2019年01月19日

【舞台】 ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812(2019)

 トルストイが記した世界文学史上最高の小説のひとつ「戦争と平和」全4巻と2つのエピローグのうち、ナポレオン戦争の色が濃い第1巻と第3巻、第4巻の間にひっそりと存在しているような、しかし極めて人間的な営みが展開している第2巻の後半部分を主な舞台としてニューヨークで斬新なミュージカルとして仕立てられたミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」の日本人キャスト版が、ついに日本初演されている。ほぼ全編にわたってさまざまな人間関係の下、大河ドラマがいくつあっても足りないようなドラマを繰り広げる男女の愛や恋、そして結婚や不倫、生と死の問題をすくいとったような物語は、どれだけ時代が進もうと変わらない人間の心の深層と、与えられた時間の中で生を炸裂させる哀しくも愛おしい人間というものの生きざまを現代音楽の鮮烈な光の中にあふれさせて、これまで誰も感じたことのない感動を私たちの心に運んでくる。今や日本のミュージカル界を先頭で引っ張る井上芳雄と、磨き続けてきた才能がついにミュージカルという舞台でも花開いた乃木坂46の生田絵梨花を中心に、若手・中堅の注目株を惜しげもなく投入した本作は、米国のみならず日本でもミュージカルというものの定義を一回りも二回りも拡張した作品として、大きな影響を与えていくだろう。演出は小林香。
 ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」は1月5〜27日に東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで上演される。

★劇評の続きを含む劇評の全体像はこちらのサイト「note」で有料公開しています。作品の魅力や前提となる設定の説明。井上芳雄さんや生田絵梨花さんら俳優の演技に対する批評、小林香さんの演出に対する評価などが満載されています。

【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無料でお読みいただけるサービスは2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。

★ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」の一場面。傷ついた互いの心を思いやるナターシャとピエール。生田絵梨花(左)と井上芳雄(写真提供・東宝演劇部)
ザ・コメットナターシャとピエールIMG_20190115_0011

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」の一場面。苦悩するピエール。井上芳雄(写真提供・東宝演劇部)
ザ・コメット苦悩するピエールIMG_20190115_0001

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」の一場面。アナトールに詰め寄るピエール。小西遼生(前方左)と井上芳雄。右後方に生田絵梨花(写真提供・東宝演劇部)
ザ・コメット不倫なじるIMG_20190115_0003

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」の一場面(写真提供・東宝演劇部)
ザ・コメット全景IMG_20190115_0010

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」公式サイト

 なお、本作は舞台上にも客席「コメットシート」が設えられ、通路のようになった舞台だけでなく、その舞台上の観客席に演者たちが分け入って演技や歌唱をすることもあるユニークな舞台。コメットシートではワインやソフトドリンクも提供される。味わったことのない臨場感が味わえる特別な席だが、もちろん通常席よりも料金は高く、入場時に持ち物検査があったり、開演後の入場は2幕との幕間まで不可能になったりするなど、さまざまな制限があるため、そのことは事前に確認、覚悟しておく必要がある。
★コメットシートの詳細はこちら

 出演は、井上芳雄、生田絵梨花、霧矢大夢、小西遼生、松原凜子、水田航生、はいだしょうこ、メイリー・ムー、原田薫、武田真治、亜久里夏代、会田桃子、アリサ・チェトリック、木暮真一郎、森山大輔、村松ハンナ、大嶺巧、大月さゆ、酒井翔子、菅谷真理恵、武田桃子、塚本直、山田元、山野靖博。

 ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」は1月5〜27日に東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで上演される。

 上演時間は、約2時間40分(休憩20分含む)。

★チケット情報(東京公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。

andyhouse777 at 01:28|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----ミュージカル

2019年01月17日

【News】 第42回日本アカデミー賞の優秀作品賞決定、3作品が12部門受賞で並び大激戦必至、ここでも「カメ止め」旋風(2019)

 第42回日本アカデミー賞各賞の最優秀賞のノミネート作品となる優秀賞作品が1月15日発表され、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で最高賞のパルム・ドールを受賞した『万引き家族』と、暴対法成立以前の広島を舞台に刑事とヤクザの熾烈な攻防を描いた『孤狼の血』、吉永小百合120本目の出演映画『北の桜守』の3本がそれぞれ12部門で優秀賞を獲得した。優秀作品賞にはこの3本のほか、ミニシアターのみで上映がスタートし、口コミで大ブームを引き起こすまでになった映画『カメラを止めるな!』と長瀬智也主演で映画化された『空飛ぶタイヤ』が選ばれており、最優秀賞をめぐる激しい争いが必至の情勢となった。各部門の最優秀賞は日本アカデミー賞協会員の投票によって決められ、3月1日に東京都内で開かれる授賞式で発表される。授賞式の司会は西田敏行と蒼井優。授賞式の模様は、3月1日午後9時から、日本テレビ系で録画放送される。
 各作品は東京都内で2017年12月16日から2018年12月15日までに有料で初公開された優秀な劇場用映画及びアニメーション作品から選ばれた。

★司会の2人


 優秀主演女優賞は、『万引き家族』の安藤サクラ、『日日是好日』の黒木華、『人魚の眠る家』の篠原涼子、『勝手にふるえてろ』の松岡茉優、『北の桜守』の吉永小百合の5名が受賞。

 優秀主演男優賞は、『散り椿』の岡田准一、『終わった人』の舘ひろし、『カメラを止めるな!』の濱津隆之、『孤狼の血』の役所広司、『万引き家族』のリリー・フランキーの5名が受賞。

 優秀助演女優賞は、『日日是好日』の樹木希林、『万引き家族』の樹木希林、『北の桜守』の篠原涼子、『空飛ぶタイヤ』の深田恭子、『孤狼の血』の真木よう子、『万引き家族』の松岡美優の5名が受賞。

 優秀助演男優賞は、『北の桜守』の岸部一徳、『空飛ぶタイヤ』のディーン・フジオカ、『散り椿』の西島秀俊、『検察側の罪人』の二宮和也、『孤狼の血』の松坂桃李の5名が受賞。

 この結果、篠原涼子と松岡美優は主演女優と助演女優を2人ともW受賞したことになる。また、樹木希林は助演女優賞で2作品が優秀賞を獲得した。

 また新人俳優賞には、『羊と鋼の森』の上白石萠歌、『生きてるだけで、愛。』の趣里、『響 HIBIKI』の平手友梨奈、『累 かさね』と『散り椿』の芳根京子、『コーヒーが冷めないうちに』の伊藤健太郎、『坂道のアポロン』と『覚悟はいいかそこの女子。』の中川大志、『スマホを落としただけなのに』と『ビブリア古書堂の事件手帖』の成田凌、『リバーズ・エッジ』の吉沢亮が受賞している。

 優秀アニメーション作品賞は、『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』『ペンギン・ハイウェイ』『未来のミライ』『名探偵コナン ゼロの執行人』『若おかみは小学生!』の5作品が選ばれた。

 また、優秀監督賞は、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、『万引き家族』の是枝裕和監督、『孤狼の血』の白石和彌監督、『北の桜守』の滝田洋一郎監督、『空飛ぶタイヤ』の本木克英と、いずれも優秀作品賞の監督5名が選ばれた。

 各部門の最優秀賞をめぐる最新情勢を探っていこう。

 最優秀作品賞は、『万引き家族』が海外での受賞実績と日本国内での好調な興行成績で一歩リードしているが、かつてのヤクザ映画とも違う現代的な感覚で「暴力」の根源をえぐった『孤狼の血』がすさまじい勢いで追い上げており、一般ファンからの熱狂的な人気に支えられる『カメラを止めるな!』がまさしく2018年の象徴的な映画として選ばれる可能性も強い。もし『カメラを止めるな!』が最優秀作品賞に選ばれた場合は、前代未聞の出来事となるだけに、注目される。『北の桜守』と『空飛ぶタイヤ』は最優秀受賞のためには相当な巻き返しが必要になる。

 最優秀アニメーション作品賞は、『ペンギン・ハイウェイ』と『未来のミライ』の一騎打ちの様相だが、『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』は近年のドラゴンボール映画では出色の出来で、一気に2作品を追い抜く力を持っている。

 最優秀監督賞は、是枝監督がかなりのリードを保っていると思われるが、『カメラを止めるな!』が最優秀作品賞を逃した場合は上田監督の最優秀監督賞も視野に入って来るだけに先行きは不透明だ。

 最も注目される最優秀主演女優賞は、安藤サクラ、黒木華、篠原涼子、松岡茉優、吉永小百合が全くの横一線で並ぶ大接戦で、予想がつかない。

 最優秀主演男優賞は、役所広司とリリー・フランキーが圧倒的なリードを保つが、ノミネート、そして受賞常連組の岡田准一は要注目だ。

 最優秀助演女優賞は、樹木希林の可能性が強いが、『孤狼の血』の真木よう子と『万引き家族』の松岡美優の演技が絶賛されていることから、決して樹木も絶対的有利ではない。

 最優秀助演男優賞は、二宮和也と松坂桃李が激しいつばぜり合い。岸部一徳、ディーン・フジオカ、西島秀俊にも十分可能性がある。


【主要部門の優秀賞受賞者(あるいは作品)】

■優秀作品賞■
「カメラを止めるな!」
「北の桜守」
「孤狼の血」
「空飛ぶタイヤ」
「万引き家族」

■優秀アニメーション作品賞■
「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」
「ペンギン・ハイウェイ」
「未来のミライ」
「名探偵コナン ゼロの執行人」
「若おかみは小学生!」

■優秀監督賞■
上田慎一郎 「カメラを止めるな!」
是枝裕和 「万引き家族」
白石和彌 「孤狼の血」
滝田洋二郎 「北の桜守」
本木克英 「空飛ぶタイヤ」

■優秀主演男優賞■
岡田准一 「散り椿」
舘ひろし 「終わった人」
濱津隆之 「カメラを止めるな!」
役所広司 「孤狼の血」
リリー・フランキー 「万引き家族」

■優秀主演女優賞■
安藤サクラ 「万引き家族」
黒木華 「日日是好日」
篠原涼子 「人魚の眠る家」
松岡茉優 「勝手にふるえてろ」
吉永小百合 「北の桜守」

■優秀助演男優賞■
岸部一徳 「北の桜守」
ディーン・フジオカ 「空飛ぶタイヤ」
西島秀俊 「散り椿」
二宮和也 「検察側の罪人」
松坂桃李 「孤狼の血」

■優秀助演女優賞■
樹木希林 「日日是好日」
樹木希林 「万引き家族」
篠原涼子 「北の桜守」
深田恭子 「空飛ぶタイヤ」
真木よう子 「孤狼の血」
松岡茉優 「万引き家族」

■優秀外国作品賞■
「グレイテスト・ショーマン」
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「スリー・ビルボード」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ミッション:インポッシブル フォールアウト」

■新人俳優賞■
上白石萌歌 「羊と鋼の森」
趣里 「生きてるだけで、愛。」
平手友梨奈 「響 HIBIKI」
芳根京子 「累 かさね」「散り椿」
伊藤健太郎 「コーヒーが冷めないうちに」
中川大志 「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」
成田凌 「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」
吉沢亮 「リバーズ・エッジ」

 その他の部門は日本アカデミー賞公式サイトでご確認ください。

andyhouse777 at 23:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 第26回読売演劇大賞のノミネート(優秀賞)作品が決定(2019)

 第26回読売演劇大賞(読売新聞社主催)の第1次選考会で選ばれた作品、男優、女優、演出家、スタッフの計5部門の優秀賞受賞作品が出そろった。1月17日付の読売新聞朝刊紙上で発表された。これらの作品は同時に、まもなく発表される各部門の最優秀賞、大賞のノミネート作品となる。2018年1月から12月までに日本国内で上演された演劇を対象としている。5部門の「最優秀賞」は、投票委員による投票で決まり、最終選考会を経て2月上旬に「大賞」などとともに発表される。

 ノミネート(優秀賞)作品は次の通り。

■作品賞(公演日順)■
「夜、ナク、鳥」(2月、オフィスコットーネ)
「岸 リトラル」(2〜3月、世田谷パブリックシアター)
「百年の秘密」(4月、ナイロン100℃)
「ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ」(6〜7月、二兎社)
「遺産」(11月、劇団チョコレートケーキ)

■男優賞(五十音順)■
岡本健一「岸 リトラル」「ヘンリー五世」
松尾貴史「ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ」
松下洸平「母と暮せば」「スリル・ミー」
山崎一「シャンハイムーン」「父と暮せば」
横田栄司「ヘンリー五世」「The Silver Tassie 銀杯」

■女優賞(五十音順)■
蒼井優「アンチゴーヌ」「スカイライト」
犬山イヌコ「百年の秘密」「修道女たち」
草笛光子「新・6週間のダンスレッスン」
ソニン「1789 バスティーユの恋人たち」「マリー・アントワネット」
藤山直美「おもろい女」

■演出家賞(五十音順)■
栗山民也「チルドレン」「母と暮せば」
ケラリーノ・サンドロヴィッチ「百年の秘密」「修道女たち」
瀬戸山美咲「夜、ナク、鳥」「わたし、と戦争」
永井愛「ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ」
野木萌葱「731」「Nf3Nf6」

■スタッフ賞(五十音順)■
板橋駿谷「オイディプスREXXX」の作詞・ラップ指導
井上正弘「チルドレン」「豊饒の海」の音響
上田大樹「百年の秘密」「メタルマクベス disc1〜3」の映像
小笠原純「チルドレン」の照明
朴勝哲「スリル・ミー」のピアノ伴奏
 
 最終選考会では、大賞と各部門の最優秀賞のほか、新人が対象の「杉村春子賞」、演劇界への功績を讃えた「芸術栄誉賞」が選出される。
 結果は読売新聞紙上で発表される。

 選考委員は以下の通り(50音順)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 私も2013年までの5年間、共同通信社文化部の演劇担当記者時代に選出のお手伝いをさせていただきました。投票者、選考委員ともに国内の演劇賞最大の規模で、大作から小劇場のお芝居、実験的な作品まで、大変目配りのきいた選考が行われている印象を持ちました。結果を楽しみに待ちたいと思います。

andyhouse777 at 22:37|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 リメイク版『ウエスト・サイド物語』ヒロインに17歳女子高生ユーチューバーを大抜擢(2019)

1961年に公開され世界的な大ヒット作となったミュージカル映画『ウエスト・サイド物語(West Side Story)』のスティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督によるリメイク版のヒロイン「マリア」に、17歳の高校生で演劇オタクのユーチューバー、レイチェル・ゼグラー(Rachel Zegler)が起用されることが明らかになった。CNNなど米メディアが報じている。閑散としたホールでレディー・ガガの主演映画『アリー/スター誕生』の主題歌「シャロウ」を歌う動画がSNSで話題になったことはあるものの、映画出演経験のない女子高生が、3万人が参加したと言われているオーディションで並み居るプロフェッショナルの女優を破ってヒロインの座を手に入れるというおとぎ話のようなシンデレラ・ストーリーに全米が沸いている。



★CNNNews

 『ウエスト・サイド物語』は、シェイクスピアの一大悲劇「ロミオとジュリエット」をベースにして、ニューヨークのダウンタウンで敵対する2つの移民系非行グループの抗争のさなか、グループの垣根を超えて恋に落ちたトニーとマリアがさまざまな誤解やすれ違いから悲しい運命にもてあそばれるミュージカルの名作を映画化し、1961年に公開されると世界的に大ヒット。第34回アカデミー賞で作品賞を含む10部門を受賞するなど映画史上に残るミュージカル映画の金字塔的名作として知られる。

 スピルバーグ監督は2019年から『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5弾(2020年7月10日全米公開)の撮影を始め、それが終わり次第、リメイク版『ウエスト・サイド物語』に取り掛かる予定と報じられており、撮影は2019年夏からとみられている。北米地区での公開は2020年後半から2021年にかけてとみられている。

 ゼグラーが射止めたマリアは、プエルトリコ系アメリカ人の非行グループ・シャーク団のリーダー、ベルナルドの妹。ポーランド系アメリカ人少年で構成されている非行グループ・ジェット団のメンバー、トニーと恋に落ちる。
 映画では、ナタリー・ウッド(Natalie Wood)が演じ、マーニ・ニクソン(Marni Nixon)が歌の吹き替えを担当した。

 ゼグラーはコロンビア系米国人。米メディアの取材に対し「ヒスパニック系コミュニティにとって大きな意味を持つ役柄を演じられることを楽しみにしています」と答えているのには理由があり、今回のリメイク版『ウエスト・サイド物語』でスピルバーグ監督は、近年ハリウッドで問題となっている非白人のキャラクターを白人化する「ホワイトウォッシュ」への反発が世界的に高まっている状況に配慮し、マリア、ベルナルド、アニタ役に関してはラテン系アメリカ人を起用することを明言していたから。
 オリジナル映画版でプエルトリコ系のシャーク団のリーダー、ベルナルドの恋人アニタを演じて第34回アカデミー賞助演女優賞を受賞したプエルトリコ系米国人の女優、リタ・モレノ(Rita Moreno)も新しく設定された役柄である街角の店主「バレンティナ(Valentina)」役で出演することが明らかになっている。
 また、スピルバーグ監督の方針通りに、アニタ役にはアリアナ・デボーズ、ベルナルド役にはデヴィッド・アルヴァレスと、いずれもブロードウェイミュージカルで活躍しているラテン系の俳優がキャスティングされている。

https://www.instagram.com/p/BsoSam6Fotk/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);">
View this post on Instagram

when i played maria on stage a few summers ago, i never could have imagined that i’d be taking on the role again in steven spielberg’s ‘west side story’. i send a huge thank you to everyone who helped make this incredible dream a reality— i never could’ve done it alone. i am so honored to join the legendary @TheRitaMoreno, @ansel, @arianadebose, @davidalvarezofficial, @joshandresrivera and more in telling this impeccably poignant story. as a colombian-american woman growing up in this day and age, strong roles like maria are so important. to be able to bring that role to life— a role that means so much to the hispanic community— is so humbling. i hope you’re all as excited as i am. ♥️✨

rachel zeglerさん(@rachelzegler)がシェアした投稿 -




andyhouse777 at 15:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2019年01月16日

【News】 放送映画批評家協会賞は『ROMA/ローマ』が4冠、アカデミー最有力候補に急浮上(2019)

 米アカデミー賞各賞との近似性があることから前哨戦の一つとして重要視されている第24回放送映画批評家協会賞(Broadcast Film Critics Association Award)が米国時間1月13日発表され、アルフォンソ・キュアロン監督のメキシコ映画『ROMA/ローマ』が作品賞、監督賞、撮影賞、外国語映画賞の4部門で受賞した。『ROMA/ローマ』は2018年公開作品の賞レースの前半では注目されていなかったが、ゴールデン・グローブ賞では監督賞と外国語映画賞をダブル受賞するなど一気に有力候補に挙げられるようになり、『グリーンブック』『アリー/スター誕生』『バイス』『ブラック・クランズマン』などの先頭グループに『ポヘミアン・ラブソディ』『女王陛下のお気に入り』といった英国がらみの作品が猛追していた構図の中に、『ROMA/ローマ』が突然すい星のように上位をうかがう情勢となったことで、アカデミー賞の作品賞争いはますます激しさを増しそうだ。ただ『ROMA/ローマ』はキュアロン監督の出身国であるメキシコ語のせりふであるため、作品賞ではなく外国語映画賞部門にとどまる可能性もあり、賞レースに加わるためには、まずは、米国時間20日に発表されるアカデミー賞のノミネートで作品賞への候補入りをする必要がある。

★受賞スピーチに臨むアルフォンソ・キュアロン監督


★映画『ROMA/ローマ』



★REUTERSNews

 俳優部門では、主演男優賞に、チェイニー元米副大統領の伝記映画『バイス』に主演したクリスチャン・ベールが選ばれた。




 主演女優賞に、『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズと、『アリー/スター誕生』のレディー・ガガが選ばれた。
 レディー・ガガはゴールデン・グローブ賞では、グレン・クローズに主演女優賞を奪われており、今回は同時受賞となったことでようやく賞レースのクライマックスに向けて勢いを付けられそうだ。


★同時受賞となったグレン・クローズ(左)とレディ・ガガ



 助演男優賞は、『グリーンブック』で白人の運転手を雇う黒人ジャズピアニストを熱演したマハーシャル・アリが選ばれた。


 助演女優賞は『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キングが獲得。演技部門は、主演がグレン・クローズとクリスチャン・ベイル、助演がレジーナ・キングとマハーシャル・アリとなり、主演女優賞に食い込んだレディー・ガガを除けば、ゴールデン・グローブ賞と極めて近い受賞の構図となった。アカデミー賞にも大きな影響を与えるとみられる。

 その他、オリジナル脚本賞は『ファースト・リフォームド(原題) / First Reformed』のポール・シュレイダー、長編アニメ賞はまたしても 『スパイダーマン:スパイダーバース』が受賞し、強さを見せた。
 俳優の共演の妙を見るアンサンブル賞は女優3人が演技を激突させている 『女王陛下のお気に入り』が選ばれている。

andyhouse777 at 23:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 キャロル・チャニングが死去、「ハロー・ドーリー!」で一世風靡した伝説のミュージカル女優(2019)

 米ブロードウェー・ミュージカル「ハロー・ドーリー!」でトニー賞主演女優賞を、映画『モダン・ミリー』でゴールデン・グローブ賞助演女優賞を獲得するなど、ミュージカルの舞台や映画で活躍した米女優キャロル・チャニング(Carol Channing)が米国西部時間1月15日、カリフォルニア州ランチョ・ミラージュの自宅で老衰のため死去した。97歳だった。広報担当者が明らかにしたと欧米のメディアが相次いで報じている。

★キャロル・チャニング=2015年撮影
http://www.gettyimages.co.jp/detail/461063200' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★ミュージカル「ハロー・ドーリー!」初演時の様子=1964年撮影
http://www.gettyimages.co.jp/detail/74058372' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 長身でプラチナブロンド、しゃがれた声を持つチャニングは、後にマリリン・モンロー主演によって映画化される「紳士は金髪がお好き」のミュージカル版の1949年の初演にローレライ・リー役で主演で抜擢。さらに1964年には、ブロードウェー・ミュージカル不朽の名作となる「ハロー・ドーリー」初演版で主演のドーリー役に起用され、以降3000回(5000回説もあり)以上この役を演じ続けた。
 芸歴は70年以上にのぼり、1996年には75歳でブロードウェーに復帰。80代まで現役を貫いた。 

 昨年2018年、数回の脳卒中発作を起こし、容体が心配されていた。

 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

andyhouse777 at 22:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2019年01月15日

【News】 全米監督協会賞にはキュアロン監督ら有力5作品の5監督がノミネート(2019)

 受賞作やノミネーションにアカデミー賞監督賞とほぼ同じ傾向があることから毎年、前哨戦として最重要視されている全米監督協会(DGA)賞のノミネートが米国時間1月9日発表され、長編映画監督賞の候補に、ゴールデン・グローブ賞監督賞を受賞した『ROMA/ローマ』のアルフォンソ・キュアロン監督をはじめ、『アリー/スター誕生』でレディ・ガガを輝かせたブラッドリー・クーパー監督、ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門作品賞を受賞した『グリーンブック』のピーター・ファレリー監督、『ブラック・クランズマン』で新たな境地を開拓した巨匠スパイク・リー監督、「最強の副大統領」と言われたチェイニー米元副大統領の半生を描いた『バイス』のアダム・マッケイ監督がノミネートされた。



 俳優で『アリー/スター誕生』でレディ・ガガと共演しているクーパー監督は初めてメガホンを取った監督たちの中から選ばれる「初監督賞」にもノミネートされている。

 全米監督協会(DGA)賞の授賞式は、米国西部時間2月2日、ロサンゼルスのハリウッド&ハイランドセンターで開催される。

andyhouse777 at 02:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2019年01月14日

【News】 市川海老蔵が十三代目市川團十郎を襲名へ、勸玄くんも市川新之助襲名(2019)

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が、2020年に歌舞伎の大名跡「市川團十郎」を十三代目として襲名することが決まった。同時に長男の堀越勸玄くんも、海老蔵さんが若い時期に名乗っていた前名「市川新之助」を八代目として襲名する。1月14日に2人そろって開いた記者会見で発表したと国内の主要メディアが相次いで報じた。海老蔵の父の十二代目團十郎が2013年に病死して以来、7年ぶりの大名跡復活になる。襲名披露興行は2020年11月i福岡市の博多座で、2021年2月に大阪市の大阪松竹座で行われ、2021年3月には地方巡業があり、2021年4月に名古屋市の御園座で行われる。さらに2021年9月に地方巡業があり、2021年11月に京都市の南座でも行われる予定。 海老蔵は「市川團十郎」の後に、かつて五代目團十郎が「人間にかなわない猿」に自身を例えて「父や祖父にかなわない」との意味を込めた團十郎家の俳号でもある「白猿」を付け、正式には「團十郎白猿(だんじゅうろうはくえん)」を名乗る。團十郎家は市川宗家とも呼ばれる江戸歌舞伎を代表する名門で、歌舞伎界は大きな節目を迎える。

 初代の市川團十郎(1660〜1704)は江戸時代に歌舞伎界で頭角を現し、江戸歌舞伎の「荒事芸」を始めた人物。以後、江戸末期に活躍した七代目(1791〜1859)が「歌舞伎十八番」を定めて、歌舞伎の基礎を固め、現代に至るまで歌舞伎界の中心的な存在として注目を浴び続けている。
 海老蔵は1983年に5歳で初お目見えを果たし、1985年に七代目新之助を襲名。2004年に十一代目海老蔵を襲名した。
 2010年にキャスターの小林麻央さんと結婚し、2011年に長女の麗禾ちゃんが、2013年には長男の勸玄くんが誕生。2013年には父の十二代目團十郎を、2017年には妻の麻央さんを病気で亡くした。

 海外公演も含め歌舞伎で精力的な活躍を続ける一方、漫画の原作者と組んだ歌舞伎に企画から関わったほか、斬新さで高い評価を受けた「六本木歌舞伎」も2015年にスタート。NHKの大河ドラマ「MUSASHI」の主演のほか、映画『利休にだすねよ』などの演技も評価されている。

 勸玄くんは「このたび父も名乗っておりました、市川新之助の名跡を八代目として相続いたします。どうぞよろしくお願いいたします」と立派な挨拶で襲名を報告した。

andyhouse777 at 15:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 関東で震度4〜3、M4.9、緊急地震速報発報も津波の心配なし(2019)

 2019年1月14日午後1時23分ごろ、関東全域でやや強い揺れがあり、茨城県北部の笠間市と栃木県南部の栃木市、小山市、下野市、高根沢町、埼玉県北部の加須市、久喜市で震度4を観測。福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京の各都県でも震度3の揺れがあった。震源地は茨城県南部地方で、震源の深さは約50キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4.9と推定される。この地震による津波の心配はないという。
 東京都心でも7秒前から緊急地震速報が発報され、数秒間の小刻みな揺れが感じられた。



andyhouse777 at 13:46|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【舞台】 レベッカ 保坂知寿・平野綾バージョン(2018-2019)

 あのレベッカが帰ってきた−。20世紀半ばに活躍した女流作家、ダフニ・デュ・モーリエ(Dame Daphne du Maurier)の一世一代の小説がウィーンで舞台化され、2008年の日本人キャストによる公演も大きな反響を呼んだミュージカル「レベッカ」が、日本初演から数えて3度目の上演が続いている。しかも8年前の2度目の公演は帝国劇場などの大劇場バージョンとして上演されたため、もともとシアタークリエのオープニングシリーズ第3弾として上演された2008年の日本初演からは10年ぶりのシアタークリエ公演となり、コンパクトな空間の中で人々の怨念や魂の叫びが響く濃密な公演となっている。8年前にダンヴァース夫人役での憑依ぶりが絶賛された涼風真世に加えて演技派の保坂知寿がダブルキャストで登場。運命の対決を余儀なくされる「わたし」には初演から支えてきた大塚千弘(初演、再演時は大塚ちひろ)に加えて、近年のミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイのミュージカルで活躍が続く平野綾と、恵まれた音楽的才能を持った乃木坂46メンバーの桜井玲香がトリプルキャストで臨んでおり、万全の布陣となっている。さまざまな組み合わせが楽しめるが、このうち保坂と平野のバージョンでは、妻を失った大邸宅の当主の悲しみを和らげる癒しの力を持った「わたし」が、よそ者、後妻などといったマイナスイメージを背負いながらも、前妻の信奉者たちの切っ先の強い陰湿さに立ち向かう姿を明解に表現した平野が秀逸。単なる抵抗者としてではなく、揺るぎない信念を持った人間性を鮮やかに見せた保坂の深みのある演技力とも相まって、観客をぐっと引き込むスケールの大きな世界観を構築していた。山口祐一郎の謎めいた英国紳士ぶりも板についており、劇場全体を物語の舞台である英国の邸宅マンダレイのスピリチュアルな雰囲気で満たしている。
 ミュージカル「レベッカ」は1月5日〜2月5日に東京・日比谷のシアタークリエで上演される。これに先立って昨年2018年12月1〜4日に東京・北千住のシアター1010で上演されたプレビュー公演と12月8〜9日に愛知県刈谷市の刈谷市総合文化センターアイリス大ホールで上演された愛知刈谷公演、12月15〜16日に福岡県久留米市の久留米シティプラザ ザ・グランドホールで上演された福岡久留米公演、12月20〜28日に大阪市の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演された大阪公演はすべて終了しています。

 なお、本作はダンヴァース夫人役がダブルキャスト、「わたし」役がトリプルキャストであるため、さまざまな組み合わせが組まれていますが、劇評を掲載するのは、「涼風・桜井バージョン」と「保坂・平野バージョン」に限らせていただきます。ご了承ください。
 「レベッカ 涼風・桜井バージョン」の劇評も既に当ブログで掲載済みです。ぜひともあわせてお読みください。(一部重複している部分があります。ご了承ください)

★劇評の続きを含む劇評の全体像はクリエイターの作品発表型SNSサイト「note」で有料(300円)公開しています。作品の魅力や前提となる設定の説明。保坂知寿さんや平野綾さんらの演技に対する批評などが掲載されています。

【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無料でお読みいただけるサービスは2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。

★ミュージカル「レベッカ 保坂知寿・平野綾バージョン」の一場面。対峙する宿命の2人。平野綾(左)と保坂知寿(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ保坂平野レベッカの間狂気30A_0123

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 保坂知寿・平野綾バージョン」の一場面。支え合う2人。平野綾(左)と山口祐一郎(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ保坂平野夫婦の絆ヨコ30B_0531

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 保坂知寿・平野綾バージョン」の一場面。山口祐一郎(左)と平野綾(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ保坂平野ボートハウスの夫婦告白30A_0326

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 保坂知寿・平野綾バージョン」の一場面。パーティーで披露したドレスが思わぬ波紋を呼ぶ。中央が平野綾(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ保坂平野禁断のレベッカドレス29A_0896

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 保坂知寿・平野綾バージョン」の一場面。親友であり邸宅の管理人でもあるフランク・クローリーと話し込むマキシム。山口祐一郎(左)と石川禅(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ保坂平野投手と執事30B_0574

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 保坂知寿・平野綾バージョン」の一場面。きずな深める夫婦。山口祐一郎(左)と平野綾(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ保坂平野夫婦の絆タテ30A_0678

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ」公式サイト

 出演は、山口祐一郎、(「わたし」トリプルキャスト)大塚千弘、平野綾、桜井玲香、石川禅、吉野圭吾、今拓哉、tekkan、KENTARO、出雲綾、森公美子、(「ダンヴァース夫人」ダブルキャスト)涼風真世、保坂知寿。朝隈濯朗、奥山寛、後藤晋彦、武内耕、田中秀哉、福永悠二、池谷祐子、樺島麻美、河合篤子、島田彩、柳本奈都子、山田裕美子。

 ミュージカル「レベッカ」は1月5日〜2月5日に東京・日比谷のシアタークリエで上演される。これに先立って昨年2018年12月1〜4日に東京・北千住のシアター1010で上演されたプレビュー公演と12月8〜9日に愛知県刈谷市の刈谷市総合文化センターアイリス大ホールで上演された愛知刈谷公演、12月15〜16日に福岡県久留米市の久留米シティプラザ ザ・グランドホールで上演された福岡久留米公演、12月20〜28日に大阪市の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演された大阪公演はすべて終了しています。

 上演時間は、約2時間50分(休憩20分含む)。

★チケット情報(東京公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。
★当日券・当日キャンセル券についてのお知らせ

andyhouse777 at 01:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----ミュージカル

2019年01月13日

【News=速報】 市原悦子が死去(2019)

 テレビドラマ「家政婦は見た!」の主演やアニメ「まんが日本昔ばなし」のナレーションなどで知られる女優の市原悦子が1月12日午後1時31分、心不全のため死去したことが13日になって分かった。82歳だった。13日夜になって、国内の主要メディアが相次いで報じている。メディアの報道によると、通夜は17日午後8時から、告別式は18日午前11時から、東京都港区の青山葬儀所で行われる予定。病気療養中だった。





andyhouse777 at 20:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【舞台】 レベッカ 涼風真世・桜井玲香バージョン(2018-2019)

 20世紀半ばに活躍した女流作家、ダフニ・デュ・モーリエ(Dame Daphne du Maurier)の一世一代の小説がウィーンで舞台化されたミュージカル「レベッカ」が、日本初演から3度目の上演が続いている。しかも8年前の2度目の公演は帝国劇場などの大劇場バージョンとして上演されたため、もともとシアタークリエのオープニングシリーズ第3弾として上演された2008年の日本初演からは10年ぶりのシアタークリエ公演となり、コンパクトな空間の中で人々の怨念や魂の叫びが響く濃密な公演となっている。8年前にダンヴァース夫人役への憑依ぶりが絶賛された涼風真世に加えて演技派の保坂知寿がダブルキャストで登場。運命の対決を余儀なくされる「わたし」には初演から支えてきた大塚千弘(初演、再演時は大塚ちひろ)に加えて、近年のミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイのミュージカルで活躍が続く平野綾と、恵まれた音楽的才能を持った乃木坂46メンバーの桜井玲香がトリプルキャストで臨んでおり、万全の布陣となっている。さまざまな組み合わせが楽しめるが、このうち涼風と桜井のバージョンでは、「おどおどした若い後妻」から「当主を支える信念の妻」へと鮮やかな変貌を遂げる「わたし」をしなやかに表現する桜井に、涼風は狂気においても冷静さを失わないダンヴァース夫人のクールな魅力を発揮。「対決」としても「情念の絡ませ合い」としても一級品の空気を創り出すことに成功している。山口祐一郎の謎めいた英国紳士ぶりも板についており、劇場全体を物語の舞台である英国の邸宅マンダレイのスピリチュアルな雰囲気で満たしている。
 ミュージカル「レベッカ」は1月5日〜2月5日に東京・日比谷のシアタークリエで上演される。これに先立って昨年2018年12月1〜4日に東京・北千住のシアター1010で上演されたプレビュー公演と12月8〜9日に愛知県刈谷市の刈谷市総合文化センターアイリス大ホールで上演された愛知刈谷公演、12月15〜16日に福岡県久留米市の久留米シティプラザ ザ・グランドホールで上演された福岡久留米公演、12月20〜28日に大阪市の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演された大阪公演はすべて終了しています。

 なお、本作はダンヴァース夫人役がダブルキャスト、「わたし」役がトリプルキャストであるため、さまざまな組み合わせが組まれていますが、劇評を掲載するのは、「涼風・桜井バージョン」と「保坂・平野バージョン」に限らせていただきます。ご了承ください。
 「レベッカ 保坂・平野バージョン」の劇評も当ブログで既に掲載済みです。合わせてお楽しみください。

★劇評の続きを含む劇評の全体像はこちらのサイト「note」で有料公開しています。作品の魅力や前提となる設定の説明。涼風真世さんや桜井玲香さんらの演技に対する批評などが満載されています。

【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無料でお読みいただけるサービスは2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。

★ミュージカル「レベッカ 涼風真世・桜井玲香バージョン」の一場面。3人に運命の時は迫る。左から桜井玲香、山口祐一郎、涼風真世(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ涼風桜井夫婦と女中頭30A_0851

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 涼風真世・桜井玲香バージョン」の一場面。山口祐一郎(左)と桜井玲香(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ涼風桜井手を取り合う夫婦30B_0323

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 涼風真世・桜井玲香バージョン」の一場面。対峙する宿命の2人。桜井玲香(左)と涼風真世(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ涼風桜井レベッカの間対峙30A_0202

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 涼風真世・桜井玲香バージョン」の一場面。中央が桜井玲香(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ涼風桜井迫る影28_0230

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ 涼風真世・桜井玲香バージョン」の一場面。きずな深める夫婦。山口祐一郎(左)と桜井玲香(写真提供・東宝演劇部)
レベッカ涼風桜井きずな深める夫婦30A_0834

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「レベッカ」公式サイト

 出演は、山口祐一郎、(「わたし」トリプルキャスト)大塚千弘、平野綾、桜井玲香、石川禅、吉野圭吾、今拓哉、tekkan、KENTARO、出雲綾、森公美子、(「ダンヴァース夫人」ダブルキャスト)涼風真世、保坂知寿。朝隈濯朗、奥山寛、後藤晋彦、武内耕、田中秀哉、福永悠二、池谷祐子、樺島麻美、河合篤子、島田彩、柳本奈都子、山田裕美子。

 ミュージカル「レベッカ」は1月5日〜2月5日に東京・日比谷のシアタークリエで上演される。これに先立って昨年2018年12月1〜4日に東京・北千住のシアター1010で上演されたプレビュー公演と12月8〜9日に愛知県刈谷市の刈谷市総合文化センターアイリス大ホールで上演された愛知刈谷公演、12月15〜16日に福岡県久留米市の久留米シティプラザ ザ・グランドホールで上演された福岡久留米公演、12月20〜28日に大阪市の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演された大阪公演はすべて終了しています。

 上演時間は、約2時間50分(休憩20分含む)。

★チケット情報(東京公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。
★当日券・当日キャンセル券についてのお知らせ

andyhouse777 at 19:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----ミュージカル

2019年01月11日

【News=速報】 第13回アジア・フィルム・アワードは『万引き家族』の6部門など14部門で日本作品がノミネート入り(2019)

 「アジア全域版のアカデミー賞」とも言われる第13回アジア・フィルム・アワードのノミネート作品が香港時間1月11日に発表され、日本からは是枝裕和監督の『万引き家族』が作品賞と監督賞、主演女優賞(安藤サクラ)、助演女優賞(松岡美優)、作曲賞(細野晴臣)、美術賞(三ツ松けいこ)と6部門の候補として選出されたのをはじめ、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が新人監督賞の候補に、『孤狼の血』の役所広司が主演男優賞の候補に、『斬、』の塚本晋也監督が助演男優賞と編集賞の候補に、『寝ても覚めても』の唐田えりかが新人俳優賞の候補に、『パンク侍、斬られて候』の澤田石和寛が衣裳デザイン賞の候補に、『パンク侍、斬られて候』の尾上克郎が視覚効果賞の候補に、『斬、』の北田雅也が音響賞の候補に選ばれ、日本作品は14部門でノミネート入りを果たした。
 今回の審査委員長は、映画『ラスト・エンペラー』に出演した俳優で映画監督でもあるジョアン・チェン。日本からは俳優の渡辺謙が審査委員として参加している。
 授賞式は3月17日に香港で開かれる。



 アジア・フィルム・アワードは2007年に創設され、2013年からは日本の東京国際映画祭、韓国の釜山国際映画祭、香港国際映画祭が提携した団体によって運営されているため、「アジアのアカデミー賞」とも言われるようになっている。

 今回の作品賞候補には、『万引き家族』のほか、韓国の『バーニング 劇場版』、中国の『ニセ薬じゃない!』、中国の『轢き殺された羊』、インドの『Sanju』が選ばれている。

andyhouse777 at 23:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News】 『カメラを止めるな!』地上波テレビ放送が決定、日時は未定(2019)

 ミニシアターのみで上映がスタートし、口コミで大ブームを引き起こすまでになった映画『カメラを止めるな!』が日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜夜9:00)で放送されることが分かった。国内の主要芸能ニュースサイトが相次いで報じている。ただし放送日時は未定で、決定次第、発表される予定だ。

★2018年に開催された東京国際映画祭のレッドカーペットに集結した出演メンバーら
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1053263768' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 映画『カメラを止めるな!』は、2017年に映画クリエイターや俳優の養成機関である「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクトの一環として上田慎一郎監督のもと製作され、11月に新宿の小さな映画館で他1作と共に6日間限定で公開された後、2018年6月には池袋のシネマ・ロサの2館で単独劇場公開となった。ゾンビ映画の撮影中にゾンビに襲撃されるという筋立て(ここにもわなが仕掛けられているが…)が多くの謎をはらむ展開に観客が熱狂。一部のマニアや著名人などに口コミで噂が広がり、社会現象化した。上映劇場は瞬く間に300館以上に拡大した。
 2018年後半には「ユーキャン新語・流行語大賞2018」にもノミネートされ、上田慎一郎監督や出演していた真魚やしゅはまはるみ、濱津隆之、秋山ゆずき、竹原芳子ら無名の俳優がテレビに引っ張りだこの状態となった。

★映画『カメラを止めるな!』上映劇場リスト(一部、上映が終了している劇場も含まれている可能性があります。お出かけの際はご自身で各映画館にお確かめください)

andyhouse777 at 23:01|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 英国アカデミー賞は『女王陛下のお気に入り』が12部門にノミネートと圧倒(2019)

 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)による英国アカデミー賞のノミネートが英国時間1月9日発表され、18世紀の英王室を舞台に女王アンと友人や召使いとの日々を描いた『女王陛下のお気に入り(The Favourite)』(日本公開2月15日)が作品賞など12部門で候補入りし、最多ノミネートとなった。作品賞には先日、発表された第76回ゴールデン・グローブ賞のコメディ/ミュージカル部門で作品賞を獲得した黒人ジャズピアニストと雇われ白人運転手との交流を描いた『グリーンブック』や、黒人監督の旗手スパイク・リーが白人至上主義の秘密結社「KKK(クー・クラックス・クラン)」に潜入捜査に入った黒人刑事を描いた『ブラック・クランズマン』など米国で話題の映画もノミネートされたほか、レディ・ガガ初の本格的主演映画で、共演したブラッドリー・クーパーの初監督作品でもある『アリー/スター誕生』や、オスカー監督であるアルフォンソ・キュアロン監督が第76回ゴールデン・グローブ賞で監督賞と外国語映画賞をダブル受賞した『ROMA/ローマ』と有力5作品が並ぶガチンコ勝負となっており、大激戦が予想されている。第76回ゴールデン・グローブ賞を席巻した『ボヘミアン・ラプソディ』は作品賞から漏れたが、英国作品賞には入った。また、外国語映画賞には日本是枝裕和監督の『万引き家族』が入り、第76回ゴールデン・グローブ賞で後塵を拝した『ROMA/ローマ』に一泡吹かせるかが注目される。
 英国アカデミー賞の授賞式は英国時間2月10日(日本時間11日午前)にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われる。

★英国アカデミー賞のノミネートで作品賞、主演女優賞、助演女優賞など12部門ものノミネートを獲得した『女王陛下のお気に入り』の主要3女優。左からレイチェル・ワイズ、オリビア・コールマン、エマ・ストーン
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1052458054' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 俳優部門では、主演女優賞でその『女王陛下のお気に入り』でアン王女を演じたオリビア・コールマンが候補入りしたのをはじめ、第76回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演女優賞を獲得したグレン・クローズと、同賞を逃したレディ・ガガもノミネートされた。
 主演男優賞では、ガガと共演した『アリー/スター誕生』のブラッドリー・クーパーと、各地の映画賞で激賞されている『バイス』のクリスチャン・ベール、『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが候補入り。第76回ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門で助演のマハーシャラ・アリは男優賞を獲得したが主演は逃した『グリーンブック』のヴィゴ・モーテンセンが入り、雪辱を期す好位置につけた。
 助演では、女優賞で、『バイス』のエイミー・アダムスと『ファースト・マン』のクレア・フォイが食い込んだものの、『女王陛下のお気に入り』のエマ・ストーンとレイチェル・ワイズ、そして『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』のマーゴット・ロビーがノミネートされるなど、相変わらず英国では女王陛下ものに人気が集中している。
 男優では、『グリーンブック』のマハーシャラ・アリや『バイス』のサム・ロックウェルといった注目株に、昨年『君の名前で僕を呼んで』で世界中を熱くさせた美青年ティモシー・シャラメが『ビューティフル・ボーイ』で候補の一角に食い込んでいるのが話題だ。

 監督賞には、『女王陛下のお気に入り』のヨルゴス・ランティモス監督、『ROMA/ローマ』のアルフォンソ・キュアロン監督といった大物に加えて、『アリー/スター誕生』で初監督の俳優、ブラッドリー・クーパーも入った。
 オリジナル脚本賞では実在の人物の裏側を強烈なオリジナリティーで描き出した『女王陛下のお気に入り』とチェイニー副大統領の内幕『バイス』などが選ばれた。
 原作のある脚色賞では、4度目の映画化となる『アリー/スター誕生』や米国史にひもづけられた『ブラック・クランズマン』『ファースト・マン』『ビール・ストリートの恋人たち』などが選ばれた。

 アニメーション映画賞は日本アニメが入らず、日本を舞台にしたウェス・アンダーソン監督の『犬ヶ島』が候補入り。『インクレディブル・ファミリー』『スパイダーマン スパイダーバース』という2つの米国アニメと覇を競う。

 ノミネーションの部門の数の多さは近年の映画祭では作品賞受賞に結びついておらず、当ブログでもあまり重要視しないが、参考までに記しておくと、ダントツの12部門で候補入りした『女王陛下のお気に入り』に続く7ノミネートを獲得したのは、『ROMA/ローマ』、『アリー/スター誕生』、『ボヘミアン・ラプソディ』とデイミアン・チャゼル監督の『ファースト・マン』の4作品。『バイス』が6部門、『ブラック・クランズマン』が5部門でのノミネートとなっている。

 英国の作品に絞った英国作品賞には、マイケル・ピアースの長編初監督作品『Beast』や、その突然の他界に世界が涙したデザイナー、アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー『McQueen』、伝説のコメディアンコンビを描くジョン・S・ベアード監督の『スタン&オリー(原題)』、リン・ラムジー監督の『ビューティフル・デイ』が選ばれている。

 なお、 英国アカデミー賞で唯一、一般投票で決定される新人賞「EEライジングスター賞」の候補は発表済みで、映画『ダンケルク』での瑞々しい演技が注目された男優、バリー・コーガン(Barry Keoghan)やスーパーヒーロー映画『ブラックパンサー』でブラックパンサーの異母妹でワガンダ王国の王女シュリを演じた女優、レティーシャ・ライト(Letitia Wright)、トニー賞とグラミー賞を受賞しているミュージカル女優で映画『Widows(原題)』が話題のシンシア・エリヴォ(Cynthia Erivo)、昨年話題になったコメディホラー映画『ゲット・アウト』に出演していた俳優でラッパーのキース・スタンフィールド(Keith Stanfield)、アイルランド生まれで「戦争と平和」「TABOO」などのテレビドラマで人気の歌手・女優、ジェシー・バックレイ(Jessie Buckley)といった才能豊富な5人が候補に選ばれている。

 ノミネート作品や候補者は次の通り。

■作品賞■
「ブラック・クランズマン」
「女王陛下のお気に入り」
「グリーンブック」
「ROMA ローマ」
「アリー スター誕生」

■英国作品賞■
「Beast」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「女王陛下のお気に入り」
「McQueen」
「スタン&オリー(原題)」
「ビューティフル・デイ」

■主演男優賞■
ブラッドリー・クーパー 「アリー スター誕生」
クリスチャン・ベール「バイス」
ラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」
スティーブ・クーガン「スタン&オリー(原題)」
ビゴ・モーテンセン「グリーンブック」

■主演女優賞■
グレン・クローズ「天才作家の妻 40年目の真実」
レディー・ガガ 「アリー スター誕生」
メリッサ・マッカーシー「Can You Ever Forgive Me?」
オリビア・コールマン「女王陛下のお気に入り」
ビオラ・デイビス「妻たちの落とし前」

■助演男優賞■
アダム・ドライバー「ブラック・クランズマン」
マハーシャラ・アリ「グリーンブック」
リチャード・E・グラント「Can You Ever Forgive Me?」
サム・ロックウェル「バイス」
ティモシー・シャラメ「ビューティフル・ボーイ」

■助演女優賞■
エイミー・アダムス「バイス」
クレア・フォイ「ファースト・マン」
エマ・ストーン「女王陛下のお気に入り」
マーゴット・ロビー「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
レイチェル・ワイズ「女王陛下のお気に入り」

■監督賞■
スパイク・リー「ブラック・クランズマン」
パベウ・パブリコフスキ 「Cold War」
ヨルゴス・ランティモス「女王陛下のお気に入り」
アルフォンソ・キュアロン「ROMA ローマ」
ブラッドリー・クーパー 「アリー スター誕生」

■オリジナル脚本賞■
「Cold War」
「女王陛下のお気に入り」
「グリーンブック」
「ROMA ローマ」
「バイス」

■脚色賞■
「ブラック・クランズマン」
「Can You Ever Forgive Me?」
「ファースト・マン」
「ビール・ストリートの恋人たち」
「アリー スター誕生」

■撮影賞■
「ボヘミアン・ラプソディ」
「Cold War」
「女王陛下のお気に入り」
「ファースト・マン」
「ROMA ローマ」

■編集賞■
「ボヘミアン・ラプソディ」
「女王陛下のお気に入り」
「ファースト・マン」
「ROMA ローマ」
「バイス」

■衣装デザイン賞■
「バスターのバラード」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「女王陛下のお気に入り」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

■アニメーション映画賞■
「インクレディブル・ファミリー」
「犬ヶ島」
「スパイダーマン スパイダーバース」

■外国語映画賞■
「Capernaum」
「Cold War」
「Dogman」
「ROMA ローマ」
「万引き家族」

■ドキュメンタリー賞■
「Free Solo」
「McQueen」
「RBG」
「They Shall Not Grow Old」
「まったく同じ3人の他人」

andyhouse777 at 20:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2019年01月10日

【News】 ゴールデン・グローブ賞の視聴者数は微減にとどまる、要因は人気者出演か『ボヘミアン・ラプソディ』の大逆転劇か(2019)

 米国西部時間1月6日に行われた第76回ゴールデン・グローブ賞の授賞式中継の全米での視聴者数は1860万人と昨年からわずが2%の減少とほぼ横ばいにとどまり、視聴者数が約15%落ち込んだ昨年のアカデミー賞やグラミー賞など大型エンターテインメントイベントへの大きな人気低下傾向になんとかストップをかけたかっこうになった。放送したNBCが7日に発表したとロイター電などが報じている。ただ、今年は候補作にレディ・ガガ主演の『アリー/スター誕生』など人気作が並び、スーパースターやセレブの出演が多かったためとする意見もあり、視聴者数を増やすために、「人気映画部門」とでも呼べそうな、興行的に人気を集めた映画に贈る新たな賞がアカデミー賞に創設される計画がいったん撤回となったものの、再び議論の遡上に上げられるきっかけとなる可能性もあり、大きな反響を呼びそうだ。また今回の視聴者数の踏ん張りの要因を、大衆に圧倒的な人気のある映画『ボヘミアン・ラプソディ』がドラマ部門の作品賞に輝いたことに求める専門家の意見もあり、今後のさまざまなエンタメイベントの進行フォーマットにも影響を与えそうだ。

★『ボヘミアン・ラプソディ』主演のラミ・マレックはドラマ部門の主演男優賞にも輝いた
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078647430' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 今回のゴールデン・グローブ賞では、ドラマ部門の作品賞に『ボヘミアン・ラプソディ』のほかに、レディ・ガガの本格的初主演作品で、共に主演を務めた人気俳優、ブラッドリー・クーパーの初監督作品でもある『アリー/スター誕生』をはじめ、あの『アベンジャーズ』を超えて北米で史上最高の興行成績を獲得したスーパーヒーロー映画『ブラックパンサー』や、白人刑事と連携しながら白人至上主義の秘密結社KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査に入った黒人刑事のスリリングな日々をつづった闘う名匠スパイク・リーの『ブラック・クランズマン』などが候補入りし、注目度が高かったのは事実。
 さらに大方の予想では知名度・話題性の上に、映画作品としての評価も高い『アリー/スター誕生』がぶっちぎりの受賞を遂げるのではないかとみられていた情勢の中で、『ボヘミアン・ラプソディ』がなみいる強敵を蹴散らして受賞するという劇的な展開。そして会場にも姿を見せたブライアン・メイらクイーンのメンバーへの敬意にあふれた主演俳優ラミ・マレックの感動的なスピーチなど、見どころの多いショウとなったことも視聴者数の歯止めにつながったと思われる。

 音楽の祭典であるグラミー賞にはどれほどの影響があるかは計り知れないが、今回の第76回ゴールデン・グローブ賞の受賞結果によって、アカデミー賞やそれにつながる各賞への影響はあまりにも大きく、『ボヘミアン・ラプソディ』の大逆転劇が本家アカデミー賞でも見られるのかどうかをファンならずとも固唾を飲んで見守る情勢となったことから、アカデミー賞の視聴者数には好影響が予想される。放送時間が4時間から3時間に短縮されたことも視聴者数減少の歯止めには良い影響を与えそうだ。

 しかし芸術性・社会性を重視するアカデミー賞が、伝説的バンドの伝記映画である『ボヘミアン・ラプソディ』をどう評価するかはまったくの未知数で、まずは22日に発表されるアカデミー賞のノミネートが世界中から大きな注目を集めることは必至だ。『ボヘミアン・ラプソディ』がノミネートにまったく入らなければ、社会問題にも発展しかねないだけに、ノミネート発表当日の米国・英国のネットへの書き込みには要注意だ。

 第91回アカデミー賞授賞式は、2月24日夜(日本時間25日午前)にロサンゼルスで開催される。

andyhouse777 at 01:31|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2019年01月08日

【News=速報】 西野カナが無期限活動休止へ(2019)

 人気歌手の西野カナが活動休止することが分かった。1月8日に公式ホームページで発表したと国内の主要メディアが報じている。「来月のライブを終えたら」としていることから、来月2月1〜3日に横浜アリーナで開催される3日間公演の後に活動休止に入るとみられる。休止中は「やってみたいこともたくさんあります。期限を決めずにいろいろと挑戦したいと思っています」としている。復帰に関して「またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたい」との表現をしていることから、時期については未定とみられる。

★西野カナのTwitter公式アカウント


 西野は2008年にデビューし、「Best Friend」「会いたくて 会いたくて」「Darling」「トリセツ」などが次々とヒット。昨年末まで9年連続9回、紅白歌合戦に出場している。2016年には日本レコード大賞に輝いた。

andyhouse777 at 22:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News=速報】 関東でM4.2、震度2の都心でも小さな突き上げ(2019)

 2019年1月8日午後1時35分ごろ、千葉県南部で揺れがあり、関東地方の広い範囲で震度2〜1の揺れが観測された。震源地は千葉県南部地方で、震源の深さは約50キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4.2と推定される。この地震による津波の心配はないという。
 東京都心では震度2程度だったが、一度だけ体を揺らすような強い突き上げがあり、その後は一切揺れを感じなかった。

andyhouse777 at 02:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2019年01月07日

【News=速報】 『グリーンブック』は順当も大逆転『ボヘミアン・ラプソディ』が作品賞に、第76回ゴールデン・グローブ賞結果が賞レースに激震(2019)

 アカデミー賞の前哨戦の中では最もメジャーな第76回ゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)の授賞式が米国西部時間1月6日にロサンゼルス市内のホテルで開かれ、ミュージカル/コメディ部門ではピーター・ファレリーがメガホンを取り、黒人ジャズピアニストと用心棒兼運転手として雇われた白人男が友情を育むロードムービー『グリーンブック』が作品賞、脚本賞など3冠を獲得。ドラマ部門では日本など世界各地で大ヒットを記録し続けている英国の伝説的バンド「クイーン」の伝記的映画『ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)』が、ドラマ部門の作品賞とドラマ部門の男優賞を受賞して2冠を達成。予想外の大逆転を許したもののアカデミー賞の有力候補であることには変わりのないドラマ部門の『アリー/スター誕生』、『ブラックパンサー』、『ブラック・クランズマン』、『ビール・ストリートの恋人たち』や、ミュージカル/コメディ部門の『女王陛下のお気に入り』、『バイス』とともに、22日にノミネート作品が発表されるアカデミー賞など賞レースの最終局面に突入することになった。批評家らに好評価の『グリーンブック』は我が道を行く泰然自若ぶりが目立つが、評価が分かれていた『ボヘミアン・ラプソディ』が名うての有力候補を破ったことで、アカデミー賞は史上まれに見る大混戦となることも予想される。またドラマ部門の作品賞、男優賞、女優賞は確実とみられていたオールスター軍団の『アリー/スター誕生』がどのような巻き返しに出るか目が離せない情勢となって来た。芸術性・社会性を重視するアカデミー賞が『ボヘミアン・ラプソディ』をどう評価するのかにも注目が集まりそうだ。
 なお外国語映画賞にノミネートされていた是枝裕和監督の『万引き家族』とアニメーション映画賞にノミネートされていた細田守監督の『未来のミライ』はいずれも受賞を逃した。日本を舞台にしたウェス・アンダーソン監督のアニメ映画『犬ヶ島』も受賞はならなかった。
 ゴールデン・グローブ賞はハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員90人超の投票によって選出される。

★第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式でドラマ部門作品賞を獲得した『ボヘミアン・ラプソディ』チーム
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078450122' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



★第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式で受賞を喜ぶ『グリーンブック』チーム
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078498050' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



★第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式後のパーティーでクイーンのメンバー、ブライアン・メイ(左)と喜びを分かち合うラミ・マレック
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078573694' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 俳優関係では、『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックがドラマ部門の男優賞を受賞したのをはじめ、女優賞には有力視された『アリー/スター誕生』のレディ・ガガではなく、『天才作家の妻 −40年目の真実−』で現代文学の巨匠の妻を演じたグレン・クローズが獲得した。



http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078647430' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★第76回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞を受賞したラミ・マレック(左)と主演女優賞を受賞したグレン・クロース
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078542012' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



★第76回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演女優賞を受賞し、撮影に応じるグレン・クロース
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078631084' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 ミュージカル/コメディ部門では『バイス』のクリスチャン・ベイルが男優賞を、『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンが女優賞を受賞し、アカデミー賞有力候補作品から順当に選ばれている。



★第76回ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門の主演男優賞を受賞し、にんまりのクリスチャン・ベイル
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078435702' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



★第76回ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門主演女優賞のトロフィーを掲げるオリヴィア・コールマン
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1090730632' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 部門別に分かれていない助演俳優では、『グリーンブック』でジャズピアニストを演じたマハーシャラ・アリが助演男優賞を、『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キングが助演女優賞を獲得し、着実な演技が受賞に結びついた。



★第76回ゴールデン・グローブ賞助演男優賞のトロフィーを持ち充実した表情のマハーシャラ・アリ
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078647474' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



★第76回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞を受賞したレジーナ・キング=撮影は発表前です
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078335402' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 音楽関係では、レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの共演作『アリー/スター誕生』で2人が歌い世界的大ヒット中の「シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』愛のうた」が主題歌賞を受賞。作曲賞は人類で初めて月面に降り立ったアームストロングを描いた『ファースト・マン』のジャスティン・ハーウィッツが、『ラ・ラ・ランド』に続き2作品連続2度目の受賞を果たした。



★第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式にプレゼンターとして登場した『アリー/スター誕生』主演の2人。ブラッドリー・クーパー(左)とレディー・ガガ
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078348948' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



 日本が受賞を逃した部門では、アニメーション映画賞で『スパイダーマン:スパイダーバース』が、外国語映画賞でアルフォンソ・キュアロンがメガホンを取った『ROMA / ローマ』が受賞した。





★第76回ゴールデン・グローブ賞監督賞を受賞し、外国語映画賞と2つのトロフィーを掲げるアルフォンソ・キュアロン
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1090724314' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 監督賞はその『ROMA / ローマ』を撮ったアルフォンソ・キュアロン監督が受賞したが、アカデミー賞を獲ったほどの大監督が母国のメキシコ語で撮った作品とはいえ、外国語映画部門に入れることで、他の純粋な外国語映画の受賞をしにくくする今回のようなケースにはやや違和感も残る。監督賞を与えるのであれば、外国語映画部門でなくても良かったとも考えられるが、例えば是枝監督にも監督賞のチャンスがあったということにもなり、どちらがいいとは軽々には言い出せないケースとして今後の議論を期待したい。



 脚本賞は、『グリーンブック』のニック・ヴァレロンガ&ピーター・ファレリー&ブライアン・クリーが受賞し、アカデミー賞脚本賞の最有力候補に躍り出た。



★受賞スピーチをする『グリーンブック』の共同脚本執筆者の3人。左からブライアン・クリー、ニック・ヴァレロンガ、ピーター・ファレリー
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078396860' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 また、生涯功労賞に位置付けられている「セシル・B・デミル賞」は、『ビッグ・リボウスキ』『クレイジー・ハート』などで知られる生粋の映画人、ジェフ・ブリッジスに贈られている。

★会心の笑顔を見せるジェフ・ブリッジス
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1090723130' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

andyhouse777 at 16:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News=速報】 『ボヘミアン・ラプソディ』がドラマ部門で作品賞と男優賞受賞、第76回ゴールデン・グローブ賞大どんでん返しで賞レースは風雲急告げる(2019)

 アカデミー賞の前哨戦の中では最もメジャーな第76回ゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)の授賞式が米国西部時間1月6日にロサンゼルス市内のホテルで開かれ、日本など世界各地で大ヒットを記録し続けている英国の伝説的バンド「クイーン」の伝記的映画『ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)』が、ドラマ部門の作品賞とドラマ部門の男優賞を受賞して2冠を達成。これまで「人気先行」「単なるダークホース」との評価がなされてきた『ボヘミアン・ラプソディ』が賞レースでも他を圧倒する勢いをつけてきたことが証明されたかたちとなり、22日にノミネート作品が発表されるアカデミー賞でも台風の目になりそうな情勢となったことで賞レースは最終局面で風雲急を告げて来た。
 なお、第76回ゴールデン・グローブ賞全体の受賞結果についてはまもなく別途速報します。

★第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式でドラマ部門男優賞受賞スピーチをするラミ・マレック
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078450120' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images


http://www.gettyimages.co.jp/detail/1090788800' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式でドラマ部門作品賞受賞スピーチをするプロデューサーの一人、ジム・ビーチ(中央)
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078450122' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images


 ゴールデン・グローブ賞はハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員90人超の投票によって選出される。
 ドラマ部門作品賞は、『ボヘミアン・ラプソディ』のほか、『アリー/スター誕生』、『ブラックパンサー』、『ブラック・クランズマン』、『ビール・ストリートの恋人たち』と話題作が並び、いずれも興行成績も良いことから、史上空前の激戦が予想されていたが、そこから抜け出したのは興行面ばかりが話題になる『ボヘミアン・ラプソディ』。
 『ムーンライト』で第89回アカデミー賞作品賞を受賞したバリー・ジェンキンス監督が、レイプ容疑で逮捕された恋人の無実を勝ち取るため奮闘した少女の闘いの記録を映画化した『ビール・ストリートの恋人たち』や、『アベンジャーズ』を超えて北米で史上最高の興行成績を獲得したスーパーヒーロー映画『ブラックパンサー』、米国のスーパースター、レディ・ガガの初の本格的長編映画出演作で俳優としても人気のブラッドリー・クーパーの初の監督作品となった『アリー/スター誕生』、白人刑事と連携しながら白人至上主義の秘密結社KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査に入った黒人刑事のスリリングな日々をつづった闘う名匠スパイク・リーの『ブラック・クランズマン』と、芸術性、社会性ばかりか娯楽性まで兼ね備え、米国でのしっかりとした興行的成功まで手に入れている作品がひしめく中、日本で人気に火が付くまでは米国ばかりか母国英国でも低調だったバンド、クイーンの伝記映画で、現代性が問われるマイノリティーへのまなざしもそれほど濃厚でなかったために、一部からは作品に疑問の声も出ていた中で、大衆の圧倒的な支持を獲得。クイーンに特別な思いを抱く日本だけでなく、さまざまな国に人気が飛び火する中で、徐々に評価が高騰。各キャラクターの人間性の描き込みにやや希薄なものがあるものの、徹底的な検証に基づいた演奏シーンやクリエイティブな展開など音楽面での丁寧な作品作りが人気を後押しし、各種の映画賞で最終的なノミネートを果たすまでになった。

 また、ドラマ部門男優賞は、『アリー/スター誕生』の監督とレディ・ガガとともに主演を務めたブラッドリー・クーパー、前述の『ブラック・クランズマン』で主人公の警官を演じたジョン・デヴィッド・ワシントン、『アット・エターニティズ・ゲート(原題)/ At Eternity’s Gate』でゴッホを演じたウィレム・デフォー、『ボーイ・イレイスト(原題)/ Boy Erased』主演のルーカス・ヘッジズが、『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックに立ちはだかったが、絶対的有力候補だったブラッドリー・クーパーをマレックが大逆転で撃破した。
 『アリー/スター誕生』陣営にとっては、作品賞でも『ボヘミアン・ラプソディ』に逆転を許し、受賞が絶対視されていたレディ・ガガもドラマ部門の女優賞を逃していることから、22日にノミネート作品が発表されるアカデミー賞に向けても最終的な受賞を不安視する声が強まりそうだ。

andyhouse777 at 14:45|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News=速報】 『未来のミライ』ゴールデン・グローブ賞受賞ならず、『スパイダーマン:スパイダーバース』に栄冠(2019)

 アカデミー賞の前哨戦の中では最もメジャーな第76回ゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)の授賞式が米国西部時間1月6日にロサンゼルス市内のホテルで開かれ、日本のアニメ作品として初めてアニメーション映画賞部門にノミネートされていた細田守監督の『未来のミライ』は受賞を逃した。アニメーション映画賞を受賞したのはボブ・パーシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン3氏による共同監督の『スパイダーマン:スパイダーバース(Spider-Man: Into the Spider-Verse)』。複数のスパイダーマンが存在する世界を描いているとは言え、コミックや映画で繰り返し描かれてきたスパイダーマン誕生時のエピソードをアニメでなぞる作品に、オリジナリティーあふれる日本のアニメが敗れたことは、これまでも人間味に乏しい米国の3DCGとの闘いに苦戦してきた経緯を考えれば、口惜しい限り。ヨーロッパやアジアなどで熱狂的なファンを持つ細田監督の作品を米国のアニメ映画市場でどう位置付けるかの戦略の練り直しも迫られそうだ。
 第76回ゴールデン・グローブ賞には昨年5月に1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来、21年ぶりに日本映画でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを獲得し、ミュンヘン映画祭の外国語映画賞も受賞。ロサンゼルスやボストンなど米国の有力な映画批評家協会賞の外国語映画賞を次々と獲得してきた『万引き家族』が外国語映画賞にノミネートされていたが、受賞を逃しており、これで、日本関連の受賞はなくなった。
 なお、第76回ゴールデン・グローブ賞全体の受賞結果についてはまもなく別途速報します。

★第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式でスピーチする製作総指揮・脚本のフィル・ロード(中央眼鏡の男性)ら
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078349218' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



 ゴールデン・グローブ賞はハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員90人超の投票によって選出される。
 アニメーション映画賞は、『スパイダーマン:スパイダーバース』『未来のミライ』のほか、『インクレディブル・ファミリー』『犬ヶ島』『シュガー・ラッシュ:オンライン』を加えた5作品から選ばれた。

andyhouse777 at 13:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News=速報】 『万引き家族』ゴールデン・グローブ賞受賞ならず、アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』に軍配(2019)

 アカデミー賞の前哨戦の中では最もメジャーな第76回ゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)の授賞式が米国西部時間1月6日にロサンゼルス市内のホテルで開かれ、日本の実写映画としては黒澤明監督の『夢』以来28年ぶりに外国語映画賞にノミネートされていた是枝裕和監督の『万引き家族』は受賞を逃した。外国語映画賞を受賞したのは、『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞監督賞に輝いたメキシコ出身のアルフォンソ・キュアロン(Alfonso Cuaron)監督が故郷のメキシコの1970年代を舞台に激動の時代を生きた家族の物語を描いた自伝的なモノクロ作品『ROMA/ローマ』。『万引き家族』は昨年5月には1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来、21年ぶりに日本映画でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを獲得し、ミュンヘン映画祭の外国語映画賞も受賞。ロサンゼルスやボストンなど米国の有力な映画批評家協会賞の外国語映画賞を次々と獲得している勢いをかってアカデミー賞の外国語映画部門の最終候補リストに残っているが、有力と思われたゴールデン・グローブ賞でその勢いを確実なものにできなかったことは、22日(日本時間23日午前)に発表されるアカデミー賞外国語映画部門への候補入りにも大きな不安が残る結果となった。フランスのカンヌ国際映画祭での最高賞パルムドール受賞作品は米国のゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞の外国語映画部門では受賞しにくいというジンクスが図らずも証明されたかたちともなった。
 なお、第76回ゴールデン・グローブ賞全体の受賞結果についてはまもなく別途速報します。

★第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式でスピーチするアルフォンソ・キュアロン監督(左)
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1078405146' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



 ゴールデン・グローブ賞はハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員90人超の投票によって選出される。
 外国語映画賞は、『ROMA/ローマ』、『万引き家族』のほか、『Capharnaum(原題)』、『Girl(原題)』、『Never Look Away』を合わせた5作品の中から選ばれた。

andyhouse777 at 12:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2019年01月05日

【News】 英国アカデミー賞EEライジング・スター部門に5候補(2019)

 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)による英国アカデミー賞の各部門のうち演技における新たな才能に対して贈られるEEライジング・スター・アワード部門のノミネートが英国時間1月3日発表され、映画『ダンケルク』での瑞々しい演技が注目された男優、バリー・コーガン(Barry Keoghan)やスーパーヒーロー映画『ブラックパンサー』でブラックパンサーの異母妹でワガンダ王国の王女シュリを演じた女優、レティーシャ・ライト(Letitia Wright)、トニー賞とグラミー賞を受賞しているミュージカル女優で映画『Widows(原題)』が話題のシンシア・エリヴォ(Cynthia Erivo)、昨年話題になったコメディホラー映画『ゲット・アウト』に出演していた俳優でラッパーのキース・スタンフィールド(Keith Stanfield)、アイルランド生まれで「戦争と平和」「TABOO」などのテレビドラマで人気の歌手・女優、ジェシー・バックレイ(Jessie Buckley)といった才能豊富な5人が候補に選ばれた。

★バリー・コーガン
http://www.gettyimages.co.jp/detail/926813068' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★レティーシャ・ライト
http://www.gettyimages.co.jp/detail/955814558' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★シンシア・エリヴォ
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1032085958' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★キース・スタンフィールド
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1048504150' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★ジェシー・バックレイ
http://www.gettyimages.co.jp/detail/1048354970' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 EEライジング・スター・アワード賞は、英国アカデミー賞の他部門とは違って一般投票で受賞者を決定する。

 残りの部門(作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞・助演女優賞・オリジナル脚本賞・脚色賞・英国作品賞・外国語作品賞・アニメ映画賞・コンピューターゲーム賞・短編アニメ映画賞・短編映画賞・ドキュメンタリー賞・作曲賞・撮影賞・編集賞・プロダクションデザイン賞・衣装デザイン賞・メイクアップ&ヘア賞・
音響賞・視覚効果賞・新人賞)の候補者は来週発表される。

 授賞式の司会はジョアンナ・ラムレイ。英国時間2月10日(日本時間11日午前)にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催される予定。

andyhouse777 at 21:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 ブリトニー・スピアーズが無期限活動休止へ、父親の看病のため(2019)

 米女性歌手のブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)が米国時間1月4日、ラスベガスホテル「パークMGM(Park MGM)」で2月から行う予定だった公演「ドミネーション(Domination)」を中止し、以降、無期限で活動を休止することを発表した。病気の父親を看病するためだという。ブリトニーが自身のTwitterに投稿したとAFP電などの欧米メディアが報じている。AFP電によると、パークMGM側は「新たな発表があるまで同公演を一時延期する」としているという。

★ブリトニー・スピアーズ
http://www.gettyimages.co.jp/detail/945559094' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★AFPBBNews

 投稿によると、ブリトニーの父親、ジェイミー・スピアーズ(Jamie Spears)さんは数カ月前に一時生死をさまよう状態となったものの一命をとりとめ、現在は回復に向けた療養・治療の途上にあるようだ。
 回復までに長い期間を要することから、ブリトニーは「家族を第一に考えることはいかなるときでも大事。だから今回このような決断をさせていただきました」と決断に至る苦悩の心中を語っている。

 これまでの報道によると、父親のジェイミーさんは完治できる見通しが立っているという。

andyhouse777 at 20:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2019年01月04日

【お知らせ】 1/2に投稿したミュージカル「ライオンキング」の劇評が舞台写真付きになりました(2019)

 1月2日に当ブログ「SEVEN HEARTS」に投稿したミュージカル「ライオンキング」の劇評に舞台写真が追加されましたので、お知らせいたします。関係者の皆さまのご理解とご尽力があってこそ実現したことです。劇団四季の皆さま、ミュージカル「ライオンキング」のスタッフの皆さま、出演者の皆さま本当にありがとうございます。((c)Disney、舞台撮影:阿部章仁)

 私が執筆した劇評の文章と合わせてお楽しみください。
★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」=ミュージカル「ライオンキング」劇評=2019.01.02投稿

★ミュージカル「ライオンキング」の一場面。((c)Disney、舞台撮影:阿部章仁)
『ライオンキング』舞台写真(C)Disney【撮影:阿部章仁】補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 ミュージカル「ライオンキング」は、東京公演は2019年6月30日公演分まで発売中。福岡公演は2019年3月24日開幕で、8月31日までのチケット一般発売は1月26日(会員先行は1月19日)。

★チケット情報(東京公演福岡公演)=東京公演は2019年6月30日公演分まで発売されています。福岡公演は3月24日開幕で、8月31日までのチケット一般発売は1月26日(会員先行は1月19日)です。最新の残席状況はご自身でお確かめください。

andyhouse777 at 15:28|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★お知らせ 
月別アーカイブ
ページ別順位(2014年8月4日現在)=直接リンクはされていませんので、各ページへ行くには、タイトルをコピーして下かトップ右の記事検索欄にペーストして検索してください
<01> Endless SHOCK 2014(21907)
<02> 太陽2068(9402)
<03> Endless SHOCK 2013(8821)
<04> なにわ侍 ハローTOKYO!!(8399)
<05> 直木賞芥川賞2013前期候補作決まる(5734)
<06> ソング・ライターズ(4968)
<07> 第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞にリリー・フランキー(4586)
<08> MIWA(3890)
<09> 「そして父になる」に世界から熱視線(3590)
<10> 「カッコーの巣の上で」舞台版が小栗旬主演で開幕(3316)
<11> 抜目のない未亡人(2862)
<12> マーガレット(2641)
<13> PLAYZONE → IN NISSAY(2550)
<14> 高校中パニック!小激突!!(2213)
<15> ストリッパー物語(2132)
<16> ダディ・ロング・レッグス=2014(2059)
<17> 刑事ドラマの殉職特集を放送(2049)
<18> 殺風景(1952)
<19> 今ひとたびの修羅(1818)
<20> ムサシ ロンドン・NYバージョン(1791)
<21> ムサシ ロンドン・NYバージョン=2014(1791)
<22> 「レ・ミゼラブル」と「アルゴ」にGグローブ賞(1760)
<23> かもめ(1725)
<24> 頭痛肩こり樋口一葉(1693)
<25> レディ・ベス(1665)
<26> イン・ザ・ハイツ(1637)
<27> 私が黄金を追う理由(1593)
<28> ジャック再び降臨「24」最新シリーズ放送開始(1592)
<29> 木の上の軍隊(1522)
<30> 国民の映画(1517)
<31> 2013前期芥川賞に藤野可織、直木賞に桜木紫乃(1315)
<32> ショーシャンクの空に(1280)
<33> ジャニーズ2020ワールド(1228)
<34> A.B.C座2013 ジャニーズ伝説(1178)
<35> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜=2014(1116)
<36> DREAM BOYS JET(1113)
<37> 「愛の渦」映画化(1087)
<38> 「ピトレスク」の稽古場公開(1085)
<39> 「レディ・ベス」世界初演ついに幕開け(1065)
<40> BACK STAGE(1047)
<41> 金閣寺(1028)
<42> シスター・アクト(990)
<43> レ・ミゼラブル(958)
<44> THE BIG FELLAH(953)
<45> 「天才執事ジーヴス」でウエンツと里見が名コンビに(952)
<46> 半沢直樹(923)
<47> もらとりあむタマ子(918)
<48> ザ・ワーズ 盗まれた人生(875)
<49> Holidays 休暇(862)
<50> ロスト・イン・ヨンカーズ(816)
<51> ミュージカルベストテンの選考投票に参加(804)
<52> ロンサム・ウエスト(787)
<53> 花嫁と父つなぐピアノ、盛岡のCMが話題(785)
<54> クリプトグラム(779)
<55> うかうか三十、ちょろちょろ四十(761)
<56> 奇跡の7人「THE BIG FELLAH」に集う(755)
<57> シレンシオ(695)
<58> アルトナの幽閉者(652)
<59> 筧利夫が世界最新演出版の初回を無事完遂(637)
<60> ネクスト・トゥ・ノーマル(635)
<61> ザ・ビューティフル・ゲーム(624)
<62> 私のダーリン(618)
<63> LOVE CHASE !!(599)
<64> SHOCK1000回達成(591)
<65> つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜(589)
<66> 第86回日本アカデミー賞主演女優賞に真木よう子(575)
<67> 天翔ける風に(574)
<68> 愛の渦(572)
<69> 恋と音楽(569)
<70> モンテ・クリスト伯(551)
<71> ストロベリーナイト(549)
<72> 半沢直樹 その2(530)
<73> 第86回日本アカデミー賞主演男優賞に松田龍平(520)
<74> ベネチア金獅子賞に「サクロ・グラ」(513)
<75> 第86回日本アカデミー賞助演女優に真木よう子(498)
<76> 韓国版「家政婦のミタ」はチェ・ジウ主演(494)
<77> 米経済紙が半沢直樹特集、英語で倍返しは?(493)
<78> 第150回芥川賞直木賞候補作決まる(492)
<79> ライクドロシー(477)
<79> エニシング・ゴーズ(477)
<81> 太鼓たたいて笛ふいて(475)
<82> マイ・フェア・レディ(465)
<83> 屋根の上のヴァィオリン弾き(458)
<84> 秋のソナタ(450)
<85> ABC座2014ジャニーズ伝説(439)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<88> 渇いた太陽(436)
<89> 雨と夢のあとに(435)
<90> マンマ・ミーア!(429)
<91> 晩餐(426)
<91> マイケル・ジャクソンの新曲8曲入り新譜発売へ(426)
<93> 声(423)
<94> Tribes(417)
<95> ジェニファー・ローレンスがショートヘアーに(408)
<96> Paco〜パコと魔法の絵本〜from『ガマ王子vsザリガニ魔人』(403)
<97> 名もない祝福として(396)
<98> テンペストを白井晃演出で(395)
<99> ジャニーズ・ワールド(390)
<100> 半沢直樹 その3(383)
<101> 「シェルブールの雨傘」5年ぶり再演へ(378)
<102> 音のいない世界で(375)
<103> テイク・ディス・ワルツ(369)
<104> 組曲虐殺(364)
<104> 春琴(364)
<106> 「レ・ミゼラブル」は6/21発売(361)
<106> 「国民の映画」再演決定(361)
<108> ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(348)
<109> レ・ミゼラブル新演出版(347)
<110> 関数ドミノ(346)
<111> NO MORE 映画泥棒新バージョン(342)
<112> ピアフ(339)
<113> 海辺のカフカ◆archive◆(338)
<114> 007ファッション南青山で公開(334)
<114> 北島三郎、座長公演も最後と表明「引退ではない。歌い続ける」(334)
<116> 野田秀樹の「MIWA」に豪華俳優が集結(331)
<117> ロンドンでマティスの切り紙絵展始まる(330)
<118> ハリウッド白熱教室(322)
<119> リトルマーメイド(320)
<120> ぴんとこな(316)
<121> トガニ 幼き瞳の告発(313)
<122> カンヌバルムドールに「アデルの人生」(309)
<123> 脳男(305)
<124> トニー賞は「キンキーブーツ」(301)
<125> 赤鬼(299)
<126> BRAVE HEARTS 海猿(293)
<127> 「レディ・ベス」開幕前にトークイベント(291)
<128> 「オペラ座の怪人」完結編ついに日本初演へ(290)
<129> 第86回日本アカデミー賞作品賞に「舟を編む」(286)
<130> 取材・執筆した「殺風景」PR記事が掲載されました(281)
<131> ナタリー・ウッド事故死ではない可能性(278)
<131> 第86回日本アカデミー賞監督賞に石井裕也(278)
<133> 「海辺のカフカ」再演決定(277)
<134> 真夏の方程式(273)
<135> ハーベスト(269)
<135> 第21回読売演劇大賞は森新太郎(269)
<137> 4 four(268)
<137> 日の浦姫物語(268)
<139> iSAMU(258)
<140> ウルトラマリンブルー・クリスマス(254)
<140> 「風立ちぬ」公式上映で瀧本美織が存在感を発揮(254)
<142> トニー賞2014Ms作品賞(251)
<142> 進化するミス・サイゴン7月から世界最新演出で日本公演(251)
<144> ワイルド・スピード EURO MISSION(249)
<145> 半沢直樹第2回は21.8%で大台乗り(245)
<146> 小さいおうち(244)
<147> てんぷくトリオのコント(243)
<148> 「スクルージ」開幕、市村正親が意欲(242)
<149> 第67回カンヌ国際映画祭が開幕、長澤まさみも登場(241)
<150> アジア温泉(230)
<151> スター・トレック イントゥ・ダークネス(229)
<152> 「シスター・アクト」に個性派ずらり(226)
<152> 河瀬直美「2つ目の窓」公式上映で12分の鳴り止まぬ拍手(226)
<154> 片鱗(225)
<155> ジョン万次郎の夢(223)
<156> 白い夜の宴(221)
<157> 台湾の超美形ボーカルバンド人気、日本に到達(216)
<157> 野田秀樹の「赤鬼」気鋭の演出家・俳優で上演中(216)
<159> ウィズ〜オズの魔法使い〜(215)
<160> ビトレスクキャスト陣一体感強調(214)
<160> 戦隊ヒロイン「女子ーズ」にときめく5女優集結(214)
<162> GODZILLA ゴジラ(212)
<163> 第151回芥川賞直木賞候補作決まる(211)
<164> マクベス(207)
<164> ムーミン生んだトーベ・ヤンソン生誕100周年迎える(207)
<166> サウンド・オブ・ミュージック(205)
<167> テレ東が「不明者」を大捜索中(202)
<167> 「エッグ」再演決定、初の海外パリ公演も実現(202)
<169> 舟を編む(201)
<170> 蝋燭の灯、太陽の光(199)
<170> アナ雪の「スリラー」ダンス映像が大反響(199)
<172> 満天の桜(196)
<172> レッド・ツェッペリンがリマスター版収録の未発表曲2曲公開(196)
<174> ジェーン・エア=映画(193)
<175> さいあい シェイクスピア・レシピ(188)
<175> トニー賞2014Ms助女賞(188)
<177> ダディ・ロング・レッグス追加公演決定(181)
<178> 図書館戦争(180)
<179> KREVAの音楽劇再演、各界から逸材結集(179)
<180> ザ・フルーツ(178)
<181> 八月の鯨(176)
<182> 魔女の宅急便(173)
<182> 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ミュージカル日本初演へ(173)
<184> G・グローブ賞録画放送(172)
<184> 100回泣くこと(172)
<186> プラチナデータ(170)
<187> テルマエ・ロマエ供168)
<187> 第86回アカデミー賞のノミネート作決まる(168)
<189> オブリビオン(167)
<189> キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(167)
<191> あなたがここにいればよかったのに(166)
<192> ジェーン・エア=舞台(162)
<192> さよならドビュッシー(162)
<194> 華麗なるギャツビー(161)
<194> 藁の楯(161)
<194> ポール・ウォーカー急逝の波紋広がる(161)
<197> 異国の丘(160)
<197> 8月31日〜夏休み最後の日〜(160)
<197> 追悼 大瀧詠一(160)
<197> 安室奈美恵の洗練されたマッシュアップ映像が話題(160)
<201> ホロヴィッツとの対話(159)
<201> ヒトミ(159)
<203> 半沢直樹第6回も29.0%と好調維持(158)
<203> 初音ミクオペラにパリが熱狂(158)
<203> 中古LPからマービン・ゲイのパスポート発見(158)
<206> エッグ(156)
<206> 「ショーシャンクの空に」舞台化決定(156)
<208> J・K・ローリングの新作に34歳のハリー・ポッター登場(155)
<209> サビタ稽古場イベント(154)
<210> 風立ちぬ(151)
<210> 村上春樹、2013年のノーベル文学賞逃す(151)
<210> 追悼 やしきたかじん(151)
<213> 半沢直樹第5回は29.0%と続伸(150)
<214> The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(146)
<215> さよなら渓谷(145)
<215> WILCO(145)
<217> 新国立劇場2014-15ラインナップ発表(144)
<217> 「メリー・ポピンズ」の裏側描く映画初上映(144)
<219> トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2(143)
<220> 半沢直樹最終回は42.2%とミタ超え、関西は歴代最高(142)
<221> ダチョウ課長の幸福とサバイバル(141)
<222> ベネチア女優賞(140)
<223> 中学生円山(139)
<224> 大事なはなし(138)
<224> 「I'll be back」で大論争(138)
<224> 宮本亜門がドンペリPartyのショー演出(138)
<227> ナミヤ雑貨店の奇蹟(137)
<227> ケイティ・ペリーが着物パフォーマンス(137)
<227> 県庁おもてなし課(137)
<230> カンヌ審査員にキッドマンと河瀬直美ら(135)
<231> 任侠ヘルパー(134)
<231> レディー・ガガ、涙の訳はマネージャーとの決別?(134)
<231> 鬼才ラース・フォン・トリアーの最新作は超過激 !(134)
<234> 客家(133)
<234> その夜の侍(133)
<236> トニー賞2014Ms主女賞(131)
<237> 半沢直樹第3回は22.9%で今年ドラマトップ(130)
<237> DREAM BOYS(130)
<237> 米ゴールデン・グローブ賞ノミネート作決まる(130)
<240> 第39回菊田一夫演劇大賞にレミゼのキャスト&スタッフ(129)
<240> 海峡の光(129)
<242> 悪霊(128)
<243> シェイクスピア生誕450年記念上演始動、ハムレットは北朝鮮にも巡演へ(126)
<244> トニー賞2014MsRV作品賞(125)
<245> ミス・サイゴン(124)
<246> ザ・スーツ(123)
<246> フィリップ・シーモア・ホフマンが急死(123)
<246> 陽だまりの彼女(123)
<246> 共喰い(123)
<246> 「ドラえもん」英語吹き替え版は日米文化研究に興味深いヒント数々(123)
<251> 半沢直樹第4回は27.6%に急伸(122)
<251> ベルリン金熊賞(122)
<251> ミス・サイゴン=2014(122)
<251> 南京錠の橋ポン・デザール一部崩壊(122)
<255> 思い出を売る男(121)
<256> ダディ・ロング・レッグス(120)
<257> ずっと二人で歩いてきた(119)
<257> 横道世之介(119)
<259> 新・幕末純情伝(118)
<260> カウラの班長日記sideA(117)
<261> 無明長夜(116)
<261> ガラパコスパコス(116)
<263> 第86回米アカデミー作品賞に「それでも夜は明ける」(115)
<264> 半沢直樹に幻のラストシーン、DVD&Blu-rayに収録へ(114)
<264> 虚像の礎(114)
<264> 渡辺謙が「王様と私」でブロードウェイデビューへ(114)
<267> 大奥〜永遠〜【右衛門佐・綱吉篇】(112)
<268> 半沢直樹第9回は35.9%とさらに上昇(111)
<268> 地獄でなぜ悪い(111)
<268> トニー賞2014Ms助男賞(111)
<268> ピンク・フロイド10月の20年ぶりのアルバム発売を正式発表(111)
<272> ハムレット(109)
<272> ロックアウト(109)
<274> アカデミー助演女優賞はアン・ハサウェイ(108)
<274> 闇金ウシジマくん(108)
<274> 授業(108)
<274> 東京国際映画祭サクラグランプリは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」(108)
<278> トニー賞2014PRV作品賞(107)
<278> トニー賞2014Ms主男賞(107)
<278> リチャード3世の墓と断定(107)
<378> 鍵泥棒のメソッド=舞台版(107)
<282> 半沢直樹第7回は30.0%と壁突破(105)
<282> ソチの脱出ヒーローまたも閉じ込め(105)
<282> 東京タワーはGW特別ライトアップ中(105)
<285> サ・ビ・タ日本版来春再演決定(104)
<285> 米アカデミー賞最注目は9歳の少女(104)
<285> 日本舞台美術家協会が7年ぶり展覧会開催(104)
<288> エンロン◆archive◆(103)
<288> つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(103)
<288> そして父になる(103)
<291> みなさん、さようなら(101)
<292> レミゼ衣装を東京3都市で展示(100)
<293> アルゴ検証番組日本初放送(99)
<294> 「荒野の七人」新吹き替え版放送(97)
<294> 五輪色の東京タワーを月も見に来た?(97)
<296> キングコングの巨大ロボ公開(96)
<296> 手のひらの砂漠(96)
<296> 第151回芥川賞は柴崎氏、直木賞は黒川氏(96)
<299> 釣りバカ全作品をWOWOWが一挙放送へ(95)
<299> アナと雪の女王(95)
<301> ラ・マンチャの男(94)
<302> ジャニス・ジョプリンがハリウッドの殿堂入り(93)
<302> 初めてなのに知っていた(93)
<304> るろうに剣心(92)
<304> THEMANZAI2013優勝はウーマンラッシュアワー(92)
<304> トニー賞2014P主男賞(92)
<304> ピンク・フロイドが10月に20年ぶりのアルバム発売か(92)
<308> ベネチア最終盤情勢(91)
<308> 獣の柱まとめ*図書館的人生<下巻>(91)
<308> 第86回米アカデミー賞総まくり(91)
<308> SONG&DANCE60感謝の花束(91)
<312> 夢売るふたり(90)
<312> アカデミー主演女優賞はジェニファー・ローレンス(90)
<312> 建てましにつぐ建てましポルカ(90)
<312> 半沢直樹DVD&Blu-ray発売は12/26(90)
<312> 赤塚不二夫のココロ展〜2015年は生誕80周年なのだ!〜(90)
<312> 地下室の手記(90)
<312> 昭和レストレイション(90)
<312> チェ・ジウとクォン・サンウ、11年ぶり共演ドラマ「誘惑」スタート(90)
<320> 撫で撫で(89)
<321> 僕等がいた(89)
<322> 集金旅行(88)
<323> リトルマエストラ(88)
<323> ワイルド・スピード第7作の製作休止へ(88)
<323> ベルリン女優賞に黒木華(88)
<323> カンヌ女優賞はジュリアン・ムーア(88)
<323> 東京タワーがサムライブルーに(88)
<323> ワイルド・スピード第7作撮影再開、急死のポール部分は実弟2人で補充(88)
<329> 日本記者クラブ個人D会員になりました(87)
<329> インポッシブル(87)
<331> 鍵泥棒のメソッド=映画版(86)
<331> ルビー・スパークス(86)
<333> トニー賞2014P作品賞(85)
<334> 其礼成心中(84)
<334> キャロリング(84)
<336> ヘルタースケルター(83)
<336> 魔女とたまごとお月様(83)
<337> 第20回全米映画俳優組合賞はアメリカン・ハッスル(81)
<338> 「スター・ウォーズ」6作を一挙放送へ(80)
<339> カンヌグランプリにコーエン兄弟(79)
<339> 日本アカデミー賞作品賞は桐島、(79)
<339> メモリーズ・コーナー(79)
<339> 凶悪(79)
<339> 自動改札やスマホで光るネイル発売へ(79)
<344> 半沢直樹第8回は32.9%とさらに上積み(77)
<344> 第67回カンヌ国際映画祭まもなく開幕(77)
<346> 来訪者(76)
<346> AKB48総選挙2014渡辺麻友が初の1位指原は2位に陥落柏木3位(76)
<348> カンヌ監督賞にアマト・エスカランテ(74)
<348> ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン(74)
<348> ベネチア銀獅子賞(74)
<348> 未成年モデル保護法案が米上下院通過(74)
<348> ツナグ(74)
<348> 最も稼いだ女優はアンジョリーナ・ジョリー(74)
<348> 東京震度5弱、都心は無事です(74)
<348> ユーミンの音楽×演劇コラボ、第2弾は比嘉愛未とW主演(74)
<356> ヴィンセント・ギャロが日本映画に出演(73)
<356> 暗いところからやってくる(73)
<358> カンヌ男優賞にブルース・ティーン(72)
<358> 世界の名刑事が大集結(72)
<358> 新しい靴を買わなくちゃ(72)
<358> キャプテン・フィリップス(72)
<358> 三鷹で昭和の名優作品続々上映(72)
<363> スター・ウォーズ最新作にハン、ルーク、レイアの3俳優出演決定(71)
<364> 最強のふたり(70)
<364> 大島優子が紅白でAKB48卒業宣言(70)
<364> 傷心のミック、復活待つ世界(70)
<364> 錬金術師(70)
<364> 当ブログのFBページいいね2000件達成(70)
<369> プロメテウス(69)
<370> スターウォーズ新シリーズ公開は再来年12/18(68)
<370> ポール・ウォーカーが事故死(68)
<370> トニー賞2014P主女賞(68)
<373> トム・ハンクスの陪審員まさかの強制終了(67)
<373> 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(67)
<375> ロバート・プラントがツェッペリン再結成を完全否定(66)
<375> 無欲の人(66)
<375> 宇宙兄弟(66)
<378> アカデミー作品賞はアルゴ(65)
<378> ライフスタイル体操第一(65)
<380> ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。(64)
<380> 「風と共に去りぬ」の続編について作者が手紙で返答していた(64)
<382> 臨場 劇場版(63)
<382> カンヌ最終盤情勢(63)
<382> ウィリアム・シェイクスピア(63)
<382> 多彩に変化する東京の空(63)
<382> マイティ・ソー、10月から性別を変更へ(63)
<387> ジェーン・エアその2(62)
<387> ヤバレー、虫の息だぜ(62)
<387> 東京家族(62)
<387> ポール・マッカートニー5月に再来日屋外ライブ(62)
<387> 三鷹市芸術文化センター星のホール(62)
<392> アカデミー主演男優にマシュー・マコノヒー(61)
<392> ブルージャスミン(61)
<392> 「アメリカントップ40」の名DJケーシー・ケイサムが死去(61)
<395> モンスターズクラブ(60)
<395> ダークナイト・ライジング(60)
<395> カンヌ女優賞にベレニス・ベジョ(60)
<398> バイトショウ(59)
<398> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜(59)
<400> アウトレイジビヨンド(58)
<400> タランティーノ脚本流出に怒り次回作中止?(58)
<400> 第150回直木賞に朝井と姫野、芥川賞に小山田(58)
<400> トニー賞2014P助男賞(58)
<404> 黄金を抱いて翔べ(57)
<404> ベネチア審査員大賞(57)
<404> ロンドンの劇場で天井崩落(57)
<404> マン・オブ・スティール(57)
<404> カンヌ2014審査委員長はジェーン・カンピオン監督(57)
<404> ハリソン・フォード宇宙に帰還(57)
<409> 潜水艇ボンドカー、8600万円で落札(56)
<409> ストーンズが豪NZツアー無期限延期(56)
<411> ザ・マスター(55)
<411> 世界にひとつのプレイブック(55)
<411> 「B・ジョーンズの日記」最新小説は恋するシングル・マザー(55)
<411> 学士会館(55)
<411> ビートルズの公式ドキュメンタリーを44年ぶりに制作へ(55)
<416> Gグローブ賞作品賞(54)
<417> のぼうの城(53)
<417> 芸劇リニューアル(53)
<417> セックス・ピストルズの心暖まるX'mas映像放送へ(53)
<420> モンティ・パイソン再結成へ(52)
<420> 三人姉妹(52)
<420> I’M FLASH !(52)
<420> カルティエのX'masアニメ公開(52)
<424> グッモーエビアン!(51)
<424> 日本レコード大賞はEXILE(51)
<424> アカデミー主演女優賞にケイト・ブランシェット(51)
<427> リンカーン(50)
<427> Gグローブ主演女優賞(50)
<427> プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(50)
記事検索
レ・ミゼラブル特設コーナー
★Blu-rayコレクターズBOX=amazonページ


★公式記録集「レ・ミゼラブル--舞台から映画へ」大型本
★大ヒットドラマ「半沢直樹」12/26発売!★
★DVD ★Blu-ray
あまちゃん特設コ-ナ-
★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-1


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-2


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-3
映画系DVD or Blu-ray
舞台系DVD or Blu-ray
楽天ショップへ
人気作品ランキング
参加中のブログ
J-CASTニュース
ninjatools tag