2006年07月18日

引越します

fbaf97b1.gif

下記に引越します。

http://albemuth.blog58.fc2.com/

順次、このページはなくなりますので。

 



ango at 20:51|Permalink日記 

2006年06月22日

ブラックシネマの時代

BLACK1BLACK2 『ミシシッピ・マサラ』
 1992年1月11日土曜
 『ジャングル・フィバー』
 1月25日土曜
 『ボーイズン・ザ・フッド』
 2月8日土曜
 『レイジ・イン・ハーレム』 3月1日日曜
 スパイク・リーの新作『インサイド・マン』などを観ると、あらためてブラックシネマの時代は遠く過ぎ去ってしまったという感慨にうたれる。90年代初頭の、この嵐のようなブラック・ラッシュも過ぎてみれば、70年代を飾ったブラック・アクションと同様の(質的には大いに違っても)毛色の変わった「商品」だったということか?

 


 

BLACK3BLACK4

 

 参考サイト



ango at 08:47|Permalink80'sシネマ 映画愛断片 

2006年06月10日

ロメロ・ロメロ・ロメロ1

romero1romero2ジョージ ・A ・ロメロ
『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』
1991年8月25日日曜   
    9月10日火曜
 二回観たのは、二種のヴァリアントがあったから。オリジナル版と着色版と。やはり加工したのは不自然であった。   ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』と俺様の『イージーライダー』はあの時代の伝説なのさ。――とは、 『ランド・オブ・ザ・デッド』に出演したデニス・ホッパーの科白。

romero3romero4romero6

 

 

 

 

 

 

ゾンビ

参考サイト

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド コレクターズBOX
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド スペシャル・エディション



ango at 08:29|Permalink80'sシネマ 作家たち 

2006年06月09日

マカヴェイエフ・コレクション

マカマカヴェイエフ・コレクション
 渋谷 シネセゾン
   ドゥシャン・マカヴェイエフ
 『マニフェスト』 1991年6月26日水曜
 『スウィート・ムービー』7月3日水曜
 『コカコーラ・キッド』 7月26日金曜
 『保護なき純潔』 8月17日土曜
 『愛の調書 又は電話交換手失踪事件』 9月10日火曜
 『人間は鳥ではない』 9月24日火曜

参考サイト

 



ango at 08:22|Permalink80'sシネマ 作家たち 

2006年05月25日

PR

hoku
 『北米探偵小説論』文庫版
 日本推理作家協会賞受賞作全集の一冊として
 六月中旬発売予定

 余談。
 文庫版法月解説によると、『北米探偵小説論』に生き『北米探偵小説論』に死す、という壮烈な作家イメージがあってたいへんわかりやすい。解説いただいた立場としては異論を称えるよりは、その作家イメージに自分を無理やり押しこんでいくほうが早道であろう。
 とりあえず考えられることは、現行の「増補決定版」にさらなる増補を加え、五千枚くらいの分量に倍増するファイナル・カットを目指すという方向か。



ango at 07:56|Permalink日記 

2006年05月20日

『ケーブル・ホーグのバラード』

sp1sp2 サム・ペキンパー
『ケーブル・ホーグのバラード』
 1991年4月21日日曜 渋谷
 『砂漠の流れ者』のリメーク、じゃなくて、つまり再公開……

 参考1
 参考2
 参考3

砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード 特別版
ザ・サム・ペキンパー・コレクション (初回限定生産)

 



ango at 08:46|Permalink80'sシネマ 作家たち 

2006年04月25日

『ストリート・オブ・ノー・リターン』

フラー1フラー2 サミュエル・フラー
『ストリート・オブ・ノー・リターン』
 1990年8月31日金曜 渋谷
原作 デイヴィッド・グーディス
 なにやら、この年はフラー映画が重なった。
 いま手に入るDVDボックスに本作は収録されているものの、後の選定がどうもね。
 『ショック集団』や『裸のキッス』は、レンタルでVHSが出回ったからだと思うが。フラーらしさという点では、いささか淋しいものがある。
 らしさといえば、次の年には、フラー小説の翻訳まで出たのだった。


 



ango at 08:49|Permalink80'sシネマ 作家たち