遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログ。今日もテンション低めに更新中。

・遊戯王
今週末に発売する「デュエリストアドベント」のフラゲ情報が続々と届きだしましたね。。
特に「シャドール」と「テラナイト」の未判明分のカードに注目が集まっているようです。

今回のフラゲ情報で判明したカードは・・
「シャドール」・・・新たに3枚のモンスター、魔法1枚、罠1枚が判明。
「テラナイト」・・・新たに2枚にモンスター、魔法1枚が判明。

・・と、なかなかの量の未判明カードがありました。
という事で早速、未判明分のカードを紹介したいと思います。
テキストは各自でお調べ下さい。。

・シャドール未判明分カード
「シャドールドラゴン」
7d933705-slllllllll












「シャドールリザード」
ce34b140-s














「シャドールビースト」
ll












「影牢の呪縛」
eb302b7c-s












「堕ち影の蠢き」
eb302b7c-s (1)












どのモンスターも非常に使い勝手の良い印象です。いずれも単体で機能するというのがなんとも。。
「シャドール」同士のシナジーも非常に良いので、純シャドールに近い形の構築も無理なく組めそうです。
ツイッター内でシャドールのモンスター効果を分かりやすく説明した表がありましたので転載させて頂きます。(引用元:@Renakyonさん)
BlWCZajCEAI2mGy







引用元:@Renakyon


・テラナイト未判明分カード

「星因子 シャム」
4a9d1fca-s





 







「星因子 ウヌク」
aaaa 













「星輝士の因子」
7ac5fa47-s





















「星因子ウヌク」はテラナイトを墓地へ送る事の出来る待望のモンスターですし、「星因子シャム」は場に出す事さえ出来れば1000ダメージを与えるという破格のバーンモンスターなのですが「シャドール」に比べるとやや控えめな印象を受けます。
デッキパワーはかなり高めですし、レアリティ―的にも非常に組みやすいので大会で当たる事も少なくないとは思うのですが、シャドール程の危機感を感じないのは何故でしょうか。 

≪一言≫
「シャドール」の至れり尽くせり感はあまり好きになれないですね。。
プロキシで組んだ「シャドール」デッキも仮想相手として機能しなくなったので崩そうかなと思います。
先週、対戦動画を撮影したのですがUPする事無くお蔵入りになりそうです。残念。。

反面、「テラナイト」は非常に好印象ですね。安定した地味な強化という感じでデッキ創作意欲が掻き立てられます。
以前プロキシで作ったテラナイトデッキに未判明分のカードを積むだけで割と簡単にチューンナップ出来そうなのも良いですね。
こちらは恐らく作り、大会に持ち込む事になると思います。
光メタ環境なので逆風ですが、そこはどうにか知恵と工夫で乗り切りたいですね。

という事で本日はこの辺で。。最後に対戦動画の宣伝をさせて頂きます。

・遊戯王対戦動画
「中堅デッキでひたすらデュエル~前編~」
 
「中堅デッキでひたすらデュエル~後編~」
 

   クリックお願いします!
banner
 

・遊戯王
本日はネタが無いので動画の宣伝回です。
僕が大好きなランダムパック開封動画二本立てです。良かったらご覧ください。。

【開封動画】「オリパ+シングル購入」~DMを遊戯王に転生させてみた編~【アニ動画179】



【開封動画】いつものオリパ6個購入! ~週末お買いもの編~【アニ動画184】




・海外新規が相変わらず強い
先日紹介した「マスマティシャン」「クリバンデッド」(効果はコチラ→)に続き、本日も海外新規カードの情報が来ましたが相変わらず強かったです。
「ソウルチャージ」 通常魔法 ・自分の墓地のモンスターを任意の数だけss ・ssしたモンスターの数×1000ライフ支払う この効果を発動するターン、バトルフェイズを行えない。ターン1制限。

ライフ支払がコストではなく効果なので、「打ち消されても痛くない」&「特殊召喚成功時に激流葬等を打てない(発動タイミングを逃すので)」というメリット、「特殊召喚成功時に発動する効果が発動出来ない(発動タイミングを逃すので)」というデメリットがあります。
まあ、普通に考えてメリットの方が大きいですかね。
 
墓地にある程度モンスターが貯まるデッキであれば採用出来そうなカードですね。ソリティア系のデッキであれば本領発揮しそうです。。

これらの海外新規カードは5月17日発売の「コレクターズパック」に収録されるようなので、忘れず購入しようと思います。

本日はこの辺で。ではでは。。
 
 クリックお願いします!
banner
 

・遊戯王
今週末は結局どこの大会にも行かずに終了しました。土曜に風邪をひいてしまったので日曜は家で安静にという事でゴロゴロしてました。
お陰でデッキはいくつか完成しましたが、やはり大会に出ないとモチベが下がってしまいますね。。

日曜のスマイル杯(チーム戦)に誘われていましたが、同日に同窓会のお誘いがあったのでお断りする→同窓会延期→誘われていたチームは既に3人結成済→やる事が無いので店舗代表戦に出よう→風邪。。

という、終始ツイてない感じでした。
来週こそエンジョイ遊戯王ライフを送りたいです。

・スリーブ購入
かなり良いと噂に聞いていた「わくわくワンダー」さんのスリーブを思い切って買ってみました。
実際に手に取ってみると、本当に質が 良くてびっくりしました。
写真を撮ったので貼ってみます。

いつも使っている「ネクスリZL」 ↓
028 






























今回購入した「わくワンスリーブL(ザラザラ加工)」↓
027 





























「わくワンスリ」の方が かなりザラつきがある事が分かるかなと思います。
厚みもかなりあるので、耐久性もありそうです。
値段は「ネクスリ」のほぼ半額なので、しばらくはコチラを使おうかなと思っています。
オススメなので、気になる方は是非お買い求めください。

最後に動画も撮ったので一応、載せます。↓


それでは今日はこの辺で。一週間頑張りましょう。ではでは。。。


 テラナイトをオラオラ連打して下さい!!
banner
 

・遊戯王
最近は「シャドール」について考える日々を送っていました。
「テラナイト」が正攻法過ぎるテーマでやや面白みに欠ける印象を持ちましたが、「シャドール」は真逆の曲者っぽい印象を持ちました。
「テラナイト」がゴンであれば、「シャドール」はヒソカのような感じですかね。。

そんなこんなでデッキが完成しましたので紹介します。

「シャドール」  ※裏側のカードは「調律」です。
 029











動画も撮影しましたので、見て頂ければと思います。↓
「デッキ紹介動画&解説動画  シャドール」
 

≪一言≫
「シャドール」は既に「青眼軸」「ライロ軸」(最有力?)「ジャンクロン軸」 ・・・と様々な派生デッキが存在しています。デッキごとに戦い方が大きく変わりますし、本当に奥が深いテーマだなと思います。
構築の幅があるというのは素晴らしいですね。

「テラナイト」と違い、現状ではメタられる事が少ない所もポイントですね。
デッキとしてはメタカードを積まれるよりも、戦い方を熟知される事の方がキツいかなとは思いますが。
時間が経つにつれ相手が不用意にxyzやシンクロを場に出す・・という事は無くなるでしょうし。
そうなってくると勝率は自然と落ちていきそうです。

”独自の動きがある+構築の幅もある強い+強い”・・と三拍子そろった魅力的なテーマなのですが、レアリティ―が凄い事になっているので構築するには骨が折れそうです。
構築を考えられている方は発売直後のスタートダッシュをお忘れなく。
 
・週末の予定
土曜・・弟の帰宅時間次第で白石書店さんの非公認大会に参加
日曜・・Gプロジェクトさんで公認大会&店舗代表戦 

という事で本日はこの辺で。ではでは。。。 

 
テラナイトをオラオラ連打して下さい!!
banner
 

・遊戯王

海外先行発売カードの情報がチラホラ来てますね。。
ラインナップを見てみましたが、どれも強力なカードばかりです。
ちなみに日本では5月発売の「コレクターズパック」にて収録される様です。

 023























 
「クリバンディット/悪魔族」
通常召喚したターンのEPにリリース:デッキの上からカードを5枚をめくり、その中に魔法または罠があった場合、1枚手札に加える。それ以外は墓地へ。
≪一言≫
採用が考えられるデッキは「ラヴァル」「森羅」「ライロ」「暗黒界」等々・・多数ありますね。
やけに既視感があると思ったら「クリッター」と全く同じスペックでした。
ちょっと強すぎるので、「カードカーD」のような(特殊召喚不可)制約があっても良かったかなと思います。
あまりに強いカードだとデッキ意欲を削いでしまう事もあるので。

022 


























「マスマティシャン/魔法使い族」
通常召喚に成功した時、デッキからLv.4以下のモンスターを墓地に送ることができる。戦闘で破壊され墓地に送られた場合、1ドロー。
≪一言≫
「終末の騎士」のお株を奪うピンポイント墓地送りカード。しかも戦闘破壊時に1ドローのオマケ付き。シンプルで強いですね。
魔法使い族なので「魔導」での採用も期待出来ます。
効果で「ラパンデ」を墓地に送り→「テンペル」をサーチ・・という感じで使えそうです。
 
020021













《ファイアーハンド/炎族》 このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、相手フィールド上のモンスターを1体破壊し『アイスハンド』をデッキからデッキからSS。
《アイスハンド/水族》 このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、相手フィールド上の魔法またはトラップを1枚破壊し『ファイアーハンド』をデッキからデッキからSS
 ≪一言≫
先に挙げた2枚に比べるとやや見劣りしますが、個人的にかなり好きなカードです。所謂、地味つよ。
対ヴェルズ戦、対六武衆戦なんかで活躍しそうですね。
この二枚でビートダウンすると相手はかなり嫌がりそうだなと思います。
今後「ライトハンド」「ダークハンド」なんかも出てシリーズ化してくれれば面白そうだなと思います。

という事で海外新規カードについて触れてみました。
日本での発売が待ち遠しいですね。 

・シャドール完成
シャドールデッキがようやく完成しました。
今日はデッキ紹介動画と対戦動画を撮影しました。
という事で明日は「シャドール」デッキの紹介&解説記事を書こうと思います。

・遊戯王動画
「開封動画 デュエリストパック カイト編」
 

という事で本日はこの辺で。ではでは。。。

 
クリックお願いします!
banner
 

このページのトップヘ