2009年07月06日

おくりびと

f4e7921d.gifおばあちゃんのお支度に伺いました。90歳を超えたおばあちゃんです。生前亡くなったら着せて欲しいとおっしゃっていた柄浴衣とお着物がご用意されていました。
いつもの通りパジャマを脱がせお身体を拭いて差し上げます。息子さんがカメラを構えて足元で中腰になっています。
「おばあちゃんのお写真を撮られますか?私、少し後ろに下がりましょうか?」
「いやいや、あなたを撮りたいのでそのままで・・・作業風景をね。」
最近では『おくりびと』のブームも沈静化したのにまだまだこういう事があるのですね。私は少し照れながら作業を進めます。浴衣を着せて和服を着せてお顔を整えます。お口を少し歯を出して微笑んだお顔にするか、しっかりと閉じるか確認をしながらお顔を整えていきます。
お支度を整うとお茶を出して下さいました。そして1冊の本を差し出しておっしゃいました。
「僕は映画を観てないんですよ。でも、急いで本を買ってきて読んだんですよ〜」
『おくりびと』の本でした。

映画のブームは沈静化しました。でも、人々の心には『おくりびと』の言葉と共に私たち納棺師の心や仕事内容がちゃんと残っています。
その心や仕事を私達は静かにずっと次の世代にも残していかなければいけないと思います。日本人としての美しい思いやりの心を。


angel0425 at 10:25コメント(4)トラックバック(1)癒し | 納棺 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「おくりびと」を観た100人の感想06/08〜07/08  [ 納棺夫日記【映画「おくりびと」】の感想・あらすじ【納棺士・納棺師】 ]   2009年07月08日 10:26
TBおじゃまします^^「おくりびと」に関するブログをあつめています。よかったら遊びに来てください!

コメント一覧

1. Posted by UFO   2009年07月07日 11:20
5 亡き故人と向き合い、綺麗に送ってあげたいです。葬送の本来の意味を考えて悔いなくお別れしたいですね。日本人としての思いやりを大切におくりびとのお仕事を頑張ってください。
2. Posted by プリウス   2009年07月08日 09:27
5 “写真を撮らせて”気持ちわかりますよ!エンゼルさんが素敵なんでしょうね。おくりびとでは男性の納棺師さんですから、女性ばかりのエンゼルさんが来てくださると安心感もありますよ。思いやりを大切に頑張ってください。
3. Posted by 記者です。   2009年07月08日 22:12
5 記者をしています。まだ若い20代後半女性の納棺師の方を取材させていただきました。納棺の技術は言うまでもなく、身のこなし、礼儀作法、完璧でした。若い方に日本の伝統を久々に感じました。
4. Posted by 筆者より   2009年07月10日 13:22
コメントありがとうございます。
このお仕事は人の最期に立ち会うお仕事です。言葉一つも気をつけないと感情を逆撫ぜすることにもなりかねません。だから私たちもとても気を遣っています。
それも日本の伝統なのかもしれませんね。大切に受け継ぎ繋げていく為にがんばります。
これからも時々遊びに来てくださいね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ