遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

テンション低めに更新中。完全趣味のノンアフィブログです。

・TCS
先日の日曜日に北九州市で開催されたTCSに参加してきました。
TCSというのは九州最古のCS(恐らく)で今年で10周年以上になる大きな大会です。
その大会が今回はなんと参加費無料で開催されるという事でオトウトくんと共に参戦してきました。


・大会結果

アニ 「導師ビート」 本戦1落ち ベスト64
オトウト 「魔弾」 本戦2落ち ベスト32

という結果でした。
当たるだろうと予想していたSPYRAL、アルコン恐竜と全然当たらずクリフォートやメタビと当たる事が多くて驚きでした。

TCSは昔から魔境と揶揄される事が多く、あまり環境デッキと当たらないんですよね。
今期は近年稀にみる一強環境なのでSPYRALと当たるだろうと思っていたんですけどね。。
まあ、そんな感じでそこそこの成績で終了しました。


・雑感
ここからは雑感です。
まず今回のTCSでの素晴らしかった点について書いていきます。

【参加費無料】
やっぱり一番はコレですね。
参加費無料のお陰でCS参加のハードルがグッと低くなったと思います。
「今回はカジュアル層にも参加して欲しい」「CSを敬遠している人にも参加して欲しい」という主催者の思いがよく伝わりました。
実際に会場を見渡すといつものCS会場では見かけないような方も沢山いましたし。
この点においては大成功と言えると思います。

高額な参加費&高額な賞品の大会ですとどうしても”ゴネ”や”ジャッジキル”が横行する印象です。
「次勝てばスイッチが手に入る」という状況と「次勝てば主催者トークンが手に入る」状況だとゴネやジャッジを呼ぶ頻度も全く違ってくると思うんですよね。
”構築力・プレイング・運”以外が勝敗に絡むのは個人的には違うなと思っているので、そういう意味では賞品が高額じゃない事が逆に治安維持に繋がったのかなと思います。
※もちろん正当なジャッジキルはあって然るべきだと思います。
ここで挙げているのは正当性の低いジャッジキルやゴネについてです。


【出店の店員さんが美人だった】
美人店員さんに惹かれてオリパ買っちゃいました。


続いて残念だなと思った点について。


【席が狭かった】

仕方ない部分もありますが、とにかく狭かったです。
椅子を少し動かす度に後ろの人に「すみません・・」と言ったり、隣の方が離席する際に一緒に立ち上がる必要があったり・・。
本戦が始まっても予選同様の人口密度の高さでプレイするのは正直大変でした。
人数が減ったのにまだギチギチでやるのか・・と。

空いた卓でサブイベやフリーをする人もいましたが、半分は空席だったので、もう少し本戦卓を快適な空間に出来たのではないかなと思いました。


【本戦進出の特別感が薄かった】

予選がスイスドロー3回戦で2-1すれば確定で本戦トーナメントに上がれるので、参加者の半分くらいが本戦進出出来たんですよね。
そのせいで”本戦進出!”という特別感が薄かったような気がします。
なんというか予選と本戦の線引きがほとんど無かったな・・と。
せっかくのCSなのにショップの非公認大会みたいな形式でやるのは少し勿体ないような気がしました。


【マッチングが遅めだった】
会場で他のイベントがあったせいで常に雑音がある状態でした。
それは仕方ないのですが、メガホンや拡声器を使っていないせいで主催者の声がほとんど届いておらずマッチメイクも一苦労という印象でした。
他のイベント(隣のデュエマの大会等)では拡声器を使っていたので、より顕著に差が出ていたように思います。
また、そのような環境でありながら本戦進出者を一人づつ呼びながら卓へ案内するという方法をとっていたので、それを聞き漏らした方が卓へ行けずに混乱するような場面も見受けられました。


無料開催の素晴らしいCSだっただけに無料で納得なクオリティーになってしまったのは少々勿体なかったように思います。
本来であれば「え?こんな神イベントが無料!?」っていうリアクションがもっとあっても良いと思うんですけどね。CS後にTwitterなんかを見てもそういった意見はあまり見られませんでした。

ただ、イベント自体は本当に楽しかったです。
久しぶりの大規模CSでしたし、また開催される際は絶対に参加したいと思います。
今回は今後の期待も込めた記事なので、そこをご理解頂ければ幸いです。


・リンクス
デュエルリンクス始めました。
もう2週間くらいになりますが、ガッツリのめり込んでます。
需要があるか分かりませんが慣れてきたらリンクスの動画やブログをUPする予定です。


それではこの辺で。ではでは。。
↓クリックよろしくお願いします↓
 

・デッキ紹介
本日は新弾で登場した新テーマ「機界騎士(ジャックナイツ)」のデッキ紹介をさせて頂きます。
かなり面白くイジり甲斐があり、割と安価で組めるので初心者にもオススメのテーマです。

機界騎士ってなんぞや?という方は先にコチラの記事をご覧ください。
→「
→「
機界騎士について大まかにまとめてあります。

では早速デッキ紹介に移ります。

【AF機界騎士】
jakkuanirsy











【解説】
今回はアーティファクトと混ぜてみました。
ジャックナイツ=後攻という感じなのですが、今期で後攻を取るのはちょっと不安だったので先攻で相手を封じつつ返しターンからジャックナイツを出しつつアドを取る構築にしました。
(後攻型の場合は壊獣カグヤトーチゴーレムに混ぜるのが良いかなと思います。)

・採用したジャックナイツ
今回はサーチ要員の蒼穹紫宵と場所を自由に移動出来る紺碧のみ採用してます。
なるべく多く採用したかったのですが、正直この3枚以外はあまり強くないんですよね。。
現実的に考えてこの3枚の採用に留めました。

銀河戦士
アーティファクトやダブついたジャックナイツをコストにしつつランク5に繋げられるので採用してます。手札を1枚失うので一見アド損に見えますが、蘇生罠が多いデッキなので逆にそれを活かせたりもします。
一応、このカードがあれば先攻でジャックナイツを出す事も可能です。

・プレアデスループ
リビングデッド深層プレアデスで回収しつつ毎ターンデスサイズを特殊召喚するという勝ちパターンがなかなか強いかなと思います。

・大会用にするなら
アーティファクトや罠の数を減らし、その分手札誘発を増やせば良いかなと思います。
大会で使うなら増Gx2、うさぎx3、うららx3は採用したいところです。


という事で今回は新規テーマ機界騎士のデッキ紹介をさせて頂きました。
まだフリーデュエルでしか使っていませんが、使用感はかなり良かったです。

今期はアーティファクトが強い環境ですし、出来れば大会に持ち込みたいですね。
その時はまたブログで報告させて頂きます。

それでは本日はこの辺で。
↓クリックよろしくお願いします↓
 

・動画紹介
昨日UPした対戦動画の紹介です。

かなり懐かしいランプの魔精ラ・ジーンが主役のデッキとなっております。

【対戦動画 霊獣vsランプの魔精ラ・ジーン】

【解説】
ランプの魔精ラ・ジーンマジック・ランプが場にある限り何度でも手札から特殊召喚が可能なので、ジェムナイトラズリーや闇の量産工場の回収がそのまま特殊召喚になります。
それを活かしたリンクデッキとなっております。
お時間がある時にどうぞご覧ください。
マジック・ランプ
【一言】
ラ・ジーンは悪魔族なので、リンクブレインズパックに収録されるパーペチュアルキングデーモンの素材に出来ますね。
レスキューラビット1枚で出せたり、苦渋の決断量産工場から出せそうです。
もしかしたら「悪魔軸ラ・ジーンデッキ」なんかも作れるかもしれませんね。
パーペチュアルキングデーモン
リンクブレインズパックはぶっ飛んだカードが満載のパックなので、期待半分不安半分という感じですが楽しみに待ちたいと思います。

短いですが本日はこの辺で。ではでは。。
↓クリックよろしくお願いします↓
 

・新規テーマ
本日も魔導獣について書いていこうと思います。
前編では魔導獣モンスターについて書いたので、後編は魔法罠についてと相性の良いテーマについて。

前編はコチラです→「
ではいきます。


「魔導加速」
1.デッキトップ2枚を墓地へ送る効果+魔力カウンターを2個置く効果。
2.相手に破壊された場合、デッキから魔力カウンターを置けるモンスターを特殊召喚し魔力カウンターを2個置く。

という2つの効果を持った速攻魔法。
1の効果は置ける魔力カウンターの数も少なめですし、デッキトップ2枚を墓地に送るのも微妙で使い所が無さそうです。
このカードがないと墓地が肥やせないのは分かるのですが、そもそも墓地を肥やしてメリットになるのが魔導獣メデューサくらいなので。。
2の効果は決まれば強いのですが、相手依存なので評価は低めです。


「ペンデュラムパラドックス」
EXデッキからスケールが同じPモンスターを2枚回収する効果。(同名カードは不可)
魔導獣カードではありませんが、好相性ですし同じパックに収録されてるので取り上げました。
魔導獣はスケールが4で統一されているというペンデュラムテーマではあり得ない足枷があるのですが、それをメリットに変えてくれるカードは素晴らしいですね。
純魔導獣であれば2.3枚積んで問題ないと思います。
名前に”ペンデュラム”が入っているのでデュエリストアドベントによるサーチが効くのも◎。


「魔導変換」
相手モンスターの効果が発動する度に魔力カウンターが置かれる効果、魔力カウンターが6個以上乗っているこのカードをリリースしデッキから魔法をサーチする効果を持つ永続罠です。
モンスター効果をトリガーに魔力カウンターが乗るのは珍しいですね。
魔法サーチは強力ですが流石に遅すぎる印象ですね。


こんな所でしょうか。
魔導獣はキングジャッカル&マスターケルベロス以外は正直パッとしない印象ですね。。
逆に上記2枚だけで動きが完結しているので出張要員として活躍するのではないかなと思います。
召喚権を使わずに高打点がポンと出せるのはなかなか魅力的ですし。

では最後に相性の良さそうなテーマについて書いていきます。


「セフィラ」
魔導獣セフィラというデッキが既に結果を出されているようです。
セフィラはレベル6までのP召喚が可能なので魔導獣と相性が良さそうですね。
レベル6のキングジャッカルは効果も強力ですしEXゾーンに送りやすいし。
ただ、1度グラマトンを設置した場合、その後に魔導獣をPゾーンに置いても効果が使えないように思うのですが、その辺はどのように解決しているのでしょうか。気になります。


「魔術師」
こちらもレベル7までのP召喚が可能なテーマなので相性は良いかなと思います。
デュエリストアドベントを3積み出来るテーマというのも好相性かなと思います。
ペンデュラムパラドックスと使い分けたり出来ますしね。
ただ、魔術師はもう魔術師だけ(もしくはEM魔術師)で完結している感があるんですよね。。


「魔導」
エトワールに魔力カウンターを置きつつ、魔導獣ガルーダでそれを割る事で好きな魔法使いをサーチするという動きがオシャレだなと思います。
魔導に足りなかった打点をマスターケルベロスで補えるのも良さげです。
何より魔法を連打出来るのテーマなので魔力カウンターを貯めやすいのが良いなと思います。


「エンディミオン」
初代魔力カウンターテーマですね。
色々な魔力カウンター系モンスターを採用すれば普通に強いデッキになりそうです。
今はエンディミオンにカウンターを乗せまくっても盆回し1枚で消されるのがアレですが。


という事で本日は魔導獣について書いてみました。
デッキは完成しているので、明後日くらいにUPしたいと思います。
明日はジャックナイツのデッキ紹介の予定です。そちらもお楽しみに。

ではでは。。
↓クリックよろしくお願いします↓
 

・新規テーマ
先日から書いている新規テーマ考察の第二弾です。
今回は「魔導獣」について書いていきます。


【魔導獣】
ペンデュラムモンスターで構成されているテーマです。
各モンスターには魔力カウンターを乗せる事が出来、魔力カウンターを取り除く事で効果を発動します。
自身に魔力カウンターを乗せるも良し、自身をペンデュラムゾーンに設置する(魔法として扱う)事で場のモンスターに魔力カウンターを乗せるも良しのテーマという訳です。
各ペンデュラムモンスターのスケールは4で統一されており、ペンデュラム召喚する気はサラサラ無いぜという強い意志を感じます。

それでは各カードについて書いていきます。


「魔導獣マスターケルベロス」
破壊耐性持ち&起動効果によるモンスター除外効果&パンプ効果を持っています。
攻守2800ですし、かなり強いと思います。
ペンデュラム効果は魔導獣のサーチ。
3積み確定の強力な魔導獣だと思います。


「魔導獣キングジャッカル」
魔力カウンターを2つ取り除く事でモンスター効果の発動を無効に出来るという非常に強力な効果を持っています。
ペンデュラム効果はエクストラにある魔導獣の特殊召喚です。

前述した「魔導獣マスターケルベロス」が1枚あれば、「魔導獣マスターケルベロス」効果で「魔導獣キングジャッカル」をサーチ→「魔導獣キングジャッカル」効果で「魔導獣マスターケルベロス」を特殊召喚・・という動きが出来る訳ですね。
この1枚で完結した動きが魔導獣の一番強い点だと思います。


「魔導獣ガルーダ」
相手が召喚・特殊召喚した時に魔力カウンターを3つ取り除く事で手札から特殊召喚し、そのモンスターをバウンスする効果を持っています。
取り除くカウンターの量がやや多いのですが、バウンス効果は強力だと思います。
対象を取らないのでSPYRALがリゾートを張っていても戻せるのは良いですね。
ペンデュラム効果は魔法罠の破壊なので腐る事はないと思います。


「魔導獣ジャッカル」
魔力カウンターを3つ取り除き自身をリリースする事でデッキから魔導獣をリクルートする効果を持っています。モンスター効果はそこそこ強めですが、ペンデュラム効果は魔力カウンターを1つ乗せるだけとショボめ。
1枚くらいなら積んでも良いかもしれません。


「魔導獣メデューサ」
魔力カウンターを2つ取り除く事で攻守を半減させるというやや微妙な効果。
ペンデュラム効果は墓地から魔力カウンターを乗せられるモンスターを蘇生(+それに魔力カウンターを乗せる)させるというもの。
魔導戦士ブレイカーのようなカードを蘇生し、効果を再利用出来るのはなかなか強力です。
が、肝心の魔導獣がペンデュラムのせいで墓地に送れないんですよね。
そこが絶妙に噛み合っていないので評価は低め。


「魔導獣バジリスク」
魔力カウンターを3つ取り除く事でPゾーンorエクストラの魔導獣を回収する効果持ち。
打点も1800と高めですし割と強そうです。
ペンデュラム効果はエクストラの魔法使いペンデュラムをデッキに戻し1ドローするというもの。
緩めの条件で1ドロー出来るので腐る事は無さそうですね。


という事でモンスター編は以上で終了。
後編では魔法罠や相性の良いカードやテーマについて書こうと思います。
それではこの辺で。。
↓クリックよろしくお願いします↓
 

このページのトップヘ