July 04, 2006

★『Tower Of Songs』

Jesse Morning Star's Tower Of Songs Jesse Morning Star's Tower Of Songs disk

04年の夏から秋に地元ブリストルのFM局でオンエアされた、MORNING STARがパーソナリティを務める番組『Tower Of Songs』全13回の内容を紹介します。
全ての放送を収録したMP3 CD-Rは、8月23日発売のMORNING STARのベスト&カヴァー集『Star Songs』の一部ショップ特典として差し上げます。
■The Chromatic Scale 20040707
“クロマティック・スケール(半音階)”がテーマ。クロマティック・スケールとは、1オクターブに含まれる12の音を全て鳴らしたスケールです。このクロマティックをコードや、スケールの合間に経過音的に挿入することで、より浮遊感のあるフレージングが可能になるとのこと。Ray Charles「Over The Rainbow」やTom Waitsら有名どころに加え、OrganellesJukesMarc Gauvinの曲も。ゲストで電話出演するのはPaul Bradley(Organelles)。

■The Flattened Fifth 20040714
Holstの「火星」という、ありえない幕開けの第2回は“フラット・ファイヴ”がテーマ。基本となるマイナー・コードの第5音が半音低くなり、ルートと第5音の音程が減5度になっているコードのことで、Solar MumunsやThe Rainbohemiansほかでギターを演奏する“教授”Neil Smithがセッションしながら解説をします。電話口からはGina GriffinRasha Sheheenも登場。Jimi Hendrix、P.J. Harvey、Black Sabbath、The Invisible Pair Of Hands、Moozなど。

■Song with no singing 20040721
“歌わない歌”特集。Josh McDonaldのリーディングとMr. Hopkinson(Stoloff & Hopkinson)のトラックによるスタジオ・セッション。Woody Guthrie、第1週つながりでBud Powell版「Over The Raibow」、The Doorsのライヴ……など、歌わない歌をセレクト。

■The Major Seventh 20040728
ちょっとレイジーで享楽的な響きの“メジャー・セヴンス”特集。The Flamingos「I Only Have Eyes For You」、Bob Marley & The Wailers「Soul Rebel」、Led Zeppelin、Morning Star、Caetano Veloso、The Beach Boys、Frank Zappa、Dionne Warwick、John Lennon。

■The Minor Ninth 20040804
切ない“マイナー・ナインス”。The Moonflowers、Kama Aina、Kate Stables、John Parish、Tom Waits、Chet Baker、Prince 'Drummy' Green(貴重!)、The Liftmenなどなど。ブルーズ。
DRUMMY GREEN / Medical Police

■The Sixth 20040811
「男と女」のテーマで始まる“6th”特集。Mongo Santamariaの曲の上にPaul Bradleyのおしゃべりを被せたり、これまでの放送もそうですが、遊びもたっぷり。ボサノヴァにも多いコードということで、彼自身の実演を交えつつ進行。Pierre Barouh、Sun Ra、7月28日にも流した「Soul Rebel」の『CHANCES ARE』収録の別ヴァージョンも。

■Songs which have got gypsies in 20040818
ジプシーをキーワードにした選曲。タイトルや歌詞にジプシーという言葉が入っている曲、ジプシー・サウンドを紹介。電話口からはJesseもメンバーのバンド、The Liftemenがジプシー・ソングを聞かせてくれたり、Tim Buckley「Gypsy Woman」の上でJesseが即興で歌とギターを演奏したりも。

■Musical Crimes 20040825
“音楽的犯罪”特集。

■Fish and Bird 20040901
“魚と鳥”特集。Jesseはお休みでスペシャル・ゲストに3人娘Whalebone Polly。彼女たちのかわいいトークぶりを聞くだけも楽しいですが、選曲もArrested DevelopmentからAmalgamated Sons Of Rest(Massive Attackもカヴァーした「Home Of Whale / My Donal」)などバラエティに富みつつ最高。Whalebone Pollyのスタジオ・ライヴも数曲。
WHALEBONE POLLY / Pigeons
WHALEBONE POLLY / untitled

■Songs about water 20040908
“水にまつわる歌”。二人の女性MaddyとKatとのライヴ・セッションでは、Morning Star「I Hear The Waves」やOrganelles前身バンドMe「Water」のカヴァーなども。
MORNING STAR / Water

■Modes 20040915
久々に講義的な内容。“モード(旋法)”とは、ある曲を構成し演奏するための元となる、外見上は数種のスケール(音階)と同様の1オクターブ内の音の配列のこと→詳細。ジャズからクラシックまで様々な音楽とともに解説をしてくれます。

■The Dominant Seventh 20040922
不安定な響きの“属七の和音”特集。クラシックにブルーズ、Led Zeppelinも教材に。

■The Magic Flute 20041010
“魔法のフルート”。DJ Suv「Do You Remember Me」やThe Big Fishにも参加しているHannah Porterとともに、様々なフルート曲を。ライヴ・セッションは「イパネマの娘」を。


MORNING STAR『Star Songs』詳細
購入 DISC SHOP ZERO
MORNING STARカテゴリ


trackback url for this entry

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angels_egg/50505269