遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログです。

・サイドデッキとエクストラデッキ

昨日紹介した「妖仙獣」デッキのサイドとエクストラデッキを紹介します。
せっかく写真も撮ったことですし。

「妖仙獣 サイドデッキ」
無題saido2










≪一言≫
3 浮幽さくら
ABC&餅メタ。エクストラに余裕があるデッキなので採用しやすいですね。
上記2デッキの先攻展開を1枚で止められるのは優秀の一言。

2 ドロール&ロックバード
堕天使メタ。ドロソやサーチを大量に積んでいるデッキなので結構刺さるらしいです。
最近はチラホラ採用しているレシピを見かけますね。
シンクロダーク戦でもサイドインします。

2 コズミックサイクロン
メタルメタ。ライフが削られやすいデッキなのでコズミックより普通のサイクロンを採用すべきでしたね。
ちょっと反省。 

2 闇の護封剣
まさかの裁定をもらい一気に評価が落ちてしまったカードですね。
大会当日にその裁定のツイートを見たのですが時すでに遅し。。そのまま採用して試合に臨みました。

1 超融合
さくらと同様、エクストラに余裕があるので採用しやすいカードだと思います。
先攻時はもちろん後攻時でも強い必殺カードですね。
 
2 超古代生物の墓場
レベルが高いモンスターを使うデッキ全般メタ。
効果だけでなく攻撃も封じてくれるライフに優しい永続罠です。
一度止めてしまえば、後はカマイタチでバウンスなり出来るので相性は良いと思います。
サタンクロースとも好相性ですね。

2 魔封じの芳香
メタルメタ。正直3枚採用でも良かったです。
永続罠はカブるとアレなのでつい控えめの採用になってしまうんですよね。。
でもP相手なら構えたら勝ちまで見えるカードですし、そんなに気にする必要はなかったかな・・と。

1 激流葬
メタビ等の同系統に当たった時にサイドインします。
先攻を取らされた時に輝くカードですね。


という事でサイドデッキの紹介は以上です。
サイドに手札誘発を積めるのは命削り型にはない利点ですね。

「妖仙獣 エクストラデッキ」
無題saido











≪一言≫
1.2段目は普通に使う4エクシーズ軍団です。
『妖仙獣がエクストラを使う時はピンチの時』と言われるくらいエクストラをほとんど使わないデッキなので、正直もっと少なくても大丈夫だと思います。

3段目の「餅カエル」「ABCドラバス」は浮幽さくら用です。その他の3枚は超融合用です。
「スターヴェノム」はDDや堕天使戦で、「HEROアブゼロ」は餅HERO戦で、「メタルカーディナル」はメタル戦でそれぞれ使います。

はい、という事で本日は妖仙獣のサイドとエクストラの紹介でした。
大嵐杯関連の記事がけっこう続きましたね。
次はEXP2016についてでも書こうかなと思います。
まだ知識がゼロなので急いで勉強しようと思います。

それではこの辺で。ではでは。。。
ランキング参加中!クリックお願いします(´◉◞౪◟◉)!


 

・デッキ紹介
 本日は、大嵐杯で使用した「妖仙獣」デッキの紹介をします。

「妖仙獣」
無題yousenn
 
 








≪解説≫
『妖仙獣モンスター 11枚』
モンスターが足りない事故を避ける為、多めに採用しています。
それでも大会ではカマイタチ兄弟が揃わない場面がチラホラありました。
やはりゴーケンは必要ですね。


『手札誘発 6枚』
 後攻型の妖仙獣なので手札誘発は多めに採用しています。
対メタル戦以外では活躍が見込める「増殖するG&DDクロウ」をフル投入。


『サタンクロース 3枚』
先攻で立てられると痛いカード(ABCドラバスやクリスタル)を1枚で処理出来るナイスカード。
カマイタチのバウンス効果で再利用出来るという目論見もありフル投入したのですが・・非常に使い辛く評価がガクっと下がってしまいました。
一番の仮想敵であるABCと当たらなかった事も評価を下げた要因の一つですね。
ゴーケンとかみ合わないのもマイナスです。


『ゴードン 3枚』
”妖仙獣のドロソ=命削り”でしたが、今回は流石にゴードンを優先しました。
デメリットほぼナシの2ドローはやはり強いです。
ただ、命削りも1.2枚なら共存させてOKかなと思いました。


『炎舞-天キ』
カブりが怖いカードですが、それ以上にパワーのあるカードなので3枚採用しました。
”天キ+妖仙獣”でサタンクロースを突破出来る(どの組み合わせでも突破可)という点もグッドです。


『罠 13枚』
堕天使と青眼がけっこう多かったので、 障壁メインはちょっと危うかったですね。
代わりに激流葬をメイン採用しても良かったかなと思いました。
ライフが維持出来ない場面がチラホラあったので。
 

・・・はい、という事でメインデッキの紹介は以上です。

最後に大会レポを書きます。
かなり簡易ですがご了承下さい。

 8月20日(土)
≪大会名≫ はっちCS 大嵐杯  
≪形式≫ ダブルイリミ6回戦→本戦トーナメント
≪参加者≫ 140名程
≪使用≫ 妖仙獣

一回戦vs≪機械天使パーデク≫ ×〇et×
後)1.儀式の下準備からパーデクを置くスタート。こちらハンドは良い感じだがパーデクのせいで動けず。
サタンさえあれば・・という状況が続くが引けず、そのままジリジリと押されて負け。
後)2.一本目同様の展開で先行パーデクを立てられるが今回は物量で押し切り相手の手札を枯らす事に成功。
そのままゆっくりとビートダウンして勝ち。
後)3.序盤でET突入。相手の盤面をサタンで処理するという理想的な動きを決めるも、手札にカマイタチのみでサタンを処理出来ず。ET1.2ターンの間に他の妖仙獣を引ければ勝ちだったが最後まで引けずライフ差返せず負け。

二回戦vs≪メタル≫ ××
後)1.6ターン目までモンスターを出せず罠で耐えるという厳しい展開。
ウェーブフォースを連発しライフは守るものの、こちらアドを稼ぐ手段がなくジリ貧に。そのまま負け。
後)2.先攻ユニコーン+2体の布陣を超融合で処理するも、またしてもハンドに妖仙獣がおらず超融合で出した「カーディナル」で殴って罠を構えるのみでエンド。
その後相手の死んでも戻ってくるペンデュラム軍団の前では罠での処理も大して意味をなさず。
ジリ貧負け。 

という事で久しぶりの大きな大会は0-2で終了という結果に終わりました。無念です。。

・何故妖仙獣?
今回「妖仙獣」を大会に持ち込んだ理由は3つです。
1.堕天使&HEROが増えそうだったので優位に立ち回れる妖仙獣が良さげに見えた。
2.九州はメタルフォーゼが少ないので当たらないだろうと楽観視していた。
3.手持ちデッキのブラマジ/ネクロスが環境的に厳しそうだったので消去法で妖仙獣になった。

こんな感じです。
それでは本日はこの辺で。ではでは。。。

ランキング参加中!クリックお願いします(´◉◞౪◟◉)!

・久しぶりのCS
8月20日(土)、8月21日(日)に”はっちCS”と”竜星のあらし”がコラボした大会”大嵐杯”が開催されました。

竜星のあらしさんには常日頃からお世話になっていますし、全国各地で開催されている”はっちCS”がどんなもんなのか・・という興味もあったのでオトウトと参加することに。

ちなみに20日(土)は個人戦、21日(日)はチーム戦で僕らが参加したのは個人戦のみ。
21日も予定が無ければ参加したかったです。

それでは色々な感想をランキング形式で書いてみようと思います。

カウントーダウン。


第3位 『店がデカい』
とにかくデカかったです。
毎週開催されている”あらし杯”では1階のスペースしか使っていないので知りませんでしたが、なんと2階にもデュエルスペースがありました。
2階に200人分の座席を用意しつつ、なんと1階では通常通りお買い物やフリーデュエルが出来るという。
そういったショップは全国的にも珍しいのではないでしょうか。

(↓画像は竜星のあらしさんのTwitterより引用)
無題arasi

























第2位 参加費無料

従来のCSは”運営が会場や賞品を用意→その分の支出を参加費で回収”というのが一般的だと思います。(参加費の相場は約1000円)
が、今回の大嵐杯はなんと参加費が無料でした。それなのに賞品は豪華ですし、参加賞まであるという。
これは本当に画期的だと思います。”スポンサーが付く”という事の大きさを感じましたね。
(↓参加賞は青眼メモ帳orスリーブのどちらか。僕は青眼メモ帳を選びました。)
無題arasi






















第1位 進行がスムーズ
これが一番の驚きでした。
”少数精鋭” という言葉がピッタリくるというか・・何故数名(確か3名)の運営で100人以上のプレイヤーを管理しスムーズに運営が行われるのか・・と大会中ずっと気になっていました。
とにかく毎試合の開始が速いんですよね。マッチングも早いし。
全てが理にかなっているというか。。

サブイベの参加者が多すぎてオーバーしてしまう・・という場面でもスムーズに対応してるしアドリブ力も高ぇぇ・・・と一人で唸ってしまいました。 

という事でこれが1位です。

雑記が思ったより長くなったので、使用したデッキの紹介と大会レポは明日書きます。
それでは本日はこの辺で。ではでは。。
 
 

・デッキ紹介
新規カードが登場したという事で数年ぶりにD-HEROを組んでみました。
数年前に組んだ時は「幽獄の時計塔」とか「D-END」が入った構築でした。
懐かしいです。。

という訳で本日は新規入りD-HEROデッキをご紹介。

「D-HEROその1/メインデッキ」
無題aaa 














≪基本戦術≫
”闇/戦士/レベル4”のモンスターに「同胞の絆」を打ち、盤面に各種闇HERO達を並べます。
盤面を整えた後は「ディアボリックガイ」でのシンクロや「ダークロウ」でのメタビートをしかけます。
中盤以降も「ディバインガイ」のお陰で息切れする事なくビートダウンを行えます。
たまに「ダイヤモンドガイ」のボーナスも狙います。

≪同胞の絆≫
例)「ディバインガイ」+「同胞の絆」の手札から
→場 「ディバイン」+「シャドミ」+「終末の騎士」+バック「マスクチェンジ」 墓地「ディアボ」
という盤面を作る事が出来ます。

「ディバイン」に「マスクチェンジ」を打てば、返し自分ターンに「ディバイン」の2ドロー効果を使えます。
墓地のディアボやゾンビキャリアを使ってのシンクロ展開も可能。
ターンが返ってくれば・・。

≪同胞の絆の弱み≫
「同胞の絆」を打った後は特殊召喚が出来なくなるので、1ターンのラグが出来ます。
同胞を打つ前に展開すれば良いのですが、構築上それが難しいので小粒モンスター3体を並べてターンエンド・・・となってしまうのです。
今回はそういった小粒モンスターを守る為にも罠マシマシの構築にしている訳です。
罠で小粒モンスターを守り、返しターンの展開を狙います。
※現在は同胞を打つ前に展開する構築(アライブ等を積んだり)にしています。後日紹介予定。

という事でメインデッキはこんな感じです。
最後にEXデッキをご紹介。

「D-HERO EXデッキ」
無題sa 














≪解説≫
シンクロ、エクシーズ、融合を全て採用したカラフルなEXになりました。

シンクロ
「アルティマヤツィオルキン」は”ダークグレファー+ディアボorゾンビキャリア ”の2枚で出せます。
同胞の絆で”ディアボ&終末の騎士”にアクセスする事が出来るのでパーツは割と簡単に揃います。 
手持ちのSドラゴンが閃光スタダしかなかったので仕方なく採用してます。もっと他に良いSドラゴンがあると思います。

エクシーズ
HEROデッキですが案外エクシーズは狙わないので4枠と少な目です。
正直もっと少なくても良いと思います。
 
融合
ダークロウ3枚は明らかに入れすぎでした。
3枚目のダークロウが欲しいという場面がなかったので2枚の採用で大丈夫だと思います。 

という事で本日は、(一応)新規入りD-HEROデッキの紹介でした。
堕天使と魔界劇団も作ったので、今週中にUPします。
 

・最後に動画の宣伝
D-HEROデッキを動画でも紹介しています。
展開例も紹介していますので、お時間がある方は是非ご覧ください。


それでは。。
  

・新弾発売から一週間
本日は「デステニーソルジャーズ」に収録された新規テーマ3つの評価だったり雑感だったりを書いてみようと思います。


魔界劇団-ダンディ・バイプレイヤー≪魔界劇団≫
発売前評価
・・・台本&役者という設定がオシャ。割れてアドになる台本は強そう。Pテーマというだけで評価高め。
発売後評価
・・・ 「魔王の降臨」以外の台本が弱め。他Pテーマとの親和性が高そう。

現状「魔王の降臨」しか強い台本がないのが残念です。
ビッグスターをP召喚して魔王台本をサーチ→盤面処理からのビートダウン・・が理想的な動きでしょうか。
ビッグスター以外のステータスが割と貧弱なのと相手ターンに干渉する術が薄いので他Pテーマと合わせるのがベターかなと思います。
一応、デビルヒールという高打点もいるのですが純魔界劇団じゃないと使い辛そうです。

 メタル型/竜剣士型/純型・・なんかをよく見かけますね。
正直、まだ組んでいないので詳しい事は語れず。。


≪堕天使≫
発売前評価
・・・自力でSS出来ない高レベルテーマは厳しそう。脇を支える魔法罠は強そう。イラストは最高。
発売後評価
・・・クリスティアを巻き込んで制圧テーマになってる感。思ったより事故が少なくて強い。

サーチやドロソが多いお陰で案外事故が少ないようですね。
オトウトくんが堕天使を組んで早速公認大会で準優勝していましたが、その大会でも『事故は一度だけだった』と言ってました。

まだテンプレ構築はありませんが、よく見かけるのはクリスティア&トレードイン入りですね。
発売前に値上がりした「ヴァルハラ」「ヘカテリス」入りはほとんど見かけず。。まあ、そんなもんですよね。
現状、新規テーマ3つの中では一番入賞率が高いテーマなのでデッキパワーも”3テーマイチ”あるのだと思います。多分。

≪D-HERO≫
発売前評価
・・・強化の方向性がよく分からず。レベルもバラバラだけど融合軸なら関係ないのかな。
発売後評価
・・・種類は多いが明確な強化カードがディバインガイくらいな印象。ライバルテーマなのに残念。

新規は多いのですが、初見で『これ強い!』と言えるカードがディバインガイくらいでした。
色々な構築を試す内に『これ意外と強いじゃん!』というカードは見つかるかもしれませんが。。
エドのテーマが帰ってくる!と前評判が高かっただけに残念な着地点に終わった・・というのが正直な所です。

「融合」が必要な融合テーマというだけで魅力半減なんですよね。。言ってる事がめちゃくちゃですが、それが昨今の風潮だと思います。
ちなみに僕は「同胞の絆型D-HERO」を使っているので、そのデッキは明日にでも紹介しようと思います。


という事で本日は以上です。
最後にデステニーソルジャーズの開封動画をUPしますので良かったらご覧ください。
見やすさ重視のサクサク開封となってます。
 

  それでは本日はこの辺で。ではでは。。
 

このページのトップヘ