遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログです。

・大阪遠征
初の大阪遠征が決まりました。
はっちcsドラスタ杯のスペシャルゲストとして参加させて頂きます。
プレイヤー兼大会動画撮影班・・という感じですね。


↓ちなみに予定はこのような感じです↓
12月2日(金) 仕事終わりに新幹線で大阪へ
12月3日(土) 大阪のショップ巡り
12月4日(日) はっちcsドラスタ杯


・・・非常にザックリした予定ですね。
巡るショップの名前は分かり次第Twitterで告知したりするかもしれません。しないかもしれません。
普段は福岡から出ないので、こういう機会でしか会えない方も沢山いると思うので交流メインで楽しめたらなと思っています。
このブログを見ている大阪在住の方、お会いした際は気軽に声をかけて頂けると大変ありがたいです。

無題2 



























以上です。それでは大阪でお会いしましょう。

ではでは。。。
  ランキング参加中です。クリックをお願いします。↓

 

・大会結果
先日の金曜”ナイトゲーム”と日曜”あらし杯チーム戦”の大会レポを書いてみます。
覚えている範囲で。。

 11月25日(金)
≪大会名≫ 竜星のあらしナイトゲーム 
≪形式≫ スイスドロー3回戦
≪参加者≫ 20名程
≪使用デッキ≫ AFWW召喚獣(
 
一回戦vsファーニマル ○×○
先)1.次元障壁2発でテンポ奪って勝ち。
先)2.ブン回されてハンドアド差が開く。メルカバーだけでは妨害出来ず軽く1ショットされて負け。
後)3.相手ターン中にET突入。Gを投げると相手止まらず展開。返しに大量のハンドから展開し返して勝ち。
≪一言≫
次元障壁が強かったです。
ハンドアド差がエゲつないくらい開くので持久戦に持ち込まれると辛いですね。

二回戦vs十二獣 〇×〇
先)1.AFと障壁が強くて勝ち。
後)2.障壁3発打つもモンスを展開出来ずにジリ貧。最後はワイルドボウの直接攻撃で負け。
先)3.ETラストターンの障壁が強くてライフ差守って勝ち。
≪一言≫
2本目以降はメタカードがポンポン飛んでくるのがつらいですね。
召喚獣の動きをしっかり把握されてる方だと特に。

三回戦vs十二獣召喚獣 〇〇
先)1.アドの取り合いを制して勝ち。
後)2.相手の先攻ドランシア&メルカバーを超融合して勝ち。
≪一言≫
1本目は”遊戯王してる感”がかなりありました。
コツコツとアドの取り合いをしたり、妨害するタイミングを考えたりで楽しかったです。
ワンサイドゲームになり辛いという点で今期は割と楽しい環境だと思います。


という事で初日は3-0でした。
続いて日曜日のチーム戦のレポです。


 11
月27日(日)
≪大会名≫ あらし杯 チーム戦 
≪形式≫ スイスドロー3回戦→本戦トーナメント
≪参加者≫ 36名(12チーム)
≪使用デッキ≫ AFWW召喚獣
 
一回戦vs青眼 〇×〇
先)1.相手事故の間にこちら展開して勝ち。
後)2.初動のアレイスターを連鎖除外で除外され、そのまま融合出来ず負け。 
先)3.先攻ライディーン&クリアウイングをバックで守りつつビートして勝ち。
≪一言≫
シャカパチの上手い小学生でした。前回も2-1でギリギリ勝利。今回もなんとか勝ち。

二回戦vs十二獣メタル ××
後)1.相手の先攻展開を返すも蓋が出来ず、中盤以降は大量のエクストラからP召喚で盤面を埋められて負け。
先)2.下級メタルビートを止められず。次元障壁や神の通告を腐らせたまま負け。
≪一言≫
ユニコーンがとにかく辛かったです。
コツコツとアドを取るデッキなので、稼いだアドを一瞬にして奪い返すPデッキはかなり苦手な印象です。 

三回戦vs海皇水精鱗 〇〇
先)1.カリギュラで相手をジリ貧に追い込みつつの融合連打で勝ち。
先)2.相手のネプトを連鎖除外しつつ融合連打でアド差広げて勝ち。
≪一言≫
腐ってしまう次元障壁やAF系を引かなかったのが勝因ですね。
モンスター主体のデッキ相手のカリギュラは異常な強さです。

四回戦vs十二獣 ××
後)1.ナイトショットで障壁を割られてからの展開で負け。
先)2.忘却。。
≪一言≫
ガバ伏せ出来る所でチキって伏せる枚数を減らしたり・・というプレイがダメダメでしたね。
反省点の残る試合でした。

五回戦vs十二獣メタル ××
先)1.中盤ライディーン二体の盤面で相手のメタル融合に対しチェーン「次元障壁(融合宣言)発動」のプレミで盤面返されてそのまま負け。
先)2.WWアイスベルx2に増殖するGx2打たれて牽制される。そのままユニコーンが絡んだ盤面を崩す事が出来ず負け。
≪一言≫
1本目はプレミがかなり響きましたね。あり得ないプレミで自分でも驚きました。
二本目は完全に力負けでした。WWのせいで増殖するGが致命的に刺さるようになりましたね。


という事で日曜日のチーム戦は個人2-3という微妙な成績で終わりました。
メタルが相変わらず苦手です。魔封じをメルカバーで守る・・みたいな分かりやすいプランを採用してみるのもテかもしれませんね。

それでは本日はこの辺で。ではでは。。
  ランキング参加中です。クリックをお願いします。↓
 

・デッキ紹介
先日の大会で使用した新しい形の召喚獣デッキを紹介させて頂きます。
前回まで使用していた召喚獣のレシピはコチラ→「」 

「AFWW召喚獣」
無題2













ディメンションボックスに収録された「WWグラスベル」を早速採用してみました。
「WW」はワンダーワンドを装備可能な魔法使いである点や、シンクロを容易に行えるので墓地に融合素材を貯めやすいという点で噛み合いを見せます。

「WWアイスベル」+「アレイスター」から「ライディーン」+「クリアウイング」(スノウベル採用型であれば耐性持ちクリスタル)になれます。
以前に比べて先攻でも動けるようになりました。
※最終的に手札に「アイスベル&アレイスター」が残るので実質手札消費ゼロ。


それでは各採用カードについて色々書いてみます。

無題2 













アレイスターx3
3確ですね。
障壁や通告やロンギヌスやパンプ効果によって回収不能になる場合もあるので、多いに越した事はないです。
 
WWアイスベルx3
1枚で”クリアウイング+手札アイスベル”or”破壊耐性持ちクリスタル”になれるカード。
初手に引きたいので3枚採用。

WWグラスベルx3
アイスベルにアクセス出来ます。グラスをワンドでサクれば2ドローしつつクリアウイングを立てられます。
スノウベルの素引きは嫌だけどグラスベルならまあ許せるかな・・という事で今回はスノウ非採用のグラスフル投入です。

デスサイズx3
十二獣だけを意識してモラルタ無しのデスサイズ3積みに。
が、結果的に大失敗でした。
詳しくは後日書く大会レポにて。

増殖するGx3
命削り系のデッキでない限り3積みして問題ないです。

ワンダーワンドx3
採用しているモンスターは魔法使い族ばかりなので腐る事がほぼありません。
アレイスターに装備した時は強欲な壺です。

召喚魔術x2
稀にデッキ内の召喚魔術が足りなくなる事(障壁を連打されたり)があるのですが、3積みにするとそれはそれで事故死しそうなので、以前同様2枚採用に留まりました。

テラフォーミングx3 暴走魔導陣x3

疑似アレイスターなのでフル投入。

月の書x2
後攻時にも強い妨害カードという事で採用しました。
アレイスターの効果をおかわりする目的もあります。

羽根箒x1
障壁や通告を割りたいので。

超融合x1
エクストラに割と余裕があったので採用しました。
よく見かける十二メタルに対しても強いカードです。

アーティファクトの神智x3 次元障壁x3
十二獣に対して非常に強いのでフル投入。

神の通告x3
激流葬と悩みましたが、先攻でライディーン&クリアウイングを決めた場面だと通告の方が強そうなのでコチラにしました。


以上。採用カードについてアレコレ書いてみました。
そして唐突に終わります。
続きはまた明日。。 
  ランキング参加中です。クリックをお願いします。↓

 

・大会動画
先日行われた”はっちcs大嵐杯”の個人戦の大会動画を紹介させて頂きます。
個人戦もしっかり編集しておりますので見やすいと思います。


堕天使vsコズモ
≪一言≫
「堕天使の人うまいな・・」なんてコメントが書き込まれるくらい回し方がスマートで非常に勉強になりました。


 
十二獣vs十二獣
≪一言≫
十二獣ミラーです。


 
ネクロスvs十二獣
≪一言≫
先攻で回すネクロスが登場!
今回よりサムネの仕様が変わりました。



六武衆vsパーデク
≪一言≫
打消し対決ですね。
珍しいデッキ同士が四回戦目に激突しました。


 
十二獣vs芝刈りノイド 
≪一言≫
予選最終戦ですね。
どちらももちろん全勝中です。

という事で動画は以上です。
お時間がある時にでもご覧ください。。


・ディメンションボックス
昨日、予約していた分をフラゲしてきました。
パラレルの光り方がカッコいいですね。いつもとは違う感じで。
再録カードの新規イラストverも良かったです。
今後もイラスト違いの再録が増えてくれると嬉しいなと思います。

本日はこの辺で。ではでは。。
  ランキング参加中です。クリックをお願いします。↓


 

・ディメンションボックス
昨日に続き、今日もディメンションボックスの新規カードについての感想を書いてみます。
ちなみに前編はコチラ→「」 

「調弦の魔術師」星4 闇 魔法使い族/ペンデュラム/チューナー 0/0
このカードはエクストラデッキからの特殊召喚はできず、このカードを融合・S・X召喚の素材とする場合、他の素材は全て「魔術師」Pモンスターでなければならない。
①:このカードが手札からのP召喚に成功した時に発動できる。デッキから「調弦の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。ターン1。

【P効果 青8/赤8】
①:このカードがPゾーンに存在する限り、自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分のエクストラデッキの表側表示の「魔術師」Pモンスターの種類×100アップする。
≪一言≫ 
☆4Pチューナーというだけで高評価。スケールも8と素晴らしいです。
効果は更に強く、手札からのP召喚時にデッキから魔術師をss出来ます。そのままエクシーズに繋げたり(新規魔術師xyzがストラクに収録されます)、シンクロに繋げたり出来ますね。
エクストラからss出来ないというデメリットはセン竜魔術師で手札に回収する事でケア。


「月光彩雛(カレイド・チック)」星4 闇 獣戦士族 1400/800
①:1ターンに1度、デッキ・エクストラデッキから「ムーンライト」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このターン、このカードを融合素材とする場合、墓地へ送ったそのモンスターの同名カードとして融合素材にできる。②:このカードが効果で墓地へ送られた場合、自分の墓地の「融合」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。ターン1。
③:このカードが除外された場合に発動できる。このターン、相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。

≪一言≫
月光専用のプリズマー。
融合素材にした場合、そのまま「融合」を回収出来るので手札消費を抑えられますね。
月光というテーマはデッキパワーがかなり低めなので、もう少し強めな新規が出てもよかったかなと思います。


「超重武者ダイ-8」星4 地 機械族 1200/1800
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。このカードの表示形式を変更する。
②:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。
③:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし、デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える。ターン1。
≪一言≫
毎ターン装留をサーチ出来るのは強そうですね。
超重武者を使った事がないのでよく分かりませんがシンプルisベストな良カードだと思います。


「RR-アーセナル・ファルコン」星7 闇 鳥獣族/エクシーズ 2500/2000
レベル7モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから鳥獣族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
②:「RR」モンスターをX素材として持っているこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。③:「RR」モンスターをX素材として持っているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。エクストラデッキから「RR-アーセナル・ファルコン」以外の「RR」Xモンスター1体を特殊召喚し、墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

≪一言≫
素材のRRだけ攻撃できる&墓地へ送られた場合にまた場に戻るというかなり強めの効果を持っていますが、出すのは難しそうですね。
ランク7なのでRUMを普通に1回使うだけだと出せないっぽいです。恐らく。


「幻影騎士団ミストクロウズ」通常罠

①:除外されている自分の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する場合、相手の直接攻撃宣言時に自分の墓地のレベル4以下の「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードはそのモンスターと同じ元々のレベルを持つ通常モンスター(戦士族・闇・攻/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

≪一言≫
1.2の効果ともに微妙な印象です。
2の効果が相手依存でなければ強かったと思うのですが。。


「捕食生成」速攻魔法
①:手札の「プレデター」カードを任意の数だけ相手に見せ、見せた数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを対象として発動できる。そのモンスターに捕食カウンターを1つずつ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
②:自分の「捕食植物」モンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。
≪一言≫
カードを1枚使って捕食カウンターを乗せるだけ・・というのは物足りなさを感じます。
オマケとして2の破壊耐性効果もありますが、まあそれを含めても微妙な印象ですね。


「妖仙獣の神颪」通常魔法
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「妖仙獣」モンスターしか特殊召喚できない。
●デッキからレベル5以上の「妖仙獣」モンスター1体を手札に加える。
●デッキから「妖仙獣 左鎌神柱」「妖仙獣 右鎌神柱」を1枚ずつ選び、自分のPゾーンに置く。
この効果でPゾーンに置かれたカードは次の相手エンドフェイズに破壊される。

≪一言≫
既存の三兄弟ビートの強化にはなりませんでしたね。残念です。
P軸であれば大活躍しそうですが、現状息をしていないP軸がこのカード1枚でどこまで頑張れるのかは謎。
発動条件は緩いしターン制限はないし、かなりの強カードのハズなのですがね・・なぜ妖仙獣というテーマで出したのか・・。
 

という事でディメンションボックスの新規収録カードについてアレコレ書いてみました。
今回の箱は中堅以下のテーマがフューチャーされてて個人的にかなりツボです。
箱の予約が出来たので、明日フラゲして土日はデッキ構築に励みたいと思います。
という事で本日はこの辺で。ではでは。。
  ランキング参加中です。クリックをお願いします。↓

 

このページのトップヘ