遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログ。今日もテンション低めに更新中。

・遊戯王
本日は最近UPしていなかった動画の紹介をさせて頂きます。
今回は対戦動画二本立てです。

「対戦動画 ヴェルズvsヴォルカニック」
《一言》
久しぶりにオトウトとマッチ戦でデュエルをしました。
お互いに大会でよく使うデッキですね。
相性的にはヴォルカニックがかなり有利だと思われますが、結果やいかに。

「対戦動画 ヴェルズvs魔導」
《一言》
そして二本目はヴェルズ対魔導です。
ここ最近の大会ではヴォルカニックばかり使っているのですが魔導もメインはモチロン、サドエクストラまでしっかり作っています。

二本ともそこそこ長めの動画なのでお時間のある時に観て頂ければ幸いです。

という事で短いですが本日はこの辺で。ではでは。。。
クリックお願いします!
banner

・遊戯王
先日発売した「決闘者の栄光」で強化された「ブラマジ」デッキ紹介をしたいと思います。
ちなみに今回紹介するのは”純型””里ビ型”と呼ばれるような構築ですね。
”せっかくブラマジが強化された事だし作ってみたいな・・”という方に見て頂ければ幸いです。

「ブラマジ師弟」
032









《一言》
モンスター枠について
今回は「魔法族の里」の為に魔法使い族のみ採用しました。
「ブラマジ」・・主役です。場に出す方法が増えたので2.3枚積んでも問題無さそうです。
「ガール」・・同じく主役です。主に棺経由で特殊召喚し、賢者の宝石に繋げます。
「シャドールリザード」・・高打点かつ二つの効果持ち。棺や激流とも好相性です。
「シャドールドラゴン」・・同上。
「カイクウ」・・棺で引っ張ってくる為のメタモンスターです。
「サモプリ」・・同じく棺で引っ張る事が可能です。制限カードなのでとりあえず一枚積んでみました。
「ヴェーラー」・・バックが薄いので手札誘発は欲しいですね。チューナーという点も非常に大きいです。

魔法枠について
「賢者の宝石」・・師弟を揃える一番手っ取り早いカードだと思い採用しました。最速で師弟を揃えたいです。
「魔法族の里」・・かなり強いカードですね。里+永遠の魂+ブラマジは非常に強固な布陣です。
「最終奥義」・・これを使う為の構築です。本当は三枚積みたかったレベルです。
「黒魔導」・・永遠の魂でのサーチ用です。
「手札断札」・・事故回避の為に採用。シャドールとの相性もいいです。

罠枠について
「永遠の魂」・・ブラマジ最強のサポートカードなので三積みです。「里」でどうにか守りきりたいです。
「復活の棺」・・主にガール特殊召喚の為に採用しています。場合によっては「カイクウ」や「ブラマジ」も。
「激流葬」・・バックの薄さを補う為に全体除去罠を採用しました。

とりあえずこんな感じです。
エクストラに関しては、しっかりと決めている訳ではありませんが、
★4 カステル、ビュート、チェイン、エメラル
★6 ノリト、マジギャル
★7 幻想黒魔x2、サック、ビッグアイ
☆5 ライブラリアン
☆7 アーカナイト、ブラロ
☆8 閃光スタダ、スクドラ
もし大会に出るのなら上記のような構成にすると思います。

という事で短いですが本日はこの辺で。
ではでは。。

クリックお願いします!
banner

・遊戯王
本日は先週の月曜日に参加した大会のレポを書こうと思います。
ちなみに使用したデッキはコチラに書いていますので気になる方はお先にご覧下さい。
→「
 尚、一週間前のレポの為、簡易レポに近いです。
では早速レポに参ります。

≪大会名≫あらし杯
≪形式≫トーナメント
≪参加者≫16名程

≪使用デッキ≫スイスドロー

一回戦vs《クリフォート》  
後攻(相手先攻選択)
1.ツールスタートに対し、こちら「ロケット」「マガジン」引けずでジリ貧に陥り負け。
2.「ハンド」が強く、バック破壊も多く引き込んだ事で「ツール」を使わせず。勝ち。
3.二本目同様の展開で勝ち。

負け@勝ち@勝ち
《一言》
クリフォート対策カードはサイドに多めに用意しているので二本目以降はグっと戦いやすくなりますね。
ただ一本目はとても厳しいです。

二回戦vs≪テラナイト≫
先攻(自分先攻選択)
1.相手が「デネブ」にアクセスしたのが終盤近くという事故。それに対しコチラは順調に回し、いつものガバ伏せヴォルカの動きをして勝ち。
2.相手の「デネブ」or「アルタイル」にひたすら「デモチェ」「ブレスル」を投げまくる。
相手は「マガジン」の効果を上手くケアし丁寧にプレイをするが、こちらは豊富な罠量でそれを物ともせず。
終盤、アド差をかなり広げそのまま押し切る。

勝ち@勝ち@-
《一言》
純粋なビートダウン系には滅法強いので相性差で勝てた感じです。
「ヴォルカニック」の強みと弱みをシッカリ理解されているようでプレイが非常に丁寧かつ的確でした。

三回戦vs≪ネクロス≫
後攻(自分後攻選択)
1.こちら序盤から順調に「マガジン」&「バレット」で回していく。相手もしっかり「ネクロス」の動きをするも、「ヴォルカニック」の動きを知らなかったようで「トリシューラ」での除外選択を間違える。
こちらライフを3800まで削られるも最後は「バックショット」でのバーンで勝ち。
2.序盤の「トリシューラ」に効果無効系罠を打つも手札からの「トリシューラ」でしっかりとケアされる。そうこうしている内にアド差がグングン開いていき、そのままあっという殴りきられ負け。
3.序盤「カイクウ」が奮闘するも中盤には処理されてしまう。中盤は相手のペースだったが終盤はシーソーゲームの末にお互いジリ貧ムード。そうこうしている内にETに突入。。
ETラストターン、ライフはこちら300で相手が2500。相手の場にはモンスターが3体でこちらは手札も場も空という状況。
墓地に「マガジン」と「バックショット」3枚があったので”トップが炎帝なら勝ちですね”とか言ってたら本当にトップが「炎帝」。
そのまま召喚し効果を通す。墓地の「マガジン」効果で「バックショット」を落としつつ「炎帝」で直接攻撃を決め勝ち。

勝ち@負け@ET勝ち
《一言》
最後は周りで観戦していた方も多かったのでかなり盛り上がりましたね。
ネクロスは相性的には五分五分という感じです。

準決勝vs≪ネクロス≫
先攻(相手後攻選択)
1.忘却。。最後の最後に残りライフ1300まで削られるも「バックショット」で相手のライフを削り切って勝ち。
2.中盤の「羽根箒」→「トリシューラ」はどうにもケア出来ず。そのままアッサリと押し切られ負け。
3.序盤にET突入。お互いにライフが6500の状況で「ディサイシブ」を出されるも「デモチェ」でなんとか止める。こちらラストターンに場の「ロケット」+「炎帝」で「アークナイト」を立てて「ディサイシブ」を奪い、そのまま直接攻撃を決めて勝ち。

勝ち@負け@勝ち
《一言》
「アークナイト」の存在意義を最近見いだせてなかったのですが、今回の件で抜けなくなりました。
「カーD」スタートであれば「羽根箒」→「トリシュ」は喰らわないのですが、「ロケット」でスタートした場合「羽根箒」→「トリシュ」はケア出来ないです。

決勝vs≪ネクロス≫
後攻(自分後攻選択)
~今回はお互いに賞品を分けるという同意の元、シングル戦で行いました~
1.こちらゲームエンドまで「炎帝」しかモンスターを引けず。相手に「トリシューラ」を二回出されたりでボロ負けでした。

負け@-@-
《一言》
本当にボロ負けでした。。
前期に比べると「トリシュ」がポンポン出てくるようになった気がします。
「シュリット」のせいかな?

という事で準優勝でした。
終盤はまさかのネクロス三連戦で驚きましたが、大きな大会でないとなかなか当たる事も無いのでありがたかったです。
という事で本日はこの辺で。ではでは。。。
本日はこの辺で。ではでは。。
banner

・遊戯王
本日は先週の土日に参加した大会のレポを書こうと思います。
ちなみに使用したデッキはコチラに書いていますので気になる方はお先にご覧下さい。→「
 
では早速レポに参ります。

≪大会名≫ブックネット田川 公認大会
≪形式≫トーナメント
≪参加者≫16名程

≪使用デッキ≫ヴォルカニック

一回戦vs《クリフォート》 ROAさん 
先攻(自分先攻選択)
1.ツールから動かれるも、こちらも「カーD」「ロケット」で手札を増やしていく。こちらは厚めにバックを構え、相手の展開を除去罠で流してく。そして盤面が空いた所で直接攻撃→更にP召喚に合わせ「バックショット」効果で相手のモンスターを流すという繰り返し。最後は「虚無空間」で蓋をする事に成功。
そのまま押し切り勝ち。
2.今回も「ツール」から動かれるも、二戦目以降は「ハンド」や「サイクロン」「妖精の風」がサイドインされるので一本目よりも有利に試合を進められました。勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
「クリフォート」はかなり苦手なデッキなのですが、今回は上手く手札が噛み合いました。
サイドデッキに対クリフォ用のカードをかなり用意しているので二本目以降はかなり楽に戦えます。

二回戦vs《暗黒界》
後攻(相手先攻選択)
1.先攻でそこそこ回され「ロケット」を「墓穴の道連れ」で抜かれたりするも、モンスターはそこまで展開されず。
バックの多さと「バックショット」効果で相手の盤面を空けつつ、ハンド差を広げていき勝ち。
2.一本目同様の展開+中盤に「カイクウ」を着地させる。相手のプレミも相まってそのまま押し切り勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
結果はスト勝ちでしたが内容はどちらもギリギリ勝てた感じでした。
久しぶりに戦いましたが、なんだかんだで強いですね。暗黒界。。

三回戦vs《クリフォート》 なおくん
先攻(自分先攻選択)
1.事故ハンドで罠を構えるだけでドローゴーを繰り返す。
相手は「ツール」から次々とモンスターを展開。なんとか「虚無空間」で蓋をするも長くは続かず。
最後は物量で押し切られ負け。
2.先攻「ロケット」召喚で「マガジン」を構えつつ返しターンに「ハンド」を追加する初動。
相手はこれに対してアクションを取らず。そのまま殴りきって勝ち。
3.二本目同様、ゲームエンドまで「ツール」にアクセス出来ないようで、そのまま押し切って勝ち。

負け@勝ち@勝ち@
《一言》
今回は相手の事故に助けられました。
本当にそれだけです。。

決勝戦vs《ネクロス》 アザカさん
後攻(相手先攻選択)
1.序盤からバックを厚めに構えつつ、「カーD」「マガジン」で手札を補充していく。
相手のモンスターは全て罠で処理しつつ「炎帝」「ロケット」などでコツコツとビートして勝ち。
2.二本目も同様の展開で中盤以降は常にバックを4.5枚構えている状態をキープ。そのままハンドアド差を広げながらのビートダウンで勝ち。

勝ち@勝ち@-
《一言》
ネクロスはどの罠も(特に虚無空間)かなり効いてくれるので、厚めにバックを構える事が出来れば負ける事は少ないです。
今回はドローソースと罠の配分がキチっと噛み合った感じでした。

という事で優勝しました。
環境トップと沢山戦う事が出来たので本当に収穫になった一日でした。
今月の25日(日)も大会が行われるようなので参加したいと思います。

本日はこの辺で。ではでは。。
banner

・遊戯王
本日は先週の土日に行われた大会で使用した「ヴォルカニック」の紹介をします。
先日紹介した構築からかなり変更点があるので少し長めに書きたいと思います。

「安定型ヴォルカニック」
028











《一言》
モンスター枠・・・今回は「トリオン」や「ライオウ」と言った殴れるモンスターを抜き、その枠に「カードカーD」を採用。やはり初動で「ロケット」or「マガジン」にアクセスしないと厳しいのでドロソを何よりも優先しました。
それに合わせて「炎帝近衛兵」も3枚に増量。
「ロケット」スタート出来た場合、墓地に炎属を4枚落とす事がかなり容易になるので活躍の機会は多いです。ただ初手で握ると腐る場合も。。

魔法枠・・・かなり切り詰めた結果7枚になりました。安定剤の「強欲謙虚」&ドロソの「プランター」を3枚づつ。これだけ少ないと「魔封じの芳香」の採用もアリかなと思います。

罠枠・・・永続9枚は「プランター」と相性が良いのでここは確定で問題ないと思います。
残りの9枚についての採用基準ですが、今回は苦手とする「クリフォート」「HERO」に強いカードを優先しました。
そのほかの候補としては「強制脱出」「サンダーブレイク」「次元幽閉」「奈落の落し穴」があります。
今後の環境によって色々と変えるつもりです。

サイド&エクストラ
030









《一言》
「カイクウ」・・・対ネクロス戦ではこのカード1枚を維持するだけでグっと勝率が上がります。攻めにも守りにも使えるというのが素晴らしいです。
「ハンド」2種・・・対クリフォート戦や対ビートダウン戦で大活躍してくれるカードです。「お触れ」「電光雪花」というヴォルカニックにとってのアキレスにタッチ出来るのがありがたいです。
「サイクロン系」・・・バック破壊カードは7枚採用しました。
対クリフォート戦では毎度500~1000ダメージを削れるか否かで勝敗が分かれてくる事が多いのでバーン効果内臓の「妖精の風」はかなりの高評価。
「ブレイクスルースキル」・・・こちらも評価しているカードなのですがメインに3枚は積みづらいというカードでもあるので、今回はメインに2枚サイドに1枚という形を取りました。

・環境上位との戦い方など

対「クリフォート」 相性△
効果無効系罠や「バックショット」の効果が効きづらいデッキなのでメインでは苦手なデッキです。
ただ、サイド後は「ハンド」や「サイクロン」をガッツリ積めるので随分と戦いやすくなります。
(先攻or後攻)初動の「ロケット」に「スキドレ」を合わせられたくないので出来るだけ先攻を取ります。

対「HERO」 相性△~×
とにかく「ダークロウ」が苦手なデッキです。これを罠で処理出来るか否かで勝敗が変わってきます。
罠の量は多めなので「ダークロウ」さえキチンと処理出来ればかなり有利に戦える相手なのdは間違いないです。
(先攻or後攻)先攻で「ダークロウ」にアクセスされるだけで受けに回ってしまうので必ず先攻を取る

対「ネクロス」 相性△~〇
「トリシューラ」にだけ気を付けます。そこ一点だけしっかりケア出来れば優位に戦えます。
二本目以降は「カイクウ」という武器をサイドイン出来るのでこれをひたすら守ります。それだけです。
(先攻or後攻)先攻で罠を構えても「羽根箒」→「トリシューラ」で即サレ状態に追い込まれますしバックが多いデッキではないので、出来るだけ後攻を取ります。

対「シャドール」 相性〇
個人的に得意としている相手です。罠と「バックショット」で盤面を空けつつ「マガジン」「炎帝」でアドを取っていくだけで中盤~終盤ではかなりのアド差が広がっている事が多いです。
以前まで破壊耐性持ちの「ミドラーシュ」の処理に苦労する場面が多々ありましたが、今回は「ブレスル」「デモチェ」をメインサイド合わせて6枚採用しているので処理がグっと楽になりました。
(先攻or後攻)正直、どちらでも大差は無いかなと思います。

という事で今回は「ヴォルカニック」の紹介をしてみました。
明日&明後日はこのデッキを使った2大会のレポをUPしたいと思います。
本日はこの辺で。ではでは。。。
クリックお願いします!
banner 

このページのトップヘ