遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログ。今日もテンション低めに更新中。

・遊戯王
本日は開封動画の紹介です。
開封したのは駿河屋さんが販売している「訳アリレア1000枚セット」です。
動画のコメント欄でリクエストを頂き、僕もかなり気になっていた商品だったので即購入しました。
量が多かったので、今回は前編と後編に分けております。

「駿河屋さんの 訳アリレア1000枚セット~前編~」


「駿河屋さんの 訳アリレア1000枚セット~後編~」


前後編合わせて1時間程になるので、お時間のある時に観て頂ければ幸いです。
また、オリパの情報等がありましたらお気軽にコメントして下さい。
「このオリパの中身が気になるけどハズレだったら嫌だなー。。でも気になるなー。。」というものがありましたらお気軽にどうぞ。代わりに購入して開封動画としてUPさせて頂きます。


・今週末の予定
今週末は土日ともに予定が入っているので大会には出られません。残念。。
来週、博多で開催される「シルいごまゆ杯」に弟と参戦予定なので、その為にも今週は大会に出て調整しておきたかったんですけど。。こればかりは仕方ないですね。

11月&12月は「福岡CS」&「TCS8」があったり、前述した「シルいごまゆ杯」や「第二回ROA杯」「KIT杯」といった大会もあったりで非常に充実した月になりそうだと思います。楽しみです。


という事で本日はこの辺で。ではでは。。

・遊戯王
本日は日曜日に参加した公認大会のレポになります。
ちなみに使用デッキはこちらで紹介してます。→(


≪大会名≫ブックネット田川 公認大会
≪形式≫個人戦・トーナメント 
≪参加者≫16人(5人が抽選落ち)

≪使用デッキ≫棺カイクウ魔導

一回戦vs《クリフォート》 ゆうさん
後攻(相手先攻選択)
1.相手が先攻「オッP」スタートでエンド。
こちらは「クレッセン」&「バテル」という好スタート。そのまま「ラメゲー」を構えてエンド。
返しターンに「ツール」を貼られるも「ゲーテ」で除外。そのまま「ジュノン」を着地させビート開始。相手が「ツール」を引けずにモタついている間に殴りきって勝ち。
2.(相手先攻選択)先攻「ツール」→「トランポリン」を決められるも、返しに「ジュノン」SS出来るハンドだったので、そのまま「ジュノン」を着地させつつ、「バテル」召喚からの「ラメゲー」&「ツイスター」を構える布陣。
そのまま「ツール」を処理しながらコツコツバックを剥いで勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
一本目に「復活の棺」と「カイクウ」を一枚も引かなかったのが大きかったですね。
引いた分だけ不利になるっていうカードなので。
二本目はサイク系をガン積みして「ツール」と「スキドレ」を狙い撃ちしました。

二回戦vs《影霊衣》
後攻(自分後攻選択)
1.相手モンスター1伏せに対しこちら「バテル」召喚し、「ラメゲー」&「棺」を構えてエンド。
返しに相手が「ユニコール」SSしてきたので「棺」発動→「カイクウ」SS。そのまま蓋をして、ビート開始。
そのまま「カイクウ」をゲームエンドまで維持して勝ち。
2.序盤~中盤まで相手に展開される。こちらの「ジュノン」も「神の警告」で打ち消されたりとかなり攻められるが、終盤に入りようやく「カイクウ」を着地させコチラのペースに。
相手の場はバックとモンスターが1伏せづつ。こちらは「カイクウ」単騎+ハンドに魔導書3枚程。
相手の伏せが「激流葬」だとヤバいが、それは無いだろうと踏み「ネクロ」で「ジュノン」をSS。
そして打たれる「激流葬」。
これで場を流される。こちらの残りライフが1100しか無いのでモンスターを引かれると終わりという場面でトップ「儀式の準備」。負け。
3.序盤~中盤辺りのこちらターンにエキストラに突入。こちらのLP5300。相手はLP8000。
こちらの場は「カイクウ」、ハンドは沢山。とりあえず相手の場を「ゲーテ」で空けつつ「ヒュグロ」でパンプした「カイクウ」で直接攻撃を決めLPを5200に削る。
そのままバックに「ゲーテ」「復活の棺」を構えてエンド。
相手は動きが無く、モンスター1伏せのみでエンド。
こちらラストターン。相手の伏せがハンド系だったら嫌なので「カイクウ」を守備に。更に手札から二体目の「カイクウ」を召喚し手札全伏せでエンド。
相手ラストターンに儀式モンスターをSSするもバックで処理、ライフ差維持して勝ち。

勝ち@負け@勝ち
《一言》
相手の方が途中で退席されたので(こちらも了承したので問題はありません)、三本目の途中でETに入ったのかなと思います。
「カイクウ」x2で必死に蓋をしていた状況だったので、正直ETに入ってもらって助かりました。。
「復活の棺」は予想以上の活躍でした。

三回戦vs《クリフォート》
先攻(相手後攻選択)
1.今回「復活の棺」を引いてしまうも、「バテル」召喚から「ラメゲー」構えてエンド。
相手は「ツール」にアクセス出来ず。妥協召喚→攻撃のみでエンド。
返しに「ジュノン」を着地させつつ相手の場を荒らしながらビート開始。
「ゲーテ」を構え、相手の「ツール」を常に処理し続け勝ち。
2.序盤~中盤まで相手に展開される。「システィ」効果を使った返しに総攻撃を受けライフを600まで削られるも、返しに「ジュノン」SSから相手の場を荒らしバックに「ゲーテ」「サイクロン」を構えエンド。
その後、相手の「ツール」をバックで常に処理。
最後は「魔法効果の矢」で相手の「ツール」「トランポリン」「クリフォフィールド魔法」を破壊し1:3交換し勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
一本目は相手が「ツール」にアクセス出来ずモタついている内にビート。
二本目は相手の「ツール」に「ゲーテ」「サイクロン」を当て続けられたので勝てました。
「魔法効果の矢」の活躍も非常に大きかったです。

決勝戦vs《影霊衣》 
後攻(自分後攻選択)
1.忘却・・・。確か「バテル」+バックに「ゲーテ」「復活の棺」を構えて、相手の「トリシューラ」に「復活の棺」を合わせ「カイクウ」で不発に。そのまま「カイクウ」ビートで勝ちだったハズです。
2.相手先攻モン1伏せ。こちらは「バテル」スタート。ハンド系のモンスターだと読み、そのままバックを構えてエンド。
そこからは一本目同様の展開。今回も「トリシューラ」効果にだけ気を付け、相手の盤面をあえて空けないように気をつけながらのプレイ。
中盤に入り、「復活の棺」からの「カイクウ」SSで蓋に成功。
そのまま「カイクウ」でビートし勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
決勝戦という事でけっこうヘトヘトでした。
ライフメモ帳にもライフ履歴と先攻後攻しか書いてないくらいで簡易レポになってしまいスミマセン。。
今回も「復活の棺」→「カイクウ」という動きが綺麗に決まったと思います。
「影霊衣」相手には非常に有効な手段なのだと改めて思いました。

という事で優勝しました。久しぶりの優勝なので嬉しいですね。。
影霊衣のせいでメタの煽りを食らいまくっている魔導ですが、頑張って使い続けていこうと思います。
そして、「棺カイクウ」というワードをどんどん広めていきたいと思います。笑

という事で本日はこの辺で。ではでは。。。

クリックお願いします!
banner 

・遊戯王
本日は10月26日(日)の公認大会で使用したデッキの紹介です。
今後も新しい構築のデッキを使用した時は先にデッキ紹介→翌日に大会レポという形でUPさせて頂きます。

では早速、今回使用したデッキを紹介します。
「棺カイクウ魔導」
035










《一言》
「影霊衣」をかなり意識した構築になりました。
「万華鏡」&「降魔鏡」の回収効果、「降魔鏡」の墓地素材効果、「トリシューラ」の効果を一枚でカバーしてくれる「カイクウ」は対「影霊衣」戦においては非常に優秀なメタモンスターと言えます。

今回はそんな「カイクウ」をいかに盤面に維持させるかを意識し構築。
まずモンスターについてですが、こちらは従来のシスティ軸と変わりは無いですね。
「カイクウ」の増量に伴い「システィ」を1枚減らしたくらいです。
魔法についても同様です。従来の「システィ」軸から変更はありません。
ただし、罠枠は大幅に変えました。
まずは「黒魔族復活の棺」。相手のモンスターと自分のモンスターを墓地に送り、デッキから「カイクウ」をSS出来る優れものです。
このカード最大の利点は「トリシューラの影霊衣」に対して強い事ですね。
成功時効果にチェーンして発動すれば、そのまま「カイクウ」をSS出来るので「トリシューラの影霊衣」の効果を不発にしつつ処理出来ます。
「カイクウ」のお陰で儀式魔法の回収も出来なくなるので、そのまま蓋をする事が可能。優秀。

続いて攻撃反応罠です。こちらは5枚採用しました。
一度着地させた「カイクウ」を維持するためにはこれくらいの枚数は積んでも問題ないかなと思います。
相手に「トリシューラの影霊衣」を握られていると「次元幽閉」が効かないので「ミラフォ」の方を多目に採用しました。
今回「ディサイシブの影霊衣」で割られる事が多かったので「奈落の落とし穴」との差し替えも検討中です。

「封魔の呪印」は「影霊衣」の儀式魔法を打ち消したり、「クリフォート」の「ツール」を打ち消したりと活躍の機会が多いカウンターです。もちろん魔導が苦手とする「大嵐」もケアしてくれます。
序盤はコストが重くのしかかりますが、中盤以降であれば「ラメイソン」で手札も増えますしそこまでコストは気になりません。

以上。メインデッキの紹介でした。
続いてサイド&エクストラです。
036










《一言》
※エクストラは従来通りなので説明は省きます。

サイドデッキについてですが、かなり「クリフォート」を意識した構成になりました。
というのも今回のメイン構築が「クリフォート」に対して非常に弱いからです。
3枚づつ採用している「復活の棺」と「カイクウ」は「影霊衣」に対しては有効ですが、「クリフォート」に対しては無駄札になります。
元々苦手な「クリフォート」戦なのですが、これらを採用したせいで更に不利になりました。
その為、サイドデッキに対「クリフォート」用のカードを多く採用する事になった訳です。
つまり「クリフォート」戦の一本目はあえて捨て、逆ストを狙う・・という算段です。
それよりも「影霊衣」に対して尖らせる事を優先しました。

という事でざっくりとですがデッキ紹介をさせて頂きました。
明日は大会レポをUPしようと思います。

それでは本日はこの辺で。ではでは。。

クリックお願いします!
banner 

・遊戯王
更新が滞ってしまい申し訳ありません。
週末は次男が帰省したりで何かとバタバタしてまして。。

本日は今期使ってみたいデッキを2つご紹介させて頂きます。
紹介するデッキは「墓守」と「メタビ」。どちらも「ネクロス」を意識したデッキです。
各地のCS結果を見ると「ネクロス」一強状態なので、こういう環境でこそメタ要素の強いデッキが輝きそうですね。
前期は群雄割拠だったので特定のデッキにだけメタを張ったようなデッキは活躍出来ませんでした。
(HERO/シャドール/クリフォート/ヴェルズ/IF/ノーデン1キルetc・・・)
今期こそメタ要素の強いデッキを使いたいものです。
では早速紹介。


「今期の墓守」
無題;;


















《一言》
「ネクロス」には「ネクロバレー」と「王家の生贄」がかなり利く印象です。
構築自体は非常にオーソドックスなのでこれと言って書く事は無いのですが。。
「復活の棺」は「カイクウ」をSSする為に採用しましたが、「ネクロバレー」と役割がカブっているので若干微妙ですね。除去罠だったり、「ネクロバレー」を守る為の「sinスタダ」なんかに差し替えるのもアリです。
サイドデッキ&エクストラはかなりザックリ決めました。
対「クリフォート」が非常に厳しいので、対「クリフォート」用のカードを多目に積んでおきたい所です。


「今期のメタビ」
無題zz



















《一言》
「ネクロス」と「クリフォート」、両デッキに共通して利くのが”サーチメタ”なのでそれらをガッツリ採用しました。
基本的には「カイクウ」&「ライオウ」でのビートになるなのですが、「デビルフランケン」という飛び道具も採用。
「ナチュルエクストリオ」という両デッキにとって”必殺”となり得るカードを着地させる事が出来るので盤面次第では一気にケリがつく事も。
ただ、最近の「ネクロス」にはメイン「ヴェーラー」採用率が上がっているのでそこが不安要素ですね。
「皆既日食の書」のような「ヴェーラー」をケア出来るカードを積んでも良いかもしれません。

はい、という事で本日は2つのデッキを紹介させて頂きました。
いつか大会に持ち込むと思うので、その際は大会レポをUPしたいと思います。

という事で本日はこの辺で。ではでは。。

クリックお願いします!
banner

・遊戯王
本日は毎月恒例の「月末恒例」です。今月から(○月を振り返るに名称を変更)
9月の遊戯王関連の話題&出来事を今更ながら振り返ります。。もう10月中旬。。

・検索ランキング
皆様がどの様なワードを検索して当ブログに辿り着いたのかが分かる項目です。今回も気になるものをピックアップ。
4位「魔導」、6位「魔導デッキ」
・・・9月の大会でも相変わらず魔導ばかり使用していたのでこのような高順位に。
「影霊衣」が登場した今期は久しぶりに魔導にとって”冬”を感じさせる厳しい環境ですが、どうにか乗り切れればと思います。

9位「影霊衣」、11位「ネクロス」
・・・「影霊衣」のサンプルデッキ紹介記事やデッキ紹介動画をUPしたお陰でかなり高順位につけていますね。
10月は当ブログのアクセスが爆増するキッカケになった”ネクロス事変”が起こったのですが、それは10月の月末恒例で振り返りたいと思います。

10位「ルーンアイズペンデュラムドラゴン」
・・・こちらの記事→「」にて触れただけなのですが、かなり検索されているようで高順位につけましたね。
ADSのお陰でかなりサンプルレシピの紹介がしやすくなりました。

・遊戯王ニューストップ3
9月に起こった遊戯王に関する話題等を独断と偏見でランク付けします。
3位《影霊衣のフラゲ情報》
・・・「影霊衣」のフラゲ情報を入手し、いち早くデッキを作り各媒体にUPした事により、ツイッターではフォロワー数が増え、ブログではアクセスが増え、動画では再生数が増え、、と様々な恩恵をもたらしてくれました。
現在は環境トップに君臨している「影霊衣」。
フラゲ段階では赤ちゃんのような存在だったのに。。。なんだか感慨深いです。

2位《制限改訂フラゲ》
・・・9月下旬に出回りましたね。
個人的にはスッキリしない改訂で非常にモヤモヤしたのを覚えています。
3ヶ月の改訂スパンになった事で環境の移り変わりが激しくなりましたね。。
正直カードを集める気がしなくなったというか、カードを集める意味が薄いような気がするようになりました。。
「セプスロ」を規制してくれたのはありがたいんですけどね。
今後も”強力なテーマ発売→規制→新たな強力なテーマ発売→規制・・・”のループなのかなと思うと少しだけゲンナリするというか・・。そんな感じです。

1位《ノーデン襲来》
・・・「ナイツオブオーダー」の発売と共に襲来した「ノーデン」さん。
「ノーデンワンキル」が各地で結果を残したり、レベル4デッキの戦力を底上げしたりと早速大活躍しているようです。
ただ、個人的にはこういう万能パワカは規制前提で作られたような気がして余り好きになれないですね。
「ソウルチャージ」のように恐らく次の改訂で「簡易融合」辺りは制限送りになるのかなと思います。


・大会成績
9月の大会成績になります↓
「魔導 システィ軸」 白石書店 0-1 1落ち
「魔導 システィ軸」 白石書店 2-1 3位
「魔導 システィ軸」 田川ブックネット 1-1 2落ち
≪一言≫
8月は大会出場が10回近かったんですが、9月は3回のみ。
制限改訂前は毎回モチベが低いのでこうなっちゃいますね。。
あとはギャザの新弾が発売した影響も大きかったかなと思います。

という事で本日はこの辺で。ではでは。。。
 
    クリックお願いします!

banner

このページのトップヘ