春の陽気に汗ばんで
思わず窓を開けたangelicです こんにちわ。

ここのところ昼間は暖かいけど
朝のちゃり通勤はまだまだ寒くて
ダウンこそ着なくなったけど冬仕様で
昨日も退社後出かけるのに
スプリングコート着てる人達の中
ひとりごっついウールのカーディガン着て浮いておりましたが
このまま温かくなることを切に願います

さて週末はお誕生日って事で
相方がRIVAさんを予約してくれると言うので
「だったらカウンターがいい〜♪」とリクエスト

カウンターはアラカルトメニューではなくコースのみなんですが
せっかくなら板さんが作るとこ見ながらの方が楽しいですしね

DSC_0665

向かいはMAIさんだし2件隣はカメレオンさんだし
私の中でこの通りは美味しいゾーン♪

私は父の米寿のお祝いできたぶりだから4年ぶりくらいだけど
相方ときたのは6年ぶり
この間みたいな気がするけど4〜5年なんてほんとあっという間ですね

って事でおめでとうわたし(笑)

Screenshot_20180314-135812

3月のコースはこちら

DSC_0632

まずは先附 筍のスープ

DSC_0634

続いてお凌ぎ 江田島素麺 山菜の香り

DSC_0635

せっかく板さんが一緒に写って下さったのにぼけぼけでごめんなさい

そうめん&タラの芽が大好きな相方大喜び

DSC_0637

美味しいお出汁飲み干したかったけどお行儀悪いんでここは我慢w

椀物は鯛の桜蒸し

DSC_0639

春ですね〜

見切れてますが作り方はメニューに

DSC_0633

自分じゃ作らないと思いますけど一応頂いて帰りました

向附 桜鯛 本山葵と宮島粉醤油
   鰆の燻し 藻塩と自家製檸檬胡椒
   真鯵 香草とわさび味噌
   夜泣き貝 酢味噌
   瀬戸内海 真蛸 胡麻の香り

目の前で盛り付けて行くのもパフォーマンスのひとつでしょうね

Screenshot_20180314-135843


DSC_0645

ひとつひとつに味が付いてるのでそのまま頂けます
自家製檸檬胡椒はゆず胡椒の檸檬バージョン
真鯵の香草とわさび味噌はちょっと家でもやってみたいかも

あれ? 蛸は? って話してたら
板さんが食べ終わった葉っぱをすっと外し

DSC_0646

下にちゃんと入っておられました

ちょっと氷溶けかけて水浸しだったけど
胡麻の香りのする美味しい蛸でした

進肴 おはっすんはタワーになって出てきました

DSC_0648

中はこんな感じ

DSC_0649
(蓋もついてたけど持ってかれちゃった後^^;)

左上から時計まわりに
こうね ほたるいか 菜の花 筍

味はとっても美味しかったけど(特にこおね)
広げて置くとビジュアル的にちょっと寂しいかな

油物 煮貝の磯辺揚げと苺のたまがし

DSC_0651

これどっちもおかわりしたいほど美味しかった〜♪
貝を磯部揚げにする発想はなかったな
苺も回りがかりかりっと揚がってて
苺の天麩羅よりこっちが好きだわ

口直しの氷室 せとか

DSC_0652

口の中です〜っと溶けました

そしてそして強肴の鴨のロースト

DSC_0654

食べて無くなるのが寂しい〜
ずっと見てたい〜
っていいながらペロリ

添えてあるとんぶりみたいなぶどうマスタードが
鴨とよく合って美味しかったです

〆のご飯はまたこの桐の箱からかしら

DSC_0647

って思ったら

普通にお皿で出てきて勝手にちょっとがっかり(毎回じゃないのね)

DSC_0656

今月は押し寿しじゃなく小貝のお寿司だったからですね

そして毎回何かしらお誕生日はサプライズしてくれる相方ですが
ここではさすがにホールのケーキは無理だろうと思ってたら

BlogPaint

まさかの和菓子プレート(笑)

え〜 こんなことなら塩大福とかじゃなくて
ピンクとかもう少しかわいい色の和菓子選んだのに〜
10種類以上あったのに一番地味なの選んじゃった(笑)

そんな会話もいい思い出になるんですけどね

DSC_0664

お抹茶を頂いてお店を後に向かったのは・・・