遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログ。今日もテンション低めに更新中。

・遊戯王
本日は日曜日に「ブックネット田川」さんで行われた公認大会のレポートを書きます。
今回も16名の枠に対して18名が集まるという盛況ぶり。最近はどこのショップも参加者が少ないですからね。。嬉しい事です。。
抽選の結果、なんとか0回戦落ちは免れ無事に大会が開始。
なんだかんだでこの抽選発表が一番緊張します。。

≪大会名≫ブックネット田川 公認大会
≪形式≫個人戦・トーナメント 
≪参加者≫16人 (参加者18名のため2人抽選落ち)
≪使用デッキ≫システィ軸魔導

一回戦vs《クリフォート》 ナオくん

後攻(自分後攻選択)
1.相手先攻バック2伏せスタート。こちらの初手「ジョウゲン、ミラフォx2、激流葬x2」。そのまま2.3ターン後まで「グリモ」にアクセス出来ずモタモタ。
相手は「ツール」から動いてくるので罠で必死に流すがアド差は開く一方。
中盤になり、あと魔導書1枚で「ジュノン」をSS出来るという所まで来るが、そのまま押し切られ負け。
2.相手に序盤から「スキドレ」を張られるが、それを意に介さず「ブレイカー」でひたすらビートを続ける。
こちらは相手の「ツール」にだけ「サイクロン」を合わせる展開を続ける。
中盤に「ジュノン」も盤面に追加しなんとか押し切る。
3.相手「アーカイブ」妥協召喚+「サクリ」装備+バック2伏せエンド。
こちら「大嵐」でバックを全剥がし→「バテル」召喚+「ヒュグロ」「セフェル」で打点を上げ「アーカイブ」を戦闘破壊。そのまま「ラメイソン」+「AFムーブメント」+「ゲーテ」を構えてエンド。
そこから相手が発動する「ツール」を全て破壊or除外しサーチさせず。
そのまま「ラメイソン」でアド差を広げ続けて勝ち。

負け@勝ち@勝ち
《一言》
メインを「HERO」に寄せ過ぎた反動で「クリフォート」にかなり弱くなってしまいました。
案の定一本目は取られましたが、サイドチェンジ後からはなんとか巻き返せました。
今回は「AFムーブメント」と言ったオシャレなカードも積んでみました。レシピは後日UPします。

二回戦vs《ライロシャドール》 ちょんたさん
後攻(相手先攻選択)
1.後攻「システィ」+「クレッセン」を決め、そのまま中盤に「ジュノン」を着地させこちらのペースに。
バックも厚く、相手の展開に「ゲーテ」や罠を合わせる展開が続く。
「ラメイソン」でアド差を広げ続け、最後は「ダウナードマジシャン」の貫通効果x2でライフを削り勝ち。
2.ゲームエンドまで「バテル」「グリモ」にアクセス出来ず。数ターンでアッサリ押し切られ負け。
3.序盤~中盤まで理想的なゲーム展開。アド差も開きつつあったので勝ちを意識するも、中盤の「ライロ」モンスター(エイリンだったかな?)の墓地落としで「ビースト」「ファルコン」が落ち、そこからジワジワと巻き返され始める。
終盤になり「クレッセン」を2枚ドローしたりとピリっとしない流れ。
その後、バックを「サイクロン」で割られつつのビートでライフを削られまくる。
そのままETに突入。。
こちらET1ターン目、ようやく魔導書x3(クレx2、ヒュグロ)が集まったので「ジュノン」をSS。
そして「ヒュグロ」で打点を上げ、満を持して「ネフィリム」に攻撃するというプレミ。。
相手の方が許して下さったので、横の「ファルコン」に攻撃変更。。
返しターンに「裁き龍」x2を出され綺麗にライフを持っていかれました。負け。

勝ち@負け@負け
《一言》
二本目と三本目の終盤に限っては「強欲で謙虚な壷」を採用したくなりました。
対「HERO」において非常に弱いカードなので候補から外していましたが、「強欲で謙虚な壷」の強さと「クレッセン」の弱さについては今一度見直す必要があるように思いました。
それにしても三本目のプレミは酷かったですね。
その後の「ジャッジメント」による粛清は、なんだか清清しい気持ちになりました。

はい、という事で日曜日は兄弟揃って仲良く二落ちでした。
空いた時間でかなりの回数フリーも出来たしとっても有意義でした。
ちなみに今回は公認大会だったので旧制限でしたが、参加者の多くは新制限対応のデッキを使われている印象でしたね。
かくいう僕も新制限対応の魔導を使用しましたので、後日レシピをUPしたいと思います。

本日はこれにて。ではでは。。。
クリックお願いします!
banner 

・遊戯王
本日は「影霊衣」デッキの動画を紹介させて頂きます。

「デッキ紹介動画 影霊衣(ネクロス)~前編~」

《一言》
収録カードの紹介&解説がメインになります。

「デッキ紹介動画 影霊衣(ネクロス)~後編~」

《一言》
こちらは後編。デッキ紹介になります。
5分程度の短い動画です。

新制限「融合HERO」との対戦動画なども撮影しましたので、後日UPしたいと思います。

・週末
金曜日の夜から土曜の夜中まで、MTGの新弾を使ってシールド戦やドラフト戦をしていました。
合計15時間はしていたんじゃないでしょうか。。最後はヘトヘトでしたが本当に充実した一日でしたね。。

遊戯王の方は制限改訂前という事でやや放置気味でしたが、ちゃんと現制限最後の大会には行ってきました。その模様は明日の記事にでもUP致します。

大会前に空いた時間があったので、「影霊衣」を使用してフリーデュエルを4戦ほど行いました。
デッキの改良点も見つかりましたし有意義な時間でした。。デッキへの理解度が少しだけ上がったせいかミスもかなり減ったような気がしますね。
実際に作るかどうかは分かりませんが、どのような動きをするのかは把握しておきたいと思います。

という事で本日はこれにて。ではでは。。
クリックお願いします!
banner 

・遊戯王
本日は10月11日に発売するブースターSP「トライブフォース」に収録される新テーマ「影霊衣(ネクロス)」のデッキ紹介をさせて頂きます。
(尚、9月27日現在までの判明カードで構築していますので、新規カードが追加で判明した場合は構築が大きく変わる事になると思います。ご了承下さい。)
では早速紹介させて頂きます。

「影霊衣」
011











モンスター 19枚
3 ユニコール※
3 ブリューナク※
2 グングニール※
2 トリシューラ※
3 シュリット※
3 マンジュゴッド
3 ソニックバード

魔法 13枚
1 増援
1 大嵐
3 儀式の準備
3 万華鏡※
3 降魔鏡※
2 サイクロン

罠 8枚
3 強制脱出装置
3 ミラーフォース
2 ブレイクスルースキル
※・・・新規カード
《一言》
当初は叩き台的な意味合いを込めて「純影霊衣」を作成していたのですが、一人回しをしている内に”「影霊衣」は不純物の無い純型の方が合っている”と思うようになり、なんだかんだで現在の構築に落ち着きました。
それぞれのパーツが非常に噛み合うテーマなので、余計なものは必要無いのかなと思います。
サーチも多いし苦手なデッキも似ているので、「魔導」に近い印象を持ちました。

・苦手なデッキ
各カードのテキストを読んだ時点でなんとなく分かっていましたが「M・ダークロウ」「ヴェルズ・オピオン」が苦手です。(先攻で「ユニコール」を立て、バックを構える事が出来れば話は別ですが。)
そういう側面もあり、今回は採用する罠をやや「HERO」「ヴェルズ」に寄せる事にしました。

・デッキの特徴
まず第一にサーチが非常に豊富です。
レシピを見ますと、儀式モンスターや儀式魔法だらけでなんだか事故率が高そうな感じがしますが、実際に回してみるとその事故りにくさに驚くと思います。僕は驚きました。

もう一つの特徴は、リカバリー能力の高さだと思います。
盤面をかなり荒らされて返されても、手札に「ブリューナク」&墓地に各種儀式魔法があるだけである程度押し返す事が出来ます。
これは実際に対戦動画なんかを見て頂けると分かりやすいかもしれませんね。


ざっくり説明するつもりが少し長くなってしまいましたね。。すみません。。
また、ブログで「影霊衣」のデッキ紹介動画、解説動画、対戦動画なんかを取り上げますので是非見て頂ければと思います。

という事で本日はこの辺で。ではでは。。。
クリックお願いします!
banner

・遊戯王
本日は9月13日(土)の大会で使用したデッキを紹介をさせて頂きます。
※対戦レポはコチラ→(

「システィ軸魔導」
007













《一言》
非常にシンプルな「純システィ軸魔導」です。
この頃はまだ「セプスロ」全盛期だったので「ヴェーラー」をメインから3積み&罠ガン積みの構築ですね。
こういう3積みの多いデッキって大好きなんですよね。見た目が良いと言いますか。。

使用感についてですが、ややモンスター不足な感じがしたので「魔導戦士ブレイカー」のようなモンスターを2枚程採用しても良いかもしれません。

クレッセン3積み構築は来期も継続すると思います。引き続き「M・ダークロウ」を見そうですし、そういった環境では「強欲で謙虚な壺」の信頼感はやや低いかなと思います。
それに「ゲーテ」の除外効果を使いたいですしね。。

はい、それでは続いてサイド・エクストラの紹介です。
008











《一言》
エクストラに関しては特に変わった所は無いですね。
サイドの変更点は「シャドールリザード」を採用した事でしょうか。
こちらはツイッター上で”こやぎさん”という魔導使いの方に頂いたアドバイスです。

「ドラゴン」のリバース効果と違い「リザード」は破壊効果なので、「ヴェルズ」等に下級ビートを仕掛けられた際はコチラの方が強いとの事でした。
実際に使ってみましたが確かにとても強く使い勝手が良かったです。

ただ、「激流葬」での巻き込み破壊を考慮すると「ドラゴン」も出来れば採用しておきたいかな・・と思いました。
デッキ内に「ドラゴン」がいれば「サイクロン」1回分アドを取れますし。。貧乏性の僕としては是非一緒に積みたいカードかなと思いました。
という事で今回は「ドラゴン」2枚「リザード」1枚という配分になりました。

はい、ちょっと解説するつもりが思った以上に長くなりましたね。すみません。。
という事で本日はこの辺で。ではでは。。。
    クリックお願いします!
banner

・遊戯王
本日は書き忘れていた分の大会レポをUPさせて頂きます。
まずは先週の非公認大会レポから。今回も時間が経っているため忘却部分がございますがご了承下さい。
ではレポに参ります。

≪大会名≫白石書店 非公認大会
≪形式≫個人戦・トーナメント 
≪参加者≫12人程 
≪使用デッキ≫システィ軸魔導

一回戦vs《森羅》 常連さん

先攻(自分先攻選択)
1.相手が「スポーア」→「レギア」という動きをするも「ゲーテ」でしっかり処理。その後も除去罠を打ち相手に展開させず。そのまま押し切り勝ち。
2.相手の方が盛大に事故っていたようで、動きがほとんどない状態。こちらは「システィ」のサーチ効果でアド差を離し、「ジュノン」を着地させてからはひたすらゴリ押して勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
本来でしたら後攻を選択するのですが、以前「六武」を使っていた気がしたので警戒して一本目は先攻を選択しました。
一.二本目ともに相手の方が事故っていたので本来の力を発揮出来ていないのかなという印象でした。

二回戦vs≪クリフォート≫ ムロマチさん
後攻(相手先攻選択)
1.「ツール」スタートの相手に対しこちらは罠を伏せてそれを凌ぐだけの格好。
どうにか耐えようとするも「大嵐」でバックを剥がされてからの「ツール」発動。「ディスク」召喚されそのまま1ショット。
2.こちら「サイクロンx2、魔法効果の矢、シャドールドラゴン、システィ」という動けないハンド。
相手の「ツール」に「サイクロン」を合わせ、「ドラゴン」「システィ」でのビートを2ターン続ける展開。なんとか相手ライフを1100まで削る。が、そこから相手に「ツール」効果で着々とアドを稼がれ危険な状況に。
こちらのバックには「魔法効果の矢」があったので”相手が「ツール」効果を発動するか「サクリフォート」等の魔法を発動すれば1500ダメージを与えられる”という状況だったが相手もそれを警戒してか動いてこず。
2ターンかけて殴りきられ負け。

負け@負け@-
《一言》
クリフォートに全く勝てなくなりましたね。
以前までの「ブレイカー」採用型とはエラい違いです。本当に勝てません。。
二本目は「魔法効果の矢」をしっかり見抜かれていました。プレイングも何もかも相手の方が上でした。

三位決定戦vs≪帝メタビ≫
後攻(自分後攻選択)
1.「ナイトドラゴンリッチ」?を出されるも特に刺さらず。並ん駄所で「激流葬」で処理し、最後は「ジュノン」着地させてからのバック剥がしビートで勝ち。
2.こちら優良ハンドだが、相手に先攻で「ライオウ」を立てられてしまい沈黙。
そのまま2ターン殴られるも、相手が追加でモンスターを召喚してきた所に「激流葬」を合わせる事に成功。
返し自分ターンに魔導書グルグルさせつつ「ラメイソン」「ゲーテ」の構え。
相手のモンスターを着実に除外しつつ、最後は「ジュノン」着地させて勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
メタビは好相性だと思います。
二本目は「ライオウ」単騎に負けかけましたが。。
帝は非常に強化されているテーマなので作ってみたいと思っています。
カエル帝、次元帝など色々ありますがどの型が良いのでしょうか。。

という事で9月13日(土)の大会は3位でした。
どの試合も全部ストレートという、相性差がモロに出た結果になりましたね。
今回使用したデッキは後日UPしようと思います。

という事で本日はこの辺で。ではでは。。。
    クリックお願いします!
banner



このページのトップヘ