猫田2
①のドラマCDを聞いていたので、CD付きに釣られて購入しました。

漫画の方は「つづく」で終わっていたので、ちょっと消化不良気味ですが、小冊子で「その後」が読めたり、漫画本編とは別の話のドラマCDが付いたりしているので、ボリューム的には結構お得な特装版だと思いました。
(うっかり小冊子を一番先に読んでしまった私・・・・・思い切りネタバレです。)

CDは32分程度。
CASTはもちろん①と同じです。

CAST
・山名春平・・・前野智昭
・本木文博・・・安元洋貴
・里中良人・・・梶裕貴
・桜田和明・・・樋口智透

聴いての感想は・・・「微妙」でした
原作を読んでいなかった前回と違って、今回はキャラクターのビジュアルが最初にあったので「不思議な感じ」・・・・・。フミくん(安元さん)声低過ぎ・・・(安元さんなんだから当たり前なんだけど)、春平(前野さん)もなんか違う・・・。里中先輩(梶さん)は完璧でしたけれど。
私の場合、これは原作と一緒に手にしてはいけないものだったのかも・・・???

STORYは、初めて「最後までした」次の日のフミのモノローグから入ります。
原作の隙間のストーリー。

痛くて辛そうだった春平(前野さん)の様子を見ながら、「2回目にもつれ込むにはどうしたら?」・・・と悩むフミ(安元さん)の心情がメインです。
2回目達成までのあれこれを縦軸にして、里中先輩(梶さん)が絡んで・・・ついでに里中先輩にロックオンされている桜田(樋口さん)が元気に虐められているエピソード等を挟み込んだドタバタです。

私には主役二人よりも、里中先輩と桜田君の話の方が楽しめました。

何やらディープアイテムらしいパンツを「格闘家は皆履いている」と言って桜田にプレゼントする里中先輩。
素直な桜田くんはそれを履いている時、クラスメイトに着替えを見られ
「ガチホモ雑誌くらいでしか見たことねぇよ」
とか言われて爆笑され、うろたえます。
笑い物にされて落ち込む桜田くんだけれど・・・こ・・・このクラスメイトたち!!

何でそんなもの見たことあるんだ!!!??

そっちの方が気になって仕方ないんですけど!!!

BLの脇役はこれだから侮れません。

里中先輩に「つい」フミが悩みを打ち明けたことで、急展開する二人の「2回目」への道程ですが、本当に何て言うか・・・ド直球、言い換えれば「明け透け」な里中先輩の行動と発言はある意味清々しい程です。
梶さんのドS、素敵
メインのフミと春平は、私的にイマイチでしたけど・・・梶さんのおかげで楽しめました。
春平の携帯の着信音が、里中先輩からの電話だと、まるでドラマや映画なんかで「うわぁ~っっ」っと、ゾンビか悪霊が出て来る時みたいな曲なのは笑えます。

色々ありつつ、めでたく2回目を達成する二人は・・・・・やっぱりとても痛そうで聞く方も気持ち良くは無かったです。
原作者が書いてましたが、「受け」の方の本番前の準備について「リアルを描いてしまった」ことから、今後春平は「」な状況になる度に、自分の家に帰らなきゃならなくなるのか?・・・って・・・・。
なるのか???

CDでもしっかり帰ってましたが・・・・・。

」になって、「ちょっと待って、準備するから」は・・・流れが分断されますね。

�����祉�������㏍�井�� ��≪����<����㏍�� BLCD���