2016年06月25日

【舞台】 透明な血(2016)

 せせらぎや清流のなんともいえないさらさらした音、水琴窟の得も言えぬ癒しの音。水は私たちの耳にこれ以上ない安心感をもたらしてくれるが、一方で、激しい不安や、不吉な予兆、空間を区切る支配性までも運んでくる恐ろしい存在でもある。演劇でもその絶対的な圧巻力を利用して、土砂降りの雨や滝のように流れる川、ひたひたと深さを増していく閉鎖空間などを描き出してきた。実際の水を使った演出は、きちんと水循環のシステムが整い、水漏れ防止のシールドなどを完璧にした劇場でなければできないために極めて限定的だが、このほど演劇集団円が上演した舞台「透明な血」は、その中でも圧倒的な量の水をぶちまけ、その存在感を示す舞台としては過去に例がないほどの迫力。さらに水の出し方などひとつでシーンごとの性格や雰囲気までコントロールする巧みさを見せた。演劇集団円とは縁の深い劇団桟敷童子の東憲司が初めて挑んだという猟奇の世界の中に繰り広げられる執拗で情念あふれる宿命と憤怒の物語を見ていると、透明な血とは、血液から血球を除いた液体であるところの「涙」なのか、人の感情さえ切り裂いていく力を持った「水」なのかが分からなくなってくる。

★舞台「透明な血」の一場面。
透明な血2024散弾銃

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★舞台「透明な血」公式サイト=公演は既に終了しています

 東憲司は劇団桟敷童子を旗揚げし、劇団代表を務めている劇作家・演出家。骨太の作風で、これまでに紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀演出家賞、鶴屋南北戯曲賞などを受賞している。劇団の作品だけでなく、外部作品にも引っ張りだこだ。
 今回の主演を務める朴★美(★は王へんの右に路、ぱく・ろみ)とは、2013年に上演した「夏ノ方舟」以来2度目のタッグとなる。声優としては知らない人のいないほどの人気を誇る朴だが、舞台での狂気を帯びた演技ぶりは、多くの人の心と目を惹きつけずにいられない。物語をけん引する主演としての馬力も劇団ではトップクラスで、いまや看板女優に成長しているといっていい。
 その朴が、人間の情念をどこまでも深堀していく妥協のない東の作劇と演出と相まみえるわけだから、その期待感は高まるばかりなのだ。

 物語の主な舞台は、無国籍。戦争が行われている国のどこかに君臨する名家の大きなお屋敷だ。しかしそれに先立つ冒頭部分では、女を絞り首にしようと取り囲む群衆の姿や、現実と狂気の間をさまよっているような姉妹の姿が、見てはいけないものを悪夢として見させられているような場面としてスケッチされる。まるでそれは主人公の過去と未来を暗示するような不気味なエピソードだ。

★舞台「透明な血」の一場面
透明な血1924赤ちゃん

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 屋敷の中はもとより退廃的なムードが支配している。死にとり憑かれた屋敷の主人ヤヌイ。軍服を着て、戦場の狂気を語る。そんな息子を叱るのは、別の場所に住むヤヌイの両親。大旦那様と大奥様だ。息子の精神の不安定さを嘆くも、2人にとってもっと心配なのは妻のニコのこと。妻らしいことを何もしないばかりか、屋敷のすべての憎悪の源泉になっているような思いがしている。
 ニコとヤヌイに夫婦らしい会話は戻っても、それはほんのひと時。たがいを傷つけあいながら、その陰鬱さは深刻度を増していく。

 物語は、ヤヌイの部下で兄弟だという軍服を着た2人の若い男リクとカイが屋敷に姿を現したことで、さらに複雑な憎悪のベクトルがうごめき出す。なにしろこの2人も憎しみ合っていて、ニコにも敵意むき出し。下女たちが次々と謎の毒殺に遭い、屋敷の阿鼻叫喚はもう制御できないところにまで近づいていくのだ。
 やがて幻のような過去の物語は、現在の物語に浸潤してくる。しかももっともむごたらしい形で。

 やはりこの物語の主役は、血と水だ。血は屋敷中を不気味な赤に染めながら、コーリャン畑を紅く照らしながら、女の月経のメタファーとして循環しながら、さまざまなかたちに変容していく。
 そして水。
 あるときは抑圧を、あるときは激しい情念の噴出を、あるときはすべてを洗い流す審判としての力を、あるときは怒りを表し、観客の感情を揺さぶっていく。

★舞台「透明な血」の一場面
透明な血0480水

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 ゴシックホラーのような洋風の道具立てに、過去の因習を引きずる和のテースト、そして満州を思わせる無国籍な荒涼感。
 家族たちの傍若無人な振る舞いと、すべてをあきらめたような下男下女たちの慇懃無礼な忠誠さは、私たちの心を激しくかき乱していく。

 朴はこの屋敷の不条理に立ち向かう正義の者のようにふるまうかと思えば、ダークヒーローのように人々の心を八つ裂きにしていくこともいとわない。
 陰惨な影が純粋無垢な魂と交差するようなニコのキャラクターを一種壮絶なバランスの中に落とし込む演技の技量は想像を絶するものすごさだ。
 そしてそれを取り巻くベテラン勢と若手俳優たちの奮闘が目立つ。演劇集団円の潜在力にまで手を突っ込んで引っ張り出したような東の豪腕演出ぶりが際だった舞台だった。

 舞台「透明な血」は、6月10〜19日に、東京・錦糸町のすみだパークスタジオ(倉)で上演された。

 上演時間は、約2時間(休憩なし)。

andyhouse777 at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----ストレートプレイ

【News】 エアロスミスが来年解散か、スティーヴン・タイラーがラジオで言及(2016)

 米国の人気ロックバンド「エアロスミス」のボーカリスト、スティーヴン・タイラーが米国時間6月21日朝、人気ラジオ番組「ハワード・スターン・ショー」にインタビュー出演し、カントリー音楽に傾倒している現在の状況を前提にホストから「ロックは捨てたのか」と問われた際に、「エアロスミスはまだ終わっていない。バンドを心から愛している。フェアウェル(さよなら)ツアーもする。おそらく来年(2017年)かな」と発言し、噂されているバンドの解散を認めた。ハフィントンポストなどのニュースサイトをはじめ「クランクイン!!」「シネマトゥデイ」などの芸能サイト、NMEなどの音楽サイトが相次いで報じた。エアロスミスはジョー・ペリーやブラッド・ウィットフォードが一時脱退するなど若干の経緯はあったもののザ・ローリングストーンズと並んで、ほぼオリジナルメンバーで活動を続けてきた世界でも希有なバンド。タイラーの発言が事実ならば、来年47年間の歴史に幕を落とす事になる。

★クランクイン!!News

★NMENews

★THE HUFFINGTON POST News

 タイラーは、ホストのハワードから「ジョー(・ペリー)は承知しているのか」と問われると「そうだ」と答えた。フェアウェル・ツアーを行う理由については、「ただその時が来てしまったっていうだけのことだよ(「潮時だからだよ」と翻訳しているメディアもあり)」と語ったという。

 NMEによると、タイラーは「人々が抱いているであろう、あらゆる疑念(解散するのかしないのか)を払拭したいと思ってね。(中略)考えてみてくれ、いまだにオリジナル・メンバーのまま続けているバンドが2つある。俺たちとストーンズだ。ありがたく思ってるよ」としみじみ。

 ただ一方で、ツアーの期間について問われると「たぶん永遠かな。(ザ・フーや)キッスは、さよならツアーを何度もしているだろう」と、過去にザ・フーやキッスといったバンドが解散ツアー後にも活動したことがあったことを例に挙げて、茶化した。ファンの悲しみを和らげるためか、「永遠に続くかも」と冗談めかした訳だ。

 エアロスミスは1970年に当時珍しかった東海岸のハード・ロックバンドとして、マサチューセッツ州ボストンで結成され、1973年にデビュー。常にヒットを連発して世界的な人気を誇り、2012年には、最新アルバム「ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!」をリリースしている。






andyhouse777 at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 第155回芥川賞・直木賞の候補作決まる(2016)

 第155回芥川賞・直木賞(平成28年度上半期)は7月19日に決定するが、このほど両賞の候補作が出そろった。芥川賞には、福岡市の出版社・書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)発行の「たべるのがおそい」創刊号に掲載され、九州の雑誌から20年ぶりに選ばれた今村夏子の「あひる」、崔実(チェ・シル)の「ジニのパズル」、そして作家仲間に「クレイジーさやか」と呼ばれるほどの強烈な世界観を持つ注目作家、村田沙耶香の「コンビニ人間」と、5作中初ノミネートの作家が3人とフレッシュな布陣。ほかに5度目のノミネートとなった山崎ナオコーラの「美しい距離」のほか、3度目のノミネートとなった高橋弘希の「短冊流し」と、既に確固たる世界を築いている2人が入った。直木賞は5度目のノミネートとなる伊東潤の「天下人の茶」と荻原浩の「海の見える理髪店」と、ファンが多い2人の作品が並び、原田マハの「暗幕のゲルニカ」が3度目のノミネートで続く。さらに、作品がすぐに映像化されることで知られるスーパーヒットメーカー、湊かなえの「ポイズンドーター・ホーリーマザー」、門井慶喜の「家康、江戸を建てる」、米澤穂信の「真実の10メートル手前」の3作が2度目のノミネートとなり、合わせて6作品となっている。いずれも激戦は必至で、受賞の行方が注目される。(文中はすべて敬称略)
 選考会は7月19日午後5時から、東京・築地の「新喜楽」で行われ、順調に選考が進めば午後7時から8時すぎにかけて、受賞作が順次日本文学振興会から発表される見込み。該当作がない場合もある。贈呈式は8月下旬に東京都内で開かれる。(ノミネート発表は6月20日。例年は速報のかたちで当日に掲載していましたが、皆さん何かと多忙な時期かと存じ、本日掲載させていただきます)

 芥川賞候補作は、今村夏子「あひる」(たべるのがおそいVol.1)、高橋弘希「短冊流し」(新潮1月号)、崔実「ジニのパズル」(群像6月号)、村田沙耶香「コンビニ人間」(文學界6月号)、山崎ナオコーラ「美しい距離」(文學界3月号)の5作品。

 直木賞候補作は、伊東潤「天下人の茶」(文藝春秋)、荻原浩「海の見える理髪店」(集英社)、門井慶喜「家康、江戸を建てる」(祥伝社)、原田マハ「暗幕のゲルニカ」(新潮社)、湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」(光文社)、米澤穂信「真実の10メートル手前」(東京創元社)の6作品。

 両賞は1935年に制定された文学賞の代表的存在。
 芥川賞は新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌(同)・単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中から優れた作品に贈られる。

 選考委員は以下の通り(五十音順・敬称略)。
■芥川賞:小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美
■直木賞:浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆき

 前期・第154回(平成27年度下半期)の芥川賞は、本谷有希子の「異類婚姻譚」と滝口悠生氏の「死んでいない者」、直木賞は青山文平氏の「つまをめとらば」が受賞している。

★マイナビNews


 各候補作を個別に見ていこう。

【芥川賞候補】
●今村夏子「あひる」(たべるのがおそいVol.1)
 1980年、広島市生まれ。2010年に「あたらしい娘」(現在は「こちらあみ子」に改題されている)で太宰治賞を受賞。2011年に「こちらあみ子」で三島由紀夫賞受賞。「あひる」は福岡市の出版社・書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)が発行した「たべるのがおそい」創刊号に掲載された。九州の雑誌から同賞候補作になるのは1996年に故・福島次郎さんの「バスタオル」が載った「詩と真実」以来、20年ぶり。
 候補作「あひる」は、自宅でアヒルを飼うことになったある家族の情景を描いている。アヒルは近所の子どもたちの人気者になり、この家の親たちは子どもたちをもてなすようになる。それがだんだんエスカレートしていく様をこの家の娘の視点で描いた作品だ。
★「あひる」掲載の「たべるのがおそい」Vol.1=amazon


●高橋弘希「短冊流し」(新潮1月号)
 1979年12月8日青森県十和田市生まれ。文教大学を卒業後、2014年に「指の骨」で第46回新潮新人賞を受賞している。
 候補作「短冊流し」は、ひきつけを起こして救急車で運ばれた幼い娘と、彼女を病院で看病する父が描かれている。深刻な娘の症状に、自分の弱さと闘う父。そしてもうひとりの娘を連れて別居中の妻と共にベッドの娘の回復を願う中で芽生える感情などについて綴られていく。
★「短冊流し」掲載の「新潮」2016年1月号


●崔実「ジニのパズル」(群像6月号)
 1985年9月6日生まれ。2016年「ジニのパズル」で群像新人文学賞を受賞。同作品も収録された「ジニのパズル」でデビューした。
★「ジニのパズル」掲載の「群像」2016年6月号=amazon


●村田沙耶香「コンビニ人間」(文學界6月号)
 1979年8月14日生まれ。千葉県印西市出身。玉川大学文学部卒業。2003年に「授乳」で群像新人文学賞優秀作を受賞。2008年に「ギンイロノウタ」で野間文芸新人賞受賞。2012年「しろいろの街の、その骨の体温の」で三島由紀夫賞受賞。
 候補作「コンビニ人間」は、現実社会で居心地が悪い主人公の女性が、コンビニという「居場所」を見つけ、店員になることでそこに居続ける道を見出す物語。人気小説家になった今でもコンビニで実際にアルバイトし続けているという村田の観察眼とコンビニ考が活きた作品だが、全編を現代の生きにくさが貫く問題作。
★「コンビニ人間」掲載の「文學界」2016年6月号=amazon


●山崎ナオコーラ「美しい距離」(文學界3月号)
 1978年9月15日福岡県北九州市生まれ、埼玉県さいたま市に転居。國學院大學文学部日本文学科卒。「人のセックスを笑うな」で文藝賞を受賞して、2004年から作家デビュー
 候補作「美しい距離」は、がんに冒され回復の見込みがない40代の妻と、彼女を介護し見守る夫の物語。いわゆる闘病ものではなく、妻の意外な人間関係に驚いたり、母親たちとの関係のユニークさを発見したり、医療へや病院への思いをめぐらせたり、看取る側の思考と感情の事どもを繊細に綴る。死とその後の心理描写も巧みだ。
★「美しい距離」掲載の「文學界」2016年3月号=amazon


【直木賞候補】
●伊東潤「天下人の茶」(文藝春秋)
 1960年6月24日神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、IT企業など外資系の会社の要職を経て、2007年にデビューした。10年より専業作家となる。2011年に「黒南風の海 加藤清正『文禄・慶長の役』異聞」で第1回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞、同年「城を噛ませた男」で初めて直木賞候補に。2012年に「国を蹴った男」で吉川英治文学新人賞受賞。2013年には「巨鯨の海」で山田風太郎賞受賞。2014年に「峠越え」で中山義秀賞を受賞している。
 候補作「天下人の茶」は、戦国時代の終わりに天下人となった秀吉が真の勝者なのか、茶の湯を確立しながら秀吉に切腹に追い込まれたものの、多くの大名や弟子の心をつかんで離さなかった千利休が結果として勝者だったのかを問う長編時代小説。
★伊東潤「天下人の茶」(文藝春秋)単行本=amazon


●荻原浩「海の見える理髪店」(集英社)
 1956年6月30日埼玉県生まれ。成城大学経済学部卒業。広告制作会社、フリーのコピーライターを経て、1997年に「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビューした。2004年に「明日の記憶」が山本周五郎賞受賞。2005年に「あの日にドライブ」で初めて直木賞候補となり、2014年には「二千七百の夏と冬」で山田風太郎賞を受賞した。
 候補作「海の見える理髪店」は、俳優や名士が通う伝説の床屋に予約を入れた「僕」と店主の不思議な物語である表題作を含む短編集。
★荻原浩「海の見える理髪店」(集英社)単行本=amazon


●門井慶喜「家康、江戸を建てる」(祥伝社)
 1971年11月2日群馬県桐生市生まれ。栃木県宇都宮市出身。1994年に同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業。2003年に「キッドナッパーズ」でオール讀物推理小説新人賞受賞。2006年に単行本デビューを果たした。2015年に「東京帝大叡古教授」で初めて直木賞候補に。同年、「マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代」で日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞した。
 候補作「家康、江戸を建てる」は、北条家を滅ぼした後、その関東の領地を与える代わりに三河や駿河などの本領を差し出させた秀吉の失礼極まりない申し出をあえて受け、江戸の基礎をつくった徳川家康の物語。
★「家康、江戸を建てる」(祥伝社)単行本=amazon


●原田マハ「暗幕のゲルニカ」(新潮社)
 1962年7月14日東京都生まれ。関西学院大学文学部と早稲田大学第二文学部美術史科を卒業後、伊藤忠商事、森美術館と経験を積み、ニューヨーク近代美術館(MoMA)派遣員に選ばれた。2002年にキュレーター、ライターとして独立し、2006年作家デビュー。同年、「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞受賞。2012年に「楽園のカンヴァス」で初めて直木賞候補に。同作で山本周五郎賞を受賞した。
 候補作「暗幕のゲルニカ」は、ピカソの反戦思想の象徴である「ゲルニカ」のタペストリーが本来飾ってある国連本部から姿を消した事件をめぐるサスペンス小説。
★「暗幕のゲルニカ」(新潮社)単行本=amazon


●湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」(光文社)
 1973年広島県因島(現・尾道)市生まれ。武庫川女子大学家政学部卒業。2007年に「聖職者」で小説推理新人賞を受賞、2008年に「告白」で本屋大賞受賞。以降、「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」「往復書簡」「境遇」「サファイア」「白ゆき姫殺人事件」などが軒並み大ヒット。その多くが映像化されていることでも知られる。2013年に「望郷」で初めて直木賞候補に。「望郷、海の星」は日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。2015年発表の「ユートピア」で山本周五郎賞を受賞した。
 候補作「ポイズンドーター・ホーリーマザー」は、自分の意のままに娘をコントロールしようとする母親のために頭痛に悩まされている娘を描く「ポイズンドーター」など6編を収録したミステリー。
★「ポイズンドーター・ホーリーマザー」(光文社)単行本=amazon


●米澤穂信「真実の10メートル手前」(東京創元社)
 1978年岐阜県生まれ。2001年に「氷菓」で角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビュー。2011年には「折れた竜骨」で日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞。2014年に「満願」で山本周五郎賞を受賞した。「満願」は初めての直木賞候補作でもある。
 候補作「真実の10メートル手前」は、高校生の心中事件を追う週刊誌記者とジャーナリストの物語。
★「真実の10メートル手前」(東京創元社)単行本=amazon




andyhouse777 at 04:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2016年06月24日

【News=速報】 「『天国への階段』は盗作ではない」と米陪審が評決(2016)

 英国のロックバンド「レッド・ツェッペリン」の名曲「天国への階段(Stairway To Heaven)」のオープニングコードが米バンド「スピリット」の「Taurus」からの盗作かどうかを判断する米カリフォルニア州ロサンゼルスのエドワード・R・ライバル裁判所での陪審裁判は結審し、陪審団は米国西部時間6月23日、「2つの曲の間に、原告側のスピリットの著作権侵害に当たるほどの充分な類似性があることを示す証拠はない。盗作ではなく、著作権侵害にはあたらない」とする評決を全員一致で下した。スピリット側のフランシス・アレクザンダー・マロフィ(Francis Alexander Malofiy)弁護士は記者団に「(原告は)失望し憤慨している」と述べたが、控訴を含む今後の措置については明言を避けたという。ロイター電、AFP電などの外電をはじめ、CNNなどほとんどの米メディアが一斉に報じた。ある推計によれば、「天国への階段」のレコード売上や印税は2008年までで合計5億6200万ドル(約590億円)を超えるとされており、盗作だと判断されると大混乱に陥る可能性があった。陪審団は、男性4人女性4人の計8人で構成されていた。

★REUTERSNews

★AFPBBNews

★CNNNews

 CNNによると、評決を受けてレッド・ツェッペリンは声明を出し、「私たちの主張が認められ、「天国への階段」の出所についての疑問に終止符が打たれたこと」に感謝すると述べた。

 訴えていたのは、1960年代に活動していたロサンゼルスの5人組サイケデリックバンド「スピリット(Spirit)」のメンバーだった故ランディー・クレイグ氏(すでに他界、ランディ・カリフォルニア)の遺産管財人マイケル・スキッドモア氏。「天国への階段」のメランコリックなギターによるイントロは、それより4年前にリリースされたスピリットのデビューアルバムのインスト曲「トーラス(Taurus)」の盗用だとして、レッド・ツェッペリンのボーカル、ロバート・プラント(Robert Plant)とギタリストのジミー・ペイジ(Jimmy Page)を訴え、クレイグを共同制作者に加えるよう要求していた。
 「天国への階段」の全体の作曲はプラントとペイジの共作。イントロのギター部分はペイジの作曲とされている。

 裁判で原告側は、2つの曲が似ているのはプラント氏とペイジ氏がスピリットの演奏を聞くなどして「トーラス」をよく知っていたためだと主張。ツェッペリン側は、問題部分のコード進行はよくあるパターンで、著作権は存在しないと主張。陪審裁判開始を命じるまでに交わされた議論がそのまま持ち込まれた。
 ペイジとプラントは共に出廷し、7日間にわたった口頭弁論に全日出席。ロイター電によると、ペイジは「似ているという曲は数年前にインターネット上で2つの曲が比較されるようになってから初めて聴いた」と証言。「スピリットは好きだ」と述べた上で、1960年代にラジオでスピリッツの曲をいくつか聞いたが「Taurus」は知らなかったと主張した。レッド・ツェッペリンが1968年の公演で、メドレーの一部としてスピリットの曲「Fresh Garbage」のリフをよく演奏したと述べた。ただ、スピリットのライブ演奏を見たことは一度もないと述べた。
  「Taurus」が収録されたスピリットのアルバムについては所有していることを認めたが「これは自身が持っている9000枚超のうちの1枚だ」と述べた。

 また「NME JAPAN」によると、プラントは1969年にスピリットをコンサートで観たことを認めたが「盗作したとされるスピリットの楽曲について意識的には記憶していない」と証言。ロバートは記憶にないことについて、スピリットのコンサートを観た帰り、交通事故に遭った事実を挙げ、「記憶の欠落は一部そのためかもしれない」と語った。スピリットの楽曲については、「Fresh Garbage」だけが、レッド・ツェッペリンがカヴァーした唯一の楽曲であると指摘。「1968年の初頭のコンサートで演奏した」と語ったという。
 「NME JAPAN」によると、さらにプラントは、ハンプシャーにある荘厳な邸宅のヘッドリィ・グランジで、共作者であるメンバーのジミー・ペイジと「天国への階段(Stairway To Heaven)」をどのように作ったかを、求めに応じて思い返し、「ある夜、ジミー・ペイジと僕で火の前に座っていて、曲の断片に取り組んでいたんだ。曲に取り組む他のメンバーを残して、楽曲の歌詞を書くために自分のベッドルームに戻った」と語ったという。
 盗作との訴えの対象ではないが、作詞についても回想し、「歌詞についてはケルト神話に基づいたもの。自分の大好きな英国の牧歌的な部分だった」と語ったという。両氏は「天国への階段」を1971年に英ハンプシャーの別荘で製作した際の様子を詳細に語った。

 AFP電によると、結審が近づいたこの日、陪審団は判事に対し、比較のために「トーラス」と「天国への階段」をそれぞれアコースティックギターの演奏で聴きたいと要請。試聴後、間もなく全員一致の評決に至ったという。ただ原告側は、陪審団が聴くことを許可されたのが、アルバムに録音されたそれぞれの曲のオリジナル演奏ではなく、アコースティックギターによる演奏だったことについて「陪審団は(プラントとペイジが聴いたアルバム・バージョンは)聴いていない」と批判。正統な「比較」だったかどうかに疑問を投げ掛けた。

 レッド・ツェッペリンは、1968年12月26日に米・デンバーでのスピリットのコンサートで前座を務め、米国デビューを飾ったことはよく知られているが、AFP電によると、陪審裁判に至る前の2年にわたる訴訟で両者は、1970年12月〜1971年1月に英・ロンドンで「天国への階段」が録音される前に、レッド・ツェッペリンが1967年発表の「Taurus」について知り得たかという点で激しく争ったという。
 AFP電の今春の報道によると、マイケル・スキッドモア氏側は「天国への階段」のメランコリックなイントロは「Taurus」から盗用されたものだと主張。レッド・ツェッペリン側は、「スピリットとは実質的な交流はなく、同バンドの音楽もあまり聞いたことがない。『天国への階段』のイントロは、数世紀にわたり繰り返し使われてきている構成であり、8分以上におよぶ曲の残りの部分については無視されている」と指摘してきた。



andyhouse777 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2016年06月23日

【News=速報】 ダース・ベイダー復活へ、スピンオフ作品『ローグ・ワン』で(2016)

 人気SF映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズ初のスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)』に、シリーズ4、5、6作目にあたるエピソード1、2、3ではフォースを持つ少年アナキン・スカイウォーカーとして描かれ、シリーズ1、2、3作目にあたるエピソード4、5、6でシリーズを通して最大の悪役となった「ダース・ベイダー」が登場することが明らかになった。娯楽業界誌「エンターテインメント・ウィークリー」が報じたとAFP電が伝えている。『ローグ・ワン−』が時系列的には、エピソード3とエピソード4の間の物語となることから登場が噂されていたが、スピンオフ作品ながら実現したことで、シリーズ3作目にあたるエピソード6『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』の最後で皇帝との壮絶な闘いで絶命して以来、時をさかのぼるとはいうものの、33年ぶりに「スター・ウォーズ」の世界に帰ってくることになる。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)』の北米地区での公開は今年2016年12月16日。日本での同時公開も決定している。

★AFPBBNews

★公開された『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)』予告編=YouTube


 「スター・ウォーズ」シリーズの第1作となるエピソード4『スター・ウォーズ/新たなる希望』では、ジェダイ騎士団と共和国が滅亡した後、銀河系は銀河帝国によって支配されていたが、反乱同盟軍の兵士らが建造間近といわれていた帝国軍の宇宙要塞「デス・スター」の極秘設計図を密かに盗み出し、同盟軍の指導者の一人レイア姫が故郷オルデランへと持ち帰る途中に襲撃を受けたため、ドロイド(ロボット)のR2-D2に救援要請とデス・スターの設計図を託すところから物語が始まっている。
 相棒のC-3POとともに漂着した惑星タトゥイーンで捕獲されて出品されたバザーで農場手伝いの青年ルーク・スカイウォーカーに買い取られ、さらにはそこから、オビ=ワン・ケノービやハン・ソロ、チューバッカらとの出会いが続くことによって、「スター・ウォーズ」のサーガが形成されていく。

 スピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、銀河帝国が成立してから10数年後、この設計図を盗み出すために活躍した名もなき反乱軍兵士たちの物語だ。その戦いの詳細が描かれる。
 ダース・ベイダーがどのような形で登場するのかは明らかにされていないが、ダース・ベイダーは銀河帝国皇帝ダース・シディアスが最も信頼を置くシスの暗黒卿であり、完全な敵方。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の主体である反乱軍兵士たちにとっては憎き相手。激しい闘いが予想される。

 4月7日に公開された予告編ではまだ明確にはダース・ベイダーは登場していない(もしかしてというシーンはある)が、主人公ジン・アーソが、孤独で悪行を繰り返してきた素行の悪さを逆に買われ、反乱軍の指導者から反乱への参加を求められるシーンが紹介されている。その後託された任務は、銀河帝国のデス・スター設計図奪取作戦。その後勇敢な戦闘シーンや、鍵をにぎる人物が次々と映し出される緊迫した映像になっている。

 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』には、これまで、映画『博士と彼女のセオリー』で昨年の第87回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティー・ジョーンズ(Felicity Jones)のほか、映画『ハンニバル』でレクターを演じたデンマークの国民的俳優マッツ・ミケルセン(Mads Mikkelsen)、映画『大統領の執事の涙』や『96時間/レクイエム』などで知られ監督業にも進出したフォレスト・ウィテカー(Forest Whitaker)、映画『ナイトクローラー』で鮮烈な演技を見せたラッパーでもあるリズ・アーメッド(Riz Ahmed)、映画『天国の口、終わりの楽園。』で注目されたメキシコ陣俳優ディエゴ・ルナ(Diego Luna)、映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』などで評価を高めたベン・メンデルソーン(Ben Mendelsohn)、香港のレジェンド武術家俳優ドニー・イェン、香川照之とともに出演した映画『鬼が来た!』で監督を務めたチアン・ウェン、『アナと雪の女王』『ベイマックス』『ズートピア』など話題のアニメで声優を務めることの多いアラン・テュディック(Alan Tudyk)らの出演が決まっている。
 監督は『GODZILLA』を監督し、日本特撮もの・怪獣オタクとして知られるギャレス・エドワーズ。


andyhouse777 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News】 ロバート・プラントは「盗作したとされる曲を記憶してない」と証言、「天国への階段」めぐる盗作裁判で(2016)

 英国のロックバンド「レッド・ツェッペリン」の名曲「天国への階段(Stairway To Heaven)」のオープニングコードが米バンド「スピリット」の「Taurus」からの盗作かどうかを判断する陪審裁判は米国西部時間6月14日以降、米カリフォルニア州ロサンゼルスのエドワード・R・ライバル裁判所で断続的に審理が進んでおり、15日に証言したジミー・ペイジ(Jimmy Page)に続き、ボーカルのロバート・プラント(Robert Plant)も証言台に立った。プラントは、1969年にスピリットをコンサートで観たことを認めているが「盗作したとされるスピリットの楽曲(「Taurus」)について意識的には記憶していない」と明確に否定した。洋楽情報サイト「NME JAPAN」が報じた。

★ NME JAPAN News

 「NME JAPAN」によると、ロバートは記憶にないことについて、スピリットのコンサートを観た帰り、交通事故に遭った事実を挙げ、「記憶の欠落は一部そのためかもしれない」と語ったという。
 スピリットの楽曲については、「Fresh Garbage」だけが、レッド・ツェッペリンがカヴァーした唯一の楽曲であると指摘。「1968年の初頭のコンサートで演奏した」と語った。としている。

 「NME JAPAN」によると、さらにプラントは、ハンプシャーにある荘厳な邸宅のヘッドリィ・グランジで、共作者であるメンバーのジミー・ペイジと「天国への階段(Stairway To Heaven)」をどのように作ったかを、求めに応じて思い返し、「ある夜、ジミー・ペイジと僕で火の前に座ってて、曲の断片に取り組んでたんだ。曲に取り組む他のメンバーを残して、楽曲の歌詞を書くために自分のベッドルームに戻った」と語ったという。
 盗作との訴えの対象ではないが、作詞についても回想し、「歌詞についてはケルト神話に基づいたもの。自分の大好きな英国の牧歌的な部分だった」と語ったという。

 「NME JAPAN」によると、訴えた故マイケル・スキッドモアの弁護士であるフランシス・マロフィは2曲を一緒に再生するなどして、「天国への階段(Stairway To Heaven)」を作るより以前にスピリットの「Taurus」をジミー・ペイジが聴いていたことを証明しようとしたが、ジミー・ペイジに否定されるなど、突破口は開けられていない。このため、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ワーナー・ミュージックの代理人である弁護士は、「フランシス・マロフィは宣誓供述で立証責任を果たすことができなかった」と主張。地方判事のR・ゲイリー・クラウスナーに即刻判決を下すよう求めている。

 レッド・ツェッペリンは、1968年12月26日に米デンバー(Denver)でのスピリットのコンサートで前座を務め、米国デビューを飾ったことはよく知られているが、AFP電によると、陪審裁判に至る前の2年にわたる訴訟で両者は、1970年12月〜1971年1月に英・ロンドンで「天国への階段」が録音される前に、レッド・ツェッペリンが1967年発表の「Taurus」について知り得たかという点で激しく争ったという。
 AFP電の今春の報道によると、マイケル・スキッドモア氏側は「天国への階段」のメランコリックなイントロは「Taurus」から盗用されたものだと主張。レッド・ツェッペリン側は、「スピリットとは実質的な交流はなく、同バンドの音楽もあまり聞いたことがない。『天国への階段』のイントロは、数世紀にわたり繰り返し使われてきている構成であり、8分以上におよぶ曲の残りの部分については無視されている」と指摘してきた。


andyhouse777 at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2016年06月22日

【舞台】 筋書ナシコ(2016)

 おびただしい現実と向き合わざるを得ない普通の人にとって、劇場の中でまで現実を見せられたらたまらないという人がいるかもしれない。しかし鈴木聡が率いる劇団「ラッパ屋」の作品はどれもこれも、その現実から決して目を背けず、かといって真正面からぶち当たって玉砕するわけでもなく、見終わった後に心の中になんともあったかいものが流れる。その現実とのしなやかな対峙の仕方、そして次の目的に向かって一歩でも前に歩き出せるほんの少しの勇気をくれる構成力にはいつも感心させられる。そんなラッパ屋が第42回公演の最新舞台「筋書ナシコ」で選んだのは、バツイチのアラフォーフリーライター。世の厳しい現実をその磁力で引き寄せそうな彼女を中心軸に据えながらも、そこで描かれるのは世の中のなんとも多岐で広範囲な社会現象と、人々の苦悩と現実。舞台の特性を最大限に活かした場所設定とストーリー回しの巧みさが、まるで観客までもその輪の中に取り込んでしまうのではないかと思うほどの求心力を見せている。

★舞台「筋書ナシコ」の一場面。左が梨子(岩橋道子)(撮影・木村洋一)
筋書ナシコIMG_4447(撮影・木村洋一)

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★ラッパ屋公式ページ

 ラッパ屋は、広告会社博報堂のコピーライターをしていた鈴木聡を中心に早稲田大学の演劇サークルの出身者らが集まって1983年に結成された。当初は「サラリーマン新劇喇叭屋」だったが、1993年からラッパ屋として公演を行っている。
 劇団員の多くがサラリーマンだったこともあり、サラリーマンの悲哀や悲喜こもごもの風景・人間関係を描いてきた。主宰の鈴木聡が脚本を執筆し演出するスタイルだ。

 今回の舞台は飲食店が集まるビルの中庭あるいは中央回廊のようなところ。さまざまな種類の飲食店からこの中庭に出入りができるため、まさしく「交錯」という演劇の最も得意な状況を作り出すことができるのだ。交錯するのは、人だけではない。人生、事件、男と女、お金から会社の運命まで。それはるつぼのように混濁するのではなく、ひとつひとつの状況をきちんと分けながら、その都度交錯していくという手法が使えるわけなのだ。

 劇団の成り立ちからして、サラリーマンもの、会社ものが多いラッパ屋の芝居だが、今回は会社そのものはやや後方に位置している。大状況としては、会社の運命が右往左往するダイナミックな動きがあるため、それが主体のように見えてしまうが、実際は人と人とのこまごまとした事どもが主体である。

 その会社とは出版社のビッグバレー出版。映画雑誌からスタートしていまやさまざまな書籍を出す中堅どころの会社だが、いわゆる「ネット隆盛」や「出版不況」のあおりを受けて経営には苦労している。出資者探しや新規プロジェクト開発を強力に進める中、まだまだめどはつかないものの、景気づけに取引先や出入りのライターらも呼んで、一大パーティーを催した。その夜の出来事である。

 主役はライターの一人でバツイチの梨子(岩橋道子)。ライター仲間の雅美(谷川清美)と話しているのは恋愛話。梨子はどうやら、別の出版社からビッグバレー出版に修行に来ていた年下の男、工藤(林大樹)と付き合っているらしい。彼はその別の出版社の経営者のご子息だ。40代にとって最高に盛り上がる年下の彼氏のお話。しかし物語はさまざまな人間関係をからめあって、のっぴきならない方向へと流れていく。

★舞台「筋書ナシコ」の一場面。梨子(岩橋道子)と雅美(谷川清美)(撮影・木村洋一)
筋書ナシコ5J1A0073(撮影・木村洋一)

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 このビルのそれぞれの店ではさまざまな人間模様が展開していた。高齢者婚活のパーティーを開く田崎(松村武)や藤間(武藤直樹)という男性たちもいれば、ビッグバレー出版の大谷社長(俵木藤汰)と内垣専務(木村靖司)がそれぞれの思惑で呼び込み、会社活性化の突破口にしようとしている人たちも訪れる。なにしろパーティーの最後にサプライズとしてその結果を発表しようとしているのだから、あせりようも尋常ではない。
 そんな中、梨子にはこれら複雑に交錯した人間関係がもたらした驚愕の出来事が次々と連鎖的に起きていく。この先の人生の筋書きがまったく分からなくなってしまった梨子が、はたしてどんな未来の筋書きを描いていくのか、という物語だ。

 この場所と物語という入れ物のつくり方の巧いことといったらない。雑多なようでいて、その実、それぞれにぎしぎしには要素を詰め込んでいないから、余裕のスペースも生まれる。そこにギャグや最新の時事ネタまで盛り込む場所ができるのである。ややエッジの効きすぎた、舛添都知事問題やスプリングセンテンス(文春)問題でさえもなんなく自然な形で物語の中に溶かし込んである。舞台を活かした人の出し入れも極めて演劇的である。

★舞台「筋書ナシコ」の一場面。パーティーで歌う男たち(撮影・木村洋一)
筋書ナシコ0W9A9690(撮影・木村洋一)

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 離婚や別離、倒産の恐れ、詐欺行為、隷属関係などなど、マイナスイメージの出来事ばかりをよくもまあこれほど詰め込んであるものだ。それなのに、場が暗くならず、物語がテンポ良く進んでいくのは、みんな筋書きなどなくても人生は生きていけるし、自分の目の前の問題をかわすなり受け止めるなりしないと未来などどこにもないと知っているからだ。今を懸命に生き、前を向くしかない。筋書きがないからこそ人生だと言えるとみんながどこかで思っているからだろう。
 そして場を明るくしているのは、一見この騒動に関係がなさそうな高齢者婚活に参加している男性たち。ひょうひょうと人生を生きているようで、どこかに余裕の感じられる彼らのふるまいが、物語の核心までもしなやかに変化させていく。

★舞台「筋書ナシコ」の一場面。突然起きた「事件」に関して話し合いがもたれた(撮影・木村洋一)
筋書ナシコ0W9A9600(撮影・木村洋一)

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 この作品を見て、人生や価値観ががらっと変わるわけではないけれど、劇場を出たら、ひとつ大きくうなづいて、「うん、人生捨てたもんじゃない。頑張ってみるか」と上を向きたくなる。そして同時に、肩の力がすっかり抜けていることを感じられるのである。不思議な活力を与えてくれる作品だ。

 出演は以下の通り。
 岩橋道子、ともさと衣、木村靖司、俵木藤汰、松村武(カムカムミニキーナ)、谷川清美(演劇集団円)、岩本淳、浦川拓海、青野竜平(新宿公社)、林大樹、福本伸一、弘中麻紀、 大草理乙子、宇納佑、熊川隆一、武藤直樹

 舞台「筋書ナシコ」は、6月26日まで東京・新宿の紀伊国屋ホールで、7月17日に北九州市の北九州芸術劇場中劇場で上演される。

 上演時間は、約2時間(休憩なし)。

★舞台「筋書ナシコ」チケット情報=残席状況は各自でお確かめください
東京公演(残り極めてわずか)・北九州公演(残りわずか)



andyhouse777 at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----ストレートプレイ

【ART】 ピカソの「座る女」66億円で落札、キュビズム作品で過去最高額(2016)

 ピカソの初期のキュビズム作品「Femme Assise(座る女)」が英国時間6月21日、英ロンドンでサザビーズのオークションに出品され、予想を大幅に上回る4320万ポンド(約66億円)で落札された。CNNが報じた。CNNによると、ピカソ作品全体では、2015年に「アルジェの女たち」が美術品の競売落札額としては史上最高値の1億7936万5000ドル(約215億円)で落札されているが、今回はキュビズムの作品の落札額としては過去最高だという。

★CNNNews

 CNNによると、サザビーズは、この作品について、この数十年間のなかで市場に出てきた最高のキュビズム作品としていた。描かれている女性は、ピカソの愛人で何度もモデルになったフェルナンド・オリビエとされる。

 出品主は、1973年のサザビーズのオークションでこの作品をわずか34万ポンド(現在のレートで約5200万円)で落札しており、約127倍に価値が上がったことになる。

andyhouse777 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★ART 

【Web-Culture】 Instagramのユーザーが5億人を突破(2016)

 facebook傘下の写真共有サービス「Instagram(インスタグラム)」のユーザーベースが5億人に達した。facebookが21日発表したとAFP電や米メディアが報じている。特にここ1年足らずで1億人増え、驚異的なペースが続いている。

★AFPBBNews

 AFP電によると、facebookは公式ブログで、「本日、われわれのコミュニティーは、インスタグラマーが5億人以上に増えたことを非常な喜びをもってお知らせします。そのうちの3億人以上はInstagramを毎日利用しています」と述べた。60%が毎日利用しているというのは他のSNSには見られない利用密度で、Instagramの強さを物語っている。

 Instagramは2012年にfacebookに買収され、20%の約1億人が米国内、80%以上の4億人が米国外の利用者だという。 
 企業側から見ても広告媒体としてInstagramは魅力的なようで、米インターネット調査会社イーマーケター(eMarketer)によると、インスタグラムのモバイル広告収入は、世界で15億3000万ドル(約1600億円)に達し、前年比144%の伸びが見込まれているという。

andyhouse777 at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Web-Culture 

2016年06月21日

【Break】 東京は晴れてきました(2016)

 東京は雨雲が東の海上に去ったため、やっと晴れてきました。
 この雨雲、九州にたくさんの雨を降らせた雨雲です。

 私の友人をはじめ、九州にいらっしゃる皆さん大丈夫でしょうか?

 九州には再び次の雨雲も近づいています。ぜひお気をつけください。
 東京も週末にかけて雨がちのお天気になることを考えれば、この青空、貴重なものになるかもしれません。

てのははれ


andyhouse777 at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Break 

【News】 アントン・イェルチン事故死の愛車はリコール対象車両、捜査当局とメーカーは関連を調査へ(2016)

 米人気SF映画シリーズ「スター・トレック」に宇宙船の操縦士パベル・チェコフ役で出演した米国の俳優アントン・イェルチンが米国西部時間6月19日早朝、ロサンゼルスの自宅で車と壁の間に挟まれて死亡した事故で、事故車両のジープ(Jeep)グランドチェロキーがリコールの対象となっていたことが米国時間6月20日に分かった。AFP電が伝えた。リコールの原因は「運転手が離れた際に動き出してしまう恐れ」であり、今回の事故原因として最も有力視されている「イェルチンが自家用車から降りた後に車が後退し挟まれた可能性」を引き起こす危険性につながることから、関係当局はリコール問題も考慮に入れながら、事故との関連を詳しく調べている。

★AFPBBNews

 イェルチンは19日早朝、米カリフォルニア州の自宅で、愛車とれんがでできた郵便受けの間で押しつぶされて死んでいるところを、待ち合わせに現れなかったことを不審に思った友人たちによって発見された。現場は、傾斜のある私道の坂下にあたり、降車したイェルチンの方向にジープが動き激突して巻き込んだとみている。

 AFP電によると、米道路交通安全局(NHTSA)は今年2月、グランドチェロキーを含む一部車両について、運転者がシフトレバーをパーキングポジションに入れて停止させたと「思った」後で動きだす恐れがあることを指摘しており、既に100件以上の事故がこの問題と関連付けられている。製造元の自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)USは4月に、この問題に対処するため、車両数十万台のリコールを発表している。しかしFCAUSによると、この問題への恒久的な対策はなく、運転者が意図したとおりにパーキングポジションに入っているかを再確認するよう車両の所有者に求めたという。これまでのところ、この問題で死者は出てないという。

 メディア各社の取材に対してFCAは声明を発表し、「この悲劇の原因を推測するのは時期尚早」と指摘。事故原因については調査中だと述べたという。


andyhouse777 at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 EU残留・離脱両派の主張は「モンスターの生まれる瞬間」、英国国民投票直前に「ハリー・ポッター」のJ・K・ローリングが痛烈批判(2016)

 英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を英国時間6月23日に控え、残留派、離脱派双方の論戦が激しさを増しているが、世界的人気小説「ハリー・ポッター」の作者であるJ・K・ローリングは英国時間6月20日、「不和を招く、苦痛に満ちたキャンペーンだ」と強い調子で批判する文章をウェブサイトに掲載した。ロイター電が伝えた。どちらか一派を明確に支持する意見ではなく、国を二分するような論議の論旨が両派いずれもありもしないモンスターへの恐怖心を国民にあおるようなかたちであることに警告を発するもの。英国への愛にあふれた世界的作家の国民投票直前の強烈なアピールは双方の支持派に一定以上の影響を与えそうだ。

★REUTERSNews

 文章は「モンスター、悪党、そしてEUめぐる国民投票」と題され、ローリングは両陣営の発言を分析して、キャンペーンを「モンスター」が生まれる瞬間になぞらえた。
 ブレグジット(英国のEU離脱)支持派の主張に対しては「離脱への賛成票は単なる不満のうめき声であり、頭にこびりついた想像上の亡霊に向かって2本の巨大な指を突き立てるようなもの」と強烈に批判。一方で、残留支持派が声高に広めている(EU離脱後の)「ぞっとするような」経済シナリオに対しても大いなる疑問を呈しているという。

 ローリング自身の支持については明言せず、「すべてはどちら側のストーリーが気に入るかという問題になりつつある」と指摘。「ハッピーエンドかどうかは別として、ストーリーの結末を書くのはわれわれだ」と述べ、両派の主張に惑わされず、国民ひとりひとりが主体的に判断することを求めている。


andyhouse777 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【Report】 市村正親闘病で無念降板の「ミス・サイゴン」に復帰、最後のエンジニア役に特別な意欲と感慨(2016)

 ミュージカル「ミス・サイゴン」の製作発表会見が6月20日、都内で開かれ、エンジニア役の市村正親、駒田一、ダイアモンド☆ユカイの3人をはじめ、主要キャストからアンサンブルまで50人あまりのキャストが出席。1992年の初演以来エンジニアを演じ、25年の節目に帝国劇場公演と全国ツアーをもって卒業することが決まっている市村が「長嶋茂雄さんが終身名誉監督になったように、僕は名誉ミス・サイゴン。何かあって呼ばれたら行きます」とほほえんだかと思うと、「今度ブロードウェイでも『ミス・サイゴン』が始まるらしいので、こちらを最後にして、ブロードウェイを目指そうかな」と卒業は日本だけとでも言いたそうなジョークで会場を沸かせるなど、縦横無尽の求心力を発揮した。そしてファイナルとなる今回の公演を「非常に感慨深いものがある」とかみしめ、「自分は『ミス・サイゴンの主(ぬし)』だと思っているので、この役を生きている限り精いっぱい演じさせていただきたい」と意欲を語った。製作発表会見では、名曲ぞろいの「ミス・サイゴン」の代表曲が実際のキャストで披露されたが、Wキャストやトリプルキャストが同じ曲を歌うという本番でさえあり得ない趣向とあって、抽選で選ばれた一般オーディエンス(聴衆)も顔を上気させて聞き入っていた。(ダイアモンド☆ユカイの「☆」は正しくは六芒星です)

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見で熱唱するエンジニア役の3人。左からダイアモンド☆ユカイ、市村正親、駒田一(撮影・阪清和)
IMG_9167ユカイ市村駒田補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

★続きは阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」で(いまのところ無料)

 「ミス・サイゴン」は、1989年、プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュが、「レ・ミゼラブル」の黄金コンビ、アラン・ブーブリルとクロード=ミッシェル・シェーンベルクとともにロンドンで初演。1991年には米国ブロードウェイで上演され、1992年には帝国劇場で日本初演が行われている。世界28カ国300都市で上演され、日本では2008年に通算1000回を突破するなど、「レ・ミゼラブル」と並び、絶対的な人気を誇ってきた作品だ。
 英国ではロンドン初演版の演出から2004年に新演出版に移行し、2012〜13年に日本でも新演出版で上演。さらに新しく演出が加えられた2014年公演が世界最新演出版として上演された。今や日本での通算上演回数は1368回を重ねる。

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見で笑顔を見せる笹本玲奈(撮影・阪清和)
IMG_9185笹本補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 ストーリー自体はとてもシンプル。ベトナム戦争末期、故郷の戦火に追われてたどりついたサイゴン(現ホーチミン)の売春宿にいた無垢なベトナム人女性キムと、駐留中の米兵クリスが一夜で恋に落ち将来を誓い合ったものの、サイゴン陥落直前の混乱で、キムは米国大使館からの脱出ヘリに乗ることができず、2人は離散。キムは二人の間に生まれた息子タムを抱えて、キャバレー兼売春宿のオーナー、エンジニアとともにバンコクで再生を目指す。はたして2人は再会できるのか。運命は過酷な結末へと物語を導いていく。

 前回2014年の公演では、早期の胃がんと診断されて開幕直後に降板した市村だが、腹腔鏡手術の末、短期間で別の舞台作品に復帰。「前は胃がんでしたけど、今回はガンガン行きますよ」と自身の病名をネタに言葉遊びで会場を爆笑の渦に巻き込むエンターテイナーぶりを発揮した。一方で「共演者に事情を説明して『必ず戻ってくるから』と言った時のみんなの涙を胸に刻んで、おかげさまで復活できました」と振り返り、再度共演者の涙を誘った。

 エンジニア役は前回、市村不在の劇場を支えた駒田一と市村に、ロックンローラーでありバラエティーでも活躍するダイアモンド☆ユカイがフレッシュに加わった。ダイアモンド☆ユカイは「ミュージカルの経験はほとんどありませんが、表現者としてリスペクトしている市村さんのファイナルステージに参加できる喜びを胸に感じながら、今年は猿のようにしがみついて皆さんについていきます」と抱負を述べた。
そんなダイアモンド☆ユカイについて市村は「ユカイちゃんね、緊張しまくっているんですよ。ロックンロールのくせに」と暴露。「あんまり僕を意識しないで、自分の役を追求すればいいんです」とアドバイスする場面もあった。
自身については「今まで考えたことないくらいに、強く演技プランを考えながらやっていこうと思います。そうすれば、どんな人が来ても僕のエンジニアを超せないと思います」と、ファイナルの公演においてもさらに強力なエンジニアを確立し、カンパニーに残していく考えを示した。

 ダイアモンド☆ユカイは「製作発表のリハーサルで皆さんの歌声に感動しましたが、感動してる場合じゃない。私もここに立たなきゃいけない」と気持ちを引き締めていた。「バンコクで自分の夢をもってしぶとく生き続けるエンジニアのごとくに、私も小さな穴を何度も潜り抜けることを繰り返して、皆さんについていきたい」と物語になぞらせながら、あらめての決意を語った。

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見で熱唱するダイアモンド☆ユカイ。ミュージカルは初体験だが、人気ロックシンガーとしてパフォーマンスは超一流(撮影・阪清和)
IMG_9138ユカイ補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

駒田は前回から引き続きの起用。何度も挑戦してついにオーディションに受かり初エンジニアを手にした前回は「記憶がない」と緊張がマックスだったことを明かし、「役者として生き延びるために頑張っていた」と振り返りながら、「今回は地に足をつけたい」と話した。

 エンジニアが経営するいかがわしいキャバレーで娼婦をしているジジ役は池谷祐子と中野加奈子。池谷は2008年以来8年目。「過酷な生活の中でジジが何を思ったのか。キムでもエレンでもないジジの思いをお客様にまっすぐ届けることを心掛けています」と話す。中野は日本公演は初参加。「光栄ですし、感謝しています」と喜びをかみしめている。

 キムの幼なじみでベトナムの新政府では出世するトゥイ役は藤岡正明と神田恭兵。藤岡はクリス役からの役代わりとなり、「今度は愛されずに、愛する一方。クリスともバチバチやります」と自身の前役に対抗意識を燃やしていた。トゥイ役がはまり役との評判が高い神田は「この役で僕は役者の道がどういうものか学びました」と感慨深く語った。

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見で熱唱するトゥイ役の2人。藤岡正明(左)と神田恭兵(撮影・阪清和)
IMG_9127藤岡神田補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 クリスが米国への帰還後結婚したエレン役は知念里奈と三森千愛。知念はキム役から移ったが、「すっかり私はキムではなくてエレンができるなという心もちでいます」と切り替えは済んでいる様子。三森は引き続きの起用。「本当に人を愛する強さを教えてもらった。新鮮な気持ちで役に向き合っていきたい」と意欲を見せた。

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見で熱唱するエレン役の2人。三森千愛(左)と知念里奈(撮影・阪清和)
IMG_9135知念三森補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 クリスの戦地での兵隊仲間で、ベトナム孤児の救済運動に奔走するジョン役は上原理生とパク・ソンファン。上原は「ベトナム戦争はベトナムに起きた悲劇であると同時に、アメリカ人にも大きな傷跡を残した出来事だということを考えながら演じたい」ときっぱり。パクは「最高の舞台の上に立てることをうれしく思います」と話し、わざわざ準備してきたという迷彩柄の服を見せた。「舞台上ではもっと完璧なGIに見えるようにがんばります」と話した。

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見で熱唱するジョン役の2人。パク・ソンファン(左)と上原理生(撮影・阪清和)
IMG_9166パク上原補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 クリス役は上野哲也と小野田龍之介。上野は「今回はこの作品の持つ重みをすごく感じています。いい意味でのモチベーションとプレッシャーに換えたい」と意欲満々。小野田は「大切に演じさせていただきたいと思います。どうか皆さんよろしくお願いします」と深々と初々しいお辞儀をした。

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見で熱唱するクリス役の2人。上野哲也(左)と小野田龍之介(撮影・阪清和)
IMG_9119上野小野田補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 キム役は笹本玲奈、昆夏美、キム・スハの3人。笹本は「2004年からこんなにキム役を務めさせていただくことになるなんて」と驚きながら「集大成となるように心を込めて演じたい」と微笑んだ。昆は「キム役は少しの自信を与えてくれたし、未熟さも教えてくれた」と両面で大切な存在だと明かし「メンバーとがんばっていきたい」と話した。韓国人女優のキムは「長い歴史のある日本の『ミス・サイゴン』に参加できてうれしいです。一生懸命頑張ります」と日本語であいさつした。

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見で熱唱するキム役の3人。左からキム・スハ、笹本玲奈、昆夏美(撮影・阪清和)
IMG_9151キム崑笹本補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 会見では、ユカイら出演者50人が、8月20日開催の「2016神宮外苑花火大会」(日刊スポーツ新聞社主催)に出演することが発表された。花火が終わった瞬間に始まるアフターライブで、ミュージカルナンバーを披露する。

★ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表会見に結集したキャスト陣(撮影・阪清和)
IMG_9112全員補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=ダウンロードできません

 ミュージカル「ミス・サイゴン」は、10月19日〜11月23日に東京・丸の内の帝国劇場で上演される。それに先立つ10月15〜18日に帝劇でプレビュー公演が行われる。
 また「全国ツアー公演」と銘打って、12月10〜11日に岩手県盛岡市の岩手県民会館大ホールで、12月17〜18日に鹿児島市の鹿児島市民文化ホール<第1>で、12月23〜25日に福岡県久留米市の久留米シティプラザ<ザ・グランドホール>で、12月30〜2017年1月15日に大阪市の梅田芸術劇場メインホールで、1月19〜22日に名古屋市の愛知県芸術劇場大ホールで上演される。

andyhouse777 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Report 

2016年06月20日

【ART】 ピカソのキュビズム作品をオークションに出品へ、47億円以上の落札を予想(2016)

 ピカソの初期のキュビズム作品「Femme Assise(座る女)」が、英国・ロンドンで英国時間6月21日に開かれるサザビーズのオークションに、出品されることが分かった。CNNが報じた。サザビーズは売り出し価格を4000万ドル(約42億円)、落札価格は4500万ドル(約47億円)超と見込んでいるという。

★CNNNews

 CNNによると、描かれている女性は、ピカソの愛人で何度もモデルになったフェルナンド・オリビエとされる。サザビーズの担当者はこの作品を「極めて希少」と位置付け、「ピカソのキュビズムは後の現代美術にとっても極めて重要かつ画期的な期間」などと説明しているという。
 出品主は、1973年のサザビーズのオークションでこの作品を34万ポンド(現在のレートで約5200万円)で落札しており、もしサザビーズの予想通りに落札されれば、約90倍に価値が上がったことになる。

andyhouse777 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★ART 

【News】 スピルバーグ監督が「ウエスト・サイド物語」のリメイクを計画か(2016)

 米国の映画監督スティーブン・スピルバーグがブロードウェイの大ヒットミュージカル「ウエスト・サイド物語」の映画版リメイク映画の製作を計画していることが19日までにわかった。芸能メディア「ハリウッド・リポーター」が報じたとCNNが伝えている。

★CNNNews

 CNNが引用したハリウッド・リポーターによると、フォックスとMGMが共同製作。同性愛社会でのエイズ問題を描いた戯曲「エンジェルス・イン・アメリカ」でピュリツァー賞に輝いたトニー・クシュナー氏が脚本を手掛けているという。スピルバーグ監督の作品には「ミュンヘン」「リンカーン」の2作に脚本家として加わっていたことがある。

 ミュージカル「ウエスト・サイド物語」は、アーサー・ローレンツ脚本、レナード・バーンスタイン音楽、スティーヴン・ソンドハイム歌詞、原案ジェローム・ロビンズという天才たちが関わったブロードウェイ・ミュージカルの金字塔。1957年初演されて、大評判となり、1958年に早くもロンドン初演。日本では1964年にオリジナルキャストで来日公演した後、1968年に宝塚歌劇が、1974年以降は劇団四季が演じ継いでいる。

 シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を下敷きにして、ポーランド系アメリカ人の「ジット団」と、新参のプエルトリコ系アメリカ人の「シャーク団」という不良グループの縄張り争いや抗争のために、禁じられた恋に落ちた両団の男女が犠牲になる悲劇を描いている。

 そして1961年にナタリー・ウッドの主演で映画化。ロバート・ワイズとジェームズ・ロビンズの共同監督だった。アカデミー賞も席巻し、作品賞など10部門で受賞した。

 スピルバーグは15年前からリメイク版に関する権利獲得へのトライを続けていたという。

 スピルバーグは新作ファンタジー「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」を今年9月に公開した後、「レディ・プレイヤー・ワン(原題)」「The Kidnapping Of Edgardo Mortara(原題)」「インディ・ジョーンズ5」と、撮影スケジュールが立て込んでおり、「ウエスト・サイド物語」は、2020年以降の公開になる可能性もある。

andyhouse777 at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 アントン・イェルチンが死去、「スタートレック」チェコフ役で人気(2016)

 リブートした米人気SFシリーズ「スタートレック」に宇宙船の操縦士パベル・チェコフ役で出演した米国の俳優アントン・イェルチンが米国西部時間6月19日早朝、ロサンゼルスの自宅で車と壁の間に挟まれているのを、バンドのリハーサルに来ないのを不審に思った友人が発見した。まもなく死亡が確認された。27歳だった。ロイター電やAFP電が伝えている。ロイター電によると警察は事件性はないとみており、自家用車から降りた後に車が後退し挟まれた可能性を中心に事故原因などを調査している。

★REUTERSNews

 AFP電などによると、ロシア・レニングラード生まれ。生後6か月で、レニングラード・アイス・バレエ(Leningrad Ice Ballet)団のスターだった両親と共に米国に移住した。9歳から演技を始め、1990年代にテレビドラマや映画などに出演するようになった。出演作品には、映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス(Star Trek Into Darkness)』、『スター・トレック Beyond(Star Trek Beyond)』や、2007年の犯罪スリラー映画『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン(Alpha Dog)』がある。

 シリーズ最新作が7月に公開予定だった。


andyhouse777 at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News=速報】 松本雄吉が死去、維新派で壮大な野外劇演出確立(2016)

 野外劇など演劇の概念を根本から問い直す作品群で知られる劇団「維新派」主宰で劇作家、演出家の松本雄吉(まつもと・ゆうきち)が18日午前3時25分、食道がんのため大阪市の病院で死去した。国内の各メディアが19日一斉に報じた。69歳だった。熊本県出身。葬儀は劇団の有志で営まれた。後日しのぶ会を開く予定。

★毎日新聞News

 大阪教育大学で美術を専攻し、1970年、大阪を拠点とする「日本維新派」を結成。1987年に「維新派」に改称した。野外に徹底的にこだわり、1991年の東京・汐留コンテナヤードでの巨大野外公演「少年街」をはじめとして大阪・南港での公演や滋賀・琵琶湖上に建てた水上舞台などを使った琵琶湖畔での公演「呼吸機械」、岡山・犬島の銅精錬所跡地内に劇場を建てた「カンカラ」など、巨大な仮設劇場を建設して公演を続けた。
 観客とともに旅をする「漂流」シリーズを企画するなど、演劇の概念を決まり切った枠組みから解放する試みを続けた。代表作に「少年街」「水街」「呼吸機械」などがある。

 また、5拍子、7拍子などの変拍子に大阪弁のせりふを乗せ、足踏みと組み合わせた独自のスタイル「ヂャンヂャン☆オペラ」を生み出し、演劇に音楽的な独自のグルーヴを持ち込むことに成功した。

 オーストラリア、イギリス、メキシコ、ブラジルなど海外でも公演し絶賛されたほか、昨秋は奈良県曽爾村の山々を借景にした野外劇を上演した。

 外部公演では寺山修司の作品を手掛け、2013年と2015年には寺山修司原作の舞台「レミング〜世界の涯まで連れてって〜」の演出・上演台本を務めるなどした。

 今年2、3月には新作「ポータル」を演出。秋に奈良市で上演する公演の準備をしていたと報じているメディアもある。

 芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章、大阪文化賞を受賞している。

 私は共同通信社文化部の演劇担当の記者時代に直接インタビューする機会が得られなかったが、その作品の持つ強力な磁石に惹きつけられていた者の一人。まだまださまざまな場所への旅を続けてくれると信じていた。残念でそして無念でならない。

 ご冥福をお祈りいたします。

 当ブログでは2015年12月に東京で上演された舞台「レミング〜世界の涯まで連れてって〜」の劇評をアップしています。ご興味があればお読みください。
★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「レミング〜世界の涯まで連れてって〜」劇評

 

andyhouse777 at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2016年06月19日

【活動報告】 高嶋政伸さんインタビューが「エンタメOVO」に掲載されました(2016)

 NHK大河ドラマ「真田丸」のインタビューシリーズ第24弾として、名門北条家の4代目当主、北条氏政を演じている高嶋政伸さんのインタビュー記事が、エンタメ総合サイト「エンタメOVO(オーヴォ)」にアップされました。インタビュー記事は同時にyahoo!、exite、infoseek、biglobe、ameba、livedoor、ameblo、mixiなどのニュースサイトをはじめ、複数のウェブサイトに配信されています。
なお、テレビ総合雑誌「TVfan」のWeb展開サイト「TVfanWeb」は今年4月1日から、「エンタメOVO(オーヴォ)」に名称変更されています。サイトのURLなどに変更はありませんが、情報発信サイト「OVO」のインタビューコーナーで読むこともできます。

【エンタメOVO】高嶋政伸さんインタビュー

 高嶋政伸さんは、ご存じ高島忠夫さんを父に、寿美花代さんを母に、高嶋政宏さんを兄に持つ人気俳優です。「HOTEL」や「こちら本池上署」などのシリーズで国民的な人気を誇り、近年では、かたき役やあくの強いキャラクターも演じて、出演のたびにその怪演ぶりが話題になります。「真田丸」で演じている北条氏政は、関東で100年続いた北条家をより強固にし、戦でもめざましい結果を残しますが、プライドの高さが邪魔をして秀吉の力を甘く見過ぎたため追い込まれる様子をまさしく怪しく、しかしどこまでも人間的に演じています。高嶋さんの熱演ぶりをぜひ「真田丸」の放送でご覧ください。
 NHK大河ドラマ「真田丸」は今年1月10日から放送が始まり、NHK総合テレビで毎週日曜日午後8時から放送されています。脚本は三谷幸喜さん。「エンタメOVO」では出演者のインタビューをこれからも続々とお届けしていくことになると思います。当ブログでもその都度ご紹介してまいります。ご期待ください。

 わたくし阪清和は、日本記者クラブに個人D会員として所属し、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アートなどに関する作品批評や取材リポート、稽古場便り、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、エンタメ関連の各種審査員や審査投票委員などを務めています。
 さらにインタビュアー、ライター、ジャーナリスト、アナウンサー、MCとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、劇団機関紙、劇団会員情報誌、ニュースリリース、プレイガイド向け宣材、演劇祭公式パンフレット、広告宣伝メディア、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、アナウンス、企画支援、文章コンサルティング、アフタートークの司会進行などを手掛けています。現在、音楽の分野で海外の事業体とも連携の準備を進めています。今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

 なお、エンターテインメント関連で私がお役に立てることがありましたら、下記のアドレスまでなんなりとご用命ください。速やかにご相談の連絡をさせていただきます
sevenhearts@spa.nifty.com

 なお、今回は私は取材・執筆には参加していませんが、大河ドラマ「真田丸」の世界をもっと楽しむためのガイド本が出ています。後編は5月20日に発売されたばかりです。ぜひ手にお取りください。
【amazon】「真田丸 後編(NHK大河ドラマ・ストーリー)」(NHK出版)=5/20発売


【amazon】「真田丸 前編(NHK大河ドラマ・ストーリー)」(NHK出版)



andyhouse777 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★活動報告 

【News】 ブロードウェイのスターらが歌の収録・販売でオーランドのLGBT支援へ(2016)

 米フロリダ州オーランドにあるゲイたちの社交場になっていたナイトクラブで米国時間6月12日未明発生した銃乱射事件を受けて、ブロードウェイのスター俳優らがオーランドのLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)コミュニティーを支援するため、ジャッキー・デシャノンが1965年に歌ってヒットした「世界は愛を求めている」を収録して、インターネット上でダウンロード販売することが分かった。収益金はすべてフロリダ州のLGBTセンターに寄付されるという。ピープル誌が15日報じたとロイター電が伝えている。

★REUTERSNews

 乱射後治安当局に射殺されたオマール・サディク・マティーン(Omar Saddiqui Mateen)容疑者は、同性愛者を嫌悪していたという説と、その真反対の説があり、さらにはイスラム国(IS)に忠誠を誓っているとの報道もあって、動機が今ひとつ確定できない状態が続いているが、他ならぬゲイコミュニティーのためのナイトクラブが標的にされたことは間違いなく、現地や全米のLGBTは傷心のまま。既にさまざまなにスターやセレブ、関係団体などから多くの支援が寄せられているが、日頃から人権やLGBTの権利擁護に積極的なブロードウェイからのチャリティー支援は、大きな支えとなるだろう。

 ロイター電によると、参加するのは、ブロードウェイで爆発的な人気を誇り、先日の第70回トニー賞でも11部門を制したミュージカル「ハミルトン」のクリエイターで主演も務めるリン・マニュエル・ミランダや、テレビシリーズ「ヴェロニカ・マーズ」の主演ヴェロニカ・マーズ役でブレークした女優クリステン・ベルのほか、ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で知られる女優サラ・ジェシカ・パーカーら。

 ロイター電によると、ダウンロード料金は1.99ドル(約210円)だという。

andyhouse777 at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 第8回AKB48選抜総選挙は指原莉乃が初の2連覇達成、小嶋陽菜は卒業を正式表明(2016)

 45枚目のシングルのセンターを決める第8回AKB48選抜総選挙が、6月18日夕方から夜にかけて、新潟市内で開かれ、指原莉乃が昨年渡辺麻友から奪い返した第1位の座を守って選抜総選挙初の2連覇を達成した。2位には速報段階ではトップに立っていた渡辺麻友が、3位にはSKE48の松井珠理奈、4位にはNMB48の山本彩と新世代が台頭した。そのあおりを食うかっこうで、昨年初めて3位の壁を破って2位になった柏木由紀が5位になった。6位には将来のセンター有望株として昨年初めて「神7」内に入った宮脇咲良が入って順位を上げた。以下、7位は須田亜香里、8位は島崎遥香、9位は兒玉遥、10位は武藤十夢となった。

★ORICONSTYLENews

 2連覇は、AKB48の象徴とも言える前田敦子、大島優子という2大絶対的エースもなしえなかった快挙。

 また、シークレットキャラの「にゃんにゃん仮面」が16位に入り、スピーチの中で、「にゃんにゃん仮面」に扮していた小嶋陽菜が正体を明かした上で、AKB48を卒業することを表明した。卒業の具体的な時期は未定だという。


andyhouse777 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2016年06月18日

【Fashion】 「ステラ マッカートニー」が今秋からメンズコレクションも開始(2016)

 世界的なファッションブランド「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」が今年の秋から、ブランド初のメンズ・コレクションをスタートさせることが明らかになった。「ステラ マッカートニー」が発表したと、「MODE PRESS WATCH」などが報じた。(写真はウィメンズ)

★AFPBBNews

 「MODE PRESS WATCH」によると、デビューコレクションは、ロンドンで11月10日に開催されるウィメンズのスプリング・コレクションとともにプレゼンテーション形式で披露されるという。実際の店頭では12月初旬から一部の店舗で販売され、公式オンラインストアなどでも販売される予定だという。

andyhouse777 at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Fashion 

【News=速報】 ミートローフは命に別状なし、重度の脱水症状との診断(2016)

 カナダ時間6月16日夜、カナダ・エドモントンのジュビリー公会堂での公演中に突然倒れて救急搬送された米国のロック歌手で俳優のミートローフ(Meat Loaf、68歳)は、重度の脱水症状を起こしていたことが分かり、命に別状はないと診断されたという。意識はしっかりしていて、体調も回復してきているという。TBSが担当者の話として報じた。

★TBSNews

 ミートローフは、ニュースサイトに投稿された公演の動画を見ると、1993年のヒット曲「愛に全てを捧ぐ(I'd Do Anything for Love)」を歌っている最中に突然マイクスタンドを前に押し倒し、ステージに崩れ落ちるように倒れた。すぐさまバンドのメンバーや近くにいたスタッフらが駆けつけた。地元エドモントンの救急スタッフが対応したという。

 ミートローフのtwitterやfacebookによれば、ミートローフは13日のカルガリー公演など今回の公演の前の2つのカナダ公演を病気を理由に延期していた。倒れたこととこの体調不良に何らかの関係があるものとみられている。
 ただエンタメ情報サイト「TechinsightJapan」が現地メディアの報道として伝えているところによると、ミートローフは2003年に英国のアリーナで倒れ、入院したことがあるという。ぜんそくの持病があるほか、不整脈の原因になる病気を抱えているとも言われているという。

andyhouse777 at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【Topics】 明石家さんまと上沼恵美子が22年ぶりに「さんまのまんま」で共演、日本屈指のトーク激突必至(2016)

 お笑い界のトップリーダー明石家さんまと、縦横無尽な七色トークでテレビ界を席巻する上沼美恵子。ともに関西出身でハイレベルなしゃべくりテクニックを駆使する2人がトーク番組「さんまのまんま」で、1994年以来22年ぶりに共演する瞬間が近づいてきた。関西テレビで6月18日放送(フジテレビは8日遅れの26日放送予定、他のフジテレビ系列局も関西テレビよりはかなり遅れて放送されます)の「さんまのまんま大阪から生放送SP 2016」は通常の東京のスタジオでの収録ではなく大阪市の関西テレビからの生放送(関西テレビ放送圏内のみ)。仲の良い2人だが、日本屈指のしゃべくりパワーが激突する場面や予期しない話が飛び出す可能性もあり、番組やそれぞれのファン、関西人だけでなく、芸能界やメディア界全体、そして全国のお笑い好きが注目する共演になりそうだ。関西テレビでの放送は18日午後3時から5時半まで。(上沼恵美子以外のゲストもあり)

★関西テレビ公式サイト

 上沼恵美子と明石家さんまは実は同じ1955年生まれ。ただ、1971年と1974年と芸能界デビューが3年上沼の方が早いため、お笑い界では、上沼が目上にあたる。
 漫才やコントなど、共にお笑い界での活動で一世を風靡し、それと並行してメイン司会者としての地位を固めていった。さんまは東京中心で、上沼は関西に専念。なかなか共演する機会が持てなかったが、互いを尊敬し合う間柄だ。

 6月18日放送のフジテレビ系「さんまのまんま大阪から生放送SP 2016」は大阪での生放送とあって、ほかにも関西ゆかりの人々が登場。
 女優の沢口靖子は19年ぶり。大阪府堺市出身で「新・科捜研の女」など関西を舞台にしたドラマにも長年出演し続けている沢口とさんまは、意外にも数度の共演経験があり、思い出話が聞けそうだ。
 そしてお笑い界のレジェンド、西川きよし師匠と妻のヘレン、そして娘の西川かの子。さらには大阪・十三などのライブハウスを拠点にして、関西らしいブルージーなソウルロックで全国的な人気を得たウルフルズの4人と、豪華なトークゲストが続くことになる。


andyhouse777 at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Topics 

2016年06月17日

【News=速報】 歌手で俳優のミートローフがカナダ・エドモントンで公演中に卒倒、容体は不明(2016)

 米国のロック歌手で、ブラッド・ピットの出世作「ファイト・クラブ」にも出演した俳優でもあるミートローフ(Meat Loaf)がカナダ時間6月16日夜、カナダ・エドモントンのジュビリー公会堂での公演で、1993年のヒット曲「愛に全てを捧ぐ(I'd Do Anything for Love)」を歌っている最中にステージで崩れ落ちるように倒れた。病院に搬送されたが、容体は不明。ミートローフは68歳。地元メディアが報じたとロイター電やAFP電が伝えている。

★ニュースサイトへの投稿画像=YouTube


★REUTERSNews

★AFPBBNews

 ニュースサイトに投稿された公演の動画を見ると、ミートローフは突然マイクを落とし、ステージに倒れた。すぐさまバンドのメンバーや近くにいたスタッフらが駆けつけた。地元エドモントンの救急スタッフが対応したという。

 ミートローフのtwitterやfacebookによれば、ミートローフは13日のカルガリー公演など今回の公演の前の2つのカナダ公演を病気を理由に延期していた。倒れたこととこの体調不良に何らかの関係があるものとみられている。

andyhouse777 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News】 ジョニー・デップが命じられた妻ハードへの接近禁止命令再検討の審理が中止に(2016)

 米国の俳優ジョニー・デップに対して、妻で女優のアンバー・ハードへの接近禁止命令を出しているロサンゼルスの裁判所は、命令の延長の是非などを再検討するために米国西部時間6月17日に予定されていた審理を中止した。裁判所の担当者が明らかにしたとロイター電が伝えている。次回の審理は8月2日に行われる予定。

★REUTERSNews

 現地での報道によると、ハードは17日の審理で証言するとみられていた。裁判所はどちらの陣営が中止を求めたかは明らかにしていないという。

 2人は2015年2月に結婚したが、ハードさんはデップから日常的に言葉による暴力や精神的、身体的な家庭内暴力(DV)を受けていたと主張し、5月に突然離婚を申請。裁判所は5月27日、デップさんに一時的な接近禁止命令を発令し、ハードさんの100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁じた。
 その後、デップの代理人は「デップは自身の私生活に関する下世話な作り話やゴシップ、デマ、嘘について一切答えることはない」と説明してコメントを一切拒否。その間、デップの家族や元家族から「優しい性格で、DVは考えられない」などとデップを擁護する発言が相次いだほか、デップの「友達」と名乗る著名人から、ハードの裁判所での様子などについて「演技がうまい」などと皮肉る中傷や個人攻撃も相次いだため、ハードはデップから5月21日にスマートフォンを投げつけられてほおにけがをした「暴力」をロサンゼルス市警に被害届を出すことで対抗措置とするなど、2人のDV・離婚問題は泥沼化しつつある。


andyhouse777 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート
★★仕事のご依頼は★★
 2014年1月をもって正式にフリーランスとなりました。映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどエンターテインメント全般に関する批評、インタビュー、取材、記事執筆、司会進行、ナビゲート、企画などでお役に立てることがありましたら、ぜひとも声をかけてください。      仕事依頼専用アドレスは    sevenhearts@spa.nifty.com
AfternoonTea
ページ別順位(2014年8月4日現在)=直接リンクはされていませんので、各ページへ行くには、タイトルをコピーして下かトップ右の記事検索欄にペーストして検索してください
<01> Endless SHOCK 2014(21907)
<02> 太陽2068(9402)
<03> Endless SHOCK 2013(8821)
<04> なにわ侍 ハローTOKYO!!(8399)
<05> 直木賞芥川賞2013前期候補作決まる(5734)
<06> ソング・ライターズ(4968)
<07> 第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞にリリー・フランキー(4586)
<08> MIWA(3890)
<09> 「そして父になる」に世界から熱視線(3590)
<10> 「カッコーの巣の上で」舞台版が小栗旬主演で開幕(3316)
<11> 抜目のない未亡人(2862)
<12> マーガレット(2641)
<13> PLAYZONE → IN NISSAY(2550)
<14> 高校中パニック!小激突!!(2213)
<15> ストリッパー物語(2132)
<16> ダディ・ロング・レッグス=2014(2059)
<17> 刑事ドラマの殉職特集を放送(2049)
<18> 殺風景(1952)
<19> 今ひとたびの修羅(1818)
<20> ムサシ ロンドン・NYバージョン(1791)
<21> ムサシ ロンドン・NYバージョン=2014(1791)
<22> 「レ・ミゼラブル」と「アルゴ」にGグローブ賞(1760)
<23> かもめ(1725)
<24> 頭痛肩こり樋口一葉(1693)
<25> レディ・ベス(1665)
<26> イン・ザ・ハイツ(1637)
<27> 私が黄金を追う理由(1593)
<28> ジャック再び降臨「24」最新シリーズ放送開始(1592)
<29> 木の上の軍隊(1522)
<30> 国民の映画(1517)
<31> 2013前期芥川賞に藤野可織、直木賞に桜木紫乃(1315)
<32> ショーシャンクの空に(1280)
<33> ジャニーズ2020ワールド(1228)
<34> A.B.C座2013 ジャニーズ伝説(1178)
<35> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜=2014(1116)
<36> DREAM BOYS JET(1113)
<37> 「愛の渦」映画化(1087)
<38> 「ピトレスク」の稽古場公開(1085)
<39> 「レディ・ベス」世界初演ついに幕開け(1065)
<40> BACK STAGE(1047)
<41> 金閣寺(1028)
<42> シスター・アクト(990)
<43> レ・ミゼラブル(958)
<44> THE BIG FELLAH(953)
<45> 「天才執事ジーヴス」でウエンツと里見が名コンビに(952)
<46> 半沢直樹(923)
<47> もらとりあむタマ子(918)
<48> ザ・ワーズ 盗まれた人生(875)
<49> Holidays 休暇(862)
<50> ロスト・イン・ヨンカーズ(816)
<51> ミュージカルベストテンの選考投票に参加(804)
<52> ロンサム・ウエスト(787)
<53> 花嫁と父つなぐピアノ、盛岡のCMが話題(785)
<54> クリプトグラム(779)
<55> うかうか三十、ちょろちょろ四十(761)
<56> 奇跡の7人「THE BIG FELLAH」に集う(755)
<57> シレンシオ(695)
<58> アルトナの幽閉者(652)
<59> 筧利夫が世界最新演出版の初回を無事完遂(637)
<60> ネクスト・トゥ・ノーマル(635)
<61> ザ・ビューティフル・ゲーム(624)
<62> 私のダーリン(618)
<63> LOVE CHASE !!(599)
<64> SHOCK1000回達成(591)
<65> つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜(589)
<66> 第86回日本アカデミー賞主演女優賞に真木よう子(575)
<67> 天翔ける風に(574)
<68> 愛の渦(572)
<69> 恋と音楽(569)
<70> モンテ・クリスト伯(551)
<71> ストロベリーナイト(549)
<72> 半沢直樹 その2(530)
<73> 第86回日本アカデミー賞主演男優賞に松田龍平(520)
<74> ベネチア金獅子賞に「サクロ・グラ」(513)
<75> 第86回日本アカデミー賞助演女優に真木よう子(498)
<76> 韓国版「家政婦のミタ」はチェ・ジウ主演(494)
<77> 米経済紙が半沢直樹特集、英語で倍返しは?(493)
<78> 第150回芥川賞直木賞候補作決まる(492)
<79> ライクドロシー(477)
<79> エニシング・ゴーズ(477)
<81> 太鼓たたいて笛ふいて(475)
<82> マイ・フェア・レディ(465)
<83> 屋根の上のヴァィオリン弾き(458)
<84> 秋のソナタ(450)
<85> ABC座2014ジャニーズ伝説(439)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<88> 渇いた太陽(436)
<89> 雨と夢のあとに(435)
<90> マンマ・ミーア!(429)
<91> 晩餐(426)
<91> マイケル・ジャクソンの新曲8曲入り新譜発売へ(426)
<93> 声(423)
<94> Tribes(417)
<95> ジェニファー・ローレンスがショートヘアーに(408)
<96> Paco〜パコと魔法の絵本〜from『ガマ王子vsザリガニ魔人』(403)
<97> 名もない祝福として(396)
<98> テンペストを白井晃演出で(395)
<99> ジャニーズ・ワールド(390)
<100> 半沢直樹 その3(383)
<101> 「シェルブールの雨傘」5年ぶり再演へ(378)
<102> 音のいない世界で(375)
<103> テイク・ディス・ワルツ(369)
<104> 組曲虐殺(364)
<104> 春琴(364)
<106> 「レ・ミゼラブル」は6/21発売(361)
<106> 「国民の映画」再演決定(361)
<108> ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(348)
<109> レ・ミゼラブル新演出版(347)
<110> 関数ドミノ(346)
<111> NO MORE 映画泥棒新バージョン(342)
<112> ピアフ(339)
<113> 海辺のカフカ◆archive◆(338)
<114> 007ファッション南青山で公開(334)
<114> 北島三郎、座長公演も最後と表明「引退ではない。歌い続ける」(334)
<116> 野田秀樹の「MIWA」に豪華俳優が集結(331)
<117> ロンドンでマティスの切り紙絵展始まる(330)
<118> ハリウッド白熱教室(322)
<119> リトルマーメイド(320)
<120> ぴんとこな(316)
<121> トガニ 幼き瞳の告発(313)
<122> カンヌバルムドールに「アデルの人生」(309)
<123> 脳男(305)
<124> トニー賞は「キンキーブーツ」(301)
<125> 赤鬼(299)
<126> BRAVE HEARTS 海猿(293)
<127> 「レディ・ベス」開幕前にトークイベント(291)
<128> 「オペラ座の怪人」完結編ついに日本初演へ(290)
<129> 第86回日本アカデミー賞作品賞に「舟を編む」(286)
<130> 取材・執筆した「殺風景」PR記事が掲載されました(281)
<131> ナタリー・ウッド事故死ではない可能性(278)
<131> 第86回日本アカデミー賞監督賞に石井裕也(278)
<133> 「海辺のカフカ」再演決定(277)
<134> 真夏の方程式(273)
<135> ハーベスト(269)
<135> 第21回読売演劇大賞は森新太郎(269)
<137> 4 four(268)
<137> 日の浦姫物語(268)
<139> iSAMU(258)
<140> ウルトラマリンブルー・クリスマス(254)
<140> 「風立ちぬ」公式上映で瀧本美織が存在感を発揮(254)
<142> トニー賞2014Ms作品賞(251)
<142> 進化するミス・サイゴン7月から世界最新演出で日本公演(251)
<144> ワイルド・スピード EURO MISSION(249)
<145> 半沢直樹第2回は21.8%で大台乗り(245)
<146> 小さいおうち(244)
<147> てんぷくトリオのコント(243)
<148> 「スクルージ」開幕、市村正親が意欲(242)
<149> 第67回カンヌ国際映画祭が開幕、長澤まさみも登場(241)
<150> アジア温泉(230)
<151> スター・トレック イントゥ・ダークネス(229)
<152> 「シスター・アクト」に個性派ずらり(226)
<152> 河瀬直美「2つ目の窓」公式上映で12分の鳴り止まぬ拍手(226)
<154> 片鱗(225)
<155> ジョン万次郎の夢(223)
<156> 白い夜の宴(221)
<157> 台湾の超美形ボーカルバンド人気、日本に到達(216)
<157> 野田秀樹の「赤鬼」気鋭の演出家・俳優で上演中(216)
<159> ウィズ〜オズの魔法使い〜(215)
<160> ビトレスクキャスト陣一体感強調(214)
<160> 戦隊ヒロイン「女子ーズ」にときめく5女優集結(214)
<162> GODZILLA ゴジラ(212)
<163> 第151回芥川賞直木賞候補作決まる(211)
<164> マクベス(207)
<164> ムーミン生んだトーベ・ヤンソン生誕100周年迎える(207)
<166> サウンド・オブ・ミュージック(205)
<167> テレ東が「不明者」を大捜索中(202)
<167> 「エッグ」再演決定、初の海外パリ公演も実現(202)
<169> 舟を編む(201)
<170> 蝋燭の灯、太陽の光(199)
<170> アナ雪の「スリラー」ダンス映像が大反響(199)
<172> 満天の桜(196)
<172> レッド・ツェッペリンがリマスター版収録の未発表曲2曲公開(196)
<174> ジェーン・エア=映画(193)
<175> さいあい シェイクスピア・レシピ(188)
<175> トニー賞2014Ms助女賞(188)
<177> ダディ・ロング・レッグス追加公演決定(181)
<178> 図書館戦争(180)
<179> KREVAの音楽劇再演、各界から逸材結集(179)
<180> ザ・フルーツ(178)
<181> 八月の鯨(176)
<182> 魔女の宅急便(173)
<182> 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ミュージカル日本初演へ(173)
<184> G・グローブ賞録画放送(172)
<184> 100回泣くこと(172)
<186> プラチナデータ(170)
<187> テルマエ・ロマエ供168)
<187> 第86回アカデミー賞のノミネート作決まる(168)
<189> オブリビオン(167)
<189> キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(167)
<191> あなたがここにいればよかったのに(166)
<192> ジェーン・エア=舞台(162)
<192> さよならドビュッシー(162)
<194> 華麗なるギャツビー(161)
<194> 藁の楯(161)
<194> ポール・ウォーカー急逝の波紋広がる(161)
<197> 異国の丘(160)
<197> 8月31日〜夏休み最後の日〜(160)
<197> 追悼 大瀧詠一(160)
<197> 安室奈美恵の洗練されたマッシュアップ映像が話題(160)
<201> ホロヴィッツとの対話(159)
<201> ヒトミ(159)
<203> 半沢直樹第6回も29.0%と好調維持(158)
<203> 初音ミクオペラにパリが熱狂(158)
<203> 中古LPからマービン・ゲイのパスポート発見(158)
<206> エッグ(156)
<206> 「ショーシャンクの空に」舞台化決定(156)
<208> J・K・ローリングの新作に34歳のハリー・ポッター登場(155)
<209> サビタ稽古場イベント(154)
<210> 風立ちぬ(151)
<210> 村上春樹、2013年のノーベル文学賞逃す(151)
<210> 追悼 やしきたかじん(151)
<213> 半沢直樹第5回は29.0%と続伸(150)
<214> The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(146)
<215> さよなら渓谷(145)
<215> WILCO(145)
<217> 新国立劇場2014-15ラインナップ発表(144)
<217> 「メリー・ポピンズ」の裏側描く映画初上映(144)
<219> トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2(143)
<220> 半沢直樹最終回は42.2%とミタ超え、関西は歴代最高(142)
<221> ダチョウ課長の幸福とサバイバル(141)
<222> ベネチア女優賞(140)
<223> 中学生円山(139)
<224> 大事なはなし(138)
<224> 「I'll be back」で大論争(138)
<224> 宮本亜門がドンペリPartyのショー演出(138)
<227> ナミヤ雑貨店の奇蹟(137)
<227> ケイティ・ペリーが着物パフォーマンス(137)
<227> 県庁おもてなし課(137)
<230> カンヌ審査員にキッドマンと河瀬直美ら(135)
<231> 任侠ヘルパー(134)
<231> レディー・ガガ、涙の訳はマネージャーとの決別?(134)
<231> 鬼才ラース・フォン・トリアーの最新作は超過激 !(134)
<234> 客家(133)
<234> その夜の侍(133)
<236> トニー賞2014Ms主女賞(131)
<237> 半沢直樹第3回は22.9%で今年ドラマトップ(130)
<237> DREAM BOYS(130)
<237> 米ゴールデン・グローブ賞ノミネート作決まる(130)
<240> 第39回菊田一夫演劇大賞にレミゼのキャスト&スタッフ(129)
<240> 海峡の光(129)
<242> 悪霊(128)
<243> シェイクスピア生誕450年記念上演始動、ハムレットは北朝鮮にも巡演へ(126)
<244> トニー賞2014MsRV作品賞(125)
<245> ミス・サイゴン(124)
<246> ザ・スーツ(123)
<246> フィリップ・シーモア・ホフマンが急死(123)
<246> 陽だまりの彼女(123)
<246> 共喰い(123)
<246> 「ドラえもん」英語吹き替え版は日米文化研究に興味深いヒント数々(123)
<251> 半沢直樹第4回は27.6%に急伸(122)
<251> ベルリン金熊賞(122)
<251> ミス・サイゴン=2014(122)
<251> 南京錠の橋ポン・デザール一部崩壊(122)
<255> 思い出を売る男(121)
<256> ダディ・ロング・レッグス(120)
<257> ずっと二人で歩いてきた(119)
<257> 横道世之介(119)
<259> 新・幕末純情伝(118)
<260> カウラの班長日記sideA(117)
<261> 無明長夜(116)
<261> ガラパコスパコス(116)
<263> 第86回米アカデミー作品賞に「それでも夜は明ける」(115)
<264> 半沢直樹に幻のラストシーン、DVD&Blu-rayに収録へ(114)
<264> 虚像の礎(114)
<264> 渡辺謙が「王様と私」でブロードウェイデビューへ(114)
<267> 大奥〜永遠〜【右衛門佐・綱吉篇】(112)
<268> 半沢直樹第9回は35.9%とさらに上昇(111)
<268> 地獄でなぜ悪い(111)
<268> トニー賞2014Ms助男賞(111)
<268> ピンク・フロイド10月の20年ぶりのアルバム発売を正式発表(111)
<272> ハムレット(109)
<272> ロックアウト(109)
<274> アカデミー助演女優賞はアン・ハサウェイ(108)
<274> 闇金ウシジマくん(108)
<274> 授業(108)
<274> 東京国際映画祭サクラグランプリは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」(108)
<278> トニー賞2014PRV作品賞(107)
<278> トニー賞2014Ms主男賞(107)
<278> リチャード3世の墓と断定(107)
<378> 鍵泥棒のメソッド=舞台版(107)
<282> 半沢直樹第7回は30.0%と壁突破(105)
<282> ソチの脱出ヒーローまたも閉じ込め(105)
<282> 東京タワーはGW特別ライトアップ中(105)
<285> サ・ビ・タ日本版来春再演決定(104)
<285> 米アカデミー賞最注目は9歳の少女(104)
<285> 日本舞台美術家協会が7年ぶり展覧会開催(104)
<288> エンロン◆archive◆(103)
<288> つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(103)
<288> そして父になる(103)
<291> みなさん、さようなら(101)
<292> レミゼ衣装を東京3都市で展示(100)
<293> アルゴ検証番組日本初放送(99)
<294> 「荒野の七人」新吹き替え版放送(97)
<294> 五輪色の東京タワーを月も見に来た?(97)
<296> キングコングの巨大ロボ公開(96)
<296> 手のひらの砂漠(96)
<296> 第151回芥川賞は柴崎氏、直木賞は黒川氏(96)
<299> 釣りバカ全作品をWOWOWが一挙放送へ(95)
<299> アナと雪の女王(95)
<301> ラ・マンチャの男(94)
<302> ジャニス・ジョプリンがハリウッドの殿堂入り(93)
<302> 初めてなのに知っていた(93)
<304> るろうに剣心(92)
<304> THEMANZAI2013優勝はウーマンラッシュアワー(92)
<304> トニー賞2014P主男賞(92)
<304> ピンク・フロイドが10月に20年ぶりのアルバム発売か(92)
<308> ベネチア最終盤情勢(91)
<308> 獣の柱まとめ*図書館的人生<下巻>(91)
<308> 第86回米アカデミー賞総まくり(91)
<308> SONG&DANCE60感謝の花束(91)
<312> 夢売るふたり(90)
<312> アカデミー主演女優賞はジェニファー・ローレンス(90)
<312> 建てましにつぐ建てましポルカ(90)
<312> 半沢直樹DVD&Blu-ray発売は12/26(90)
<312> 赤塚不二夫のココロ展〜2015年は生誕80周年なのだ!〜(90)
<312> 地下室の手記(90)
<312> 昭和レストレイション(90)
<312> チェ・ジウとクォン・サンウ、11年ぶり共演ドラマ「誘惑」スタート(90)
<320> 撫で撫で(89)
<321> 僕等がいた(89)
<322> 集金旅行(88)
<323> リトルマエストラ(88)
<323> ワイルド・スピード第7作の製作休止へ(88)
<323> ベルリン女優賞に黒木華(88)
<323> カンヌ女優賞はジュリアン・ムーア(88)
<323> 東京タワーがサムライブルーに(88)
<323> ワイルド・スピード第7作撮影再開、急死のポール部分は実弟2人で補充(88)
<329> 日本記者クラブ個人D会員になりました(87)
<329> インポッシブル(87)
<331> 鍵泥棒のメソッド=映画版(86)
<331> ルビー・スパークス(86)
<333> トニー賞2014P作品賞(85)
<334> 其礼成心中(84)
<334> キャロリング(84)
<336> ヘルタースケルター(83)
<336> 魔女とたまごとお月様(83)
<337> 第20回全米映画俳優組合賞はアメリカン・ハッスル(81)
<338> 「スター・ウォーズ」6作を一挙放送へ(80)
<339> カンヌグランプリにコーエン兄弟(79)
<339> 日本アカデミー賞作品賞は桐島、(79)
<339> メモリーズ・コーナー(79)
<339> 凶悪(79)
<339> 自動改札やスマホで光るネイル発売へ(79)
<344> 半沢直樹第8回は32.9%とさらに上積み(77)
<344> 第67回カンヌ国際映画祭まもなく開幕(77)
<346> 来訪者(76)
<346> AKB48総選挙2014渡辺麻友が初の1位指原は2位に陥落柏木3位(76)
<348> カンヌ監督賞にアマト・エスカランテ(74)
<348> ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン(74)
<348> ベネチア銀獅子賞(74)
<348> 未成年モデル保護法案が米上下院通過(74)
<348> ツナグ(74)
<348> 最も稼いだ女優はアンジョリーナ・ジョリー(74)
<348> 東京震度5弱、都心は無事です(74)
<348> ユーミンの音楽×演劇コラボ、第2弾は比嘉愛未とW主演(74)
<356> ヴィンセント・ギャロが日本映画に出演(73)
<356> 暗いところからやってくる(73)
<358> カンヌ男優賞にブルース・ティーン(72)
<358> 世界の名刑事が大集結(72)
<358> 新しい靴を買わなくちゃ(72)
<358> キャプテン・フィリップス(72)
<358> 三鷹で昭和の名優作品続々上映(72)
<363> スター・ウォーズ最新作にハン、ルーク、レイアの3俳優出演決定(71)
<364> 最強のふたり(70)
<364> 大島優子が紅白でAKB48卒業宣言(70)
<364> 傷心のミック、復活待つ世界(70)
<364> 錬金術師(70)
<364> 当ブログのFBページいいね2000件達成(70)
<369> プロメテウス(69)
<370> スターウォーズ新シリーズ公開は再来年12/18(68)
<370> ポール・ウォーカーが事故死(68)
<370> トニー賞2014P主女賞(68)
<373> トム・ハンクスの陪審員まさかの強制終了(67)
<373> 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(67)
<375> ロバート・プラントがツェッペリン再結成を完全否定(66)
<375> 無欲の人(66)
<375> 宇宙兄弟(66)
<378> アカデミー作品賞はアルゴ(65)
<378> ライフスタイル体操第一(65)
<380> ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。(64)
<380> 「風と共に去りぬ」の続編について作者が手紙で返答していた(64)
<382> 臨場 劇場版(63)
<382> カンヌ最終盤情勢(63)
<382> ウィリアム・シェイクスピア(63)
<382> 多彩に変化する東京の空(63)
<382> マイティ・ソー、10月から性別を変更へ(63)
<387> ジェーン・エアその2(62)
<387> ヤバレー、虫の息だぜ(62)
<387> 東京家族(62)
<387> ポール・マッカートニー5月に再来日屋外ライブ(62)
<387> 三鷹市芸術文化センター星のホール(62)
<392> アカデミー主演男優にマシュー・マコノヒー(61)
<392> ブルージャスミン(61)
<392> 「アメリカントップ40」の名DJケーシー・ケイサムが死去(61)
<395> モンスターズクラブ(60)
<395> ダークナイト・ライジング(60)
<395> カンヌ女優賞にベレニス・ベジョ(60)
<398> バイトショウ(59)
<398> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜(59)
<400> アウトレイジビヨンド(58)
<400> タランティーノ脚本流出に怒り次回作中止?(58)
<400> 第150回直木賞に朝井と姫野、芥川賞に小山田(58)
<400> トニー賞2014P助男賞(58)
<404> 黄金を抱いて翔べ(57)
<404> ベネチア審査員大賞(57)
<404> ロンドンの劇場で天井崩落(57)
<404> マン・オブ・スティール(57)
<404> カンヌ2014審査委員長はジェーン・カンピオン監督(57)
<404> ハリソン・フォード宇宙に帰還(57)
<409> 潜水艇ボンドカー、8600万円で落札(56)
<409> ストーンズが豪NZツアー無期限延期(56)
<411> ザ・マスター(55)
<411> 世界にひとつのプレイブック(55)
<411> 「B・ジョーンズの日記」最新小説は恋するシングル・マザー(55)
<411> 学士会館(55)
<411> ビートルズの公式ドキュメンタリーを44年ぶりに制作へ(55)
<416> Gグローブ賞作品賞(54)
<417> のぼうの城(53)
<417> 芸劇リニューアル(53)
<417> セックス・ピストルズの心暖まるX'mas映像放送へ(53)
<420> モンティ・パイソン再結成へ(52)
<420> 三人姉妹(52)
<420> I’M FLASH !(52)
<420> カルティエのX'masアニメ公開(52)
<424> グッモーエビアン!(51)
<424> 日本レコード大賞はEXILE(51)
<424> アカデミー主演女優賞にケイト・ブランシェット(51)
<427> リンカーン(50)
<427> Gグローブ主演女優賞(50)
<427> プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(50)
記事検索
レ・ミゼラブル特設コーナー
★Blu-rayコレクターズBOX=amazonページ


★公式記録集「レ・ミゼラブル--舞台から映画へ」大型本
★大ヒットドラマ「半沢直樹」12/26発売!★
★DVD ★Blu-ray
あまちゃん特設コ-ナ-
★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-1


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-2


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-3
映画系DVD or Blu-ray
舞台系DVD or Blu-ray
楽天ショップへ
人気作品ランキング
参加中のブログ
J-CASTニュース
ninjatools tag