January 08, 2017

answer。


この曲を聴くたびに、殿を思い出すことでしょう。。




殿と過ごせた時間は、すべてが輝いていて、出来ることなら守っていきたい時間だと思っておりました。
でも現実を見ると、そうはいかなくて、何の相談もなく一足先に守りに入ってしまったわたしを殿は責めることなく、
わたしの気持ちを優先してくださって、最後までお優しい殿でいてくれました。





殿とは、もっとずっとまえに出逢いたかった。
現世には、なんの期待もしていない。だから来世でわたしを嫁にして。
このコトバに嘘偽りはございません。






ステキな思い出と温もりとたくさんの愛情を注がれて、ほんとうにしあわせでした。


わたしも忘れない。
やくそく通り、来世でお互いを探し出して一緒にいてください。
殿、ありがとう。またね。










anego6_8 at 00:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)鯉のお話 

December 31, 2016

さようなら2016

年末ですので、ノコノコと更新にやってまいりましたanego☆でございます。
ボンジュール。







さてさて、いよいよもって活発化してきましたわね!?と思わせては、とんと放置あそばしておりましたblog。
年内最後の記事でございます。







振り返れば、中身はやはりピンク色。
アダルトカテゴリーにぴったりなピンク色でございました。
こんなわたくしについて来てくださった少数派のみなさま、ほんとうにありがとうございました&お世話になりました。






先日、髪色を変えようと、一旦ブリーチあそばしましたが、見事に失敗。随分と下手くそになってしまったようですこと。
只今、暗めのカラーを被せながらのバスルーム投稿でございます。したがって本日はピンクネタが登場しない兆し。






そして更に先日、友人の恋愛話で号泣するという事件が発生致しました。
感受性が高いのでしょうか、経験がものを言っておりますのか、主人公に身を置いてしまい、考察あそばせばあそばすほど、涙が延々とこぼれ落ちましてよ。
声を出して泣くなんて、人生でそうそうありませんのに。
大人になればなるほど、恋愛は難しくなるものですものね、今更ながら青かったあの時代に戻ってみたいものでございます。






2017年は酉年。
三歩歩かずとも、ほとんどのことを忘れてしまいがちなわたくしですが、心機一転、とりのようにピーピーうるさく、ひよこのように可愛がられ愛される、そんな大人になりたく存じます。
無理とか言った方、聞こえておりますわよ。
あとで体育館の裏に来るように。






それでは、みなさまにとって2017年がステキな1年になりますように。
良いお年をお迎えくださいませ。










anego6_8 at 11:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日常(・ε・`●) 

December 18, 2016

切断。

image
前髪が伸びましたの。




どうにも、鬱陶しくてよ。
慣れない長さと、ピンで留めあそばしても、もちゃもちゃしては、ぴよーんと出てまいります前髪。。
仕事中も絶えず前髪ばかりを弄っておりますの。
弄るのは、、いえ、なんでもなくてよ。




ここ数日の間は、
ひたすら、前髪切りたい、、、とばかり思っておりますわたくしです。




はぁん、切りたくてよー!!
もう、ばっさり切り殴りたくてよ。
そんな思いをぶつけながらの連投でございました。

anego6_8 at 20:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ぼやき(・ε・`●) 

滞納。

驚くほどに、更新を滞らせておりましたanego☆でございます。




頻度が著しく低下致しましたのに、ご訪問ありがとうございます。




2016年が終わろうとしており、お仕事がヘヴィになってまいり、わたくしの睡眠欲はとどまることを知らず、気付けば睡魔様に毎夜襲われておりましたの。
満を辞して、、というわけではございませんが、約1ヶ月振りの更新を!!と思いやってまいりましてよ。




そしてもう1つ残念なことに、インモラルさんの話題ではなく、いつか見たキレイなもの、のお写真を持ってまいりましたの。
時差と妄想とで成り立っておりますblogに相応しいですわね!




久しぶりすぎまして、どのように書いたらいいのか思い出せず、探っておりますわたくしをお許しくださいませ。
写真を愉しむblogもたまには、いいんじゃないかしら?カテゴリーに合っておりませんが。









11月。
いつもお世話になっておりますお姉様方とライトアップを見に行って時のものでございます。
image





image





image





image





image





image





image





image





image





個人的には、真っ赤なもみじのお写真がお気に入りでございます。
迷いなくまっすぐ伸びております竹を見ておりましたら、これまでの人生を懺悔したい気分になりましたこと。




最後の逆さもみじのお写真は、是非とも肉眼でおさめて頂きたい圧巻の景色。
リンダリンダの世界観でございます。
お姉様方、また来年もご一緒致しましょうね!

anego6_8 at 19:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日常(・ε・`●) 

November 07, 2016

お許しを。

恐ろしいほどに放置している形になっております。
こんばんは、anego☆でございます。




思いがけず読書が捗りましたり、寒さからの逃避により暖房器具の前で気を失ったりと、blogから遠のいた生活を送っておりました。




近々、殿から頂きましたインモラルさんについての記事を掲載しようと考えております。
本日はその予告、ということで、しばらく放置していたわたくしをお許し頂けませんかしら?

anego6_8 at 00:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)手抜きじゃないわ! 

October 23, 2016

騙し絵。

センター分けにしました前髪が、両耳にかかる長さまで伸びましたanego☆でございます。
センター分けにしますと、どうしても思い出してしまいますわね、アグネスを。
年齢を感じます表記をお許しあそばせ。








最近、絶不調ですの。
そう、競馬が。
悔しいほどにハズしております。
1着は当てられても他がダメとか、1着3着を当て2着だけが当てられないとか、どうなっているのかしらー。
下半期は、全くと言っていいほどに、いいことが無くってよ(競馬で)。あと数ヶ月しかないことを嬉しく思うべきなのかしら。








あんクロワッサン。
もっともっと食べたいから、いっぱい作ってよ!と弟に言われましたので、パイシート4枚を使い、あんこを全て包みきりましたの。
32クロワッサン出来ましてよ。








image


一見ぎょうざ。
ノンノン、ぎょうざ。
姉にもお裾分け致しました。








お仕事やめて、あんクロワッサンをひたすら作って、競馬で儲ける。そんな生活してみたいものですわね。
その場合、あんこもパイシートも憎たらしいものへと変貌を遂げてしまうのでしょうけれど。
はぁ。競馬で当てて焼肉食べたかったわ…

anego6_8 at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手料理 

パイパイ。

みなさまも隠しきれないほどに、お好きでしょうが、わたくしも好きでしてよ。




PPAP。




流行りに乗っておりますのか、還暦を過ぎ何年か経ちました父親すら『アイハバァペーン』と口ずさんでおりましてよ。
しかしながら『アイハバァペーン』のあとが続かず、エンドレス『アイハバァペーン』祭り。
そんな父親に『黙って寝ろ!』と一蹴してしまうわたくしをどうかお許し頂けませんかしら。




これでも、自称☆美しい日本語普及委員のanego☆でございます。




あまりに薄っぺらい1週間を過ごしてしまったようで、記憶に残っていることと言えば、とんこつスメルの強過ぎます"臭いラーメン屋"のお話しで、殿とモッコリしたこと、くらいですの。




そうね。
東北地方に、突然寒さがヤッてまいりましたために、みなさまも例に倣い睡魔に襲われていることと存じます。
大丈夫、わたくしも襲われ続けては、抵抗する間もなく、身を委ねておりましてよ。



わたくしが毎夜、イチャイチャしておりますお布団からしてみれば『コタツ』という物体は浮気相手そのもの。
最近は、その浮気相手と数時間を過ごし、さも、何もなかったかのようにお風呂に入り、何食わぬ顔でお布団に埋もれる日々を過ごしておりますの。
わたくしったら、とんだアバズレですこと!!
コタツでの仮眠前にお風呂タイムを堪能し、お布団とイチャつきあそばすことが、当分の目標でございます。本格的な冬が到来する前にクセ付けをしなくてはならなくてよ。




お話がそれてしまいましたが、
東北在住者にとっては、短すぎます秋が到来し、何を食べましてもおいしく感じられてしまいます秋マジックを堪能中かと存じますの。
感じるのは…あ、いえ、なんでも。
夏の隠しきれない疲労が秋に姿を現しますのは、加齢によるものなのかしら。




甘いものを体内に取り込みたい。そう思っておりましたら、突然クロワッサンたい焼きを欲し始めましたの。
かれこれ4日ほど前から。
我慢ならず、わたくしがとった行動は…




冷凍パイシートであんこを包むという作業。




image



アクセントにクルミとザラメを乗せましてよ。




もちろん、アレ以外にもあんこがお好きな殿にもお裾分け致しましたの。




味をしめましたわたくしは、残っておりますパイシートと、これまた残っておりますあんこをせっせせっせと包み、あんクロワッサンを作成。




image





もう、センスが溢れすぎてしまって、申し訳なくてよ!!!




2皿分作成しましたが、
『これ、食べていいの?うんまー!!』と言い、1皿全てを平らげました弟。
父親も口に入れた瞬間『うめーな』と言っておりましたが、口に入れた瞬間とは、なんとも疑わしいですこと。




みんなのKEIBAを見ながらのおやつタイムに向け、明日もせっせせっせとあんこ巻き巻きしたく存じます。

anego6_8 at 03:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)手料理 | 日常(・ε・`●)

October 16, 2016

溢れ落ちた液。

驚くほどの期間、livedoorアプリにすら触れず、blogを放置していたことを思い出しましたanego☆でございます。








時間を見つけては読書をしておりましたの。
知的さをアピールしてしまって申し訳なくてよ。うふふ









3週間くらい前からでしょうか。
わたくしの心を鷲掴み、カラダを支配してくださっております殿が、職場にお顔を出さなくなり、不安と(欲求)不満な日々を過ごしておりましたの。









そんなわたくしの心を察知してくださるエスパー殿は、すかさずテレフォンしてくださり、セクシー満開なエロネタでわたくしを悦ばせてくださっておりましたので、なんとか生きながらえてきましたの。








ある日。
殿の運転致しますトラックと、わたくしのウニちゃん号がS市でスライドするかもね、というお話に。
しかしながら、その日のわたくしの予定には、車屋でエアコンを診てもらうというイベントが待ち受けており、S市でのスライドは叶わない夢へと変わりつつありましたの。








ウズウズ。
殿に、
殿にお会いしたくてよ!!
殿のお顔をほんの一瞬だけでも拝みたくてよ!!!
そう思い、決心致しましたの。
温風を気まぐれでしか吹き出さない、古いウニちゃん号。真冬でもないため、多少厚着致せば寒さなんて凌げますわ!
わたくし、殿のお顔を拝みにイキたくてよ!!!!








その趣旨を殿に説明致しましたら、エアコンよりも俺を選んでくれたのね、と言い、当初はスライドの予定でしたのに、中間地点で落ち合うという展開に相成りましてよ。
心情を汲み、仕事の合間に時間を取ってくださる心優しい殿。
あはん、そんな殿が、たまらなく好きっ!!!








殿が先に着き、わたくしを誘導してくださり、無事に殿のお顔を拝めましたの。
嬉しさの極み!と悦んでは、接吻あそばし、トーキング。…してるかと思えば、殿の指先は服の上から、わたくしの敏感な部分をあっという間に刺激。








早い。
いつもながらに、早い展開。
そう思いながらも、殿が太股を開かせれば、スッと素直に脚を開き、
ベルトに手をかけファスナーをおろせば、サポートするようにわたくしは腰をそっと上げますの。








Tバックの隙間から、秘部『蜜子』を焦らしながら責め始めます殿の指に翻弄され、官能めいた声が車内に響き渡りましてよ。








一仕事を終え、次に殿は自身のファスナーを開けましたわ。
おさまりきれない程にいきり勃ちましたジョニーさんが、元気に飛び出してまいりましたの。
たまらず飛びつきますわたくし。








『ああー、もう、ムービー撮りたい。俺から見えない角度から撮りたい』と言われながらも、薄暗い時間から更に暗さが増した車内で、むしゃぶりつきましたの。








『さぁて、どこでどうやって挿れようかな…』


『えぇ!!?』


『え?挿れないの?』


『ほ、欲しくてよ!』


『どこでする?』


『グランドの中心』


『いいねー』


『とか言ってみたものの、そんなこと出来なくてよ!』


『じゃあもう、このまま挿れちゃおっかな』と言っては外に出ました殿。








不安な面持ちで殿を見つめましたら、助手席で四つん這いになり、外に尻を突き出すように、と言われましたの。
従順ですもの、わたくし。








半青姦。
夕方とは言え、静まり返った暗闇で、ことに及びました殿とわたくし。
わたくしの官能めいた声は、締め切った運転席にぶつけられておりましたが、尻を向けております助手席側が全開ですので、漏れ聞こえていたかもしれませんわ。








殿のテクニックから逃れられませんわたくしは、場所がどこであれ、狂ったように昇天あそばしますの。
また、シチュエーションを重んじます殿は、瞬時に脳内で展開あそばし、気持ちが高ぶったところでフィニッシュ。








フィニッシュした頃合いに、殿のトラック前方から車が来たご様子で、2人同時に慌てふためきますわ!








わたくしはシートと尻の間にティッシュを敷き、平然と座っては衣類を局部に。
殿は……








『ダメだ…溢れてくる』







フィニッシュ直後の出来事ですので、静かにしようがするまいが、意に反し白濁したものは吐き出されましてよ。
ティッシュを手に取り殿に手渡しますが、後のフェスティバル。







待てど暮らせど(という表現が、この場合正しいのかどうか分かりかねますが)前方から車は現れないというオチ。
慌てふためき、衣服を汚す。
中高生のようなことをしてしまいましたこと!!








電話で繋ぎました3週間。
締めくくりに最終日は、車内ではない場所で交わることに。
殿は『遅くなったホワイトデー』と言って、わたくしに手渡してくださったプレゼントは、淫漏流-インモラル-というアイテムでございました。
そのお話は、またいつか。

anego6_8 at 03:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)回顧録 | ピンクなお話

October 06, 2016

i k a r i。

image

『怒り』
私が愛したのは、誰だ?
私を裏切ったのは、誰だ?






大好きな吉田修一様作品。






10月1日。映画の日。
kumi★様と観に行ってまいりましたの。
また今回の作品も、観終えた後にとことん考えさせられる作品でございました。






想像だけではぶち当たる壁が多すぎますので、細かいところまで探りたくなったわたくしは、映画を観たあとではございますが、本を購入致しましたの。






ネタバレしそうですので、多くは語りませんわ。
真夜中に1ページでも読もうものならば、時間を忘れ読み耽ってしまいますので、金曜の夜から読書開始しようと思っているところですし。






映画を観た感想は…
人を信じ、人を疑い、後悔したり、モヤモヤしたり。
嘘をついたり、騙してみたり。
そうやってこの歳まで重ねてきました経験と、いつの間にか培われました感情や欲が、
至るところ至る場面で、それぞれの主人公と重なり、自然と涙溢れる映画、そして後悔を繰り返す映画、そのように感じました。
正直、衝撃が強すぎます。






思い出す、不意打ちで予告を観るなどの、ちょっとしたことで、涙腺崩壊の危機でございます。
DVDが出ましたら『悪人』同様、買ってしまいそうでしてよ。

anego6_8 at 22:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日常(・ε・`●) 

October 05, 2016

高湯温泉物語、おまけ。

早朝5時。パラパラと起き出し、お風呂へと向かいますわたくしたち。




湯上がり早々、喉の渇きを訴えますわたくしは、冷蔵庫を開け、前日手をつけずに残っておりましたお酒を手にし、飲み始めましてよ。




朝6時前から酒盛りとは、人生初の試み。
サキイカを齧りながら飲酒しますわたくしの周りは、早朝とは思えません珍味の香りが漂い、kumi★様に『朝とは思えないニオイ』と、笑われましてよ。




その後、なかなかお風呂から戻られません妖怪さんを残し、美魔女さん、kumi★様も誘い『あらごしみかんのお酒』をシェア。




美魔女さん『妖怪さん、帰ってこないわね…』

kumi★様『お風呂場で倒れてたりしないよね…?』

anego☆『確かに戻ってこないわね』


それから10分ほど経過し、本当に戻られません妖怪さんの安否が気になり、大浴場まで確認に行きましたら、白濁しました湯で、じゅん。。。と潤ったお肌を鏡越しに眺めておりましてよ。




anego☆『やだ、もう!!溺れたりのぼせたのではないかと心配になりましたわ!!わたくしたち、朝っぱらから飲んでおりましたの、妖怪さんも戻って飲みましょう!』
と、半ば強引に連行。




どうやら、メイクを施そうと試みた模様でしたが、メイク道具をお部屋に忘れてきたご様子でしたの。
誰もいないお風呂で足を滑らせダイブ、そんなことになれば…と、またここでも事件が!?とヒヤリあそばしましてよ。








image

そしてこちらが、わたくしが購入しました思い出の品々。




★パッケージがかわゆすぎます北会津ワイン。

★ワインのお供に、クリームチーズの味噌漬け。(北海道クリームチーズと記載されておりますが、福島県の『香りの蔵』というところで出しているため、福島土産)

★アンナガーデンで購入しましたドライベジタブル『レンコン』。

★アンナガーデンの食器屋さんで購入しました、木の形状を生かしましたチョップスティック。

★福島県の甘いお醤油。




チョップスティックは、まだ袋に入ったままであり、
クリームチーズは昨日、賞味期限を迎え、慌てて頂くことに。


レンコンは、辛子が効いていて口の端がピリピリ。
甘いお醤油は、煮物や炒め物、おひたしなど、至る場面で重宝しております。
福島にお邪魔するたびに、購入しなくては!!と思えるほどに美味しくてよ。


ワインは、年末年始のお休み中に頂こうと思っておりましてよ。


旅が楽しすぎましたために、日々、抜け殻状態のわたくしに、妖怪さんからメールが届きましたの。


ようやく家に着いたご様子。笑


『高湯温泉物語、3。』を読んだことが明確すぎましてよ。

anego6_8 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)回顧録