2004年09月26日

まずは説得?

昨日は、浜名湖花博へ家族で出かけました。
車の中は、夫と長時間話せるチャンスです。
そこで、不動産投資のメリットを、私なりにまとめて伝えてみました。

・サラリーマンとして一部上場企業に勤めているから、そこそこ稼げるかもしれないけど、退職後の年金はあてにならない。

・現に夫の父は、会社役員だったので高給取りだったけど、年金生活になったら普通の人と同じ。(現役時代のお小遣いの額と今の生活費が同じだそうです。)

・投資するなら、空室リスクをカバーできる1棟アパートがいい。

・物件のチェック、融資の交渉、不動産屋との交渉などなど夫の協力無しには実現不可能。

私のしつこさに参ったのか(?)夫もリスクが回避できて、収入が見込めるなら、そりゃ反対ではない・・・と言う感じに態度を軟化させてきました。

「それじゃ、物件探してきてよ。」とのこと。

・・・うーん。

その探す作業を一緒にしたいんだけどな。
そのための知識を一緒に磨いていきたいんだけどな。

100件見て、10件検討して、1件買う・・・くらいのスタンスだから、相当な労力が必要だし、私一人が不動産屋に行って、相手にしてもらえるとも思えないし。

「もう、ある程度勉強してるんでしょ?」

・・・痛い。
細かい処手続や法律のことなんかは、ざっと読みだったりして、あまり深くは分からないっす。(^^;

とりあえず「不動産投資する」と言う方向性は、反対ではない・・・とまで来たけど、私は夫を操るクロ子のように下準備をする役ドコロに徹すれば良いのかしら???  

Posted by angeliqe0826 at 16:46Comments(2)TrackBack(0)

2004年09月24日

第一の壁

不労所得に憧れてる私ですが、きっかけはロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん・貧乏父さん」です。これって王道ですよね。(^^;
私にとって、かなりのカルチャーショックでした。

金持ち父さんは、初期の頃、どうやら不動産投資で大きな収益を上げていたらしい・・・と言うことは分かったのですが、自分の家すら購入したこと無い私にとっては遠い世界だと思ってました。

でも最近は、「サラリーマン大家さん」も流行となりつつあるくらいのようで、意外にも現実不可能でも無いらしいのです。

そのためには当然、リスク管理が重要になってくるので、不動産に関する知識の習得が大切です。
現在は、不動産投資に関する本を数冊読んだ程度ですが、ちょっとだけイメージが出来るようになってきました。

しかし、私の不労所得への道を遮る壁が・・・。

それは、一番身近な存在の夫!
良くも悪くも超常識人なので、不動産投資の話をするものなら
「自分の家すら買ってないのに、どこにそんなお金が?」
融資を利用してレバレッジ効果を上げるんだよ、と言うと
「ローンは嫌いって言ってたじゃん。」
不労所得でハッピーリタイヤだって夢じゃないんだよ、と言うと
「別に仕事を辞めたいなんて思ってないし、やりがいが無くなるじゃん。」

まさに「金持ち父さん」の著書の中で投資を怖がって、すぐに反論をする人の典型なのです。会社の同僚には「うちの奥さんは、儲けて溢れてくる金で生活したいんだとよ。」などと言ってるし。(−−;

色々説得しようにも、私の下手な説明では、どうも要領を得ず・・・。
素晴らしい色々な著書を読んでくれると、説明の手間が省けて、常識思考も改革できるのでしょうけど、「本を読まない人」なので、それもままなりません。(情報を収集&分析するのは、すばらしく得意だと思うのですが、情報誌以上の書物は読めないそうです。)

専業主婦と言う立場を置いておいても、やっぱり夫婦が同じ目標に向かってないと、ことに不動産投資は難しいと思います。

最近、私のしつこさに多少軟化してきたようですが、私の説明では、肝心な部分を伝えることが出来ずにジレンマです。

理想は、2人で話し合い・情報収集しながら、良い物件を探す日々・・・なんですけど、いつになったらスタートラインに立てるのでしょうか?  
Posted by angeliqe0826 at 23:25Comments(1)TrackBack(1)