kuu*neru*asobu

美味しいものと温泉とフクロウが大好きなゆるーい健康オタク 4年前に右甲状腺切除 家では粗食 外では暴食   

「悪いとろがあったら直すから捨てんといて!!」としがみつく恋人のように
今週物凄い頑張ってる冷蔵庫ですが
そこは「ごめん 無理 今までありがとう」ときっぱり結論を出す
冷凍庫並みに冷たい女angelicです こんにちわ。

なんの話w

そんな話は置いといて鞆の浦の話の続き

いつもは母に「早く寝なさい」って言われても
残りの人生を惜しむように眠くても深夜までテレビにしがみついてる父ですが
この日はよほど歩き疲れたのか10時頃からすでに爆睡状態

母は興奮したのか「なんか寝れそうにないわぁ」と言いながら
いつもラジオ聞きながら寝てる母なので
テレビのオフタイマーセットしてやって うつらうつらしてたら

ごぉーーーー ごぉーーーー と豪快ないびき・・・

いや すぐ寝てるしw

おかげでなかなか寝付けず
寝れたと思ったら何度もトイレに立つ母 orz
(慣れてるのか父は爆睡)
そんな事を繰り返してたらうっすら外も明るくなってきて
そろそろ日が昇るから起きて見なくちゃって思ってたのに

DSC_1090

起きたらもうこの位置 orz
一番いいポジションだったのに日の出見逃しちゃったよ〜

って事でひとり朝風呂
出たら父がひとりで展望浴場行っちゃってたし
面倒臭がる母に汗だけでも流させようとすると
「あら いい湯加減」 としっかり浸かってるし(笑)
あったまったところでシャンプーもしてやり任務完了

父も大浴場はもうひとりお客さんがいただけで貸切状態だったようで
海を見ながらの露天を楽しんだようです

お風呂の後はお目ざめ朝ごはん

DSC_1095

朝から新鮮ないかのお刺身とか♪

image

前回もそうだったのに学習せず一枚ずつさよりを焼いて
もういまいちは焼きが甘いと言う orz

10時チェックアウトまではお部屋でのんびり
(母は小一時間朝寝)

チェックアウト後は少しだけ両親とお散歩

旅館のすぐ近くには幕府から命を狙われた龍馬の隠れ部屋があると言う桝屋清右衛門宅

DSC_1097

細い階段登らなきゃいけないみたいなのでこちらはスルー

その一画には素敵なギャラリー桝屋さんもありますが

DSC_1099

母がさっさと進んじゃって見たかっのにここもスルー

昨日通った保命酒のお店でちょっとだけ試飲して
本日唯一の目的地福善寺の対潮楼

DSC_1101

観音堂に上がり右手に進むと目の前には鞆の浦の海が一望できます

image

写真では伝えきれないですがほんとに絶景でした

DSC_1115

すぐそばの港から仙酔島に渡るいろは丸は実物を小さくしたレプリカだそうです

DSC_1110
(これが結構速いw)
ほんもののいろは丸は鞆の南10km付近に沈んでるんだとか・・・

DSC_1109

ここで坂本龍馬ら海援隊と紀州藩の談判も行われたんですねぇ

鞆の浦は日の出も日の入りもとっても美しいところですが
季節によって日の出の位置も変わるのでそれも楽しめそうですね

DSC_1107


シャトルバスの時間まで少しあったのでもう少し先まで歩いて
ちゅーさんちでコーヒー飲むことにw

image
(永田って表札がw)

BEER& AFE Gallery 茶屋 蔵さん

DSC_1116

テイクアウトもできます

DSC_1118

お店の中は立派な梁や家具などがたくさんありました

DSC_1121

外とは違って中はとっても涼しいです

DSC_1120

レジで注文を済ませて好きな席に座ります
DSC_1119

お店に入った時に団体さんがいたのもあってか
丁寧にドリップしてくださるのでちょっと時間がかかってしまって
飲みきる前にバスの時間が迫ってきてちょっとあたふたしましたが
系列の宿の遠音近音さん前から無事に乗車できました(いつかここに泊まりたい♪)

灯台のすぐ近くに市営バスの停留所もあるので車でこなくても交通の便にはさほど困らないかと

大人になって初めての親子3人旅行でしたが
はっきり言ってもんの凄く疲れました(笑)
高齢者連れての旅行舐めてましたw
どんなにハードな旅をしても体力的にはさほど疲れない私ですが
今回は精神的に疲れましたねぇ
でもまぁこれもお互いが動けるうちですもんね
とっても喜んでくれたし よかったよかった

そして両親の老い具合もよくわかったので
もう少し頻繁に帰ってやらなくちゃだな・・・

私が動けるうちにあの家をどうにかしておかなくてわ

って事で父の日あたりまた行って参りますイマハツキイチデカンベンシテw

先週は冷えたり冷えなかったりした冷蔵庫
今週はずっと冷え続けてるけど 「騙されないわよ」 と
極力食べきれるものしか買っていないangelicです こんにちわ。

必然的にお弁当はチキンライスだの鶏飯だの炭水化物が多くなっておりますが
それもあと1日の辛抱でございます

さて ばら公園からループバスで福山北口へ
この日はお世話になる宿からシャトルバスが出てるのでそちらを予約してたんですが
まだ30分以上時間があったのでさんすて入口のサンマルクで時間を潰し
発車時間の少し前に同じく北口のバス乗り場まで移動し無事バスへ乗り込みました

15人乗りでしたが我が家ともうひと組以外は全員50〜60代の女性グループ(笑)

いやぁ〜 前も後ろもうっるさいうるさい

ま、私も女友達と行った時には似たような感じだったんでしょうけどねw
母はあまりのお喋りの煩さに耳を手でふさいでました(笑)

煩いお喋りをBGMに30分ほどで宿に到着

この日は前回PPお泊り会で利用した景勝館 漣亭さん

足の悪い父とお風呂嫌いな母のためにお風呂のついたお部屋を予約

前回泊った新館の海のよく見えるお部屋にしたかったんですが
こちらはちょっと浴槽が高く入り辛そうだったので
一番高さのない別館の小さなお庭のついた桧風呂のお部屋をお願いしました。
別館には新館の3Fから渡り廊下で向かいます(1箇所階段あり)
別館の1Fにも入口があったので車椅子等の方は
こちらからエレベーターがあるんじゃないかと思われます

DSC_1033

お部屋は8畳の和室に広めの縁に応接セット 3人なら充分な広さですが

BlogPaint
(じーちゃんバテぎみのご様子w)
「なんか狭いねぇ」 といつも一言多い母イチイチクチニダスナ

ただロールカーテンタイプのすだれなのでお風呂の中は結構な見え具合
ま、親子だからいいんですけどねw

海は見えないお部屋と伺っておりましたが塀のすきまごしに仙酔島と海が見えました^^

DSC_1031
(お風呂の椅子の上に登って見た風景w)

二人共すでにお疲れモードだったので部屋で休ませておいて
食事の時間までは明日両親を連れて行く場所のチェックもかねて
一人で観光がてらお散歩する事に・・・

前回は全く観光してないのでほぼ初鞆の浦観光です(笑)

目の前の海ではこの日まで行われてた観光鯛網の漁師さん達が後片付けをされてました

DSC_1027


宿からほど近い路地を入ると保命酒のお店がずらりと並びます

DSC_1034
DSC_1036

あのドラマで一躍有名になったこちら

DSC_1037

中は蔵を使用したテイクアウトもできるカフェです
(こちらは明日ご紹介します)


小さな湾には漁船がたくさん停泊していました

DSC_1040

後から寄ったともてつバスセンター(と言う名のお土産屋さんw)に
「流星ワゴンのロケ地マップ」なんてのもあったので
先にこれをチェックして行かれるのも楽しいかと^^

DSC_1061

(ぽにょの映画の舞台になったと言われてる場所などの紹介もされてました)

この灯台が鞆の浦のシンボルマークになってますよね

DSC_1045

お隣にはかわいい古民家カフェも

DSC_1041

この隣には坂本竜馬や海援隊が乗っていた「いろは丸」の展示館もあります

もう閉館してたけど鞆の浦ミュージアム

DSC_1048

隣にはカフェもありました(こちらもすでに閉店)

image


鞆の浦はお寺もたくさんあって少し覗かせて頂きましたが
紫陽花の花がそろそろ咲き始めてました

DSC_1046

グーグルマップで現在地を確認しながら路地裏をうろうろ

病院を改装した鞆町カフェー454さん

DSC_1051

鞆の浦は小さな町ですけどカフェは結構あるんですよね

(鞆の浦のカフェ)

この街でものらにゃんこをたくさん見かけました

DSC_1054

逃げるかなと思いきや近づくとよってきた黒にゃんこさん

DSC_1055

ずっとごろごろ言っておられました

DSC_1059

小一時間ぶらついて部屋に戻ると父がお風呂に入るとの事だったので
久しぶりにお背中流させて頂きました
入院中は身体拭いたりはしたけどお風呂で背中を流すのは思い出せない位ぶりかも・・・

いい感じに食事の時間になったので3人で食堂へ移動します

こちらの旅館はできるだけプライベートを楽しんで頂きたいと言う宿の方針で
お部屋には案内の時とお布団を敷く時にしか基本宿の方はいらっしゃらないので
全室部屋食ではなく食事処に移動しての食事となります
前回は海の見える半個室の席だったのでこの時間なら夕陽が見えるねと
楽しみにしてたんですがこの日は畳にテーブルの置かれた広間でございました orz

旅のお楽しみのひとつの宿ご飯

本日の献立

DSC_1071

まずは食前酒のローズ梅酒で乾杯

DSC_1073

下戸の父はこれですっかりほろ酔いですが
私はグラスのビールを
(コップ1杯のハイボール950円を飲む気にはなれずw)

DSC_1070

手の込んだお料理がちょっとずつ
失礼な話だけどどれも見た目よりかなり美味しかったです(笑)

ここで「私はいらん」と言ってた母が私のビールをひと口ふた口飲むと
「やっぱりビ飲もうかな」とご自分のも頼まれました(←実は酒豪w)
「だって白いご飯がないから」 と意味不明な理由で(ビールは白飯変わりらしい)

お刺身

DSC_1076

新鮮な鯛に太刀魚に蛸にすずき
飾りが薔薇とはさすがばらの町ですね〜

鯛しゃぶは鯛出汁にしゃぶしゃぶして頂きましたが

DSC_1077

このお出汁が美味しくてエンドレスで飲めそうでした

この日はお好きな取れたて魚と料理法を選べるコースだったのですが
鯛・かれい・めばる・穴子 なぜかお肉もありましたが
父は鯛の兜煮を 母はめばるの煮付けを
私は穴子が取れなかったとの事で料理長お勧めの食べた方と書かれた焼めばるをチョイス

DSC_1078

めばるはいつも煮付けで頂いてるのでなんだか新鮮でした

蒸し物はだだちゃ豆を使っただだちゃ饅頭とよもぎ麩

DSC_1079

枝豆の王様と言われるほど美味しい枝豆の一種らしいですが
なんとこのだだちゃ豆 若返りの基になるオルニチンがシジミの5倍も入ってるんだとか
シジミ食べてる島根県の女性の肌が綺麗な原因のひとつもこのおかげって言いますよね
スーパーで見かけたら迷わず買いましょうw

酢の物は小鯛とままかり

DSC_1072

そして〆にでてきたのはこれまた鯛出汁を使ったお茶漬け

DSC_1080

「白いご飯はお変わりして下さいね」と言われて蓋をあけると

DSC_1081

すくなっ!! (笑)

DSC_1083

これはお変わりするよねって思ってましたが

DSC_1082

これまた鯛出汁が美味しくて薬味を入れながら出汁をごくごく飲んでたら
おなかぱんぱんになっちゃった(笑)

デザートはメロンといちごぷりん(写真撮り忘れ)

両親共々綺麗に完食 よく食べました♪

お部屋に入ると母はすでにおねむモード
(9時には寝る人)

お風呂は朝にすると顔だけ洗って
旅館に着いた時に二人して選んだ色浴衣を持って私のところへ・・・

「いや 自分で着れるじゃろ」といつもなら言うところですが
かわいく着せてさしあげましたよ(笑)

82歳 「ゆかた作ろうかね」とまんざらでもないご様子w
いくつになっても 風呂が嫌いでも 「かわいい」って言われるのは嬉しいようです(笑)

さて 私もお風呂に入りましょうかね

image

奇しくもこの日は満月

DSC_1089

両親に気づかれない様バスタオル姿で密かにお財布降っておきました


そしてここから長い長い夜となるのでした・・・

昨日はさぞ疲れてるだろうと実家に電話をすると
「今日は吉和にグランドゴルフに行ってきた」と延々と報告してくれる父に
あきれながらも安心したangelicです こんにちわ。

喋るのと聞くのとどっちがエネルギーいるんだろ・・・

さて お蕎麦屋さんから歩く事10分ほどでばら公園に到着

ここでアクシデントが発生

ちょっと歩き疲れたようなので
母を入口のレンガの花壇の縁に座らせようとしてたんですが
隣で座りかけた父がバランスを崩し
杖を持ってたので手が付けず頭からこけて「ゴン」と鈍い音が

顔を上げるとベロンとおでこの皮が2〜3cmくらい向けてたらりと血が一筋・・・
不安がらせないように「大丈夫。大丈夫。ちょっと皮がめくれてるだけだから」と
ハンカチで抑えてると血も少し滲む程度になり止り一安心

でも心の中では焦ってたんでしょうね
財布の中にあるはずのバンドエイドが探しても探しても見つからず
たまたま近くにいらした方がバンドエイドを下さったので助かりましたアリガタイ

あぁ〜 大事にならなくてほんとに良かった

勝手に座らないように待たせておけば良かったんだけど
自分はまだこのくらいは大丈夫と思ってる父なのでちゃっちゃと動いちゃうし
今回も手押し車があればって話をしたのに
「その変の90とは違う」のが父の自慢だったりするので
手押し車はまだ自分の中で認めたくない「老い」なんでしょうね
(杖の時も葛藤があった模様)

でも怪我したら何にもならないので
これは近々買い与えるしかないかなと思ったり・・・
父の日プレはウエストポーチの予定だったんだけどなぁ・・・ウーム


はい 気を取り直して公園内に

DSC_0982

先週末はばら祭りが開催されていたみたいですが
人ごみが多いのを考慮してお祭りはずらしての訪問です

公園内には280種、5,500本の薔薇が咲き乱れております

DSC_0997

アーチの外に中にとたわわに咲いた満開の薔薇

DSC_1022


DSC_0989

か〜わ〜い〜♪

DSC_0990

皆さんこの前でしばし写真の撮りあいっこ(笑)

ほんとにいろんな色と種類の薔薇

DSC_0984

DSC_1001

image

image

DSC_1017

DSC_0988

DSC_1021

なので名前なんかいちいち覚えてられません(笑)
唯一覚えてるのはこちらだけ(花だけ見てもわからないけどw)

DSC_1008

開ききる前がやっぱり綺麗ですねぇ
香りもこのくらいが一番香る感じ

クラシカルな雰囲気の薔薇も素敵でした

DSC_1013
DSC_1018

次から次へと咲くので長い期間楽しめるようですが
お天気続きのせいかつぼみはたくさんついてても
早くに咲いた花が枯れかけてたりして
なかなかどこからみても今が見頃って言う薔薇は少なかったですが
これだけの数の薔薇をしかも無料で見せて頂けるのはありがたいかと

DSC_1004

公園中央に期間限定で掛けられたばらのかけ橋からの眺め(ぼけぼけ)

image

隣の緑公園にも同じくらいたくさんのばらがあるとの事でしたが
すでにお二人ともお疲れ気味のようなので
まだ時間は早いですが今夜のお宿に移動しましょうかねって事で
目の前のバス停からループバス「まわローズ」に乗って福山駅北口まで・・・


(丘の上のつるばらやさんに行きたかったんだけど山奥なのでここは車でだなぁ)

下記でばらの咲き具合の問い合わせができるそうです

福山市ばら公園 問い合わせ 084-928-1095

昨日は両親を連れての旅で疲れたせいかワインを飲み過ぎたせいか
22時頃ベッドに倒れ込んだまま布団もかけず朝まで寝ていたangelicです こんにちわ。

まだ若干 疲れが残っておりますが
忘れないうちに旅日記書かなくちゃね

82歳の母がまだ一度も新幹線に乗った事がないと言っていたので
じゃあ新幹線でどこか旅行に行こうって事になったのですが
病弱なので長時間だと疲れるから近場でって事で
今なら薔薇が綺麗だから福山に行こうと言うなり
おとなびに加入させ6割引きでこだまを予約

若干の制約はありますが片道よりも安い往復料金ですから
50過ぎたら使わなきゃ損ですよね
(ひかり・のぞみは4割引き)

ちなみにおとなび 3人分まで1人のIDでWEB購入できますが
父と母のIDは打込む欄もなく必要ありませんでした(笑)
ま、どこからどー見ても50OVERなので切符チェックされても問題ないですしねw

最初は兄を含めて4人の予定でしたが
これまた体調がすぐれないとの事で最寄の駅までは兄が送り迎えしてくれ
道中はわたし一人で二人を相手にしなくちゃいけないので
行く前から若干の疲れを感じつつも可部線で広島駅へ到着

新幹線の改札前には予定より早い便で到着した両親がすでに待っておりました(笑)

基本父か兄の車で移動の母は市電に乗る事はあってもJRに乗る事はなく
切符を改札機に入れるのも 目の前で新幹線を見るのも初体験
いくつになっても初体験は新鮮のようですw

DSC_0953

まとまった席で予約していたせいかシートも対面にしてありました

1つ1つの停車駅の町を車窓から楽しみつつ各駅停車で45分で福山に到着

100万本のばらの町

DSC_0956

駅前もたくさんの綺麗な薔薇が咲いていました

本日の予定は「ばら公園で薔薇を愛でた後鞆の浦の旅館へ」と
いつも予定を詰め込みまくる私とは思えない1日1観光場所のゆるゆるなコース

PCでおとなびの手続もできちゃう頭はしっかりした今年90の父ですが
ここ数年ですっかり腰が右に曲がってしまって長時間歩けないので
今回はそれも考慮した旅となりました

到着がお昼前だったのでまずは腹ごしらえと言う事で
予約しておいたばら公園近くのお蕎麦屋さんにタクシーで移動

蕎麦と河内鴨料理の店 『Sarrasin さらざん』さん

DSC_0960

OPEN5分前でしたが暑いでしょうからとお店の方の配慮で中に入れて頂けました

DSC_0965

眺めのいい窓際の席
11時半になるとオーダーを取りに来て下さいます

お昼のメニューから

DSC_0961

私はミシュランガイド広島にも載ったと言う
温かい鴨つゆ(河内鴨ロース入り)に付けて頂く鴨つけそばのランチセット
DSC_0973

セットには小鉢と

DSC_0968
(ぼけぼけ)
鴨そぼろご飯が付きます

DSC_0970

小鉢には大きな鴨の切り身がごろんと入ってましたが
出汁用なのかかなりの薄味

DSC_0972

つゆの中にもたくさんの鴨が入ってました♪

こちらつゆがかなり濃い味付けなので
まずはつゆをつけずにお蕎麦だけ頂き
薬味を変えながら色々楽しんで頂けました
(量は控えめなのであっと言う間に完食しましたがw)

薬味の詳細はこちら
DSC_0964

せめて一口だけでもってw
写真を撮る前に一口だけでも頂いて下さいって事ですね(^^;

鴨とそばの詳細はこちら
DSC_0976

母はセットメニューは食べきれんと
単品の温かいお蕎麦を注文しておきながら私のそぼろ丼を完食(笑)

父のそぼろ丼を半分子して頂きましたが
こちらは薄味の味付けなので
かもつゆを少しかけて頂くとまた違った味になって楽しめました

そして何より美味しかったのがこちら

DSC_0971

父の頼んだ河内鴨ロースの冷製とざるそばのセットに付いていた鴨ロース

見ただけで美味しそうなのがわかると思いますが
これだけ別に注文したいくらい美味しくて
お蕎麦よりも鴨に三人共感動したと言う(笑)

鴨つゆの中に入っていたのと同じなのですが
冷製で頂く方がお肉の美味しさがよりわかります
ほんとに無くなるのが寂しくなる美味しさ

〆は蕎麦湯

DSC_0974

鴨だしを入れて最後まで美味しく頂きました

別メニューには鴨の唐揚げも♪

DSC_0962

ここは河内鴨料理の店として鴨メインで頂ける夜にまた伺いたいなぁ

この日の店内は予約のお客さんで満席
行かれる際は事前の予約をお勧めします(基本11:30〜12:00までに到着できる方のみ)
河内鴨ハリハリ鍋ランチセット(@2500円)だけは2日前までの予約となります
(夜はコース料理(5000円)で2階の個室も予約できるみたいです)


お店の前にある中央公園のガラス張りの建物が気になったので行ってみると

DSC_0980

まなびの館ローズコムと言う建物で
1〜2階は水と緑と光が融合したとっても素敵な図書館でした

DSC_0981

ガラス張りの窓際席にはライト完備の勉強机がずらっと並んでて
2階までは吹き抜け 施設中央にこれまたガラス張りのエレベーター
ガラス張りなのに全然眩しくないのはガラス面が北側と東側を向いていて
その上に大きな庇が設けられているので
午前10時以降は館内に直射日光が入らないよう配慮されてるんだとか

父と私は性格が似てるんでこの手の建物見るのも好きなんですが
母がちょっと退屈してたので早々に退散

グーグルなびによると歩いて5分位って事なので徒歩でばら公園を目指す事に・・・




関連ランキング:そば(蕎麦) | 福山駅

本日は娘の誕生日ですが現地(Canada)の20日は明日なので
どっちでお祝いLINEをすべきか悩むangelicです こんにちわ。

そしておたプレは現金を振り込んでおいてくれとの事 ハイハイ

(って思ってたら1日勘違いしてたわ 16時に20日なってました)

寂しくなるね〜 と回りに言われましたが
LINEでしょっちゅう連絡が取れるので
お互いホームシックにも空の巣症候群にもならずに済んでおります

ほぼ既読スルーの息子よりよっぽど近く感じるわw

先日行こうとして未遂に終わったAyurさんに
GWに予定が合わず会いそびれてたkumiちゃんと行って参りました

同じアトムに時間を合わせて乗車
「何両目に乗ってる?」とメッセージを送ると
「後ろにおるよ」との返事w

城北からまっすぐ歩いて市電白島線の終点あたりまで
10分ほどですが喋ってたらあっと言う間です^^
(新白島でもさほど変わらずですが若干城北よりです)

まずはウーロン茶とハイボールで乾杯☆

image

お通しはアスパラのムースとルバーブとフルーツのジュレ

image

アスパラのムースは何度か頂いたことがありますが
甘い前菜は初めてかも。
中にはルバープの甘く似たものとぶどうとブルーベーリー
それにクリームチーズが入ってて甘いジュレがかかってて
甘味と酸味が絶妙でございました

とりあえず野菜をって事でアユールサラダ

image

前に頂いたアユールサラダとはまた違って
この日は白身魚、ほたるいか、小エビ、飛子にアボガドと盛りだくさん
前回同様塩こんぶに今回はあられがかかっておりました

サラダにあられは目から鱗だったわ
娘にお弁当作らなくなって大量のぶぶあられが家にあったので
さっそく昨日家でもやってみましたが美味しかったです♪

続いて頼まずにはいられない鴨
ローストが一番好きですがこちらは治部煮

image

観音葱が山ほどかかっております
添えられたからしがあうあう♪
この盛り付けもとっても勉強になるわ
(前に頂いた時よりかなり進化してるw)

続いて本日のだし料理

この日は鱧の揚げだしでした

image

揚げ出しが大好きなところに
大好きな生麩も入っててテンションMAX

お料理はひと品ひと品無くなる頃を見計らって提供されるので
熱いものを熱いうちに頂けるのも嬉しいですね

〆は鰻のだし茶漬け

image
お茶碗の縁にごはんつぶくっついてるのはご愛嬌w

緑のは三つ葉かなって思ったら大葉で
これがまたいいアクセントに♪

ここにきたらこれも食べておかなくちゃねって事でへぎそば

image

うん 美味しい^^

まだお喋りしたらなかったのでデザートも注文
本日のデザートのケーキ盛り合わせと

image

パンナコッタ

image


6時半にお店に入って気が付くと10時(結局いつもさく飲みにはならないねw)
この日のお会計はノンアル1杯とアルコール2杯でひとり4000円位
いつきても安定の美味しさで大満足
気さくなオーナーに外までお見送り頂き
新白島まで歩いてまたまたアトムで仲良く帰り10時半には帰宅

近くて美味しい白島通い 当分やめられそうにありません♪

さて週末はいいお天気みたいですね
明日はアテンドですが、日月と有給とってちょっと親孝行旅行して参ります

頑張れわたし(笑)



関連ランキング:創作料理 | 白島駅(広電)家庭裁判所前駅縮景園前駅


昨日は冷蔵庫はただの箱 冷凍庫が冷蔵庫状態だったので
冷蔵庫のものを冷凍庫に移動しておいたangelicです こんにちわ。

なぜか今朝は冷凍庫として完全復活 

ま、帰ったらまた冷蔵庫になってるかもしれませんけどね

あと9日 なんとか乗り切ります

さて調子よく昼間っからビール飲んで赤い顔して向かったのは
去年PP会メンバーで行ったcafe easeさん

この日はお江戸にお嫁に行っちゃったネイリストのKちゃんが
Babyを連れて里帰りしてるって事でMちゃんと3人でお茶をする事に

まだ3ヶ月くらいなのでごろんと寝かせられるように
お座敷席のあるこちらのお店を予約しておきました

キャプチャ
(HPより拝借)
この日はカフェって事でMちゃんはベリーショコラパフェ

image

このパフェめっちゃ美味しそうだった〜♪

アップルパイパフェも気になりましたが
季節ものって事で私はいちごタルトに

image

飲み物は豆乳ラテだったかな

デザートは+300円でアルコール以外の全ての飲み物をセットにできます♪

Kちゃんは・・・忘れちゃったw

この日の主役のYちゃんはイラン系パパと日本人ママのハーフさん
ここに来る前にかをりちゃん達とも世界の日本人妻とかってTV見てると
ママが日本人でパパが外人さんの場合子供は和顔な子が多い気がするから
ドバイとかの濃いお顔の旦那さんがいいかもね〜wって馬鹿話してたんだけど
Yちゃんはパパがとっても濃いお顔立ちのイケメンさんなので
調度中和されてほんとにいい感じのハーフ顔でした(あながち間違ってなかったわw)

お目目の色が澄んだブラウンで吸い込まれそう☆
しかもとってもいい子で床に置いてもご機嫌さん♪

BlogPaint

でもちょっと抱いてると腕がだるい・・・

いかん こんな事じゃ孫の守りができん(予定なし)

その日の為に今からしっかり筋トレしなくちゃだわ

それにしても最近のベビー用品の進化たるや・・・

ばーばは小銭も溜めておかなくちゃだわ

そしてKちゃんからばーば達には素敵なお花を頂きました^^

image

ありがと〜♪



関連ランキング:カフェ | 八丁堀駅立町駅袋町駅

昨日はご機嫌斜めだったのに今日は朝からご機嫌な冷蔵庫
あと10日も振り回されるのかと思うと
ちょっとお値段高くても即納されるやつを選んだ方がよかったかなと
ちょっと後悔中のangelicです こんにちわ。

私を振り回していいのは息子だけですから(キッパリ)

でも6ドアの455リットルが10万で買えたんだからよしとしなくちゃね
今度のは薄型なので奥に何が入ってるかわからないって事がなくなりそうだし
なんとかあと10日頑張って頂きましょう

さて もうGWのねたが無いわ とスマホの写真を見ておりましたら

ありました(笑)

GWの後半の土曜日 
かをりちゃんにスクラブをお届けがてらランチでもしようって事になってたんですが
世界のビールとグルメスタジアム行ってみん? とお誘い頂き
この手のイベントには行ったことがなかったので
ビールあんまり得意じゃないけど行って参りました^^

image
(実は来る前に地ビールフェスタのHP見てたので全くもって何の予習にもならなかったと言うw)

この日は朝から曇り空だったせいか人もそんなに多くなく

ステージには陽気なおじさん達♪

image

とりあえず一通りのブースを見てまわり
少しずつドイツ・アメリカ4種セットってのがあったのでそちらを購入(1800円)

image

右上 アルコブロイ ヴァィスビア  リンゴ風味で苦味もあまりないので飲みやすかったです
右下 アルコブロイ ウアファス   白ビールって初めて飲んだかも
左上 ロストコースト タンジェリンウィート こちらはオレンジ風味のフルーツビア
左下 ロストコースト インディカベールエール 飲み終わってから苦味が押し寄せてきました

リンゴ風味のが一番スッキリしてて飲みやすかったです

ま、私の目的はこちらですが

image

グリル3種盛り(2000円)

上のチキンはソーセージ食べ終わるまで切るスペースがなくて難儀しましたが
どれもビールに合う美味しさでございました

正直食べ物は日本ブースが一番美味しそうだったんですが
かをりちゃんの妹ちゃんが「ここで日本のを食べたらなんか負けた気がする」と
あえて日本をはずしてチョイスw

image

オニオンリングかと思ったらチーズリング

image

洋風えびチリ的な?

2杯目はそれぞれ別のブースで

image

私はアルドウェンチェリーと言うフルーツビールを頂きました

image

これもIGでビール好きじゃなくても美味しく飲めたって言うのを見て購入しましたが
ほんとにカクテルっぽくて飲みやすかったです

もう少し何か頂きたいところでしたが
次の予定があったのでおなごり惜しくもここで私はひとまず撤収
お二人はこの後お隣グリーンアリーナで幸せな時間を過ごされるとのことでした^^

そして昼間っから赤い顔して向かったのは・・・

本日階段を上手にお尻で5段ほど降りたangelicです こんにちわ。

足を滑らせた瞬間すぐに手摺を持ったので
滑り降りた感じで打撲はせずに済みましたが
あぁ 恥ずかしかった
とは言え明日あたり色んな所が痛くなったりして(あさってか?)

さて 先送りになっておりました素敵カフェのご紹介

香木の森で美味しいソフトを頂いた後向かったのは
Aちゃんの予想通り 器も楽しめるCafe こめじるしさんでございます
image

店内には山陰のあちこちの窯の器が並びます

image


出雲の出西釜

image

鳥取の福光焼

image

鳥取の延興寺窯

image

松江の袖師焼

image

大好きな松江の湯町窯や

image

こめじるしさんオリジナルの石見焼

image

見てるだけでも楽しい〜♪

古民家っぽいですが古材を使って古民家風に建てた感じかな

image

落ち着きますねぇ

image

隅っこにはご主人手作りの畳コーナー

image

まだ小さな娘さんの為に作られたそうですが
小さな子供さん連れには嬉しいですね

窓の外は一面の新緑

image

なにやら美味しそうな気配♪

image

ショーケースを覗くと美味しそうなスコーンやマフィンが並んでいました

image

テイクアウトは50円引きと言う文字に気を良くして
よもぎの春マフィンと有機バナナと黒ゴマのスコーンとコーヒーをテイクアウトに♪

ちなみにこちらのお菓子
自然に近い場所で、自然に近い「食」をと
バターなどの乳製品、卵、白砂糖を一切使用しておらず
できるだけ材料は邑南町のものを使用されてるんだとか

image

マフィンは割ると綺麗な緑色

image

もともとは広島市内に住んでたご夫婦が
2年前からこちらでお店を開いたとのこと

コーヒーも丁寧に目の前でドリップして頂き
車の中で頂きましたが濃い目だけど後味スッキリな美味しいコーヒーでした

次はお店で器の話でも伺いながらのんびり頂きたいな

50m隣には自然派ランチバイキングのお店があったり
山奥で冬は大変そうですが邑南町なかなか頑張ってます^^

これからの時期も街中よりは涼しそうなので
ドライブがてらに涼みに寄るにももってこいかと^^


おまけ

今回は絶賛食器棚断捨離中なのでお皿は我慢して箸置きを購入♪

image

良く見ると顔の丸いのが大屋窯で買ったもの
四角いのがこめじるしさんで買った延興寺窯

どちらもぽってりとしたフォルムがお気に入り^^



関連ランキング:カフェ | 邑南町その他

昨日の夕方からなぜか冷蔵庫がいきなり復活して安心しつつも
「最後のひと頑張り」じゃない事を祈るangelicです こんにちわ。

何はともあれクーラーボックス生活から解放されたので良かった良かった

今日はこめじるしさんの詳細をご紹介しなくちゃと思っておりましたが
写真が自宅のipadさんに入ったままupしていなかったのでそちらはまた来週って事で

昨日はNちゃんから急遽お誘い頂き
頼まれていたスクラブと乳液を渡しがてら近場でさく飲みしようって事だったんですが
Nちゃん我家まで車で迎えに来てくれて「白島らへんに行こう」と言う事になり
アユールさんへ行く気満々だったんですが
コインパーキング降りて目に入ったお向かいのうなぎのねどこさんに急遽変更
アユールさんに来るとなにやらいつも賑わってて
ずっと気になりつつ未訪だったんですよね

OPENになってた入口を入ると
中にはちょっと強面の大将と若いアルバイトくん

2人なんですけどいいですか とお声をかけると
厨房から奥のテーブル席に手で「どーぞ」と無表情に案内され
お行儀よくせんと怒られる系のお店? (笑) てな不安が過りましたが
あちこちで何を食べても美味しいと聞いていたので
気持ちをそちらに切り替えてお料理を注文

まずは茄子の冷浸し

image

見た目はしっかりしてますが箸を入れるととろっと柔らかく
お出汁が中までしっかり染み入ってました

そしてあったら頼んじゃうよねってな鴨

image

こちらも焼き浸しで茄子とかぶっちゃったけど問題なし

鴨の下に隠れてるこれまた出汁を含んだお葱と辛子をのせて頂きましたが
はぁ〜 無くなるのが悲しくなるほど美味しい〜

Nちゃんはハムっぽい鴨しか食べたことがないらしく
今までで食べた中で一番美味しいかも と喜んでました^^

続いてお豆腐となめこのかき揚げ

image

どーんと出てきた時には最近天麩羅にめっぽう胃が弱いので
「これ食べたら胃もたれそー」と思ったのですが
なにがなにがさっぱりしてて1つでも食べれそうな勢いでした♪

油がいいのか揚げ方がいいのか たぶんどっちもいいんだろうな
そして家で作ると全然違うのできちゃうんだろうなw

続いてだし巻き玉子

image

ここのお料理もどれもほんとにお出汁が上品な味
薄過ぎず濃すぎずちょーどいい
初老に優しい味でございます(笑)


少しがっつりぎみに鶏手羽の香味焼き

image

思ったほど香味は強くなかったですが
手羽は最初に蒸してあるのか身が骨からほろりとはずれてとっても食べやすかったです

〆はさっぱりあさりスープのにゅうめん

image

写真にはあまり見えてませんが中にはあさりがごろごろ入ってて
二人で分けても食べるだけありました
そしてこちらもお出汁までしっかり完食♪

ふたりともおなかがいっぱいになったところでお会計

この日はNちゃんが車だったのでウーロン茶2杯
私はハイボールがメニューに見当たらなかったので
かぼす酒と梅酒それぞれソーダ割りの2杯
ふたり合わせて5250円とリーズナブルなさく飲みとなりました

お料理もですがちょいちょい好みの器も出てきてそちらも楽しみながら頂けました

お店に入った時はちょっとこわいなって思った大将でしたが
帰りは冗談を交えつつ外まで素敵な笑顔でお見送りして下さって
なーんだ気のせいだったのかと 思い出したようにほっと一安心(笑)

次からは安心して行けそうです^^

アユールさんにもまた行かなくっちゃ♪

うなぎのねどこ

夜総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:居酒屋 | 白島駅(広電)家庭裁判所前駅縮景園前駅