦隊ヒロイン「女子ーズ」にときめく5女優集結(214)
<162> GODZILLA ゴジラ(212)
<163> 第151回芥川賞直木賞候補作決まる(211)
<164> マクベス(207)
<164> ムーミン生んだトーベ・ヤンソン生誕100周年迎える(207)
<166> サウンド・オブ・ミュージック(205)
<167> テレ東が「不明者」を大捜索中(202)
<167> 「エッグ」再演決定、初の海外パリ公演も実現(202)
<169> 舟を編む(201)
<170> 蝋燭の灯、太陽の光(199)
<170> アナ雪の「スリラー」ダンス映像が大反響(199)
<172> 満天の桜(196)
<172> レッド・ツェッペリンがリマスター版収録の未発表曲2曲公開(196)
<174> ジェーン・エア=映画(193)
<175> さいあい シェイクスピア・レシピ(188)
<175> トニー賞2014Ms助女賞(188)
<177> ダディ・ロング・レッグス追加公演決定(181)
<178> 図書館戦争(180)
<179> KREVAの音楽劇再演、各界から逸材結集(179)
<180> ザ・フルーツ(178)
<181> 八月の鯨(176)
<182> 魔女の宅急便(173)
<182> 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ミュージカル日本初演へ(173)
<184> G・グローブ賞録画放送(172)
<184> 100回泣くこと(172)
<186> プラチナデータ(170)
<187> テルマエ・ロマエ供168)
<187> 第86回アカデミー賞のノミネート作決まる(168)
<189> オブリビオン(167)
<189> キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(167)
<191> あなたがここにいればよかったのに(166)
<192> ジェーン・エア=舞台(162)
<192> さよならドビュッシー(162)
<194> 華麗なるギャツビー(161)
<194> 藁の楯(161)
<194> ポール・ウォーカー急逝の波紋広がる(161)
<197> 異国の丘(160)
<197> 8月31日〜夏休み最後の日〜(160)
<197> 追悼 大瀧詠一(160)
<197> 安室奈美恵の洗練されたマッシュアップ映像が話題(160)
<201> ホロヴィッツとの対話(159)
<201> ヒトミ(159)
<203> 半沢直樹第6回も29.0%と好調維持(158)
<203> 初音ミクオペラにパリが熱狂(158)
<203> 中古LPからマービン・ゲイのパスポート発見(158)
<206> エッグ(156)
<206> 「ショーシャンクの空に」舞台化決定(156)
<208> J・K・ローリングの新作に34歳のハリー・ポッター登場(155)
<209> サビタ稽古場イベント(154)
<210> 風立ちぬ(151)
<210> 村上春樹、2013年のノーベル文学賞逃す(151)
<210> 追悼 やしきたかじん(151)
<213> 半沢直樹第5回は29.0%と続伸(150)
<214> The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(146)
<215> さよなら渓谷(145)
<215> WILCO(145)
<217> 新国立劇場2014-15ラインナップ発表(144)
<217> 「メリー・ポピンズ」の裏側描く映画初上映(144)
<219> トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2(143)
<220> 半沢直樹最終回は42.2%とミタ超え、関西は歴代最高(142)
<221> ダチョウ課長の幸福とサバイバル(141)
<222> ベネチア女優賞(140)
<223> 中学生円山(139)
<224> 大事なはなし(138)
<224> 「I'll be back」で大論争(138)
<224> 宮本亜門がドンペリPartyのショー演出(138)
<227> ナミヤ雑貨店の奇蹟(137)
<227> ケイティ・ペリーが着物パフォーマンス(137)
<227> 県庁おもてなし課(137)
<230> カンヌ審査員にキッドマンと河瀬直美ら(135)
<231> 任侠ヘルパー(134)
<231> レディー・ガガ、涙の訳はマネージャーとの決別?(134)
<231> 鬼才ラース・フォン・トリアーの最新作は超過激 !(134)
<234> 客家(133)
<234> その夜の侍(133)
<236> トニー賞2014Ms主女賞(131)
<237> 半沢直樹第3回は22.9%で今年ドラマトップ(130)
<237> DREAM BOYS(130)
<237> 米ゴールデン・グローブ賞ノミネート作決まる(130)
<240> 第39回菊田一夫演劇大賞にレミゼのキャスト&スタッフ(129)
<240> 海峡の光(129)
<242> 悪霊(128)
<243> シェイクスピア生誕450年記念上演始動、ハムレットは北朝鮮にも巡演へ(126)
<244> トニー賞2014MsRV作品賞(125)
<245> ミス・サイゴン(124)
<246> ザ・スーツ(123)
<246> フィリップ・シーモア・ホフマンが急死(123)
<246> 陽だまりの彼女(123)
<246> 共喰い(123)
<246> 「ドラえもん」英語吹き替え版は日米文化研究に興味深いヒント数々(123)
<251> 半沢直樹第4回は27.6%に急伸(122)
<251> ベルリン金熊賞(122)
<251> ミス・サイゴン=2014(122)
<251> 南京錠の橋ポン・デザール一部崩壊(122)
<255> 思い出を売る男(121)
<256> ダディ・ロング・レッグス(120)
<257> ずっと二人で歩いてきた(119)
<257> 横道世之介(119)
<259> 新・幕末純情伝(118)
<260> カウラの班長日記sideA(117)
<261> 無明長夜(116)
<261> ガラパコスパコス(116)
<263> 第86回米アカデミー作品賞に「それでも夜は明ける」(115)
<264> 半沢直樹に幻のラストシーン、DVD&Blu-rayに収録へ(114)
<264> 虚像の礎(114)
<264> 渡辺謙が「王様と私」でブロードウェイデビューへ(114)
<267> 大奥〜永遠〜【右衛門佐・綱吉篇】(112)
<268> 半沢直樹第9回は35.9%とさらに上昇(111)
<268> 地獄でなぜ悪い(111)
<268> トニー賞2014Ms助男賞(111)
<268> ピンク・フロイド10月の20年ぶりのアルバム発売を正式発表(111)
<272> ハムレット(109)
<272> ロックアウト(109)
<274> アカデミー助演女優賞はアン・ハサウェイ(108)
<274> 闇金ウシジマくん(108)
<274> 授業(108)
<274> 東京国際映画祭サクラグランプリは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」(108)
<278> トニー賞2014PRV作品賞(107)
<278> トニー賞2014Ms主男賞(107)
<278> リチャード3世の墓と断定(107)
<378> 鍵泥棒のメソッド=舞台版(107)
<282> 半沢直樹第7回は30.0%と壁突破(105)
<282> ソチの脱出ヒーローまたも閉じ込め(105)
<282> 東京タワーはGW特別ライトアップ中(105)
<285> サ・ビ・タ日本版来春再演決定(104)
<285> 米アカデミー賞最注目は9歳の少女(104)
<285> 日本舞台美術家協会が7年ぶり展覧会開催(104)
<288> エンロン◆archive◆(103)
<288> つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(103)
<288> そして父になる(103)
<291> みなさん、さようなら(101)
<292> レミゼ衣装を東京3都市で展示(100)
<293> アルゴ検証番組日本初放送(99)
<294> 「荒野の七人」新吹き替え版放送(97)
<294> 五輪色の東京タワーを月も見に来た?(97)
<296> キングコングの巨大ロボ公開(96)
<296> 手のひらの砂漠(96)
<296> 第151回芥川賞は柴崎氏、直木賞は黒川氏(96)
<299> 釣りバカ全作品をWOWOWが一挙放送へ(95)
<299> アナと雪の女王(95)
<301> ラ・マンチャの男(94)
<302> ジャニス・ジョプリンがハリウッドの殿堂入り(93)
<302> 初めてなのに知っていた(93)
<304> るろうに剣心(92)
<304> THEMANZAI2013優勝はウーマンラッシュアワー(92)
<304> トニー賞2014P主男賞(92)
<304> ピンク・フロイドが10月に20年ぶりのアルバム発売か(92)
<308> ベネチア最終盤情勢(91)
<308> 獣の柱まとめ*図書館的人生<下巻>(91)
<308> 第86回米アカデミー賞総まくり(91)
<308> SONG&DANCE60感謝の花束(91)
<312> 夢売るふたり(90)
<312> アカデミー主演女優賞はジェニファー・ローレンス(90)
<312> 建てましにつぐ建てましポルカ(90)
<312> 半沢直樹DVD&Blu-ray発売は12/26(90)
<312> 赤塚不二夫のココロ展〜2015年は生誕80周年なのだ!〜(90)
<312> 地下室の手記(90)
<312> 昭和レストレイション(90)
<312> チェ・ジウとクォン・サンウ、11年ぶり共演ドラマ「誘惑」スタート(90)
<320> 撫で撫で(89)
<321> 僕等がいた(89)
<322> 集金旅行(88)
<323> リトルマエストラ(88)
<323> ワイルド・スピード第7作の製作休止へ(88)
<323> ベルリン女優賞に黒木華(88)
<323> カンヌ女優賞はジュリアン・ムーア(88)
<323> 東京タワーがサムライブルーに(88)
<323> ワイルド・スピード第7作撮影再開、急死のポール部分は実弟2人で補充(88)
<329> 日本記者クラブ個人D会員になりました(87)
<329> インポッシブル(87)
<331> 鍵泥棒のメソッド=映画版(86)
<331> ルビー・スパークス(86)
<333> トニー賞2014P作品賞(85)
<334> 其礼成心中(84)
<334> キャロリング(84)
<336> ヘルタースケルター(83)
<336> 魔女とたまごとお月様(83)
<337> 第20回全米映画俳優組合賞はアメリカン・ハッスル(81)
<338> 「スター・ウォーズ」6作を一挙放送へ(80)
<339> カンヌグランプリにコーエン兄弟(79)
<339> 日本アカデミー賞作品賞は桐島、(79)
<339> メモリーズ・コーナー(79)
<339> 凶悪(79)
<339> 自動改札やスマホで光るネイル発売へ(79)
<344> 半沢直樹第8回は32.9%とさらに上積み(77)
<344> 第67回カンヌ国際映画祭まもなく開幕(77)
<346> 来訪者(76)
<346> AKB48総選挙2014渡辺麻友が初の1位指原は2位に陥落柏木3位(76)
<348> カンヌ監督賞にアマト・エスカランテ(74)
<348> ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン(74)
<348> ベネチア銀獅子賞(74)
<348> 未成年モデル保護法案が米上下院通過(74)
<348> ツナグ(74)
<348> 最も稼いだ女優はアンジョリーナ・ジョリー(74)
<348> 東京震度5弱、都心は無事です(74)
<348> ユーミンの音楽×演劇コラボ、第2弾は比嘉愛未とW主演(74)
<356> ヴィンセント・ギャロが日本映画に出演(73)
<356> 暗いところからやってくる(73)
<358> カンヌ男優賞にブルース・ティーン(72)
<358> 世界の名刑事が大集結(72)
<358> 新しい靴を買わなくちゃ(72)
<358> キャプテン・フィリップス(72)
<358> 三鷹で昭和の名優作品続々上映(72)
<363> スター・ウォーズ最新作にハン、ルーク、レイアの3俳優出演決定(71)
<364> 最強のふたり(70)
<364> 大島優子が紅白でAKB48卒業宣言(70)
<364> 傷心のミック、復活待つ世界(70)
<364> 錬金術師(70)
<364> 当ブログのFBページいいね2000件達成(70)
<369> プロメテウス(69)
<370> スターウォーズ新シリーズ公開は再来年12/18(68)
<370> ポール・ウォーカーが事故死(68)
<370> トニー賞2014P主女賞(68)
<373> トム・ハンクスの陪審員まさかの強制終了(67)
<373> 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(67)
<375> ロバート・プラントがツェッペリン再結成を完全否定(66)
<375> 無欲の人(66)
<375> 宇宙兄弟(66)
<378> アカデミー作品賞はアルゴ(65)
<378> ライフスタイル体操第一(65)
<380> ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。(64)
<380> 「風と共に去りぬ」の続編について作者が手紙で返答していた(64)
<382> 臨場 劇場版(63)
<382> カンヌ最終盤情勢(63)
<382> ウィリアム・シェイクスピア(63)
<382> 多彩に変化する東京の空(63)
<382> マイティ・ソー、10月から性別を変更へ(63)
<387> ジェーン・エアその2(62)
<387> ヤバレー、虫の息だぜ(62)
<387> 東京家族(62)
<387> ポール・マッカートニー5月に再来日屋外ライブ(62)
<387> 三鷹市芸術文化センター星のホール(62)
<392> アカデミー主演男優にマシュー・マコノヒー(61)
<392> ブルージャスミン(61)
<392> 「アメリカントップ40」の名DJケーシー・ケイサムが死去(61)
<395> モンスターズクラブ(60)
<395> ダークナイト・ライジング(60)
<395> カンヌ女優賞にベレニス・ベジョ(60)
<398> バイトショウ(59)
<398> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜(59)
<400> アウトレイジビヨンド(58)
<400> タランティーノ脚本流出に怒り次回作中止?(58)
<400> 第150回直木賞に朝井と姫野、芥川賞に小山田(58)
<400> トニー賞2014P助男賞(58)
<404> 黄金を抱いて翔べ(57)
<404> ベネチア審査員大賞(57)
<404> ロンドンの劇場で天井崩落(57)
<404> マン・オブ・スティール(57)
<404> カンヌ2014審査委員長はジェーン・カンピオン監督(57)
<404> ハリソン・フォード宇宙に帰還(57)
<409> 潜水艇ボンドカー、8600万円で落札(56)
<409> ストーンズが豪NZツアー無期限延期(56)
<411> ザ・マスター(55)
<411> 世界にひとつのプレイブック(55)
<411> 「B・ジョーンズの日記」最新小説は恋するシングル・マザー(55)
<411> 学士会館(55)
<411> ビートルズの公式ドキュメンタリーを44年ぶりに制作へ(55)
<416> Gグローブ賞作品賞(54)
<417> のぼうの城(53)
<417> 芸劇リニューアル(53)
<417> セックス・ピストルズの心暖まるX'mas映像放送へ(53)
<420> モンティ・パイソン再結成へ(52)
<420> 三人姉妹(52)
<420> I’M FLASH !(52)
<420> カルティエのX'masアニメ公開(52)
<424> グッモーエビアン!(51)
<424> 日本レコード大賞はEXILE(51)
<424> アカデミー主演女優賞にケイト・ブランシェット(51)
<427> リンカーン(50)
<427> Gグローブ主演女優賞(50)
<427> プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(50)
記事検索
映画系DVD or Blu-ray
舞台系DVD or Blu-ray
人気作品ランキング