遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログ。今日もテンション低めに更新中。

・デッキ紹介
本日はファンデッキの紹介です。
大会にはいつか持ち込みたいと思っていますが、現環境だと厳しそうなので躊躇っています。
B級戦とかならワンチャンあるかもしれません。

「儀式パイパーエクゾディア」
無題8










≪プラン≫
儀式モンスターでボードの処理を行いつつ、各種モンスターでコツコツとドローを繰り返すスローテンポなエクゾディアデッキです。

それぞれの役割についてザックリと書いてみます。

・ドロー要員
3 「ミスティックパイパー」 2「金華猫」
・・このデッキの核です。レベル1モンスターが半数を占めるのでパイパーの2ドロー期待値はそこそこ高めです。

3 「召喚神エクゾディア」
・・エクゾパーツの墓地落とし+墓地から回収と自己完結した効果を持つモンスターです。
破壊時に手札のエクゾパーツ分ドローが出来るので長く盤面に維持するだけでドロー枚数も増えます。


・盤面処理要員
3 「サクリファイス」 3 「儀式の下準備」 3 「サクリボー」 3 「クリボール」
・・下準備のお陰で非常に簡単にサクリファイスを出せるようになりました。
クリボー2種は儀式素材になりつつサクリファイスを守れるので便利です。

3 「エクゾードフレイム」
・・エクゾディアパーツを墓地に落としつつモンスターのバウンスが行える優秀な罠です。

・その他サポート
3 「ワンチャン」
・・万能サーチです。序盤はパイパー、終盤はエクゾパーツをサーチという感じで使い分けます。

3 「予想ガイ」
・・「神エクゾ」を場に出す際にエクゾパーツのリリースが必要になるので採用しています。
召喚権はなるべく「パイパー」に割きたいので、こういったSS手段があると助かりますね。

≪一言≫
構築当初は「神エクゾ」が「魔導システィ」でサーチ出来るという事で魔導エクゾを作っていたのですが事故率が非常に高かったので早々に諦め、現在のような構築になりました。
「神エクゾ」は書いている事は非常に強力なのですが、やはり従来のエクゾディアデッキ(活路エクゾ)とは全く違う方向性なので”強化”とは呼べないと思います。
活路エクゾとはコンセプトが全く違う、もう一つのエクゾディアデッキが誕生した・・という印象です。

という事で本日は久しぶりのファンデッキ紹介でした。
ではでは。。
 

・デッキ紹介
本日は「命削り妖仙獣」のサイドとエクストラを紹介します。
メインデッキはコチラの記事にあります→「

「命削り妖仙獣 サイドとエクストラ」
無題a2w









≪各カードの説明≫
・サイドデッキ
今回はプロトタイプという事でサイドはザックリと5種x3枚の構成に。
細部まで練られてない場合はこういうサイドになりがちですね。

「生贄封じの仮面」
・・対帝用カード。
帝はメタが刺さりにくいデッキでして、生贄封じや霧の王といったリリース封じor王宮の鉄壁やカイクウといった除外封じくらいしか効かない印象です。
今回は維持するだけで勝てるという事で生贄封じを採用しました。

「マクロコスモス」
・・対彼岸+α用カード。
EMや帝に対しても先攻時であればサイドインします。彼岸には先攻でも後攻でも採用します。
環境的にほとんど腐る事がないカードなのでメインから採用されているレシピも多く見受けられます。

「つり天井」
・・後攻時用カード。
先攻で並べてくるデッキに対して採用します。先攻展開を捲る為のカードですね。
使った感触としてはハイリスクハイリターンという感じでしたね。
攻撃反応罠(ファイヤーフォース)でも良いかなと思いました。

「強制脱出装置」
・・対彼岸+α用カード。
枠が空いたのでとりあえず採用した感が強いですね。
後だしで強い罠が少ないように感じたので採用しましたが、正直そんなに必要ないかなと思いました。

「サイクロン」
・・対バックが多い系用カード。
罠が少ない環境なのですが一応採用しました。
ツイツイでも良かったのですが、命削りを発動すると”セット→相手ターンに発動”が出来なくなるのでサイクロンにしました。一長一短なので難しい所です。

・エクストラ
ランク4だけ採用しておけばOKですね。
必須は「ガガガガンマン」「電光千鳥」辺りでしょうか。
昔から『妖仙獣がエクストラを触ってる時はほぼ負ける時』と言われるくらい、妖仙獣はエクストラを使わないデッキなのでわざわざ買い揃えたりする必要はないと思います。
もちろん、しっかりと用意しておくに越したことはありませんが無いなら無いで大丈夫です。

最後に大会レポを書きます。

1月29日(金)
≪大会名≫ 竜星のあらし ナイトゲーム  
≪形式≫ 三回戦
≪参加者≫ 20名程
≪使用デッキ≫ 妖仙獣

一回戦vs≪超量帝≫ ケツさん 〇××
後)1.相手がモンスターを引けずに動けない間に命削りからのビートダウンで勝ち。
先)2.先攻2伏せエンドに対し、相手ツイツイ→イデアの動きで何も出来ずボロ負け。

先)3.先攻選択するも初手モンスター4、ウェーブ1と微妙。とりあえずジャイハンを立てるも、ツイツイ→緊急テレポートから威光魔人を出される。それを処理出来るカードを引けず。威光ビートされて負け。

二回戦vs≪ノイド≫ ハマショーさん 〇〇
先)1.相手が動けない間にバックを増やしつつ妖仙獣兄弟ビートでアド差を広げる。最後は相手の「左腕」に「秘技」を当てて勝ち。
後)2.相手に先攻「名推理」からデッキを半分くらい削られるも、こちらのバックが厚く、1対多交換を繰り返しリソースを削っていく。
中盤に「マクロ」を発動してからはようやくこちらのペースに。そのまま妖仙獣でコツコツビートし最後は「ガンマン」でライフ削りきって勝ち。

三回戦vs≪EM竜剣士≫ りゅうさん 〇〇
後)1.先攻「ナチュビ/チェイン」に対しコチラ動けず3伏せエンド。相手はそこから更にモンスターを並べてワンショットを狙ってくるも、そこに「ウェーブフォース」を当てて形勢逆転。
返しに妖仙獣ビートしつつ命削りでアド差を広げていき、そのまま大量のバックをで相手の展開を捌ききって勝ち。
後)2.「激流葬」や「神の通告」で相手の場を空けつつ、妖仙獣3兄弟の総攻撃を2回通して勝ち。

という事でこの日の大会は2-1という結果でした。
竜星のあらしさんは金曜の非公認大会でも環境デッキと戦えるのでありがたいですね。
ADSでしか調整が出来ない身としては本当に助かります。


・コメント返信
今後、返信文が長くなりそうなコメントに関してはブログの記事内で返信させて頂きます。

masaiさん

Twitterからです!早速コメントさせてもらいます^ ^
DDの今期の三強+ノイドへの強いサイドやオススメのカード等あれば教えていただきたいですm(_ _)m
形はアニさんと同じ感じでガイド型です。
動画、ブログ、Twitter共に参考になることでいっぱいです!寒い中ですがこれからも頑張ってください^ ^

masaiさん、コメントありがとうございます(*^-^*)

対帝
「生贄封じの仮面」
・・自身へのデメリットはラグナロクのリリース効果が使えなくなるくらいですね。
サイフリートと共に構えるとほぼ勝ちです。
「カイクウ」
・・霧の王でも良いのですが、苦手なインフェルノイドも見れるという点でカイクウを推したい所です。
召喚権問題が起こるので、大抵はガイドセットを抜いてカイクウをサイドインします。
ガイドは先攻で領域が貼られているとほぼ機能しないので。

対EM
「魔封じの芳香」「揺れる眼差し」
・・狙うはPゾーンですね。このプランであれば「カリユガ」も活きてきます。
眼差しは状況に応じてサーチを変えられる点が◎です。
序盤はケプラー、終盤はアビス・・みたいな感じですね。

対彼岸
「エアフォース」「応戦するG」
・・リソースゲーに持ち込まれるとまず勝てないのでベアトリやダンテを一気に処理出来るエアフォースがおススメです。最近流行りのリリーサーレイカーも後出し処理可能なのも◎。
応戦するGは儀式彼岸はもちろん、緊テレやマスクチェンジセカンドにも打てるので気に入っています。
盤面から消えても増Gをサーチ出来る点も素晴らしいですね。その後の相手の展開にも対処出来ます。
典型的な”打てたら強い”カードですがこの手のカードに惹かれます。
カイクウ同様、苦手なノイドも見れるカードです。

という事で本日はこの辺で。
今後も長く語りたい時は記事内でコメント返信させて頂きます。
ではでは。。
 

・デッキ紹介
本日は約1年ぶりに作り、大会に持ち込んだ「妖仙獣」のレシピを紹介します。

「命削り妖仙獣 メインデッキ」
無題a2










≪一言≫
基本的な戦い方は以前使っていた”左柱入りのメタビ型”と同じです。
※参考レシピ→(


バックを厚く構えつつ妖仙獣兄弟でのビートダウンを行い、三男の効果で「妖仙獣の秘儀」(インフェバリア)をサーチしたり後続の妖仙獣兄弟をサーチしてアド差を広げていきます。

≪新規採用カード≫
card100031087_1「命削りの宝札」
久しぶりに妖仙獣を使おうと思ったキッカケです。
手札が3枚になるようにドローするメリット効果このターン特殊召喚が出来なくなる&発動後に与えるダメージが0になる&エンドに手札を全て捨てるというデメリット効果を持ちます。
妖仙獣の良い所はこのデメリットを無視出来る点にあります。

特殊召喚は元々ほとんどしませんし、発動後に与えるダメージが0というのもバトルフェイズ後に発動すれば問題ありません。
エンド時の全ハンデス効果は、妖仙獣のバウンス効果を命削りのハンデス効果の処理後に行う事でケア出来ます。(命削りのハンデス効果、妖仙獣のバウンス効果はどちらも強制効果なので好きな順でチェーンが組めます)

card100031662_1「ウェーブフォース」
ミラーフォースのデッキバウンスver.です。
効果は強力ですが、自分の場にモンスターが存在すると発動出来ません。
このデメリットも常に場が空く妖仙獣であれば気になりません。
「彼岸」や「EM」相手では”破壊”がほとんど意味を成さないので、この手の変則的な処理手段は欲しい所です。
次点で「ダストフォース」の採用も考えています。




card100002458_1「マジックドレイン」
バックを守る手段は数多ありますが、今回はそれらの中で最も発動機会の多いカードを採用しました。
不確定の無効なので信用度は落ちますが、腐る事が無いので命削りとは好相性だと思います。
『命削りを引いた時にバックに不要なカードを沢山伏せているせいで魔法罠を伏せる事が出来ず、エンドに全ハンデス』というのは絶対に避けたいので、こういったカードを採用しました。



≪理想の動き≫
以前までの妖仙獣は後攻選択がデフォでしたが今回は先攻を意識して構築しました。

理想の初手は”命削りの宝札+魔法罠4枚(内、強欲謙虚があれば最高です)”ですね。
4伏せした後に「命削り」を発動し、ドローした妖仙獣を全て召喚し魔法罠はセットします。
そしてエンドフェイズに「命削り」のハンデス効果を処理。
その後に妖仙獣のバウンス効果を処理します。

これで”バック大量+ハンドに妖仙獣数枚”というスタートが切れます。
後は大量のバックで相手の展開を潰しつつ妖仙獣でビートダウンします。

後攻では手札が1枚多く攻撃可能(妖仙獣三男を握っている際はより顕著)なので妖仙獣のスタイル的には後攻を選ぶべきですが、今期のような環境では先攻を選ぶべきなのかなと思いました。
DDのように強固な盤面を返すパワーがあれば後攻もアリなのですが妖仙獣ではそれが厳しい印象です。


という事で本日は「命削り妖仙獣」のメインデッキを紹介しました。
明日はサイドとエクストラの紹介と大会レポを書きたいと思います。
それでは本日はこの辺で。ではでは。
 

・対戦動画
以前紹介した「」の続きを紹介させて頂きます。
前回の更新が随分と時間が経ってしまいました。申し訳ありません。

「三回戦 マドルチェvs魔術師バスブレ」






続いて四回戦の紹介です。





スクロールするとネタバレしてしまうので、先に三回戦をご覧になってから下にお進み下さいませ。





「四回戦 マドルチェvs幻影騎士団」






続いて五回戦の紹介です。





スクロールするとネタバレしてしまうので、先に四回戦をご覧になってから下にお進み下さいませ。







「五回戦 ネクロスvs幻影騎士団」






という事で本日は以上になります。
非常に簡易なブログで申し訳ないです。
スグに次回のブログ記事をUPするので良かったら見て下さい。
久しぶりに「妖仙獣」デッキの紹介です。

という事で本日はこの辺で。ではでは。。
 

・対戦動画
今回は動画の紹介をさせて頂きます。
久しぶりですね。二回に分けて勝ち抜きマッチ戦を紹介しますのでお暇な時に観て頂ければ幸いです。

「勝ち抜きマッチ戦 選抜デッキ紹介」
≪一言≫
まずは使用デッキを紹介です。
勝ち抜きマッチ戦ももう四回目なんですね。

「一回戦 星因子vs魔術師バスブレ」
≪一言≫
オトウトくんが使用しているのが星因子、アニが使用しているのがバスブレです。
バスブレは新作ですね。
最近トレンドの”EX封じ”デッキの先駆け的存在ですね。

続いて二回戦の動画です。



このまま下にスクロールすると次のマッチメイクが分かる(ネタバレになる)のでご注意くださいませ。




では二回戦の動画をご紹介します。





「二回戦 霊獣vs魔術師バスブレ」
≪一言≫
一回戦目で勝利したバスブレがオトウトくんの霊獣と対戦です。
霊獣にもEX封じは効きそうです。

はい、という事で短いですが本日はこの辺で。ではでは。。
 


このページのトップヘ