June 22, 2006

★ORGANELLES『Knowing You're Born』

ORGANELLES / KNOWING YOU'RE BORN

ORGANELLES
KNOWING YOU'RE BORN


2003.02.01 OUT(2006.06.21再発売)
12trks CD / DDCA-5011 / ?2520 (tax in)
1. Starcloud
2. I Can't Go On, I'll Go On
3. Strictly Plutonic
4. Sandbank Rivermouth Blues
5. Atheist Fundamentalist Backlash
6. The Genepool Ghetto
7. Peace With Justice Is Extra
8. Nusrat
9. Infinity For Short
10. From Murder Mile To Reconcile
11. Tobycloud
12. Handsome Is As Handsome Does

ORGANELLESカテゴリ
mixi内コミュニティ

僕達は知っている
99年にリリースされた1作目が、ポスト・ロックをはじめジャズやアンビエントの愛好者からも高い評価を獲得した、ブリストルの4人組ORGANELLES待望の2ndアルバム。ジャズ〜アンビエント〜ケルト音楽〜クラシック音楽〜SEA & CAKE〜RADIOHEAD……を連想させつつも、彼らにしかできない唯一無二の世界を描きます。PAUL BRADLEYによる歌ものも増え、前作以上に幅広い支持者を集めるでしょう。

ZERO限定特典2種付!
特典1:DVD-R『Live At The Croft』→詳細
特典2:CD-R『A Night Of Live Music』→詳細

DISC SHOP ZEROでのご購入


ORGANELLES www.organelles.co.uk
■メンバーは、MARK BRADLEY(Dr)PAUL BRADLEY(G&Vo)、PETE JUDGE(Tr)、DAN MARCUS(B)。バンドの半分は伝説的アングロ−アイリッシュ・ポップ・ビジョンを持つバンド=MEに在籍していた。他のメンバーも色々なバンドに参加している??SUPER FURY ANIMALSやBLUE AEROPLANES、LUPINE HOWL、THE MOONFLOWERSMORNING STAR、MOOZ、ADRIAN UTELY、MARC GAUVIN、THE INVISIBLE PAIR OF HANDS、THE BIG FISH……など。
■97年以来、素晴らしく分類しがたいバンドORGANELLESは日本とイギリス南部で確実に熱烈なファンを増やしている。デビュー・アルバム『CELLULAR SOUL』のリリースから3年、いまだにリスナー達のCDプレイヤーに入ったまま出るのをいやがっている。ブリストルの雑誌『VENUE』によれば、「音楽の恋人、恐ろしいくらいにメロディック、健全で美味しい、魅力的で他に類を見ない心臓が止まるかのようなサウンド」。
■ そして今、ORGANELLESは長らく待ち焦がれられていたセカンド・アルバム『KNOWING YOU'RE BORN』をリリースします。PAUL BRADLEYの天才的な曲たち。プロデュースはPORTISHEAD/SISSIのJIM BARRによるものです。
■ 前作でも発揮されていた情感豊かでソフトな起伏ある演奏に、今作はPAUL BRADLEYによるほとんど即興のヴォーカル/歌詞を多くの曲でフィーチャー。サウンドにさらなる奥行きを与えています。



PAUL BRADLEY
■63年、JFKデーの2か月後ベルファストで生まれる。しばらくして戦争孤児だと確信する。左利きで独学のギタリスト。幼年時代は喘息持ちでよくおねしょをしていた。ちょっぴりへそ曲がりで、ちょっぴり自慢屋。少し神経症。よく人を笑わせる。バンドでは78年から弟のマークと一緒に活動しているが、いまだに未完全である。曲を創作し、即興で演奏する才能に長けている:すばらしい作曲家、作詞家には畏敬の念を抱いている。今39歳。今の自分よりもっと大人の左翼的な人間になりたい。和音の声で自然に生活できるようになれたらいいのに」。95年、ME時代に録音した「SPONTANEOUS WORLD PEACE NOW」は、2001年9月11日以降レーベルのホームページに掲載し、問い合わせが殺到。この曲は03年2月に、GINA GRIFFINによる「THE GARDEN」とのカップリングで、7インチ『World Peace E.P.』(MFSBAE057S)としてリリース。98年にはPAUL BRADLEY & THE SWEET BATERIA名義で「Try A Little Tenderness」をスプリット7インチとしてリリースしている(『A.E. SPLIT SEVEN #2』MFSBAE038S)。


trackback url for this entry

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angels_egg/29502048