July 09, 2007

読んだ本は【作家と猫】
猫好きの作家もそうでない作家も、猫の目を持って小説を書くということがあるんだなぁと面白く読みました。
猫好きではない作家の猫の目は、多分、人間達を少し高いところから見下ろす、客観性と高尚さの入り混じったもの。だからこそ、日々の営みが面白くてもの悲しくて滑稽なものとして描かれている。
猫愛好家の作家が描く猫は、猫と出会い、暮らし、別れる、その凝縮した一生がストーリーの中に隠れている気がする。
などと、高尚ぶって書いてみるけど、単純に猫好きは読んでみると楽しいと思う。内田百聞のノラやノラやとか有名だけど、それ以外にも、教科書でしか知らない作家の猫にまつわる話から、中島らもまで、どのエピソードも、猫好きなら頷いたりキュンとしたり涙したりの一冊です。
いつの世もあの魅惑的な生き物に魅了される人が多いんだなぁ、ホントに!
それから、昔…といっても、数十年くらい前だけど、そのころまでは、とても日本は大らかだったんだなーと思う。猫ってのは基本ノラで、人んちには自由に出入りして、気に入ったところには長居して…みたいに、今よりずっと自由だったんだよね。もちろん、猫嫌いの人もそのころから居ただろうけど、何つーか、ちゃんと共生できてたんだな、と思った。それに引き替え、今はどうだろう…なんて、ちょっとシリアスに思ったりして。

ま、それに関連して。
こないだから、リンクに貼っているのですが、神戸で地域猫の活動をしている団体があって。
こういう団体さんは、各地にあると思うんだけど、実は身近では知らなかったから、少しでも、気に掛けてくれる人がいるといいなぁ、とか思って、リンクしました。地域猫、詳しいことを知りたい方は、ググって見てください。ココで私が語るより、もっと詳しく出てくると思う。
それから、うちの子のご縁ではなかったビリーとダニー(去年の11月のブログ参照のこと)が保護され、預かられていた猫の幼稚園の方にもリンクを貼りました。ダニーさん(猫の幼稚園ではぱんだくん)は無事、本当のお家が見つかって卒園していって、ビリーさん(猫の幼稚園ではあべる君)は、いまだお家を探し中。
時々、彼らが居た日々のことを思い出すんだけど、特に、あべる君は、今なら?と思わないこともないけど……、我が家じゃ狭かったのかも知れないなぁ。とも思います。また、会いたいなぁと思うけど、それもなかなかね。
猫の幼稚園をはじめ、里親を募集しているサイトさんはたくさんあるし、もし、猫飼いたいなーと思う人が居たら、ペットショップに行く前に、そういうサイトさんを捜してはどうかなぁ。
かくいう、うちのサブリナとチェルシーも、里親募集のサイトで見つけた子達だし。
私自身は、本当に何も出来なくて、こういうサイトさんをブログで紹介したりとか、それくらいしかできないけど、すべての猫が、せめて自由に生きられる環境になればなーと。

そういえば、前に書いた神林長平も、多分猫好き。小指の先の天使の中にも猫が登場する話があって、それが、ホント猫の事よく解ってるー!!という感じだったし、代表作の一つ、敵は海賊の主人公の一人は、黒猫型異星人アプロだしね。

そんなわけで、猫に関してあれこれ。書いてみました。
ついでだから写真も貼ってやる。久々にうちの子達。
サブリナとネズミ

ネズミのおもちゃに興味津々サブリナ。最近は、ホントにサブてしか呼んでないけど…あと、サブリンドて呼ぶ。命名ろろさん。これは、おきにめすままというシェイクスピアの戯曲の主人公、ロザリンドの名前をもじった(?)もの。
ろろさんは、今東京でやっている、蜷川のお気に召すままが、初演時からもの凄い好きなのだ。だから、いつの頃から過サブリンドと呼ぶように。つか、サブリナより長いって(笑)


おやすみチェルその相棒チェルシー。よくおやすみ。
最近すっかり、貫禄のある風情になってしまった……。前はサブリナの方が大きかったのに、すっかり抜かしてしまってですね…愛らしい→愛嬌系になってしまった…これ以上太らないでーー


そういえば、ベンジーの新譜のジャケットの写真が、サブリナにそっくり!らしい(まだ買いに行けてない!)
しかも、二枚同時リリースのうち、1枚のタイトルがチェルシー。
うふふー。チバの歌詞から取ったけれど、ベンジーとも繋がった気が(勝手に)していてちょっと嬉しいね。

なかよし
ちなみに二匹は姉妹です。ふとした拍子にすごく似てるんだなー。かわいい。


……おっとー、読んだ本の話じゃなくなって、単なるうちの子自慢になってるな。






次に読んだ本は、買ってあったのを飛び越して、先日伺った、オメガスイーツで購入したマンディアルグでも。
いや、しかしあれだな。私の読んだ本、て絡みづらいよな。



(21:46)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by くまのすけ   July 09, 2007 23:26
はじめまして。
editaの猫コミュニティをみた、伺ってみました。

サブリナちゃんチェルシーちゃん、二匹とも、かわいいですね。
猫について、書いた作家といったら、夏目漱石ぐらいしかしらないので、勉強不足なヤツなので、こんど『作家と猫』って本、書店で見かけたら、立ち読みしてみよって思います・・・・(ぉぃ 買わねぇ〜のか!?

また、そのうち、伺いまーす。
2. Posted by あんじ   July 10, 2007 10:56
>くまのすけさん
初めまして!
コメントありがとうございます。

そちらにも伺いました。クマ君、6ヶ月くらいですか?可愛い且つやんちゃ盛りですね!
うちの子はもうすぐ1才です。子猫はすぐに大きくなって、成長の早さにびっくりしますー。
『作家と猫』なかなか面白かったですよ。夏目漱石は大して猫好きではなかった、とかそんなことも書いてあります。
ぜひぜひ立ち読みしてみてください(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字