初めてのバラマンディ釣りをまとめます!

IMG_4602


結論から言うと朝7時半から12時まで70cmクラスがずっと入れ食い!

バラマンディとは?


スズキ目アカメ科バラマンディ
東南アジア、オーストラリア北部に生息する。アカメ科というだけあって、外見は日本のアカメとそっくり。体高のあるシーバスって感じ?

Barramundi

バラマンディの魅力は何と言っても強烈な引きと宙を舞うエラ洗い。ルアーマン憧れのターゲットのひとつ。

タイ(バンコク)の養殖池バラマンディ

タイではバラマンディを食する文化あり、至る所にバラマンディの養殖池がある。
しかし、どの養殖池でも釣りをさせてくれる訳では無い。タイ語を喋れれば養殖池オーナーと交渉の余地もあるかもしれないが、素人は養殖池を知っているガイドさんがいないと成り立たない。
今回はBARARED.COMのスメットさんにガイドを依頼しました。
※今回の旅はスメットさん無しでは成立しなかったと言うくらい、色々お世話になりました。日本語ペラペラ、気さくでユーモアのある素晴らしい方です!

IMG_4553

今回は日帰り釣り堀バラマンディのツアーを予約してたのですが、当日色々話を聞いて急遽養殖池バラマンディのツアーに変更。

調べれば色々情報がありますが、

釣り堀=スレてる、小さい、釣れないかも
養殖池=いつも入れ食い、サイズもデカイ

料金は少し高くなるものの、最初の一回は養殖バラマンディをオススメします!


今回行ったところは田んぼのように区切られており、バラマンディ以外にも色々な魚が養殖されているとのこと。


養殖池バラマンディのタックル

恐らく、検討している人はこれが一番気になるはず。
実釣して得た感覚から必要スペックまとめます。


ロッド

ベイトタックルが理想かと思いきや、スピニングでも全然問題無し。
何故なら、養殖池なので走ったところで距離は高が知れている、ストラクチャ(障害物)もほぼ無いに等しく、池は独占状態なのでパワーでねじ伏せる必要はない。

と言う事でロッドパワーはMクラスがベスト。キャッチに時間は掛かるかもしれないがMLクラスでも出来なくないと思う。
養殖池はオープンスペースなので、レングス規制はないが、飛距離を出す必要は皆無なので8f未満が手返しが良くていい。

今回私は、ジェットスロウ(JetSlow)とツララ(TULALA)のコラボロッドJetSetter71sで挑戦しましたがパワーとしては十二分でした。

IMG_4415
IMG_4417

別途インプレしますがこのロッド物凄い怪魚ロッドでした笑

JetSetter71sをオススメしたいところですが、ずっと在庫切れ状態なのでコレでも行けそうと言うロッドをピックアップ!

<条件>
ロッドパワー:MLクラス~
レングス:8f未満
継数:スーツケースに入るサイズ(仕舞寸法50cm〜60cm)

シマノ ワールドシャウラ ツアーエディション

海外遠征用に作られた仕舞寸法51cmのパックロッド。
スピニングモデルは2017年3月時点で全4種類だが、2752R-5が適切だと思う。
2754R-5は養殖バラマンディにはスペックオーバー。

アブガルシア ワールドモンスター

2017年4月発売予定の商品。
コスパが良く、コンセプトもバラマンディにぴったり。
もしこれが発売されていたらこれで行ったと思う。


リール

クラッシュ覚悟で16ヴァンキッシュ4000HGでトライしましたが、余裕でした。ハイスピードで巻く必要はないのでギアは何でもいい。
番手はロッドに合わせてダイワなら2500番、シマノなら2500~3000番。
ドラグはシーバスより強めの3kg程度!手勘ですけど笑

<条件>
ギア:何でもOK、
番手:2500番〜3000番
※ラインキャパに注意、最低PE2号100mは欲しい。
ドラグ:余裕持って5kg~

シマノ ツインパワーXD C3000HG

最新ドラグで強度重視のXD。今買うならこれ。
T型ハンドルだと指が痛くなるので、ラウンド型が良い!

ダイワ カルディア2508H

PE2号が100m巻けるギリギリサイズ。
性能的にはこの辺でもいけると思う。


ライン

メイン(PE2.5号)もリーダーも50lbでラインブレイクはゼロ。スピニング3000番でフロロ50lb巻くのは厳しいのでメインはPE、リーダーはフロロが理想。
4時間で23匹釣りましたが、リーダー交換は途中一回だけ。感覚的にはワイヤーは不要かな。とは言えこれより細いと交換頻度が極端に増えそうなので、ミニマム50lbかと思う。PEは2号でも行けそう。

<条件>
メイン:PE2~3号(50lb前後)
リーダー:フロロ50lb~
スナップ:50lb程度

よつあみYGK アップグレード2.5号

何故かアマゾンが激安。PEはよつあみアップグレード使っとけばまず間違えない。

シマノ オシアリーダー フロロ50lb

やっぱりラインはアマゾンが激安。リーダーはフロロ50lbならなんでもOK。


ルアー

やっぱりココが一番需要。何でも食うけど100~140mmのリップミノーがオススメ。ガイドのスメットさんは120mmミノートゥイッチで一撃必殺決めてました。今回私は終始邪道グラバー Hi 115S早巻きで爆釣。
色々なルアーで釣りたかったけど、フック破損問題で色々試す暇がなかった。

ドラグ強め、ロッド強め、ライン強めだと当然の如くフックも強くしないと行けないわけですが、私は甘く見ていた。MHの#4あれば余裕だと思っていた。

しかし、あの巨体がジャンプした後に掛かる負荷は半端ではない。フックは曲がるのではなく、折れる。フックが無事でも中間リングが伸びてしまう。

IMG_4625

最終的にはルアーのフックアイがへし曲がる。

IMG_4626
IMG_4627

一番気を使うべきはルアーの耐久性とフック。またフックを変えたことにより泳ぎが崩れていないか確認することが必要。

と言うのも、
ラッキークラフトのビーブリーズ。最初の使った時は食ってきたが、フックを変えた後一気に当たりが減った。フック重量増しによるバランス崩壊が原因と推測できる。


<条件>
サイズ:100~140mm
ジャンル:リップミノー(中層系)
フック:カルティバST56/ST66並みの強度
バーブレスもしくは返しを潰したもの
※フック交換後は泳ぎ確認。バランスが崩れる場合は太いシングルフックで調整もあり。
中間リング:強度の強いもの

グラバー Hi 115s

ヒット率が高く、フック重量が増えても泳ぐ。早巻きでバンバン当たる。
大野ゆうき氏のルアーはバラマンディにも通用する!

カルティバ ST56

ST46#3でも数匹でへし曲がります。バランスが崩れないならST66の方が安心。


旅費

これも気になるとこと。
今回は格安航空(scoot)2泊4日で行きました。
出発は朝9時半の便でホテル到着は現地時間17時頃。帰国は夜12時発の便で到着は翌日8時頃。
活動できるのは到着日の夜、翌日丸一日、帰国日は夜21時まで

ホテルとエアチケットで6万程度、ツアーは二人の場合、一人2万程度。
釣りだけなら10万あれば余裕。

時期と宿泊先次第ですが、最安3万程度〜。
格安バンコクツアーはコチラから


最後に

冒頭にも書きましたが素人はガイドさん無しでは実現不可能。
今回はBARARED.COMのスメットさんに釣りから観光でまでいろいろお世話になりました。多少お金が掛かっても最初は養殖バラマンディのツアーを強くオススメします。


旅行前に参考にした釣り情報はコチラ


最後に今回の写真を一気に。
IMG_4555
IMG_4569
IMG_4570
IMG_4600
IMG_4602



シーバス釣りブログ一覧はコチラ

シーバスブログランキングはコチラ

爆釣情報一覧はコチラ








    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    トラックバック