black out
1































みんなに遅れる事、約2年…

やっとシーバスロッドに求めるイメージが形に出来ました!
ボクのメインフィールドの一つとして瀬戸内海は広島エリア。
このエリアは日本でも有数の干満差を持ち主戦場となる街中に6本もの河川がタイトに並び海へ流れ込みその河川に架かる橋脚は数知れず、その橋脚をメインにシーバスと対峙する機会が多く、特に秋のハイシーズンにもなると約4mの潮位差から生まれる流速+橋脚+川幅20mにも満たいない接近戦+ウエイトの乗った90Cm前後のシーバス。
この最高な条件にウエイトを置いてテストを繰り返してきている為、地域性の強い魚種のシーバスだけにかなりピーキーで最大公約数の小さい感じのテイストに仕上がっています。
サブネームは「Wilma」とし、過去最大級のハリケーンの名前から由来し最大級のトルクでストラクチャーから魚を巻き上げるロッドパワーを持たせました。

そして「Wilma」に求めたモノは2つ。
繊細な仕事が出来るティップと最小限で仕事が出来るバット。
まずは1つ目のティップ、橋脚などのストラクチャー絡みで7gの小型ルアーから60gを超えるビックベイトまで幅広使用出来き刻々と目の前で過ぎ去る状況にもその汎用性の広さでアジャストが可能で、繊細でML+クラスのティップでルアーのアクションを殺さず、魚の食わせ処の流れの緩急を把握し、ドリフト時の余分に放出されやすい、ラインスラッグも極力抑えられる為、ルアーのトレースコースが作りやすいティップを採用、硬すぎても柔らか過ぎても満たされない、ストラクチャーゲーム、そして何よりランディング・ファイト時のフックアウトやフックの曲がりでバラシを軽減してくれます。

2































トップガイドを含め6個目まではKRガイドを採用して、ブランクス本来の素直差な曲がりを求めまた、7gの小型ルアーのキャストにも助長してくれてます。

3
































そして2つ目は、ファイト中の主導権をアングラーが確実に握れる、ガッチリと止まるベリー部、RVガイドをグリップ側から3個ダブルフットで重さを犠牲にすること無く更にパワーを補強し小型ルアーのキャスト飛距離もラインが素直に放出される為、飛距離にも一役買っています。そして負荷(魚の引きや流れ)に対してはジワジワとベリーからバット上部まで入りロッドを立てるだけで中弾性+低弾性のブランクスが魚+流れの負荷に応じて最大限の復元力で魚をストラクチャーからロッドを立ててるだけで寄せてくれるトルク。

4































とここまではよく耳にしますが、最大の詰め込みはアブガルシアの最先端ロッド製法「TAF製法」の恩恵は大きく従来だと、どうしても低弾性+中弾性カーボンだと「重さ」や「シャープ感」が損なわれがちでしたが、この「TAF製法」はこれを払拭してくれて「軽量」・「シャープ」・「トルク」・「強さ」を兼ね備える事が出来た事で、セットバック出来きました。

5
































グリップエンドからリールシート上部まで475mmとより有効レングスを持ち重りも無く長く取れる事で、ロッド全体でキャスト出来る為より飛距離UPやドリフト時のラインメンディングを冗長してくれたり、そして何より9.4フィートのレングスで9.6フィートクラスの優位性を持てる感じです。
しかし、橋脚周りのストラクチャー絡みのスタイルを加味すると純粋な9、6フィートのレングスだと自重や操作性や魚とストラクチャーとの距離感を考慮すると9、4フィートに落ち着きました。

7



































そんな思いを詰め込みました。

みさなん、よろしくお願いします^_^
また、「Wilma」については触れていけたらなぁと思います。
来月発売予定なので是非宜しくお願いします。
※ロッドはプロトの為、仕様や表示が異なる場合があります。
#広島市内河川 #シーバス #林健太郎 #けんぼう #アブガルシア #エクストリーム #Wilma
                               SUMMITホームページ
Maker Links
  • ライブドアブログ