2015年06月

2015年06月30日

【Report】 深田恭子が初舞台、「100万回生きたねこ」で歌やダンスも披露へ(2015)

 女優の深田恭子が今年8月、ついに初舞台を踏む。佐野洋子のロングセラー絵本を原作に舞台化されたミュージカル「100万回生きたねこ」で、100万回死んで生きた猫を演じる成河(ソンハ)とともに、W主演。白い猫や小さな女の子を演じる深田は、6月29日に東京都内で開かれた製作発表会見で楽曲歌唱も披露し、「独特な世界観に一瞬で魅了されました。この役で初舞台を踏めるのはとても幸せなことだなと感じました」と初舞台に臨む緊張感を優しく包み込むような感慨に浸っていた。
 ミュージカル「100万回生きたねこ」は8月15〜30日に東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで、9月3日に金沢市の本多の森ホールで、10月2〜4日に大阪市のシアターBRAVA!で上演される。

★劇中曲「私のねこ」を生披露する2人。成河(左)と深田恭子
IMG_6024 (2)2人いい感じ

【写真転載厳禁】

 高い演技力が評価されながら、舞台には立たずに、ドラマや映画で活躍してきた深田。「私は映像の人間だったので、まさか自分が舞台に立つなんて想像できませんでしたし、なかなか踏み込めない世界だと思っていました」とこれまでの心境を明かし、「(舞台というものを)きちんとけいこしてイチから学び直して挑みたいです」と意欲的に覚悟を語った。

 本作は、1977年以降、佐野洋子の同名絵本として既に207万部を売った大ロングセラー。100万回死んで100万回生きた猫が登場し、この猫が死ぬたびに飼い主たちは深く悲しむが、猫自身は飼い主が好きでも何でもなくてちょっとも悲しくない。そんな猫があるとき、野良猫に生まれ変わり、白い猫に恋をしたところから、いろんなことが変わり始める、という愛と命のファンタジー。
 1996年にアルベールビル五輪の演出で知られるフィリップ・ドゥクフレの演出により、沢田研二・山瀬まみのW主演で「DORA 100万回生きたねこ」として東京・名古屋・フランスで上演されたのをはじめ、2013年には今回と同じイスラエルの演出家ユニット、インバル・ピントとアブシャロム・ポラックによる演出で、森山未來・満島ひかりのW主演で「100万回生きたねこ」として上演された。結果として、森山・満島版は読売演劇大賞優秀作品賞と優秀演出家賞に輝いている。
 2013年に実際に作品を観た成河は「歌とダンスとお芝居が自然に溶け合っている感じでひとつの作品になっていました。ここまでのバランスの(良い)作品は日本では観たことがないなと感じました」と感じるところがあったようで、オーディションで会った演出家2人を「温かい人たちで、何でも相談したくなるような感じ」と表現。「けいこになると厳しいでしょうけど」と言いつつも、好印象を抱いた様子だ。

★演劇の申し子は歌も一流品。成河
IMG_6030 (2)成河歌唱

【写真転載厳禁】

 また深田については「ぽわんとした透明感のある感じかと思っていたら、芯の強い熱いものを感じる方でした」と印象が変わったことを明かした。深田は成河が現在まだ公演中(横浜・宮崎・京都公演は終了、7月3〜4日に愛知県刈谷市の刈谷市総合文化センターで公演予定)の主演舞台「アドルフに告ぐ」での激しい演技の姿が強く印象に残り「この人とお芝居ができるって、頼もしいと感じました」という。
 演劇経験では大先輩の成河は、初挑戦の深田へのアドバイスを報道陣から求められると「ないですよ」と一言。「今回は専門的なダンスをやるのも初めてだし僕も初心に返ってやるんです。2人とも一年生からもう一度」と話し「助け合いながらやっていきます」とほほえんだ。

★早くも息の合ったところを見せる2人。成河(左)と深田恭子
IMG_6005 (2)2人深田歌唱

【写真転載厳禁】

 この日は一般の演劇ファンも製作発表に招待され、成河と深田は今回の舞台にも出演するバンドメンバーとともに登壇。成河はウクレレ、深田は小さなピアノ的な楽器を持って演奏も交えながら劇中曲「私のねこ」を生披露。2人の伸びやかな歌声が会場を包み込んだ。

★製作発表会見の最後には、会場の観客と一緒に記念撮影も
IMG_5955FIX成河深田パネル持ち (2)

【写真転載厳禁】

 深田はにっこりとほほえんで「緊張というより、楽しんでやれました。毎日ピアノ演奏しながら歌っているんですよ」と音楽好きの素顔を明かし、まもなく始まるというけいこが待ち遠しいようだ。

★伸びやかな歌声を聞かせた深田恭子。赤いピアノが可愛い
IMG_6015 (2)深田歌唱

【写真転載厳禁】

 実は深田はプライベートでは犬を飼っているそう。「でも本当は猫が好きなんです」と報道陣を笑わせ、「だから猫を演じるのがうれしいです」と無邪気に喜んだ。成河はこの舞台に出演が決まってから「(道ばたの)猫を意識して見てしまうようになりました」とどうしても役作りをしてしまう様子。
 なんとか恋愛に結びつけたいワイドショーやマスコミが、恋心を抱かれる深田の役柄にちなんで最近の恋愛について聞くと、深田は困惑するでもなく「ないです。自分のことで精いっぱいで、まずは舞台をきちんと頑張らないと」と報道陣も納得の回答。初舞台への期待感をにじませた。

 今回は金沢にも巡演するが、成河は「おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさがあり、詩的であったり哲学的であったり、何より統一感のある世界観にはすごく大きなものがあるので、できれば全国縦断したいぐらいの作品です」と話し、「東京でもなかなか観られない特別なこの作品をぜひ楽しみにしていてください」と強烈PR。深田も「(けいこから東京公演にかけての)7〜8月はこの作品に全身全霊で挑んでいいものを作って、(9月の)金沢にお届けしたいと思います」と結んだ。成河が「素晴らしいですよ」と評価する深田のダンスにも注目が集まりそうだ。


andyhouse777 at 03:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★Report 

2015年06月29日

【舞台】 タガタリススムの、的、な。(2015)

 演劇において、観客は目撃者であり、なおかつ共犯者である。観客がいる空間すべてを演劇に取り込んだ地下空港の舞台「タガタリススムの、的、な。」はそのことをさらに強く感じさせた。毎回あっと驚く仕掛けで、観客の心をわしづかみにしてきた舞台芸術集団「地下空港」が、2013年の公演で大きな評判をとった本作の再演に挑んだ。スケールアップした「場」は、どこまでも広がっていく物語の大きさをしっかりと包み込み、謎を深めていく闇の空恐ろしいほどの奥行きをさらに強調。劇場は多くの俳優たちの激しい動きと、舞台装置のひとつと化したと言っても言いすぎではない観客によって、より高次元な物語へと昇華していった。

★地下空港舞台「タガタリススムの、的、な。」特設サイト

 劇場は座・高円寺。いすなどが可変式で取り払えるため、会場を正方形か長方形の大きなフラットな空間にして、外周といくつもの並行した縦の通路を作り、その通路の部分すべてで役者が演技をする構造だ。
 観客は壁沿いのいす席に加えて、通路と通路の間に座り込むかたちで着席する。本作を見た何人もの人が、映画「ハリー・ポッター」でのボグワーツの食堂に似ているとブログなどのSNSに書いているので、映画でご存じな方は、そうイメージしてもらえば良い。
 通路には、開演前から白い布が掛けられ、その中にはなにか柔らかいもの、そう人間がところどころに身を横たえていて、なにやら物語を繰り返しそらんじている。それほど気を入れずに聞いていると、明治から昭和初期に掛けての古めかしい近代文学のようにも聞こえるが、時折おどろおどろしい言葉も挟み込まれている。どうやらただならぬ物語のようである。既にこのとき、空気は醸し出されていたのである。

 やがて始まった物語は、現代のような近未来のような設定で、かなりのスリリングな展開を持って描かれていく。
 公演は終了しているが、再々演は必至とみられるので、将来この記事が検索された時にネタバレと指弾されない程度にストーリーを説明しておきたい。

 舞台は世界的な企業であるクルドダイナミクスの精密工場。作業場のど真ん中に誰もが目につくように、殺害された人間の遺体が置かれていた。工場での殺人事件の発生である。
 警察も動き出すが、SNSで犯人を示唆する文章が投稿される。犯人とされたのは、この工場に勤める従業員オウスマコト(原嶋元久)で、今朝はおかしなことに所用で遅刻し、現在出勤途中だった。オウスマコトは日雇い派遣労働者。世間はそこに意味合いを見つける。
 たまたま別の経済取材で工場入りしていたテレビスタッフがこの異変に気付き、たちまち生中継リポートを始めたため、瞬く間に事件は全国に知れ渡る。犯人示唆情報の真実度を疑う声があるものの、すべての国民の関心は、オウスマコトの身柄確保へと向き始める。
 異変に気付いたオウスマコトは出勤どころではなくなり、ついには善良な市民を脅して、逃亡せざるを得なくなる。もちろん自分には殺害の記憶などないまま。

 物語は、車を奪い取られた夫婦となぞの外国人労働者の少女を連れたオウスマコトの逃亡の旅をロードムービーのように丹念に追いながら、それを執拗に追い詰めていくテレビ局や殺害被害者遺族の姿と、無責任な害毒をまき散らし続けるSNSの向こうの人々の欺瞞を映し出す。
 やがてさらなる犯行が勝手に予告された場所へとすべての焦点が合ってくる。父と子、そして国、あまりにもスケールの大きな話に展開していく中で、登場してくる人物のキャラクターは明確に書き分けられ、妥協がない。

 広すぎる会場。肉眼で詳細を見られない弱点を埋めるように、あちこちで展開するシーンは、テレビカメラが執拗に追いかける。けたたましい声のリポーターによって映し出されるインタビュー。現代のメディア社会の縮図のように見せながら、スクリーンに映し出される画像と劇場、観客は一体化し、観客は自らが既に物語のど真ん中にいることを自覚するのである。

 こうした空間の裁き方、かなりの大人数の出演者の統制、物語の圧倒的な怒濤の力。どれをとっても並の才能ではない。
 主催の伊藤靖朗は静岡市出身。中学生のころから海外経験を持ち、その後も11カ国の訪問実績がある。1999年には「地下空港」を結成し、その後、内外で演劇活動を続けている。

 今回の公演は、即日完売という小劇場系では考えられないような人気ぶりだった。主演の原嶋がミュージカル「テニスの王子様」出身で、アイドル的な魅力を併せ持つ人気俳優だという要素も手伝ってのことだが、そうして原嶋目当てに来た若い女性ファンにも、演劇の真髄を見せつける伊藤の腹の据わった気持ちが頼もしい。

 その原嶋は、度肝を抜くようなストーリーの中で、見事な仕事をしたと言えるだろう。彼が演じたオウスマコト自身はあたかも小説「ゴールデンスランバー」の主人公のように犯人に仕立て上げられた者として観客の同情心を一心に集めながら、その実、主人公自身の中にもうごめく欺瞞や矛盾も垣間見せる。伊藤の作劇の力とは言え、原嶋のこの両面を感じさせる演技は見応えがあった。

 舞台「タガタリススムの、的、な。」は、2015年6月4〜7日に東京・高円寺の座・高円寺1で上演された。公演は終了しています。




andyhouse777 at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----小劇場

2015年06月27日

【News=速報】 「ハリー・ポッター」の新たな秘話を来年ロンドンで演劇作品として上演へ(2015)

 来年2016年に、人気児童小説「ハリー・ポッター(Harry Potter)」の新たな秘話が、ロンドンで舞台作品として上演されることが分かった。シリーズの舞台化ではなく、新たに創作されるストーリーであり、著者のJ・K・ローリングが「演劇はその物語にとってただ一つの適切な表現媒体だった」と述べるなど、演劇という表現方法を最大限活かした舞台作品になりそうだ。J・K・ローリングがtwitterに投稿して発表した。  舞台は著者にとってもエキサイティングなニュースだったようで、J・K・ローリングは日本時間の6月27日午後4時ごろ、twitterに「I'm also very excited to confirm today that a new play called Harry Potter and the #CursedChild will be opening in London next year.」と投稿して、舞台上演を発表。「It will tell a new story, which is the result of a collaboration between writer Jack Thorne, director John Tiffany and myself. 」と投稿して、自身とともに製作にあたったチームのメンバーを紹介した。  J・K・ローリングは「ハリーの秘話」と述べているだけで内容については一切明かされていないが、タイトルは「Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)」。AFP電が英紙デーリー・メールの報道として伝えているところでは、ヴォルデモート卿(Lord Voldemort)に殺されたハリーの両親のリリー・エバンズ・ポッターとジェームズ・ポッターの生前の物語になるとの観測が早くも出てきている。  内容が分かり次第、当ブログでお伝えする予定。 ★J.K.Rowling twitter

andyhouse777 at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2015年06月26日

【活動報告】 風男塾のインタビュー記事がTVfan本誌に掲載されました(2015)

 男装女子ユニット「風男塾」のメンバー、瀬斗光黄(せと・こうき)さんと新加入の仮屋世来音(かりやせ・らいと)さんのインタビュー記事が、6月24日に発売された共同通信社発行のテレビ総合誌「TVfan」本誌に掲載されました。

風男塾TVfan本誌


 人気上昇中の「風男塾(ふだんじゅく)」は、今年7月からユニット史上最大規模となる全国21カ所31公演の全国ツアー「風男塾ライブツアー2015 〜ラブメッセンジャー〜」に出発します。愛らしいルックスをきりりとした男装に包み、女性から男性まで着実にファンの数を増やしてきたメンバーが意気込みを語ってくれました。
 昨年末に加わった仮屋世来音さんが明るいキャラクターで盛り上げれば、男性でもなかなか醸し出せないかっこよさに定評のある瀬斗光黄さんはなにからなにまでハンサムな対応。笑いの絶えないインタビューになりました。
 既にCD発売や公演の実績があるアジアをはじめとして海外からの反響も日に日に増えていて、「男装女子」はクールジャパンの新たな文化のひとつになりつつあります。ツアーに先立つ7月2日深夜にはBSフジでライブの見どころや意気込みを探る番組も放送されます。ぜひご覧ください。

 わたくし阪清和は、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アートなどに関する作品批評や取材リポート、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、インタビュアー、ライター、ジャーナリスト、アナウンサー、MCとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、広告宣伝メディア、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、司会進行、企画支援、文章コンサルティング、アフタートークの司会進行などを手掛けています。今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

★「TVfan」2015年8月号=発売中



andyhouse777 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★活動報告 

【News=速報】 アップルミュージックの方針転換受け、テイラー・スイフトが最新アルバムを配信へ(2015)

 自らの抗議で、定額音楽配信サービス「Apple Music(アップルミュージック)」を始めるアップルが、無料使用期間中にもアーティストに対価を支払うよう方針転換したことを受けて、米歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)は25日、アップルに最新ヒットアルバム「1989」を配信すると発表。配信ボイコットを撤回した。AFP電が報じた。



 AFP電によると、テイラー・スイフトは「私のアルバムをストリーミングしてもいいと感じたのはこれが初めて。アップル、心変わりありがとう」とtwitterに投稿したという。

andyhouse777 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2015年06月25日

【舞台】 エリザベート(2015)

 もう何十回と観ているのに、観るたびに、そしてキャストが変わるたびに、こんなにも受ける印象や、心が激しく揺り動かされる場面が違うミュージカルは初めてだ。それは、この希代のミュージカル「エリザベート」が、死や不幸、不誠実や、対立、破滅などといった負のイメージの強い要素があちこちに張りめぐらされ、さまざまな角度であたるにび色の光がその都度、違う妖しさを持って私たちの心に取り憑くからだろう。晴れた日の青空のような底抜けの喜びを歌うミュージカルも悪くないが、この「エリザベート」の陰影のなんと豊かなことだろう。今回はキャスト陣も大幅に入れ替わり、制作陣にとっても挑戦的でエポックメイキングな公演となる。その緊張感と高揚感が、名作をより輝かしいものにしている。

★ミュージカル「エリザベート」の一場面。エリザベートを演じる花總まり
エリザベート-1花總まり

【写真転載厳禁】

★ミュージカル「エリザベート」公式サイト

 ミュージカル「エリザベート」は、その後「モーツァルト!」や「レディ・ベス」などを生み出す原点となったウィーンミュージカルの旗手、ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイによる作品だ。ウィーン劇場協会の製作によって1992年に生み出された本作は、誰もが知るハプスブルク家の悲劇の皇后エリザベートの生涯を単になぞるだけではなく、政治と個人、嫁姑問題、世代間の路線対立、民族独立など普遍的なテーマをさまざまに内包させ、なおかつ、「死(トート)」との対峙という、ミュージカルには似つかわしくないテーマを中心に据えたことで、唯一無二のミュージカルとなった。
 それから4年後の1996年、日本初演は宝塚歌劇団雪組公演。男役優位の宝塚であるため、主人公は男性であるトート、エリザベートは娘役が演じることになった。トートは一路真輝、そしてエリザベートは今回の公演でエリザベートのWキャストの一人となる花總まりだ。他にもいくつかの改変があり、それが日本版スタンダードとなって、宝塚での上演が続いた。

 そして東宝が取り組んだのが2000年。ここではウィーン版と同様にエリザベートが主人公で、トートがエリザベートとの宿命を背負った従の主役である。初演は、山口祐一郎と内野聖陽のWキャストというその後の東宝ミュージカルを象徴するような布陣で、エリザベートは宝塚でトートを演じてきた一路真輝だ。それを出発点に今年で15周年となる。

 投獄され自ら命を絶った後もなおエリザベートの死の真相を問いただされ続ける哀れな男ルイジ・ルキーニは、エリザベートを刺殺した男だ。「エリザベートが死を望んだからだ」とうそぶくルキーニは、それを証明するため、よみがえらせた死者を使って死までの経緯を弁明しようとする。
 そして始まった物語の舞台はオーストリア。時の皇帝フランツ・ヨーゼフは若くして即位したがまだ妻がいなかった。有力な公爵家の娘と見合いしたが、皇帝が見初めたのはその娘ではなく、その妹だった。女の子だがわんぱく盛りで木登りをして転落し九死に一生を得たこともあるような自由奔放な性格だったが、皇帝は自分の想像も出来ないような世界を知るその妹に惹かれていった。彼女こそがエリザベートだった。エリザベートは死にかけた際に、死の象徴たるトートと出会っていた。トートはエリザベートを愛してしまっていた。やがて、エリザベートの人生はトートに支配されたものになっていく。

★ミュージカル「エリザベート」の一場面。左から城田優、佐藤隆紀、蘭乃はな
エリザベート-5城田佐藤蘭乃

【写真転載厳禁】

 一見すると幸せそうなこのシンデレラストーリー。しかし宮廷で待っていたのは、皇帝が若いのをいいことに一切を仕切る皇太后ゾフィーの横暴ぶりだった。生活だけではない、自分が生んだ子どもの養育にさえ手が出せないのだった。
 皇太后に文句が言えない夫との冷え切った夫婦生活、そして国際的な権勢に陰りが見え始め、徐々に破滅への階段を降り始めたハプスブルグ家。すべてがきしみ始めていた。

 物語は、ヨーロッパ中を旅するエリザベートのさまよいと、トートからの死への誘いが充満する息苦しい日々へと変転していく。そしてすべてが壊れたとき−。

 なにをやってもうまくいかないエリザベート、どう修復すれば良いか分からなくなっているフランツ、父との対立が激化する一方の皇太子ルドルフ、エリザベートを御しきれないゾフィー、いまひとつエリザベートの心をつかめていないトート。登場人物の誰もが、少しずつ芽生えた悲しみの中にいる。そしてそれはどんどん大きくなって、破滅へと向かっていく。

 エリザベートは、なによりも「自由」を欲した。突然の求婚に戸惑いながらも宮廷入りを承諾したのは、フランツへの愛だけでなく、宮廷に「自由」があると思ったからだ。数々の苦難を経て、今、死後の世界にさえ「自由」を見るエリザベートの思いが悲しい。

 エリザベートは今回、花總まりと蘭乃はなのWキャスト。花總は宝塚歌劇での日本初演時にエリザベートに抜てきされた女優であり、蘭乃は退団公演でエリザベートを演じ、退団後初のこの公演でエリザベートを演じる。この宿命的な巡り合わせには、運命以上のものを感じざるを得ない。

★ミュージカル「エリザベート」の一場面。蘭乃はな
エリザベート-4蘭乃はな

【写真転載厳禁】

 花總はまるでエリザベートそのものであるかのように、存在そのものがエリザベートだ。無邪気な少女時代。結婚生活に自壊していく日々。彼女の女優としての生きざまがそのまま乗り移ったかのような演技は、観客を大いに惹き付けている。
 トートは井上芳雄と城田優のWキャスト。城田は5年前に初めてトートを演じた際に見せた毅然としたトートのあり方をさらに深めようとしている。初めて挑む井上は、これまでの豊富なミュージカル体験をすべてつぎ込んだような役づくりが魅力的だ。自分勝手なことを言っているのに妙に説得力のあるそのキャラクターは新しいトートとも言える。

★ミュージカル「エリザベート」の一場面。井上芳雄(左)と花總まり
エリザベート-6山崎花總

【写真転載厳禁】
★ミュージカル「エリザベート」の一場面。井上芳雄(左)と蘭乃はな
エリザベート-3井上蘭乃

【写真転載厳禁】

 かつては高嶋政宏の当たり役だったルキーニ役も今回は注目の若手ふたりが起用された。歌舞伎界から尾上松也とミュージカル界の貴公子たる山崎育三郎のWキャスト。特に尾上は、ルキーニの狡猾な部分と妙に人なつっこくどこにでも入り込んでいきそうなキャラクターをうまく演じ分けていて、見せた。

★ミュージカル「エリザベート」の一場面。ルキーノを熱演する尾上松也
エリザベート-2松也ルキーノ

【写真転載厳禁】
★ミュージカル「エリザベート」の一場面。山崎育三郎が演じる新しいルキーノ
エリザベート-7山崎ルキーノ

【写真転載厳禁】

 終盤ごろ、観客の胸の中は、陰鬱な思いで満たされている。しかしこれほどまでに魂が揺さぶられるミュージカルもない。あえて負のテーマを選んだからこそ、観客は自らも胸に問い続けざるを得ないのである。「死」を、そして「生」を。

 ミュージカル「エリザベート」は8月26日まで東京・丸の内の帝国劇場で上演予定。



andyhouse777 at 04:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----ミュージカル

2015年06月24日

【Topics】 今秋日本で放送の「サンダーバード」新シリーズ、8/29に2話分先行放送(2015)

 1965〜66年に英国で放送され、日本など世界中で大ヒットした「サンダーバード」の新シリーズ「サンダーバード・アー・ゴー」(仮題)が、今年秋からNHKで放送されることになり、そのうちシリーズの第1話と第2話が、夏休みスペシャル「新・サンダーバード 〜環太平洋火山帯<前・後編>〜」(仮題)として8月29日にNHK総合で先行放送されることが分かった。

CINRA.NETNews

 「サンダーバード」は、人形を使用したスーパーマリオネーション。私的な資金で国際救助隊を創設したトレーシー一家が、大きな災害や事故などが起こった際、国の垣根を越えた救助を行うため、サンダーバードと名付けられた用途別の各号機を出動させる物語。

 今回の新シリーズでは、CGアニメと実写モデルセットを使った特殊映像で再現される。新たなキャラクターも登場予定。



andyhouse777 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★Topics 

2015年06月23日

【News】 「青い体験」の官能派女優ラウラ・アントネッリが死去(2015)

 1970年代に10代だった世界中の男の子をとりこにしたイタリアの女優ラウラ・アントネッリ(Laura Antonelli)が22日、ローマ北西のラディスポリの自宅を清掃のため訪れた作業員に遺体で発見された。73歳だった。犯罪性はなく、警察当局は死因を心臓発作と断定したもようだ。AFP電やANSA通信などが報じた。中学生の少年を初体験に誘うメイドを演じた映画「青い体験」で大ブレークし、ヨーロッパを代表する官能派女優として活躍した彼女は、「ヌーベルヴァーグ」を代表するフランス人俳優ジャン・ポール・ベルモンド(Jean-Paul Belmondo)の元恋人としても知られており、ベルモンドをはじめ、その死を悼むメッセージが相次いで出されている。  ベルモンドは、AFPに宛てた声明で「深い悲しみにある。僕にとって、ラウラはとても魅力的な存在だった。そして最高のパートナーでもあり、セットでは皆から好かれていた。素晴らしい記憶としてとどめておきたい」と述べた。  ヴィスコンティ監督にも抜てきされるなど、華やかな1970〜80年代を送ったが、1991年にコカイン所持容疑で逮捕され、徐々に人生の歯車が狂いだした。麻薬は常習性は認めたものの密売の容疑は完全否定し、後に判決の取り消しを勝ち取っているが、映画の復帰にも失敗。公の場には姿を見せず、静かな後半生を送っていた。  

andyhouse777 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----ストレート

【News=速報】 「タイタニック」「アバター」の作曲家ジェームズ・ホーナーが自家用機で墜落死(2015)

 映画「タイタニック」の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(My Heart Will Go On)」でアカデミー賞歌曲賞を受賞し、「アバター」「フィールド・オブ・ドリームス」なども手掛けた作曲家のジェームズ・ホーナー(James Horner)が米国西部時間の22日、米カリフォルニア州サンタバーバラで、自家用機の墜落により亡くなったことが分かった。61歳の若さだった。米芸能誌バラエティー(Variety)などが報じたとAFP電が伝えている。  米ABCニュースなどの報道によると、現地時間の22日の午前9時半ごろ、ロス・パドレス国立森林公園の中に1機の飛行機が墜落。パイロット1名は死亡しており、飛行機がジェームズ・ホーナーの登録機であることが判明した。現地に駆けつけたアシスタントによってパイロットがジェームズ・ホーナー本人であることが確認されたという。  デイリー・メール紙やAFP電によると、ジェームズ・ホーナーは、セリーヌ・ディオンが歌って世界中で大ヒットとなった「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」をはじめ、前出の「アバター」「フィールド・オブ・ドリームス」以外にも、「ブレイブハート」「ビューティフル・マインド」「エイリアン2」「アポロ13」と数々の名作の楽曲を手掛け、オスカーには少なくとも6回以上ノミネートされている。またグラミー賞では13回中6回の受賞を果たしている。  第1弾が大成功した「アバター」では、第2弾、第3弾の作曲も進めていたという。

andyhouse777 at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

【活動報告】 山賢人さんインタビューがTVfanWebに掲載されました(2015)

 NHK連続テレビ小説「まれ」で主人公の希(土屋太鳳)の同級生、紺谷圭太を演じている山賢人さんのインタビュー記事が、テレビ総合雑誌「TVfan」のWeb展開サイト「TVfanWeb」にアップされました。これまでの大河ドラマ「花燃ゆ」「軍師官兵衛」のインタビューシリーズや、連続テレビ小説「マッサン」、連続ドラマW「悪貨」「夢を与える」「スケープゴート」「ふたがしら」、海外ドラマ「24」、BS歴史紀行番組などに関するインタビューやニュース記事などの際にご紹介したのと同じサイトです。インタビュー記事は同時にyahoo!、exite、goo、infoseek、so-net、BIGLOBE、楽天Womanなどのニュースサイトをはじめ、多くのウェブサイトに配信されています。

【TVfanWeb】山賢人さんインタビュー

 山賢人さんは、映画「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」やドラマ「弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」や「水球ヤンキース」などで注目された新進気鋭の若手俳優で、今年7月からのドラマ「デスノート」では「L」役に抜擢されている逸材です。「まれ」で演じる紺谷圭太は、輪島塗に魅せられ、職人の道を目指して厳しい修業を続けている好青年。パティシエになるために頑張る希とは互いの夢を認め合う間柄で、徐々に心の距離を縮めていきます。ぜひ「まれ」の放送もご覧ください。

 わたくし阪清和は、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アートなどに関する作品批評や取材リポート、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、インタビュアー、ライター、ジャーナリスト、アナウンサー、MCとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、広告宣伝メディア、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、司会進行、企画支援、文章コンサルティング、アフタートークの司会進行などを手掛けています。今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。


andyhouse777 at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★活動報告 

【舞台】 メアリー・スチュアート(2015)

 ふたりの人間がまったく対照的な存在であっても、どこかに同じ心のかけらを宿していることは少なくない。ことほどさように、対照的であるというだけで、ふたりがまったく違う人間だと決めつけるべきではないのである。鏡の中の自分は、左右が逆に見えるだけで、まったくもって自分自身なのだから。舞台「メアリー・スチュアート」は、同じ時代に生きた二人の女王の壮絶な生きざまの物語。何から何まで比べられた女と女の息詰まるような愛と憎しみの記録である。しかも彼女らを演じるのは女優としての純度が当代随一のふたり、中谷美紀と神野三鈴。その演技のぶつかり合いもまた、演劇史における「事件」そのものである。

★舞台「メアリー・スチュアート」公式サイト

 ここでの主役はふたり。イングランド国王ヘンリー8世と妻の侍女で後に王妃になったアン・ブーリンとの間に生まれた娘エリザベス1世と、スコットランドの女王として生まれ、フランス皇太子と結婚するも早くに亡くして帰国してきたメアリー・スチュアート。当時、イングランドとスコットランドは対立関係にあり、スコットランドはイングランドの敵であるフランスと友好関係を保っていたという背景がある。
 ふたりはともに女王の座についたが、それにいたるまで、そしてその後も決して幸せな日々ではなかった。しかし二人はそれぞれに生きた、懸命に。

 エリザベス1世は、母親のブーリンが女児であるエリザベスを生んだためにヘンリー8世に処刑され、エリザベスも王室から追放される。ヘンリー8世が後妻との間にもうけた男児が即位するも急死し、エリザベスの従姉妹メアリー・テューダーが即位する。テューダーはスペイン国王と結婚したばかりか、プロテスタントを徹底的に迫害し、エリザベスも敵対視して処刑の機会をうかがうことになる。しかしやがてテューダーは病に冒され、しぶしぶエリザベス1世への王位継承を承諾したのだった。

 一方、メアリー・スチュアートは、結婚したばかりの夫、フランス皇太子の急死の傷も癒えないままスコットランドに帰国し、プロテスタントが勢力を伸ばしていた国内を憂慮して、カトリック再興に尽力。プロテスタントの多い貴族階級と激しく対立するようになる。そしてこの後の結婚は幾度も失敗に終わる。反乱でスコットランドを追われイングランドに亡命するが、王位継承権を利用しようとする勢力の存在で生活は安定せず、ついにはエリザベス1世暗殺計画への関与を疑われて、投獄されてしまうのだ。

 王位にいるエリザベス1世と獄中のメアリー・スチュアート。これがこの舞台「メアリー・スチュアート」の出発点である。

 きっと自国の歴史を徹底的に教えられているであろうイングランドやスコットランドの国民(現時点では双方とも英国民ですが、独立を模索するスコットランドの方々にも敬意を表してこういう表現をさせていただきます)でもなかなか頭に入れにくい、王位の変転。ましてやひとりの女性の時間軸で見ていくことなどそうあるものではないだろうから、なかなかに理解しづらいところではある。歴史を軽視(必要以上に重視する政治家も多いが、それはおいといて)しがちな日本人には、他国の歴史であるということもあって、すんなり理解できている人は多くないと思われるが、なんとかこのあたりのベースをきちんと分かっていないと面白くないので、頑張って頭に入れておきたいところだ。
 ありがたいことに、近年は、例えばヘンリー8世については、海外ドラマ「チューダーズ<ヘンリー8世 背徳の王冠>」の主人公だし、メアリー・スチュアートの恋愛体質は海外ドラマ「REIGN/クイーン・メアリー」の主要なテーマ。アン・ブーリンの姉妹メアリーは映画「ブーリン家の姉妹」で描かれ、エリザベス1世の生涯は映画「エリザベス」と映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」でたっぷりと描かれている。そしてエリザベス1世とメアリー・テューダーの確執とエリザベスの即位については、昨年東宝がミュージカル「レディ・ベス」の主要テーマとして描き世界初演して高い評価を受けたばかりだ。参考資料は山ほどあると言っていい。

 エリザベスとメアリー。一見対照的なふたりだが、エリザベスは胸に熱く思いを秘めた男性がありながら、国の未来との天秤にかけ、生涯独身を貫いたし、メアリーは奔放に結婚を繰り返すが、常に災いがつきまとい、幸せにたどり着かない。そこには、国の未来に責任を担わされた重い立場の中にも、常に女の業が見え隠れするのである。

 かつてある女性に「よく『女の業(ごう)』っていうでしょ。女にも男にも業はあるけど、女の業を男が背負ったら、10秒ぐらいで死んでしまうと思うわ」と言われたことがある。その時の私が、業そのものではなく、死んでいく哀れな男のことばかり考えていたから、のちのちその女性にとんでもない煮え湯を飲まされることになったのだと、今になってみれば分かるのだが、ことほどさように、女の業とはやっかいなものだ。

 幸せになるためにそうするのに、それは幸せから遠ざける結果に結びついていく。では、それを封印したときに、いったい何が得られるのかもまたまったくの霧の中である。

 このふたりの女王の物語は当然、ヨーロッパでは身近なものである。本作はさらに、フリードリヒ・シラーの「メアリー・スチュアート」をイタリアの劇作家ダーチャ・マライーニが女性だけの芝居として自由に翻案したものである。
 つまり、ふたりは16世紀のあの時代、確かに歴史の表舞台に立ち、歴史をつくった施政者たちであったが、その後、男たちが作った「歴史」には彼女たちの「女の真実」は含まれていない可能性が高く、こうして、女の視点によって、歴史を語ることがいかに重要なことかが分かる。

★ダーチャ・マライーニ作「メアリー・スチュアート」=単行本


 女優ふたりによる二人芝居、であることは間違いないが、いわゆる濃密な空間の中で、二人の女が激突するというたぐいの、息詰まる二人芝居とはやや趣を異にしている。
 登場人物は5人いて、メアリーとその乳母、エリザベスとその侍女、そしてほかにもう一人である。
 主なシーンは、それぞれ、エリザベスと侍女の会話、メアリーと乳母の会話である。親以上に親密な関係だったはずの乳母や侍女に日頃から喜びも悲しみも愚痴も叫びも何でも話していたはずのメアリーとエリザベス。その会話によって、歴史も現実もすべてが表現されていく。演劇という企てのもっとも得意とする表現方法といっても良い。

 その舞台に立つのは中谷美紀と神野三鈴。
 中谷はテレビや映画での活躍が目立っていたが、2011年にフランソワ・ジラール演出の舞台「猟銃」で初舞台を踏み、紀伊國屋演劇賞個人賞と読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。2013年には三谷幸喜演出の舞台「ロスト・イン・ヨンカーズ」で読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞するなど、数少ない舞台出演で着実に成果を上げてきた。「猟銃」での静謐さ、「ロスト・イン・ヨンカーズ」でのややたがのはずれた陽気さと切なさ。映像作品で獲得したあまたのイメージのさらに上を行く舞台での演技。その神々しい存在感は、舞台こそが最も輝く場所なのだと思わせるものだった。
 神野は明確なビジョンに基づいた演技で自らの価値をひとつひとつ高めてきた実力派。演出家の要求に応えるだけでなく、誰もまねのできない世界を舞台上に作り上げることのできる感性のほとばしる女優である。既に脇に置いてそれで済む女優ではなくなっており、井上ひさし作品への相次ぐ起用、演劇史に名作の誉れ高い作品にも引っ張りだこだ。近年は、映像作品への進出も目立ち、「駆込み女と駆出し男」「日本のいちばん長い日」と話題の映画にも出演している。

 中谷は、メアリーの持つプライドと、愛への激しい渇望感、そして想像することすら許されない未来への不安をない交ぜにしながら、それでもすくっと立つ凜としたメアリーの姿を全身で表現していく。
 神野は、施政者として優位な立場に立ちながらも、決してメアリーに対して揺るぎない優越感を持っていない自分にも世間にもいらだっているエリザベスの姿をそれでも、静かに、悠々しく造形していく。

 交互に演じられていくそれぞれのシーン。二人が相対していないのに、まるで互いが互いの前で言葉をぶつけているような緊張感が襲い、そしてシーンが重ねられていくことによって徐々に高揚感が伝わってくる。
 演出のマックス・ウェブスターはテアトル・ド・コンプリシテでサイモン・マクバーニーとともに舞台づくりをしていた気鋭の若手。日本が誇る二人の女優の演技を自由に膨らませながら、より高い場所へと観客を導いていく。
 オペラで知られるドイツ人のデザイナー、ジュリア・ハンセンの美術、世界的アーティスト、ワダ・エミの衣裳と、超弩級のスタッフワークも見逃せない。

 舞台「メアリー・スチュアート」は、7月5日まで東京・渋谷のPARCO劇場で、7月11〜12日に大阪市のシアター・ドラマシティで、7月15日に広島市の広島アステールプラザ大ホールで、7月18〜19日に名古屋市のウインクあいち大ホールで、7月24日に新潟市のりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館劇場で、7月30日に福岡市のキャナルシティ劇場で上演される。

 上演時間は約1時間40分(休憩なし)。


<チケット購入は>=販売状況は各自お確かめください

PARCO劇場
チケットぴあ
e+(イープラス)
ローソンチケット



andyhouse777 at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★舞台 | ----ストレートプレイ

【News=速報】 アップルミュージックは試用期間中もアーティストに対価支払いへ、テイラー・スイフトの抗議で突如変更(2015)

 オンデマンド形式で楽曲をストリーミング配信する定額音楽配信サービスとして、米国時間で今月30日から提供が始まる米アップル(Apple)の「Apple Music(アップルミュージック)」では、3カ月間の無料試用期間中はアーティストに対価を支払わない方針であることに対して、米国内外の多くのアーティストから批判の声が集まっていたが、アップルは21日、サービスは予定通り始めるものの、無料試用期間中も対価を支払うことを決めたと発表した。AFP電などが伝えた。突然の方針変更の背景には、世界的な人気歌手テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の猛抗議と、自身の超人気アルバムのアップルミュージックでの提供取りやめ表明が影響したとみられ、他の音楽ストリーミングサービスに対しても「全楽曲引き上げ」措置などアーティストの権利を守るためには一歩も引かないテイラー・スイフトの豪腕ぶりと、世界の音楽界での影響力の強大さを示す一幕となった。  AFP電によると、この方針変更は、アップルのエディ・キュー(Eddy Cue)上級副社長(インターネットソフトウェア・サービス担当)が21日夜に、twitterに「無料配信期間を含む全ての段階で対価を支払う方針に転換する」と投稿して発表した。また米誌ビルボード(Billboard)によると、事前にアップルのティム・クック(Tim Cook)最高経営責任者(CEO)の了承を得て、現在オランダ・アムステルダム(Amsterdam)でツアー中のスウィフトに電話をかけたという。またAFP電によると、アップルのキュー上級副社長は、アップルが対価の支払いを免れようとしたつもりはなかったと弁明。懸念の声はスウィフト以外からも多く寄せられていたが、スウィフトが公の場で批判を展開したことを受け、対応を迫られたと語っている。いずれも、今回の決定が、テイラー・スイフトの抗議・反発に影響を受けたものであることを明白に認めたかたちだ。  テイラー・スウィフトは昨年、スウェーデンで創業した世界最大手の音楽ストリーミングサービス「スポティファイ(Spotify)」に対して、アーティストへの支払い額があまりに低いことを非難して、同サービスから全ての楽曲を取り下げる強硬手段を敢行。今回も、アップルの新サービスで、3か月間の無料試用期間中は、アーティストへの対価を支払わないことが明らかになると、「アップルの機嫌を損ねることを危惧する他のアーティストたちを代弁する」として、「ショッキング」な決定だと抗議。ここ1年間で世界最多の売り上げを続けている大ヒットアルバム「1989」のアップルミュージックでの配信を取りやめると表明していた。

andyhouse777 at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----速報

2015年06月20日

【Topics】 「24−TWENTY FOUR−」のスピンオフ作品制作へ、本体シリーズの続編は不透明(2015)

 シリーズが再始動した米国ドラマ「24−TWENTY FOUR−」で初めてのスピンオフ作品が制作されることになった。主人公はジャック・バウアーではなく、20代の男性テロリスト・ハンターで、年上の女性エージェントとともにテロ阻止のため立ち向かうストーリー。「24−TWENTY FOUR−」の復活シリーズを手掛けたハワード・ゴードンが今月初め、米エンタメサイトに明かしたという。制作は始まっている様子だが、放送日はいっさい不明。スピンオフ作品が成功した場合、シリーズ化される可能性もあるという。
 女性エージェントを演じる女優は、最新エピソード「24:Live Another Day(リブ・アナザー・デイ)」でジャック・バウアーの相棒を務めたケイト・モーガンを演じたイヴォンヌ・ストラホフスキーではないという。しかしイヴォンヌや、ジャック役のキーファー・サザーランドがゲスト出演する可能性はあるという。ただ、キーファー自身は今月中旬になってDeadlineとのインタビューに答え、「『24』に再出演しないのは他にやりたいことがあるから」と、スピンオフに出演する意思がないことを明らかにしている。一方で「(スピンオフ作品に)カメオ出演の可能性がないわけではない」とわずかな可能性があることを示唆した。

エンタメサイト「クランクイン!!」News

 日本の映画・テレビエンタメサイト「クランクイン!!」がDeadlineの報道として伝えているところによると、キーファーは、最新エピソード「24:Live Another Day(リブ・アナザー・デイ)」は「限定シリーズ」との認識で、シリーズをずっと続けることには現時点では消極的。しかし、「『24』は永遠に続けることのできる素晴らしい企画」だとして、スピンオフなど「新しいストーリーやキャラクターで展開すれば新風が吹く」との表現で継続もにおわせている。

 スピンオフ作品も楽しみだが、ファンが一番気にかけているのは「24−TWENTY FOUR−」の本体が今後も続くかどうかということ。当ブログとしては「続く」と見ている。

 それはまず、最新エピソード「24:Live Another Day(リブ・アナザー・デイ)」の評判が高かったこと。24回ではなく12回続きでもかなりの満足感が得られたこと。映画化はいまだに暗礁に乗り上げているということ。なによりハワード・ゴードン自身がシリーズは続けられるべきと考えていること。根拠はまだまだいろいろあるが、挙げたらきりがないほどだ。
 それに、「24:Live Another Day」のセル版特典としてつけられた長短編「独房より」として製作された一篇の映像が、かつてのジャック・バウアーの盟友でその後悪党一味に加担したとして逮捕、投獄されたトニー・アルメイダのその後の物語であり、なおかつ「24:Live Another Day」の数年後を描いているとして、「ブリッジストーリー(シリーズとシリーズをつなぐエピソードの意味)」と銘打たれていることから、ジャックの新たな展開とトニー・アルメイダの展開がリンクするのではないかという予想が日米で噴出しており、これが、年内に新シリーズ制作の発表があるのではないかとの観測につながっている。

 そして、キーファー自身が、こんなふうにのらりくらりとあーでもないこーでもないとインタビューに答えているときは、これまでの経験からたいてい何らかの企画が進行しているときなので、そう遠くない時期に新シリーズの制作が発表されるのはほぼ間違いないだろう。

 「24−TWENTY FOUR−」は、2001年に米国で放送がスタート。大統領直轄のテロ対策組織として設置されたテロ対策ユニット(CTU)の敏腕捜査官ジャック・バウアーが、米国陸軍特殊部隊デルタ・フォースなどで身につけた数々の戦闘能力をフルに活用して、大統領や大統領候補、外国要人の暗殺、核兵器強奪や核爆発による混乱を狙うテロリストなどの攻撃を知力体力を駆使して阻止する物語。米国をはじめ日本など世界中で人気が爆発し、1年以上も待たされる日本では各シーズンのレンタル開始日前夜からTSUTAYAなどのショップに長蛇の列ができるなど特に熱狂的なファンを生んだ。
 シーズン8放送中の2010年にテレビシリーズの打ち切りが発表されたが、その後、以前からサザーランド自身もインタビューなどで言及していた映画化が暗礁に乗り上げ、再びシリーズ復活が急浮上。2013年5月に制作元のFOXがシリーズの継続と最新シリーズ「24:Live Another Day」の制作開始を発表し、昨年2014年5月に全米で放送された。

 7月16日に全12回の放送を終了。日本での発売&レンタルも今年2015年3月4日に始まった。これまでの切れ味を失わず、新たな展開にも挑んでいるとして、日米いずれの国でもファンや関係者から高い評価を得た。

 その最新エピソード「24:Live Another Day」は、6月27日から7月11日まで土曜日ごとに4話ずつ3週間にわたって、WOWOWで放送されることが決まっている。


★「24:Live Another Day」日本語字幕付き予告映像


★「24:リブ・アナザー・デイ」DVDコレクターズBOX=amazon


★「24:リブ・アナザー・デイ」Blu-rayBOX=amazon


★一気に復習するなら「24−TWENTY FOUR−」日本上陸10周年記念コンプリートDVD-BOX=amazon



andyhouse777 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★Topics 

【News】 来春上演のミュージカル「1789 バスティーユの恋人たち」に小池徹平・加藤和樹、神田沙也加・夢咲ねねの両Wキャスト決定(2015)

 今春の宝塚歌劇団月組に続き、来年2016年4月から5月にかけて東京・丸の内の帝国劇場で上演されることが決まっているフランスの大ヒットミュージカル「1789 バスティーユの恋人たち」日本人キャスト版の主演カップルのロナンとオランプ役に小池徹平・加藤和樹と神田沙也加・夢咲ねねの4人がWキャストで出演することが決まった。ミュージカル化された「デスノート」で「L」役を演じるなど舞台でも進境著しい小池と、東宝ミュージカルへの出演実績も重ねる加藤。そしてミュージカル界での快進撃が続く神田と、今年宝塚歌劇団星組トップ娘役を最後に退団したばかりの夢咲。いずれも人気と実力を兼ね備えたフレッシュな顔ぶれが実現した。なお、注目のマリー・アントワネット役は花總まりが務める。

★「1789 バスティーユの恋人たち」フランスオリジナル版の映像=YouTube


 「1789 バスティーユの恋人たち」は、2012年にパリの劇場で初演され、以後フランス語圏で上演されてきた。1789年とは、バスティーユ牢獄が襲撃された年で、フランス革命の始まりとされている。
そんなころ、父親を銃殺されたロナンという青年が、パリで当時の革命家と出会い親交を深める。一方マリー・アントワネット王妃の王太子の養育係オランプは王妃とともにお忍びでパリの市内に出掛け、ロナンと出会うことになる。革命側と王妃側、まさに対立する勢力の中にいる二人に芽生えた恋。そんなとき、7月14日、バスティーユ牢獄襲撃の日が訪れる。革命前夜、そして革命の勃興期に生きた若者たちの運命を描く作品である。
日本では宝塚歌劇団月組が、小池修一郎潤色・演出により宝塚バージョンとして、今年4月から6月1日にかけて日本初上演された。

 今回の東宝版「1789 バスティーユの恋人たち」は、2016年4月9日〜5月15日に東京・丸の内の帝国劇場で上演される。

 チケットの発売は、2016年1月30日。


★ミュージカル「1789 バスティーユの恋人たち」特設ページ


andyhouse777 at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----ストレート

2015年06月19日

【活動報告】 石丸幹二さんインタビュー「花燃ゆ」編がTVfanWebに掲載されました(2015)

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のインタビューシリーズ第28弾として、吉田松陰や久坂玄瑞、高杉晋作ら松下村塾の考え方に理解を示し支援の手を差し伸べながらも、命をも省みず暴走する彼らを徐々に抑えきれなくなり苦悩する長州藩の重臣、周布政之助を演じている石丸幹二さんのインタビュー記事が、テレビ総合雑誌「TVfan」のWeb展開サイト「TVfanWeb」にアップされました。インタビュー記事は同時にyahoo!などのニュースサイトをはじめ、複数のウェブサイトに配信されています。

【TVfanWeb】石丸幹二さんインタビュー

 石丸幹二さんは甘いマスクを活かした役だけでなく、近年はさまざまな役柄に挑戦されていて、ファンにとっては、楽しみが広がります。「花燃ゆ」で演じる周布政之助は地元の人たちにとても愛されました。周布は、有能な官僚である一方で、たびたびお酒で問題を起こす人間的なところもあります。ぜひ「花燃ゆ」の放送でご覧ください。

 わたくし阪清和は、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アートなどに関する作品批評や取材リポート、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、インタビュアー、ライター、ジャーナリスト、アナウンサー、MCとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、広告宣伝メディア、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、司会進行、企画支援、文章コンサルティング、アフタートークの司会進行などを手掛けています。今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。

 大河ドラマ「花燃ゆ」は、兄も夫も亡くすことになる主人公の文が、美和と名を変えて、長州藩の奥御殿でいわゆる大奥の職につきます。兄や志士たちに囲まれた第一章から、文自身の力で人生を切り開いていく第二章に入ります。もっともっと「花燃ゆ」のことが知りたくなった方には、NHK出版から発売されている「花燃ゆ 前編(NHK大河ドラマ・ストーリー)」がお勧めです。私も2つの対談企画(教育対談/脚本家対談)で、司会進行と原稿執筆を担当しています。キャスト情報や背景説明なども盛りだくさんですので、どうかお手に取り、ご購入くだされば幸いです。
 また私は関わっていませんが、「花燃ゆ 後編(NHK大河ドラマ・ストーリー)」も店頭に並んでいます。どうぞご覧になってください。

【amazon】「花燃ゆ 前編(NHK大河ドラマ・ストーリー)」(NHK出版)


【amazon】「花燃ゆ 後編(NHK大河ドラマ・ストーリー)」(NHK出版)




andyhouse777 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★活動報告 

【Break】 東京タワーで青い光が!(2015)

 いま、夜の東京タワーはとっても神秘的です。

 タワーの大展望台が地上から何かを光線を使って吸い上げているようにも見えるこの青い光。実はこれは、今年も6月1日から始まった「天の川イルミネーション」のイベントで、フットタウン屋上から大展望台まで続く約600段の上下外階段にイルミネーションを装飾してあるんです。
 28000個のイルミネーションで飾られた大展望台の中もすっかり青の世界。外からは想像できないような非日常的空間が広がっています。

 昨年も外階段のライトアップは行われていますが、今年の外階段のLEDライトは昨年のほぼ倍の102000個。より不思議な輝きを増して、街行く人の足をしばしの間とどまらせているんです。青い光に包まれた外階段はいつものように歩くことも出来、東京タワー曰く「体験型イルミネーション」となっています。

IMG_5912


 大展望台での天の川イルミネーションは、8月31日までの開催が決定。毎日17時から23時まで大展望台の1階と外階段のライトが点灯されます。ただし、外階段の開放は、平日が17〜22時、土日祝日が11〜22時のみ。

★天の川イルミネーション(昨年2014年の大展望台の天の川イルミネーションの映像ですが、参考になります)


 本日6月19日は雨天のため、外階段の開放は中止でした。せっかくの金曜日の夜なのに、残念ですね。

andyhouse777 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★Break 

【News】 第153回芥川賞・直木賞の候補作決まる(2015)

【追記】第153回芥川賞・直木賞(平成27年度上半期)は7月16日夜に発表され、芥川賞に又吉直樹の「火花」と羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」が、直木賞に東山彰良の「流(りゅう)」が選ばれました。
 当ブログでは決定のニュースと受賞会見のリポートを投稿しています。ぜひお読みください。

★SEVEN HEARTS【News=速報】 第153回芥川賞は又吉直樹の「火花」と羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」、直木賞は東山彰良の「流」に決定(2015)

★SEVEN HEARTS【News=速報】 第153回芥川賞受賞会見で「うそみたいな感じ。金屏風似合ってますかね?」と又吉直樹(2015)

<以下、候補作が決まった時のニュース記事です>

 第153回芥川賞・直木賞(平成27年度上半期)は2015年7月16日に決定するが、6月19日付けで、両賞の候補作が出そろった。芥川賞には発表した「文學界」が創刊以来の増刷となり、三島由紀夫賞にもノミネートされた人気お笑い芸人の又吉直樹の「火花」や、覆面作家の内村薫風の「MとΣ」のほか、「シルエット」で「第44回群像新人文学賞」優秀作などを受賞している島本理生の「夏の裁断」、「指の骨」で「第46回新潮新人賞」を受賞した高橋弘希の「朝顔の日」、「楽器」で「第43回新潮新人賞」を受賞した滝口悠生(ゆうしょう)の「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」、羽田圭介の「スクラップ・アンド・ビルド」と、6作品が選ばれた。また直木賞には、自作映画の原案小説「ゆれる」が「第20回三島由紀夫賞」候補になった映画監督の西川美和さんの「永い言い訳」、今年の山本周五郎賞を獲得した柚木麻子の「ナイルパーチの女子会」、小説「虹の橋」で知られる澤田ふじ子の娘で、デビュー作「孤鷹の天」で「第17回中山義秀文学賞」を受賞した澤田瞳子の「若冲」、大ベテランで既にベストセラー作家の馳星周の「アンタッチャブル」、「路傍」で「第11回大藪春彦賞」に選ばれた台湾国籍を持つ台湾生まれの東山彰良の「流(りゅう)」、「第42回オール読物推理小説新人賞」を受賞した「キッドナッパーズ」などで知られる門井慶喜の「東京帝大叡古(えーこ)教授」と、6人の作品が選ばれた。 
 芥川賞は、4回目のノミネートとなる島本と羽田が、今年の三島由紀夫賞で候補となりいずれも受賞を逃した又吉、高橋、滝口や覆面作家の内村と実力派ぞろいの4人に真っ向から挑戦を挑まれるかたちで、早くも大激戦の様相を呈している。高橋さんは2回目のノミネートで、又吉、滝口、内村は初ノミネート。直木賞は、6回目ノミネートの馳星周がなんと言っても目立つが、3度目の柚木、2度目の西川と、力業を持つ女性作家2人が存在感を見せ、門井、澤田、東山の初ノミネート組が追う。柚木が受賞すれば山本周五郎賞とのダブル受賞は史上2人目となる。前回までは最年少受賞や最高齢受賞などが話題に上り、年齢がばらけていたが、芥川賞(29〜45歳)、直木賞(33〜50歳)と比較的落ち着いているのが傾向だ。いずれも接戦となりそうで、受賞の行方が注目される。

 選考会は7月16日午後5時から、東京・築地の「新喜楽」で行われ、順調に選考が進めば午後7時から8時すぎにかけて、受賞作が順次日本文学振興会から発表される見込み。該当作がない場合もある。贈呈式は後日開かれる。

 今回の審査員は次の通り。
▼芥川賞 小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美
▼直木賞 浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆき

HUFFINGTON POST News

 芥川賞に初ノミネートされた又吉は、相方の綾部祐二とともにコントなどに冴えを見せ、瞬く間に若手のトップグルーブに躍り出た注目株「ピース」のメンバーだが、普段から短編小説や自由律俳句なども手掛け、芸人随一の読書家、活字好きとして知られている。芥川龍之介や夏目漱石、谷崎潤一郎ら日本の近代文学に対する高い素養をベースに、自らが夢を求めて疾走し続けているお笑い界を硬軟織り交ぜた文章で描ききったのが処女小説「火花」。芸人が片手間に書いたというようなレベルではなく、かなり本格的な純文学だ。(文中はすべて敬称略)

 私は、単行本「火花」の発売日に、又吉さんに直接インタビューをさせていただきました。どんなやり取りがあったかは下のサイトでお読みください。
【TVfanWeb】又吉直樹インタビュー

<芥川賞の候補作は次の通り(敬称略)>
 ★内村薫風「MとΣ」(新潮3月号)★島本理生「夏の裁断」(文学界6月号)★高橋弘希「朝顔の日」(新潮6月号)★滝口悠生「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」(新潮5月号)★羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」(文学界3月号)★又吉直樹「火花」(文学界2月号)

<直木賞の候補作は次の通り(敬称略)>
 ★門井慶喜「東京帝大叡古(えーこ)教授」(小学館)★澤田瞳子「若冲」(文芸春秋)★西川美和「永い言い訳」(文芸春秋)★馳星周「アンタッチャブル」(毎日新聞出版)★東山彰良「流(りゅう)」(講談社)★柚木麻子「ナイルパーチの女子会」(文芸春秋)

 各候補作を個別に見ていこう。

【芥川賞候補】
●内村薫風「MとΣ」
 内村薫風(うちむら・くんぷう)は1969年生まれとしか分かっていない覆面作家。候補作は南アフリカ・ケープタウンの刑務所に向かう道路で起きた暴行事件から始まり、日本の馬喰町の会社での出来事に突然飛んでいく不思議な物語。
★「MとΣ」掲載の「新潮」2015年3月号


●島本理生「夏の裁断」
 島本理生(しまもと・りお)は東京生まれ。15歳で小説コンクールに当選し、「シルエット」で第44回群像新人文学賞優秀作、2003年に「リトル・バイ・リトル」で初の芥川賞候補になった。大学進学後、「リトル・バイ・リトル」は第25回野間文芸新人賞を史上最年少で受賞した。「生まれる森」「ナラタージュ」など優れた作品を次々と生み出しながら、数々の文学賞で候補作となり、2015年には「Red」が第21回島清恋愛文学賞を受賞している。
★「夏の裁断」掲載の「文學界」2015年6月号


●高橋弘希「朝顔の日」
 高橋弘希(たかはし・ひろき)は、1979年12月8日青森県十和田市生まれ。文教大学を卒業後、2014年に「指の骨」で第46回新潮新人賞を受賞している。候補作は、前回も芥川賞候補に選ばれている。昭和16年の青森が舞台で、結核にかかった妻の「死」の奥にある生を見つめる夫の姿が描かれている。
★「朝顔の日」掲載の「新潮」2015年6月号


●滝口悠生「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」
 滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)は、東京都生まれ、埼玉県育ち。早稲田大学を中退後、2011年に「楽器」で新潮新人賞小説部門を受賞。2014年は野間文芸新人賞の候補、今年2015年は三島由紀夫賞の候補に選ばれている。候補作は、2015年の時点から大学生の時に東北をバイク旅したことを思い出す妻子のある男性の記憶の物語。その間にある思い出がいくつも突然に挟み込まれ、まさに記憶の銀河の中を浮遊するような不思議な世界。ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスとは、ジミヘンが実際に率いていたバンドの名前。
★「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」掲載の「新潮」2015年5月号


●羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」
 羽田圭介(はだ・けいすけ)は東京都生まれ。2003年、明治大学在学中に文藝賞を受賞。2008年以降、様々な文学賞の候補になり続けている。候補作は、会社を辞めた後、再就職の試験に落ちまくっている28歳の無職少年と、同居する87歳の祖父との悲惨で滑稽な攻防戦を描く物語。
★「スクラップ・アンド・ビルド」掲載の「文學界」2015年3月号


●又吉直樹「火花」
 又吉直樹(またよし・なおき)は大阪府寝屋川市生まれ。お笑いコンビ「ピース」のボケ担当。候補作は、お笑い芸人である「僕」が主人公。お笑いに絶対的なこだわりを持つ先輩芸人との淡々としていながら壮絶な日々の中にさらさらとした郷愁や切なさが香る中篇で400字詰め原稿用紙にして230枚の力作だった。青春小説であり、お笑い芸人とは何かを深く追究する人間小説でもある。又吉はお笑い界では有名な読書家だったが、初めて書き手になったことで注目された。掲載された「文學界」2月号は、82年前の1933年の創刊以来、初めて増刷されている。
★「火花」掲載の「文學界」2015年2月号

★「火花」=単行本


【直木賞候補】
●門井慶喜「東京帝大叡古(えーこ)教授」
 門井慶喜(かどい・よしのぶ)は群馬県桐生市生まれ、栃木県宇都宮市出身。同志社大を卒業。2003年に「キッドナッパーズ」でオール讀物推理小説新人賞を受賞して頭角を現した。候補作は、東京帝大法科学科の宇野辺叡古教授が連続殺人事件に次々と遭遇し、「知の巨人」たる評判通りの活躍をしていく物語。湯川教授のような理系の天才ではなく、文系の天才を主人公にしたところがポイント。殺されたのは帝大の教授ばかりという不思議な事件をはたして解決することはできるのか。
★「東京帝大叡古教授」=単行本


●澤田瞳子「若冲」
 澤田瞳子(さわだ・とうこ)は、京都市生まれ。2010年に作家デビュー。中山義秀文学賞、新田次郎文学賞、本屋が選ぶ時代小説大賞などを受賞し、順調にキャリアを積んでいる。候補作は、注目されている画家、伊藤若冲がなぜあれほどまでにこだわりのある美しい絵を生み出していったのか、希代の画家らの生き様も交えて、伊藤若冲の絵の秘密に迫る芸術小説の傑作。
★「若冲」=単行本


●西川美和「永い言い訳」
 西川美和(にしかわ・みわ)は、広島市生まれ。早稲田大学を卒業。テレビマンユニオンの面接で是枝裕和監督に見い出され、以後スタッフとして働いた後、「蛇イチゴ」「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」と話題作を連発し、日本を代表する女性監督にまで成長した。脚本を手掛けることが特徴で、紡ぎ出す文章は文学性にあふれているため、直木賞以外にも山本周五郎賞で候補になっている。候補作は、妻を突然のバス事故で亡くした人気作家が、同じように母を亡くした一家と出会うことで、あらためて、いや初めて妻と向き合う物語。
★「永い言い訳」=単行本


●馳星周「アンタッチャブル」
 馳星周(はせ・せいしゅう)は、北海道生まれ。「不夜城」などで冒険・推理系の文学賞は多数受賞しているが、直木賞はまだ。悲願の受賞となるか。候補作は、捜査中に人身事故を起こした捜査一課の宮澤警部補が配属された公安部外事3課で、妻の浮気そして離婚で頭がおかしくなったと言われている「アンタッチャブル」こと椿警視と出会う警察小説。このポンコツコンビがテロの脅威に挑む。
★「アンタッチャブル」=単行本


●東山彰良「流(りゅう)」
 東山彰良(ひがしやま・あきら)は台湾生まれで、5歳まで台北で過ごしたという。2009年に「路傍」で大藪春彦賞を受賞している。候補作は、国民党と共産党の対立に揺れた嵐の時代の台湾が舞台。中国、日本とたどりながら、蒋介石が死んだ直後に殺された主人公の祖父の死の秘密にたどり着く物語。
★「流」=単行本


●柚木麻子「ナイルパーチの女子会」
 柚木麻子(ゆずき・あさこ)は、東京都生まれ。2008年にオール讀物新人賞を受賞。候補作は、主婦ブログの筆者と愛読者のキャリアウーマン。同い年の二人はある日出会うが、ひょんなことがきっかけで思わぬところへと物語は進んでいく。
★「ナイルパーチの女子会」=単行本




andyhouse777 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----ストレート

2015年06月18日

【Topics】 映像コンテンツ権利処理機構が番組出演の連絡先不明権利者探し(2015)

 当ブログで昨年2014年5月29日に投稿した「【Topics】 テレビ東京が連絡つかない『不明者』を大捜索中(2014)」という記事が最近やたらと検索され、私のブログにいらっしゃる方が増えていたので、またテレビ東京がなにか動きを始めたのかと思ったら、そうではなかった。同じように番組出演者で連絡のつかない芸能人を探している団体があり、そこが公開している行方不明者リストに「ショムニ」などのドラマで人気だった美人女優の宝生舞の名前が載せられたために、ここ数日、ネット界が騒然となっていたことで、以前投稿時にかなりの反響があった私の当該の記事が検索エンジンに引っかかり、ブログ来訪者が急増していたのだ。私は20年ほど芸能界に関わっているので、宝生舞が引退したらしいことはなんとなく聞いていたが、世間にとってはかなりの衝撃だったようで、ずいぶんな盛り上がりを見せていた。結局、宝生舞は本人ではないものの関係者と連絡がついて、無事リストから除外されたことで一件落着。同じ大阪生まれの水瓶座として昔から応援してきたので、どうか今は幸せな暮らしをされていることを願うのみだ。
 しかし、検索エンジンから私のブログに来る方の数はまだ1日数百アクセス規模あり、せっかく情報を求めて来たのに必要な情報を得られないまま、ネット内をうろうろさせるのも申し訳ないので、私が知る限りの情報を書き留めておきたい。とは言っても宝生舞の近況ではないのであしからず。

 この不明権利者リストを公開していたのは、一般社団法人映像コンテンツ権利処理機構(aRma)。文字通り、映像コンテンツの二次利用に際しての権利処理業務を円滑に進めるための団体である。出演者の権利を守るのが一義的な目的だが、それによって二次利用、再放送などがスムーズに進めば視聴者にとっても大きなメリットになる。
 この団体の事業の一つとして、不明権利者の探索、通知があり、「不明権利者」の一覧表を作って公開しているのだ。
 NHKから民放まで、そしてWOWOWのようなBSまで含めたさまざまな番組の出演者や権利者の名前(芸名)が掲載されており、放送年月日や番組名などが記載されている。ドラマであれば役名があればイメージしやすいのだが、そこまで担当者に望むのは酷というものだろう。
 テレビ東京が社史を作るために、連絡がつかない芸能人を昨年ネットで大捜索した際は、ご本人より、周りの人が気づいて本人に「あなた載ってるよ」と連絡するケースが多かったが、中には「私はここにいるのに、なんで行方不明?」といぶかしがる人まで出たりした。
 今回のリストで連絡がついたと報じられているのは宝生舞だけだが、既に2011年から不明権利者の探索は始めているので、ほかにも見つかるケースがあってもおかしくない。ネット社会はこうした情報リサーチ、人探しには大変な威力を発揮するが、それにしても大変な作業だ。

 このリストには大河ドラマや時代劇が多いことに気づく。大河ドラマは現在では主要キャストだけでも年間100人ぐらいは登場するし、脇役や端役まで入れたら数百人規模。時代劇では名もなき町民や武士役も多いだろうから、納得できるところだ。

 やはり1970〜90年代の古いドラマに不明者が多い。いまほど権利関係が重視されていなかった可能性があり、放送局側にも書類が残っていないケースが多そうだ。
 しかし、比較的最近のドラマでも不明者がいることも分かる。たとえば2006年放送の「特命係長只野仁スペシャル」や2008年放送の「タイムスクープハンター」の一篇など。2001年度上半期の連続テレビ小説「ちゅらさん」にも不明者はいる。

 そして連絡がつかないのが不思議な人もいる。
 例えば俳優の村田一朗は、2013年に「ドクターX」のシーズン2に出演したほか、同じ年に「相棒」シリーズの中でも傑作の一つだと言われている元旦スペシャル「アリス」にも出演。WOWOWの連続ドラマW「震える牛」や山村美紗シリーズの2時間ドラマにも出ていて、翌2014年はテレビ東京のドラマ「刑事長」に出演している。
 去年とおととしにこれほどまでにドラマに出ていても、連絡がつかないことがあるのだ。

 そしてテレビ東京の際も同じような現象が見られたが、既に亡くなっている有名な芸能人が掲載されているのだ。このリストにはポール牧、たこ八郎、E・H・エリックが記載されている。たこ八郎は1985年に、E・H・エリックは2000年に、ポール牧は2005年に亡くなっているが、著作権などを継承している人物と連絡がつかないということなのだろう。

 同様のケースがどうかは分からないが、リストに掲載されている女優の田坂都は、中学時代から活躍し、「おれは男だ!」でバトン部の副キャプテンを演じて人気を博し、名作と言われる映画「新幹線大爆破」では新幹線に乗り合わせた妊婦という重要な役を演じていたが、大変残念なことに2013年6月に60歳の若さで亡くなられている。

 いずれにしても、これだけの探索作業を進めるという努力には本当に頭が下がる思いだ。権利関係をクリアにして、誰もがあらゆるコンテンツにアプローチできる、そんな社会が早く来てほしいものだ。

★テレビ東京の不明者探しについてはこちらの当ブログ記事をご覧ください。既に不明者探索は終了しているものと思われます。



andyhouse777 at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★Topics 

【News】 シャーリーズ・セロンがショーン・ペンとの婚約を解消、と米メディア(2015)

 オスカー女優のシャーリーズ・セロン(Charlize Theron)が、「生涯のパートナー」と呼んでいた同じくオスカー俳優のショーン・ペン(Sean Penn)との婚約を解消したことが分かった。婚約者としての交際期間は2年間だった。米国時間の6月17日に米芸能誌USウィークリー(US Weekly)が報じたとAFP電が伝えている。   米芸能誌USウィークリー(US Weekly)によると、婚約の解消を決めたのはセロン。二人は長年にわたり友人関係にあった。  二人はわずか1カ月前の今年5月にフランス・カンヌで行われた映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)」のプレミア上映会に共に出席し、仲の良いところを見せていた。

andyhouse777 at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★News | -----ストレート

2015年06月17日

【活動報告】 松山ケンイチさんインタビューがTVfanWebに掲載されました(2015)

 オノ・ナツメ原作の人気漫画をドラマ化したWOWOWの連続ドラマW「ふたがしら」(6月13日からスタート済み)で、急逝した盗賊の頭(かしら)が跡目を自分より後輩に継がせる遺言を残したことに反発して、新しい盗賊一味をつくろうと相棒とともに旅に出る主人公の弁蔵を演じている俳優の松山ケンイチさんのインタビュー記事が雑誌「TVfan」のWeb展開サイト「TVfanWeb」にアップされました。「ふたがしら」はWOWOW初の時代劇となります。インタビュー記事は同時にyahoo!などのニュースサイトをはじめ、複数のウェブサイトに配信されています。(撮影・阪清和)

【TVfanWeb】松山ケンイチさんインタビュー

★WOWOW:連続ドラマW「ふたがしら」オフィシャルサイト

 松山ケンイチさんは21世紀に入って俳優デビューし、映画「デスノート」での名探偵”L”役でその表現力が絶賛され、後編にあたる「デスノート the last name」では迫真の演技が光りました。以降もドラマ「セクシーボイスアンドロボ」や映画「デトロイト・メタル・シティ」、ドラマ「銭ゲバ」など一見突飛な役柄も持ち前のリアリティあふれる演技でまとめ上げ、2012年の大河ドラマ「平清盛」では清盛役で主演。若手俳優のトップランナーとされる位置づけを獲得しました。本作「ふたがしら」では、豪放磊落ながらやややんちゃな弁蔵が泰然自若とした頭(かしら)に成長していく過程を魅力的に造型しています。ぜひともWOWOWの放送でご覧ください。6月13日にスタートし、7月11日までの全5話です。

 わたくし阪清和は、エンタメ批評家・ブロガーとして、毎日更新の当ブログなどで映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・ウェブカルチャー・現代アートなどに関する作品批評や取材リポート、国内・海外のエンタメ情報・ニュース、受賞速報などを多数執筆する一方、インタビュアー、ライター、ジャーナリスト、MCとして雑誌や新聞、Web媒体、公演パンフレット、劇場パブリシティ、広告宣伝メディア、公式ガイドブック、一般企業ホームページなどで幅広く、インタビュー、取材・執筆、司会進行、企画支援、文章コンサルティング、アフタートークの司会進行などを手掛けています。今後も機会を見つけて活動のご報告をさせていただきたいと思います。わたくしの表現活動を理解していただく一助になれば幸いです。お時間のある時で結構ですので、ぜひご覧ください。


andyhouse777 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ★活動報告 
★仕事のご依頼は★
映画・演劇・ドラマ・音楽・漫画・現代アートなどエンターテインメントに関する取材・インタビュー・記事執筆・批評・パンフレット編集・司会・ナビゲート・コメンタリーなどで私がお役に立てることがありましたら、何なりとご用命ください。パンフレット編集やエンタメの著名な賞の審査員、雑誌での連載、ラジオ番組でのレギュラー出演、エンタメイベントの司会進行などの経験もございます。下記アドレスにメールをいただきましたら、すぐにご連絡させていただきます。エンタメ以外でもぜひ!

sevenhearts@spa.nifty.com
月別アーカイブ
ページ別順位(2014年8月4日現在)=直接リンクはされていませんので、各ページへ行くには、タイトルをコピーして下かトップ右の記事検索欄にペーストして検索してください
<01> Endless SHOCK 2014(21907)
<02> 太陽2068(9402)
<03> Endless SHOCK 2013(8821)
<04> なにわ侍 ハローTOKYO!!(8399)
<05> 直木賞芥川賞2013前期候補作決まる(5734)
<06> ソング・ライターズ(4968)
<07> 第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞にリリー・フランキー(4586)
<08> MIWA(3890)
<09> 「そして父になる」に世界から熱視線(3590)
<10> 「カッコーの巣の上で」舞台版が小栗旬主演で開幕(3316)
<11> 抜目のない未亡人(2862)
<12> マーガレット(2641)
<13> PLAYZONE → IN NISSAY(2550)
<14> 高校中パニック!小激突!!(2213)
<15> ストリッパー物語(2132)
<16> ダディ・ロング・レッグス=2014(2059)
<17> 刑事ドラマの殉職特集を放送(2049)
<18> 殺風景(1952)
<19> 今ひとたびの修羅(1818)
<20> ムサシ ロンドン・NYバージョン(1791)
<21> ムサシ ロンドン・NYバージョン=2014(1791)
<22> 「レ・ミゼラブル」と「アルゴ」にGグローブ賞(1760)
<23> かもめ(1725)
<24> 頭痛肩こり樋口一葉(1693)
<25> レディ・ベス(1665)
<26> イン・ザ・ハイツ(1637)
<27> 私が黄金を追う理由(1593)
<28> ジャック再び降臨「24」最新シリーズ放送開始(1592)
<29> 木の上の軍隊(1522)
<30> 国民の映画(1517)
<31> 2013前期芥川賞に藤野可織、直木賞に桜木紫乃(1315)
<32> ショーシャンクの空に(1280)
<33> ジャニーズ2020ワールド(1228)
<34> A.B.C座2013 ジャニーズ伝説(1178)
<35> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜=2014(1116)
<36> DREAM BOYS JET(1113)
<37> 「愛の渦」映画化(1087)
<38> 「ピトレスク」の稽古場公開(1085)
<39> 「レディ・ベス」世界初演ついに幕開け(1065)
<40> BACK STAGE(1047)
<41> 金閣寺(1028)
<42> シスター・アクト(990)
<43> レ・ミゼラブル(958)
<44> THE BIG FELLAH(953)
<45> 「天才執事ジーヴス」でウエンツと里見が名コンビに(952)
<46> 半沢直樹(923)
<47> もらとりあむタマ子(918)
<48> ザ・ワーズ 盗まれた人生(875)
<49> Holidays 休暇(862)
<50> ロスト・イン・ヨンカーズ(816)
<51> ミュージカルベストテンの選考投票に参加(804)
<52> ロンサム・ウエスト(787)
<53> 花嫁と父つなぐピアノ、盛岡のCMが話題(785)
<54> クリプトグラム(779)
<55> うかうか三十、ちょろちょろ四十(761)
<56> 奇跡の7人「THE BIG FELLAH」に集う(755)
<57> シレンシオ(695)
<58> アルトナの幽閉者(652)
<59> 筧利夫が世界最新演出版の初回を無事完遂(637)
<60> ネクスト・トゥ・ノーマル(635)
<61> ザ・ビューティフル・ゲーム(624)
<62> 私のダーリン(618)
<63> LOVE CHASE !!(599)
<64> SHOCK1000回達成(591)
<65> つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜(589)
<66> 第86回日本アカデミー賞主演女優賞に真木よう子(575)
<67> 天翔ける風に(574)
<68> 愛の渦(572)
<69> 恋と音楽(569)
<70> モンテ・クリスト伯(551)
<71> ストロベリーナイト(549)
<72> 半沢直樹 その2(530)
<73> 第86回日本アカデミー賞主演男優賞に松田龍平(520)
<74> ベネチア金獅子賞に「サクロ・グラ」(513)
<75> 第86回日本アカデミー賞助演女優に真木よう子(498)
<76> 韓国版「家政婦のミタ」はチェ・ジウ主演(494)
<77> 米経済紙が半沢直樹特集、英語で倍返しは?(493)
<78> 第150回芥川賞直木賞候補作決まる(492)
<79> ライクドロシー(477)
<79> エニシング・ゴーズ(477)
<81> 太鼓たたいて笛ふいて(475)
<82> マイ・フェア・レディ(465)
<83> 屋根の上のヴァィオリン弾き(458)
<84> 秋のソナタ(450)
<85> ABC座2014ジャニーズ伝説(439)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<86> 「ミス・サイゴン」世界最新演出版の稽古場公開(437)
<88> 渇いた太陽(436)
<89> 雨と夢のあとに(435)
<90> マンマ・ミーア!(429)
<91> 晩餐(426)
<91> マイケル・ジャクソンの新曲8曲入り新譜発売へ(426)
<93> 声(423)
<94> Tribes(417)
<95> ジェニファー・ローレンスがショートヘアーに(408)
<96> Paco〜パコと魔法の絵本〜from『ガマ王子vsザリガニ魔人』(403)
<97> 名もない祝福として(396)
<98> テンペストを白井晃演出で(395)
<99> ジャニーズ・ワールド(390)
<100> 半沢直樹 その3(383)
<101> 「シェルブールの雨傘」5年ぶり再演へ(378)
<102> 音のいない世界で(375)
<103> テイク・ディス・ワルツ(369)
<104> 組曲虐殺(364)
<104> 春琴(364)
<106> 「レ・ミゼラブル」は6/21発売(361)
<106> 「国民の映画」再演決定(361)
<108> ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(348)
<109> レ・ミゼラブル新演出版(347)
<110> 関数ドミノ(346)
<111> NO MORE 映画泥棒新バージョン(342)
<112> ピアフ(339)
<113> 海辺のカフカ◆archive◆(338)
<114> 007ファッション南青山で公開(334)
<114> 北島三郎、座長公演も最後と表明「引退ではない。歌い続ける」(334)
<116> 野田秀樹の「MIWA」に豪華俳優が集結(331)
<117> ロンドンでマティスの切り紙絵展始まる(330)
<118> ハリウッド白熱教室(322)
<119> リトルマーメイド(320)
<120> ぴんとこな(316)
<121> トガニ 幼き瞳の告発(313)
<122> カンヌバルムドールに「アデルの人生」(309)
<123> 脳男(305)
<124> トニー賞は「キンキーブーツ」(301)
<125> 赤鬼(299)
<126> BRAVE HEARTS 海猿(293)
<127> 「レディ・ベス」開幕前にトークイベント(291)
<128> 「オペラ座の怪人」完結編ついに日本初演へ(290)
<129> 第86回日本アカデミー賞作品賞に「舟を編む」(286)
<130> 取材・執筆した「殺風景」PR記事が掲載されました(281)
<131> ナタリー・ウッド事故死ではない可能性(278)
<131> 第86回日本アカデミー賞監督賞に石井裕也(278)
<133> 「海辺のカフカ」再演決定(277)
<134> 真夏の方程式(273)
<135> ハーベスト(269)
<135> 第21回読売演劇大賞は森新太郎(269)
<137> 4 four(268)
<137> 日の浦姫物語(268)
<139> iSAMU(258)
<140> ウルトラマリンブルー・クリスマス(254)
<140> 「風立ちぬ」公式上映で瀧本美織が存在感を発揮(254)
<142> トニー賞2014Ms作品賞(251)
<142> 進化するミス・サイゴン7月から世界最新演出で日本公演(251)
<144> ワイルド・スピード EURO MISSION(249)
<145> 半沢直樹第2回は21.8%で大台乗り(245)
<146> 小さいおうち(244)
<147> てんぷくトリオのコント(243)
<148> 「スクルージ」開幕、市村正親が意欲(242)
<149> 第67回カンヌ国際映画祭が開幕、長澤まさみも登場(241)
<150> アジア温泉(230)
<151> スター・トレック イントゥ・ダークネス(229)
<152> 「シスター・アクト」に個性派ずらり(226)
<152> 河瀬直美「2つ目の窓」公式上映で12分の鳴り止まぬ拍手(226)
<154> 片鱗(225)
<155> ジョン万次郎の夢(223)
<156> 白い夜の宴(221)
<157> 台湾の超美形ボーカルバンド人気、日本に到達(216)
<157> 野田秀樹の「赤鬼」気鋭の演出家・俳優で上演中(216)
<159> ウィズ〜オズの魔法使い〜(215)
<160> ビトレスクキャスト陣一体感強調(214)
<160> 戦隊ヒロイン「女子ーズ」にときめく5女優集結(214)
<162> GODZILLA ゴジラ(212)
<163> 第151回芥川賞直木賞候補作決まる(211)
<164> マクベス(207)
<164> ムーミン生んだトーベ・ヤンソン生誕100周年迎える(207)
<166> サウンド・オブ・ミュージック(205)
<167> テレ東が「不明者」を大捜索中(202)
<167> 「エッグ」再演決定、初の海外パリ公演も実現(202)
<169> 舟を編む(201)
<170> 蝋燭の灯、太陽の光(199)
<170> アナ雪の「スリラー」ダンス映像が大反響(199)
<172> 満天の桜(196)
<172> レッド・ツェッペリンがリマスター版収録の未発表曲2曲公開(196)
<174> ジェーン・エア=映画(193)
<175> さいあい シェイクスピア・レシピ(188)
<175> トニー賞2014Ms助女賞(188)
<177> ダディ・ロング・レッグス追加公演決定(181)
<178> 図書館戦争(180)
<179> KREVAの音楽劇再演、各界から逸材結集(179)
<180> ザ・フルーツ(178)
<181> 八月の鯨(176)
<182> 魔女の宅急便(173)
<182> 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ミュージカル日本初演へ(173)
<184> G・グローブ賞録画放送(172)
<184> 100回泣くこと(172)
<186> プラチナデータ(170)
<187> テルマエ・ロマエ供168)
<187> 第86回アカデミー賞のノミネート作決まる(168)
<189> オブリビオン(167)
<189> キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(167)
<191> あなたがここにいればよかったのに(166)
<192> ジェーン・エア=舞台(162)
<192> さよならドビュッシー(162)
<194> 華麗なるギャツビー(161)
<194> 藁の楯(161)
<194> ポール・ウォーカー急逝の波紋広がる(161)
<197> 異国の丘(160)
<197> 8月31日〜夏休み最後の日〜(160)
<197> 追悼 大瀧詠一(160)
<197> 安室奈美恵の洗練されたマッシュアップ映像が話題(160)
<201> ホロヴィッツとの対話(159)
<201> ヒトミ(159)
<203> 半沢直樹第6回も29.0%と好調維持(158)
<203> 初音ミクオペラにパリが熱狂(158)
<203> 中古LPからマービン・ゲイのパスポート発見(158)
<206> エッグ(156)
<206> 「ショーシャンクの空に」舞台化決定(156)
<208> J・K・ローリングの新作に34歳のハリー・ポッター登場(155)
<209> サビタ稽古場イベント(154)
<210> 風立ちぬ(151)
<210> 村上春樹、2013年のノーベル文学賞逃す(151)
<210> 追悼 やしきたかじん(151)
<213> 半沢直樹第5回は29.0%と続伸(150)
<214> The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(146)
<215> さよなら渓谷(145)
<215> WILCO(145)
<217> 新国立劇場2014-15ラインナップ発表(144)
<217> 「メリー・ポピンズ」の裏側描く映画初上映(144)
<219> トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンpart2(143)
<220> 半沢直樹最終回は42.2%とミタ超え、関西は歴代最高(142)
<221> ダチョウ課長の幸福とサバイバル(141)
<222> ベネチア女優賞(140)
<223> 中学生円山(139)
<224> 大事なはなし(138)
<224> 「I'll be back」で大論争(138)
<224> 宮本亜門がドンペリPartyのショー演出(138)
<227> ナミヤ雑貨店の奇蹟(137)
<227> ケイティ・ペリーが着物パフォーマンス(137)
<227> 県庁おもてなし課(137)
<230> カンヌ審査員にキッドマンと河瀬直美ら(135)
<231> 任侠ヘルパー(134)
<231> レディー・ガガ、涙の訳はマネージャーとの決別?(134)
<231> 鬼才ラース・フォン・トリアーの最新作は超過激 !(134)
<234> 客家(133)
<234> その夜の侍(133)
<236> トニー賞2014Ms主女賞(131)
<237> 半沢直樹第3回は22.9%で今年ドラマトップ(130)
<237> DREAM BOYS(130)
<237> 米ゴールデン・グローブ賞ノミネート作決まる(130)
<240> 第39回菊田一夫演劇大賞にレミゼのキャスト&スタッフ(129)
<240> 海峡の光(129)
<242> 悪霊(128)
<243> シェイクスピア生誕450年記念上演始動、ハムレットは北朝鮮にも巡演へ(126)
<244> トニー賞2014MsRV作品賞(125)
<245> ミス・サイゴン(124)
<246> ザ・スーツ(123)
<246> フィリップ・シーモア・ホフマンが急死(123)
<246> 陽だまりの彼女(123)
<246> 共喰い(123)
<246> 「ドラえもん」英語吹き替え版は日米文化研究に興味深いヒント数々(123)
<251> 半沢直樹第4回は27.6%に急伸(122)
<251> ベルリン金熊賞(122)
<251> ミス・サイゴン=2014(122)
<251> 南京錠の橋ポン・デザール一部崩壊(122)
<255> 思い出を売る男(121)
<256> ダディ・ロング・レッグス(120)
<257> ずっと二人で歩いてきた(119)
<257> 横道世之介(119)
<259> 新・幕末純情伝(118)
<260> カウラの班長日記sideA(117)
<261> 無明長夜(116)
<261> ガラパコスパコス(116)
<263> 第86回米アカデミー作品賞に「それでも夜は明ける」(115)
<264> 半沢直樹に幻のラストシーン、DVD&Blu-rayに収録へ(114)
<264> 虚像の礎(114)
<264> 渡辺謙が「王様と私」でブロードウェイデビューへ(114)
<267> 大奥〜永遠〜【右衛門佐・綱吉篇】(112)
<268> 半沢直樹第9回は35.9%とさらに上昇(111)
<268> 地獄でなぜ悪い(111)
<268> トニー賞2014Ms助男賞(111)
<268> ピンク・フロイド10月の20年ぶりのアルバム発売を正式発表(111)
<272> ハムレット(109)
<272> ロックアウト(109)
<274> アカデミー助演女優賞はアン・ハサウェイ(108)
<274> 闇金ウシジマくん(108)
<274> 授業(108)
<274> 東京国際映画祭サクラグランプリは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」(108)
<278> トニー賞2014PRV作品賞(107)
<278> トニー賞2014Ms主男賞(107)
<278> リチャード3世の墓と断定(107)
<378> 鍵泥棒のメソッド=舞台版(107)
<282> 半沢直樹第7回は30.0%と壁突破(105)
<282> ソチの脱出ヒーローまたも閉じ込め(105)
<282> 東京タワーはGW特別ライトアップ中(105)
<285> サ・ビ・タ日本版来春再演決定(104)
<285> 米アカデミー賞最注目は9歳の少女(104)
<285> 日本舞台美術家協会が7年ぶり展覧会開催(104)
<288> エンロン◆archive◆(103)
<288> つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(103)
<288> そして父になる(103)
<291> みなさん、さようなら(101)
<292> レミゼ衣装を東京3都市で展示(100)
<293> アルゴ検証番組日本初放送(99)
<294> 「荒野の七人」新吹き替え版放送(97)
<294> 五輪色の東京タワーを月も見に来た?(97)
<296> キングコングの巨大ロボ公開(96)
<296> 手のひらの砂漠(96)
<296> 第151回芥川賞は柴崎氏、直木賞は黒川氏(96)
<299> 釣りバカ全作品をWOWOWが一挙放送へ(95)
<299> アナと雪の女王(95)
<301> ラ・マンチャの男(94)
<302> ジャニス・ジョプリンがハリウッドの殿堂入り(93)
<302> 初めてなのに知っていた(93)
<304> るろうに剣心(92)
<304> THEMANZAI2013優勝はウーマンラッシュアワー(92)
<304> トニー賞2014P主男賞(92)
<304> ピンク・フロイドが10月に20年ぶりのアルバム発売か(92)
<308> ベネチア最終盤情勢(91)
<308> 獣の柱まとめ*図書館的人生<下巻>(91)
<308> 第86回米アカデミー賞総まくり(91)
<308> SONG&DANCE60感謝の花束(91)
<312> 夢売るふたり(90)
<312> アカデミー主演女優賞はジェニファー・ローレンス(90)
<312> 建てましにつぐ建てましポルカ(90)
<312> 半沢直樹DVD&Blu-ray発売は12/26(90)
<312> 赤塚不二夫のココロ展〜2015年は生誕80周年なのだ!〜(90)
<312> 地下室の手記(90)
<312> 昭和レストレイション(90)
<312> チェ・ジウとクォン・サンウ、11年ぶり共演ドラマ「誘惑」スタート(90)
<320> 撫で撫で(89)
<321> 僕等がいた(89)
<322> 集金旅行(88)
<323> リトルマエストラ(88)
<323> ワイルド・スピード第7作の製作休止へ(88)
<323> ベルリン女優賞に黒木華(88)
<323> カンヌ女優賞はジュリアン・ムーア(88)
<323> 東京タワーがサムライブルーに(88)
<323> ワイルド・スピード第7作撮影再開、急死のポール部分は実弟2人で補充(88)
<329> 日本記者クラブ個人D会員になりました(87)
<329> インポッシブル(87)
<331> 鍵泥棒のメソッド=映画版(86)
<331> ルビー・スパークス(86)
<333> トニー賞2014P作品賞(85)
<334> 其礼成心中(84)
<334> キャロリング(84)
<336> ヘルタースケルター(83)
<336> 魔女とたまごとお月様(83)
<337> 第20回全米映画俳優組合賞はアメリカン・ハッスル(81)
<338> 「スター・ウォーズ」6作を一挙放送へ(80)
<339> カンヌグランプリにコーエン兄弟(79)
<339> 日本アカデミー賞作品賞は桐島、(79)
<339> メモリーズ・コーナー(79)
<339> 凶悪(79)
<339> 自動改札やスマホで光るネイル発売へ(79)
<344> 半沢直樹第8回は32.9%とさらに上積み(77)
<344> 第67回カンヌ国際映画祭まもなく開幕(77)
<346> 来訪者(76)
<346> AKB48総選挙2014渡辺麻友が初の1位指原は2位に陥落柏木3位(76)
<348> カンヌ監督賞にアマト・エスカランテ(74)
<348> ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン(74)
<348> ベネチア銀獅子賞(74)
<348> 未成年モデル保護法案が米上下院通過(74)
<348> ツナグ(74)
<348> 最も稼いだ女優はアンジョリーナ・ジョリー(74)
<348> 東京震度5弱、都心は無事です(74)
<348> ユーミンの音楽×演劇コラボ、第2弾は比嘉愛未とW主演(74)
<356> ヴィンセント・ギャロが日本映画に出演(73)
<356> 暗いところからやってくる(73)
<358> カンヌ男優賞にブルース・ティーン(72)
<358> 世界の名刑事が大集結(72)
<358> 新しい靴を買わなくちゃ(72)
<358> キャプテン・フィリップス(72)
<358> 三鷹で昭和の名優作品続々上映(72)
<363> スター・ウォーズ最新作にハン、ルーク、レイアの3俳優出演決定(71)
<364> 最強のふたり(70)
<364> 大島優子が紅白でAKB48卒業宣言(70)
<364> 傷心のミック、復活待つ世界(70)
<364> 錬金術師(70)
<364> 当ブログのFBページいいね2000件達成(70)
<369> プロメテウス(69)
<370> スターウォーズ新シリーズ公開は再来年12/18(68)
<370> ポール・ウォーカーが事故死(68)
<370> トニー賞2014P主女賞(68)
<373> トム・ハンクスの陪審員まさかの強制終了(67)
<373> 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(67)
<375> ロバート・プラントがツェッペリン再結成を完全否定(66)
<375> 無欲の人(66)
<375> 宇宙兄弟(66)
<378> アカデミー作品賞はアルゴ(65)
<378> ライフスタイル体操第一(65)
<380> ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。(64)
<380> 「風と共に去りぬ」の続編について作者が手紙で返答していた(64)
<382> 臨場 劇場版(63)
<382> カンヌ最終盤情勢(63)
<382> ウィリアム・シェイクスピア(63)
<382> 多彩に変化する東京の空(63)
<382> マイティ・ソー、10月から性別を変更へ(63)
<387> ジェーン・エアその2(62)
<387> ヤバレー、虫の息だぜ(62)
<387> 東京家族(62)
<387> ポール・マッカートニー5月に再来日屋外ライブ(62)
<387> 三鷹市芸術文化センター星のホール(62)
<392> アカデミー主演男優にマシュー・マコノヒー(61)
<392> ブルージャスミン(61)
<392> 「アメリカントップ40」の名DJケーシー・ケイサムが死去(61)
<395> モンスターズクラブ(60)
<395> ダークナイト・ライジング(60)
<395> カンヌ女優賞にベレニス・ベジョ(60)
<398> バイトショウ(59)
<398> サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜(59)
<400> アウトレイジビヨンド(58)
<400> タランティーノ脚本流出に怒り次回作中止?(58)
<400> 第150回直木賞に朝井と姫野、芥川賞に小山田(58)
<400> トニー賞2014P助男賞(58)
<404> 黄金を抱いて翔べ(57)
<404> ベネチア審査員大賞(57)
<404> ロンドンの劇場で天井崩落(57)
<404> マン・オブ・スティール(57)
<404> カンヌ2014審査委員長はジェーン・カンピオン監督(57)
<404> ハリソン・フォード宇宙に帰還(57)
<409> 潜水艇ボンドカー、8600万円で落札(56)
<409> ストーンズが豪NZツアー無期限延期(56)
<411> ザ・マスター(55)
<411> 世界にひとつのプレイブック(55)
<411> 「B・ジョーンズの日記」最新小説は恋するシングル・マザー(55)
<411> 学士会館(55)
<411> ビートルズの公式ドキュメンタリーを44年ぶりに制作へ(55)
<416> Gグローブ賞作品賞(54)
<417> のぼうの城(53)
<417> 芸劇リニューアル(53)
<417> セックス・ピストルズの心暖まるX'mas映像放送へ(53)
<420> モンティ・パイソン再結成へ(52)
<420> 三人姉妹(52)
<420> I’M FLASH !(52)
<420> カルティエのX'masアニメ公開(52)
<424> グッモーエビアン!(51)
<424> 日本レコード大賞はEXILE(51)
<424> アカデミー主演女優賞にケイト・ブランシェット(51)
<427> リンカーン(50)
<427> Gグローブ主演女優賞(50)
<427> プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(50)
記事検索
レ・ミゼラブル特設コーナー
★Blu-rayコレクターズBOX=amazonページ


★公式記録集「レ・ミゼラブル--舞台から映画へ」大型本
★大ヒットドラマ「半沢直樹」12/26発売!★
★DVD ★Blu-ray
あまちゃん特設コ-ナ-
★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-1


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-2


★「あまちゃん 完全版」Blu-ray BOX-3
映画系DVD or Blu-ray
舞台系DVD or Blu-ray
楽天ショップへ
人気作品ランキング
参加中のブログ
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
ninjatools tag