遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログです。

・新環境
新環境&新弾が発売してから数週間が経ちました。
環境上位はほぼ固定化していますが(恐竜、真竜、召喚獣、ABC)、それでも前期や前々期に比べると群雄割拠してますし、中堅デッキにもチャンスがある良環境だと思います。

懸念されていた「拮抗勝負」による中速ビートやペンデュラムデッキの淘汰・・なんかも起こりませんでした。凶悪性の裏に隠された使い辛さに皆さんが気付いたという事でしょうかね。
個人的には罠ビが生き残ってくれてホっとしています。

大会の参加者も増加傾向にありますし、以前のような活気を取り戻してくれたら嬉しいなと思っています。


・デッキ紹介
それでは早速本日のメインテーマであるデッキ紹介に移りたいと思います。
今回紹介するのは「壊獣カグヤ」の亜種版といったレシピになります。
大会には2度持ち込んでいますが、3-0、3-2となかなか良い戦績を残していますので気になる方は是非参考にしてみて下さい。

「壊獣カグヤカバアブソーブ」
sss












【ざっくり解説】
怪獣カグヤのギミックに「シャイニングアブソーブ」をプラスし、ワンキルも出来るようにしました。
ワンキルしやすいようにトークン生成カードも2種採用。一気に並べて一気にパンプしてワンキルを狙います。
「シャイニングアブソーブ」
相手フィールド上に表側表示で存在する光属性モンスター1体を選択して発動する。自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する全てのモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力分アップする。 

【強い点】
壊獣カグヤのお陰で盤面処理能力の高さはかなりのものです。
「拮抗勝負」を無理なく積めるのも強い点ですね。
壊獣カグヤが苦手としていた”並べる系デッキ”対策としては100点のカードです。
トークンを並べつつ唐突にワンキルを狙えるのも分からん殺し感があります。

【弱い点】
受けはバッチリなデッキなのですが、自分から展開していく事がほぼ無いので先攻を押し付けられると何も出来ずにターンエンド・・なんて事もあります。
召喚獣なんかを混ぜるとその辺もカバー出来そうなんですけどね。。

【各カード解説】※略称
「各種壊獣」x9
シャイングアブソとの相性を考え、光属性壊獣はフル投入。引かな過ぎてもダメだし引きすぎてもダメだしでバランスが非常に難しいです。

「カグヤ」x3
優秀なバウンスモンスター。言わずもがな壊獣との相性はバッチリ。召喚権を唯一使うモンスター。

「BFゴウフウ」x1
超優秀なトークン生成モンスター。光壊獣+壊獣+アブソのワンキルパーツと共に握っていれば即ワンキルです。

「ディスカバーヒッポ」x1
超カバーカーニバルの為に積まざるを得ないカード。

「各種手札誘発」x10
後攻選択デッキですし、拮抗勝負の為になるべく伏せカードは採用したくなかったので、その分手札誘発を多めに採用しました。

「超カバーカーニバル」x3
一気に5体のモンスターを並べられますがEXから特殊召喚出来なくなる(LINK召喚出来ない)という大きなデメリットも合わせ持っています。
つまり完全にシャイニングアブソでワンキルする用のカードという訳ですね。

「スケープゴート」x3
こちらは逆にEXからの特殊召喚は可能(LINK召喚出来る)なのですが、その代わり発動ターンに特殊召喚を行えないというデメリットがあります。
つまり、手札に壊獣とアブソがあっても1ターン待たないとワンキル出来ないという事です。
んー、、実にもどかしいです。

「シャイングアブソーブ」x3
このデッキの影の主役。相手の場に光壊獣を送り付ける事でこちらの場のモンスター全員を3300打点UPさせます。
相手が青眼やABCやトリックスターであれば光壊獣がなくてもOK。友情コンボが成立する事も。

「コズミックサイクロン」x2「羽根箒」x1
モンスターには強いのですが罠には無力なのでバック破壊カードは複数採用したいですね。

「拮抗勝負」x3
場を空にしやすいデッキですし後攻を取るデッキなので非常に嚙み合いますね。
このカードの為に極力罠を抜きました。

以上です。
だいたいの勝ち方や動かし方は分かったかなと思います。
今度、動画にて更に詳しく解説する予定なので良かったらそちらもご覧ください。
それではこの辺で。ではでは。。

クリックをお願いします。↓
 

・デッキ紹介
本日は新環境で使った「方界」のデッキを紹介します。
ちなみに2日間使用し、成績は3-3でした。非常に平凡でした。

「方界」
無題www 













【ざっくり解説】
方界は超脳筋の後攻1キルデッキです。
大型のクリムゾンノヴァを盤面に着地させる事が出来れば大抵そのまま1キルに持ち込めます。
サーチが多いので安定性は割と高めです。
今期はABCや真竜や竜星といった硬いデッキが環境上位にいるのがややネックかなと思います。

【強い点】
先攻選択が当たり前の時代に自ら後攻を選択出来るので相手の意表を突く事が出来ます。
モンスターを着地させる前に”うらら”を打たせるタイミングが複数あるのでPSYフレームγでうららケアをしつつPSYを出す・・といった事も出来るのがいいですね。
かなりマイナーテーマなので動き方や強みを理解されていないというのも大きなメリットだと思います。

【弱い点】
やる事は基本的に後攻1キルしかないので、相手に先攻を押し付けられると非常に困ります。
また、先攻展開が強すぎる環境だと盤面を返せない可能性が出てくるのでそれはそれで厳しそうです。
前期は”恐竜ソイル1キル、星杯無限ドロー、IFアーチャー射出1キル”なんかがあったので、「後攻選択→そのまま負け」なんて事も。。

【各カード解説】※略称
「方界クリムゾンノヴァ」x3
主役。1枚で6000~9000削る事が可能。魔法罠耐性が全くないので伏せが多いデッキに弱い。

「方界デューザ」x3
潤滑油。墓地で効果を発動する方界魔法罠が複数あるのでそれらを落とす。

「方界ヴィジャム」x3
壁。戦闘破壊耐性と戦闘を行った相手をデモチェ状態にする効果を持つ。毎ターン特殊召喚可。

「方界ゲイラガイル」x2
小回りの利くバーンモンスター。墓地に方界合神がある際、それのトリガーに使用したり、相手のライフがあと少し削りきれないといった時に使用したりする。

「方界バスターガンダイル」x1
大型。出せば単体で1キルを狙えますが、その分かなり出し辛いです。

「ジェネクスバードマン」x1
「方界デューザ」をバウンスする事でかなりのアドを稼げるので採用。

「方界業」x3
普通に発動するよりも墓地から除外して方界モンスターをサーチする使い方がメイン。
このカードのお陰で安定性がグっと上がります。

「方界波動」x3
相手の打点を半分に、自身の打点を倍にするカード。これ1枚でワンキルしやすくなります。
墓地から除外した際は相手をデモンズチェーン状態にする効果。地味に強いです。

「おろかな副葬」x3
墓地に送りたい魔法罠が沢山あるので必須。

「ツインツイスター」x3
妨害罠に弱いので、それらを剥がす為に採用。発動してしまった方界業を自ら割ったりする用途も。

「方界合神」x3
デューザで落としつつ、そのデューザを場から離す事で2体目のデューザを出す・・といった使い方がメイン。LINKのお陰で以前よりも使いやすくなった感じです。状況次第では方界業よりも強力。

という事で本日は新環境大会で使用した「方界」のデッキを紹介させて頂きました。
けっこう楽しいデッキなので気になる方は使ってみて下さい。
本日はこの辺で。。
クリックをお願いします。↓
 

・テーマ解説
本日はサイバーダーク同様、デュエリストパックにて強化された「レッドアイズ」の解説をします。

・レッドアイズ解説
【レッドアイズとは?】
遊戯王初期から存在する「レッドアイズブラックドラゴン」を中心にしたテーマ。
デッキ融合が可能な専用融合魔法、毎ターンレッドアイズを蘇生出来る専用永続罠といった強力なサポートカードが存在する。
また、それらをサーチ出来るモンスターや魔法も存在している為安定性も高い。
ブラックマジシャンやブルーアイズといったカード同様、遊戯王の看板モンスターの一枚でありファンも多い。

【レッドアイズの強い点】
専用融合魔法である「真紅眼融合」がとにかく強い。
相手の盤面に関係なくデッキ融合が出来る為、これ1枚あれば”墓地にレッドアイズ/ライトパルサー/レダメ”+”場に3200打点”+”1400バーン”といった事が可能。
サーチカードが豊富なので安定性も高く、状況の応じた戦い方が可能。
場で効果を発動するモンスターが少ないのでスキルドレインと好相性。

【レッドアイズの弱い点】
妨害をする置物系モンスターの不在。
というか、強い効果を持つモンスター自体が少ない為どうしても魔法罠でのサポートに頼る必要がある。
サポート魔法罠は強いのにサポートされる側のモンスターが弱いので、モンスターばかり引いてしまうと何も出来ない。

【レッドアイズの新規カード】
「レッドアイズベビードラゴン」
”レッドアイズ”名称が付いている下級モンスター。
戦闘破壊時にレッドアイズをリクルートし自身を装備する効果、装備状態から墓地に送られるとレベル1ドラゴンをサーチする効果を持つ。
後述するレッドアイズギアフリードとの相性が抜群で、ギアフリードをリクルートした時に限り”魔法罠破壊+場にギアフリ&ベビー+レッドアイズ魔法罠サーチ”となる。
効果は強いが戦闘破壊時にしか発動しない点が残念。

「レッドアイズギアフリード」
何故かレッドアイズ名称が付いている戦士族。
効果自体はかなり微妙なので、前述したベビーでのリクルートありきという存在。

「レッドアイズ黒刃竜」
レッドアイズ+戦士族を素材にした融合体。
レッドアイズの攻撃時に墓地の戦士族を装備する効果、破壊時に装備していた戦士族を特殊召喚する効果を持つ。
ノーマルなレッドアイズデッキであれば他に優先順位の高い融合体がいるので、出番はかなり限られる印象。
戦士族デッキにレッドアイズ&真紅眼融合をタッチで採用・・みたいなデッキで活躍しそうなカード。


「鎖付きレッドアイズファング」
レッドアイズと鎖付きブーメランが合体したレッドアイズ専用装備罠。
装備しているレッドアイズはモンスターに2回攻撃可能になる効果、このカードを墓地へ送る事で効果モンスターを代わりに装備する効果の2つを持つ。
破壊を介さずにモンスターを奪う効果は非常に強力。破壊耐性クリスタルなんかもコレ1枚で処理可能。妨害が少なかったレッドアイズデッキの待望の妨害罠カード。
2回攻撃効果はモンスター相手のみなのでやや微妙な感じもしますが、本命は奪取効果なのでそれのオマケと考えれば十分かなと思います。


はい、という事で本日はザックリとしたテーマの解説をしました。
明日はデッキ紹介をしますので良かったらご覧ください。
ではでは。。

現在ランキング3位!更新サボってすみません。。
クリックをお願いします。↓
 

・デッキ紹介
本日はサイバーダークのデッキ紹介を行います。
サイバーダークの基本情報は前回の記事に書いていますので、まだ読んでない方は先にソチラをご覧ください。→(

では早速参ります。

「サイバーダークシャドール」
無題saiba













【ざっくり解説】
戦闘を介し効果を発動するサイバーダークの”らしさ”を出す為に後攻型の構築にしました。
手札誘発をガッツリ採用し罠は0枚。パワーカードのシャドールフュージョンも採用しています。
シャドールフュージョンは1枚で場に”ミドラーシュ+魔法罠破壊+”装備される側”のカノン・クローを墓地送り”が出来ます。
つまり手札に”装備する側”があれば装備状態のサイバーダークを作れるという事ですね。強いです。

【強い点】
メタビ要素が強いので特殊召喚を複数回行うようなデッキには強そうです。
あとは同系統の低速ビートにもジワジワとアド差をつけれるので強そうですね。

【弱い点】
マスターPを超える手段がほぼ0な事です。
超融合でも吸収出来ないのでブラホくらいしかないです。(魔法耐性を付けられたらサレで・・)
怪獣を採用するのが現実的でしょうか。。
あとはエクストラデッキを使わないようなデッキが相手の場合はシャドール部分がほぼ腐ってしまうので苦手です。

【各カード解説】※略称です。
「カノン」x3
モンスターサーチ。1枚で装備状態サイバーダークを作れる。モチロン3確。

「クロー」x3
魔法罠サーチ。カノンよりもサーチ効果は弱いが装備したいのはコチラの方。3確。

「装備する側のサイバーダークモンスター各種」x7
計6枚だとやや足りない印象だったので7枚にしました。ドロソが入っていないのでもう少し増やしても良いかもしれません。これが引けないと話にならないので。

「シャドールドラゴン」x3
影依融合枠。バックを破壊しつつ装備状態のサイバーダークを作る為に採用。
他のシャドールを採用するのも全然ありです。今期の魔法罠破壊はあまり強くないですし。

「シャドールヘッジホッグ」x1
超融合を引いた際にコレを落としてドラゴンをサーチします。
素引きしても影依融合に変換出来るので腐りにくいのが◎。

「G、うらら、うさぎ」x9
後攻型なので採用。

「影依融合」x3
序盤~終盤まで使えるパワーカードなのでフル投入。
サイバーダーククロー効果でEXデッキからシャドール融合体を墓地に送れば回収する事も。

「超融合」x1
キメラフレシアやインフェルノからのサーチ枠。
シャドールが入っているので打ち時は多そうです。パワーカード。

「未来融合」x1
キメラフレシアやインフェルノからのサーチ枠。決まれば強い。

「オーバーロードフュージョン」x1
キメラフレシアやインフェルノからのサーチ枠。サイバーダーク融合体を出します。
墓地が溜まった終盤での使用がメインになります。

「サイバーダークインパクト」x1
サイバーダーククローでのサーチ枠。クローを能動的に墓地へ送る為に1枚は採用すべきだと思います。

「サイバーダークインフェルノ」x2
サイバーダーククローでのサーチ枠。サイバーダークに耐性を与えたり、装備を付け直したりと様々な効果があります。ただ、重なると弱いので2枚のみの採用です。
テラフォを積む程ではないのですが、クローでのサーチの為に2枚程度は採用しておく必要がありそうです。

「コズサイ、羽根箒、ブラホ」x5
環境的に必要だと思います。

はい、という事で本日はデッキ紹介をしました。
明日はEXデッキの紹介と共に動画の宣伝もさせて頂きます。
それではこの辺で。ではでは。。

現在ランキング2
位!クリックをお願いします。↓
 

・テーマ解説
本日は新規カードの登場で大幅に強化された「サイバーダーク」についての解説です。
今まではデッキ紹介記事内で一緒に解説をしていましたが、今度からは”テーマの解説→デッキ紹介”という感じで記事を分けたいと思います。(解説記事の翌日にデッキ紹介記事をUPします)

その方が一気に書き連ねるより分かりやすそうなので。
ちなみに解説は下記四項目をテンプレとします。
”【〇〇とは?】【〇〇の強い点】【〇〇の弱い点】【〇〇の新規カード】”

それでは早速解説に参ります。


・サイバーダーク解説
【サイバーダークとは?】
闇・機械・レベル4で構成されたモンスター群。
共通効果で「墓地の☆3ドラゴンを装備」「装備したドラゴンの攻撃力分の打点UP」「戦闘破壊時に装備カードを身代わりに出来る」という共通効果持ち。
専用融合魔法があり、終盤は大型サイバーダークを出す事も可能。

【サイバーダークの強い点】
特殊召喚をほとんど行わないのでメインから「強欲で謙虚な壺」や「一回休み」といったカードを採用しやすい。
特殊召喚を行わずとも高打点モンスターでのビートダウンが可能。
硬い。

【サイバーダークの弱い点】
装備する側と装備される側が分かれている為、両方をしっかり引かなければ事故る。(そういう意味ではインゼクターよりドラグニティーっぽい)
妨害をする置物系モンスターの不在。
先攻時でやる事が少ない為、戦闘時に効果を発動するカードが多い為、自ら後攻を選択する必要がある。

【サイバーダークの新規カード】
「サイバーダークカノン」
手札から捨てる事でサイバーダークモンスターをサーチ可能。
つまりコレ1枚あれば装備状態のサイバーダークを作れるという事。
これを装備しているサイバーダークが戦闘を行った際、おろかな埋葬効果が使える。これもなかなか強力。

「サイバーダーククロー」
手札から捨てる事でサイバーダーク魔法罠をサーチ可能。
現状、インフェルノかインパクトのどちらかしかないのが少し残念。
序盤はインフェルノ、終盤はインパクトをサーチする事になりそう。
装備したモンスターが戦闘を行うとEXデッキを1枚墓地へ送る効果付き。
キメラフレシアやヌトスを墓地に送る事で更なるアドバンテージを確保出来る。


「鎧獄竜サイバーダークネスドラゴン」
素材は”サイバーダークx5”となかなか大変だが中盤以降であれば「オーバーロードフュージョン」で出せるハズ。1枚は積んでおきたい。


「サイバーダークインフェルノ」
1つ目の効果は装備状態のサイバーダークにマジェスペクター同様の耐性を付けてくれるというもの。戦闘には強いが魔法罠での妨害には弱いというサイバーダークの弱点をうまくカバーしてくれる良効果。
2つ目の効果は場のサーバーダークを手札に戻し再度召喚するというもの。装備が外れたサイバーダークを再利用出来るという、これまたサイバーダークの弱点をカバーする良効果。
3つ目の効果は相手によってこのカードが破壊された際にフュージョン魔法、融合魔法をサーチするというもの。コズサイが流行っている今期では微妙だが真竜とともにコズサイが消えるようであれば強力な効果になる。


はい、という事で非常にざっくりとではありますが、サイバーダークについての解説でした。
明日はサイバーダークのデッキ紹介を行いますので良かったらご覧ください。
現在ランキング3位!更新サボってすみません。。
クリックをお願いします。↓
 

このページのトップヘ