遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログ。今日もテンション低めに更新中。

・遊戯王
本日は12月20日(土)に発売した「ザ・レアリティー・コレクション」の開封動画を紹介させて頂きます。
今回は久しぶりに5箱も買ったので前編・後編に分けてUPしました。

「ザ・レアリティー・コレクション~前編~」


「ザ・レアリティー・コレクション~後編~」
《一言》
予想以上の豪華さに本当に驚きました。
「虚無空間」や「簡易融合」と言った高額必須カードがポンポン出てくるのは変な感覚になりますね。
個人的に「増殖するG」「強制脱出」「虚無空間」のシク仕様を狙っていた欲しかったのですが当たらず。。
デッキ内のレアリティーは統一しないと気持ち悪いので、コレクターズレアは正直作らないで欲しかったですね。
中途半端にレアリティーがバラつくと本当に困ってしまいます。。
そこが唯一残念な点で、それ以外は本当に満足なパックでした。
恐らく”GS”のようにレアコレ”が恒例になるのだと思います。
楽しみです。

短いですが本日はこの辺で。ではでは。。。
クリックお願いします!
banner

・遊戯王
本日は先週の日曜日に参加したROA杯の大会レポを書きたいと思います。
一週間程経っているのでやや忘却している部分もございます。
その為、今回はかなり簡易のレポになります。

使用デッキはこちらからどうぞ。→「

≪大会名≫ROA杯
≪形式≫予選スイスドロー4回戦→上位8名による本戦トーナメント
≪参加者≫30名程
≪使用デッキ≫魔導

一回戦vs《シャドール》 
後攻(相手先攻選択)
1.相手は「マスマティ」から墓地にシャドールを落としていく動き。こちらも「クレッセン」→「グリモ」から順調に動く。そのまま中盤へ。
相手が「大嵐」を発動した事で「ラメイソン」経由で「ジョウゲン」が場に。
「ジョウゲン」は戦闘破壊されるも、返しに「ジュノン」x2ssから「ビッグアイ」xyzし相手の場の「ネフィリム」を奪いつつ「ネクロ」で「ジョウゲン」を場に蘇生しエンド。
その場を返せないようで相手サレンダー。
2.相手先攻2伏せでエンド。こちら後攻「クレッセン」スタートに対し相手がチェーン「手違い」。
そのまま終盤まで「手違い」が残ってしまう。
終盤に「大嵐」を打ち、相手のバックを全て剥がすもチェーンで「相乗り」を打たれてしまい何も出来ず。
返しに「ダムド」ssされライフを全て持っていかれて負け。
3.相手先攻何も動かずエンド。こちら「クレッセン」スタートするが「グリモ」を握れず。何も出来ずエンド。
相手「マスマ」→「簡易融合」→「ダムド」→「ガガガザムライ」と一気に展開。総攻撃(8100ダメージ)を受け負け。

勝ち@負け@負け
《一言》
2本目は今期にありがちな負け方でしたね。
3本目はあっという間に終わりました。「増殖するG」を投げるも全ツッパされてしまいました。

二回戦vs《ジャンド》
後攻(相手先攻選択)
1.中盤に「ジュノン」「ジョウゲン」+「ラメゲー」の布陣を構える。その盤面を崩せないようでサレンダー。
2.またしても序盤から「ジョウゲン」+「ラメゲー」の布陣を構える。相手は「TG」や「ジャンクシンクロン」を通常召喚→攻撃してくるが「ゲーテ」等で処理。そのまま「ジュノン」を場に追加し押し切り勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
「ジョウゲン」がとにかく強かったですね。
”「ジュノン」で場を荒らしてからの「ジョウゲン」で蓋”は「魔導」の勝ち筋としては王道だと思います。

三回戦vs《テラナイト》
後攻(自分後攻選択)
1.こちら「システィ」スタートという幸先良いスタートだったが、そこから2ターン続けて「グリモ」に「因子カウンター」を当てられ動きが鈍る。手札で「ジュノン」を腐らせたまま、相手に「ルーラー」まで立てられてしまい負け。
2.序盤~中盤までやや押される展開だったが、相手が「ソウルチャージ」で3体SSした所でET突入。こちらはそれを「激流葬」で流す。
が、相手もそこから「ベガ」経由で「ルーラー」xyz(魔法宣言)までたどり着く。
ライフは3000勝っている状況だが「ルーラー」のせいでやや厳しい状況。
だったが、トップドローがまさかの「ジュノン」。そのまま「ジュノン」ssして勝ち。
3.ED後攻(相手先攻選択)
相手「ベガ」経由で「ルーラー」xyz(魔法宣言)でエンド。こちらは何も出来ず。「バテル」セット&バック1伏せでエンド。相手は「ガンマン」xyz(効果で800バーン)&「ルーラー」で魔法宣言してエンド。
返しターンに何も出来ず負け。

負け@ET勝ち@ED負け
《一言》
テラナイトは非常に苦手なデッキですね。
久しぶりに戦いましたが本当に強いデッキだと思いました。
実際、二本目もETに助けられたようなもんですし。。

四回戦vs《マドルチェ》
後攻(相手先攻選択)
1.相手2伏せエンドに対し、こちら「クレッセン」スタートするもチェーン「手違い」。
相手の展開は全て罠で抑えるが、「手違い」がどうしようも無く全く動けない。
その間にビートダウンでジリジリとライフを削られてからの「ガガガガンマン」でのバーンで負け。
2.相手2伏せスタートに対し、こちら「大嵐」→「ジュノン」という幸先良いスタート。そのまま魔導書をグルグルしながら「ラメゲー」の構えを維持したままビート勝ち。
3.ED先攻(自分先攻選択)
1.先攻「ジュノン」「バテル」+「ラメゲー」「トーラ」セットでエンド。相手は「エンジェリー」召喚から動いてきたので「ゲーテ」を合わせる。そのままターンが返ってきたので、「ジュノン」「バテル」で攻撃。更にメイン2に二体目の「バテル」を召喚→「ガチガチガンテツ」xyzし「ゲーテ」も構えエンド。
相手の通常召喚に「ゲーテ」を合わせると相手サレンダー。

負け@勝ち@ED勝ち
《一言》
一本目の「手違い」がかなり厳しかったですね。バック破壊系はサイドインする形を取っているので、メインからの永続プランは非常に厳しいですね。
2.3本目は「手違い」を打たれる事も無く、割と「魔導」らしい動きが出来たかなと思います。
最初から最後まで本当に楽しい試合でした。

という事で残念ながら予選2-2で本戦には行けませんでした。
オトウトは予選3-1で本戦に進出し、そのまま3位になっていました。
相変わらず中規模の大会には強いようです。羨ましい。。

色々と苦しんだ今期も明日のTCSで最後なので精一杯頑張ろうと思います。
怖いのは寝落ちですね。TCSは朝早くからあるので(明日は5:30起き・・)過去二回寝落ちしているので気を付けようと思います。

という事で本日はこの辺で。ではでは。。
クリックお願いします!
banner 

・遊戯王
本日は日曜日に行われたROA杯で使用した「魔導」デッキの紹介をしたいと思います。
大会レポは明日UP予定です。

「システィ軸魔導」
049










《一言》
今期は「棺カイクウ魔導」ばかりを使っていましたが、なんだかんだで環境最後は「純システィ軸魔導」に落ち着きました。
「棺カイクウ」を不採用にした理由としては「クリフォート」の増加が一番の理由ですね。
やはり環境シェアNo.2を無視してまで積むべきカードでは無いのかな・・と。
その代わり、メタ枠として「ジョウゲン」を二枚採用しました。
「カイクウ」と違い、どのデッキを相手にしても”特殊召喚封じ”は効きますからね。
対影霊衣だけで考えれば「カイクウ」の方が強いのですが。。

ここ最近は”モンスターが11枚~12枚、魔法(魔導書)が19枚~20枚、罠が10枚前後”というバランスだったのですが、ちょっと罠が弱く感じたのと、先攻で割りと動いてくるデッキが増えたので罠の枚数を削り、「増殖するG」を採用しました。
こちらもどのデッキにも発動機会がある丸いカードだと思います。
今回は罠枠もかなり変更しています。「ミラーフォース」は本当に久しぶりに採用しました。
「ジョウゲンを守る」事に特化した構築ですね。


050






《一言》
エクストラデッキ&サイドデッキになります。バック破壊が9枚と、その他が6枚という従来のバランスです。
今期はメタられる事が非常に多いのでバック破壊がこの量になってしまうのは仕方ないかなと思います。
まあ、来期に期待ですね。
今回初めて採用した「虹クリボー」は「ジョウゲン」を守る兼ET対策として一枚だけ採用しました。
お守り感覚で積んだカードでしたが、予想以上に使える印象です。
引きたい場面がけっこうあるカードでした。
エクストラは見ての通り真っ黒。「ヴェーラー」が入ってないとこうなっちゃいますね。

・明日の予定
明日は白石書店にて「レアコレ」をゲットしてきます。
朝イチで受け取って帰宅して開封して・・って感じで予定しているので14時からの非公認には出ないと思います。多分。。
TCS(日曜日)の準備でバタバタしそうなので早く帰りたいのと、制限改訂が出たせいで今期に対するモチベが消失気味っていうのが大きいですね。
早く新環境の大会に出てみたいです。

という事で本日はこの辺で。ではでは。。
クリックお願いします!
banner 

・遊戯王
制限改訂情報がついに出回りましたね。
今回もスタ速さんの発表を皮切りに、様々なまとめサイトさんが一斉に発表されていたので確定だと思われます。
という事で早速ですが新制限後の環境予想を図にしてみました。
www_dotup_org38623322B2aa










《一言》
環境上位は「クリフォート」「HERO」「シャドール」の三つかなと思います。
「クリフォート」は「影霊衣」とは対象的に規制を完全回避という事で、恐らく新制限環境でもメタの中心に君臨するのかなと思います。
「シャドール」は元々のポテンシャルの高さ+「カオスエンペラー」を一番使いこなせそうなデッキという点を評価。
「HERO」は「アライブ」の緩和+上記2デッキに対してそこそこ戦えるという点を評価しました。

中堅組や緩和組もけっこう頑張ってくれそうなので、新環境は群雄割拠して楽しそうだなと思います。個人的に。

「影霊衣」が消えそうなので、ようやく「魔導」にとっての春が来るかなと思います。
個人的にソコが一番嬉しいポイントだったりします。。

2015年1月1日からの制限改訂情報
《一言》
「禁止→無し」となっていますが、正しくは「禁止→大嵐」です。
訂正テロップを入れていますがスマホからだとテロップが見えない場合があるようなので、一応。。

ちょっと短めですが、本日はこの辺で。ではでは。。。
クリックお願いします!
banner 

・遊戯王
本日は日曜日に行われたROA杯のサブイベントで使用したデッキの紹介です。
本戦で使用したデッキとは異なりますので、本戦使用デッキはまた後日紹介させて頂きます。

「AFヴォルカニック」
047










《一言》
当初は非常にオーソドックスな「ヴォルカニック」を作りたかったのですが、「虚無空間」が無かったのでオーソドックス型を渋々諦め、、。
「虚無空間」が無くても作れる型として一番良さげだったAFと組み合わせる事にしました。
「相乗り」や「魔封じの芳香」をメイン採用していたりと、環境トップの「影霊衣」を意識した構成になっております。
また、もう一つの環境トップである「クリフォート」にはAF系が効くかなと思います。

「エクストラデッキ」
048











《一言》
実はサブイベ開始直前に焦って用意したので色々と不備があるかもしれませんが、一応今回使ったエクストラデッキになります。
とりあえず使い勝手の良いランク4と5を入れました。
「カステル」不採用なのは単純に持っていないからです・・。いい加減買わないとですね。。

という事でデッキ紹介は以上になります。
最後にサブイベの簡易レポを書きたいと思います。

≪大会名≫ROA杯サブイベ(運営アザカさん)
≪形式≫シングル戦・トーナメント
≪参加者≫15名程
≪使用デッキ≫AFヴォルカニック

一回戦vs《剣闘獣》
先攻(自分先攻選択)
1.「強欲謙虚」でスタートし「ロケット」を加える。そのまま「ロケット」を召喚。更にバックに「ブレイズキャノン」を含む5伏せでエンド。
相手の剣闘モンに除去を当てたり、「神智モラルタ」したり。「バックショットキャノン」したりでアド差を広げていく。
中盤に「近衛兵」で2ドローしたりで更にアド差を離し、そのまま押し切り勝ち。

勝ち
《一言》
先攻5伏せが大きかったですね。
やはり罠が多いデッキは使っていて楽しいです。

二回戦vs《デーモン》
後攻(相手先攻選択)
1.序盤はお互いに順調な立ち上がり。こちらは「トリオン」や「ロケット」を召喚し、バックを増やしていく。
対する相手は「デーモン」下級モンスターでビートしたり「堕落」でコチラのモンスターを奪ったり。。
が、これは「神智」や「奈落」で処理していく。
中盤に入り、「バレットキャノン」でのドローを決め順調にバックとハンドを増やしていくものの、相手の19打点デーモンが止められない。ライフがガリガリ削られていく。
こちらは「奈落」などの成功時除去系やAFモンスターばかりを引く状況。。
その内、相手の19打点デーモンに「デーモンの斧」まで装備されかなりヤバイ状況に。
が、どうしてもそれを処理出来るカードを引けない。
最後はバック5伏せ&ハンド6枚を残したまま29打点デーモンに撲殺され負け。

負け
《一言》
やはりデッキの粗が目立ちましたね。。
「ミラーフォース」や「幽閉」などの後出しでの除去カードは必要だなと思いました。。

という事でサブイベは二落ちでした。
初めて「ヴォルカニック」を大会で使用しましたが、けっこう強いデッキだなと思いました。
他の人とカブる事も無いし独特な動きをするのも良いですね。

少し長くなりましたが今回はこの辺で。ではでは。。。
クリックお願いします!
banner 

このページのトップヘ