遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログ。小学生からオッサンになるまでカードにハマり続けてます。死ぬまでハマってそう。

・大会結果

4月16日(土)
≪大会名≫ 竜星のあらし あらし杯  
≪形式≫ スイス3回戦→本戦トーナメント
≪参加者≫ 35名程
≪使用デッキ≫ トラミッッド

一回戦vs≪霊獣≫ 〇〇ー
後)1.相手が先攻で展開出来ず。返しにパキケ出して完封。
後)2.相手が先攻でやや展開し連繋を構えるスタート。こちらはトラミッドフォートレスで破壊耐性を得つつパキケ像を絡めつつゆっくり展開。最終的に相手がジリ貧になり勝ち。

二回戦vs≪シンクロ炎王≫ ××ー
先)1.先攻ダンサー+クルーザーを出してエンド。返しに展開されつつ補給部隊を構えられてアド差が開く。返しにスフィンクス+パキケの勝ちパターンを狙うも神の警告であっさり処理されて負け。
先)2.先攻ハンター→パキケ+フィールド魔法の場を作るも、返し皆既日食の書からの炎王の急襲→ガルドニクスの動きを決められ、そこからは一方的に展開され負け。

三回戦 無し
二回戦目の方が帰宅するとの事で勝ちを譲って頂きました。
2勝すれば本戦上がりなので無し。

本戦一回戦vs≪命削りクリフォート≫
後)1.パキケ像が一切効かず。スフィンクスビートを試みるもスキドレを打たれて万事休す。負け。
先)2.ブリリアントフュージョンの素材を全部素引きされたり命削り3発打たれたりでフルボッコ。

という事でトラミッドの初陣は1-2という成績で終わりました。
かなり反省が残ったので帰宅して改良。翌週の大会で再度使用しました。

4月22日(金)
≪大会名≫ 竜星のあらし ナイトゲーム  
≪形式≫ スイス3回戦
≪参加者≫ 30名程
≪使用デッキ≫ トラミッッド

一回戦vs≪SRDD≫ 〇×et〇
先)1.先攻パキケを処理されず勝ち。
後)2.羽根箒でブッパされてからワンサイドゲームになり負け。
先)3.ETラストターンにパキケリバースで相手の4体をブッパしてからの攻撃でライフ差返して勝ち。

二回戦vs≪命削りクリフォ≫ ××ー
先)1.どう足掻いても勝てないマッチメイクで案の定負け。
後)2.電光雪花+羽根箒という100点の動きを決めるも返しにクリフォ召喚→雪花処理されて、そのままズルズルと相手ペースに。結局負け。

三回戦vs≪カバ帝≫ 〇et〇ー
先)1.序盤は相手ペースだったがアイテールの使い所等のプレミがあり、それに助けられる形でコチラペースに。最終的にはトラミッド4体+スフィンクスの盤面を作りフィールド魔法をグルグルさせてアド稼いで勝ち。
後)2.相手1伏せエンドに対し、こちちらハンター+スフィンクス+パキケの盤面を作り総攻撃。
そうこうしてる間にET突入。レッセンガイウスで盤面を返されるもライフ差は返されず勝ち。

という事でこの日は2-1となんとか勝ち越せました。
命削りクリフォはやはり苦手ですね。
というかメタビ全般が苦手です。
勝機があるとすればサイドに採用している電光雪花をスフィンクスで守るプランくらいです。
最近は「闇の護封剣」「皆既日食の書」の採用も流行っていますしこういったパキケ像に頼る構築は厳しいかもしれませんね。
とりあえずトラミッドは気になっていたテーマなので大会に持ち込めて良かったです。
本日はこの辺で。ではでは。。
 

・デッキ紹介
昨日の記事でトラミッドのメインを紹介したので本日はサイドとエクストラを紹介します。
昨日のメインデッキ紹介→「

「トラミッド サイド・エクストラ」
無題s









■サイド15枚■
電光雪花x3
・・・メタビ系統のデッキ対策としてサイドにフル投入してます。
メタビ系(特にクリフォ)はパキケ像が全て腐ってしまい勝ち筋が完全に絶たれるのでメインだとほぼ勝てません。
非力な雪花をスフィンクスで守るのが唯一の勝ち筋です。


増殖するGx3
・・・先攻展開を返せないのでお守り代わりにフル投入しましたが、正直そこまで強くなかったです。


ダストx3/エアx3
・・・相手の先攻展開を返す用のカードです。
パキケ像の後ろに構える事で盤面処理→蓋が出来ます。(そういう意味でも増Gは不要だったと思います)
単体で一番強いウェーブはパキケ像と相性が悪く、ミラーやファイヤーではマジェ系に弱いという事でダストとエアーを採用しました。


ツイツイx2
・・・この枠はお触れでも良かったです。
汎用性を度外視してパンチ力のあるカードを入れるべきでしたね。


パルスx1
・・・3枚目のパルスはサイドに積みました。
2本目以降増えるであろう除去カードのケア要員です。
序盤に引きたい・・でも2枚以上引くと弱い・・という難しいカードです。


■エクストラ■
セラフィx2
・・・ブリリで出して☆7シンクロに繋げます。

ジルコニアx2
・・・デッキ内の光属性を使い切った時用です。
素材としてパキケを送りつつパルスで蘇生・・といった事も出来ます。
☆8なのでラズリで回収したサーペントとシンクロし牙王に繋げる事も可能。

エンシェントフェアリーx2
・・・フィールド魔法の破壊&サーチ効果持ち。
非常にトラミッドと噛み合っています。
色々な☆7シンクロを用意していますが、基本的にエンフェしか出しません。

妖精エンシェントx1
・・・ドロー効果とモンスター破壊効果を持つエンフェ。
初代エンフェに比べると後攻向きな効果だと思います。

ゴルゴニックガーディアンx3
・・・岩石を素材にしなければならないキツめの制約がありますが、その分かなり強力です。
トラミッドの下級や最近出た「岩石の番兵」は☆3なので簡単に出せますね。
写真では1枚のみの採用ですが、岩石の番兵が登場してからは3枚採用しています。


必須枠はこれくらいでしょうか。
その他の枠はかなり自由に決めて頂いて問題ないと思います。


という事で本日はサイドとエクストラのご紹介をさせて頂きました。
明日は大会レポと実際の対戦動画を紹介させて頂きます。
本日はこの辺で。ではでは。。
 

・デッキ紹介
本日は最近使っている「トラミッド」をご紹介します。
まずはメインデッキから。

「トラミッド メインデッキ」
無題a










■モンスター19枚■
トラミッドダンサーx3
・・・毎ターン岩石の打点を+500してくれます(永続的に)。
ダンサーでパキケ像をパンプしつつのビートダウンが理想の動き。

トラミッドハンターx3
・・・二重召喚効果を持つトラミッド。
ハンター→パキケ像と場に並べつつ、相手ターンにフィールドを入れ替えながらパキケ像を守ります。

トラミッドスフィンクスx2
・・・墓地のフィールドの数だけ打点が上がる効果と相手モンスターの攻撃を一手に引き受ける効果を持ちます。
アタッカー兼パキケ像を守るディフェンダーとして活躍します。
場に出す手段は自身の効果&トラミッドキングゴーレム(後述)&トラミッドパルス(後述)の3つ。


パキケx3/結界像x3
・・・最強のメタカードです。
先攻で立てるだけで完封されるデッキも少なくないと思います。
2枚とも岩石族なのでトラミッドとも好相性。様々な恩恵を受けられます。


ラズリx3/サーペントx1/タートルx1
・・・ブリリアントフュージョン枠の5枚です。
ブリリアントフュージョンでジェムセラフィ→ラズリ効果でサーペント回収→サーペントをセラフィ効果で召喚→二体でエンシェントフェアリーをシンクロ召喚。。という感じで使います。
エンフェはフィールド魔法を割りつつ次のフィールド魔法をサーチ出来るのでトラミッドと好相性。
手札から特殊召喚する効果もけっこう使えます。


■魔法19枚■
トラミッドフォートレスx3
・・・効果破壊から岩石を守る効果、岩石の守備を+500する効果、場から墓地へ送られた場合に墓地のトラミッドモンスターを回収する効果を持ちます。かなり受け身なフィールド魔法。
ブラホのようなカードが流行っていれば強いのですが、今期はそれらの採用率が落ち、代わりに闇の護封剣のようなカードが流行っているので少し微妙な印象です。
墓地回収も中盤以降でしか使えませんし、初手にあると割とガッカリするカードです。


トラミッドキングゴーレムx3
・・・岩石の打点を+500する効果、岩石がアルマデスになる効果、場から墓地へ送られた場合に手札からトラミッドを特殊召喚する効果を持ちます。コチラは打って変わって攻撃的なフィールド魔法。
攻撃してきた相手に対して張り替える事で返り討ちにすることが可能です。
能動的にスフィンクスを場に出せる点も◎



トラミッドクルーザーx3
・・・トラミッド召喚時に1ドロー1ディス効果、岩石召喚時に500LP回復する効果、場から墓地へ送られた場合にデッキからトラミッドをサーチする効果を持ちます。
相手ターンに張り替えてどうこうするカードではありませんが、使い勝手が良く初手にあると1番嬉しいフィールド魔法です。
長期戦になる事が多いトラミッドはETに入りやすいので500回復も地味に使えます。(意図的な遅延行為ダメ絶対(´◉◞౪◟◉)!)


チキンレースx3
・・・トラミッドフィールド魔法で張り替えたりエンフェで破壊出来るので場に残る事はほとんどありません。
フィールド魔法の枚数が増えるだけでトラミッドパルス(後述)やエンフェが強くなるので個人的には入れ得なカードだと思います。


テラフォーミングx3
・・・どのフィールド魔法にも変換出来るので普通に強いです。


ブリリアントフュージョンx3
・・・上記に書きましたが、このカード1枚でエンフェが出せます。
初手にあると1番嬉しいパワーカードです。
サーペント素引きによるセラフィ(エンフェ)が出せない事故が稀にあったので超電磁も追加で採用。


■罠2枚■
トラミッドパルスx2
・・・墓地のフィールド魔法or岩石を2枚除外する事で”表側カード破壊””墓地の岩石釣り上げ”のどちらかを使えます。
コストは重めですが、トラミッドモンスターやエンフェが問題なく機能していれば毎ターンの発動もそんなに難しくありません。
一番のネックである闇の護封剣を処理出来る点が◎


という事で本日はメインデッキを紹介させて頂きました。
明日はサイドとエクストラの紹介をさせて頂きます。
本日はこの辺で。ではでは。
 

※PCで見ないと画像がかなり大きいと思います。
スマホで見る際は一番下にある”PC画面に切り替え”をしてからご覧ください。

・DD
昨日の記事で「次回から他のデッキについて書きます」的な事を書いたのですが、DD新規がアニメに登場してしまったので本日もDDの記事を書きます。すみません。


「魔神王の禁断契約書」
無題e
永続魔法
1.メインフェイズに手札から☆5以上の悪魔をSS。(効果無効、エンドに破壊)
2.メインフェイズに1の方法でSSしたモンスター+手札or場のカードで悪魔族を融合召喚。
3.毎スタンバイ時に2000バーンダメージを受ける
※アニメに登場しただけでOCG化の予定は未定。


≪感想・評価≫
墓地を除外する事で融合素材を賄う事が出来る「魔神王」に比べるとやや使い辛い印象。
1のSS効果は”☆5以上+効果が無効化”という制約が厳しいですね。
8軸やP軸といった大型DDをドカン!というデッキであれば使えるかも。
現状のDDデッキに採用しても効果無効のアビスラグナロクが出るだけなので微妙ですね。
スタンバイ時に受けるダメージが倍なので「魔神王」の強化版かな?と期待しましたがそんな事はありませんでした。


「DD魔導賢者ニコラ」w

Pモンスター
闇/悪魔/☆6/スケール8
攻撃2000/守備2000
【P効果】
DDしかP召喚出来ない。手札からDDDを捨て、場の☆6以下DDの攻守+2000(ターン1)。
【モン効果】
このカードがPゾーンで破壊された場合、場のDDDを手札に戻しエクストラの表側DDPを2体まで選びPゾーンに置く。この効果で置かれたカードのP効果は発動不可。
※アニメに登場しただけでOCG化の予定は未定。


≪感想・評価≫
P効果は評価がし辛いですね。
DDDを複数積める構築自体あまり見かけませんし、僕自身そういう構築を使った事が無いので”DDDを捨てる”がどのくらい高いハードルなのか正直分からないのですが、このカード1枚+DDDを使ってまで使いたい効果ではないかなと思います。

モンスター効果(ほぼP効果)もやや使い辛い印象です。
このカードをPゾーンに置きつつ”破壊する手段がある/破壊された時に場にDDDが存在する/EXにDDPが2枚以上存在する/それらのスケールが合っている”という前提条件がやや多いかなと思います。
条件をクリアしPゾーンを揃えても竜剣士のようにEXをガンガン溜め込む事が難しいデッキなので、そもそもP召喚するDDが残っているのかも怪しいです。
ただ、後述する「DD魔導賢者トーマス」とは非常に好相性なので同時に発売してくれれば可能性は全然あります。使い終わった「ケプラー」「コペル」を使ってスケール1&10を揃えるのは面白そうです。


「DD魔導賢者トーマス」
672b5b40

Pモンスター
闇/悪魔/☆8/スケール6
攻撃1800/守備2600
【P効果】
EXの表側DDPを1体回収(ターン1)。
【モン効果】
PゾーンのDDを破壊し、デッキから☆8DDDを表守備表示でSS。このターン、そのモンスターの効果は無効化され相手が受ける戦闘ダメージは半分になる。
※OCG化決定。4月9日発売のダークイリュージョンに収録。

≪感想・評価≫
初の☆8DD。今まで☆8は「DDDアビス」「DDDゲドン」しかいなかったので、これを機にトレードインをフル搭載した8軸DDが活気づくカモ。
P効果は毎ターンDDPを回収するという非常に強力な効果です。
ただ、よくよく考えると回収先が「ケプラー」「コペル」「アビス」くらいしかいないんですよね。
「ケプラー」に関しては地獄門をサーチした時点で仕事が終わってる感があるので、わざわざトーマスを使って回収するのも微妙な気がしますし。
「アビス」はEXに行くのは中盤~終盤でしょうし、そもそも破壊されない限りEXに行かないし・・という感じ。
現状の構築にトーマスを積んでも活かしにくいかもしれませんね。
P軸に採用したら強そうです。

モンスター効果はなかなか面白いですね。余ったケプラーやコペルを利用して「カリユガ」を立てられます。
このカードをいかにして場に出すかが問題ですが。。まあテムジンやスワラルでどうにか出来るでしょう。

前述した「DDニコラ」と組み合わせると非常に噛み合いますね。
”トーマスでPのニコラを破壊しアビスをSS→ニコラ効果で場のアビスを回収しPゾーンを2枚揃える→ハンドに加えたアビス+αをP召喚”・・みたいな事が出来ます。ニコラのOCG化に期待しましょう。

はい、という事で本日はDD新規について書かせて頂きました。
フラゲ当初は「DD魔導賢者トーマス」の評価は低かったのですが、アレコレ考えている内に少しだけ評価が上がりました。まだ採用するかは分かりませんが、とりあえず久しぶりの新規なので楽しみに待ちたいと思います。

それでは本日はこの辺で。ではでは。。
 

・DD
前回、前々回とDD関連の記事をUPさせて頂きました。
今回は第三弾という事でDD関連の動画を4本ご紹介させて頂きます。

「DDのデッキ紹介」
≪一言≫
基本的には前回の記事で紹介したものと同じです。
映像と音声があるので文字より分かりやすいかも。
余った時間にボーっと観て頂ければ幸いです。

「DDの回し方紹介」
≪一言≫
「DDの回し方が分からない」という意見を多く頂いたので基本的な展開パターンを撮影しました。
分かりやすさを最重要視し、手札3枚での展開例を4つだけご紹介します。

「DDの対戦動画vsSR幻影編」
≪一言≫
実践編その1です。
この時はまだバルブやジェットロン入りの構築になっています。

「DDの対戦動画vs編」
≪一言≫
実践編その2です。
DDの弱さと脆さ、そして相手の方の気持ちいいブン回しをご堪能下さい。


という事で3回に渡ってDDの記事を書かせて頂きました。
本当はもう少し書きたかったのですが、あまり同じテーマの記事が増えてもアレなので次回からは別の事を書こうかなと思います。お楽しみに。

今期は初っ端からデスガイドが消えたり、闇の誘惑が増えたり、有名なプレイヤーさんが生み出した「SRDD」が結果を残し新たな主流が出来たり・・と色々と変化がありましたね。
今期はまだまだ沢山の変化があると思うのでその度にDDの記事を書こうと思います。
こちらもお楽しみに。

それでは本日はこの辺で。ではでは。。
 

このページのトップヘ