遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログです。

・デッキ紹介
本日の大会(タカナ杯)で使用した料理人デッキを紹介させて頂きます。

 メインデッキ・料理人
無題 














≪解説≫
 このデッキでやる事はただ一つ、HCエクストラソードを素材にした料理人を出す事です。
あ無aaa

 















エクストラソードを素材にする事で打点を1000UP出来るので”3300打点の効果を受けない最強料理人”が作れる訳です。こいつでひたすら単騎ビートをしかけます。
一度最強料理人を出してしまえば、それを超える手段はかなり限られてくるハズです。

ちなみにHCエクストラソードにアクセスする手段はHCハルベルトの効果と★3インヴォーカーの効果の2つがあります。特にインヴォーカーはベイゴマ1枚で簡単に出せるのが良いですね。
例えば「ベイゴマ+ヴォルカニックロケット」の手札であれば「3400打点料理人+墓地マガジン」といった布陣が作れる訳です。


・環境上位のデッキはどうやって最強料理人を超えてくるか

メタルフォーゼ・・・ホープザライトニングやデビフラからのガイアドレイク
ABC・・・ホープザライトニング
DDD・・・カリユガや相手ターンのダメステ戦乙女パンプ
カエル・・・キャットシャークでのパンプ
青眼・・・ランク8で簡単に超えてくる

・・・ざっとこんな感じでしょうか。
こういった数少ない限られた手段を、墓地のマガジンや手札の浮幽さくらで弾いていく訳ですね。
そうすれば後は最強料理人で殴るだけという。。非常にシンプルな戦い方です。
ちなみにサタンクロースには無力です。即死です。

はい、という事で本日は料理人のメインデッキとざっくりした解説をさせて頂きました。
明日はサイド・エクストラの紹介&実際の大会結果と反省点なんかを書こうと思います。
それでは本日はこの辺で。ではでは。。

↓クリックお願いします↓
 

・ブラマジ
最近割と好調だったブラマジでしたが先日参加した大会では1-2で予選落ちしてしまいました。
竜星のあらしさんの大会では久しぶりの予選落ちだったので地味に凹みました。

構築自体は変わってないのですがツイツイの採用率が上昇しているのか、かなりの頻度で投げられてしまい、それだけで落とした試合も多かったですね。

「羽根箒ケアが神宣だけでは不十分なのでは?」といった旨のコメントを頂いていたのですが、これは本格的に対策を考える必要がありそうです。
という事で本日はバック破壊対策について書いてみます。


・羽根箒対策アレコレ

魔法族の里
・・・デメリットはあるものの魔法を封殺出来るのでパワーは1番高いと思います。
それこそ相手によっては1枚でゲームを取れるレベルです。
メタルでのラクーン、青眼での賢士や/ヴェーラーによって解除されるのが残念ポイント。

神の忠告
・・・バックが多いデッキですが、その多くは永続系(表側系)なので相性はそこまで悪くないのかなと思います。(それでもプレイに何らかの制限はかかるでしょうが)
魔法はモチロン、幽鬼うさぎといった手札誘発までケア可能な万能具合が◎。

闇のデッキ破壊ウイルス
・・・こちらも里に似た印象ですね。魔法を全て断つというカードです。
こちらが里に勝っているのは罠にも触れる点とブラマジを能動的に墓地へ送れる点ですね。
逆に負けているのはサイクやツイツイといった速攻魔法に弱い点、ペンデュラムの発動を止められない点、ブラマジというコストが必要な点。

マジックドレイン
・・・魔法との1:1交換が可能なのですが、ブラマジのようにサイクを1枚通すだけで負けに繋がる繊細なデッキだと合わないかもしれないですね。
賄賂のように1:2交換するカードも微妙な印象なので、こういう路線じゃない方が良いのかもしれません。

スタライトロード
・・・典型的”ハマれば強い”カードです。ツイツイの採用率が上昇すれば採用も全然ありですね。エクストラの枠も余ってますし。
出てくるスタダのお陰で計2枚のバック破壊を防げるのは評価出来ます。
ただ、最近はバック破壊カードが多種多様になっているのが少し気になります。
コズミックやツイツイには全く効きませんからね。


はい、という事で数枚ですが案を出してみました。
環境デッキや採用率の高いカードによって臨機応変に対応していきたいですね。


・遊戯王以外のカードゲーム
先週の土曜日に竜星のあらしさんで行われたプレリリースパーティに参加してきました。
この日は珍しく弟2人との参加でした。

結果は3-0で全勝しました。
久しぶりのMTGの大会はとても楽しかったです。
これからもタイミングが合えば参加したいですね。
無題a
 
























 
ちなみに現在はシャドウバースというスマホのカードゲームアプリにもハマっています。
無課金でも十分に楽しめるのでおススメです。


・PCが治りました
ブログを書く用のパソコンが壊れてしまい更新がかなり滞ってしまいました。すみません。
ようやく治りましたので本日からボチボチ更新頻度を上げていこうと思います。

↓クリックお願いしまじしゃん↓
 


・コメント返し
昨日頂いたコメントの中から語れそうなものを拾って、この場で質問にお答えしつつ語りたいと思います。

Q.里とテラフォーミングがメインから抜けていますが、理由を聞かせていただけたら幸いです。
BMユーザーさん

A.下記がサイドデッキなのですが、里はサイドに移しました。
先攻時でしか強くない&メインサイクが減っているので里を1本目から張る必要性が薄い・・という二点を考慮してのサイド移しです。
ちなみに2本目からは命削り型にシフトチェンジします。
天才的発想ですね。ありがとうございます。
無題buramajisaido2












Q.黒魔導強化はデッキには入らないでしょうか?
自分は入れているので、不採用理由があれば教えて欲しいです。
よろしくお願いします。
なかなかむらさん

A.初動にならないカードや単独で使えないカードは基本的に評価が低めです。
黒魔導強化はブラマジがある程度場に出ている前提のカードですし、そのうえ効果も特に強くありません。
なので不採用です。
1体以上の効果
・・・1000打点UPが意味をなすのは青眼戦くらいでしょうか。青眼戦でも1回こっきりのパンプは焼け石に水ですし、打点云々より真に辛いのは霊龍効果なので微妙です。ヒュグロの方が何度も使えて強そう。

2体以上の効果
・・・細工や羽根に対してチェーンで打てれば強いのですが、その使い方自体が非常に受け身だと思います。
賄賂やマジドレで良いのかな・・と。そもそも墓地にブラマジが2体落ちている状況ならナビも墓地に落ちているでしょうし。
バックを守る系のカードは里のスペックを超えられないと採用までは踏み切れないですね。

3体以上の効果
・・・永遠の魂と効果がカブってますし、特に魅力を感じません。
その割にハードル高めですし。

「黒魔導強化」
①:お互いのフィールド・墓地の「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」の数によって以下の効果を適用する。
●1体以上:フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで1000アップする。
●2体以上:このターン、自分の魔法・罠カードの効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できず、自分フィールドの魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●3体以上:自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターはターン終了時まで相手の効果を受けない。


Q.アニさんはブラマジのイラストは初期イラスト派ですか?
Jさん


A.好きなブラマジランキング発表します。

3位
初期ジョジョ風ブラマジ
・・・現在デッキに積んでいるブラマジです。
構図が最高にかっこいいです。ジョジョ感あります。
レアリティーもウル、シク、レリと一通り揃っているのがgood。

2位
最強ジャンプブラマジ
・・・魔導陣の立体感が凄いです。まさかブラマジの外側に魔導陣があるとは・・。
このイラスト描いた人オシャ過ぎます。
全体的にグリーンな感じも◎。
唯一残念なのがレアリティーがウルとパラしかない事です。
これのシクがあれば余裕でメインデッキに投入してました。

1位
最初期ブラマジ
・・・カードの隅にホログラムがない超初期のブラマジ。
元祖にして至高。
全身を映す必要はないんですよね。
こういうモンスター感がありありと伝わる構図で良いんです。
顔色の悪さも最高です。
もはやナメック星人レベル。


という事で本日はこの辺で。
たまにはこういう息抜き記事もいいですよね。
ではでは。。

↓クリックお願いしまーめいる↓
 

・デッキ紹介
先日行われた”タカナ杯~新弾BOX争奪戦~”にて使用したデッキを成績と共にご紹介します。

デッキ紹介「ブラマジ」
aaaaaaburamaji










≪一言≫
1.ABC 〇〇
2.幻影ソードマン 〇〇
3.水精鱗(弟) ×〇×
本戦1.HERO 〇〇
本戦2.青眼 ×〇×
3-2でベスト8でした。

やはり青眼は苦手ですね。
「カイクウ」が刺さりにくく、ブラマジの打点で超えられない事が多いので魔導陣の除外効果を絡めないとジリ貧に陥ります。
なにより霊龍による除外が痛すぎますね。
これは水精鱗にも言えるのですがメインデッキにバック破壊が搭載されてると厳しいですね。
現在は上記2デッキに効きそうな「墓守の祈祷師」の採用を考えています。
ナビゲートで持ってこれる墓地封じってこれくらいしかないので。

サイドとエクストラは以前とほぼ変わらないので今回はUPしません。
ツイッターの方に全部載せていますので、気になる方はそちらまでジャンプしてみて下さい。

デッキ紹介「海皇水精鱗」
無題ma-ma無題ma-m2

















≪一言≫
こちらはオトウトくんが使用したデッキです。
この日は不戦勝1勝を含めて5-0でベスト4でした。(上位4名で商品分け)

「餅カエルのお陰で、盤面を返した後に蓋を出来るようになったのが強い」そうです。
水精鱗を使うのはこの日が初めてだったようですが結構良い感じに回せてましたね。
今はADSで自主練が出来るので初陣でも自信を持って臨めるのが素晴らしいなと思います。

ちなみに弟くんは”ネクロス/HERO/水精鱗”といった餅カエル採用圏内のデッキを複数持っているので、餅カエル登場には大喜びと言った様子です。


「弟のレシピを勝手にブログに載せるのはいかがなものか」的な事を何度か言われた事がありますが、動画やTwitterにUPする際は必ず弟くんにバイト代を渡しているので(特に動画にUPする際)そこはご理解頂けたらと思います。

という事で本日はこの辺で。
ではでは。。

↓クリックお願いしまーめいる↓
 

・デッキ紹介

本日は1週間で大幅に構築が変わったブラマジデッキを紹介させて頂きます。
1週間前の構築はコチラ→「

ブラックマジシャン あらし杯チーム戦(6月26日)で使用
新ブラマジ












≪対戦レポ≫
1.メタルフォーゼ 〇×〇
2.ブンボーグ 〇〇
3.シード
本1.ABC 〇×〇
本2.ABC 〇××
個人3-1、チーム3-1(シード除く)、ベスト4でした。

1本目を全て取れたのでかなり満足でした。
やはり課題は2本目以降ですね。サイクロン系カードがバンバン飛んできますので。。
ちなみに大会はオトウト&タナカさんと組みました。
初めて組んだチームでしたが非常に和気あいあいとして楽しめました。二人に感謝です。


・各カード解説
各カードの採用理由を個別に書いていきます。
(ブラマジやロッド等の採用確定のカードは省略)

カイクウ
以前はナイトエンドソーサラーを採用していましたが、素引きした際の弱さがハンパなかったので素引きでもそこそこ強いカイクウに切り替えました。
カイクウは打点が高いので魔法族の里(後述)とも好相性ですし”DD”ABC”帝”幻影彼岸”といった環境上位陣に刺さる効果もgoodです。


マスマティシャン
採用否定派がかなりいるようですが個人的には必須カードだと思っています。
唯一ロッドにアクセス出来るカードなので初動の安定に一役買ってくれますし、そのままロッドのリリース素材になれるのも◎。
ブラマジは”ロッドをいかに早く握るか”だと思っているので、そういう意味でもマスマの評価は高めです。

『ワンクッション置くので遅い』という意見も見ましたが、相手1ターンを経由するだけでロッドが手に入るマスマティシャンより早くロッドにアクセスする手段があるのでしょうか。


増殖するG
先攻ブンブンが蔓延しているので手札誘発は必須だと思います。
増殖するGはどのデッキにも満遍なく強いのが◎。
また、ブラマジを超える為に相手がssを重ねる必要が出てくるので先攻で握ってもそこそこ強いというのが更に◎。
今回『命削り型ブラマジ』を見送った一番の理由が手札誘発を積み辛いからです。
それくらい今期は手札誘発を重要視しています。


成金ゴブリン
1ドローしつつ継承のコストを稼げます。しかも何の制約もありません。文句なしの3枚採用ですね。
サイチェンで抜きやすいというのもポイントです。
必須枠が多いデッキなのでサイドアウトカードでけっこう悩むんですよね。


ゴードン
パワーカードっぷりに惹かれて採用しました。
”ブラマジが2枚以上除外される”以外は基本的に痛手になりません。
陣や魂は1枚あればOKですしサーチも豊富ですからね。

『ゴードンで〇〇(青眼やスワラルのようなキーパーツ)が3枚除外された経験があるんですよねwだからゴードンは採用したくないw』なんて意見を見かける事がありますが、レアケースに惑わされて目の前のパワーカードを採用出来ずにいるのは不幸だなと思います。


イリュージョンマジック
以前は召喚士のスキルを採用していましたが、コチラの方が圧倒的に強かったので即2枚採用しスキルを切り捨てました。
魔法使いを引けないと腐りますが、正直そういう事故を加味してもコチラの方を優先すべきだと判断しました。


継承
ブラマジの新規カードです。万能サーチなので弱い訳がありません。
このカードのせいで構築を大幅に変更させられましたが、結果的にドロソ多めで安定感が出てきたのでコレはコレで良かったのかなと思います。


魔法族の里
今回1番強かったカードです。
里+ブラマジ+バックという布陣を作った試合は全て取れました。
今までマジドレや賄賂でチマチマとバック破壊魔法を打ち消していたのですが、里はそういうチマチマ感が一切ありません。
それどころか相手のドローソースや展開札を全て止める事が可能です。
大雑把ですがとにかく強いカードです。


以上、各カードの紹介でした。
今後もブラマジは使っていくので、その度にレシピをUPしようと思います。
という事で本日はこの辺で。ではでは。。

↓クリックしてくだブラマジ↓
 

このページのトップヘ