2024年06月13日

【News】SEVEN HEARTS演劇大賞2023の最優秀賞決定、「ラビット・ホール」「ラグタイム」「アカシアの雨が降る時」「ラ・マンチャの男」、宮澤エマ・濱田めぐみ・中村倫也・井上芳雄(2024)

 「SEVEN HEARTS大賞」(2018年創設)のうち、2023年に日本の劇場で上演された全演劇作品を対象とした「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」各部門の最優秀賞が決まりました。最優秀賞は先日6月1日に発表した各賞(優秀賞、入選、次点)のうち優秀賞受賞作、受賞者の中から選びました。

 作品賞は演劇部門では息子を亡くした若い夫婦が哀しみの底からどうやって希望の光を見つけていくかを繊細に描いた会話劇「ラビット・ホール」、ミュージカル部門ではその「ラビット・ホール」と同じく藤田俊太郎が演出を手掛け、米国での初演から27年かかってようやく日本初演が実現した「ラグタイム」、リバイバル作品では演劇が鴻上尚史の「アカシアの雨が降る時」、ミュージカルが松本白鸚が長年演じてきた「ラ・マンチャの男」のファイナル公演に決まりました。
 演出賞は演劇部門が「My Boy Jack」「エンジェルス・イン・アメリカ」を手掛けた上村聡史、ミュージカル部門が「バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊」を手掛けた森新太郎となりました。
 演劇部門の戯曲賞は「ハートランド」の池田亮に決まりました、ミュージカル部門での脚本賞は「SPY×FAMILY」のG2、作曲賞は「キングアーサー」「LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜」のドーヴ・アチアでした。
 美術賞は演劇部門が「ケンジトシ」「ガラスの動物園・消えなさいローラ」「夜叉ヶ池」の伊藤雅子、ミュージカル部門が「チャーリーとチョコレート工場」「のだめカンタービレ」の石原敬に決まりました。
 美術以外のスタッフ賞は演劇が「宝飾時計」衣裳の神田恵介、ミュージカルが「太平洋序曲」「ラグタイム」「ザ・ミュージック・マン」衣裳の前田文子となりました。

 俳優部門に移ると、主演俳優では演劇部門で「ラピット・ホール」の宮澤エマと「ケンジトシ」の中村倫也、ミュージカル部門で「バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊」の濱田めぐみと、「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」「ラグタイム」「ベートーヴェン」「ジェーン・エア」の井上芳雄が選ばれました。
 助演俳優は演劇で「My Boy Jack」の倉科カナと「エンジェルス・イン・アメリカ」の山西惇となり、ミュージカルで「RENT」「ラグタイム」の遥海と、「SPY×FAMILY」と鈴木壮麻となりました。
 ミュージカル部門だけにある歌唱賞は「ドリームガールズ」「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」の望海風斗と、「ファインディング・ネバーランド」の山崎育三郎が選ばれています。

 部門を超えた「舞台新進俳優賞」には「ザ・ミュージック・マン」の水嶋凜と、「My Boy Jack」の前田旺志郎が選ばれました。

1075020_おめでとう受賞


 なお、小劇場部門は昨年に続いて選出を見送りました。申し訳ございません。
 2023年はコロナ禍は終わりましたが、演劇界にはまだまだその余波が続いており、劇団や態勢を完全には立て直せない組織もございます。この「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」でも多くの部門で「該当作なし」が出てしまいました。皆さん同様、私たち取材者、執筆者にとってもまだまだ大変な時期でした。私どもの努力不足の面も大きかったと思います。今年の反省を来年以降の選出に活かしていきたいと思います。

 「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」はプロフェッショナルの批評家であるとは言え、わたくし阪清和という個人が選ぶ賞です。最優秀賞、優秀賞ともいっさい、賞金、トロフィーはございません。
 とは言え、1990年代以降、年間100〜200本(コロナ期間中は大幅減少)の舞台を見続けてきましたし、その期間を含む約30年間はエンターテインメント専門記者・インタビュアー・批評家として取材を続けてきました。現在では、個人としては日本国内で年間に最も多くの劇評(60本以上、コロナ禍前は100本前後でした)を発表する書き手・批評家として活動しています。独断や偏見・趣味を加味せず、あらゆる忖度を排した公平公正な目で判断させていただいておりますので、ご了承ください。
 なお、わたくし阪清和は、「ミュージカル・ベストテン」など他のエンターテインメント関連の表彰作品の選出や一部審査にもかかわっており、この「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」とは賞の選出傾向が必ずしも一致しない場合があります。それぞれの賞の特徴や選出方法の違いなどもあるため、結果が違ってくることも少なくありません。
 ご理解いただければ幸いです。

 今年は各部門の優秀賞を従来の5枠から7枠に増やしました。各部門とも上位賞は高いレベルで競われているため、入選(5枠)、次点(5枠)と合わせて評価する作品(あるいは人)を17枠へと広げました。

 当ブログでは6年前の2018年に「SEVEN HEARTS 大賞」を創設し、2017年以降の映画・演劇・ドラマ作品を対象に毎年(映画とドラマ部門に関しては2021、2022年の作品を対象とした2022年と2023年は発表を中止しました)優秀な作品や俳優、クリエイターを表彰してきましたが、今年から加えることを計画していた音楽部門については2026年、つまり再来年以降のスタートとします。2030年までには、漫画、現代アート、お笑いなどにも表彰の範囲を広げていきたいと考えています。どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

 なお、この大それた個人運営の賞の設立の経緯や意義については創設時のお知らせ記事をご覧ください。
★「SEVEN HEARTS 大賞」を創設します=ブログでのお知らせ記事
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66272536.html





「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」


==演劇部門==

【作品賞】=日本初演が選考の対象ですが、必ずしも新作や日本初演に限定せず、演出家や製作側の取り組みが変わった作品なども初演として選考の対象にしています
<最優秀賞受賞>
●ラビット・ホール(PARCO劇場/PARCO劇場)
作:デヴィッド・リンゼイ=アデアー
演出:藤田俊太郎
出演:宮澤エマ、成河、土井ケイトほか

★舞台「ラビット・ホール」公演概要
https://stage.parco.jp/program/rabbithole/10355/

<優秀賞受賞>=今回から7作に増やしました。以下すべての賞で適用します
★宝飾時計(ホリプロ/東京芸術劇場プレイハウス)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66361582.html

★キングダム(東宝/帝国劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362133.html

http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362213.html

★ケンジトシ(シス・カンパニー/シアタートラム)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362327.html

★ラビット・ホール(PARCO劇場/PARCO劇場)
https://stage.parco.jp/program/rabbithole/10355/

★人魂を届けに(イキウメ/シアタートラム)
https://setagaya-pt.jp/stage/2046/

★ロスメルスホルム(TBS・サンライズプロモーション東京/新国立劇場小劇場)
https://sunrisetokyo.com/detail/23376/

★兎、波を走る(noda・map/東京芸術劇場プレイハウス)
https://www.nodamap.com/usagi/


<入選>
★モモンパのくくり罠(iaku/シアタートラム)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66370008.html
★エンジェルス・イン・アメリカ(新国立劇場/新国立劇場小劇場)
https://www.nntt.jac.go.jp/play/angels-in-america/
★舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド(Bunkamura/THEATER MIRANO-Za)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66364537.html
★少女都市からの呼び声(Bunkamura/THEATER MIRANO-Za)
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/23_shojotoshi.html
★My Boy Jack(サンライズプロモーション東京/東京芸術劇場シアターイースト)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368551.html

<次点>
★我ら宇宙の塵(EPOCH MAN/新宿シアタートップス)
https://epochman.com/uchu2023.html
★入管収容所(TRASHMASTER/すみだパークシアター倉)
https://lcp.jp/trash/biography/nyuukan.html
★アンナ・カレーニナ(Bunkamura/シアターコクーン)
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/23_anna.html
★ファイナルファンタジー勝TBS/IHIステージアラウンド東京)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363206.html
★パラサイト(Bunkamura/THEATER MILANO-Za)
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/23_parasite.html

<選外ですが、その他印象に残った作品は>
★無駄な抵抗(世田谷パブリックシアター・イキウメ/世田谷パブリックシアター)
★海戦2023(理性的な変人たち/アルネ543)



【リバイバル(再演)作品賞】
<最優秀賞受賞>
●アカシアの雨が降る時(サードステージ/新国立劇場小劇場)
作・演出:鴻上尚史
出演:竹下景子、鈴木福、松村武

★公式サイト
https://www.thirdstage.com/acacia/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「アカシアの雨が降る時」劇評=2023.11.08投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66369200.html

★「阪 清和 note」舞台「アカシアの雨が降る時」劇評=2023.11.08投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nbae47ec098ad


<優秀賞受賞>
★ある馬の物語(世田谷パブリックシアター/世田谷パブリックシアター)
★闇に咲く花(こまつ座/紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA)
★ねじまき鳥クロニクル(ホリプロ/東京芸術劇場プレイハウス)
★アカシアの雨が降る時(サードステージ/新国立劇場小劇場)
★ジャンヌ・ダルク(キョードー東京・TBS・イープラス・キョードーメディアス/東京建物BrilliaHALL)
★ブレイキング・ザ・コード(ゴ―チ・ブラザーズ/シアタートラム)
★きらめく星座(こまつ座/紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA)

<入選>
★連鎖街のひとびと(こまつ座/紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA)
★笑の大学(PARCO/PARCO劇場)
★チョコレートドーナツ(PARCO/PARCO劇場)
★巨匠 ―ジスワフ・スコヴロンスキ作「巨匠」に拠る(劇団民藝/紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA)
★海をゆく者(PARCO/PARCO劇場)

<次点>
★R.P.G. ロール・プレーイング・ゲーム(ワンツーワークス/赤坂RED/THEATER)
★旅立つ家族(劇団文化座/あうるすぽっと)
★闇の将軍 四部作(JACROW/東京芸術劇場シアターイースト)



【主演女優賞】
<最優秀賞受賞>
●宮澤エマ(ラピット・ホール)

★舞台「ラビット・ホール」公式サイト
https://stage.parco.jp/program/rabbithole/10355/


<優秀賞受賞>
★高畑充希(宝飾時計)
★黒木華(ケンジトシ)
★宮澤エマ(ラビット・ホール)
★安達祐実(綿子はもつれる)
★池谷のぶえ(我ら宇宙の塵、無駄な抵抗)
★竹下景子(アカシアの雨が降る時)
★三浦透子(ロスメルスホルム)

<次点>
★吉岡里帆(ガラスの動物園・消えなさいローラ)
★宮沢りえ(アンナ・カレーニナ)
★清原果耶(ジェンヌ・ダルク)
★樫山文江(ローズのジレンマ)
★緒川たまき(眠くなっちゃった)

<選外ですが、その他印象に残った主演女優は>
★枝元萌(モモンパのくくり罠)
★大竹しのぶ(ヴィクトリア)
★那須凛(おやすみ、お母さん)
★松たか子(兎、波を走る)



【主演男優賞】
<最優秀賞受賞>
●中村倫也(ケンジトシ)

★舞台「ケンジトシ」公式サイト
https://www.siscompany.com/produce/lineup/kenji2023/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「ケンジトシ」劇評=2023.02.26投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362327.html

★「阪 清和 note」舞台「ケンジトシ」劇評=2023.02.26投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nde77e280c836


<優秀賞受賞>
★中村倫也(ケンジトシ)
★高橋一生(兎、波を走る)
★眞島秀和(My Boy Jack)
★古田新太(パラサイト)
★成河(ある馬の物語)
★浜田信也(人魂を届けに)
★山西惇(闇に咲く花)

<入選>
★中村芝のぶ(ファイナルファンタジー勝
★高野洸(キングダム)
★牧島輝(キングダム)
★森田剛(ロスメルスホルム)
★相島一之(ハートランド)

<次点>
★高橋和也(連鎖街の人々)
★勝地涼(夜叉ヶ池)
★内野聖陽(笑の大学)
★狩野和馬(闇の将軍 四部作)
★窪田正孝(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)

<選外ですが、その他印象に残った主演男優は>
★稲垣吾郎(多重露光)
★久保酎吉(きらめく星座)
★東山紀之(チョコレートドーナツ)
★千葉雄大(ジャズ大名)



【助演女優賞】
<最優秀賞受賞>
●倉科カナ(My Boy Jack)

★舞台「My Boy Jack」公式サイト
https://mbj.srptokyo.com

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「My Boy Jack」劇評=2023.10.14投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368551.html

★「阪 清和 note」舞台「My Boy Jack」劇評=2023.10.14投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n1792d4a0a54f


<優秀賞受賞>
★門脇麦(ねじまき鳥クロニクル)
★小池栄子(宝飾時計)
★高野ゆらこ(ハートランド)
★那須佐代子(エンジェルス・イン・アメリカ)
★倉科カナ(My Boy Jack)
★朴璐美(キングダム)
★川島海荷(キングダム)

<入選>
★sora(ハートランド)
★伊藤沙莉(パラサイト)
★梅澤美波(キングダム)
★音くり寿(ねじまき鳥クロニクル)
★土井ケイト(ラビット・ホール)

<次点>
★水夏希(エンジェルス・イン・アメリカ)
★坂ノ上茜(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★小野ゆり子(少女都市からの呼び声)
★土居志央梨(アンナ・カレーニナ)
★鈴木杏(エンジェルス・イン・アメリカ)



【助演男優賞】
<最優秀賞受賞>
●山西惇(エンジェルス・イン・アメリカ)

★舞台「エンジェルス・イン・アメリカ」公式サイト
https://www.nntt.jac.go.jp/play/angels-in-america/


<優秀賞受賞>
★鈴木福(アカシアの雨が降る時)
★山崎一(ケンジトシ)
★寺脇康文(帰ってきたマイ・ブラザー)
★成河(ラビット・ホール)
★山西惇(エンジェルス・イン・アメリカ)
★別所哲也(ある馬の物語)
★篠井英介(人魂を届けに)

<入選>
★坂東彌十郎(ファイナルファンタジー勝
★篠田三郎(ローズのジレンマ)
★成田凌(宝飾時計)
★有澤樟太郎(キングダム)
★浅香航大(アンナ・カレーニナ)

<次点>
★中村獅童(ファイナルファンタジー勝
★尾上松也(ファイナルファンタジー勝
★早乙女友貴(キングダム)
★大谷亮介(エドモン〜『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男〜)
★大鶴佐助(兎、波を走る)



【演出賞】
<最優秀賞受賞>
●上村聡史(My Boy Jack、エンジェルス・イン・アメリカ)

★舞台「エンジェルス・イン・アメリカ」公式サイト
https://www.nntt.jac.go.jp/play/angels-in-america/

★舞台「My Boy Jack」公式サイト
https://mbj.srptokyo.com

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「My Boy Jack」劇評=2023.10.14投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368551.html

★「阪 清和 note」舞台「My Boy Jack」劇評=2023.10.14投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n1792d4a0a54f


<優秀賞受賞>

<優秀賞受賞>
★栗山民也(ケンジトシ、ロスメルスホルム)
★古城十忍(アプロプリエイト−ラファイエット家の父の残像−)
★シディ・ラルビ・シェルカウイ(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★野田秀樹(兎、波を走る)
★藤田俊太郎(ラビット・ホール、ヴィクトリア)
★金守珍(少女都市からの呼び声)
★上村聡史(My Boy Jack、エンジェルス・イン・アメリカ)

<入選>
★横山拓也(モモンパのくくり罠)
★池田亮(ハートランド)
★眞鍋卓嗣(閻魔の王宮、多重露光)
★鴻上尚史(アカシアの雨が降る時)
★白井晃(ある馬の物語)

<次点>
★鵜山仁(連鎖街のひとびと)
★丹野郁弓(巨匠 ―ジスワフ・スコヴロンスキ作「巨匠」に拠る)
★中村ノブアキ(闇の将軍 四部作)
★中津留章仁(入管収容所)
★フィリップ・ブリーン(アンナ・カレーニナ)

<選外ですが、その他印象に残った演出家は>
★生田みゆき(海戦2023)
★小川絵梨子(おやすみ、お母さん)
★鄭義信(パラサイト)



【戯曲賞】(新作のみ対象)
<最優秀賞受賞>
●ハートランド(池田亮)

★舞台「ハートランド」公式サイト
https://www.yu-mei.com/heartland


<優秀賞受賞>
★人魂を届けに(前川知大)
★ハートランド(池田亮)
★綿子はもつれる(加藤拓也)
★兎、波を走る(野田秀樹)
★ケンジトシ(北村想)
★我ら宇宙の塵(小沢道成)
★モモンパのくくり罠(横山拓也)

<入選>
★多重露光(横山拓也)
★入管収容所(中津留章仁)
★宝飾時計(根本宗子)
★眠くなっちゃった(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
★無駄な抵抗(前川知大)

<次点>
★エドモン〜『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男〜(マキノノゾミ)
★帰ってきたマイ・ブラザー(マギー)
★幾つの大罪(戸次重幸)



【美術賞】
<最優秀賞受賞>
●伊藤雅子(ケンジトシ、ガラスの動物園・消えなさいローラ、夜叉ヶ池)

★舞台「ケンジトシ」公式サイト
https://www.siscompany.com/produce/lineup/kenji2023/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「ケンジトシ」劇評=2023.02.26投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362327.html

★「阪 清和 note」舞台「ケンジトシ」劇評=2023.02.26投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nde77e280c836

★舞台「ガラスの動物園・消えなさいローラ」公式サイト
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/23_Glass_Laula.html

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「ガラスの動物園・消えなさいローラ」劇評=2023.12.05投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66369881.html

★「阪 清和 note」舞台「ガラスの動物園・消えなさいローラ」劇評=2023.12.05投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n86f86dc34e77

★舞台「夜叉ヶ池」公式サイト
https://stage.parco.jp/program/yashagaike


<優秀賞受賞>
★松井るみ(ラビット・ホール、キングダム、ある馬の物語、ハムレット)
★山本貴愛(ハートランド、綿子はもつれる)
★乘峯雅寛(My Boy Jack、エンジェルス・イン・アメリカ、チョコレートドーナツ)
★池田ともゆき(宝飾時計、パラサイト)
★杉山至(閻魔の王宮)
★インパル・ピント(ねじまき鳥クロニクル)
★伊藤雅子(ケンジトシ、ガラスの動物園・消えなさいローラ、夜叉ヶ池)

<入選>
★土岐研一(人魂を届けに、無駄な抵抗)
★大塚聡(少女都市からの呼び声)
★マックス・ジューンズ(アンナ・カレーニナ)
★堀尾幸男(ファイナルファンタジー勝兎、波を走る)
★岩本三玲<セットデザイン>(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)

<次点>
★礒田ヒロシ(R.P.G. ロール・プレーイング・ゲーム)
★秋山光洋(浅草キッド)
★アレックス・ラウド(橋からの眺め)



【スタッフ賞】
<最優秀賞受賞>
●神田恵介(衣裳:宝飾時計)

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「宝飾時計」劇評=2022.01.28投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66361582.html

★「阪 清和 note」舞台「宝飾時計」劇評=2022.01.28投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nbfb78aa089dc


<優秀賞受賞>
★山本貴愛(衣裳:ハートランド)
★シディ・ラルビ・シェルカウイ(振付:舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★森山開次(振付:夜叉ヶ池)
★おざわあつし(照明:ジャンヌ・ダルク)
★前田文子(衣裳:エンジェルス・イン・アメリカ、My Boy Jack)
★神田恵介(衣裳:宝飾時計)
★高橋巖・けんのき敦(音響=ラビット・ホール)

<入選>
★勝柴次朗(照明:My Boy Jack)
★新保瑛加(映像:我ら宇宙の塵)
★松岡象一郎(特殊造形デザイン・特殊造形制作:舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★柘植伊佐夫(ビジュアルディレンション・衣裳デザイン:舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★伊藤佐智子(衣裳:アンナ・カレーニナ、ある馬の物語)

<次点>
★インパル・ピント(振付:ねじまき鳥クロニクル)
★渥美博(アクション:ジャンヌ・ダルク)
★ヨアン・ティポリ(照明:ねじまき鳥クロニクル)
★北尾亘(振付:ジャズ大名)






==ミュージカル部門==



【作品賞】
<最優秀賞受賞>
●ラグタイム(東宝/日生劇場)
演出:藤田俊太郎
出演:石丸幹二、井上芳雄、安蘭けい、東啓介、遥海、川口竜也、土井ケイトほか

★ミュージカル「ラグタイム」公式サイト
https://www.tohostage.com/ragtime/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ラグタイム」劇評=2023.09.30投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368155.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ラグタイム」劇評=203.09.30投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n7ec078b9b07d


<優秀賞受賞>
★ラグタイム(東宝/日生劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368155.html

★バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊(ホリプロ/日生劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362813.html

★ファインディング・ネバーランド(ホリプロ/新国立劇場中劇場)
https://horipro-stage.jp/stage/findingneverland2023/

★ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル(東宝/帝国劇場)
(2024再演公演の公式サイトです)
https://www.tohostage.com/moulinmusical_japan/

★ジェーン・エア(東宝/東宝芸術劇場プレイハウス)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363953.html

★マリー・キュリー(アミューズ/天王洲銀河劇場)
https://mariecurie-musical.jp

★チャーリーとチョコレート工場(東宝/帝国劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368739.html


<入選>
★SPY×FAMILY(東宝/帝国劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363664.html
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363769.html
★キングアーサー(ホリプロ/新国立劇場中劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362136.html
★のだめカンタービレ(東宝/シアタークリエ)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368674.html
★マチルダ(ホリプロ/東急シアターオーブ)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000787.000028143.html
★ザ・ミュージック・マン(東宝/日生劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66364197.html

<次点>
★ザ・ビューティフル・ゲーム(日生劇場/)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362055.html
★ドリームガールズ(梅田芸術劇場/東京国際フォーラム・ホールC)
https://www.umegei.com/dreamgirls2023/
★スクールオブロック(ホリプロ/東京建物BrilliaHALL)
https://horipro-stage.jp/stage/sor2023/
★LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜(東宝/帝国劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66369556.html
★ディミトリ 〜曙光に散る、紫の花〜(宝塚歌劇団星組/東京宝塚劇場)
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2022/syayounokuninorusudan/index.html

<選外ですが、その他印象に残った作品は>
★フリューゲル ―君がくれた翼―(宝塚歌劇団月組/東京宝塚劇場)
★ベートーヴェン(東宝/日生劇場)
★シェルブールの雨傘(松竹/新橋演舞場)
★鴛鴦歌合戦(宝塚歌劇団花組/東京宝塚劇場)



【リバイバル(再演)作品賞】
<最優秀賞受賞>
●ラ・マンチャの男(東宝/横須賀芸術劇場)
演出:松本白鸚
出演:松本白鸚、松たか子、駒田一、実咲凜音、石鍋多加史、荒井洸子、祖父江進、大塚雅夫、白木美貴子、伊原剛志、上條恒彦ほか
★ミュージカル「ラ・マンチャの男」公式サイト
https://www.tohostage.com/lamancha/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ラ・マンチャの男」劇評=2023.05.04投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66364236.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ラ・マンチャの男」劇評=2023.05.04投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n17cf0a1db2ad


<優秀賞受賞>
★ラ・マンチャの男(東宝/横須賀芸術劇場)
★Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-(東宝/帝国劇場)
★生きる(ホリプロ/新国立劇場中劇場)
★スリル・ミー(ホリプロ/東京芸術劇場シアターウエスト)
★アナスタシア(梅田芸術劇場/東急シアターオーブ)
★シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ(音楽座ミュージカル/草月ホール)
★ジキル&ハイド(ホリプロ・東宝/東京国際フォーラム・ホールC)

<入選>
★DREAM BOYS(東宝/帝国劇場)
★ウィキッド(劇団四季/JR東日本四季劇場<秋>)
★ファースト・デート(東宝/シアタークリエ)
★1789 ―バスティーユの恋人たち―(宝塚歌劇団星組/東京宝塚劇場)
★RENT(東宝/シアタークリエ)

<次点>
★ブンとフン(読売新聞社・エイベックス/よみうり大手町ホール)
★クレイジー・フォー・ユー(劇団四季/KAAT神奈川芸術劇場)
★O.G.(劇団NLT/博品館劇場)
★天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜(東宝/東急シアターオーブ)



【演出賞】
<最優秀賞受賞>
●森新太郎(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)

★ミュージカル「バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊」関連記事
https://spice.eplus.jp/articles/310303

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊」劇評=2023.03.14投稿
ttp://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362813.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊」劇評=2023.03.14投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n771fc6352078


<優秀賞受賞>
★森新太郎(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★アレックス・ティンバーズ(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★ウォーリー木下(チャーリーとチョコレート工場)
★Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-(東宝/帝国劇場)
★ダニエル・ゴールドスタイン(ザ・ミュージック・マン)
★小池修一郎(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜、1789 ―バスティーユの恋人たち―)
★松本白鸚(ラ・マンチャの男)

<入選>
★宮本亜門(生きる)
★瀬戸山美咲(ザ・ビューティフル・ゲーム)
★小山ゆうな(チェーザレ 破壊の創造者、ファインディング・ネバーランド)
★オ・ルピナ(キングアーサー)
★眞鍋卓嗣(ドリームガールズ)
★G2(SPY×FAMILY)

<次点>
★荻田浩一(シェルブールの雨傘)
★末満健一(ダーウィン・ヤング 悪の起源)
★鈴木裕美(マリー・キュリー)
★栗山民也(スリル・ミー)



【主演女優賞】
<最優秀賞受賞>
●濱田めぐみ(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)

★ミュージカル「バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊」関連記事
https://spice.eplus.jp/articles/310303

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊」劇評=2023.03.14投稿
ttp://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362813.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊」劇評=2023.03.14投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n771fc6352078


<優秀賞受賞>
★望海風斗(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル、ドリームガールズ)
★濱田めぐみ(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★森彩香(シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ)
★花乃まりあ(ザ・ミュージック・マン)
★上白石萌音(ジェーン・エア)
★愛希れいか(マリー・キュリー)
★上野樹里(のだめカンタービレ)

<入選>
★大竹しのぶ(GYPSY)
★明日海りお(精霊の守り人)
★平原綾香(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★葵わかな(アナスタシア)
★木下晴香(アナスタシア)

<次点>
★生田絵梨花(MEAN GIRLS)
★礼真琴(1789 ―バスティーユの恋人たち)
★月城かなと(フリューゲル ―君がくれた翼―)
★柚香光(鴛鴦歌合戦)
★朝夏まなと(天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜)



【主演男優賞】
<最優秀賞受賞>
●井上芳雄(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル、ラグタイム、ベートーヴェン、ジェーン・エア)

★ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル(2024再演公演の公式サイトです)公式サイト
https://www.tohostage.com/moulinmusical_japan/

★ミュージカル「ラグタイム」公式サイト
https://www.tohostage.com/ragtime/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ラグタイム」劇評=2023.09.30投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368155.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ラグタイム」劇評=203.09.30投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n7ec078b9b07d

★ミュージカル「ベートーヴェン」公式サイト
https://www.tohostage.com/beethoven/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ベートーヴェン」劇評=2023.12.28投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66370234.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ペートーヴェン」劇評=2032.12.28投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n7e1b6dc9f43c

★ミュージカル「ジェーン・エア」公式サイト
https://janeeyre.jp

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ジェーン・エア」劇評=2023.04.23投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363953.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ジェーン・エア」劇評=2023.04.233投稿
https://note.com/sevenhearts/n/ne09d3968a273


<優秀賞受賞>
★井上芳雄(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル、ラグタイム、ベートーヴェン、ジェーン・エア)
★石丸幹二(ラグタイム)
★山崎育三郎(ファインディング・ネバーランド)
★小瀧望(ザ・ビューティフル・ゲーム)
★spi(シュレック・ザ・ミュージカル)
★堂本光一(Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-、チャーリーとチョコレート工場)
★柿澤勇人(スクールオブロック、ジキル&ハイド)

<入選>
★古川雄大(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★京本大我(シェルブールの雨傘)
★松本白鸚(ラ・マンチャの男)
★坂本昌行(ザ・ミュージック・マン)
★中川晃教(チェーザレ 破壊の創造者)

<次点>
★風間杜夫(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★山本耕史(太平洋序曲)
★森崎ウィン(SPY×FAMILY)
★花村想太(RENT)
★三浦宏規(のだめカンタービレ)

<選外ですが、その他印象に残った主演男優は>
★尾上松也(スリル・ミー)
★廣瀬友祐(スリル・ミー)
★渡辺翔太(DREAM BOYS)
★鈴木福(カラフル)



【助演女優賞】
<最優秀賞受賞>
●遥海(RENT、ラグタイム)

★ミュージカル「RENT」公式サイト
https://www.tohostage.com/rent2023/

★ミュージカル「ラグタイム」公式サイト
https://www.tohostage.com/ragtime/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ラグタイム」劇評=2023.09.30投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368155.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ラグタイム」劇評=203.09.30投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n7ec078b9b07d



<優秀賞受賞>
★松たか子(ラ・マンチャの男)
★中村麗乃(Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-)
★佐々木美鈴(SPY×FAMILY)
★高野菜々(音楽座ミュージカル)(生きる)
★木下晴香(ベートーヴェン)
★昆夏美(マチルダ)
★遥海(RENT、ラグタイム)

<入選>
★島田歌穂(Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-)
★土井ケイト(ラグタイム)
★観月ありさ(チャーリーとチョコレート工場)
★朝夏まなと(SPY×FAMILY)
★Dream Ami(ジキル&ハイド)

<次点>=なし



【助演男優賞】
<最優秀賞受賞>
●鈴木壮麻(SPY×FAMILY)

★ミュージカル「SPY×FAMILY」公式サイト
https://www.tohostage.com/spy-family/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「SPY×FAMILY(鈴木拡樹・佐々木美玲・福地美晴・瀧澤翼・朝夏まなと・山口乃々華・木内健人・鈴木壮麻出演回)」劇評=2023.04.16投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363769.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「SPY×FAMILY(鈴木拡樹・佐々木美玲・福地美晴・瀧澤翼・朝夏まなと・山口乃々華・木内健人・鈴木壮麻出演回)」劇評=2023.04.16投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n03362ad3a3b4

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「SPY×FAMILY(森崎ウィン・唯月ふうか・池村碧彩・岡宮来夢・朝夏まなと・山口乃々華・木内健人・鈴木壮麻出演回)」劇評=2023.04.12投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363664.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「SPY×FAMILY(森崎ウィン・唯月ふうか・池村碧彩・岡宮来夢・朝夏まなと・山口乃々華・木内健人・鈴木壮麻出演回)」劇評=2023.04.12投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n55a333476c8b


<優秀賞受賞>
★加藤和樹(キングアーサー)
★太田基裕(キングアーサー)
★鈴木壮麻(SPY×FAMILY)
★村井良大(生きる)
★東啓介(ザ・ビューティフル・ゲーム。ラグタイム)
★岡宮来夢(SPY×FAMILY)
★新納慎也(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)

<入選>
★加藤清史郎(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★駒田一(ラ・マンチャの男)
★屋良朝幸(マリー・キュリー)
★大貫勇(マチルダ)
★小田井涼平(ザ・ミュージック・マン)

<次点>
★伊礼彼方(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★舘形比呂一(ラグタイム)
★有澤樟太郎(のだめカンタービレ)
★竹中直人(のだめカンタービレ)
★廣瀬友祐(天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜)



【歌唱賞】
<最優秀賞受賞>=男女1人ずつ
●望海風斗(ドリームガールズ、ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
●山崎育三郎(ファインディング・ネバーランド)

★ミュージカル「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル(2024再演公演の公式サイトです)公式サイト
https://www.tohostage.com/moulinmusical_japan/


★ミュージカル「ファインディング・ネバーランド」公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/findingneverland2023/


<優秀賞受賞>=男女5人ずつ
★木下晴香(ザ・ビューティフル・ゲーム、アナスタシア)
★濱田めぐみ(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★望海風斗(ドリームガールズ、ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★花乃まりあュザ・ミュージック・マン)
★愛希れい(マリー・キュリー)
★井上芳雄(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル、ラグタイム)
★山崎育三郎(ファインディング・ネバーランド)
★堂本光一(チャーリーとチョコレート工場)
★西川貴教(スクールオブロック)
★柿澤勇人(スクールオブロック)
★石丸幹二(ラグタイム)

<入選>=男女3人ずつ
★上白石萌音(ジェーン・エア)
★平原綾香(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★安蘭けい(ラグタイム)
★浦井健治(キングアーサー)
★加藤和樹(キングアーサー)
★古川雄大(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)

<次点>
★福原みほ(ドリームガールズ)
★花總まり(ベートーヴェン)
★朝夏まなと(天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜)



【脚本賞】=脚色台本・翻訳台本を含みます
<最優秀賞受賞>
●G2(SPY×FAMILY)

★ミュージカル「SPY×FAMILY」公式サイト
https://www.tohostage.com/spy-family/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「SPY×FAMILY(鈴木拡樹・佐々木美玲・福地美晴・瀧澤翼・朝夏まなと・山口乃々華・木内健人・鈴木壮麻出演回)」劇評=2023.04.16投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363769.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「SPY×FAMILY(鈴木拡樹・佐々木美玲・福地美晴・瀧澤翼・朝夏まなと・山口乃々華・木内健人・鈴木壮麻出演回)」劇評=2023.04.16投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n03362ad3a3b4

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「SPY×FAMILY(森崎ウィン・唯月ふうか・池村碧彩・岡宮来夢・朝夏まなと・山口乃々華・木内健人・鈴木壮麻出演回)」劇評=2023.04.12投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363664.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「SPY×FAMILY(森崎ウィン・唯月ふうか・池村碧彩・岡宮来夢・朝夏まなと・山口乃々華・木内健人・鈴木壮麻出演回)」劇評=2023.04.12投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n55a333476c8b


<優秀賞受賞>
★G2(SPY×FAMILY)
★上田一豪、笠浦静花(のだめカンタービレ)
★イタマール・モーゼス(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★ジョン・ケアード(ジェーン・エア)
★オ・ルピナ(キングアーサー)=日本語版台本
★チョン セウン(マリー・キュリー)
★瀬戸山美咲(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)=日本語版台本

<入選>
★井上テテ(精霊の守り人)
★テレンス・マクナリー(ラグタイム)
★小池修一郎(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★ミヒャエル・クンツェ(ベートーヴェン)

<次点>=なし



【作曲賞】=新設された賞
<最優秀賞受賞>
●ドーヴ・アチア(キングアーサー、LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)

★ミュージカル「キングアーサー」公式サイト
https://www.umegei.com/schedule/1041/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「キングアーサー」劇評=2023.02.19投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362136.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「キングアーサー」劇評=2023.02.19投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n63e409c56c60

★ミュージカル「LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜」公式サイト
https://www.tohostage.com/lupin/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜」劇評=2023.11.23投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66369556.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜」劇評=2023.11.23投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n3f89cbe0b343


<優秀賞受賞>
★かみむら周平(SPY×FAMILY、精霊の守り人)
★和田唱(TRICERATOPS)(のだめカンタービレ)
★ドーヴ・アチア(キングアーサー、LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★デヴィッド・ヤズベック(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★スティーヴン・フラハティ(ラグタイム)
★ポール・ゴードン(ジェーン・エア)
★チェ ジョンユン(マリー・キュリー)

<入選>
★ティム・ミンチン(マチルダ)
★アラン・ニー(ファインディング・ネバーランド)
★前野健太(おとこたち)
★マーク・シェイマン(チャーリーとチョコレート工場)
★シルヴェスター・リーヴァイ(ベートーヴェン)

<次点>=なし



【美術賞】
<最優秀賞受賞>
●石原敬(チャーリーとチョコレート工場、のだめカンタービレ)

★ミュージカル「チャーリーとチョコレート工場」公式サイト
https://www.tohostage.com/cacf/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「チャーリーとチョコレート工場」劇評=202310.20投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368739.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「チャーリーとチョコレート工場」劇評=2023.10.20投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n66be8c643bad

★ミュージカル「のだめカンタービレ」公式サイト
https://www.tohostage.com/nodame/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「のだめカンタービレ」劇評=2023.10.18投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368674.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「のだめカンタービレ」劇評=2023.10.18投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n309b7c5fbce7


<優秀賞受賞>
★石原敬(チャーリーとチョコレート工場、のだめカンタービレ)
★松井るみ(ドリーム・ガール、カラフル、ラグタイム、LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★二村周作(ファインディング・ネバーランド、キングアーサー)
★堀尾幸男(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★松生紘子(SPY×FAMILY)
★伊藤雅子(マリー・キューリー)
★田中敏恵(ダーウィン・ヤング 悪の起源)

<入選>
★ポール・ファーンズワース(装置:太平洋序曲)
★ディレック・マクレーン(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★乗峯雅寛(精霊の守り人)
★太田創(ジキル&ハイド)

<次点>=なし



【スタッフ賞】
<最優秀賞受賞>
●前田文子(太平洋序曲、ラグタイム、ザ・ミュージック・マン)=衣裳

★ミュージカル「太平洋序曲」公式サイト
https://www.umegei.com/pacific-overtures/index.html

★ミュージカル「ラグタイム」公式サイト
https://www.tohostage.com/ragtime/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ラグタイム」劇評=2023.09.30投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368155.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ラグタイム」劇評=203.09.30投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n7ec078b9b07d

★ミュージカル「ザ・ミュージック・マン」公式サイト
https://www.tohostage.com/themusicman/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ザ・ミュージック・マン」劇評=2023.05.03投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66364197.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ザ・ミュージック・マン」劇評=2023.06.05投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n07c822306c45


<優秀賞受賞>
★前田文子(衣裳:太平洋序曲、ラグタイム、ザ・ミュージック・マン)
★勝柴次朗(照明:ラグタイム)
★デヴィッド・ヤズベック(音楽:バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★ドーヴ・アチア(音楽:1789 -バスティーユの恋人たち-)
★高見和義(照明:RENT)
★矢崎紀夫(演出スーパーバイザー:ラ・マンチャの男)
★チャーリー木下(日本版翻訳:チャーリーとチョコレート工場)

<入選・次点>=なし





==小劇場部門==

2023年は選出を中止します

【作品賞】
【リバイバル作品賞】
【女優賞】
【男優賞】
【演出賞】
【戯曲賞】
【小劇場劇団賞】
該当作、該当劇場なし




==全部門共通==

【舞台新進俳優賞】
<最優秀賞受賞>=2000年から男女1人ずつ選んでいます
●水嶋凜(ザ・ミュージック・マン)
●前田旺志郎(My Boy Jack)

★ミュージカル「ザ・ミュージック・マン」公式サイト
https://www.tohostage.com/themusicman/

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ザ・ミュージック・マン」劇評=2023.05.03投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66364197.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ザ・ミュージック・マン」劇評=2023.06.05投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n07c822306c45


★舞台「My Boy Jack」公式サイト
https://mbj.srptokyo.com

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「My Boy Jack」劇評=2023.10.14投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368551.html

★「阪 清和 note」舞台「My Boy Jack」劇評=2023.10.14投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n1792d4a0a54f


<優秀賞受賞>
★福地桃子(橋からの眺め)
★遥海(ラグタイム)
★水嶋凜(ザ・ミュージック・マン)
★ダンドイ舞莉花(スクールオブロック)
★坂ノ上茜(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★金川紗耶 (乃木坂46)(ドクター皆川 ―手術成功5秒前―)
★前田旺志郎(My Boy Jack)
★こがけん(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★皇希(ザ・ビューティフル・ゲーム)
★有澤樟太郎(キングダム、セトウツミ、のだめカンタービレ)
★鈴木福(カラフル、アカシアの雨が降る時)
★EXILE NESMITH(ラグタイム)

<入選・次点>なし


【都市劇場賞】=該当劇場なし

【地域劇場賞】=該当劇場なし

【小規模劇場賞】=該当劇場なし

【劇団賞】=該当劇団なし

【プロデュース賞】=該当組織なし

【コラボレーション賞】=該当作なし

【特別功労賞】
省略します


 なお、当ブログでは今回の受賞作品や受賞者の出演・演出作品の劇評を公演中か公演の直後に投稿・配信しています。 各部門の受賞者、受賞作品の項目で、その全文か一部をご紹介していますので、ご一読ください。 当ブログではなく別媒体で発表したものなど、著作権の関係で掲載できないものもございます。ご容赦ください。

 ただし、劇評など一部のコンテンツの全体像を無条件に無料でお読みいただけるサービスは2018年4月7日をもって終了しています。ブログやnoteでは序文だけ無料で、その続きを含む劇評の全体像はクリエイターのための新しい作品発表型SNS「阪 清和note」で有料(通常300円、200〜100円の場合もあります。期間を区切って無料公開するケースもあります)公開しています。
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66278893.html


 阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」は、映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどに関するエンターテインメントコンテンツの批評やニュース、リポート、トピックなどで構成され、毎日数回更新しています。

 わたくし阪清和は、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アート・食文化・旅などに関する作品批評や取材リポート、稽古場便り、オリジナル独占インタビュー、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、一部のエンタメ関連賞の審査投票や票賞選出などにも関わっています。

 さらにインタビュアー、ライター、ジャーナリスト、編集者、アナウンサー、MC、コメンテイターとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、劇団機関紙、劇団会員情報誌、エンタメ系ニュースリリース、プレイガイド向け宣材、演劇祭公式パンフレット、広告宣伝記事、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、パンフレット編集・進行管理、アナウンス、企画支援、文章・広報コンサルティング、大手メディアの番組データベース構築、演劇などのアフタートークの司会進行などを手掛けています。現在、音楽の分野で海外の事業体とも連携の準備を進めています。一昨年夏からは一般企業のプレスリリースの執筆やユーザーインタビューも手掛け始め、AIやナノテクノロジー、ビックデータによるインバウンドコンサル、高級茶販売、製薬、大豆加工食品製造販売、焼酎製造、動物園運営、大学教育、広告代理業、編集プロダクション、地方自治体などの幅広い分野で活躍する方々に広報戦略に関するお話をうかがい、情報発信をさせていただいています。テレビなど放送メディアでのコメンタリーのお手伝いも手掛けております。
 今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

 なお、エンターテインメント関連で私がお役に立てることがありましたら、下記のアドレスまでなんなりとご用命ください。速やかにご相談の連絡をさせていただきます。エンタメ以外でもお気軽にお問い合わせください。なお、このアドレスは仕事依頼・仕事関連問い合わせ専用です。それ以外のメールにはお返事を差し上げられませんのでご了承ください。
sevenhearts@spa.nifty.com

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620



★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse

★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog


★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて(例外あり)読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d


★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a


★映画評だけを集めたマガジンは現在鋭意構築中です。販売開始を今しばらくお待ちください。


andyhouse777 at 21:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----発表

【お知らせ】 まもなく「SEVEN HEARTS演劇大賞2023」各部門の最優秀賞を発表します(2024)

 まもなく「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」各部門の最優秀賞をブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」で発表いたします。劇評ではありませんので全文無料でお読みいただけます。

 なお、ブログとnoteの更新は主にx(旧twitter)でお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse

★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog




andyhouse777 at 17:55|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★お知らせ 

2024年06月12日

【News=速報】 桂ざこばが死去、高い技量と柔軟な姿勢、慣例・権威にこだわらない反骨精神で全国的知名度誇る(2024)

 上方落語を代表する落語家の桂ざこば(本名・関口弘)が2024年6月12日午前3時14分、持病の喘息のため、自宅で死去したことが分かった。76歳だった。大阪府出身。所属する米朝事務所が12日に公表した。ざこばは2017年に塞栓性脳梗塞などで緊急入院したが約2カ月で高座に復帰。2021年には喘息などで高座を休演しているが、近年は元気に落語を続けていた。

★毎日新聞(スポニチ)News
https://mainichi.jp/articles/20240612/spp/sp0/006/177000c


 ざこばさんは今年4月30日、5番弟子のひろばが「二代目桂力造」、ちょうばが「四代目桂米之助」、そうばが「二代目桂惣兵衛」と上方落語の歴史的名跡を継ぐ弟子3人の襲名発表会見に出席し、近況を報告する話の中で「もう、あきまへんねん。喘息で…」と持病の状態が良くないことを明かしていたが、周囲が深刻な不調と感じていたわけではなく、急死だったとみられる。

 1947年、大阪市西成区生まれ。桂米朝に憧れ、弟子入りを志願するが、米朝はなかなか認めず、1963年になって入門が実現した。
 桂朝丸として大阪の花月劇場だけでなく、東京のテレビ番組にも出演するようになり、日本テレビの「ウイークエンデ―」に抜擢。一気に全国的な知名度を上げた。
 1980年代に入ると、一門の中で米朝、枝雀に次ぐ人気を誇るようになり、1988年に二代目桂ざこばを襲名。お笑い番組だけでなくバラエティー番組や情報番組にも出演。慣例・権威にこだわらない反骨精神でコメンテイターとしてもテレビ、ラジオのレギュラー番組に引っ張りだこだった。
 2008年には大阪市西成区山王のマンション2階に寄席小屋「動楽亭」を開設している。

 得意演目は上方落語の代表的演目で高いテクニックが要求される「らくだ」のほか、江戸落語として名高い「子は鎹(かすがい)」を上方に持ち込むなど落語に対する柔軟な姿勢も持つ。
 出囃子は「御船(ぎょせん)」。

 現在、テレビでは読売テレビ「そこまで言って委員会NP」と不定期で朝日放送の「探偵!ナイトスクープ」に出演。特に「探偵!ナイトスクープ」は特別顧問のキダ・タローを亡くしたばかりで、今度は顧問の一人だった桂ざこばと、番組の精神的支柱を相次いで失ったことになる。

 心より哀悼の意を表します。


andyhouse777 at 20:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 ベルサイユ宮殿でボヤ騒ぎ、消防士100人出動しすぐ消火、収蔵品や観光客に被害なし(2024)

 18世紀までのフランスの絶対王政の象徴で、フランス革命の舞台ともなったパリ郊外の観光名所、ベルサイユ宮殿(Palais de Versailles)でフランス時間2024年6月11日午後3時(日本時間午後10時)すぎ、屋根から煙が上がり、観光客が一時避難する騒ぎがあった。ベルサイユ宮殿では現在、7月からのパリ五輪向けて改修工事が続いており、屋根も改修中だった。火事は駆け付けた約100人の消防士らがバケツの水をかけてボヤ程度で消し止め、けが人や収蔵品の被害などはなかった。観光客らは午後4時半には宮殿内に戻ることを許されたとの情報もある。

★FNSNews
https://www.fnn.jp/articles/-/712857


 宮殿の広報部門によると、煙は屋根の木材部分から突然上がった。原因は調査中。

 ベルサイユ宮殿は、フランスのルイ14世時代の17世紀に建てられたバロック建築。パリの南西22kmにある。
 フランス中の富を王室が独占した絶対王政時代に贅を尽くして建てられた建造物にふさわしく、高価で貴重な美術品が集められ、建物前に立つ噴水公園やオランジュリー庭園と共に一体的な美を形成している。
 第1次世界大戦の講和条約も1919年にベルサイユ宮殿で結ばれた。1979年にフランス国内で初の世界遺産に登録され、毎年約1000万人近くの観光客が訪れ、迎賓機能のあった鏡の間や王妃マリー・アントワネットの部屋などに人気がある。
 今年7月に開かれるパリ五輪でも、馬術や近代五種の会場になっている。

 パリでは2019年4月、中心部を流れるセーヌ川のシテ島に立つノートルダム大聖堂で火災が起き、尖塔(せんとう)や屋根が焼け落ちる悲劇が起きている。


andyhouse777 at 16:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2024年06月11日

【News=訃報】 稲川素子社長が死去、ルビー・モレノら外国人タレントを多く輩出(2024)

 外国人タレントや俳優が多数所属する芸能事務所「稲川素子事務所」の稲川素子(いながわ・もとこ)社長が2024年5月13日に心不全のため東京都内の自宅で死去していたことが分かった。90歳だった。福岡県出身。葬儀は近親者で済ませたという。後日、しのぶ会を開く予定。6月11日になって、国内の主要芸能メディアが報じた。

★時事通信News
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024061101010&g=soc#goog_rewarded


 専業主婦を経て、1985年に51歳で稲川素子事務所を設立。外国人をタレントや俳優としてテレビや映画に出演させるマネジメントにあった。1993年には所属していたルビー・モレノが映画『月はどっちに出ている』で主演女優賞を総なめにするなど存在感をアップさせ、その後も、セイン・カミュやゾマホン、フィフィら新たなタレントを数多く発掘した。

 心より哀悼の意を表します。

andyhouse777 at 23:31|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----訃報

【News=速報】 松下洸平が東宝ミュージカルで初主演決定、ミュージカル「ケイン&アベル」世界初演、2025年1〜3月に東京・大阪で(2024)

 英国の小説家ジェフリー・アーチャーのベストセラー「ケインとアベル」を原作にしたミュージカル「ケイン&アベル」が松下洸平の主演で2025年1月から3月にかけて東京・渋谷のシアターオーブと、大阪市の新歌舞伎座で世界初演されることが分かった。松下は東宝ミュージカルへの出演経験はあり、こまつ座の「母と暮せば」など主演の舞台も多く踏んでいるが、東宝ミュージカルでの主演は初めて。宿命のライバル役を演じる松下優也と共に、日本のミュージカルファンにはなじみ深い音楽のフランク・ワイルドホーンを中心として演出・脚本のダニエル・ゴールドスタイン(「ザ・ミュージック・マン」)や編曲のジェイソン・ハウランド、歌詞のネイサン・タイセン、振付のジェニファー・ウェーバーら世界的才能に磨き上げられながら、名作小説の歴史的世界初演に挑むことになる。

★ミュージカル「ケイン&アベル」で主演する松下洸平
松下洸平

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ケイン&アベル」に出演する松下優也
松下優也

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

★ミュージカル「ケイン&アベル」
S_KANEandABEL_teaser_20240610_ol

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません

 政治活動を経て文学界に進出した英国の小説家、ジェフリー・アーチャーの小説「ケインとアベル」は1979年に発表され、テレビドラマも制作された。
 同じ日にポーランドと米国・ボストンで生まれた2人の男性の人生を、20世紀の現代史を背景にしながら双方の視点で交互に描き、やがて運命が交錯していくストーリー。
 ボストンで銀行員の息子として生まれたウィリアム・ケイン(松下洸平)はやがて米国有数の銀行の頭取に。弾圧に追われ移民となって米国に渡ったヴワデグ(のちのアベル、松下優也)はホテルチェーン経営者のもとで頭角を現し、ある出来事によって、2人の人生は衝突する。

 松下洸平と松下優也は初共演で、ほかに、フロレンティナ役に咲妃みゆ、ザフィア役に知念里奈、ケイト・ブルックス役に愛加あゆ、ジョージ・ノヴァク役に上川一哉、マシュー・レスター役に植原卓也、アラン・ロイド役に益岡徹と実力派俳優が多く共演する。
 2人の運命を結び付けるデイヴィス・リロイ役を山口祐一郎が演じることも話題となりそうだ。

 松下洸平は東宝を通じてコメントを寄せ、「原作を大切にしながらも、作品づくりの醍醐味でもある、僕らなりの僕らにしかできない『ケイン&アベル』を目指したいと思っています」と意欲を見せている。
 また東宝ミュージカル初主演については、「6年ぶりのミュージカル出演でこのような大役をいただき、嬉しい気持ちと不安が入り混じっています。登場人物それぞれに大切な物語があるので、独りよがりにならず、楽しみながら素晴らしいキャストの皆さんと一緒に作って行けたらと思っています」と話した。

 松下優也は「一緒に芝居を作り上げていけることが今からとても楽しみです」と松下洸平との共演が待ち遠しそうだ。

★ミュージカル「ケイン&アベル」で音楽を担当するフランク・ワイルドホーン
フランク・ワイルドホーン

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません


andyhouse777 at 04:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2024年06月08日

【舞台/MUSICAL】 この世界の片隅に(昆夏美・海宝直人・桜井玲香・小野塚勇人出演回)(2024)

 誰かと出会うということは奇蹟に違いないのだが、その過程でどちらかがどちらかを「見つけている」。それこそが奇蹟なのだ。こうの史代の漫画「この世界の片隅に」に流れるこの奇蹟への賛歌は、ミュージカル化されたことでより高らかに謳い上げられ、私たちの胸を打つ。戦争という無限の地獄にも思える世界の中でも人は生を生き、それぞれの輝きをきらめかせる。この広い広い世界の中でだれかが私を見つけてくれる。そしてそこがわたしの居場所になる、そのひそやかで、謎めいていて、そしてどこまでも深遠で確かな奇蹟。クリエイターたちの誠実な創作への取り組みと、キャストたちのどこまでも丁寧な表現によって、こうのの世界は、そして奇蹟の尊さは守られた。大原櫻子と昆夏美による主人公すずへの取り組みは素晴らしく、2人ともそれぞれのキャラクターを活かしながらすずの強さと弱さを繊細に表現。昆は持ち前の人懐っこさと芯の強さで、すずの柔らかなたくましさを丁寧に表現。このミュージカル「この世界の片隅で」でミュージカル作家として日本での活動を再始動させたアンジェラ・アキの音楽もまたすずの切なさの混じったたおやかさをよく表現していた。

 ミュージカル「この世界の片隅に」は2024年6月6〜9日に札幌市の札幌文化劇場hitaruで、6月15〜16日に岩手県盛岡市の岩手県民会館で、6月22〜23日に新潟市の新潟県民会館大ホールで、6月28へ30日に名古屋市の御園座で、7月6〜7日に長野県松本市のまつもと市民芸術館で、7月13〜14日に茨城県水戸市の水戸市民会館グロービズホールで、7月18〜21日に大阪市のSkyシアターMBSで、7月27〜28日に広島県呉市の呉信用金庫ホールで上演される。これらに先立って2024年5月9日〜30日に東京・日比谷の日生劇場で上演された東京公演はすべて終了しています。

★舞台写真はブログにのみ掲載します。

★無料のブログでの劇評は序文のみ掲載し、それ以降の続きを含めた劇評の全体像は通常はクリエイターのための作品発表型SNS「阪 清和note」で有料(300円)公開しています。なお劇評の続きには作品の魅力や前提となる設定の説明。昆夏美さん、海宝直人さん、桜井玲香さん、小野塚勇人さん、小向なるさん、音月桂さん俳優陣の演技あるいは身体表現についての批評、上田一豪さんの演出・舞台表現およびアンジェラ・アキさんの音楽に対する評価などが掲載されています。場合によっては、特定のスタッフワークについて言及することもあります。
https://note.com/sevenhearts/n/nb3023917c117


【注】劇評など一部のコンテンツの全体像を無条件に無料でお読みいただけるサービスは原則として2018年4月7日をもって終了いたしました。「有料化お知らせ記事」をお読みいただき、ご理解を賜れば幸いです。
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66278893.html


 なお、ミュージカル「この世界の片隅に」はプリンシパルキャストのうち4つの役がWキャストであるため、さまざまな組み合わせが組まれていますが、劇評を掲載するのは【ミュージカル=この世界の片隅に(大原櫻子・村井良大・平野綾・小林唯出演回)(2024)】と【ミュージカル=この世界の片隅に(昆夏美・海宝直人・桜井玲香・小野塚勇人出演回)(2024)】の2通りのみとさせていただきます。すべての組み合わせをご紹介したいところですが、人気公演ゆえ、取材機会に限りがございます。また別の機会にご紹介させていただければ幸いです。ご容赦ください。

★ミュージカル「この世界の片隅に」の一場面。海宝直人(左)と昆夏美=(c)こうの史代/コアミックス・東宝 製作:東宝
ミュージカル『この世界の片隅に』(クレジット⇒「cこうの史代/コアミックス・東宝 製作:東宝」)KTA_0662

【写真転載・無断使用厳禁】=画像データはダウンロードできません。クレジットの冒頭は丸の中にアルファベット小文字のcが正しい表記ですが、機種依存記号のため正しく表示されませんので、「(c)」とさせていただきます。ご了承ください

 もう一つの組み合わせ【ミュージカル=この世界の片隅に(大原櫻子・村井良大・平野綾・小林唯出演回)(2024)】の劇評へは下記のリンクから飛んでください。一部に内容が重複している部分があることをあらかじめご承知おきください。
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66374449.html

https://note.com/sevenhearts/n/nb74da0dca4c5


★ミュージカル「この世界の片隅に」公式サイト
https://www.tohostage.com/konosekai/


出演は以下の通り。

【プリンシパル】(Wキャスト)
浦野すず:昆夏美/大原櫻子(Wキャスト)
北條周作:海宝直人/村井良大(Wキャスト)
白木リン:平野綾/桜井玲香(Wキャスト)
水原哲:小野塚勇人/小林唯(Wキャスト)
浦野すみ:小向なる
黒村径子:音月桂

【アンサンブル】
白木美貴子 川口竜也 加藤潤一 飯野めぐみ 家塚敦子 伽藍琳 小林遼介 鈴木結加里 高瀬雄史 丹宗立峰 山昇 般若愛実 東倫太朗 舩山智香子 古川隼大 麦嶋真帆 桑原広佳 澤田杏菜 嶋瀬晴 大村つばき 鞆琉那 増田梨沙

スタッフは次の通り。

🔶原作=こうの史代『この世界の片隅に』(ゼノンコミックス/コアミックス)
🔶音楽=アンジェラ・アキコメント

🔶脚本・演出=上田一豪

🔶編曲・音楽監督=河内肇 🔶音楽監督・キーボードコンダクター=桑原まこ 🔶振付=原田薫・スズキ拓朗 🔶歌唱指導=Chibi 🔶美術=二村周作 🔶照明=小川修 🔶音響=高橋秀雄 🔶映像=上田大樹 🔶衣裳=中原幸子 🔶ヘアメイク=宮内宏明 🔶キーボードコンダクター=長濱司 🔶稽古ピアノ=國井雅美・中條純子 🔶オーケストラ=東宝ミュージック・新音楽協会

🔶舞台監督=菅田幸夫・佐藤豪 🔶演出助手=石川和音 🔶振付助手=小林らら 🔶歌唱指導助手=黒崎ジュンコ 🔶方言指導=新谷真弓

🔶制作=室橋鮎 🔶制作手=高橋優里子・大川未希子 🔶企画協力=遠藤学
🔶プロデューサー=鈴木隆介・佐々木将之

🔶宣伝フォトグラファー=坂田貴広 🔶宣伝アートディレクション=菅沼結美 🔶宣伝映像クリエイター=銭龍

🔶製作=東宝

(c)こうの史代/コアミックス・東宝
(クレジットの冒頭は丸の中にアルファベット小文字のcが正しい表記ですが、機種依存記号のため正しく表示されませんので、「(c)」とさせていただきます。ご了承ください)

 上演時間は、約3時間5分(休憩25分含む)。

ミュージカル「この世界の片隅に」は2024年6月6〜9日に札幌市の札幌文化劇場hitaruで、6月15〜16日に岩手県盛岡市の岩手県民会館で、6月22〜23日に新潟市の新潟県民会館大ホールで、6月28へ30日に名古屋市の御園座で、7月6〜7日に長野県松本市のまつもと市民芸術館で、7月13〜14日に茨城県水戸市の水戸市民会館グロービズホールで、7月18〜21日に大阪市のSkyシアターMBSで、7月27〜28日に広島県呉市の呉信用金庫ホールで上演される。これらに先立って2024年5月9日〜30日に東京・日比谷の日生劇場で上演された東京公演はすべて終了しています。

★チケット情報(北海道札幌公演・岩手盛岡公演・新潟公演・愛知名古屋公演・長野松本公演・茨城水戸公演・大阪公演・広島呉公演)=なお当ブログはチケット転売サイトやチケットオークションでの入手には絶対反対の立場をとっています。どうか適正な方法でご購入下さい
https://www.tohostage.com/konosekai/#ticket


★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、主にTwitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse

★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog



★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620


★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。もちろんこのミュージカル「この世界の片隅に」の劇評も収録されています。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて(例外あり)読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d


★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a


★映画評だけを集めたマガジンは現在鋭意構築中です。販売開始を今しばらくお待ちください。


andyhouse777 at 21:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----ミュージカル

【News=速報】 襲撃されたフレデリクセン首相は頸椎ねんざ訴え複数のイベントをキャンセル、逮捕された男は39歳、まもなく出廷へ(2024)

 首都コペンハーゲンの広場でデンマーク時間2024年6月7日に男に襲撃されたデンマークのメッテ・フレデリクセン(Mette Frederiksen)首相はデンマーク時間8日、襲撃後から「軽い頸椎(けいつい)捻挫」に悩まされていることを明らかにし、9日に投票を控えている欧州連合(EU)選挙関連の複数のイベントをキャンセルしたことが分かった。ブルームバーグが報じた。首相府は依然として首相の詳しい容体を明かしていないが、「良好だが、事件を受けて動揺している」とだけ発表している。また、ニューズウィーク誌の電子版によると、目撃者は地元メディアに「フレデリクセン首相に目立ったケガはなかった」と証言しているという。「首相は現場から歩いて立ち去った」とする別の目撃者の話を報じているメディアもある。

 逮捕された男は39歳であることも判明した。男は8日に出廷する。

★メッテ・フレデリクセン首相=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/2154659040' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★BloombergNews
https://www.bloomberg.com/news/articles/2024-06-08/danish-prime-minister-cancels-eu-election-events-after-attack?srnd=homepage-asia


 フレデリクセン首相は2015年から中道左派「社会民主党」の党首で、2019年の総選挙でデンマーク史上最年少の首相となった。
 社会民主党はデンマーク連立与党の第一党で、世論調査の支持率では先頭に立っているが、ここ数カ月の間に支持率はかなり低下している。
 デンマークでは9日に欧州連合(EU)関係の選挙の投票を控えているが、暴行事件との関係も不明。地元テレビによると、フレデリクセン首相はこの事件に先駆け、同党の主要候補クリステル・シャルデモーゼ氏と共に選挙イベントに参加していた。


andyhouse777 at 19:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 デンマークのフレデリクセン首相が首都の広場で襲撃される、男を逮捕も動機は不明(2024)

 デンマークのメッテ・フレデリクセン(Mette Frederiksen)首相がデンマーク時間2024年6月7日、首都コペンハーゲンのクルトルヴェト広場で何者かに襲撃されたことが分かった。犯人は男で、地元紙によると、長身・痩せ型で、急いで襲撃現場を立ち去ろうとしたが、警察官とみられるスーツ姿の男性らにつかまれ、地面に押し倒されたという。その後身柄を拘束され、逮捕されたとしている。警察は男の動機に関する供述を明らかにしていない。デンマークメディアやCNN、AFP、BBCなど欧米の主要メディアが伝えた。デンマーク首相府もCNNへからの取材に暴行があった事実を認めた。フレデリクセン首相がけがをしているのかは不明だが、少なくとも命にかかわる状態ではないもよう。

★メッテ・フレデリクセン首相=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/2154659040' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★CNNNews
https://www.cnn.co.jp/world/35219857.html

★AFPBBNews
https://www.afpbb.com/articles/-/3523342?cx_part=latest

★BBCNews
https://www.bbc.com/japanese/articles/c72293dxyldo


 暴行について、歩いていたフレデリクセン首相を男が突き飛ばしたとする目撃情報が報じられているほか、男がフレデリクセン首相を殴ったとする情報もあり、錯綜している。首相府は「殴られた」としている。
 地元紙によると、フレデリクセン首相は7日午後6時前に広場に到着。現場にいた目撃者は「反対側からやって来た男に肩を強く突かれ、よろめいた」と証言しているという。フレデリクセン首相は地面に倒れることはなく、その後、付近のカフェで席に着いたと伝えている。

 フレデリクセン首相は2015年から中道左派「社会民主党」の党首で、2019年の総選挙でデンマーク史上最年少の首相となった。
 社会民主党はデンマーク連立与党の第一党で、世論調査の支持率では先頭に立っているが、ここ数カ月の間に支持率はかなり低下している。
 デンマークでは9日に欧州連合(EU)関係の選挙の投票を控えているが、暴行事件との関係も不明。地元テレビによると、フレデリクセン首相はこの事件に先駆け、同党の主要候補クリステル・シャルデモーゼ氏と共に選挙イベントに参加していた。

 襲撃は欧州各国に動揺と怒りを広げている。
 今回の事件を受け、欧州連合(EU)のシャルル・ミシェル(Charles Michel)欧州理事会(European Council)常任議長(EU大統領)は、「とんでもないことだ」と地震のSNSに書き、「この卑怯な暴力行為を強く非難する」と強調した。
 ウルズラ・フォンデアライエン(Ursula von der Leyen)欧州委員長は「欧州で私たちが信じること、守ってそのために戦うあらゆることと、まったく食い違う、おぞましい行為」だとSNSで直ちに非難声明を出した。
 また、近隣国ラトビアのシリニャ首相は「深いショックを受けている。私の仲間で友人でもあるデンマークのフレデリクセン首相が卑劣な襲撃に遭った」と事件発生の事実を伝えたうえで、早期回復を願った。


andyhouse777 at 13:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2024年06月07日

【News=速報】 横浜中華街で火災、複数の家屋に延焼、57台の消防車両で消火中、けが人・逃げ遅れの情報なし、黒煙流れた横浜スタジアムにでは試合続行中(2024)

 2024年6月7日午後5時20分ごろ、神奈川県横浜市山下町にある横浜中華街で火事がや黒煙があるとの通報が相次ぎ、午後7時現在、複数の家屋に延焼しているが、民家か店舗かは不明。横浜市消防本部から57台の消防車が出動して消火作業を行っている。けが人や逃げ遅れた人がいるとの情報は入っていないが、引き続き調べている。近くの横浜スタジアムにも煙が流れているが、プロ野球交流戦「DeNA−ソフトバンク」戦は続けられている。
 現場は横浜中華街の中心部に近く、中華料理店などが立ち並んでいる。近くには観光名所として知られる関帝廟もある。

★讀賣新聞News
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240607-OYT1T50136/



andyhouse777 at 19:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 松岡茉優と有岡大貴が結婚(2024)

 女優の松岡茉優(29歳)とアイドルグループ、Hey!Say!JUMPの有岡大貴(33歳)が結婚することが分かった。有岡が所属事務所の公式サイトで発表したと国内の主要メディアが2024年6月7日夕方、一斉に報じた。入籍日は今後も含めて公開しないとしている。

andyhouse777 at 19:01|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=速報】 横浜中華街で火災、延焼中か(2024)

 2024年6月7日午後5時半前ごろ、神奈川県横浜市山下町にある横浜中華街で火事があり、現在延焼中。けが人や逃げ遅れた人がいるかどうかは分かっていない。現場は横浜中華街の中心部に近く、中華料理店などが立ち並んでいる。近くには観光名所として知られる関帝廟もある。横浜スタジアムにも煙が流れているとの情報もある。

★NHKNews
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240607/k10014474041000.html



andyhouse777 at 18:41|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【News=訃報】 門倉有希が死去、ハスキーボイスで魅了の「ノラ」大ヒット、50歳の無念(2024)

 「ノラ」などのヒット曲で知られる歌手の門倉有希(かどくら・ゆき)が2024年6月6日、乳がんのため死去したことが分かった。50歳とい若さだった。福島県出身。所属事務所の公式サイトで発表されたと国内の主要芸能メディアが7日報じた。

★産経新聞News
https://www.sankei.com/article/20240607-CRRXPUSLTJPKRH3VV2GTUOE2BE/


 門倉は福島県須賀川市出身。1994年に「鴎…カモメ」でデビューし、1996年に第6回NHK新人歌謡コンテストでグランプリ受賞したことを受けてその年の第47回NHK紅白歌合戦に出場した。
 女の情念を感じさせる歌唱法で注目され、徐々に正統演歌からポップス寄りに移行。1998年の「ノラ」が100万枚に限りなく近づくヒットとなって、ついにブレークした。
 ハスキーな声質とセクシーな表情で、芝居を演じているようなパフォーマンスは唯一無二の世界観を創り出すことにつながり、「ノラ」は26年経った今でもカラオケチャートの上位曲として親しまれている。

 報道を総合すると、乳がんは2019年2月に貧血で倒れた際の検査で判明した。2018年夏ごろ、胸部に異変を感じたが、塗り薬などでやり過ごし、医療機関での診察は受けていなかったという。
 2019年以降は入院して放射線治療を受け、コンサートなど音楽活動も継続しながら週1回の通院による抗がん剤治療に切り替えるなど、回復の兆しを見せていたという。
 一昨年の2022年12月からは体調を崩し、活動を休止して、今年迎えるはずだったデビュー30周年に備えていた。

 心より哀悼の意を表します。


andyhouse777 at 17:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----訃報

2024年06月06日

【News=訃報】 吉田ルイ子が死去、NYハーレムの黒人社会活写した写真集で脚光(2024)

 写真集「ハーレムの熱い日々」などで知られるジャーナリストで写真家の吉田ルイ子(よしだ・るいこ、本名類子=るいこ)が2024年5月31日に胆管がんのため老衰のため東京市内の介護施設で死去していたことが6月7日になって分かった。89歳だった。北海道出身。葬儀は近親者で済ませた。

★時事通信News
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024060600933&g=soc


 1934年に北海道室蘭市で生まれ。慶応大を卒業後、朝日放送にアナウンサーとして入社。1960年代にフルブライト交換留学生として渡米した。
 ニューヨークでの滞在時にハーレムでの人々との交流と、黒人社会に深く分け入った筆致で綴った文章と独特な感性の写真で埋め尽くした「ハーレムの熱い日々」(1972年)で時の人となった。
 米国社会の差別意識の告発というだけに終わらず、黒人たちが自らのアイデンティティーに目覚め、誇り高く社会に進出していく過程を愛情にあふれた視線で写し取る手法が海外でも高く評価された。

 日本国内では「九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」などの活動でも知られた。
 著書に「南ア・アパルトヘイト共和国」「華齢(かれい)な女たち」「わたしはネコロジスト」などがある。

 心より哀悼の意を表します。


andyhouse777 at 19:43|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----訃報

【News=地震速報】 千葉で震度3、県東方沖でM4.7、津波の心配なし(2024)

 2024年6月6日午前9時3分ごろ、関東地方南部でかすかな揺れがあり、千葉県の旭市、匝瑳市、香取市で震度3を、千葉、茨城の各県の広い範囲で震度2の地震を観測した。さらに栃木、埼玉、東京、神奈川、福島の各都県の一部で震度1を観測した。震源は千葉県東方沖(北緯35.6度・東経140.7度)で深さは約50km。地震の規模を示すマグニチュードは4.7(速報値)と推定される。この地震による津波の心配はないという。

 発生当時、神奈川県横浜市で取材中だった私は緩やかな揺れを感じ、テレビをオンにしたが速報はなし。3分も経ってからテロップが出た。横浜は中区での震度1しか観測されておらず、中区外の横浜市内で有感地震だと感じた私の感覚は過敏すぎたということになる。



andyhouse777 at 10:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----地震速報

2024年06月05日

【反響速報】 livedoorブログランキング映画部門(サイト数1万強)で3日連続2位、1年8カ月ぶり3日連続ベスト2圏内(2024)

 国内のブログサービスでも運営者数がトップグループ(執筆者16万人、ブログ数669万サイト、閲覧者7000万人、うち愛読者2400万人=現在公式発表が途絶えていますので、すべて発表数字からの推計)のlivedoorブログ上で配信している当ブログ「SEVEN HEARTS」が本日2024年6月5日、livedoorブログランキングの映画部門(ブログ数10686)で2位となりました。また映画部門を含む芸能総合部門映画部門(ブログ数46224)では10位となりました。映画部門で2位となったのは3日連続で、ベスト2位圏内が3日続いたのは2022年10月21日以来1年8カ月ぶりです。ただしこの時は1位、1位、2位なので、少しレベルは違います。過去には1位を52回、2位を71回、3位を53回達成しています。今回の3日連続2位で2位は73回目となります。6月1日投稿した「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」の各部門の優秀賞を発表した記事の勢いが続いているようです。
 ご愛読いただいた皆さま、本当にありがとうございます。これからも書き手、聴き手、伝え手、話し手、表現者、クリエイターとしてさらに精進し、鑑賞眼や批評眼を鍛えてまいります。
 読者の皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

★映画部門アクセスランキング2位/10686ブログ中(2024.06.05)
映画2位20240605

★芸能総合部門アクセスランキング10位/46224ブログ中(2024.06.05)
芸能総合10位20240605



 ここ数週間は劇評へのアクセスも好調です。いくつかの例を挙げます。ぜひご一読ください。

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「この世界の片隅に」劇評=2024.05.24投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66374449.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「この世界の片隅に」劇評=2024.05.24投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nb74da0dca4c5


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ゴースト&レディ」劇評=2024.05.15投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66374538.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ゴースト&レディ」劇評=2024.05.15投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nf9fb9b7d8313


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「夢の泪」劇評=2024.05.02投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66373879.html

★「阪 清和 note」舞台「夢の泪」劇評=2024.05.02投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n4a5bf82ff6fe


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「Endless SHOCK(佐藤勝利・中村麗乃・前田美波里出演回)(2024)」=2024.04.29投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66373799.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「Endless SHOCK(佐藤勝利・中村麗乃・前田美波里出演回)(2024)=2024.04.29投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n3bcc9447b63c


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「ハザカイキ」劇評=2024.04.20投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66373560.html

★「阪 清和 note」舞台「ハザカイキ」劇評=2024.04.20投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n189f1513e5e0


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「千と千尋の神隠しspirited_away(福地桃子・増子敦貴・山野光・妃海風・田口トモロヲ・春風ひとみ・堀部圭亮・吉村直・おばたのお兄さん・奥山ばらば・坂口杏奈出演回)(2024)」劇評=2024.04.10投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66373271.html

★「阪 清和 note」舞台「千と千尋の神隠しspirited_away(福地桃子・増子敦貴・山野光・妃海風・田口トモロヲ・春風ひとみ・堀部圭亮・吉村直・おばたのお兄さん・奥山ばらば・坂口杏奈出演回)(2024)」劇評=2024.04.10投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n7d188ef874cc



 阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」は、映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどに関するエンターテインメントコンテンツの批評やニュース、リポート、トピックなどで構成され、毎日数回更新しています。

 わたくし阪清和は、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アート・食文化・旅などに関する作品批評や取材リポート、稽古場便り、オリジナル独占インタビュー、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、一部のエンタメ関連賞の審査投票や票賞選出などにも関わっています。

 さらにインタビュアー、ライター、ジャーナリスト、編集者、アナウンサー、MC、コメンテイターとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、劇団機関紙、劇団会員情報誌、エンタメ系ニュースリリース、プレイガイド向け宣材、演劇祭公式パンフレット、広告宣伝記事、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、パンフレット編集・進行管理、アナウンス、企画支援、文章・広報コンサルティング、大手メディアの番組データベース構築、演劇などのアフタートークの司会進行などを手掛けています。現在、音楽の分野で海外の事業体とも連携の準備を進めています。一昨年夏からは一般企業のプレスリリースの執筆やユーザーインタビューも手掛け始め、AIやナノテクノロジー、ビックデータによるインバウンドコンサル、高級茶販売、製薬、大豆加工食品製造販売、焼酎製造、動物園運営、大学教育、広告代理業、編集プロダクション、地方自治体などの幅広い分野で活躍する方々に広報戦略に関するお話をうかがい、情報発信をさせていただいています。テレビなど放送メディアでのコメンタリーのお手伝いも手掛けております。
 今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

 なお、エンターテインメント関連で私がお役に立てることがありましたら、下記のアドレスまでなんなりとご用命ください。速やかにご相談の連絡をさせていただきます。エンタメ以外でもお気軽にお問い合わせください。なお、このアドレスは仕事依頼・仕事関連問い合わせ専用です。それ以外のメールにはお返事を差し上げられませんのでご了承ください。
sevenhearts@spa.nifty.com

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620


★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a


★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d


★映画評だけを集めたマガジンは現在鋭意構築中です。販売開始を今しばらくお待ちください。


andyhouse777 at 19:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★反響速報 

【News】 「ミス・サイゴン」2026〜2027年公演決定、キャストオーディションへの参加応募締め切りは6月6日午後11時59分(2024)

 1992年から日本でも上演され続けてきたミュージカル「ミス・サイゴン」が2026年に4年ぶりに日本で上演されることが決定。ツアーは翌2027年まで続く予定で、新たなステージに向けて次世代を担うキャストを見出すオーディションがまもなく実施される。オーディション参加のためのウェブ応募の締め切りは今月6月6日午後11時59分に迫っている。

『Miss Saigon』2026_情報解禁ビジュアル0522


★ミュージカル「ミス・サイゴン」2026〜2027年公演公式サイト
https://www.tohostage.com/miss_saigon/


 東宝によると、応募条件は「歌唱・ダンス・芝居に秀でた男女」。
 ただし、子役は別途「子役オーディション」を実施するため、今回の募集には含まない。「子役オーディション」の実施時期などの詳細は未定。
 また応募は「2026年8月〜翌27年1月頃までの稽古 および 公演(東京を含む全国巡演)に参加可能であること」が求められる。

 応募方法はWeb応募に限られ、下記の「オールキャストオーディションのお知らせ」をよく読んで要項に則って応募することとなっている。
★「オールキャストオーディションのお知らせ」
https://www.tohostage.com/miss_saigon/audition2026-27/


 なお、必要書類・写真・歌唱映像に過不足がある場合は、審査対象とならないという。

★応募フォーム
https://ssl.toho-marketing.com/stage/miss_saigon_audition/


 応募者には2024年6月7日以降に、登録のメールアドレス宛に「課題曲の歌唱審査」についての詳細を記したメールが送られる。課題曲の歌唱映像を提出するための詳細説明となっている。
 その後の審査の詳細や流れは「オールキャストオーディションのお知らせ」を参照のこと。


andyhouse777 at 00:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----ストレート

2024年06月04日

【活動報告】 原作漫画との高い親和性が活きた劇団四季の最新ミュージカル「ゴースト&レディ」について書きました、フェローズ「Creators Eye」連載第65回(2024)

 クリエイティブワークに特化した人材&仕事紹介サービス会社「フェローズ」が運営する総合情報サイト「クリエイターズステーション」の「Creators Eye」で私が受け持っている連載の第65回(2024年6月3日掲載)は、「うしおととら」で知られる藤田和日郎の人気漫画「黒博物館 ゴーストアンドレディ」を劇団四季がミュージカル化した「ゴースト&レディ」について書きました。ぜひ読者の皆様もその魅力に触れてください。
 わたくし阪清和は、エンタメの作品批評に関しては、現在、個人としては日本で最も多くの文章を発表していますが、このクリステの連載では劇評というよりコラム的なかたちで、クリエイターの方の気づきにつながるような、よりクリエイティブな感性に触れられる内容にしていきたいと考えています。普段は演劇や映画やドラマを中心とした話題をお伝えしていますが、今後は、音楽、漫画、アートなどほかのエンタメ作品にもどんどんフォーカスしていきたいと思います。ご期待ください。
今後も書き手、聴き手、取材者、伝え手、話し手、ナビゲーターとして精進いたします。よろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。
 劇団四季ミュージカル「ゴースト&レディ」は2024年5月6日〜11月11日に東京・浜松町(竹芝)のJR東日本四季劇場[秋]で上演されます。

★「クリエイターズステーション」阪清和レポート「Creators Eye」第65回「博愛と打ち倒すべき社会の壁、原作漫画との親和性際立つ劇団四季の最新ミュージカル「ゴースト&レディ」」=2024.06.03掲載
https://www.creators-station.jp/report/224497


★ミュージカル「ゴースト&レディ」公式サイト
https://www.shiki.jp/applause/ghostandlady/


 ミュージカル「ゴースト&レディ」(2024)については、劇評をエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」に掲載済みです。いずれも序文は無料、全文は有料(100円)で公開しています。ぜひご一読ください。

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ゴースト&レディ」劇評=2024.05.15投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66374538.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ゴースト&レディ」劇評=2024.05.15投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nf9fb9b7d8313



★エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」の更新(投稿)は、Twitterでお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse

★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog


 クリエイターズステーションは、プロフェッショナルクリエイターの方々を応援するフェローズ運営のサポートサイトで、映像・Web・モバイル・DTP・ゲーム・アニメ・空間などクリエイティブ界全般にわたるニュース、情報、リポートを発信しています。
 わたくしも時々、クリエイターの方々へのインタビューや執筆などのお手伝いをしてまいりましたが、定期的なリポーターとしても参加させていただいております。

★「クリエイターズステーション」は高感度サイト。創造のヒントが満載されています
http://www.creators-station.jp/


 阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」は、映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどに関するエンターテインメントコンテンツの批評やニュース、リポート、トピックなどで構成され、毎日数回更新しています。

 わたくし阪清和は、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アート・食文化・旅などに関する作品批評や取材リポート、稽古場便り、オリジナル独占インタビュー、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、一部のエンタメ関連賞の審査投票や票賞選出などにも関わっています。

 さらにインタビュアー、ライター、ジャーナリスト、編集者、アナウンサー、MC、コメンテイターとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、劇団機関紙、劇団会員情報誌、エンタメ系ニュースリリース、プレイガイド向け宣材、演劇祭公式パンフレット、広告宣伝記事、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、パンフレット編集・進行管理、アナウンス、企画支援、文章・広報コンサルティング、大手メディアの番組データベース構築、演劇などのアフタートークの司会進行などを手掛けています。現在、音楽の分野で海外の事業体とも連携の準備を進めています。一昨年夏からは一般企業のプレスリリースの執筆やユーザーインタビューも手掛け始め、AIやナノテクノロジー、ビックデータによるインバウンドコンサル、高級茶販売、製薬、大豆加工食品製造販売、焼酎製造、動物園運営、大学教育、広告代理業、編集プロダクション、地方自治体などの幅広い分野で活躍する方々に広報戦略に関するお話をうかがい、情報発信をさせていただいています。テレビなど放送メディアでのコメンタリーのお手伝いも手掛けております。
 今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

 なお、エンターテインメント関連で私がお役に立てることがありましたら、下記のアドレスまでなんなりとご用命ください。速やかにご相談の連絡をさせていただきます。エンタメ以外でもお気軽にお問い合わせください。なお、このアドレスは仕事依頼・仕事関連問い合わせ専用です。それ以外のメールにはお返事を差し上げられませんのでご了承ください。
sevenhearts@spa.nifty.com

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620


★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a


★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d


★映画評だけを集めたマガジンは現在鋭意構築中です。販売開始を今しばらくお待ちください。


andyhouse777 at 19:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★活動報告 

2024年06月03日

【反響速報】 livedoorブログランキング映画部門(1万サイト)で6カ月半ぶり71回目の2位、「SEVEN HEARTS演劇大賞2023」の優秀賞発表で注目度アップ(2024)

 国内のブログサービスでも運営者数がトップグループ(執筆者16万人、ブログ数669万サイト、閲覧者7000万人、うち愛読者2400万人=現在公式発表が途絶えていますので、すべて発表数字からの推計)のlivedoorブログ上で配信している当ブログ「SEVEN HEARTS」が本日2024年6月3日、livedoorブログランキングの映画部門(ブログ数10686)で2位となりました。また映画部門を含む芸能総合部門映画部門(ブログ数46225)では15位となりました。映画部門でベスト3圏内に入ったのは今年2024年2月10日以来3カ月と24日ぶり、2位になったのは昨年2023年11月18日以来6カ月半ぶりです。過去には1位を52回、2位を70回、3位を53回達成しています。今回の2位は71回目となります。一昨日の夜に「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」の各部門の優秀賞を発表した記事が注目を集めたためと思われます。
 ご愛読いただいた皆さま、本当にありがとうございます。これからも書き手、聴き手、伝え手、話し手、表現者、クリエイターとしてさらに精進し、鑑賞眼や批評眼を鍛えてまいります。
 読者の皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

★映画部門アクセスランキング2位/10686ブログ中(2024.06.03)
映画2位20240603

★芸能総合部門アクセスランキング15位/46225ブログ中(2024.06.03)
芸能総合15位20240603


 ここ数週間は劇評へのアクセスも好調です。いくつかの例を挙げます。ぜひご一読ください。

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「この世界の片隅に」劇評=2024.05.24投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66374449.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「この世界の片隅に」劇評=2024.05.24投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nb74da0dca4c5


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「ゴースト&レディ」劇評=2024.05.15投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66374538.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「ゴースト&レディ」劇評=2024.05.15投稿
https://note.com/sevenhearts/n/nf9fb9b7d8313


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「夢の泪」劇評=2024.05.02投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66373879.html

★「阪 清和 note」舞台「夢の泪」劇評=2024.05.02投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n4a5bf82ff6fe


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」ミュージカル「Endless SHOCK(佐藤勝利・中村麗乃・前田美波里出演回)(2024)」=2024.04.29投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66373799.html

★「阪 清和 note」ミュージカル「Endless SHOCK(佐藤勝利・中村麗乃・前田美波里出演回)(2024)=2024.04.29投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n3bcc9447b63c


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「ハザカイキ」劇評=2024.04.20投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66373560.html

★「阪 清和 note」舞台「ハザカイキ」劇評=2024.04.20投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n189f1513e5e0


★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」舞台「千と千尋の神隠しspirited_away(福地桃子・増子敦貴・山野光・妃海風・田口トモロヲ・春風ひとみ・堀部圭亮・吉村直・おばたのお兄さん・奥山ばらば・坂口杏奈出演回)(2024)」劇評=2024.04.10投稿
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66373271.html

★「阪 清和 note」舞台「千と千尋の神隠しspirited_away(福地桃子・増子敦貴・山野光・妃海風・田口トモロヲ・春風ひとみ・堀部圭亮・吉村直・おばたのお兄さん・奥山ばらば・坂口杏奈出演回)(2024)」劇評=2024.04.10投稿
https://note.com/sevenhearts/n/n7d188ef874cc



 阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」は、映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ウェブカルチャーなどに関するエンターテインメントコンテンツの批評やニュース、リポート、トピックなどで構成され、毎日数回更新しています。

 わたくし阪清和は、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アート・食文化・旅などに関する作品批評や取材リポート、稽古場便り、オリジナル独占インタビュー、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、一部のエンタメ関連賞の審査投票や票賞選出などにも関わっています。

 さらにインタビュアー、ライター、ジャーナリスト、編集者、アナウンサー、MC、コメンテイターとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、劇団機関紙、劇団会員情報誌、エンタメ系ニュースリリース、プレイガイド向け宣材、演劇祭公式パンフレット、広告宣伝記事、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、パンフレット編集・進行管理、アナウンス、企画支援、文章・広報コンサルティング、大手メディアの番組データベース構築、演劇などのアフタートークの司会進行などを手掛けています。現在、音楽の分野で海外の事業体とも連携の準備を進めています。一昨年夏からは一般企業のプレスリリースの執筆やユーザーインタビューも手掛け始め、AIやナノテクノロジー、ビックデータによるインバウンドコンサル、高級茶販売、製薬、大豆加工食品製造販売、焼酎製造、動物園運営、大学教育、広告代理業、編集プロダクション、地方自治体などの幅広い分野で活躍する方々に広報戦略に関するお話をうかがい、情報発信をさせていただいています。テレビなど放送メディアでのコメンタリーのお手伝いも手掛けております。
 今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

 なお、エンターテインメント関連で私がお役に立てることがありましたら、下記のアドレスまでなんなりとご用命ください。速やかにご相談の連絡をさせていただきます。エンタメ以外でもお気軽にお問い合わせください。なお、このアドレスは仕事依頼・仕事関連問い合わせ専用です。それ以外のメールにはお返事を差し上げられませんのでご了承ください。
sevenhearts@spa.nifty.com

★阪清和のエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/


★「阪 清和 note」専用ページ
https://note.com/sevenhearts


★阪清和公式サイト「KIYOKAZU SAKA OFFICIAL」
https://sakaoffice.themedia.jp/


★お仕事依頼お待ちしております
https://note.com/sevenhearts/n/ne0dd64c99620


★<エンタメ批評家★阪 清和>ストレートプレイ劇評セレクション=阪清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。これまでに収容されたストレートプレイ演劇の劇評はすべて(一部除く)読めますし、マガジン購入後に新たなストレートプレイ演劇の劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのストレートプレイの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m667e4d9f1c2a


★<エンタメ批評家★阪 清和>ミュージカル劇評数珠つなぎ=阪清和が発表したミュージカルに関する劇評をまとめました。これまでに収容されたミュージカルの劇評はすべて読めますし、マガジン購入後に新たなミュージカルの劇評がマガジンに追加された場合、追加料金なしで追加分を閲覧できます。お得です。今なら777円。なお旧ジャニーズのミュージカルの劇評はたくさんの方が見に来てくださることに配慮してより安価な料金に設定していますので、300円の劇評を集めたこのマガジンには収容いたしません。ご了承ください。
https://note.com/sevenhearts/m/m588e361ff97d


★映画評だけを集めたマガジンは現在鋭意構築中です。販売開始を今しばらくお待ちください。


andyhouse777 at 23:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★反響速報 

【News=地震速報】 輪島・珠洲で震度5強、北陸で断続的地震、多少の潮位変化の可能性あるも津波被害の心配なし(2024)

 2024年6月3日午前6時31分ごろ、北陸地方で強い揺れがあり、能登地方の石川県輪島市と珠洲市で震度5強の、能登町で震度5弱の地震が観測された。石川県七尾市と穴水町、新潟県上越市、長岡市、柏崎市、十日町市、刈羽村で震度4の地震が観測されている。さらに北陸から東北、関東、関西地方に至る広い地域で震度3〜1の地震が観測されている。震源は石川県能登地方(北緯37.5度・東経137.3度)で深さは約10km。地震の規模を示すマグニチュードは5.9(速報値)と推定される。この地震が多少の潮位変化はあるかもしれないが、津波の被害の心配はない。また、午前6時40分ごろ、北陸石川県地方でやや強い揺れがあり、珠洲市、震度4の輪島市、能登町で震度3地震が観測された。震源は能登半島沖(北緯37.5度・東経137.3度)で深さは約10km。地震の規模を示すマグニチュードは4.8(速報値)と推定される。いずれの地震でも午前7時までに警察や地元自治体などには地震の被害は入っていないという。6時31分の地震では長周期地震が起き、高層ピルやタワーで大きな揺れが観測された可能性があるという。





andyhouse777 at 07:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年06月01日

【News=発表】SEVEN HEARTS演劇大賞2023の優秀賞が決定、近日中に各部門の最優秀賞を発表へ(2024)

 2018年(2017年の作品・人が対象)に創設された「SEVEN HEARTS大賞」のうち、2023年に日本の劇場で上演された全演劇作品を対象とした「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」各部門の優秀賞が決まりました。優秀賞の受賞は同時に最優秀賞のノミネートとなります。各部門の最優秀賞は近日中に発表いたします。今しばらくお待ちください。
 なお、小劇場部門は昨年に続いて選出を見送りました。申し訳ございません。
 コロナ禍は終わりましたが、演劇界にはまだまだその余波が続いており、劇団や態勢を完全には立て直せない組織もございます。この「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」でも多くの部門で「該当作なし」が出てしまいました。皆さん同様、私たち取材者、執筆者にとってもまだまだ大変な時期でした。私どもの努力不足の面も大きかったと思います。今年の反省を来年以降の選出に活かしていきたいと思います。

 「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」はプロフェッショナルの批評家であるとは言え、わたくし阪清和という個人が選ぶ賞です。最優秀賞、優秀賞ともいっさい、賞金、トロフィーはございません。
 とは言え、1990年代以降、年間100〜200本(コロナ期間中は大幅減少)の舞台を見続けてきましたし、その期間を含む約30年間はエンターテインメント専門記者・インタビュアー・批評家として取材を続けてきました。現在では、個人としては日本国内で年間に最も多くの劇評(60本以上、コロナ禍前は100本前後でした)を発表する書き手・批評家として活動しています。独断や偏見・趣味を加味せず、あらゆる忖度を排した公平公正な目で判断させていただいておりますので、ご了承ください。
 なお、わたくし阪清和は、「ミュージカル・ベストテン」など他のエンターテインメント関連の表彰作品の選出や一部審査にもかかわっており、この「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」とは賞の選出傾向が必ずしも一致しない場合があります。それぞれの賞の特徴や選出方法の違いなどもあるため、結果が違ってくることも少なくありません。
 ご理解いただければ幸いです。

 今年は各部門の優秀賞を従来の5枠から7枠に増やしました。各部門とも上位賞は高いレベルで競われているため、入選(5枠)、次点(5枠)と合わせて評価する作品(あるいは人)を17枠へと広げました。

DSC_5019



 当ブログでは6年前の2018年に「SEVEN HEARTS 大賞」を創設し、2017年以降の映画・演劇・ドラマ作品を対象に毎年(映画とドラマ部門に関しては2021、2022年の作品を対象とした2022年と2023年は発表を中止しました)優秀な作品や俳優、クリエイターを表彰してきましたが、今年から加えることを計画していた音楽部門については2026年、つまり再来年以降のスタートとします。2030年までには、漫画、現代アート、お笑いなどにも表彰の範囲を広げていきたいと考えています。どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

 なお、この大それた個人運営の賞の設立の経緯や意義については創設時のお知らせ記事をご覧ください。
★「SEVEN HEARTS 大賞」を創設します=ブログでのお知らせ記事
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66272536.html




「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」


==演劇部門==

【作品賞】
=日本初演が選考の対象ですが、必ずしも新作や日本初演に限定せず、演出家や製作側の取り組みが変わった作品なども初演として選考の対象にしています
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞作品の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>=通常は5作ですが7作を選出します、以下全部門に適用します
★宝飾時計(ホリプロ/東京芸術劇場プレイハウス)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66361582.html

★キングダム(東宝/帝国劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362133.html

http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362213.html

★ケンジトシ(シス・カンパニー/シアタートラム)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362327.html

★ラビット・ホール(PARCO劇場/PARCO劇場)
https://stage.parco.jp/program/rabbithole/10355/

★人魂を届けに(イキウメ/シアタートラム)
https://setagaya-pt.jp/stage/2046/

★ロスメルスホルム(TBS・サンライズプロモーション東京/新国立劇場小劇場)
https://sunrisetokyo.com/detail/23376/

★兎、波を走る(noda・map/東京芸術劇場プレイハウス)
https://www.nodamap.com/usagi/



<入選>
★モモンパのくくり罠(iaku/シアタートラム)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66370008.html

★エンジェルス・イン・アメリカ(新国立劇場/新国立劇場小劇場)
https://www.nntt.jac.go.jp/play/angels-in-america/

★舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド(Bunkamura/THEATER MIRANO-Za)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66364537.html

★少女都市からの呼び声(Bunkamura/THEATER MIRANO-Za)
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/23_shojotoshi.html

★My Boy Jack(サンライズプロモーション東京/東京芸術劇場シアターイースト)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368551.html


<次点>
★我ら宇宙の塵(EPOCH MAN/新宿シアタートップス)
https://epochman.com/uchu2023.html

★入管収容所(TRASHMASTER/すみだパークシアター倉)
https://lcp.jp/trash/biography/nyuukan.html

★アンナ・カレーニナ(Bunkamura/シアターコクーン)
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/23_anna.html

★ファイナルファンタジー勝TBS/IHIステージアラウンド東京)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363206.html

★パラサイト(Bunkamura/THEATER MILANO-Za)
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/23_parasite.html


<選外ですが、その他印象に残った作品は>
★無駄な抵抗(世田谷パブリックシアター・イキウメ/世田谷パブリックシアター)
★海戦2023(理性的な変人たち/アルネ543)




【リバイバル(再演)作品賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞作品の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★ある馬の物語(世田谷パブリックシアター/世田谷パブリックシアター)
★闇に咲く花(こまつ座/紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA)
★ねじまき鳥クロニクル(ホリプロ/東京芸術劇場プレイハウス)
★アカシアの雨が降る時(サードステージ/新国立劇場小劇場)
★ジャンヌ・ダルク(キョードー東京・TBS・イープラス・キョードーメディアス/東京建物BrilliaHALL)
★ブレイキング・ザ・コード(ゴ―チ・ブラザーズ/シアタートラム)
★きらめく星座(こまつ座/紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA)

<入選>
★連鎖街のひとびと(こまつ座/紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA)
★笑の大学(PARCO/PARCO劇場)
★チョコレートドーナツ(PARCO/PARCO劇場)
★巨匠 ―ジスワフ・スコヴロンスキ作「巨匠」に拠る(劇団民藝/紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA)
★海をゆく者(PARCO/PARCO劇場)

<次点>
★R.P.G. ロール・プレーイング・ゲーム(ワンツーワークス/赤坂RED/THEATER)
★旅立つ家族(劇団文化座/あうるすぽっと)
★闇の将軍 四部作(JACROW/東京芸術劇場シアターイースト)



【主演女優賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★高畑充希(宝飾時計)
★黒木華(ケンジトシ)
★宮澤エマ(ラビット・ホール)
★安達祐実(綿子はもつれる)
★池谷のぶえ(我ら宇宙の塵、無駄な抵抗)
★竹下景子(アカシアの雨が降る時)
★三浦透子(ロスメルスホルム)

<次点>
★吉岡里帆(ガラスの動物園・消えなさいローラ)
★宮沢りえ(アンナ・カレーニナ)
★清原果耶(ジェンヌ・ダルク)
★樫山文江(ローズのジレンマ)
★緒川たまき(眠くなっちゃった)

<選外ですが、その他印象に残った主演女優は>
★枝元萌(モモンパのくくり罠)
★大竹しのぶ(ヴィクトリア)
★那須凛(おやすみ、お母さん)
★松たか子(兎、波を走る)



【主演男優賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★中村倫也(ケンジトシ)
★高橋一生(兎、波を走る)
★眞島秀和(My Boy Jack)
★古田新太(パラサイト)
★成河(ある馬の物語)
★浜田信也(人魂を届けに)
★山西惇(闇に咲く花)

<入選>
★中村芝のぶ(ファイナルファンタジー勝
★高野洸(キングダム)
★牧島輝(キングダム)
★森田剛(ロスメルスホルム)
★相島一之(ハートランド)

<次点>
★高橋和也(連鎖街の人々)
★勝地涼(夜叉ヶ池)
★内野聖陽(笑の大学)
★狩野和馬(闇の将軍 四部作)
★窪田正孝(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)

<選外ですが、その他印象に残った主演男優は>
★稲垣吾郎(多重露光)
★久保酎吉(きらめく星座)
★東山紀之(チョコレートドーナツ)
★千葉雄大(ジャズ大名)



【助演女優賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★門脇麦(ねじまき鳥クロニクル)
★小池栄子(宝飾時計)
★高野ゆらこ(ハートランド)
★那須佐代子(エンジェルス・イン・アメリカ)
★倉科カナ(My Boy Jack)
★朴璐美(キングダム)
★川島海荷(キングダム)

<入選>
★sora(ハートランド)
★伊藤沙莉(パラサイト)
★梅澤美波(キングダム)
★音くり寿(ねじまき鳥クロニクル)
★土井ケイト(ラビット・ホール)

<次点>
★水夏希(エンジェルス・イン・アメリカ)
★坂ノ上茜(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★小野ゆり子(少女都市からの呼び声)
★土居志央梨(アンナ・カレーニナ)
★鈴木杏(エンジェルス・イン・アメリカ)



【助演男優賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★鈴木福(アカシアの雨が降る時)
★山崎一(ケンジトシ)
★寺脇康文(帰ってきたマイ・ブラザー)
★成河(ラビット・ホール)
★山西惇(エンジェルス・イン・アメリカ)
★別所哲也(ある馬の物語)
★篠井英介(人魂を届けに)

<入選>
★坂東彌十郎(ファイナルファンタジー勝
★篠田三郎(ローズのジレンマ)
★成田凌(宝飾時計)
★有澤樟太郎(キングダム)
★浅香航大(アンナ・カレーニナ)

<次点>
★中村獅童(ファイナルファンタジー勝
★尾上松也(ファイナルファンタジー勝
★早乙女友貴(キングダム)
★大谷亮介(エドモン〜『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男〜)
★大鶴佐助(兎、波を走る)



【演出賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞演出家の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★栗山民也(ケンジトシ、ロスメルスホルム)
★古城十忍(アプロプリエイト−ラファイエット家の父の残像−)
★シディ・ラルビ・シェルカウイ(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★野田秀樹(兎、波を走る)
★藤田俊太郎(ラビット・ホール、ヴィクトリア)
★金守珍(少女都市からの呼び声)
★上村聡史(My Boy Jack、エンジェルス・イン・アメリカ)

<入選>
★横山拓也(モモンパのくくり罠)
★池田亮(ハートランド)
★眞鍋卓嗣(閻魔の王宮、多重露光)
★鴻上尚史(アカシアの雨が降る時)
★白井晃(ある馬の物語)

<次点>
★鵜山仁(連鎖街のひとびと)
★丹野郁弓(巨匠 ―ジスワフ・スコヴロンスキ作「巨匠」に拠る)
★中村ノブアキ(闇の将軍 四部作)
★中津留章仁(入管収容所)
★フィリップ・ブリーン(アンナ・カレーニナ)

<選外ですが、その他印象に残った演出家は>
★生田みゆき(海戦2023)
★小川絵梨子(おやすみ、お母さん)
★鄭義信(パラサイト)



【戯曲賞】(新作のみ対象)
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞作品の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★人魂を届けに(前川知大)
★ハートランド(池田亮)
★綿子はもつれる(加藤拓也)
★兎、波を走る(野田秀樹)
★ケンジトシ(北村想)
★我ら宇宙の塵(小沢道成)
★モモンパのくくり罠(横山拓也)

<入選>
★多重露光(横山拓也)
★入管収容所(中津留章仁)
★宝飾時計(根本宗子)
★眠くなっちゃった(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
★無駄な抵抗(前川知大)

<次点>
★エドモン〜『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男〜(マキノノゾミ)
★帰ってきたマイ・ブラザー(マギー)
★幾つの大罪(戸次重幸)



【美術賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞舞台美術家の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★松井るみ(ラビット・ホール、キングダム、ある馬の物語、ハムレット)
★山本貴愛(ハートランド、綿子はもつれる)
★乘峯雅寛(My Boy Jack、エンジェルス・イン・アメリカ、チョコレートドーナツ)
★池田ともゆき(宝飾時計、パラサイト)
★杉山至(閻魔の王宮)
★インパル・ピント(ねじまき鳥クロニクル)
★伊藤雅子(ケンジトシ、ガラスの動物園・消えなさいローラ、夜叉ヶ池)

<入選>
★土岐研一(人魂を届けに、無駄な抵抗)
★大塚聡(少女都市からの呼び声)
★マックス・ジューンズ(アンナ・カレーニナ)
★堀尾幸男(ファイナルファンタジー勝兎、波を走る)
★岩本三玲<セットデザイン>(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)

<次点>
★礒田ヒロシ(R.P.G. ロール・プレーイング・ゲーム)
★秋山光洋(浅草キッド)
★アレックス・ラウド(橋からの眺め)



【スタッフ賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞スタッフの中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★山本貴愛(衣裳:ハートランド)
★シディ・ラルビ・シェルカウイ(振付:舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★森山開次(振付:夜叉ヶ池)
★おざわあつし(照明:ジャンヌ・ダルク)
★前田文子(衣裳:エンジェルス・イン・アメリカ、My Boy Jack)
★神田恵介(衣裳:宝飾時計)
★高橋巖・けんのき敦(音響=ラビット・ホール)

<入選>
★勝柴次朗(照明:My Boy Jack)
★新保瑛加(映像:我ら宇宙の塵)
★松岡象一郎(特殊造形デザイン・特殊造形制作:舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★柘植伊佐夫(ビジュアルディレンション・衣裳デザイン:舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★伊藤佐智子(衣裳:アンナ・カレーニナ、ある馬の物語)

<次点>
★インパル・ピント(振付:ねじまき鳥クロニクル)
★渥美博(アクション:ジャンヌ・ダルク)
★ヨアン・ティポリ(照明:ねじまき鳥クロニクル)
★北尾亘(振付:ジャズ大名)






==ミュージカル部門==


【作品賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞作品の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★ラグタイム(東宝/日生劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368155.html

★バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊(ホリプロ/日生劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362813.html

★ファインディング・ネバーランド(ホリプロ/新国立劇場中劇場)
https://horipro-stage.jp/stage/findingneverland2023/

★ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル(東宝/帝国劇場)
https://www.tohostage.com/moulinmusical_japan/
(2024再演公演の公式サイトです)

★ジェーン・エア(東宝/東宝芸術劇場プレイハウス)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363953.html

★マリー・キュリー(アミューズ/天王洲銀河劇場)
https://mariecurie-musical.jp

★チャーリーとチョコレート工場(東宝/帝国劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368739.html


<入選>
★SPY×FAMILY(東宝/帝国劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363664.html

http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66363769.html

★キングアーサー(ホリプロ/新国立劇場中劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362136.html

★のだめカンタービレ(東宝/シアタークリエ)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66368674.html

★マチルダ(ホリプロ/東急シアターオーブ)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000787.000028143.html

★ザ・ミュージック・マン(東宝/日生劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66364197.html


<次点>
★ザ・ビューティフル・ゲーム(日生劇場/)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66362055.html

★ドリームガールズ(梅田芸術劇場/東京国際フォーラム・ホールC)
https://www.umegei.com/dreamgirls2023/

★スクールオブロック(ホリプロ/東京建物BrilliaHALL)
https://horipro-stage.jp/stage/sor2023/

★LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜(東宝/帝国劇場)
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66369556.html

★ディミトリ 〜曙光に散る、紫の花〜(宝塚歌劇団星組/東京宝塚劇場)
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2022/syayounokuninorusudan/index.html


<選外ですが、その他印象に残った作品は>
★フリューゲル ―君がくれた翼―(宝塚歌劇団月組/東京宝塚劇場)
★ベートーヴェン(東宝/日生劇場)
★シェルブールの雨傘(松竹/新橋演舞場)
★鴛鴦歌合戦(宝塚歌劇団花組/東京宝塚劇場)



【リバイバル(再演)作品賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞作品の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★ラ・マンチャの男(東宝/横須賀芸術劇場)
★Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-(東宝/帝国劇場)
★生きる(ホリプロ/新国立劇場中劇場)
★スリル・ミー(ホリプロ/東京芸術劇場シアターウエスト)
★アナスタシア(梅田芸術劇場/東急シアターオーブ)
★シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ(音楽座ミュージカル/草月ホール)
★ジキル&ハイド(ホリプロ・東宝/東京国際フォーラム・ホールC)

<入選>
★DREAM BOYS(東宝/帝国劇場)
★ウィキッド(劇団四季/JR東日本四季劇場<秋>)
★ファースト・デート(東宝/シアタークリエ)
★1789 ―バスティーユの恋人たち―(宝塚歌劇団星組/東京宝塚劇場)
★RENT(東宝/シアタークリエ)

<次点>
★ブンとフン(読売新聞社・エイベックス/よみうり大手町ホール)
★クレイジー・フォー・ユー(劇団四季/KAAT神奈川芸術劇場)
★O.G.(劇団NLT/博品館劇場)
★天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜(東宝/東急シアターオーブ)



【演出賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞演出家の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★森新太郎(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★アレックス・ティンバーズ(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★ウォーリー木下(チャーリーとチョコレート工場)
★Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-(東宝/帝国劇場)
★ダニエル・ゴールドスタイン(ザ・ミュージック・マン)
★小池修一郎(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜、1789 ―バスティーユの恋人たち―)
★松本白鸚(ラ・マンチャの男)

<入選>
★宮本亜門(生きる)
★瀬戸山美咲(ザ・ビューティフル・ゲーム)
★小山ゆうな(チェーザレ 破壊の創造者、ファインディング・ネバーランド)
★オ・ルピナ(キングアーサー)
★眞鍋卓嗣(ドリームガールズ)
★G2(SPY×FAMILY)

<次点>
★荻田浩一(シェルブールの雨傘)
★末満健一(ダーウィン・ヤング 悪の起源)
★鈴木裕美(マリー・キュリー)
★栗山民也(スリル・ミー)



【主演女優賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★望海風斗(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル、ドリームガールズ)
★濱田めぐみ(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★森彩香(シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ)
★花乃まりあ(ザ・ミュージック・マン)
★上白石萌音(ジェーン・エア)
★愛希れいか(マリー・キュリー)
★上野樹里(のだめカンタービレ)

<入選>
★大竹しのぶ(GYPSY)
★明日海りお(精霊の守り人)
★平原綾香(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★葵わかな(アナスタシア)
★木下晴香(アナスタシア)

<次点>
★生田絵梨花(MEAN GIRLS)
★礼真琴(1789 ―バスティーユの恋人たち)
★月城かなと(フリューゲル ―君がくれた翼―)
★柚香光(鴛鴦歌合戦)
★朝夏まなと(天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜)



【主演男優賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞作品の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★井上芳雄(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル、ラグタイム、ベートーヴェン、ジェーン・エア)
★石丸幹二(ラグタイム)
★山崎育三郎(ファインディング・ネバーランド)
★小瀧望(ザ・ビューティフル・ゲーム)
★spi(シュレック・ザ・ミュージカル)
★堂本光一(Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-、チャーリーとチョコレート工場)
★柿澤勇人(スクールオブロック、ジキル&ハイド)

<入選>
★古川雄大(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★京本大我(シェルブールの雨傘)
★松本白鸚(ラ・マンチャの男)
★坂本昌行(ザ・ミュージック・マン)
★中川晃教(チェーザレ 破壊の創造者)

<次点>
★風間杜夫(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★山本耕史(太平洋序曲)
★森崎ウィン(SPY×FAMILY)
★花村想太(RENT)
★三浦宏規(のだめカンタービレ)

<選外ですが、その他印象に残った主演男優は>
★尾上松也(スリル・ミー)
★廣瀬友祐(スリル・ミー)
★渡辺翔太(DREAM BOYS)
★鈴木福(カラフル)



【助演女優賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★松たか子(ラ・マンチャの男)
★中村麗乃(Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-)
★佐々木美鈴(SPY×FAMILY)
★高野菜々(音楽座ミュージカル)(生きる)
★木下晴香(ベートーヴェン)
★昆夏美(マチルダ)
★遥海(RENT、ラグタイム)

<入選>
★島田歌穂(Endless SHOCK およびEndless SHOCK -Eternal-)
★土井ケイト(ラグタイム)
★観月ありさ(チャーリーとチョコレート工場)
★朝夏まなと(SPY×FAMILY)
★Dream Ami(ジキル&ハイド)

<次点>=なし



【助演男優賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★加藤和樹(キングアーサー)
★太田基裕(キングアーサー)
★鈴木壮麻(SPY×FAMILY)
★村井良大(生きる)
★東啓介(ザ・ビューティフル・ゲーム。ラグタイム)
★岡宮来夢(SPY×FAMILY)
★新納慎也(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)

<入選>
★加藤清史郎(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★駒田一(ラ・マンチャの男)
★屋良朝幸(マリー・キュリー)
★大貫勇(マチルダ)
★小田井涼平(ザ・ミュージック・マン)

<次点>
★伊礼彼方(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★舘形比呂一(ラグタイム)
★有澤樟太郎(のだめカンタービレ)
★竹中直人(のだめカンタービレ)
★廣瀬友祐(天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜)



【歌唱賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます。今年から男女1人ずつ選びます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>=男女5人ずつ
★木下晴香(ザ・ビューティフル・ゲーム、アナスタシア)
★濱田めぐみ(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★望海風斗(ドリームガールズ、ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★花乃まりあュザ・ミュージック・マン)
★愛希れい(マリー・キュリー)
★井上芳雄(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル、ラグタイム)
★山崎育三郎(ファインディング・ネバーランド)
★堂本光一(チャーリーとチョコレート工場)
★西川貴教(スクールオブロック)
★柿澤勇人(スクールオブロック)
★石丸幹二(ラグタイム)

<入選>=男女3人ずつ
★上白石萌音(ジェーン・エア)
★平原綾香(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★安蘭けい(ラグタイム)
★浦井健治(キングアーサー)
★加藤和樹(キングアーサー)
★古川雄大(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)

<次点>
★福原みほ(ドリームガールズ)
★花總まり(ベートーヴェン)
★朝夏まなと(天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜)



【脚本賞】=脚色台本・翻訳台本を含みます
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞人物の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★G2(SPY×FAMILY)
★上田一豪、笠浦静花(のだめカンタービレ)
★イタマール・モーゼス(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★ジョン・ケアード(ジェーン・エア)
★オ・ルピナ(キングアーサー)=日本語版台本
★チョン セウン(マリー・キュリー)
★瀬戸山美咲(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)=日本語版台本

<入選>
★井上テテ(精霊の守り人)
★テレンス・マクナリー(ラグタイム)
★小池修一郎(LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★ミヒャエル・クンツェ(ベートーヴェン)

<次点>=なし



【作曲賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞作曲家の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★かみむら周平(SPY×FAMILY、精霊の守り人)
★和田唱(TRICERATOPS)(のだめカンタービレ)
★ドーヴ・アチア(キングアーサー、LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★デヴィッド・ヤズベック(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★スティーヴン・フラハティ(ラグタイム)
★ポール・ゴードン(ジェーン・エア)
★チェ ジョンユン(マリー・キュリー)

<入選>
★ティム・ミンチン(マチルダ)
★アラン・ニー(ファインディング・ネバーランド)
★前野健太(おとこたち)
★マーク・シェイマン(チャーリーとチョコレート工場)
★シルヴェスター・リーヴァイ(ベートーヴェン)

<次点>=なし



【美術賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞美術家の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★石原敬(チャーリーとチョコレート工場、のだめカンタービレ)
★松井るみ(ドリーム・ガール、カラフル、ラグタイム、LUPIN 〜カリオストロ伯爵夫人の秘密〜)
★二村周作(ファインディング・ネバーランド、キングアーサー)
★堀尾幸男(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★松生紘子(SPY×FAMILY)
★伊藤雅子(マリー・キューリー)
★田中敏恵(ダーウィン・ヤング 悪の起源)

<入選>
★ポール・ファーンズワース(装置:太平洋序曲)
★ディレック・マクレーン(ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル)
★乗峯雅寛(精霊の守り人)
★太田創(ジキル&ハイド)

<次点>=なし



【スタッフ賞】
<最優秀賞受賞>*優秀賞受賞人物の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★前田文子(衣裳:太平洋序曲、ラグタイム、ザ・ミュージック・マン)
★勝柴次朗(照明:ラグタイム)
★デヴィッド・ヤズベック(音楽:バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★ドーヴ・アチア(音楽:1789 -バスティーユの恋人たち-)
★高見和義(照明:RENT)
★矢崎紀夫(演出スーパーバイザー:ラ・マンチャの男)
★ウォーリー木下(日本版翻訳:チャーリーとチョコレート工場)

<入選・次点>=なし





==小劇場部門==

2023年は選出を中止します

【作品賞】
【リバイバル作品賞】
【女優賞】
【男優賞】
【演出賞】
【戯曲賞】
【小劇場劇団賞】
該当作、該当劇場なし





==全部門共通==

【舞台新進俳優賞】
<最優秀賞受賞>=2000年から男女1人ずつ選んでいます。優秀賞受賞俳優の中から近日中に選ばれます
●(Coming Soon!)

<優秀賞受賞>
★福地桃子(橋からの眺め)
★遥海(ラグタイム)
★水嶋凜(ザ・ミュージック・マン)
★ダンドイ舞莉花(スクールオブロック)
★坂ノ上茜(舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド)
★金川紗耶 (乃木坂46)(ドクター皆川 ―手術成功5秒前―)
★前田旺志郎(My Boy Jack)
★こがけん(バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊)
★皇希(ザ・ビューティフル・ゲーム)
★有澤樟太郎(キングダム、セトウツミ、のだめカンタービレ)
★鈴木福(カラフル、アカシアの雨が降る時)
★EXILE NESMITH(ラグタイム)

<入選・次点>なし



【都市劇場賞】=該当劇場なし

【地域劇場賞】=該当劇場なし

【小規模劇場賞】=該当劇場なし

【劇団賞】=該当劇団なし

【プロデュース賞】=該当組織なし

【コラボレーション賞】=該当作なし

【特別功労賞】
省略します


andyhouse777 at 19:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----発表

【お知らせ】 まもなく「SEVEN HEARTS演劇大賞2023」各部門の優秀賞を発表します(2024)

 まもなく「SEVEN HEARTS 演劇大賞2023」各部門の優秀賞をブログ「SEVEN HEARTS」と「阪 清和 note」で発表いたします。劇評ではないので全文無料でお読みいただけます。
 優秀賞の受賞は同時に最優秀賞のノミネートとなり、各部門の最優秀賞は近日中に同様に2つのメディアで発表いたします。今しばらくお待ちください。

 なお、ブログとnoteの更新は主にx(旧twitter)でお知らせしています。公式アカウント「阪 清和★Seven Hearts」をフォローしていただき、今しばらくお待ちください
https://twitter.com/Andyhouse

★更新は新SNS「THREADS」でもお知らせしています。こちらもよろしければフォローしてください
https://www.threads.net/@sevenheartsblog




andyhouse777 at 15:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★お知らせ 

【News=災害速報】 アイスランドの火山噴火の溶岩が防護壁沿いを流動、グリンダピクの住民3人が避難を拒否(2024)

 アイスランド南西部のレイキャネス半島(Reykjanes Peninsula)にある火山の噴火で噴出した溶岩を町やインフラを守るために建設されていた防護壁がブロックし、すぐ南側に位置するグリンダビク(Grindavik)の市街地への流入を阻止していることが分かった。しかし数カ所では防護壁に沿って流れ始めており、防護壁がいつまで耐えられるかは不透明。既に昨年12月の噴火前から避難勧告が出ているものの、住民3人が避難を拒んでおり、被害が懸念されている。避難勧告拒否の理由は不明。

★流れ出た溶岩=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/2155406148' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★噴出は続いている=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/2155313888' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★CNNNews
https://www.cnn.co.jp/world/35219532.html


 CNNの取材に答えた地元防災当局者によると、溶岩は数カ所でグリンダビークにある防護壁の外を流れているという。有名な地熱発電所のあるスヴァルスエインギの壁の外も溶岩が流れ始めているという。グリンダビークの街は溶岩による焼失をまぬかれているが、孤立する恐れがあるつとしてる。

 グリンダビークへの電力供給は、高電圧線や地中の配管に溶岩が迫ったことから、アイスランド時間2024年5月29日にストップしたが、温水も冷水も流れており、配管は損傷していないことが30日になって判明している。

 噴火は火山付近での地震の後、29日午後0時46分に発生。アイスランド気象庁(IMO)によると、一時噴煙が上空3500mの高さまで上がった。グリンダビクの北郊では長さ推定3.4kmの地表の裂け目からオレンジ色の溶岩が勢いよく噴き出しているという。

★地表の裂け目から噴き出す溶岩=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/2154622622' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

 以前のAFP電によると、2021年3月に始まったレイキャネス半島での噴火は約800年ぶりで、その後、2022年8月、2023年7月と12月、2024年1月、2月、3月、そして今回の5月で8回目となり、AFP電は火山学者らがこの地域が「火山活動の新時代に入った」とみていることを伝えている。
 グリンダビクは、首都レイキャビクの南西約40kmに位置する。

andyhouse777 at 00:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報

2024年05月31日

【News=速報】 トランプ前米大統領に有罪評決(2024)

 トランプ前米大統領(77歳)が不倫相手の元ポルノ女優に支払った口止め料を不正に会計処理したとされる事件で、東部ニューヨーク州の裁判所の陪審は米国東部時間5月30日、業務記録を改ざんした罪でトランプ氏に有罪評決を下した。34のの罪状すべてについて12人の陪審員全員が有罪と結論づけた。大統領経験者が刑事事件で有罪評決を受けるのは史上初めて。量刑は陪審員ではなく判事が今年7月11日に言い渡す。トランプ前米大統領は今年11月に投開票が行われる米大統領選挙に共和党の候補者として指名されることが確実で、バイデン大統領(81歳)と2020年に続いて再対決する予定だが、有罪評決が無党派層にどのような影響を与えるか注目される。トランプ前米大統領は評決後、さっそく「これは不正な恥ずべき裁判だ。私は無実だ。最後まで戦う」と反発を強めており、控訴するとみられる。
 トランプ前米大統領は他にも、敗北した2020年の大統領選の結果を覆そうとした事件など3つの刑事事件でも起訴されている。トランプ前米大統領いずれも「魔女狩りだ」として無罪を主張している。



andyhouse777 at 09:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2024年05月30日

【News=災害速報】 アイスランドで5度目の火山噴火、噴煙3500m・地表の裂け目3.4kmから溶岩噴出、避難完了、国際空港への影響なし(2024)

 アイスランド南西部のレイキャネス半島(Reykjanes Peninsula)にある火山がアイスランド時間2024年5月29日午後0時46分、噴火を起こしたことが分かった。これまでとは違う火山だが同エリアで噴火したのは昨年12月以降、通算5度目。AFPなど欧米のメディアが報じた。

★地表の裂け目から噴き出す溶岩=gettyimages
http://www.gettyimages.com/detail/2154622622' target='_blank' style='color:#a7a7a7;text-decoration:none;font-weight:normal !important;border:none;display:inline-block;'>Embed from Getty Images

★AFPBBNews
https://www.afpbb.com/articles/-/3521914?cx_part=latest


 アイスランド気象庁(IMO)によると、一時噴煙が上空3500mの高さまで上がった。グリンダビク(Grindavik)の北郊では長さ推定1km以上の割れ目からオレンジ色の溶岩が勢いよく噴き出したという。その後割れ目は3.4kmに拡大したとの情報(アイスランド国民保護・危機管理局)もある。

 グリンダビクの住民約4000人のうちほとんどは昨年12月の噴火の前に避難したが、その後の帰還者や新たに訪れた観光客らも含めて大半が今回の噴火後、避難を終えているという。ている人や訪問者も新たな噴火を受けほぼ退避。
 温泉施設として世界的に知られ5いる近くの地熱スパ「ブルーラグーン(Blue Lagoon)」への訪問客も避難したという。

 アイスランドの火山噴火では同国の航空ダイヤに大きな影響を与えるばかりか、北極回りの国際的な航空便にとっては大幅な航路変更や寄港断念などの影響があるため、噴火のたびに航空関係者が警戒を強めるが、現時点では航空便への影響は予想されておらず、首都レイキャビクのケフラビク国際空港(Keflavik International Airport)は平常通り運営されている。

 以前のAFP電によると、2021年3月に始まったレイキャネス半島での噴火は約800年ぶりで、その後、2022年8月、2023年7月と12月、2024年1月、2月、3月、そして今回の5月で8回目となり、AFP電は火山学者らがこの地域が「火山活動の新時代に入った」とみていることを伝えている。
 グリンダビクは、首都レイキャビクの南西約40kmに位置する。


andyhouse777 at 23:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----災害速報
★仕事のご依頼は★
映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・現代アートなどエンターテインメントに関する取材・インタビュー・記事執筆・批評・パンフレット編集・司会・ナビゲート・コメンタリーなどで私がお役に立てることがありましたら、何なりとご用命ください。パンフレット編集やエンタメの著名な賞の審査員、雑誌での連載、ラジオ番組でのレギュラー出演、エンタメイベントの司会進行などの経験もございます。下記アドレスにメールをいただきましたら、すぐにご連絡させていただきます。聞いて、書いて、話して、伝えるプロフェッショナルです。エンタメ以外でもぜひ!

sevenhearts@spa.nifty.com
最新記事(画像付)
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
ページ別順位(2014年8月4日現在)=直接リンクはされていませんので、各ページへ行くには、タイトルをコピーして下かトップ右の記事検索欄にペーストして検索してください
<01> Endless SHOCK 2014(21907)
<02> 太陽2068(9402)
<03> Endless SHOCK 2013(8821)
<04> なにわ侍 ハローTOKYO!!(8399)
<05> 直木賞芥川賞2013前期候補作決まる(5734)
<06> ソング・ライターズ(4968)
<07> 第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞にリリー・フランキー(4586)
<08> MIWA(3890)
<09> 「そして父になる」に世界から熱視線(3590)
<10> 「カッコーの巣の上で」舞台版が小栗旬主演で開幕(3316)
<11> 抜目のない未亡人(2862)
<12> マーガレット(2641)
<13> PLAYZONE → IN NISSAY(2550)
<14> 高校中パニック!小激突!!(2213)
<15> ストリッパー物語(2132)
<16> ダディ・ロング・レッグス=2014(2059)
<17> 刑事ドラマの殉職特集を放送(2049)
<18> 殺風景(1952)
<19> 今ひとたびの修羅(1818)
<20> ムサシ ロンドン・NYバージョン(1791)
<21> ムサシ ロンドン・NYバージョン=2014(1791)
<22> 「レ・ミゼラブル」と「アルゴ」にGグローブ賞(1760)
<23> かもめ(1725)
<24> 頭痛肩こり樋口一葉(1693)
<25> レディ・ベス(1665)
<26> イン・ザ・ハイツ(1637)
<27> 私が黄金を追う理由(1593)
<28> ジャック再び降臨「24」最新シリーズ放送開始(1592)
<29> 木の上の軍隊(1522)
<30> 国民の映画(1517)
<31> 2013前期芥川賞に藤野可織、直木賞に桜木紫乃(1315)
<32> ショーシャンクの空に(1280)
<33> ジャニーズ2020ワールド(1228)
<34> A.B.C座2013 ジャニーズ伝説(1178)
<35> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜=2014(1116)
<36> DREAM BOYS JET(1113)
<37> 「愛の渦」映画化(1087)
<38> 「ピトレスク」の稽古場公開(1085)
<39> 「レディ・ベス」世界初演ついに幕開け(1065)
<40> BACK STAGE(1047)
<41> 金閣寺(1028)
<42> シスター・アクト(990)
<43> レ・ミゼラブル(958)
<44> THE BIG FELLAH(953)
<45> 「天才執事ジーヴス」でウエンツと里見が名コンビに(952)
<46> 半沢直樹(923)
<47> もらとりあむタマ子(918)
<48> ザ・ワーズ 盗まれた人生(875)
<49> Holidays 休暇(862)
<50> ロスト・イン・ヨンカーズ(816)
<51> ミュージカルベストテンの選考投票に参加(804)
<52> ロンサム・ウエスト(787)
<53> 花嫁と父つなぐピアノ、盛岡のCMが話題(785)
<54> クリプトグラム(779)
<55> うかうか三十、ちょろちょろ四十(761)
<56> 奇跡の7人「THE BIG FELLAH」に集う(755)
<57> シレンシオ(695)
<58> アルトナの幽閉者(652)
<59> 筧利夫が世界最新演出版の初回を無事完遂(637)
<60> ネクスト・トゥ・ノーマル(635)
<61> ザ・ビューティフル・ゲーム(624)
<62> 私のダーリン(618)
<63> LOVE CHASE !!(599)
<64> SHOCK1000回達成(591)
<65> つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜(589)
<66> 第86回日本アカデミー賞主演女優賞に真木よう子(575)
<67> 天翔ける風に(574)
<68> 愛の渦(572)
<69> 恋と音楽(569)
<70> モンテ・クリスト伯(551)
<71> ストロベリーナイト(549)
<72> 半沢直樹 その2(530)
<73> 第86回日本アカデミー賞主演男優賞に松田龍平(520)
<74> ベネチア金獅子賞に「サクロ・グラ」(513)
<75> 第86回日本アカデミー賞助演女優に真木よう子(498)
<76> 韓国版「家政婦のミタ」はチェ・ジウ主演(494)
<77> 米経済紙が半沢直樹特集、英語で倍返しは?(493)
<78> 第150回芥川賞直木賞候補作決まる(492)
<79> ライクドロシー(477)
<79> エニシング・ゴーズ(477)
<81> 太鼓たたいて笛ふいて(475)
<82> マイ・フェア・レディ(465)
<83> 屋根の上のヴァィオリン弾き(458)
<84> 秋のソナタ(450)
<85> ABC座2014ジャニーズ伝説(439)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<88> 渇いた太陽(436)
<89> 雨と夢のあとに(435)
<90> マンマ・ミーア!(429)
<91> 晩餐(426)
<91> マイケル・ジャクソンの新曲8曲入り新譜発売へ(426)
<93> 声(423)
<94> Tribes(417)
<95> ジェニファー・ローレンスがショートヘアーに(408)
<96> Paco〜パコと魔法の絵本〜from『ガマ王子vsザリガニ魔人』(403)
<97> 名もない祝福として(396)
<98> テンペストを白井晃演出で(395)
<99> ジャニーズ・ワールド(390)
<100> 半沢直樹 その3(383)
<101> 「シェルブールの雨傘」5年ぶり再演へ(378)
<102> 音のいない世界で(375)
<103> テイク・ディス・ワルツ(369)
<104> 組曲虐殺(364)
<104> 春琴(364)
<106> 「レ・ミゼラブル」は6/21発売(361)
<106> 「国民の映画」再演決定(361)
<108> ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(348)
<109> レ・ミゼラブル新演出版(347)
<110> 関数ドミノ(346)
<111> NO MORE 映画泥棒新バージョン(342)
<112> ピアフ(339)
<113> 海辺のカフカ◆archive◆(338)
<114> 007ファッション南青山で公開(334)
<114> 北島三郎、座長公演も最後と表明「引退ではない。歌い続ける」(334)
<116> 野田秀樹の「MIWA」に豪華俳優が集結(331)
<117> ロンドンでマティスの切り紙絵展始まる(330)
<118> ハリウッド白熱教室(322)
<119> リトルマーメイド(320)
<120> ぴんとこな(316)
<121> トガニ 幼き瞳の告発(313)
<122> カンヌバルムドールに「アデルの人生」(309)
<123> 脳男(305)
<124> トニー賞は「キンキーブーツ」(301)
<125> 赤鬼(299)
<126> BRAVE HEARTS 海猿(293)
<127> 「レディ・ベス」開幕前にトークイベント(291)
<128> 「オペラ座の怪人」完結編ついに日本初演へ(290)
<129> 第86回日本アカデミー賞作品賞に「舟を編む」(286)
<130> 取材・執筆した「殺風景」PR記事が掲載されました(281)
<131> ナタリー・ウッド事故死ではない可能性(278)
<131> 第86回日本アカデミー賞監督賞に石井裕也(278)
<133> 「海辺のカフカ」再演決定(277)
<134> 真夏の方程式(273)
<135> ハーベスト(269)
<135> 第21回読売演劇大賞は森新太郎(269)
<137> 4 four(268)
<137> 日の浦姫物語(268)
<139> iSAMU(258)
<140> ウルトラマリンブルー・クリスマス(254)
<140> 「風立ちぬ」公式上映で瀧本美織が存在感を発揮(254)
<142> トニー賞2014Ms作品賞(251)
<142> 進化するミス・サイゴン7月から世界最新演出で日本公演(251)
<144> ワイルド・スピード EURO MISSION(249)
<145> 半沢直樹第2回は21.8%で大台乗り(245)
<146> 小さいおうち(244)
<147> てんぷくトリオのコント(243)
<148> 「スクルージ」開幕、市村正親が意欲(242)
<149> 第67回カンヌ国際映画祭が開幕、長澤まさみも登場(241)
<150> アジア温泉(230)
<151> スター・トレック イントゥ・ダークネス(229)
<152> 「シスター・アクト」に個性派ずらり(226)
<152> 河瀬直美「2つ目の窓」公式上映で12分の鳴り止まぬ拍手(226)
<154> 片鱗(225)
<155> ジョン万次郎の夢(223)
<156> 白い夜の宴(221)
<157> 台湾の超美形ボーカルバンド人気、日本に到達(216)
<157> 野田秀樹の「赤鬼」気鋭の演出家・俳優で上演中(216)
<159> ウィズ〜オズの魔法使い〜(215)
<160> ビトレスクキャスト陣一体感強調(214)
<160> 戦隊ヒロイン「女子ーズ」にときめく5女優集結(214)
<162> GODZILLA ゴジラ(212)
<163> 第151回芥川賞直木賞候補作決まる(211)
<164> マクベス(207)
<164> ムーミン生んだトーベ・ヤンソン生誕100周年迎える(207)
<166> サウンド・オブ・ミュージック(205)
<167> テレ東が「不明者」を大捜索中(202)
<167> 「エッグ」再演決定、初の海外パリ公演も実現(202)
<169> 舟を編む(201)
<170> 蝋燭の灯、太陽の光(199)
<170> アナ雪の「スリラー」ダンス映像が大反響(199)
<172> 満天の桜(196)
<172> レッド・ツェッペリンがリマスター版収録の未発表曲2曲公開(196)
<174> ジェーン・エア=映画(193)
<175> さいあい シェイクスピア・レシピ(188)
<175> トニー賞2014Ms助女賞(188)
<177> ダディ・ロング・レッグス追加公演決定(181)
<178> 図書館戦争(180)
<179> KREVAの音楽劇再演、各界から逸材結集(179)
<180> ザ・フルーツ(178)
<181> 八月の鯨(176)
<182> 魔女の宅急便(173)
<182> 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ミュージカル日本初演へ(173)
<184> G・グローブ賞録画放送(172)
<184> 100回泣くこと(172)
<186> プラチナデータ(170)
<187> テルマエ・ロマエ供168)
<187> 第86回アカデミー賞のノミネート作決まる(168)
<189> オブリビオン(167)
<189> キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(167)
<191> あなたがここにいればよかったのに(166)
<192> ジェーン・エア=舞台(162)
<192> さよならドビュッシー(162)
<194> 華麗なるギャツビー(161)
<194> 藁の楯(161)
<194> ポール・ウォーカー急逝の波紋広がる(161)
<197> 異国の丘(160)
<197> 8月31日〜夏休み最後の日〜(160)
<197> 追悼 大瀧詠一(160)
<197> 安室奈美恵の洗練されたマッシュアップ映像が話題(160)
<201> ホロヴィッツとの対話(159)
<201> ヒトミ(159)
<203> 半沢直樹第6回も29.0%と好調維持(158)
<203> 初音ミクオペラにパリが熱狂(158)
<203> 中古LPからマービン・ゲイのパスポート発見(158)
<206> エッグ(156)
<206> 「ショーシャンクの空に」舞台化決定(156)
<208> J・K・ローリングの新作に34歳のハリー・ポッター登場(155)
<209> サビタ稽古場イベント(154)
<210> 風立ちぬ(151)
<210> 村上春樹、2013年のノーベル文学賞逃す(151)
<210> 追悼 やしきたかじん(151)
<213> 半沢直樹第5回は29.0%と続伸(150)
<214> The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(146)
<215> さよなら渓谷(145)
<215> WILCO(145)
<217> 新国立劇場2014-15ラインナップ発表(144)
<217> 「メリー・ポピンズ」の裏側描く映画初上映(144)
<219> トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2(143)
<220> 半沢直樹最終回は42.2%とミタ超え、関西は歴代最高(142)
<221> ダチョウ課長の幸福とサバイバル(141)
<222> ベネチア女優賞(140)
<223> 中学生円山(139)
<224> 大事なはなし(138)
<224> 「I'll be back」で大論争(138)
<224> 宮本亜門がドンペリPartyのショー演出(138)
<227> ナミヤ雑貨店の奇蹟(137)
<227> ケイティ・ペリーが着物パフォーマンス(137)
<227> 県庁おもてなし課(137)
<230> カンヌ審査員にキッドマンと河瀬直美ら(135)
<231> 任侠ヘルパー(134)
<231> レディー・ガガ、涙の訳はマネージャーとの決別?(134)
<231> 鬼才ラース・フォン・トリアーの最新作は超過激 !(134)
<234> 客家(133)
<234> その夜の侍(133)
<236> トニー賞2014Ms主女賞(131)
<237> 半沢直樹第3回は22.9%で今年ドラマトップ(130)
<237> DREAM BOYS(130)
<237> 米ゴールデン・グローブ賞ノミネート作決まる(130)
<240> 第39回菊田一夫演劇大賞にレミゼのキャスト&スタッフ(129)
<240> 海峡の光(129)
<242> 悪霊(128)
<243> シェイクスピア生誕450年記念上演始動、ハムレットは北朝鮮にも巡演へ(126)
<244> トニー賞2014MsRV作品賞(125)
<245> ミス・サイゴン(124)
<246> ザ・スーツ(123)
<246> フィリップ・シーモア・ホフマンが急死(123)
<246> 陽だまりの彼女(123)
<246> 共喰い(123)
<246> 「ドラえもん」英語吹き替え版は日米文化研究に興味深いヒント数々(123)
<251> 半沢直樹第4回は27.6%に急伸(122)
<251> ベルリン金熊賞(122)
<251> ミス・サイゴン=2014(122)
<251> 南京錠の橋ポン・デザール一部崩壊(122)
<255> 思い出を売る男(121)
<256> ダディ・ロング・レッグス(120)
<257> ずっと二人で歩いてきた(119)
<257> 横道世之介(119)
<259> 新・幕末純情伝(118)
<260> カウラの班長日記sideA(117)
<261> 無明長夜(116)
<261> ガラパコスパコス(116)
<263> 第86回米アカデミー作品賞に「それでも夜は明ける」(115)
<264> 半沢直樹に幻のラストシーン、DVD&Blu-rayに収録へ(114)
<264> 虚像の礎(114)
<264> 渡辺謙が「王様と私」でブロードウェイデビューへ(114)
<267> 大奥〜永遠〜【右衛門佐・綱吉篇】(112)
<268> 半沢直樹第9回は35.9%とさらに上昇(111)
<268> 地獄でなぜ悪い(111)
<268> トニー賞2014Ms助男賞(111)
<268> ピンク・フロイド10月の20年ぶりのアルバム発売を正式発表(111)
<272> ハムレット(109)
<272> ロックアウト(109)
<274> アカデミー助演女優賞はアン・ハサウェイ(108)
<274> 闇金ウシジマくん(108)
<274> 授業(108)
<274> 東京国際映画祭サクラグランプリは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」(108)
<278> トニー賞2014PRV作品賞(107)
<278> トニー賞2014Ms主男賞(107)
<278> リチャード3世の墓と断定(107)
<378> 鍵泥棒のメソッド=舞台版(107)
<282> 半沢直樹第7回は30.0%と壁突破(105)
<282> ソチの脱出ヒーローまたも閉じ込め(105)
<282> 東京タワーはGW特別ライトアップ中(105)
<285> サ・ビ・タ日本版来春再演決定(104)
<285> 米アカデミー賞最注目は9歳の少女(104)
<285> 日本舞台美術家協会が7年ぶり展覧会開催(104)
<288> エンロン◆archive◆(103)
<288> つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(103)
<288> そして父になる(103)
<291> みなさん、さようなら(101)
<292> レミゼ衣装を東京3都市で展示(100)
<293> アルゴ検証番組日本初放送(99)
<294> 「荒野の七人」新吹き替え版放送(97)
<294> 五輪色の東京タワーを月も見に来た?(97)
<296> キングコングの巨大ロボ公開(96)
<296> 手のひらの砂漠(96)
<296> 第151回芥川賞は柴崎氏、直木賞は黒川氏(96)
<299> 釣りバカ全作品をWOWOWが一挙放送へ(95)
<299> アナと雪の女王(95)
<301> ラ・マンチャの男(94)
<302> ジャニス・ジョプリンがハリウッドの殿堂入り(93)
<302> 初めてなのに知っていた(93)
<304> るろうに剣心(92)
<304> THEMANZAI2013優勝はウーマンラッシュアワー(92)
<304> トニー賞2014P主男賞(92)
<304> ピンク・フロイドが10月に20年ぶりのアルバム発売か(92)
<308> ベネチア最終盤情勢(91)
<308> 獣の柱まとめ*図書館的人生<下巻>(91)
<308> 第86回米アカデミー賞総まくり(91)
<308> SONG&DANCE60感謝の花束(91)
<312> 夢売るふたり(90)
<312> アカデミー主演女優賞はジェニファー・ローレンス(90)
<312> 建てましにつぐ建てましポルカ(90)
<312> 半沢直樹DVD&Blu-ray発売は12/26(90)
<312> 赤塚不二夫のココロ展〜2015年は生誕80周年なのだ!〜(90)
<312> 地下室の手記(90)
<312> 昭和レストレイション(90)
<312> チェ・ジウとクォン・サンウ、11年ぶり共演ドラマ「誘惑」スタート(90)
<320> 撫で撫で(89)
<321> 僕等がいた(89)
<322> 集金旅行(88)
<323> リトルマエストラ(88)
<323> ワイルド・スピード第7作の製作休止へ(88)
<323> ベルリン女優賞に黒木華(88)
<323> カンヌ女優賞はジュリアン・ムーア(88)
<323> 東京タワーがサムライブルーに(88)
<323> ワイルド・スピード第7作撮影再開、急死のポール部分は実弟2人で補充(88)
<329> 日本記者クラブ個人D会員になりました(87)
<329> インポッシブル(87)
<331> 鍵泥棒のメソッド=映画版(86)
<331> ルビー・スパークス(86)
<333> トニー賞2014P作品賞(85)
<334> 其礼成心中(84)
<334> キャロリング(84)
<336> ヘルタースケルター(83)
<336> 魔女とたまごとお月様(83)
<337> 第20回全米映画俳優組合賞はアメリカン・ハッスル(81)
<338> 「スター・ウォーズ」6作を一挙放送へ(80)
<339> カンヌグランプリにコーエン兄弟(79)
<339> 日本アカデミー賞作品賞は桐島、(79)
<339> メモリーズ・コーナー(79)
<339> 凶悪(79)
<339> 自動改札やスマホで光るネイル発売へ(79)
<344> 半沢直樹第8回は32.9%とさらに上積み(77)
<344> 第67回カンヌ国際映画祭まもなく開幕(77)
<346> 来訪者(76)
<346> AKB48総選挙2014渡辺麻友が初の1位指原は2位に陥落柏木3位(76)
<348> カンヌ監督賞にアマト・エスカランテ(74)
<348> ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン(74)
<348> ベネチア銀獅子賞(74)
<348> 未成年モデル保護法案が米上下院通過(74)
<348> ツナグ(74)
<348> 最も稼いだ女優はアンジョリーナ・ジョリー(74)
<348> 東京震度5弱、都心は無事です(74)
<348> ユーミンの音楽×演劇コラボ、第2弾は比嘉愛未とW主演(74)
<356> ヴィンセント・ギャロが日本映画に出演(73)
<356> 暗いところからやってくる(73)
<358> カンヌ男優賞にブルース・ティーン(72)
<358> 世界の名刑事が大集結(72)
<358> 新しい靴を買わなくちゃ(72)
<358> キャプテン・フィリップス(72)
<358> 三鷹で昭和の名優作品続々上映(72)
<363> スター・ウォーズ最新作にハン、ルーク、レイアの3俳優出演決定(71)
<364> 最強のふたり(70)
<364> 大島優子が紅白でAKB48卒業宣言(70)
<364> 傷心のミック、復活待つ世界(70)
<364> 錬金術師(70)
<364> 当ブログのFBページいいね2000件達成(70)
<369> プロメテウス(69)
<370> スターウォーズ新シリーズ公開は再来年12/18(68)
<370> ポール・ウォーカーが事故死(68)
<370> トニー賞2014P主女賞(68)
<373> トム・ハンクスの陪審員まさかの強制終了(67)
<373> 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(67)
<375> ロバート・プラントがツェッペリン再結成を完全否定(66)
<375> 無欲の人(66)
<375> 宇宙兄弟(66)
<378> アカデミー作品賞はアルゴ(65)
<378> ライフスタイル体操第一(65)
<380> ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。(64)
<380> 「風と共に去りぬ」の続編について作者が手紙で返答していた(64)
<382> 臨場 劇場版(63)
<382> カンヌ最終盤情勢(63)
<382> ウィリアム・シェイクスピア(63)
<382> 多彩に変化する東京の空(63)
<382> マイティ・ソー、10月から性別を変更へ(63)
<387> ジェーン・エアその2(62)
<387> ヤバレー、虫の息だぜ(62)
<387> 東京家族(62)
<387> ポール・マッカートニー5月に再来日屋外ライブ(62)
<387> 三鷹市芸術文化センター星のホール(62)
<392> アカデミー主演男優にマシュー・マコノヒー(61)
<392> ブルージャスミン(61)
<392> 「アメリカントップ40」の名DJケーシー・ケイサムが死去(61)
<395> モンスターズクラブ(60)
<395> ダークナイト・ライジング(60)
<395> カンヌ女優賞にベレニス・ベジョ(60)
<398> バイトショウ(59)
<398> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜(59)
<400> アウトレイジビヨンド(58)
<400> タランティーノ脚本流出に怒り次回作中止?(58)
<400> 第150回直木賞に朝井と姫野、芥川賞に小山田(58)
<400> トニー賞2014P助男賞(58)
<404> 黄金を抱いて翔べ(57)
<404> ベネチア審査員大賞(57)
<404> ロンドンの劇場で天井崩落(57)
<404> マン・オブ・スティール(57)
<404> カンヌ2014審査委員長はジェーン・カンピオン監督(57)
<404> ハリソン・フォード宇宙に帰還(57)
<409> 潜水艇ボンドカー、8600万円で落札(56)
<409> ストーンズが豪NZツアー無期限延期(56)
<411> ザ・マスター(55)
<411> 世界にひとつのプレイブック(55)
<411> 「B・ジョーンズの日記」最新小説は恋するシングル・マザー(55)
<411> 学士会館(55)
<411> ビートルズの公式ドキュメンタリーを44年ぶりに制作へ(55)
<416> Gグローブ賞作品賞(54)
<417> のぼうの城(53)
<417> 芸劇リニューアル(53)
<417> セックス・ピストルズの心暖まるX'mas映像放送へ(53)
<420> モンティ・パイソン再結成へ(52)
<420> 三人姉妹(52)
<420> I’M FLASH !(52)
<420> カルティエのX'masアニメ公開(52)
<424> グッモーエビアン!(51)
<424> 日本レコード大賞はEXILE(51)
<424> アカデミー主演女優賞にケイト・ブランシェット(51)
<427> リンカーン(50)
<427> Gグローブ主演女優賞(50)
<427> プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(50)
記事検索
映画系DVD or Blu-ray
舞台系DVD or Blu-ray
人気作品ランキング