遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

社会人遊戯王プレイヤーのブログ。小学生からオッサンになるまでカードにハマり続けてます。死ぬまでハマってそう。

・デッキ紹介
今回はDD以来、がっつりハマりそうなテーマであるブラマジのデッキを紹介をしたいと思います。
まだ使って日が浅いので深い事は語れませんが、強みと弱みをザックリ説明していきたいと思います。

ブラックマジシャン/メイン あらし杯(6月12日)で使用
無題buramaji











≪対戦レポ≫
1.ヴォルカニック 〇×〇
2.メタルフォーゼ 〇××
3.HERO ×〇〇
4.メタルフォーゼ 〇××

初陣は2-2という平凡な結果で終わりました。
今回は罠に寄せたオーソドックスな構築にしました。
鬼門は2試合目以降ですね。サイドデッキに採用されているであろうサイクロン系カードがバンバン飛んでくるのが本当に辛いです。

≪解説≫
僕が思うブラマジの強みは3つです。
1つ目・・・魔導陣によるフィールド除外
2つ目・・・ナビゲートや魂による耐性持ち高打点の連打
3つ目・・・サーチカードの豊富さ

”ナビや魂で耐性持ちブラマジを連打→その際に陣でフィールドを除外→バックを固めてビートダウン”。。というのがブラマジの基本的な勝ち筋になる訳ですが、この動きを豊富なサーチカードによって安定して行えるんですね。これが僕が思うブラマジの強い所です。
イラストがオシャレとか、罠ビなので好みとかハマったポイントは他にも色々ありますが。

逆に弱みはバック破壊で壊滅する事ですね。
罠ビなのでバック破壊はもちろん効くのですが、それに拍車をかけているのが永遠の魂のデメリット効果です。どんなにボードアドを取っていても羽根箒1枚で一気に捲られてしまうのがこのデッキなので、羽根ケアには細心の注意を払っています。

以上、ザックリと語りました。


最後にこの日の大会で使ったサイドとエクストラを紹介します。

ブラックマジシャン/サイド・エクストラ
無題buramajisaido














≪一言≫
エクストラを使うデッキじゃないので自分が使うEX枠は多くて8枚くらいで良さげでした。
残った枠は浮幽さくら枠や超融合枠で使おうかなと。
今回は4枠を超融合枠で使っています。

サイドは後攻意識で手札誘発多めです。
正直、もっと多くても良いかなと思いました。
苦手な後攻を強くするカードは多いに越した事はないですからね。

という事で本日は以上です。
明日は日曜日のチーム戦で使った「継承」入りのブラマジデッキを対戦レポを交えて紹介します。
ではでは。。
 

・デッキ紹介
本日はサイレントソードマンデッキをご紹介します。
(ブラマジのデッキ紹介は時間がかかりそうなので週末にUPします)

幻影サイレントソードマン
無題












≪ざっくり解説≫
サイレントソードマンデッキ、サイレントマジシャンデッキをそれぞれ作るにあたって何と混ぜるべきかをアレコレ考えていましたが結局、9期のハイスペックテーマと混ぜるという事で落ち着きました。
(ちなみにサイレントマジシャンはマジェスペと混ぜました)

”リリースコストを簡単に用意出来る””墓地へ送ってもアドになる””ソードマンの魔法無効が活かしやすい”というのが主な理由です。

彼岸まで採用してしまうとソードマンが不純物になりかねないので彼岸パーツは全抜きにしてます。
あくまでも”ソードマンを活かす”というのがこのデッキの目的です。

ただ、彼岸全抜きといってもランク3のダンテは流石に採用しています。
効果も打点も強いし何より戦士族なので。
『ベーゴマss→ダンテxyz→ダンテコストで沈黙の剣が落ちる→ダンテリリースしてソードマンss』・・・みたいな流れは強そうです。


≪戦い方≫
幻影でランク3を立てつつ隙あらばソードマンをキャストしていきます。まあ、レシピを見たまんまの戦い方ですね。
大量のバックでソードマンを守りつつ、大量のバックをソードマンの魔法無効効果で守るという相互感。噛み合いを感じさせます。

現状、幻影には彼岸という最高のパートナーがいるのでアレですが彼岸が大幅に規制された場合はサイレントソードマンが幻影の新パートナーとなり得るかもしれませんね。
今後に注目です。


という事で短いですが本日はこの辺で。ではでは。。
 

・ABC
≪雑感≫
海馬ストラクx3だけでお気軽に組めるのかなと思ったら、金銀ガジェ/ギアギガX/ツクヨミ/ノヴァインフィなんかが必要らしく思ったよりも高価なテーマだった。
フォトスラや金銀ガジェを採用しランク4へ向かうという比較的オーソドックスな構築が現状一番人気な様子。
僕も例に倣って金銀フォトスラ入り構築を組んで一人回ししてみました。
以下感想。

≪軽く回してみて≫
”〇〇+△△=□□□”みたいなルートが多く、それを覚えるだけで一苦労だった。
最初はクラブレみたいなデッキだと思ってたけど違った。どちらかと言えばDDに近い印象だった。

一人回し(先攻想定)だとけっこう回る。高頻度でドラゴンバスターが立つ。しかも横にはインフィニティやギアギガ。あくまで先攻想定だけどこれは強いテーマだなと思った。

残念なのはフィールド魔法に依存してる感が否めない点と妨害に弱そうな所。
後攻時にどれだけ頑張れるかは構築の腕の見せ所ですね。


・電磁石
≪雑感≫
同期が強すぎるが故に過小評価されてるテーマという印象でした。
サーチ持ちが2体もいるし専用ダムドもあるしで普通に強そうなんですけどね。
ABCに比べると洗練さはありませんが武骨な感じが逆に良い味出してます。
ファンデッカーはこういうデッキに弱いんですよね。
相手ターンにリリースして旧αβγをSSする・・なんて無駄としか思えないギミックが妙にそそられます。

≪軽く回してみて≫
思ったより全然強かったです。
ベルセリオンが出しやすいですね。
新αβγそれぞれが持つ効果もそこそこ強いです。
全部がそこそこ良い感じというね。これぞ9期テーマ。

同胞を絡めて場に電磁石を並べ、そこからランク3を連打しつつベルセリオンに繋げる・・というのが勝ちパターンでしょうか。


・ブラマジ
≪雑感≫
新規テーマという訳ではないですが「黒魔術の継承」が入り構築が大きく変わりそうなので一応。
継承は成金ゴブリンや強欲貪欲とったドロソを多く採用すれば3積み出来るカードだと思います。
即効魔法なのも◎。ロッドとの相性も良さそうです。
今まで使ってこなかった命削り型もこれを機に触ってみる予定です。


・クリボー
≪雑感≫
クリボー関連のカードが思ったより少なくてデッキ作りが早々に頓挫しました。
高打点の儀式クリボーが出ればワンチャンありそうなのですが。
現状のプールではどうにもならない印象ですね。


以上、新規テーマの雑感でした。
明日は最近使ってるブラマジデッキを紹介します。
本日はこの辺で。ではでは。。
 

・デッキ紹介
以前紹介した60枚デッキの構築が変わってきたので改めて紹介します。

5月29日 あらし杯チーム戦
55
















≪大会レポ≫
1.メタルフォーゼ ×〇〇
2.メタルフォーゼ ××
3.シンクロダーク 〇〇
個人2-1、チーム1-2で予選落ち。
鬼門のメタルフォーゼを意識して、今回は時空の落とし穴x2にしました。
狡猾が効かないデッキなのでかなり辛いですね。
最近はトップシェアになりつつありますし、しっかり意識しておきたい所。

≪解説≫
今回は"後攻"を意識して構築しました。
大きく変更したカードは2枚。

1つ目.シャドールフュージョン
ブリリフュージョン並みのパワカです。
1枚で”シェキナーガ+ハンドに影ドラゴン+墓地にブレード”という大きなリターンをもたらしてくれます。
EXありきの現環境では”引いたけど打てない”という試合はありませんでした。

2.闇の護封剣
DDのサイフリート、メタルのナチュエク以外であれば1枚で盤面を返す事が出来ます。
以前はサイドに採用していましたがサイドイン率も高かったし後攻選択型という事もあってメインに3枚フル投入しました。


6月5日タカナ杯
CkMRmT_UUAABq4D










≪大会レポ≫
1.バスブレ 〇〇
2.ジャンド ×〇〇
3.ネクロス ×〇〇
4.シード
5.削りフェルグラ ×〇×
個人3-1のベスト8でした。

≪解説≫
ライロ成分を全て抜き、代わりにコズミックサイクロンx3を採用しました。
メタルを意識したのですが結局当たらずでした。
ライロ成分を抜いたせいで墓地落としも全然捗らず・・かなり反省の多い構築でした。
前回使った影依融合が強かったので、シャドールドラゴンを3積みに変更しました。
素引きしてもそこそこ使えるスペックですし問題ないかなと思います。
ドラゴンを素引きしてれば影依融合一枚でユニコーンを処理出来ますしね。
あとはタックルセイダーも採用しました。
影依融合で落とす用です。ブレードよりは強いと思いました。

という事でここ最近使っている60枚デッキを紹介させて頂きました。
まだ書きたい事がアレコレあるので時間を見つけて更新したいと思います。

本日はこの辺で。ではでは。。
 

・対戦動画
最近ユーチューブのチャンネルの方に対戦動画をUPしているのでブログでも紹介したいと思います。

「ブリリ帝vsトゥーン」

新作トゥーンの初陣です。
トゥーンのデッキ紹介はまた後日したいと思います。
ちなみに今回は7軸トゥーンを使用しています。


「ネクロスvsトゥーン」

新作トゥーンの二戦目です。
ネクロスともにオトウトくんが大会によく持ち込んでいるデッキなので相手にとって不足なしですね。
短い動画なのでちょっとした空き時間にもってこいです。


「ブリリ帝vs60枚」

60枚デッキ初の対戦動画です。
今回は久しぶりのマッチ戦となってます。

ちなみに現在の60枚デッキにはシャドールなんかも採用して更にジャンク感マシマシ構築となってます。
今度、レシピと共に大会レポをUPしますので見て頂ければ幸いです。


・コメント返信
返信遅れてすみません。
コメントは必ずお返ししますのでお待ち下さいませ。


それでは短いですが本日はこの辺で。ではでは。。
 

このページのトップヘ