ぼんやり日和

猫と ハンドクラフトと ぼんやり過ごす、日々のこと

続・猫のドア開け対策を考える。

先日から悩ましく思っていた猫か勝手にドアを開けてしまう件。
色々ネットで調べていたら、ノブを押し下げるタイプのドアの場合は、ノブを縦にすると良いとあったので・・・。
早速、金具にネジ止めしてあったノブを抜いてはずし、角度をかえ、さしなおしてこの状態に!

P1030006

おお、これなら、あぐりさんがハンドルに手をひっかける心配がないわー!
先日のような閉じ込み事故も防げるというものです。
ビジュアル的にどうかという問題もありますが、納戸は別に家族しか開けないから良いかな。
問題は寝室なのですが・・・。
ドアを閉じて寝るとやっぱり夜中に「あけてー」とか「出してー」とか猫がウニャウニャうるさいので開けっ放しになっております。
こちらは猫ドアをつけるしかなさそうなので諦めるしかなさそうです。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


続・膀胱炎の再発(あぐりさん)。

前回、動物病院へ行った時に出していただいたお薬は10日分。
手元になくなったので、再度尿検査をしていただこうと病院へ行ってきました。
膀胱炎の頻尿の症状はすっかり治まって元気にしていたので大丈夫だと思っていたのですが、検査結果はイマイチ・・・。
潜血反応はなくなったものの、顕微鏡で見るとストルバイトの結石のキラキラが見えるということで、また投薬を続行することになりました。あと2週間も!
ううーん、そうか、良くなってなかったかー;;
しょうがないね。
あぐりさんへの投薬は、ちゅーるで誤魔化す作戦がまだ有効なので、頑張ります。


20170420
ワタシの心配をよそに、のんびりお昼寝をするあぐり氏。

で、ですね。ここからは治療代とかのちょっと生々しい話なのですけれど。
ここの病院、実はいろいろとお高いと評判の病院なのですけどもね。
薬は2週間分出てるんですが、タブレットにすると7錠なんですよ。
「自分で半分に割って猫に飲ませます」ってことで、タブレットの状態で出してもらったんです。
薬価としては7日分として計上してもらえれば半額のお薬代で済むんですけど・・・まぁ普通に2週間分請求されちゃいました。当たり前っちゃあ当たり前の話なのかもしれないけど、病院としたら経費は半分しかかかってないわけで・・・。

これまでのワタシだったらそんなことは全く気にしてなかったのですけどもね。
毎日継続的にペットにお薬をあげているお友達が通院している病院では、お薬は1錠を一日分の薬代として請求することになっているので、半分に割るお薬は2週間分なら半額の一週間分しか請求されないそうなんです。
毎日続けないといけないお薬代なので少しでも負担を減らせますよ、と、病院側が申し出てくれたそうです。
そういうのを直近で聞いちゃったあとのことだったので、ちょっとひっかかってしまって・・・。
受付でお薬をいただくときに、「自分で割る場合でも14日ぶんのお薬代なのですか?」と厚かましく聞いてみたところ、「うちではそういうことはやってません!そういう病院だと他が高かったりするんですよ。」と、言われてしまいました。
ぐぬぬ。
ソウデスカ。シツレイシマシタ。スミマセン><。
いつも温厚そうな受付の方、ちょっと怒ってらしたような(汗。

あぐりさんももちゃさんも、アレルギーやストルバイト体質のせいでフードはホームセンターとかによくある安いやつをあげることができず、通販で取り寄せしています。
毎日のことなので、けっこうバカにできない出費です。
病院もちょっとでも不調があればマメに通いたいところなのですが、やっぱり保険がきかないぶん、通院代が気になってしまってちょっと足が遠のきがち・・・。
これってダメだなって。
反省しました。
猫のためを思ったら、近所で通いやすいからっていう理由で行ってる病院に操立ててないで、評判の良いほかの病院に行ってみたら良いのよね、って。
そこが合うか合わないかは、また別の話だけども。
次回は2週間後なのですが、そこでまだ完治してなかったら、次は別の病院へ行ってみようかと思います。
セカンドオピニオン的な意味合いも含めて。


ちなみに、今回は投薬と検尿だけだったのでかかった費用は先週のぶんと合わせて8000円ほど。
昨年初めて膀胱炎になったときに打った、2週間持続的に効く抗炎症剤の注射(一本4000円)がなかったぶん助かってます。
自分で薬を飲ませられるかどうかって、重要だなぁ。
今はまだ、膀胱炎なんてそんなに治療費がかさまない病気だから良いようなものの、大きな手術だったり、継続的に年単位で病院通いをしなくちゃならないような、重篤な多額の治療費がかかる病気になった場合のことを考えると、元気なうちに自分の身の丈にあった病院を探しておかないといけないなと思いました。
リッチメーンだったら、全然気にせず今のところでも良いんだけどねー;;
ウチ、庶民だから・・・ブルジョアジーな飼い主じゃなくてゴメンよ、猫たち;;


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

膀胱炎の再発(あぐりさん)。

あぐりさんの膀胱炎が再発してしまいました。
食事はずっと、この、



療法食の「ヒルズ c/d マルチケアコンフォート」に缶詰のウェットを小さじ2杯ぶんほどトッピングしたものを与えているのですけど・・・。
ストルバイト結石が気になるので、phはマメにチェックするようにしていました。
ph試験紙は、ケースにどさっと入ったやつを購入。


ずっとphは猫の理想値である6.0~6.5をキープできていたので大丈夫だろうと思ってたのですけども、今日の夕方、あぐりさんがトイレに頻繁に行ってるのに気づき、さっき検尿してもらいに病院に行ってきたところです。
結果、phはちゃんと6.5で落ち着いてるにもかかわらず、血尿の潜血反応が出ているということで・・・お薬を処方されて帰ってきました。
タブレット1/2個を、毎日1つずつ投薬です。

あぐりさんは、粉末にしてウェットやご飯にかけると食べないし、タブレットのまま口に押し込んでも上手にオエオエして吐いてしまうので、投薬は大変なのですよねー;;
溶かして水薬にしてシリンジで口内に押し込もうなんて作戦は通用しませんし;;
やっぱり、美味しいもので釣るのが一番お互いストレスがなく楽なので、さっきすりつぶして「ちゅーる」に混ぜてあげようとしたら、一口舐めてペッとされてしまいました。
そこで、錠剤のまま小さく切ったオブラートに包んでちゅーるの中に埋め込み、ワタシの手に乗せて舐めさせたところ、だまされて飲み込みました!
口の中の違和感に気付いて吐きだしそうになったところで「追いちゅーる」!
さらに手のひらにちゅーるを乗せてやると、違和感にちゅーるへの食欲が勝ったらしく、ごっくんと!
やったーー><


ちゅーる、最強だな・・・。
猫の保護活動をなさってる方たちも、人慣れしてない猫を懐かせるためにちゅーるをあげて距離を縮める作戦をなさってるの記事をよく見かけるのですが、この商品、猫心をガッチリ掴むアイテムのようです。
スバラシイ。助かる;;!!

しかし、この作戦、いつまで有効だろうか・・・。
明日も騙されて飲んでくれるといいんだけど。
お薬は10日ぶん出ているので、飲ませ終わったらまた尿検査ですかね。
うーん、早く良くなってくれると良いのですが。

あぐりさんはストレスに弱いみたいなので、春休みで連日娘がお友達を連れてうちに来てたり、夫の単身赴任解除で環境に変化があったのがストレスだったのかもしれません。
季節の変わり目で寒暖の差が体調を崩す原因になっているのかもしれないし。
原因不明なのが悩ましいのですが、ほんと、見た目に反して繊細なオッサンで困っちゃうわー!!

20170407
あぐり:そうそう。僕、おとうふメンタル君やねん・・・。ぐぅぐぅ。

   にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 続・猫のドア開け対策を考える。
  • 続・膀胱炎の再発(あぐりさん)。
  • 膀胱炎の再発(あぐりさん)。
  • こまごましたもの作ってます。
  • こまごましたもの作ってます。
  • こまごましたもの作ってます。
  • あぐりさんのワクチン接種に。
  • ダンボールツメとぎベッドの末路。
  • 猫毛の落ちる季節に。
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ