遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログです。

・デッキ紹介
大会で使用した「セフィラ」の構築を紹介します。

「セフィラ」
無題3















≪解説≫
セフィラには様々な型があるのですが、今回は純セフィラを使用しました。
新ルール後のセフィラの強みは展開力ではなく耐久力や妨害力にあると思っているので、その強みを活かせる純型を選びました。

目指すべき先攻盤面は”セフィラシウゴ+竜星の九支”です。
これは”セフィラグラマトン+下スケールセフィラ”の2枚で出来るお手軽妨害盤面です。
どちらもサーチが可能(テラフォ、神託、神意)なので決める為のハードルはかなり低めです。

初動で上記盤面を作り妨害→中盤以降は溜まったリソースでジリジリとアド差を広げるのが基本戦術になります。


≪強い点≫
妨害罠を用意しやすいので先手を取る事が出来れば優位に立てます。
また、PSYフレームを採用しているので相手の手札誘発にも耐性があります。


≪弱い点≫
安定はしているものの、他のセフィラに比べると展開力が皆無なので一度イニシアチブを取られるとかなり厳しくなります。


≪各カード解説≫
「セフィラグラマトン」x3
スケールを自在に変更出来る&エクストラにシウゴを送れる超優秀セフィラ。3確。

「セフィラシウゴ」x3
魔法罠サーチが出来るセフィラ。このデッキの核。3確。

「セフィラフウシ」x3
唯一のチューナーセフィラ。1スケールなのでシウゴを出しやすい。3確。

「セフィラナーガ」x1
星2なのでフウシと合わせてボウテンコウが出せます。1スケールなのも〇。1枚あると何かと便利。

「セフィラツバーン」x1
表側カード破壊効果持ち。致命的な永続罠を処理出来ます。1スケール。1枚あると何かと便利。

「セフィラウェンディ」x1
エクストラのセフィラを回収。手札に戻せばモンスターゾーンにP召喚出来るので終盤に大活躍。

「セフィラの神託・神意・テラフォ」x9
万能サーチ。テラフォカブりは弱いからチキンレースを積むべきという意見もありますが必要ないと思っています。
もともと長期戦狙いのデッキなのでカブっても次ターン出せばOKという考え方です。

とりあえずこんな感じでしょうか。
その他の採用カードは汎用系ですし解説不要だと思うので省略。。

それでは本日はこの辺で。
次の記事で大会レポとサイドエクストラの紹介をします。ではでは。。

現在ランキング1位!クリックをお願いします。↓
 

・デッキ紹介
先日の大会で使用した「フルモン時械神」のデッキを紹介します。
デッキ紹介後に簡易大会レポも載せてますのでご参考までにどうぞ。

「フルモン時械神」
無題2













≪解説≫
今回は時械神の「出しやすいレベル10」という点を最大限活かす構築にしました。

『各時械神』x10
星見獣ガリスや壊獣をバウンスさせる為にメタイオンを3積みしています。
バックに弱いのでザフィオンもフル投入。効果使用後はランク10に繋げるのが理想です。

『壊獣』x9
自陣に出す為のジズキエル(レベル10)のみ3積みです。
メタイオンやカグヤで相手の場に出した壊獣を回収しアドを取ります。

『エグゾディオス』x3
特殊召喚しやすいレベル10枠です。
墓地の時械巫女をデッキバウンスする点がアンチシナジーなのですが、それでも効果使用後の時械神からランク10を出せるのは強いので3積み。

『妖精カグヤ』x3
怪獣をバウンスする枠。
バウンス効果はもちろん、サーチ効果持ち1850打点というだけでも十分強いです。

『星見獣ガリス』x3
このデッキのライフカット枠。高レベルモンスターが多いのでバーンの数値はなかなか高め。
メタイオンでバウンスする事で何度も使いまわします。

『手札誘発』x12
以前のフルモンに比べて最も強くなったのがこの枠ですね。
前は「ヴェーラー」「DDクロウ」くらいしかありませんでしたし。

≪強い点≫
メインデッキ採用率の高い「コズミックサイクロン」「ハーピィの羽根箒」の4枚を腐らせる事が出来るのは強みだと思います。
最近流行りの「破壊耐性クリスタル」や「マスターP」を壊獣で処理出来る点も強みですね。
大量の手札誘発や壊獣や時械神のお陰で後攻時も強いです。

≪弱い点≫ 
受け身のデッキなのでライフカットに非常に時間がかかります。
複数の手札を使って強力なモンスター1体を出すようなデッキには好相性なのですが、トリックスターのように小粒を並べて毎ターンアドを取るようなデッキが相手だと分が悪いです。
あとはIFのようないきなり1キルを狙うようなデッキにも弱かったです。

・簡易大会レポ
5月12日(金)
≪大会名≫ あらし杯ナイトゲーム 
≪形式≫ スイスドロー3回戦
≪参加者≫ 10名程
≪使用デッキ≫ フルモン時械神

一回戦vsWW魔導真竜 ××ー
1.2本ともに真竜による毎ターンのアド取りでジリジリとアド差を広げられて負け。
2本目は怪獣を警戒して破壊耐性クリスタルまで伸ばしてくれず。

二回戦vsアーチャーワンキルIF ×〇et〇
1本目は大量の手札誘発で3ターン妨害するが攻め手が無く何も出来ず。結局4ターン目にループを決められ負け。
2.3本目は手札誘発が噛み合いなんとか勝ち。

三回戦vsトリックスター ×〇×
1.3本目はザフィオンでの魔法罠バウンスを何度か決めるも、攻め手不足で何も出来ず。ジリジリとダメージを与えられ負け。

という事で1-2という結果に終わりました。
もう少し改良の必要がありそうですね。

時械神は好きなテーマなので、他にも色々な時械神デッキを作ってみるつもりです。

という事で本日はこの辺で。ではでは。。

現在ランキング
1位!クリックをお願いします。↓
 

お久しぶりです。アニです。

早いもので前回の更新()から一ヵ月も経ってしまいました。

環境上位は相変わらず「真竜」「十二獣」「恐竜」の三強ですが、その他の分布(トリックスターやIFや星杯、メタルコズモなど)も結果を残していたりと前期よりも良環境に思えます。

各地の大規模CSもしっかり満員になっていたりと徐々に参加者も増えつつある印象ですね。
アニメもようやく始まったり(かなり評判が良い様子)、プレイヤーがLINKや新ルールに慣れてきたりで遊戯王全体がにわかに活気づいてきた印象です。


・ブログ
明日からブログを本格的に再開しようと思います。
目標は週3回更新です。

・ブラマジの大会レポ
・ブラマジのデッキ紹介
・セフィラのデッキ紹介
・時械神のデッキ紹介
・来期制限改訂予想
・動画紹介
・サプライ紹介
・カード類の収納方法紹介
・遅延行為についての記事

とりあえず上記のようなラインナップをボチボチ更新していくつもりですので、良かったら観て下さい。それでは。。

現在ランキング4位。1位返り咲きなるか。
クリックをお願いします。↓
 
 

・雑記
カードゲームは新環境に移り変わったタイミングが一番盛り上がると思うのですが、4月からの遊戯王界隈はやや盛り上がりに欠けている印象です。
本日は「何故、遊戯王界隈が盛り上がりに欠けているのか?」について僕自身が感じた3つの理由について書いてみます。


理由その1 「シャドバに勢いを持っていかれた」
Twitterでは遊戯王関連の話題よりも”シャドウバース”の話題を見かける事が多くなりました。
公式がしっかり力を入れているのが良いとか、賞金が出る大会が頻繁に開かれているのが良いとか、課金しなくても遊べるのが良いとか、外出しなくても友人と戦えたり大会に出られるのが良いとか・・とにかく色々な評判を聞きます(主に良い評判)。
一時期有名YPの多くがMTGに流れたように、今はシャドバに流れるのがトレンドなのかもしれません。
”シャドバの大会なのに上位に有名YPの名前がチラホラある!”みたいな事もよくありますしね。
MTGに比べると初期費用もかかりませんし始めやすいのかなと思います。
そんなシャドバのアップデート時期が運悪く遊戯王の新環境開始時期と重なってしまったので、それで流れや話題性を多少持っていかれたのではないかな?と思いました。


理由その2 「予想通り過ぎた新環境」
新制限改訂フラゲ時に『十二獣が消えても中堅が活躍する訳ではない』『規制がかからなかった”恐竜””コズモ””真竜””ノイド””青眼”辺りが環境を取るだけ』と言われていた通りの環境になってしまいました。
あまりにも予想通り過ぎた結果に、十二獣でウンザリした勢が見切りを付けたように思います。
CS結果を見ても大会動画を観ても真竜&恐竜&コズモばかりですし。。
十二獣環境で味わったアノ新鮮味の無さを環境序盤で味わう事になるとは思いませんでした。
新環境になったばかりなのに『あと3ヵ月もマスPや恐竜に悩まされるのか・・』と諦めムードの方も多いのではないでしょうか?


理由その3 「マスタールール4が不評」
これに関しては”エクシーズ召喚の登場”や”ペンデュラム召喚の登場”とは比べ物にならないくらいの拒否反応を感じました。
LINK召喚という新たな召喚方法、LINKマーカーの存在、それに伴う裁定やルールの確認...etc
色々と複雑になったし覚えなければいけない事も増えました。
『なんかもう別ゲーだな・・』と、離れていったプレイヤーも少なくないのかなと思います。


はい、という事で本日は僕が思う最近の遊戯王界隈の盛り上がりの無さについて書いてみました。
この他にも何点か理由はあるのですが、上記3つが大きいのではないかなと思います。

CS参加者の減少、近くのショップ大会の参加者の減少を見て色々と思っていたので、今回はこういう風な記事にしてみました。
拙い文章でしたが最後まで読んで頂き感謝です。
ではでは。。。

やったぜランキング1位クリックをお願いします。↓
 

・新環境
新環境になってまだ数日ですが、環境がかなり固まってきた感じがします。

現段階での個人的3トップは「真竜」「恐竜真竜皇」「メタル真竜コズモ」 ですね。
上記3つのデッキの入賞率はかなり高く、Twitterでもよくレシピが流れてきます。

この他にも「青眼」「HERO」「影霊衣」「ノイド」といったデッキの単発的な入賞を見かけましたが、やはり真竜系のデッキには一歩及ばない印象ですね。 

・各デッキの印象
「真竜」
命削り型、召喚獣型、WW(ウインドウィッチ)型、、と様々な構築で結果を残しているデッキですね。
中速ビートでコツコツと堅実にアドバンテージを稼いでいく古き良きテーマがここまで上位に食い込むのは久々な印象です。新ルールの影響ですかね。
必須枠の少なさからか様々なテーマと組み合わされてるのが良いですね。

「恐竜真竜皇」
真竜系の中速デッキが流行しているお陰?でメイン増Gの採用率が下がっており、それを追い風に結果をバンバン残しているデッキです。
前環境からチラホラ結果をのしていたデッキなので妥当と言えば妥当ですね。
新環境になってからは竜星と組み合わせた構築も割と見かけるようになりました。
”「オヴィラプター」1枚で竜星のパワーカードである「ボウテンコウ」を立てられる”のでソコを活かした構築ですね。罠を構えるテーマが好きな方にオススメです。 

「メタル真竜コズモ」 
前期から”新環境では上位に食い込むだろう”と噂されていたコズモと真竜を合わせたデッキです。
メタルは”つなぎ”といった所でしょうか。 
いくつかレシピを見ましたが、50枚~60枚の構築がスタンダードのようです。
自由度が高いが故にプレイングがかなり問われるデッキという印象です。
盆回しを一番上手く使えるデッキでもありますね。
 

という事で本日は現段階での3強についての個人的な感想を書いてみました。
頂いているコメントは明日返します。
本日はこの辺で。ではでは。。
 やったぜランキング1位クリックをお願いします。↓
 

このページのトップヘ