2018年02月24日

【Report】 2018年のジャニーズ銀座は「HiHi Jet」「東京B少年」の若手2グループだけで上演(2018)

 ジャニーズ事務所の若手が日替わりで結集して盛り上げてきたシアタークリエ公演「ジャニーズ銀座」。4月29日から6月3日まで開かれる今年2018年の「ジャニーズ銀座2018 〜ボクたちの作るジャニカルとスペシャルショータイム〜」は、ジャニーズJr.の人気グループ。「HiHi Jet」と「東京B少年」がたった2グループだけで全公演を担うことになり、東京都内で開かれた製作発表記者会見では、「次世代のニュースターは僕たちだと、自覚を持ってやりたい」「正直めちゃくちゃワクワクしている。緊張はするけど新しいものをつくるってこんなにワクワクするなんて」と、平均年齢15.8歳のメンバーから本番が待ちきれないとでも言いたそうな、力強い抱負が次々と飛び出した。

★「ジャニーズ銀座2018 〜ボクたちの作るジャニカルとスペシャルショータイム〜」の製作発表記者会見に出席した「HiHi Jet」(前列)と「東京B少年」(後列)のメンバー
全員ガッツポーズIMG_4409補正済み

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 会見に参加したのは、「東京B少年」が那須雄登、佐藤龍我、浮所飛貴、岩崎大昇、藤井直樹、金指一世。「HiHi Jet」が橋本涼、井上瑞稀、猪狩蒼弥、高橋優斗、作間龍斗。作間は会見中に「HiHi Jet」への加入が発表されたばかり。

 今年の「ジャニーズ銀座」はジャニーズ事務所の歴史に残るジャニーズソングの名曲にオリジナルストーリーと芝居を付けていくことを意味する「ジャニカル」というミュージカルとライブの2本立てがメインのフォーマットとなる。

 メンバーからは、「プレッシャーはあるけど素晴らしいパフォーマンスをお見せできるよう努力したい」と意欲的な挨拶が続き、「HiHi Jet」の高橋優斗は「次世代のニュースターは僕たちだと、自覚を持ってやりたい」と覚悟を決め、グループの特色でもある得意のローラースケートを駆使していく計画も明かした。

andyhouse777 at 01:29|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Report 

【ART】 フェルメールの絵画「真珠の耳飾りの少女」科学的検証作業を来館者にも公開(2018)

 フェルメール(Vermeer)の「真珠の耳飾りの少女(Girl with a Pearl Earring)」に対し、所蔵されているオランダ・ハーグのマウリッツハイス(Mauritshuis)美術館で、来館者の見ている前で蛍光X線や光波コヒーレンス断層映像法、デジタル顕微鏡法などの科学的な検証が行われることが分かった。期間はオランダ時間2月26日からの2週間だという。AFP電などが報じている。異国情緒あふれる装束に加え、その意味ありげなまなざしなどから、多くの謎が秘められている世界屈指の絵画の科学的検証作業を見られる機会とあって、世界の美術ファンから注目を集めそうだ。

★AFPBBNews

★検証プロジェクト「スポットライトの中の少女」の説明ページ=英語、オランダ語にも変換可能

 「真珠の耳飾りの少女(Girl with a Pearl Earring)」はオランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)が1665年ごろに描かれたとみられる作品で、青と黄色のターバンを巻いて大きな真珠の耳飾りをつけた少女が口元に微笑みを湛えてこちら側を何か言いたげに見ており、「青いターバンの少女」「ターバンを巻いた少女」、あるいは、「オランダのモナリザ」とも呼ばれている。

★通常の展示では
http://www.gettyimages.co.jp/detail/613940010' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 AFP電によると、1994年に保存処理のために同美術館で科学的な検証が行われているが、直接絵画に接触したり、画材をはがしたりしない「非侵襲性分析技術」はそれ以降の24年間に著しい進歩を遂げていることから、大きな成果が得られるものとみられている。
 来館者はすぐそばに近づくのではなく、国際専門家チームがガラスの部屋の中で検証しているのを見ることになる。
 美術館では、研究者らが抱く、「フェルメールがこの作品をどうやって描いたのか」「キャンバス、顔料および油などを含め、どんな画材を使用したのか」などの疑問について解明の材料を得たい考え。

 「真珠の耳飾りの少女(Girl with a Pearl Earring)」をめぐっては、そもそも描かれたモデルが誰であるかが分かっておらず、フェルメールの実の娘という説もあるが真偽は不明。当時のオランダのファッションにはそぐわないターバンやイヤリングなどもなぞを呼び、やや濡れたくちびるやかすかに開いた口、光の反射を示す描写、体のひねり方など多くの研究課題が残されている。
 今回の検証結果は、モデルの判別にはつながりそうにはないが、フェルメールの画家としての活動や描写法などについて多くの答えが導き出されることが期待される。
 また、ガラス越しとは言え、普段は非公開で行われる科学的検証を「鑑賞」できることの意味も大きい。

andyhouse777 at 00:10|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★ART 

2018年02月23日

【Topics】 平昌フィギュア使用曲のストリーミング回数が急増(2018)

 韓国で開催されている平昌冬季五輪のフィギュアスケート競技は、男女ともにハイレベルな争いとなったが、演技で使用された楽曲のうちいくつかの曲のストリーミング回数が急増し話題になっている。ロイター電が報じている。

★ドミトリー・アリエフの演技
http://www.gettyimages.co.jp/detail/919185138' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★村元哉中、クリス・リード組の演技
http://www.gettyimages.co.jp/detail/921124490' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 ロイター電が、アマゾン・ミュージックの情報として伝えているところによると、ストリーミング回数が9倍に増えたのが、ロシアのドミトリー・アリエフがフリーの演技で使用した「To Build A Home」と、映画『リトル・ミス・サンシャイン』からの曲。また、日本の村元哉中、クリス・リード組が使用した坂本龍一が音楽を担当した映画『ラストエンペラー』『戦場のメリークリスマス』からの曲も、6倍に増えたという。

 さらに、2001年の映画『ムーラン・ルージュ』のサウンドトラックは人気が顕著であるとしており、このサントラは、カナダに金メダルをもたらした団体でのアイスダンスで、テッサ・バーチューとスコット・モイア組が使ったほか、米国ペアやヴィンセント・ジョウも使用したとして、選手にも人気だったことを挙げている。幅広い国の選手が使用したことで認知度がアップしたことは間違いなさそうだ。

★映画『ムーラン・ルージュ』サウンドトラックCD=amazon


andyhouse777 at 22:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Topics 

【News=発表】 「SEVEN HEARTS ドラマ大賞2017」はTBS「カルテット」、各部門最優秀賞発表(2018)

 2017年放送の全ドラマを対象とした「SEVEN HEARTS ドラマ大賞2017」の最優秀作品賞はTBS系で1〜3月に放送された「カルテット」に決定しました。最優秀主演女優賞の松たか子、最優秀助演女優賞の吉岡里穂、最優秀助演男優賞の高橋一生もドラマ「カルテット」での演技が大きく評価されました。坂元裕二の脚本賞の受賞もあわせ、いかに「カルテット」が2017年のドラマ界に大きな功績を残したかがよく分かる結果となりました。最優秀主演男優賞は、ドラマ版「火花」で鮮烈な演技を見せつけた林遣都が選ばれ、最優秀新人賞には話題のドラマへの出演が相次いだ馬場ふみかが選ばれました。最優秀スタッフ賞は「火花」の撮影を担当した鍋島淳裕カメラマン。視聴率やSNSでの評判には関係なく、新しいドラマの地平を切り開こうとする作品や、あえて難しいタイプの作品に挑戦している作品に与えられる最優秀チャレンジスピツッツ賞には、「豆腐プロレス」が選ばれました。テレビアニメでは「いぬやしき」が最優秀作品に選ばれ、昨年亡くなられた俳優の中でもテレビドラマへの貢献が大きい渡瀬恒彦、野際陽子に特別功労賞が贈られます。
 なお、これら最優秀の作品や人を選ぶ対象となった優秀賞作品や、顕著な評価点のあった入選作、そしてあともう少しで上位を確保できた次点作などは、既に1月に発表しています。

 「SEVEN HEARTS ドラマ大賞2017」は2018年に創設されたばかりです。プロフェッショナルの批評家であるとは言え、わたくし阪清和という個人が選ぶ賞です。最優秀賞、優秀賞ともいっさい、賞金、トロフィーはございません。
 とは言え、1980年代以降、ほぼすべてのドラマを見続けてきましたし、そのうちの30年間はエンターテインメント専門記者・インタビュアー・批評家としてドラマの現場で取材を続けてきました。独断や偏見・趣味を加味せず、あらゆる忖度を排した公平公正な目で判断させていただいておりますので、ご了承ください。

 「SEVEN HEARTS 映画大賞2017」と「SEVEN HEARTS 演劇大賞2017」については、既にノミネート作品を発表しておりますが、近日中に最優秀賞を発表いたします。2018年には音楽に、2020年までには、漫画、現代アート、お笑いなどにも表彰の範囲を広げていきたいと考えています。どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

★「SEVEN HEARTS 大賞」を創設します=ブログでのお知らせ記事

「SEVEN HEARTS ドラマ大賞2017」

【作品賞】
<最優秀>
★★「カルテット」




以下は既に発表の通り
<優秀賞>
★「カルテット」(TBS)
★「火花」(Netflix=NHK)
★「陸王」(TBS)
★「CRICIS 公安機動捜査隊特捜班」(CX・KTV)
★「黒革の手帖」(EX)

<入選>
☆「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」(CX)
☆「ひよっこ」(NHK)
☆「下北沢ダイハード」(TX)
☆「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜第5シリーズ」(EX)
☆「トットちゃん!」(EX)
<次点>
△「山田孝之のカンヌ映画祭」(TX)△「コウノドリseason2」(TBS)△「精霊の守り人 掘廖NHK)△「孤独のグルメseason6」(TX)△「釣りバカ日誌 シーズン2 新米社員 浜崎伝助」(TX)



【演出賞】
<最優秀>
★★福澤克維・田中健太「陸王」
福澤、田中の両氏は「週刊ザテレビジョン第95回ドラマアカデミー賞」の最優秀監督賞も受賞されています


以下は既に発表の通り
<優秀>
★土井裕泰・金子文紀・坪井敏雄「カルテット」
★白石和弥・沖田修一・久万真路・毛利安孝(総監督・廣木隆一)「火花」
★福澤克維・田中健太「陸王」
★星田良子・遠藤光貴ほか「トットちゃん!」
★鈴木浩介・白木啓一郎「CRICIS 公安機動捜査隊特捜班」

<入選>
☆「精霊の守り人 掘
☆「コウノドリseason2」
☆「ごめん、愛してる」
☆「釣りバカ日誌 シーズン2 新米社員 浜崎伝助」
☆「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」
<次点>
△「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」△「アキラとあきら」△「予兆 散歩する侵略者」△「やすらぎの郷」「リバース」



【脚本賞】
<最優秀>
★★坂元裕二「カルテット」


以下は既に発表の通り
<優秀>
★坂元裕二「カルテット」
★高橋美幸・加藤結子「火花」
★金城一紀「CRICIS 公安機動捜査隊特捜班」
★大石静「トットちゃん!」
★興水泰弘ら「相棒 season16」

<入選>
☆佐藤久美子・山岡順平「釣りバカ日誌 シーズン2 新米社員 浜崎伝助」
☆バカリズム「架空OL日記」バカリズム
☆西条みつとしら「下北沢ダイハード」
☆坪田文ら「コウノドリseason2」
☆倉光泰子ら「刑事ゆがみ」
<次点>
△「やすらぎの郷」倉本聰△「予兆 散歩する侵略者」△「刑事7人season3」△「オトナ高校」△「クズの本懐」



【主演女優賞】
<最優秀>
★★松たか子「カルテット」


以下は既に発表の通り
<優秀>
★松たか子「カルテット」
★有村架純「ひよっこ」
★新垣結衣「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」
★清野菜名「トットちゃん!」
★綾瀬はるか「精霊の守り人 悲しき破壊神」

<入選>
☆武井咲「黒革の手帖」
☆中谷美紀「片想い」
☆米倉涼子「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜第5シリーズ」
☆多部未華子「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」
☆宮脇咲良「豆腐プロレス」
<次点>
△波瑠「お母さん、娘をやめていいですか?」△倉科カナ「奪い愛、冬」△天海祐希「緊急取調室season2」△高畑充希「過保護のカホコ」△吉本実憂「クズの本懐」



【主演男優賞】
<最優秀>
★★林遣都「火花」「京都人の密かな愉しみ Blue 修業中」



以下は既に発表の通り
<優秀>
★林遣都「火花」「京都人の密かな愉しみ Blue 修業中」
★役所広司「陸王」
★小栗旬「CRICIS 公安機動捜査隊特捜班」
★綾野剛「コウノドリseason2」
★長谷川博己「小さな巨人」

<入選>
☆濱田岳「釣りバカ日誌 シーズン2 新米社員 浜崎伝助」
☆谷原章介「犯罪症候群season2」
☆草剛「嘘の戦争」
☆本郷奏多「ラブホの上野さん2」
☆長瀬智也「ごめん、愛してる」
<次点>
△向井理「アキラとあきら」△斉藤工「アキラとあきら」△井ノ原快彦「9係〜警視庁捜査一課〜season12」△水谷豊「相棒 season16」△山本耕史「植木等とのぼせもん」



【助演女優賞】
<最優秀>
★★吉岡里穂「カルテット」「ごめん、愛してる」


以下は既に発表の通り
<優秀>
★吉岡里穂「カルテット」「ごめん、愛してる」
★新木優子「CRICIS 公安機動捜査隊特捜班」「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」
★戸田恵梨香「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」
★野際陽子「やすらぎの郷」
★松岡美優「コウノドリseason2」

<入選>
☆満島ひかり「カルテット」
☆広瀬アリス「釣りバカ日誌 シーズン2 新米社員 浜崎伝助」
☆比嘉愛未「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」
☆馬場ふみか「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」「下北沢ダイハード」「恋する香港」
☆夏帆「監獄のお姫さま」
<次点>
△伊藤歩「セシルのもくろみ」△高梨臨「あいの結婚相談所」△仲間由紀恵「明日の約束」△松下奈緒「トットちゃん!」△ブルゾンちえみ「人は見た目が100パーセント」



【助演男優賞】
<最優秀>
★★高橋一生「おんな城主 直虎」「カルテット」「わろてんか」
高橋一生は「週刊ザテレビジョン第95回ドラマアカデミー賞」の最優秀助演男優賞も受賞されています


以下は既に発表の通り
<優秀>
★高橋一生「おんな城主 直虎」「カルテット」「わろてんか」
★浅野忠信「A LIFE〜愛しき人〜」
★西島秀俊「CRICIS 公安機動捜査隊特捜班」
★竹内涼真「陸王」
★山賢人「陸王」

<入選>
☆坂口健太郎「ごめん、愛してる」
☆香川照之「小さな巨人」
☆成田凌「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」
☆千葉雄大「わろてんか」
☆西田敏行「釣りバカ日誌 シーズン2 新米社員 浜崎伝助」
<次点>
△波岡一喜「火花」△沢村一樹「ひよっこ」△田中哲司「緊急取調室season2」△山崎育三郎「あなたのことはそれほど」△星野源「コウノドリseason2」



【新人賞】
<最優秀>
★★馬場ふみか「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」「下北沢ダイハード」



以下は既に発表の通り
<優秀>
★馬場ふみか「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-season3」「下北沢ダイハード」
★橋本環奈「警視庁いきもの係」
★泉里香「カンナさーん」
★飯豊まりえ「パパ活」
★板垣瑞生「精霊の守り人」シリーズ

<入選>
☆相楽樹「京都人の密かな愉しみBlue 修業中」「3人のパパ」
☆池田イライザ「ホクサイと飯さえあれば」
☆山本彩「火花」
☆間宮祥太朗「僕たちがやりました」
☆黒島結菜「東京すみっこごはん」
<次点>なし



【スタッフ賞】
<最優秀>
★★鍋島淳裕「火花」撮影


以下は既に発表の通り
<優秀>
★鍋島淳裕「火花」撮影
★「カルテット」撮影
★「精霊の守り人 掘廛▲ション
★「精霊の守り人 掘廖甍畩
★「CRICIS 公安機動捜査隊特捜班」=アクション

<入選・次点>なし



【チャレンジスピリッツ賞】
<最優秀>
★★豆腐プロレス(2017/1/21〜/EX)


以下は既に発表の通り
<優秀>
★豆腐プロレス(2017/1/21〜/EX)
★ファイナルファンタジー14 光のお父さん(2017/4/16〜/MSBTBS)
★セシルのもくろみ(2017/7/13〜/CX)
★バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜(2017/1/13〜/TX)
★銭形警部(2017/2/10〜/NTV)

<入選>
☆あなたのことはそれほど(2017/4/18〜/TBS)
☆悦ちゃん(2017/7/15〜/NHK)
☆フランケンシュタインの恋(2017/4/23〜/NTV)
☆女囚セブン(2017/4/21〜/EX)
<次点>
△SRサイタマのラッパー〜マイクの細道〜(2017/4/7〜/TX)△マッサージ探偵ジョー(2017/4/8〜/TX)△監獄のお姫さま(2017/10/17〜/TBS)△東京タラレバ娘(2017/1/18〜/NTV)△4号警備(2017/4/8〜/NHK)



【アニメ作品賞】
<最優秀>
★★「いぬやしき」


以下は既に発表の通り
<優秀>
★「南鎌倉高校女子自転車部」
★「恋と嘘」
★「おそ松さん」
★「いぬやしき」
★「Infini-T Force」

<入選・次点>なし


【特別功労賞】
渡瀬恒彦、野際陽子

andyhouse777 at 01:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★活動報告 

2018年02月22日

【活動報告】 舞台「シャンハイムーン」の劇評がこまつ座の公式Twitterなどで紹介されました(2018)

 当ブログで2月21日夜にアップしたばかりの舞台「シャンハイムーン」の劇評がこまつ座の公式Twitterで紹介されました。共同制作の世田谷パブリックシアターの公式Twitterでもリツイート紹介してくださっています。大変光栄です。ファンの方々やこの作品に関心を持つたくさんの方々に私の文章を読んでいただく機会をつくってくださいまして、大変感謝しております。こまつ座や世田谷パブリックシアターの皆さま、野村萬斎さん、広末涼子さんをはじめとしたご出演の方々、演出の栗山民也さんをはじめとしたスタッフの皆さま、誠にありがとうございます。
 こまつ座&世田谷パブリックシアター舞台「シャンハイムーン」は2月18日〜3月11日に東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで、3月14〜15日に兵庫県西宮市の兵庫県立芸術文化センターで、3月18日に新潟市のりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場で、3月21日に大津市のびわ湖ホールで、3月23〜24日に愛知県豊橋市の穂の国とよはし芸樹劇場PLATで、3月31日に金沢市の金沢歌劇座で上演されます。

★こまつ座Twitter公式アカウント


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」こまつ座&世田谷パブリックシアター舞台「シャンハイムーン」劇評=2018.02.21投稿

★チケット情報(東京公演兵庫西宮公演新潟公演大津公演昼の部大津公演夜の部愛知豊橋公演金沢公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。

★「阪清和Seven Hearts」official facebookページ=トップページ(@sevenheartsblogで検索しても見つけられます)

 当ブログは、映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどに関するエンターテインメントコンテンツの批評やニュース、リポート、トピックなどで構成され、毎日数回更新しています。

 わたくし阪清和は、日本映画ペンクラブに正会員として、また日本記者クラブに個人D会員として所属し、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アートなどに関する作品批評や取材リポート、稽古場便り、オリジナル独占インタビュー、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、一部のエンタメ関連の審査投票などに関わっています。
 さらにインタビュアー、ライター、ジャーナリスト、編集者、アナウンサー、MCとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、劇団機関紙、劇団会員情報誌、ニュースリリース、プレイガイド向け宣材、演劇祭公式パンフレット、広告宣伝記事、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、パンフレット編集・進行管理、アナウンス、企画支援、文章コンサルティング、アフタートークの司会進行などを手掛けています。現在、音楽の分野で海外の事業体とも連携の準備を進めています。今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

 なお、エンターテインメント関連で私がお役に立てることがありましたら、下記のアドレスまでなんなりとご用命ください。速やかにご相談の連絡をさせていただきます
saka@sakaoffice.com
sevenhearts@spa.nifty.com


andyhouse777 at 23:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★活動報告 

【News】 「『シェイプ・オブ・ウォーター』は盗作」と米劇作家の息子が提訴(2018)

 第74回ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞し、その後の各地の映画賞でもアカデミー賞の13部門をはじめ軒並み大量ノミネートされるなど注目を浴びているギレルモ・デル・トロ(Guillermo Del Toro)監督の映画『シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)』(日本公開3月1日)が、1969年に発表された舞台劇の盗作だとして、劇作家の遺族が米国時間2月21日、ロサンゼルスの連邦地裁に提訴したことが明らかになった。ロイター電などが報じている。ロイター電によると、配給元のフォックスは提訴内容について「根拠がない」などとコメントしているとされ、裁判での議論は激化しそうだ。

★ギレルモ・デル・トロ監督
http://www.gettyimages.co.jp/detail/917105650' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 『シェイプ・オブ・ウォーター』は、米国政府の極秘機関に捕らえられた半魚人と、機関の女性清掃員の淡い恋を描いたダーク・ファンタジー。
 ロイター電によると、訴えたのはピュリツァー賞受賞者の米劇作家、ポール・ジンデル(Paul Zindel)の息子。
 訴状によると、原告側はジンデル作の舞台劇「Let Me Hear You Whisper」とシェイプ・オブ・ウォーターには60以上の類似点があると主張。その中には、研究施設で働く孤独な管理人が捕獲された水中生物と愛し合うようになり、施設から逃がす計画を立てるという基本的なストーリーが同じとの指摘もあるという。
 相違点は、映画では水中生物は半魚人という設定だったが、ジンデルの作品ではイルカとなっているという。

 『シェイプ・オブ・ウォーター』は、ゴールデン・グローブ賞では7部門、英国アカデミー賞では12部門、アカデミー賞では13部門にノミネートされるなど多くの部門で候補に挙げられはするものの、ゴールデン・グローブ賞では監督賞と作曲賞、英国アカデミー賞では監督賞と作曲賞と美術賞の受賞だけにとどまっており、後半の賞レースでは、こと作品賞に関しては、娘を殺された母と犯人を挙げられない警察の対立から物語が展開する『スリー・ビルボード(Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)』(マーティン・マクドナー監督、日本では2月1日に封切り済み)の後塵を拝している。
 一方で、ギレルモ・デル・トロ監督は、全米監督協会賞では監督賞を受賞するなど、多くの映画賞で監督賞を席巻。アカデミー賞での監督賞部門では最有力候補とみられている。

andyhouse777 at 22:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2018年02月21日

【News=速報】 大杉漣が死去、屈指の演技力誇る名優の急逝に衝撃走る(2018)

 俳優の大杉漣が2月21日午前3時53分、急性心不全のため死去した。66歳だった。所属事務所が公式サイトで、「弊社所属の大杉漣が急逝いたしました」と発表したと国内の主要メディアが一斉に報じた。渋いイメージながら、バイプレイヤーの枠を飛び出して人気俳優として映画、ドラマ、舞台、CMと幅広く活躍していただけにエンターテインメント業界には衝撃が走っている。大人気の「相棒」シリーズでも水谷豊が演じる杉下右京警部の後見人的存在である甲斐峯秋警察庁長官官房付(石坂浩二)と激しく対立する衣笠藤治警視庁副総監役で継続的にレギュラー出演しており、今後もドラマの展開に大きく関与してくる気配を漂わせていただけに、現在放送中の「相棒 Season 16」の今後への影響も懸念される。出演中のテレビ東京系ドラマ「バイプレイヤーズ」は収録済みだったが、死去が報じられた21日夜は関係者の了解を得て放送された。またレギュラー出演していた日本テレビ系バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」内のコーナー「グルメチキンレース・ゴチになります! 」の22日放送分はこちらも関係者の了解を得てそのまま放送されるという。来週以降の放送予定は不明。





 大杉漣は、1951年生まれで、徳島県小松島市出身。明治大学在学中に、雑誌に掲載されていた転形劇場の主宰、太田省吾に衝撃を受け、大学を中退して劇団の研修生に。早くに舞台デビューし1988年の解散まで所属した。
 映画にはそれより早い1980年に高橋伴明監督のピンク映画『緊縛いけにえ』でデビュー。1984年の『変態家族・兄貴の嫁さん』や滝田洋二郎監督作品などピンク映画界の名作、話題作に次々と登場し注目を集める。

 一般映画やビデオ映画にも出演し、舞台での演劇活動も続けていたが、転機となったのは、北野武監督の映画『ソナチネ』のオーディションでの合格。以降は『ポストマン・ブルース』(SABU監督)、『HANA-BI』(北野武監督)、『犬、走る/DOG RACE』(崔洋一監督)と個性派の実力監督から引く手あまたとなりブレーク。
 テレビドラマにも頻繁に登場するようになり、草剛と共演した名作「僕の生きる道」やNHKの「義経」「ゲゲゲの女房」などの人気ドラマで印象的な役柄を演じた。

 渋いナレーションにも定評があるほか、豊富な知識を持つサッカーのマニアとしてサッカー番組やバラエティー番組にも出演要請が相次いだ。CM出演も多数。

andyhouse777 at 23:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News=速報】 日本チームが女子団体パシュートで金メダル獲得(2018)

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜き(チームパシュート)は、日本(高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那)チームが、2月21日夜に行われた決勝で2分53秒89の五輪新記録をたたき出して前回ソチ五輪覇者のオランダチームを破り、同種目初の金メダルを獲得した。
 高木美帆は1つの冬季五輪で金銀銅のすべてのメダルを獲得した初めての選手となった。

http://www.gettyimages.co.jp/detail/921960888' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.co.jp/detail/921262198' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.co.jp/detail/922058928' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

andyhouse777 at 22:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【舞台】 シャンハイムーン(2018)

 「狂人日記」「阿Q正伝」などの小説から、評論や翻訳書、思想書、政治的論争文までを数多く記し、1920〜1930年代の中国にあって「知の巨人」として西洋東洋問わず人々の尊敬を集めていた魯迅が、国民党政府から追われ、逃亡、避難生活をしていた上海時代に焦点を当て、書店経営者や医師ら日本人との心温まる交流を描いた井上ひさしの名作戯曲「シャンハイムーン」が、こまつ座&世田谷パブリックセンター公演「シャンハイムーン」として再演されている。故郷である中国への根源的な愛を持ちながらも、グローバルで西洋的な近代精神も兼ね備えていた魯迅の知的な生きざまと、人と人との絆を大切にしてきた時代を超越した日本人の在り方が、上海の美しい月光の中で融合していくような得がたい空気感を持ったこの作品は、ひたすら会話を積み上げていく静謐な芝居ながら、偏狭な排除の論理に縛られた現代人に激しい一徹となって響き渡る力強さを持っている。今この時代に上演されることの有意義さが私たちの心に、確かな勇気を運んでくる作品となっている。
 舞台「シャンハイムーン」は2月18日〜3月11日に東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで、3月14〜15日に兵庫県西宮市の兵庫県立芸術文化センターで、3月18日に新潟市のりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場で、3月21日に大津市のびわ湖ホールで、3月23〜24日に愛知県豊橋市の穂の国とよはし芸樹劇場PLATで、3月31日に金沢市の金沢歌劇座で上演される。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。青く輝く月に乾杯!(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』青い月に乾杯_AIG0912

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★舞台「シャンハイムーン」公演情報=世田谷パブリックシアター公式サイト

 魯迅は1881年生まれ。ダーウィンの進化論などに刺激を受ける利発な青年で、1902年に21歳で日本に国費留学。1904年には仙台医学専門学校に入り、医学を学んだ。
 1909年に帰国後、中華民国が成立。教職や役人などの仕事を得たが、医学よりも文学への思いが断ち切りがたく、文学研究や小説の執筆を活発化。学園紛争に端を発した論争に参加したために政府と対立。指名手配されるなどして隠遁・避難生活を余儀なくなされた。
 数カ月で対立は解消されたものの、仕事の関係で厦門から広州へと渡り歩き、再び政府と対立した1927年には教え子だった許広平とともに広州を脱出し、ひそかに上海入りした。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。魯迅を取り巻く社会情勢は緊迫の度を増していく。前列左から辻萬長、野村萬斎、後列左から土屋佑壱、鷲尾真知子、広末涼子、山崎一(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』全員文書のぞき込みヨコ_DAM3110

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。魯迅の正妻は北京にいたが、2人は事実上の夫婦だった。野村萬斎(左)と広末涼子(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』野村広末夫婦の会話ヨコ_DAM3136

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 広平とは事実婚状態にあり、正妻は北京に残してきていた。そんな魯迅が上海で構えた自宅の近所にあったのが日本の書籍を販売していた内山書店。日本人の内山完造が上海に開いたこの書店は店内にお茶が飲め懇談できるサロンのようなエリアを設けていたため、いろんな人が集まってくる、明るく楽しい書店として人気を博していた。その居心地の良さや自由闊達さに惹かれ、すっかり魯迅のお気に入りの場所になる。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。魯迅と広平は内山書店の2階に避難していた(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』内山書店野村就寝広末手紙_AIG0816

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 舞台「シャンハイムーン」はその内山書店での内山や主治医らとの交流の物語である。実際には4回に分かれている、この避難生活をひとまとめにして凝縮させているものの、そのことでより魯迅の人柄や当時の人々の姿が鮮やかに浮かび上がってくる効果をあげている。
 1991年に初演されている。

 冒頭、登場人物を演じる俳優たちが、それぞれさまざまな魯迅の書簡を読む。ある時は実務的な内容であり、ある時は政治的な発言、そしてある時は詩的な文章、時には物語に引き込まれるような文体もあり、まさしくこれは魯迅の多面性を表すとともに、これから始まる物語のさまざまな断片を表しているとも言えるのである。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。上海の夜空に浮かぶ満月の下、魯迅のさまざまな書簡が読み上げられる(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』満月のもと読む手紙ヨコ_AIG0014

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 劇中では、1934(昭和9)年8月23日から9月16日までの魯迅と日本人たちの交流を描いている。
 物語の舞台は上海市北四川路底のある内山書店の2階にある倉庫だ。店主の内山完造(辻萬長)やその妻のみき(鷲尾真知子)をはじめ、みんな魯迅のことが大好きで、なんとかして魯迅(野村萬斎)と許広平(広末涼子)の逃避行のお役に立ちたいと考えている。
 しかし魯迅はさまざまな病気を持ち、主治医の須藤医師(山崎一)や歯科医の奥田(土屋佑壱)らは現在の状態を知ろうと必死になっている。
 国内外の情勢は日増しに複雑になっており、魯迅には日々暗殺の恐怖も。内山書店に対しては日本人社会からも批判が寄せられるようになっていた。
 もろもろのことを勘案して、主治医や内山は日本の鎌倉での転地療養を提案する。徐々にその決意を固めていた魯迅。しかし…。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。日本への転地療養をめぐって夫婦は激しい議論を交わす。野村萬斎(左)と広末涼子(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』野村広末夫婦の激しい葛藤ヨコ_AIG0447

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 物語は、中国と国民に対する魯迅の深い思い、そして広平が内に秘めた激情を映し出しながら、懸命に魯迅を守ろうとする日本人たちが時代の深刻さの中での懸命にもがきながらもユーモアを忘れず人生を生きていく姿を描いていく。

 野村は本作と同様に栗山とタッグを組んだ舞台「薮原検校」とはまったく違う自然体の姿で舞台に現れる。もちろん病に囚われて日常的でなくなっていく身体も表現するが、魯迅の素朴で純粋な世界との向き合い方にどこか通じるようなたたずまいが印象的だ。人々の好意や尊敬を自然集める魯迅の人柄と、知識人としてのどこか頑固な確固とした意思をその演技は表現して余りある。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。魯迅を演じる野村萬斎(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』野村横向きヨコ_DAM2492

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 広末は、教え子から想い想われ人、そして単なる偉人の控えめで献身的な妻というだけではない真摯なパートナーとしての力強い存在にまで変化していく広平の姿を表現。演技力だけではない、何かもっと大きな表現力を感じさせた。特に正妻に対する複雑な感情の表現には相当工夫があり、正妻との関係を断ち切ろうとしない魯迅への不満めいた思いや、正妻に対する嫉妬に似た感情、そしてその正妻を気遣う感情、すべてがない交ぜになっているようでいて、その実くっきりとした感情にもとらえられるような高度な表現が見応えがある。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。苦悩する広平を演じる広末涼子(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』広末苦悩ヨコ_DAM3004

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 最近の井上ひさし作品には欠かせない存在となった山崎は、魯迅の命を守ろうという須藤医師の使命感と人間・魯迅への果てしない好意をうまく織り交ぜて私たちに見せてくれる。土屋も一見自信過剰気味なこの奥田という歯科医の生きざまのたくましさがなんとも愛おしくなる後半にかけて見どころが多い。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。主治医の須藤医師を熱演する山崎一(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』山崎力説タテ_DAM2176

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。歯科医の奥田を演じる土屋佑壱(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』土屋ひとりタテ_DAM2854

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 鷲尾は、なんかというとお茶を振舞うみきの気立ての良さを自然と滲み出させながら、夫の内山に一生ついていくと決めた覚悟のようなものも観客に明確に見せてくれる。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。内山完造の妻みきを演じる鷲尾真知子(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』鷲尾着物ヨコ_DAM2164

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 井上戯曲を一貫して具現化してきた辻は、内山という人間の大人物ぶりを渾身の演技で表現。この深刻な時代にあって、決して悲観的になることなく、大きな愛で魯迅を包み込もうとする内山のキャラクターは、この舞台全体を支配する雰囲気となっていた。

★舞台「シャンハイムーン」の一場面。内山書店店主の内山完造を演じる辻萬長(撮影・細野晋司)
『シャンハイムーン』辻と骨格標本ヨコ_DAM2475

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 栗山民也の演出は、これらのそれぞれの人柄を絡み合わせる点において極めて秀逸で、この物語に有機的な手触りを与えることに成功している。

 舞台「シャンハイムーン」は2月18日〜3月11日に東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで、3月14〜15日に兵庫県西宮市の兵庫県立芸術文化センターで、3月18日に新潟市のりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場で、3月21日に大津市のびわ湖ホールで、3月23〜24日に愛知県豊橋市の穂の国とよはし芸樹劇場PLATで、3月31日に金沢市の金沢歌劇座で上演される。

 上演時間は、約3時間5分(休憩15分含む)。

★チケット情報(東京公演兵庫西宮公演新潟公演大津公演昼の部大津公演夜の部愛知豊橋公演金沢公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。

andyhouse777 at 21:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★舞台 | ----ストレートプレイ

【News=速報】 「大杉漣が死去」と国内メディアが一斉に報道(2018)

 俳優の大杉漣が2月21日未明に急性心不全で亡くなったと、国内の主要メディアが一斉に報じている。66歳。
 当ブログではまだ確定情報を得られていないが、報道情報として速報する。

andyhouse777 at 20:54|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News】 ウィレム・デフォーに名誉金熊賞を授与、第68回ベルリン国際映画祭(2018)

ドイツで開催されている第68回ベルリン国際映画祭でドイツ時間2月20日、米国の俳優、ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)に、これまでの貢献を表彰して名誉金熊賞が贈られた。

http://www.gettyimages.co.jp/detail/921645884' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 ウィリアム・デフォーは、ウィスコンシン州アップルトン生まれ。大学を中退して劇団に参加し、欧米各地で巡演。その後も別の劇団で舞台活動を続けた。映画には1980年代前半に進出し、1986年の『プラトーン』での軍曹役で注目を浴び、以降コンスタントに活躍している。他に代表作として『スピード2(Speed 2: Cruise Control)』や『スパイダーマン(Spider-Man)』、『最後の誘惑(The Last Temptation of Christ)』、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア(Shadow of the Vampire)』、『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(The Florida Project)』などがある。
 精悍で野性的な顔つきから、無敵の悪役を演じることが多かったが、近年は役の幅を広げている。

 これまでに100本以上の映画に出演。今回の映画祭では2011年に出演した映画『ハンター』も上映された。ベルリン映画祭との縁も深く、2007年には審査員も務めた。


andyhouse777 at 19:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 69人犠牲のウトヤ島銃乱射事件を映画化、ベルリン国際映画祭でプレミア上映(2018)

 2011年7月22日にノルウェーのウトヤ島で発生し69人が犠牲になった銃乱射事件を映画化した『U-July 22(原題)』がドイツ時間2月19日、首都ベルリンで開催中の第68回ベルリン国際映画祭で上映された。悲劇から7年弱での映画化には、犠牲者の遺族や生存者の精神的な立ち直りの阻害要因になるとする批判がある一方で、ネオファシズム勢力がヨーロッパで不気味な伸長を見せ、米国では銃乱射事件が頻発している現代にあって、極右思想を持つ男が引き起こしたウトヤ島銃乱射事件という凶行と映画によって真っ正面から向き合うことの意味を積極的に唱える声もあり、賛否両論が世界に渦巻く中でのワールドプレミア上映となった。『U-July 22(原題)』は最高賞の金熊賞などの対象となるコンペティション部門に出品されており、社会的な作品が多く選ばれているベルリン国際映画祭の傾向もあって、受賞の行方がますます注目される情勢となってきた。

★記者会見に臨むエリック・ポッペ監督
http://www.gettyimages.co.jp/detail/920442058' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 映画『U-July 22(原題)』は、報道カメラマン出身で、ジュリエット・ビノシュ(Juliette Binoche)主演の名作『おやすみなさいを言いたくて』や昨年日本でも公開された『ヒトラーに屈しなかった国王』で知られるノルウェーの映画監督、エリック・ポッペ(Erik Poppe)の監督作品。

 現地では、ワールドプレミア上映に伴って、記者会見も開かれた。

andyhouse777 at 00:49|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 木村拓哉と山口智子が「ロング バケーション」以来22年ぶりドラマ共演へ(2018)

 俳優の木村拓哉と女優の山口智子が、1996年にフジテレビ系で放送され歴史的な大ヒットとなったドラマ「ロング バケーション」以来、22年ぶりにドラマ共演することが分かった。木村の主演で放送中のテレビ朝日系ドラマ「BG〜身辺警護人〜」(木曜夜9時)に、木村が演じる主人公・島崎章の別れた妻・仁美役で山口が出演するもので、「ロング バケーション」のラストで結ばれた瀬名役の木村と南役の山口が元夫婦を演じるというシチュエーションもファンにとっては微妙な感傷も感じさせ、粋な再共演を実現させたキャスティングに注目が集まっている。山口が登場するのは、2月22日放送の第6話と、続く3月1日放送の第7話。1996年にドラマ担当の記者としてエンターテインメント取材をスタートさせた私が、最初に関わったのがこのドラマであり、2004年ごろには本作を詳しく研究する特集記事も配信しているということもあり思い入れはだれよりも強い。今回の共演がきっかけとなって、「ロング バケーション」の続編が企画・製作されることを切に願っている。

 木村が演じる島崎はシングルファーザーをしながらボディガードの仕事に就いている。妻だった仁美は別の男性と結婚している、という設定だ。
 あらすじの詳細は明らかになっていないが、元妻の仁美から「誰かに狙われている」として島崎が警護を依頼されるという設定のようだ。島崎が育てている息子は、仁美との間に生まれた子どもであるため、いくら島崎が引き取ったからといっても、島崎の現在の職業や現住所も含めて、互いの連絡先を知っていることは当然であり、無理のない設定と言える。

 撮影現場での2人のやり取りや写真については主要マスコミにしか情報提供されていないため、当ブログでは詳しく記せないが、久しぶりの再会を十分に楽しみ、そして22年前の感覚と同じものを感じ合いながら演技に打ち込んだようだ。

 ドラマ「ロング バケーション」は、「あすなろ白書」や「若者のすべて」で演技力が認められ、グループとしてもバラエティー番組「SMAP✖SMAP」がスタートして大ブレーク寸前だった木村と、「ダブル・キッチン」「29歳のクリスマス」「王様のレストラン」と立て続けにドラマをヒットさせていた山口の共演とあって、放送前から注目されていたが、1996年4月15日放送(「SMAP✖SMAP」の初回も同じ日)の初回視聴率は30.6%をマーク。
 結婚式当日に婚約者に逃げられた売れないファッションモデルの葉山南(山口智子)が、婚約者のルームメイトだったピアニスト志望の瀬名(木村拓哉)のマンションに転がり込み、部屋は別々ながらも奇妙な男女同居生活が始まるという物語。男勝りのさばさばした性格ながら、ふとした時に見せる弱さや可愛らしさを持つ南と、淡々と生きている現代的な若者のようでいて、恋にもピアノの才能にも自信が持てないダメ男ぶりがなんとも哀愁を放つ瀬名が、いくつかの衝突を繰り返しながらも、いつしか互いがかけがえのない存在だと気付くようになっていく。

 亀山千広のプロデュース。「あすなろ白書」「愛していると言ってくれ」で新進気鋭だった北川悦吏子の脚本を、ドラマ演出のマエストロ、永山耕三やヒットメーカー、鈴木雅之らがディレクション。主役の2人の周りには、ファッションモデル経験がありスタイリッシュな竹野内豊、りょうを配し、「29歳のクリスマス」でも山口と共演した稲森いずみや、NHKドラマ「藏」での演技が絶賛されていた松たか子、ドラマデビューを果たしたばかりの広末涼子ら注目株を集結させた。
 回を追うごとに人気が高まり、フジテレビの「月9」枠の象徴的ドラマに。木村が瀬名の愛用品として着用していた阪神大震災の被災地支援のための「がんばろう神戸」のTシャツや、2人が部屋から地上に投げてバウンドさせるスーパーボ−ルにも問い合わせが殺到した。久保田利伸 with Naomi Campbellが歌う主題歌の「LA・LA・LA LOVE SONG」はオリコンシングルチャート1位を記録したほか、サントラ盤は100万枚超えの大ヒット。劇中で木村演じる瀬名が弾く「Close to you〜瀬名のピアノ」が収録されたオリジナル・サウンドトラック・スペシャルボックスは大注目となった。瀬名が劇中で挙げたアーティストの関連商品も軒並み売り上げがアップするなど、まさにドラマを超えたイベント状態となった。よく言われる社会現象というレベルをはるかに超えたドラマの盛り上がりぶりだった。
 最終回は初回以来の30%超えを果たし、36.7%を記録。瞬間最大視聴率に至っては43.8%をマークしている。

 成功の要因についてはさまざまな説が流布されているが、男女同居もの、トレンディ・オブ・トレンディなおしゃれな映像づくりといった失敗作になりかねない要素に影響されずに、徹底的に会話を重視したこと、従来の男女の在り方を超えた関係性を提示したこと、人生がうまくいかない時は「神様がくれた休暇」だと考えようという心がほっとするようなさりげない人生への示唆的なせりふが散りばめられていること、ベン・フォールズ・ファイブやグレン・グールドなどピアノファンにはたまらない引っ掛かりをあちこちに仕掛けていることなどが主な要因だろう。

★ドラマ「ロング バケーション」DVD=amazon
http://amzn.to/2od2XQF

andyhouse777 at 00:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2018年02月20日

【ART】 仏蘭共同購入のレンブラント絵画2点を3/6からアムステルダムで一般公開へ(2018)

 一時はフランスとオランダの購入合戦の様相を呈し、外交関係の悪化まで招きかけたものの、両国で1億6000万ユーロ(約214億円)を折半して共同購入することで急転解決したオランダの画家レンブラント(Rembrandt)の絵画2点の1年半にわたる修復作業が終了し、オランダ時間2月19日にアムステルダムで報道陣に公開された。一般公開は、アムステルダム国立美術館(Amsterdam's Rijksmuseum)でオランダ時間3月6日からだという。AFP電などが報じた。フランス・パリのルーブル美術館(Louvre Museum)でも一般公開される予定だが、日時は不明。



★AFPBBNews

 AFP電によると、この絵画は、1634年に描かれた新婚夫婦の全身肖像画で、欧州の財閥ロスチャイルド(Rothschild)家が所蔵していたが、ほとんど公開されていなかった。ルーブル美術館とオランダのアムステルダム国立美術館の合同チームが古くなった樹脂少なくとも6層を除去するなど修復作業に臨んだという。

 美術関連サイトなどによると、アムステルダム国立美術館とオランダ政府は2015年、ロスチャイルド家が売り出したこの2点の絵画を買い戻すことを発表。その5日後にはフランス政府が絵画を購入してルーブル美術館へ寄贈する考えを表明した。これに対してオランダ政府はさらに5日後、国内での政治的な話し合いを進め、8000万ユーロを買い戻しのために支出することが承認されるなど、両国で国会、国民を巻き込んだ意地の張り合いが展開された。

 国の威信をかけた購入合戦は、両国関係の悪化にもつながりかねない事態に発展したため、オランダのイェット・ブッセマーカー(Jet Bussemaker)文化相はフランスの担当大臣と断続的な話し合いを続け、最終的に共同購入に合意。最終的にはオランダのマルク・ルッテ(Mark Rutte)首相とフランスのフランソワ・オランド(Francois Hollande)前大統領が国連内でサインして決着していた。

andyhouse777 at 19:45|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★ART 

【News】 富名哲也監督の初長編『Blue Wind Blow』ベルリン国際映画祭で上映(2018)

 第68回ベルリン国際映画祭の「ジェネレーションKプラス部門」に出品している富名哲也監督の『Blue Wind Blow』がドイツ時間2月17日、現地映画祭会場で上映された。「児童・青少年向け」と銘打っているが、クリエイターたちが必ずしもそういった意図で作ったものではない作品も選ばれている。むしろ審査員が11〜14歳の子どもたちである点が注目される。最優秀作品にはクリスタル・ベア賞が贈られる。



 映画『Blue Wind Blow』は、父親が行方不明になったのは、バケモノにさらわれたせいだと思っている少年アオと妹のキイ、そして母親のミドリら家族の物語を描く。
 昨年2017年3月から4月にかけての約3週間で、全編、新潟県沖の佐渡島で撮影された。兄弟は島内オーディションで選ばれた田中日月と実妹の田中椿が演じている。母親のミドリは7年ぶりの映画出演となる内田也哉子、その義理の父を実際の父親であるミュージシャンで俳優の内田裕也が演じているのも話題。若き盟友である萩原聖人や世界的なダンサー、森山開次も出演している。

 富名監督は北海道出身。大学を卒業した後、英国の映画スクールで学び、岸井ゆきのの主演で短編映画『終点、お化け煙突まえ。』を監督。釜山映画祭のコンペティション部門に選出されたほか、インドネシアの映画祭でグランプリを受賞するなど高い評価を受けた。
 『Blue Wind Blow』は富名監督にとっての初長編で、釡山国際映画祭の映画ファンド「Asian Cinema Fund(ACF)」の脚本開発部門で日本から初選出されるなど完成前から注目を集め、今回の第68回ベルリン国際映画祭の「ジェネレーションKプラス部門」への出品へと至っている。
 次回作『A Mountain Splits』も、佐渡島が舞台と言われている。

andyhouse777 at 19:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2018年02月19日

【News=速報】 英国アカデミー賞作品賞は『スリー・ビルボード』、米アカデミー賞での栄冠に弾み(2018)

 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)による英国アカデミー賞の授賞式が英国時間2月18日にロイヤル・アルバート・ホールで行われ、娘を殺された母と犯人を挙げられない警察の対立から物語が展開する『スリー・ビルボード(Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)』(マーティン・マクドナー監督、日本では2月1日に封切り済み)が作品賞、主演女優賞、助演男優賞の主要部門を含む最多5部門で受賞した。これで後半の賞レースを終始リードしている『スリー・ビルボード』が米国のアカデミー賞でも作品賞を受賞する可能性がいっそう強まった。米国政府の極秘機関に捕らえられた半魚人と、機関の女性清掃員の恋を描き、12部門で最多ノミネートされたギレルモ・デル・トロ(Guillermo Del Toro)監督のダークファンタジー『シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)』(日本公開3月1日)は監督賞と作曲賞、美術賞の3冠に終わった。日本関連では、メイクアップ&ヘア賞にノミネートされていた英国映画『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(Darkest Hour)』の日本人、辻一弘を含む4人のチームが受賞した。 米国のアカデミー賞でもノミネートされており、受賞への期待が高まることは必至だ。

★受賞を喜ぶ『スリー・ビルボード』チーム
http://www.gettyimages.co.jp/detail/920080040' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★映画『スリー・ビルボード』


★REUTERSNews

 演技部門では、主演女優賞は『スリー・ビルボード』で母親を演じたフランシス・マクドーマンド(Frances McDormand)、主演男優は賞は『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』でチャーチルを演じたゲイリー・オールドマン(Gary Oldman)。


http://www.gettyimages.co.jp/detail/920075518' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images



http://www.gettyimages.co.jp/detail/920089660' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 助演女優賞は元フィギュアスケート選手トーニャ・ハーディングの波瀾万丈の半生を描く伝記映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(日本公開5月4日)で母親役を演じたアリソン・ジャネイ(Allison Janney)、助演男優賞は『スリー・ビルボード』で警官を演じたサム・ロックウェル(Sam Rockwell)が受賞した。

http://www.gettyimages.co.jp/detail/920231946' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images


http://www.gettyimages.co.jp/detail/920065640' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images


 主な受賞結果は以下の通り。

🔶作品賞🔶
『スリー・ビルボード』

🔶主演男優賞🔶
ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(Darkest Hour)』

🔶主演女優賞🔶
フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』

🔶助演男優賞🔶
サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』

🔶助演女優賞🔶
アリソン・ジャネイ 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(I, Tonya)』

🔶監督賞🔶
ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)』
http://www.gettyimages.co.jp/detail/917105650' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

🔶脚本賞🔶
マーティン・マクドナー(Martin McDonagh) 『スリー・ビルボード』
http://www.gettyimages.co.jp/detail/920091724' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

🔶作曲賞🔶
アレクサンドル・デプラ(Alexandre Desplat) 『シェイプ・オブ・ウォーター』
http://www.gettyimages.co.jp/detail/920427970' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

andyhouse777 at 16:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【News】 ライザ・ミネリの『キャバレー』衣裳オークションに出品へ(2018)

 米女優で歌手のライザ・ミネリ(Liza Minnelli)が一世を風靡した映画『キャバレー』で着用していた山高帽にブーツ、ホルタートップのベストなどが5月に開催されるオークションに一斉に出品されることが分かった。オークションを主催する競売会社「プロファイルズ・イン・ヒストリー」が米国時間2月14日に発表したとロイター電などが伝えた。

★映画『キャバレー』の一場面。山高帽にブーツ、ホルタートップのベストはライザ・ミネリの象徴的なスタイル
http://www.gettyimages.co.jp/detail/93401971' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 ライザ・ミネリは、『巴里のアメリカ人』や『いそしぎ』などの映画で知られるイタリア系アメリカ人映画監督、ヴィンセント・ミネリ(Vincente Minnelli)と、『オズの魔法使い』や『スタア誕生』などへの出演で知られる女優、ジュディ・ガーランド(Judy Garland)との間に生まれた。
 芸能一家の娘らしく2歳で映画デビューを飾り、10代の後半でブロードウェイに進出。ミュージカル女優として頭角を現したが、1960年代末には映画女優として認められるように。1972年に『キャバレー』で衝撃的なエンターテイナーぶりを発揮して、第45回アカデミー賞では自身が主演女優賞を獲得しただけでなく、監督賞や助演男優賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、美術賞、録音賞と計7部門での受賞をもたらした。

 以降は大スターとなり、『ニューヨーク・ニューヨーク』『ミスター・アーサー』などでさらなる人気を獲得。アルコール依存症や薬物中毒、病気などでその都度休養を余儀なくされたが、そのたびに不死鳥のように復活。2010年公開の映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』では本人役で出演するなど、元気なところを見せた。現時点でも音楽活動は継続中だ。

★ライザ・ミネリ=2017年撮影
http://www.gettyimages.co.jp/detail/643309254' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 今回のオークションに出品されるのは、ミネリ自身や母のジュディ・ガーランド、父のビンセント・ミネリが所有していた1000点以上の品々で、ロイター電によると、5月に行われる「Love, Liza」と題したオークションに出品されるという。

andyhouse777 at 00:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

2018年02月18日

【History】 カイロの博物館で「叫ぶミイラ」の展示スタート(2018)

 古代エジプト新王国・第20王朝の2代目ファラオとして知られるラムセス3世(Ramses III)の暗殺計画を実行したという説がある息子のペンタウアー(Pentawere)王子とみられるミイラで、処刑されて苦悶の表情をしているために「叫ぶミイラ(Screaming Mummy)」とも呼ばれている男性のミイラが、エジプトの首都カイロの考古学博物館(Egyptian Museum)で展示された。通常は一般公開されていないという。AFP電などが伝えている。

★AFPBBNews=ミイラの画像も見られますが、それなりのインパクトがある写真ですので、十分心構えをした上でご覧ください

 AFP電によると、ラムセス3世は紀元前1186年から同1155年まで王座にあった。ラムセス3世がペンタウアー王子の立てた暗殺計画で他界したかどうかは不明だが、ラムセス3世のミイラにはのどを刺されたような痕があるという。
 ペンタウアー王子は、ラムセス3世が王位を息子の自分ではなく、ペンタウアーの兄である長男の息子にあたる孫に継承させようとしていたために、ラムセス3世の2番目の妻でペンタウアーの母だったティイ(Tiye)や数人の協力者と共に、王の殺害を計画し、その罪で絞首刑を言い渡された。この処刑方法については、ペンタウアーには毒による自死、他の者には火刑との説もある。

 ラムセス3世のミイラとペンタウアー王子のミイラにはエジプト考古学省によるDNA鑑定で、親子とみられる有意な関連性が認められているという。

 AFP電によると、この「叫ぶミイラ」は古代エジプトで不浄とされた羊皮(ヤギの皮説もあり)に包まれていたという。

andyhouse777 at 23:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★History 

【News=速報】 小平奈緒は金メダル、スピードスケート女子500m(2018)

 平昌五輪のスピードスケート女子500mは、小平奈緒が五輪新記録をマークし、金メダルを獲得した。





http://www.gettyimages.co.jp/detail/919849436' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.co.jp/detail/919849334' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

andyhouse777 at 21:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

【Report】 3年ぶり再演の人気ミュージカル「モーツァルト!」はフレッシュな魅力たっぷり(2018)

 2002年の日本初演以来、井上芳雄や中川晃教、山崎育三郎の奮闘で人気ミュージカルに成長してきたミュージカル「モーツァルト!」が3年ぶりに再演されることになり、東京都内で製作発表会見が開かれた。今回は前回からの山崎と平野綾に加え、ヴォルフガング・モーツァルト役に新たに古川雄大、妻のコンスタンツェ役にも新たに生田絵梨花、木下晴香が初参加。一貫して演出を手掛けてきた小池修一郎も美術セットを新バージョンにした上で、新演出を導入することも明言しており、今回のミュージカル「モーツァルト!」はフレッシュな魅力いっぱいの作品になりそうだ。
 ミュージカル「モーツァルト!」は、5月26日〜6月28日に東京・丸の内の帝国劇場で、7月5〜18日に大阪市の梅田芸術劇場メインホールで、8月1〜19日に名古屋市の御園座で上演される。
 チケット一般発売開始は東京公演が3月3日から、大阪公演が3月24日から、名古屋公演が5月12日から。

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で撮影に応じる主な出演者。左から生田絵梨花、平野綾、山崎育三郎、古川雄大、木下晴香(撮影・阪清和)
モーツァルト製発全員横並びIMG_4391補正済み

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モーツァルト!」公演情報

 ミュージカル「モーツァルト!」は、ミュージカル「エリザベート」で知られる脚本・作詞のミヒャエル・クンツェ、作・編曲のシルヴェスター・リーヴァイの黄金コンビが共同で製作し、1999年に初演したいわゆる「ウィーン発ミュージカル」である。
 日本では2002年に初演され、クンツェ&リーヴァイと関係の深い小池修一郎が演出を務めている。2007年までは井上・中川がWキャストで主人公ヴォルフガングを演じてきた。山崎は2010年から加わっている。

 幼いころから天才と呼ばれたモーツァルトが、父親のレオポルトや仕えていたコロレド大司教との確執に悩みながらも、名声と自由を求めてたどり着いたウィーンでの苦闘の日々やコンスタンツェとの出会いと結婚が描かれていく。
 「才能の化身」であるアマデが常に寄り添いながら、音楽とまっすぐに向き合っていくヴォルフガングの姿をその苦悩とともに多彩に綴っている。

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で熱唱する古川雄大(撮影・阪清和)
モーツァルト製発古川歌唱ヨコIMG_1836補正済み

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

 会見には一般オーディエンスも招待されており、冒頭からいきなり歌唱披露。古川がミュージカル「モーツァルト!」の象徴的楽曲とも言える「僕こそ音楽」を熱唱。生田と木下が「ダンスはやめられない」を歌い上げると、山崎と平野は「愛していれば分かり合える」を表情豊かに披露した。

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で歌い上げる山崎育三郎(撮影・阪清和)
モーツァルト製発山崎歌唱ヨコIMG_1887補正済み

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で歌う平野綾(撮影・阪清和)
モーツァルト製発平野歌唱タテIMG_1897補正済み

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

 演出の小池は宝塚歌劇公演の稽古のためビデオメッセージで登場。新たに加わる楽曲として、コロレド大司教とヴォルフガングによるデュエット曲を挙げた。
 また、古川の成長ぶりを称えた上で、「『俺の知っている古川はどこへ行った』と言いたくなるほど」と微笑む。生田に関しては、オーディションで「こんなふうにやってみて」と言われた後の変化ぶりに驚いたそうで、「普段の楚々とした姿は実は作られたものなのではと考えてしまうほど見事でした」と話す。木下の伸びやかな歌声にも注目しており「日本のミュージカル界を担っていく人材です」と新たなキャストに大きな期待を寄せた。

 山崎は初参加となった2010年公演の初めての通し稽古の際に、1幕の終わりで立てなくなってしまったことを明かし、小池に「育よ!(父親を演じている)市村さんが主演にしか見えないんだよ」と手厳しい言葉を投げ付けられたエピソードを披露。初演の初日には緊張で足が震え、スタッフに背中をたたかれたことで舞台に飛び出せたと振り返った。
 今回、2014年に続いて3度目となるミュージカル「モーツァルト!」への出演にあたって「ゼロから向き合い、新しいヴォルフガングに出会いたい」と意欲的に語った。

 古川は小池から「君はちょっと悲劇(的に見えるイメージ)なんです。天真爛漫で明るいヴォルフガング役に、どうやって持っていくかが君は勝負だよ」と言われたことを明かし、「そこが課題だと思うので、ぶつかっていきたいと思います」と全力投球を誓う。

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で挨拶する古川雄大(撮影・阪清和)
モーツァルト製発古川マイクタテIMG_1929補正済み

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

 平野は主演した「レディ・ベス」の2014年の初演公演を終えてすぐに「モーツァルト!」の稽古に入ったために「緊張感が絶えず、いっぱいいっぱいだった」という。今回は「この4年でいろんな経験をさせていただきましたし、30代に突入したコンスタンツェを見せられればいいですね」と微笑む。

 アイドルグループ「乃木坂46」の人気メンバーでもある生田は「ロミオ&ジュリエット」のジュリエットや、「レ・ミゼラブル」のコゼットと出演ミュージカルでも見事に期待に応えてきたが、「これまでホワイト系のヒロインが多かった」と自身の役柄をユニークな分析をしながら振り返ってみせた。それらの役とは正反対となる「悪妻」コンスタンツェと自分を比較し、「ずっとおとなしくいたいというわけではなく、実ははみだしたい気持ちがあって、自由奔放なコンスタンツェに共感するところがあります。今までの役からは想像できないかもしれませんが、(役の)人間的な感情を大切にしたいです。悪妻と言われているけれど、かわいらしい方で斬新に感じました。愛らしい部分を見つけながら、自分にしかできないコンスタンツェ像を探し出せたら」と演技の幅を広げることに意欲を燃やした。

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で意欲を語る生田絵梨花(撮影・阪清和)
モーツァルト製発生田マイク微笑みIMG_1973補正済み

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

 木下は「絶対この役に挑戦したいと思っていました。難しいかなという思いもありましたが、わくわくした気持ちでいっぱい」と心境にも変化が出てきたようだ。

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で熱唱する生田絵梨花(撮影・阪清和)
モーツァルト製発生田歌唱タテIMG_1846補正済み

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で美しい歌声を披露する木下晴香(撮影・阪清和)
モーツァルト製発木下歌唱タテIMG_1869補正済池修一郎が演出を務めている。こみ

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

 古川と山崎のやり取りは会場に集まった女性ファンを大いに沸かせた。
 古川から見て山崎は「常にオンで、オフのところを見たことがないんです。バックステージでもプライベートでも、常に山崎育三郎というスイッチが入っているんです」と指摘する。それにすかさず山崎は古川を見ながら「常にオフな印象だよね」とつっこみ、大爆笑を誘う。「雄大はご飯に誘ってもあまり来てくれないんです」と不満げ。
 しかし山崎は古川のストイックでまじめな部分もたくさん見ているようで、ミュージカル「レディ・ベス」で共演の際に、古川が舞台袖で自分の歌を録音するために置いてあったレコーダーを猛ダッシュで取りに行って確認していたことを明かした。
 また何年も前から古川にミュージカル「モーツァルト!」のヴォルフガング役が来ることを予言していたという山崎は「舞台に立つと華があるんですよ」と古川の魅力を語った。

★ミュージカル「モーツァルト!」の製作発表記者会見で互いの印象を語る山崎育三郎(左)と古川雄大(撮影・阪清和)
モーツァルト製発見つめ合う山崎古川IMG_1955補正済み

【写真転載・無断使用厳禁/著作権あり】=画像データはダウンロードできません

 ミュージカル「モーツァルト!」は、5月26日〜6月28日に東京・丸の内の帝国劇場で、7月5〜18日に大阪市の梅田芸術劇場メインホールで、8月1〜19日に名古屋市の御園座で上演される。

★チケット情報(東京公演大阪公演名古屋公演)=最新の残席状況はご自身でお確かめください。


andyhouse777 at 02:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★Report 

2018年02月17日

【活動報告】 舞台「密やかな結晶」の劇評が公式twitterで紹介されました(2018)

 2月6日に当ブログに投稿した舞台「密やかな結晶」の劇評が「密やかな結晶」のtwitter公式アカウントで紹介されました。大変光栄です。ファンの方々やこの作品に関心を持つたくさんの方々に私の文章を読んでいただく機会をつくってくださいまして、大変感謝しております。ホリプロの方々や東京芸術劇場の皆さま、石原さとみさんや村上虹郎さん、鈴木浩介さんをはじめとしたご出演の方々、演出・脚本の鄭義信さんをはじめとしたスタッフの皆さま、誠にありがとうございます。
 舞台「密やかな結晶」は2月2〜25日に東京・池袋駅西口前の東京芸術劇場プレイハウスで、3月3〜4日に富山市の富山県民会館ホールで、3月8〜11日に大阪市の新歌舞伎座で、3月17〜18日に福岡県久留米市の久留米シティプラザ ザ・グランドホールで上演されます。

★舞台「密やかな結晶」公式サイト

★「密やかな結晶」公式twitter


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「密やかな結晶」劇評=2018.02.06

★チケット情報(東京公演・富山公演・大阪公演・久留米公演)e+チケットぴあローチケホリプロオンラインチケット=最新の残席状況はご自身でお確かめください。

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS

★「阪清和Seven Hearts」official facebookページ=トップページ(@sevenheartsblogで検索しても見つけられます)

 当ブログは、映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどに関するエンターテインメントコンテンツの批評やニュース、リポート、トピックなどで構成され、毎日数回更新しています。

 わたくし阪清和は、日本映画ペンクラブに正会員として、また日本記者クラブに個人D会員として所属し、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アートなどに関する作品批評や取材リポート、稽古場便り、オリジナル独占インタビュー、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、一部のエンタメ関連の審査投票などに関わっています。
 さらにインタビュアー、ライター、ジャーナリスト、編集者、アナウンサー、MCとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、劇団機関紙、劇団会員情報誌、ニュースリリース、プレイガイド向け宣材、演劇祭公式パンフレット、広告宣伝記事、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、パンフレット編集・進行管理、アナウンス、企画支援、文章コンサルティング、アフタートークの司会進行などを手掛けています。現在、音楽の分野で海外の事業体とも連携の準備を進めています。今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

 なお、エンターテインメント関連で私がお役に立てることがありましたら、下記のアドレスまでなんなりとご用命ください。速やかにご相談の連絡をさせていただきます
saka@sakaoffice.com
sevenhearts@spa.nifty.com


andyhouse777 at 20:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★活動報告 

【News】 『リバーズ・エッジ』がベルリン国際映画祭パノラマ部門でオープニング上映(2018)

 第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門でオープニング作品に選ばれた行定勲監督の『リバーズ・エッジ』(2月16日に日本で封切り済み)が、ドイツ時間2月15日の映画祭開幕に合わせてベルリンで上映され、行定監督や、出演の二階堂ふみ、吉沢亮がレッドカーペットに登場した。

★第68回ベルリン国際映画祭のレッドカーペットに登場した『リバーズ・エッジ』チーム。左から小川真司プロデューサー、吉沢亮、二階堂ふみ、行定勲監督
http://www.gettyimages.co.jp/detail/918742900' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★二階堂ふみ
http://www.gettyimages.co.jp/detail/918755704' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 『リバーズ・エッジ』は、岡崎京子が1993〜1994年に雑誌「CUTiE」に連載していた漫画作品。河原にある死体という秘密を「共有」する男女やかみ合わない恋愛など1990年代の若者たちのひりひした青春のエッジを描き、その驚異的な描写力や哲学性さえ漂わせる世界観で、その後社会的に成功した数多くのクリエイターに影響を与えたアート作品として知られている。
 映画版には、二階堂、吉沢のほか、上杉柊平やSUMIRE、土居志央梨、森川葵ら若手の期待株が出演している。

 二階堂は黄色いドレス、吉沢と行定監督は黒いタキシード姿で登場した。

andyhouse777 at 19:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News=速報】 羽生は金、宇野は銀、男子フィギュアスケートで快挙(2018)

 平昌五輪の男子フィギュアスケートは、羽生結弦が金メダルを、宇野昌磨が銀メダルを獲得した。五輪2連覇は66年ぶり。日本人選手の同時メダル獲得は史上初。

http://www.gettyimages.co.jp/detail/919187682' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.co.jp/detail/919186810' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.co.jp/detail/919208150' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

http://www.gettyimages.co.jp/detail/919190626' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

andyhouse777 at 14:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----速報

2018年02月16日

【News】 オープニング飾った日本舞台のアニメに世界が注目、第68回ベルリン国際映画祭には夏木マリや野田洋一郎の姿も(2018)

 第68回ベルリン国際映画祭(Berlin International Film Festival)の開幕に合わせて、オープニング作品に選ばれたウェス・アンダーソン(Wes Anderson)監督による20年後の日本の架空の街が舞台のトップモーションアニメ映画『犬ヶ島(Isle of Dogs)』がドイツ時間2月15日(日本時間16日)、ワールドプレミア上映された。犬インフルエンザが流行したために、市長命令ですべての犬が追放されてしまった孤島に市長の養子である少年が単身で乗り込み、愛犬を探すという冒険物語で、日本からも声優として参加している夏木マリ、高山明、野村訓市、RADWIMPSの野田洋次郎もベルリンのレッドカーペットや記者会見場に姿を見せた。

★ウェス・アンダーソン監督
http://www.gettyimages.co.jp/detail/918836800' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★着物姿で魅了した夏木マリ
http://www.gettyimages.co.jp/detail/918864636' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images
http://www.gettyimages.co.jp/detail/918539272' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★レッドカーペットに現れた野村訓市(左)と野田洋次郎
http://www.gettyimages.co.jp/detail/918836772' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★『犬ヶ島』チーム
http://www.gettyimages.co.jp/detail/918721196' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★REUTERSNews

 アニメ映画『犬ヶ島』は、ウェス・アンダーソン監督にとっては、世界的に注目された『グランド・ブダペスト・ホテル』以来の長編映画となる。ブライアン・クランストン(Bryan Cranston)、ジェフ・ゴールドブラム(Jeff Goldblum)、ビル・マーレイ(Bill Murray)、ティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)、グレタ・ガーウィグ(Greta Gerwig)らも声優として参加している。

 ウェス・アンダーソン監督は、記者会見で、犬や日本映画に対する愛を語ったもようだ。

andyhouse777 at 23:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート

【News】 第68回ベルリン国際映画祭が開幕、セクハラ撲滅の声数多く、日本からはコンペ出品なし(2018)

 カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭の一つ、第68回ベルリン国際映画祭(Berlin International Film Festival)がドイツ時間2月15日(日本時間16日)に開幕。冒頭からドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領への批判や皮肉めいた発言が飛び出した昨年とは違い政治的な発言は少なかったが、セクハラ問題が米国のエンターテインメント界を中心に噴出した後にヨーロッパで開かれる最初の国際的な大規模映画祭とあって、集結したスターやクリエイターからは、セクハラや性的暴力の告発運動「#MeToo(私も)」に賛同する声などが上がり、例年とはやや雰囲気を異にした盛り上がりを見せた。最高の栄誉となる金熊賞などの各賞の審査対象作品となる長編のコンペティション部門には、オープニング作品ともなった米国のウェス・アンダーソン(Wes Anderson)監督が20年後の日本の架空の街を舞台にしたストップモーション・アニメ映画『犬ヶ島(Isle of Dogs)』をはじめ、車いす生活になった男性の再生を描くガス・バン・サント(Gus Van Sant)監督の『ドント・ウォーリー・ヒー・ウォント・ゲット・ファー・オン・フット(Don't Worry, He Won't Get Far on Foot)』、イザベル・ユペール(Isabelle Huppert)主演で描くブノワ・ジャコー(Benoit Jacquot)監督の『エヴァ(原題) / Eva』、第73回ベネチア国際映画祭で金獅子賞の栄冠を勝ち取ったフィリピンのラブ・ディアス(Lav Diaz)監督の新作『シーズン・オブ・ザ・デビル(Season of the Devil)』など魅力的な19作品が並ぶが、日本からの出品はなく、返す返すも残念なことに。日本の映画人のいっそうの奮起を期待したい。ただし、パノラマ部門のオープニング作品として行定勲の『リバーズ・エッジ』が上映され、同部門に黒沢清の『予兆』、ジェネレーションKプラス部門に、富名哲也の『Blue Wind Blows』、フォーラム部門に清原惟の『わたしたちの家』、山中瑤子の『あみこ』、想田和弘のドキュメンタリー『港町』が入選している。開催期間は25日(日本時間26日)までの11日間。金熊賞など主要部門は最終日の25日夜に開かれる授賞式で、それ以外の部門は終盤に順次発表される。
 当ブログでは、ベルリン国際映画祭の各部門の受賞結果を速報のかたちでお伝えする予定です。ご期待ください。

http://www.gettyimages.co.jp/detail/918712524' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★AFPBBNews

 審査員長は『ラン・ローラ・ラン』で知られるドイツのトム・ティクヴァ(Tom Tykwer)監督。審査員は、日本人作曲家、坂本龍一をはじめ、ベルギーの女優、セシル・ドゥ・フランス(Cecile De France)、スペインのフォトグラファー、チェマ・プラド(Chema Prado)、昨年のアカデミー賞作品『ムーンライト』を手掛けた米国のプロデューサー、アデル・ロマンスキー(Adele Romanski)、米国の映画批評家、ステファニー・ザカレク(Stephanie Zacharek)。

 第68回ベルリン国際映画祭の主催者に対しては、セクハラ撲滅への強い意志を示すために、レッドカーペットをブラックカーペットにするべきだという要請が2万人超の署名と共に突きつけられたが、主催者はこれを拒否し、代わりに、映画祭期間中に多くのパネルディスカッションやセミナーを開くことにしている。

andyhouse777 at 22:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ★News | -----ストレート
★★仕事のご依頼は★★
 2014年1月をもって正式にフリーランスとなりました。映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどエンターテインメント全般に関する批評、インタビュー、取材、ニュース・コラム・エッセイなどの記事執筆、司会進行、ナビゲート、企画などでお役に立てることがありましたら、ぜひとも声をかけてください。      仕事依頼専用アドレスは    sevenhearts @spa.nifty.com
ページ別順位(2014年8月4日現在)=直接リンクはされていませんので、各ページへ行くには、タイトルをコピーして下かトップ右の記事検索欄にペーストして検索してください
<01> Endless SHOCK 2014(21907)
<02> 太陽2068(9402)
<03> Endless SHOCK 2013(8821)
<04> なにわ侍 ハローTOKYO!!(8399)
<05> 直木賞芥川賞2013前期候補作決まる(5734)
<06> ソング・ライターズ(4968)
<07> 第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞にリリー・フランキー(4586)
<08> MIWA(3890)
<09> 「そして父になる」に世界から熱視線(3590)
<10> 「カッコーの巣の上で」舞台版が小栗旬主演で開幕(3316)
<11> 抜目のない未亡人(2862)
<12> マーガレット(2641)
<13> PLAYZONE → IN NISSAY(2550)
<14> 高校中パニック!小激突!!(2213)
<15> ストリッパー物語(2132)
<16> ダディ・ロング・レッグス=2014(2059)
<17> 刑事ドラマの殉職特集を放送(2049)
<18> 殺風景(1952)
<19> 今ひとたびの修羅(1818)
<20> ムサシ ロンドン・NYバージョン(1791)
<21> ムサシ ロンドン・NYバージョン=2014(1791)
<22> 「レ・ミゼラブル」と「アルゴ」にGグローブ賞(1760)
<23> かもめ(1725)
<24> 頭痛肩こり樋口一葉(1693)
<25> レディ・ベス(1665)
<26> イン・ザ・ハイツ(1637)
<27> 私が黄金を追う理由(1593)
<28> ジャック再び降臨「24」最新シリーズ放送開始(1592)
<29> 木の上の軍隊(1522)
<30> 国民の映画(1517)
<31> 2013前期芥川賞に藤野可織、直木賞に桜木紫乃(1315)
<32> ショーシャンクの空に(1280)
<33> ジャニーズ2020ワールド(1228)
<34> A.B.C座2013 ジャニーズ伝説(1178)
<35> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜=2014(1116)
<36> DREAM BOYS JET(1113)
<37> 「愛の渦」映画化(1087)
<38> 「ピトレスク」の稽古場公開(1085)
<39> 「レディ・ベス」世界初演ついに幕開け(1065)
<40> BACK STAGE(1047)
<41> 金閣寺(1028)
<42> シスター・アクト(990)
<43> レ・ミゼラブル(958)
<44> THE BIG FELLAH(953)
<45> 「天才執事ジーヴス」でウエンツと里見が名コンビに(952)
<46> 半沢直樹(923)
<47> もらとりあむタマ子(918)
<48> ザ・ワーズ 盗まれた人生(875)
<49> Holidays 休暇(862)
<50> ロスト・イン・ヨンカーズ(816)
<51> ミュージカルベストテンの選考投票に参加(804)
<52> ロンサム・ウエスト(787)
<53> 花嫁と父つなぐピアノ、盛岡のCMが話題(785)
<54> クリプトグラム(779)
<55> うかうか三十、ちょろちょろ四十(761)
<56> 奇跡の7人「THE BIG FELLAH」に集う(755)
<57> シレンシオ(695)
<58> アルトナの幽閉者(652)
<59> 筧利夫が世界最新演出版の初回を無事完遂(637)
<60> ネクスト・トゥ・ノーマル(635)
<61> ザ・ビューティフル・ゲーム(624)
<62> 私のダーリン(618)
<63> LOVE CHASE !!(599)
<64> SHOCK1000回達成(591)
<65> つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜(589)
<66> 第86回日本アカデミー賞主演女優賞に真木よう子(575)
<67> 天翔ける風に(574)
<68> 愛の渦(572)
<69> 恋と音楽(569)
<70> モンテ・クリスト伯(551)
<71> ストロベリーナイト(549)
<72> 半沢直樹 その2(530)
<73> 第86回日本アカデミー賞主演男優賞に松田龍平(520)
<74> ベネチア金獅子賞に「サクロ・グラ」(513)
<75> 第86回日本アカデミー賞助演女優に真木よう子(498)
<76> 韓国版「家政婦のミタ」はチェ・ジウ主演(494)
<77> 米経済紙が半沢直樹特集、英語で倍返しは?(493)
<78> 第150回芥川賞直木賞候補作決まる(492)
<79> ライクドロシー(477)
<79> エニシング・ゴーズ(477)
<81> 太鼓たたいて笛ふいて(475)
<82> マイ・フェア・レディ(465)
<83> 屋根の上のヴァィオリン弾き(458)
<84> 秋のソナタ(450)
<85> ABC座2014ジャニーズ伝説(439)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<88> 渇いた太陽(436)
<89> 雨と夢のあとに(435)
<90> マンマ・ミーア!(429)
<91> 晩餐(426)
<91> マイケル・ジャクソンの新曲8曲入り新譜発売へ(426)
<93> 声(423)
<94> Tribes(417)
<95> ジェニファー・ローレンスがショートヘアーに(408)
<96> Paco〜パコと魔法の絵本〜from『ガマ王子vsザリガニ魔人』(403)
<97> 名もない祝福として(396)
<98> テンペストを白井晃演出で(395)
<99> ジャニーズ・ワールド(390)
<100> 半沢直樹 その3(383)
<101> 「シェルブールの雨傘」5年ぶり再演へ(378)
<102> 音のいない世界で(375)
<103> テイク・ディス・ワルツ(369)
<104> 組曲虐殺(364)
<104> 春琴(364)
<106> 「レ・ミゼラブル」は6/21発売(361)
<106> 「国民の映画」再演決定(361)
<108> ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(348)
<109> レ・ミゼラブル新演出版(347)
<110> 関数ドミノ(346)
<111> NO MORE 映画泥棒新バージョン(342)
<112> ピアフ(339)
<113> 海辺のカフカ◆archive◆(338)
<114> 007ファッション南青山で公開(334)
<114> 北島三郎、座長公演も最後と表明「引退ではない。歌い続ける」(334)
<116> 野田秀樹の「MIWA」に豪華俳優が集結(331)
<117> ロンドンでマティスの切り紙絵展始まる(330)
<118> ハリウッド白熱教室(322)
<119> リトルマーメイド(320)
<120> ぴんとこな(316)
<121> トガニ 幼き瞳の告発(313)
<122> カンヌバルムドールに「アデルの人生」(309)
<123> 脳男(305)
<124> トニー賞は「キンキーブーツ」(301)
<125> 赤鬼(299)
<126> BRAVE HEARTS 海猿(293)
<127> 「レディ・ベス」開幕前にトークイベント(291)
<128> 「オペラ座の怪人」完結編ついに日本初演へ(290)
<129> 第86回日本アカデミー賞作品賞に「舟を編む」(286)
<130> 取材・執筆した「殺風景」PR記事が掲載されました(281)
<131> ナタリー・ウッド事故死ではない可能性(278)
<131> 第86回日本アカデミー賞監督賞に石井裕也(278)
<133> 「海辺のカフカ」再演決定(277)
<134> 真夏の方程式(273)
<135> ハーベスト(269)
<135> 第21回読売演劇大賞は森新太郎(269)
<137> 4 four(268)
<137> 日の浦姫物語(268)
<139> iSAMU(258)
<140> ウルトラマリンブルー・クリスマス(254)
<140> 「風立ちぬ」公式上映で瀧本美織が存在感を発揮(254)
<142> トニー賞2014Ms作品賞(251)
<142> 進化するミス・サイゴン7月から世界最新演出で日本公演(251)
<144> ワイルド・スピード EURO MISSION(249)
<145> 半沢直樹第2回は21.8%で大台乗り(245)
<146> 小さいおうち(244)
<147> てんぷくトリオのコント(243)
<148> 「スクルージ」開幕、市村正親が意欲(242)
<149> 第67回カンヌ国際映画祭が開幕、長澤まさみも登場(241)
<150> アジア温泉(230)
<151> スター・トレック イントゥ・ダークネス(229)
<152> 「シスター・アクト」に個性派ずらり(226)
<152> 河瀬直美「2つ目の窓」公式上映で12分の鳴り止まぬ拍手(226)
<154> 片鱗(225)
<155> ジョン万次郎の夢(223)
<156> 白い夜の宴(221)
<157> 台湾の超美形ボーカルバンド人気、日本に到達(216)
<157> 野田秀樹の「赤鬼」気鋭の演出家・俳優で上演中(216)
<159> ウィズ〜オズの魔法使い〜(215)
<160> ビトレスクキャスト陣一体感強調(214)
<160> 戦隊ヒロイン「女子ーズ」にときめく5女優集結(214)
<162> GODZILLA ゴジラ(212)
<163> 第151回芥川賞直木賞候補作決まる(211)
<164> マクベス(207)
<164> ムーミン生んだトーベ・ヤンソン生誕100周年迎える(207)
<166> サウンド・オブ・ミュージック(205)
<167> テレ東が「不明者」を大捜索中(202)
<167> 「エッグ」再演決定、初の海外パリ公演も実現(202)
<169> 舟を編む(201)
<170> 蝋燭の灯、太陽の光(199)
<170> アナ雪の「スリラー」ダンス映像が大反響(199)
<172> 満天の桜(196)
<172> レッド・ツェッペリンがリマスター版収録の未発表曲2曲公開(196)
<174> ジェーン・エア=映画(193)
<175> さいあい シェイクスピア・レシピ(188)
<175> トニー賞2014Ms助女賞(188)
<177> ダディ・ロング・レッグス追加公演決定(181)
<178> 図書館戦争(180)
<179> KREVAの音楽劇再演、各界から逸材結集(179)
<180> ザ・フルーツ(178)
<181> 八月の鯨(176)
<182> 魔女の宅急便(173)
<182> 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ミュージカル日本初演へ(173)
<184> G・グローブ賞録画放送(172)
<184> 100回泣くこと(172)
<186> プラチナデータ(170)
<187> テルマエ・ロマエ供168)
<187> 第86回アカデミー賞のノミネート作決まる(168)
<189> オブリビオン(167)
<189> キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(167)
<191> あなたがここにいればよかったのに(166)
<192> ジェーン・エア=舞台(162)
<192> さよならドビュッシー(162)
<194> 華麗なるギャツビー(161)
<194> 藁の楯(161)
<194> ポール・ウォーカー急逝の波紋広がる(161)
<197> 異国の丘(160)
<197> 8月31日〜夏休み最後の日〜(160)
<197> 追悼 大瀧詠一(160)
<197> 安室奈美恵の洗練されたマッシュアップ映像が話題(160)
<201> ホロヴィッツとの対話(159)
<201> ヒトミ(159)
<203> 半沢直樹第6回も29.0%と好調維持(158)
<203> 初音ミクオペラにパリが熱狂(158)
<203> 中古LPからマービン・ゲイのパスポート発見(158)
<206> エッグ(156)
<206> 「ショーシャンクの空に」舞台化決定(156)
<208> J・K・ローリングの新作に34歳のハリー・ポッター登場(155)
<209> サビタ稽古場イベント(154)
<210> 風立ちぬ(151)
<210> 村上春樹、2013年のノーベル文学賞逃す(151)
<210> 追悼 やしきたかじん(151)
<213> 半沢直樹第5回は29.0%と続伸(150)
<214> The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(146)
<215> さよなら渓谷(145)
<215> WILCO(145)
<217> 新国立劇場2014-15ラインナップ発表(144)
<217> 「メリー・ポピンズ」の裏側描く映画初上映(144)
<219> トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2(143)
<220> 半沢直樹最終回は42.2%とミタ超え、関西は歴代最高(142)
<221> ダチョウ課長の幸福とサバイバル(141)
<222> ベネチア女優賞(140)
<223> 中学生円山(139)
<224> 大事なはなし(138)
<224> 「I'll be back」で大論争(138)
<224> 宮本亜門がドンペリPartyのショー演出(138)
<227> ナミヤ雑貨店の奇蹟(137)
<227> ケイティ・ペリーが着物パフォーマンス(137)
<227> 県庁おもてなし課(137)
<230> カンヌ審査員にキッドマンと河瀬直美ら(135)
<231> 任侠ヘルパー(134)
<231> レディー・ガガ、涙の訳はマネージャーとの決別?(134)
<231> 鬼才ラース・フォン・トリアーの最新作は超過激 !(134)
<234> 客家(133)
<234> その夜の侍(133)
<236> トニー賞2014Ms主女賞(131)
<237> 半沢直樹第3回は22.9%で今年ドラマトップ(130)
<237> DREAM BOYS(130)
<237> 米ゴールデン・グローブ賞ノミネート作決まる(130)
<240> 第39回菊田一夫演劇大賞にレミゼのキャスト&スタッフ(129)
<240> 海峡の光(129)
<242> 悪霊(128)
<243> シェイクスピア生誕450年記念上演始動、ハムレットは北朝鮮にも巡演へ(126)
<244> トニー賞2014MsRV作品賞(125)
<245> ミス・サイゴン(124)
<246> ザ・スーツ(123)
<246> フィリップ・シーモア・ホフマンが急死(123)
<246> 陽だまりの彼女(123)
<246> 共喰い(123)
<246> 「ドラえもん」英語吹き替え版は日米文化研究に興味深いヒント数々(123)
<251> 半沢直樹第4回は27.6%に急伸(122)
<251> ベルリン金熊賞(122)
<251> ミス・サイゴン=2014(122)
<251> 南京錠の橋ポン・デザール一部崩壊(122)
<255> 思い出を売る男(121)
<256> ダディ・ロング・レッグス(120)
<257> ずっと二人で歩いてきた(119)
<257> 横道世之介(119)
<259> 新・幕末純情伝(118)
<260> カウラの班長日記sideA(117)
<261> 無明長夜(116)
<261> ガラパコスパコス(116)
<263> 第86回米アカデミー作品賞に「それでも夜は明ける」(115)
<264> 半沢直樹に幻のラストシーン、DVD&Blu-rayに収録へ(114)
<264> 虚像の礎(114)
<264> 渡辺謙が「王様と私」でブロードウェイデビューへ(114)
<267> 大奥〜永遠〜【右衛門佐・綱吉篇】(112)
<268> 半沢直樹第9回は35.9%とさらに上昇(111)
<268> 地獄でなぜ悪い(111)
<268> トニー賞2014Ms助男賞(111)
<268> ピンク・フロイド10月の20年ぶりのアルバム発売を正式発表(111)
<272> ハムレット(109)
<272> ロックアウト(109)
<274> アカデミー助演女優賞はアン・ハサウェイ(108)
<274> 闇金ウシジマくん(108)
<274> 授業(108)
<274> 東京国際映画祭サクラグランプリは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」(108)
<278> トニー賞2014PRV作品賞(107)
<278> トニー賞2014Ms主男賞(107)
<278> リチャード3世の墓と断定(107)
<378> 鍵泥棒のメソッド=舞台版(107)
<282> 半沢直樹第7回は30.0%と壁突破(105)
<282> ソチの脱出ヒーローまたも閉じ込め(105)
<282> 東京タワーはGW特別ライトアップ中(105)
<285> サ・ビ・タ日本版来春再演決定(104)
<285> 米アカデミー賞最注目は9歳の少女(104)
<285> 日本舞台美術家協会が7年ぶり展覧会開催(104)
<288> エンロン◆archive◆(103)
<288> つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(103)
<288> そして父になる(103)
<291> みなさん、さようなら(101)
<292> レミゼ衣装を東京3都市で展示(100)
<293> アルゴ検証番組日本初放送(99)
<294> 「荒野の七人」新吹き替え版放送(97)
<294> 五輪色の東京タワーを月も見に来た?(97)
<296> キングコングの巨大ロボ公開(96)
<296> 手のひらの砂漠(96)
<296> 第151回芥川賞は柴崎氏、直木賞は黒川氏(96)
<299> 釣りバカ全作品をWOWOWが一挙放送へ(95)
<299> アナと雪の女王(95)
<301> ラ・マンチャの男(94)
<302> ジャニス・ジョプリンがハリウッドの殿堂入り(93)
<302> 初めてなのに知っていた(93)
<304> るろうに剣心(92)
<304> THEMANZAI2013優勝はウーマンラッシュアワー(92)
<304> トニー賞2014P主男賞(92)
<304> ピンク・フロイドが10月に20年ぶりのアルバム発売か(92)
<308> ベネチア最終盤情勢(91)
<308> 獣の柱まとめ*図書館的人生<下巻>(91)
<308> 第86回米アカデミー賞総まくり(91)
<308> SONG&DANCE60感謝の花束(91)
<312> 夢売るふたり(90)
<312> アカデミー主演女優賞はジェニファー・ローレンス(90)
<312> 建てましにつぐ建てましポルカ(90)
<312> 半沢直樹DVD&Blu-ray発売は12/26(90)
<312> 赤塚不二夫のココロ展〜2015年は生誕80周年なのだ!〜(90)
<312> 地下室の手記(90)
<312> 昭和レストレイション(90)
<312> チェ・ジウとクォン・サンウ、11年ぶり共演ドラマ「誘惑」スタート(90)
<320> 撫で撫で(89)
<321> 僕等がいた(89)
<322> 集金旅行(88)
<323> リトルマエストラ(88)
<323> ワイルド・スピード第7作の製作休止へ(88)
<323> ベルリン女優賞に黒木華(88)
<323> カンヌ女優賞はジュリアン・ムーア(88)
<323> 東京タワーがサムライブルーに(88)
<323> ワイルド・スピード第7作撮影再開、急死のポール部分は実弟2人で補充(88)
<329> 日本記者クラブ個人D会員になりました(87)
<329> インポッシブル(87)
<331> 鍵泥棒のメソッド=映画版(86)
<331> ルビー・スパークス(86)
<333> トニー賞2014P作品賞(85)
<334> 其礼成心中(84)
<334> キャロリング(84)
<336> ヘルタースケルター(83)
<336> 魔女とたまごとお月様(83)
<337> 第20回全米映画俳優組合賞はアメリカン・ハッスル(81)
<338> 「スター・ウォーズ」6作を一挙放送へ(80)
<339> カンヌグランプリにコーエン兄弟(79)
<339> 日本アカデミー賞作品賞は桐島、(79)
<339> メモリーズ・コーナー(79)
<339> 凶悪(79)
<339> 自動改札やスマホで光るネイル発売へ(79)
<344> 半沢直樹第8回は32.9%とさらに上積み(77)
<344> 第67回カンヌ国際映画祭まもなく開幕(77)
<346> 来訪者(76)
<346> AKB48総選挙2014渡辺麻友が初の1位指原は2位に陥落柏木3位(76)
<348> カンヌ監督賞にアマト・エスカランテ(74)
<348> ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン(74)
<348> ベネチア銀獅子賞(74)
<348> 未成年モデル保護法案が米上下院通過(74)
<348> ツナグ(74)
<348> 最も稼いだ女優はアンジョリーナ・ジョリー(74)
<348> 東京震度5弱、都心は無事です(74)
<348> ユーミンの音楽×演劇コラボ、第2弾は比嘉愛未とW主演(74)
<356> ヴィンセント・ギャロが日本映画に出演(73)
<356> 暗いところからやってくる(73)
<358> カンヌ男優賞にブルース・ティーン(72)
<358> 世界の名刑事が大集結(72)
<358> 新しい靴を買わなくちゃ(72)
<358> キャプテン・フィリップス(72)
<358> 三鷹で昭和の名優作品続々上映(72)
<363> スター・ウォーズ最新作にハン、ルーク、レイアの3俳優出演決定(71)
<364> 最強のふたり(70)
<364> 大島優子が紅白でAKB48卒業宣言(70)
<364> 傷心のミック、復活待つ世界(70)
<364> 錬金術師(70)
<364> 当ブログのFBページいいね2000件達成(70)
<369> プロメテウス(69)
<370> スターウォーズ新シリーズ公開は再来年12/18(68)
<370> ポール・ウォーカーが事故死(68)
<370> トニー賞2014P主女賞(68)
<373> トム・ハンクスの陪審員まさかの強制終了(67)
<373> 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(67)
<375> ロバート・プラントがツェッペリン再結成を完全否定(66)
<375> 無欲の人(66)
<375> 宇宙兄弟(66)
<378> アカデミー作品賞はアルゴ(65)
<378> ライフスタイル体操第一(65)
<380> ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。(64)
<380> 「風と共に去りぬ」の続編について作者が手紙で返答していた(64)
<382> 臨場 劇場版(63)
<382> カンヌ最終盤情勢(63)
<382> ウィリアム・シェイクスピア(63)
<382> 多彩に変化する東京の空(63)
<382> マイティ・ソー、10月から性別を変更へ(63)
<387> ジェーン・エアその2(62)
<387> ヤバレー、虫の息だぜ(62)
<387> 東京家族(62)
<387> ポール・マッカートニー5月に再来日屋外ライブ(62)
<387> 三鷹市芸術文化センター星のホール(62)
<392> アカデミー主演男優にマシュー・マコノヒー(61)
<392> ブルージャスミン(61)
<392> 「アメリカントップ40」の名DJケーシー・ケイサムが死去(61)
<395> モンスターズクラブ(60)
<395> ダークナイト・ライジング(60)
<395> カンヌ女優賞にベレニス・ベジョ(60)
<398> バイトショウ(59)
<398> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜(59)
<400> アウトレイジビヨンド(58)
<400> タランティーノ脚本流出に怒り次回作中止?(58)
<400> 第150回直木賞に朝井と姫野、芥川賞に小山田(58)
<400> トニー賞2014P助男賞(58)
<404> 黄金を抱いて翔べ(57)
<404> ベネチア審査員大賞(57)
<404> ロンドンの劇場で天井崩落(57)
<404> マン・オブ・スティール(57)
<404> カンヌ2014審査委員長はジェーン・カンピオン監督(57)
<404> ハリソン・フォード宇宙に帰還(57)
<409> 潜水艇ボンドカー、8600万円で落札(56)
<409> ストーンズが豪NZツアー無期限延期(56)
<411> ザ・マスター(55)
<411> 世界にひとつのプレイブック(55)
<411> 「B・ジョーンズの日記」最新小説は恋するシングル・マザー(55)
<411> 学士会館(55)
<411> ビートルズの公式ドキュメンタリーを44年ぶりに制作へ(55)
<416> Gグローブ賞作品賞(54)
<417> のぼうの城(53)
<417> 芸劇リニューアル(53)
<417> セックス・ピストルズの心暖まるX'mas映像放送へ(53)
<420> モンティ・パイソン再結成へ(52)
<420> 三人姉妹(52)
<420> I’M FLASH !(52)
<420> カルティエのX'masアニメ公開(52)
<424> グッモーエビアン!(51)
<424> 日本レコード大賞はEXILE(51)
<424> アカデミー主演女優賞にケイト・ブランシェット(51)
<427> リンカーン(50)
<427> Gグローブ主演女優賞(50)
<427> プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(50)
記事検索
レ・ミゼラブル特設コーナー
★Blu-rayコレクターズBOX=amazonページ


★公式記録集「レ・ミゼラブル--舞台から映画へ」大型本
★大ヒットドラマ「半沢直樹」12/26発売!★
★DVD ★Blu-ray
あまちゃん特設コ-ナ-
★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-1


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-2


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-3
映画系DVD or Blu-ray
舞台系DVD or Blu-ray
楽天ショップへ
人気作品ランキング
参加中のブログ
J-CASTニュース
ninjatools tag