遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

テンション低めに更新中。完全趣味のノンアフィブログです。

カテゴリ: 遊戯王 デッキ

・新制限魔導
グリモの魔導書が無制限になったので、早速新制限対応の魔導デッキを組んでみました。
実戦での使用はまだですが、しっかり調整を重ねて大会に持ち込みたいなと思っています。

では早速ご紹介。


【新制限魔導】
madou




















《解説》
なるべく純魔導に近い構築にしたかったので、ジュノン&バテルはフル投入にしました。
システィ&テンペルの採用も考えましたが、システィは速度の遅さ、テンペルはトールモンド採用による事故率の高さから不採用に。

「黒き森のウィッチ」
手札誘発やフィニッシャーとなるサイレントマジシャンをサーチする事が出来るので採用しました。
バテルのみでは召喚権が余る可能性があったので。
サイレントマジシャンのリリース元としても優秀ですし、ネクロによる使いまわしも可能です。

「サイレントマジシャン」
ジュノンだけではフィニッシャー不足感があったので採用しました。
流行りの閃刀姫相手に強そうですし。

「簡易融合」
これとバテルの二枚からミドラーシュ+クロウリー+ゲーテの盤面が作れたりします。
なかなか強いです。
特殊召喚出来る魔法使いがいればクロウリーになれるという点が昔の魔導と違う点ですね。

とりあえずこれが仮組みというか、叩き台なります。
ここから調整を重ねていく予定です。

短いですが本日はこの辺で。ではでは。
↓昨日20位!今日は何位でしょう・・。良かったらバナークリックお願いします!↓


・大会レポ
先日の非公認大会でブラックマジシャンデッキを使用したので、その際のレポを書いていきたいと思います。

3月11日(日)
≪大会名≫ 黒崎カードボックス
≪形式≫ スイスドロー4回戦
≪参加者≫ 16名
≪使用デッキ≫ 「ブラックマジシャン」


1回戦【魔術師】 先攻
1.先攻で魔導陣+ナビゲートを構えるも相手の展開に妨害が足りず。そのまま押し切られ負け。
2.1本目同様の展開に魔封じを追加する立ち上がり。そのまま魔封じを処理されず勝ち。
3.後攻用サイチェンにするも相手がまさかの後攻選択。こちら先攻でノリト立てつつバックに拮抗勝負セットでエンド。相手は無限抱擁でノリトを無効化する立ち上がり。ペンデュラムモンスターが少ないと読み、慧眼にうさぎを打つと相手の動きは止まる。相手はそこから数ターン、モンスターを引けず。
レッドリブートで展開を妨害されるも、ETラストターンでライフ差捲って勝ち。

× 〇 〇
《一言》
魔封じに助けられた試合でした。
後攻を選択された時は”やられた!”と思いました。


二回戦【オルターガイスト】 先攻 
1.先攻で魔導陣+ナビゲートを構えるスタート。相手はメリュシーク召喚から動いてきたのでナビゲート発動から魔導陣で除外。そのまま有利な盤面作って勝ち。
2.先攻マリオネッター+プロトコルが通り、あとはこちらの動きをキッチリ妨害され負け。
3.トーチスタートに妨害打たれず。FWD+グリフォン+バックを固めて勝ち。

〇 × 〇
《一言》
魔導陣の除外効果がかなり強かったのと、ナビゲートの魔法罠無効が強かったです。
かなり先攻ゲー感のある試合でした。


三回戦【雪花海皇水精鱗】 後攻
1.相手は先攻ウンディーネスタートも増G発動でストップ。
こちら返しターンで魔導陣+魂を構えるが、相手の物量の前に押し切られて完敗。
2.1本目同様の展開で、こちらの妨害を軽々乗り越えられて負け。

× ×
《一言》
罠ビを使っている身としては一番辛い相手ですね。とにかく手数が多いのでダークロウのような墓地封殺系カードがないと厳しいです。数枚の罠であれば簡単に超えてくるので。
インスペクトボーダー積むべきでした。。


四回戦【魔王閃刀姫】 先攻
1.閃刀姫に魔王&ジュラゲドが入っている構築でした。こちら先攻トーチを出すも成功時に増G投げられる。そのままアカシックまで展開し3ドローを与えてしまう。そしてアカシックをリリースしイリュージョンマジックを発動するもチェーンうらら。ブラマジにアクセス出来ず負け。
2.忘却。確か魔封じ維持して勝ちだったかな?
3.相手後攻選択。こちらトーチスタートが決まり、そのままFWD+グリフォン+ブラマジ+バックに魔封じ+魂+墓地ナビゲートの盤面でエンド。スタンバイ魔封じはレッドリブートで処理されるも、盤面返せず。再度魔封じを構えて勝ち。

× 〇 〇
《一言》
サイドに用意していた魔封じ&勅命が大活躍でした。
閃刀姫も罠ビの天敵なので、しっかり意識しておきたいですね。


という事で3勝1敗で3位という結果でした。
今期ラストの大会をブラマジで参加出来て、尚且つ環境デッキ相手にも勝利出来たので嬉しかったです。来期がどのような環境になるか分かりませんが、来期もブラマジを使えるといいなと思います。

最後に使用したデッキをご紹介。
気になる方は是非参考にしてみて下さい。

【ブラックマジシャン】

大会ブラマジ












↓1週間で38位から22位に上昇!応援感謝です!良かったらバナークリックお願いします!↓

・ブラックマジシャン
前回の記事(ブラックマジシャンデッキ案)の続きです。
今回が完結編になります。

前回挙げた案を全てADSで試した結果、今の構築に落ち着きました。
環境デッキ相手にもそこそこ戦えるようになったので紹介したいと思います。

【ブラックマジシャン】
ブラマジ1





















【解説】
パワカ=正義という事で最終的にトーチ&ゴウフウセットの採用に落ち着きました。
これによりスカルデットを容易に出せるようになり事故率がグッと下がりました。
4ドロー出来るので手札の安定度が段違いです。
特殊召喚効果も非常に使い勝手が良いですね。見習いを特殊召喚してブラマジをサーチなんて事も出来ます。

最初はこれに閃刀姫セット(ホーネットビット&エンゲージ)まで積んでいたのですが、単体で引いた際に使いにくかったので成金ゴブリンに変更しました。
”ホーネット+チューナー”から「SPYΩ+サモソ+墓地ブラマジ」になるのは強いんですけどね。。

その他の枠は前回の記事でいう確定枠に当たるので解説は省きます。


・トーチ&ゴウフウの使い方
トーチゴーレムは最終的に”FWD+トロイメアグリフォン”か”スカルデット”どちらかになります。
手札が既に揃っている場合や墓地に強い魔法罠が落ちている時は”FWD+グリフォン”に。
手札や墓地がまだ揃っていない場合は”スカルデット”にする感じです。

展開の途中でアカシックマジシャンのトップをめくる効果を使えるので、デッキトップを4枚墓地に送れます。(ナビゲートやブラマジが落ちればアド)


・エクストラデッキ
LINKモンスター・・トーチゴーレムセット+汎用リンクで10枠使用しました。
余裕があればトポロジックボマーやエレクトラムのような浮幽さくら用EXモンスターも採用したかったです。

エクシーズモンスター・・ランク6で3枠、ランク7で2枠を採用しました。
ランク7のレッドアイズ、ビッグアイ、ドラゴサックを積みたかったのですが枠が無く不採用に。
体感だとランク6よりランク7の方が出るので、採用枚数を逆にしても良いかもしれません。


はい、という事で以上でデッキ紹介を終わりたいと思います。
かなり面白く強いデッキになったので、ブラマジで大会に出たいという方は是非参考にしてみて下さい。

↓3日前は38位!本日現28位!ド底辺からどこまで這い上がれるか・・。応援お願いします!↓

・ブラックマジシャン
大好きなテーマ「ブラマジ」を今の環境用に構築したいと思います。
まずは土台となるサンプルレシピを紹介。

【魔導ブラックマジシャン
@@@









こちらは去年の夏頃に使用していたレシピです。規制前なのでグリモの魔導書がフル投入ですね。

これを基盤に考えていきたいと思います。


【モンスター枠】
「ブラマジ」「幻想の見習い」「ロッド」は3積みで良いと思います。
初手に欲しいカードですし。デッキの核となるので。

「バテル」はグリモが制限になった今、やや魅力が落ちた印象です。
なのでこの枠は思い切って全抜きにしましょう。

これでモンスター9枠が決まりました。
続いて手札誘発ですが、こちらは少なくとも10枚前後は用意したいところ。
”うらら3、増G3、うさぎ2、ヴェーラー2”・・辺りが妥当でしょうか。

という事で19枠が決定。残り21枠を考えていきましょう。


【魔法罠枠】

勝ち筋兼サーチカードの「黒の魔導陣」は3枚確定でしょう。
「イリュージョンマジック」はブラマジへのアクセス手段ということで1枚は積んでおきたいですね。
これが1枚あるだけで「ロッド」がブラマジ2枚に変換出来るので。
「黒魔術の継承」は条件付きですが優秀なサーチなので1枚は積んでおきたいです。
専用罠の「マジシャンズナビゲート」「永遠の魂」はどちらも強力かつ早い段階で構えたいカードなので3枚づつ採用したいところ。。

ということで19枠+11枠で30枠が決まりました。
残りの10枠は自由枠ですね。
では、この自由枠について考えてみたいと思います。


【枠候補 その1 「トーチゴーレム」「ゴウフウ」】
パワーカードの採用という非常にシンプルな回答です。
単体でスカルデットに繋げる事が出来るので手札が非常に安定します。
理想の動きを決めるための要求手札枚数が多いのがブラマジデッキの弱点なので、こういったカードは出来れば積みたいところ。
本来であれば痛手にならないハズの「増殖するG」が刺さるのがネックですね。


【枠候補 その2 「魔導書」】
魔法カードを墓地に貯めやすいので「黒魔術の継承」の発動条件を満たしやすいです。
ドロソの増加はデッキを安定させますし。
ただ、グリモが制限になったのが非常に残念です。
これによりグリモ→バテル→ルドラの動きが決めにくくなり、魔法カードを2枚墓地に貯め辛くなってしまいました。グリモが緩和されれば。。


【枠候補 その3 「フィールド魔法」】
”テラフォーミング、盆回し、チキンレース、魔法族の里”を採用し、先攻で里ロックをかけます。これは真竜環境時に実際に使っていたプランですね。
魔法カードを墓地に貯めやすいので「黒魔術の継承」とも好相性。
真竜環境時に比べるとテラフォーミングや盆回しが規制されている点が残念ですが、今期は閃刀姫やPテーマがいるので決まれば詰みまで持っていける可能性も秘めているプランです。
暴走魔法陣とアレイスターなんかを一緒に採用するのも良さそう。


【枠候補 その4 「閃刀姫」】
エンゲージ、ホーネットビットを採用する事で展開に幅が出ます。
ホーネットビット+手札誘発チューナーからサモソ+レベル8シンクロ+墓地にブラマジなんて盤面も作れますし、かなりアリな枠だと思います。
トーチ同様、本来であれば痛手にならないハズの「増殖するG」が効いてしまうのがネックですね。


はい、という事で様々な案を出してみました。
どの案も一長一短あるので非常に悩ましいのですが、今のところ閃刀姫&トーチの同時採用が一番パワーが高いので良さげだなと思ってます。ただ、ブラマジ感がかなり薄れる気もしますが。。

実際に大会で使用した際はデッキ紹介記事をUPさせて頂きますので是非ご覧ください。


それでは本日はこの辺で。ではでは。。

↓現在38位!ド底辺からどこまで這い上がれるか・・。応援お願いします!↓


・空牙団
本日は新テーマ「空牙団」のデッキ紹介と各カードの評価をしていきたいと思います。

【空牙団とは?】
下級空牙団の共通効果である『手札から空牙団を特殊召喚する』&『空牙団が特殊召喚された際に効果を発動する』を使い、盤面に空牙団を並べつつ効果を発動していくテーマです。
特殊召喚する空牙団のレベル指定が無いので、上級空牙団を簡単に場に出す事も出来ます。

・各カードの評価
まずは各カードの評価から。今回は五段階で評価していきます。
あくまでも僕の主観による評価なので、その点はご理解ください。

【上級空牙団モンスター】
空牙団の英雄 ラファール
空牙団の英雄 ラファール》☆☆☆☆☆
特殊召喚時のドロー効果がかなり優秀です。
天罰効果も使い勝手◎。コストとして手札の空牙団カードを必要としますが、それに見合った強力さですね。
”いかに早くラファールを着地させるか”が肝になると思います。


空牙団の叡智 ウィズ
空牙団の叡智 ウィズ》☆☆☆
特殊召喚時にライフ回復効果がありますが、回復量はせいぜい1000LP程ですし微妙な印象です。
チェーン2で発動する事で他の下級空牙団の効果を手札誘発等から守る・・なんて事も出来ますが、本当にそれくらいですね。
魔法罠を無効にする効果は当たるデッキ次第では活躍してくれそうです。
攻守が逆(攻2800/守1600)なら評価は上がりました。


空牙団の豪傑 ダイナ
空牙団の豪傑 ダイナ》☆
特殊召喚時の墓地除外効果は相手次第では機能しそうですが、ドロー効果なんかに比べると限定的過ぎますね。先攻時ではまず使えませんし。
空牙団を戦闘から守る効果も微妙。戦闘以外での処理が主流な環境ですし。


空牙団の孤高 サジータ
空牙団の孤高 サジータ》☆
バーン効果は与えてもせいぜい1000LP程なので微妙な印象。
対象不可効果は閃刀姫のような相手であれば活躍しそうですね。
一応、サジータがいれば無限抱擁やヴェーラーから下級空牙団を守れますが、そもそもサジータが着地している時は相手が抱擁やヴェーラーを持ってない時なんですよね。。
そういう意味でも、いまいち使い時が分からないカードだと思います。


【下級空牙団】
空牙団の参謀 シール
空牙団の参謀 シール》☆☆☆
墓地回収効果は序盤では使い辛そうですが、中盤以降であればビート並みに活躍しそうです。
後述するヘルマーと組み合わせてフル投入するのもアリかもしれません。


空牙団の闘士 ブラーヴォ
空牙団の闘士 ブラーヴォ》☆☆☆
下級空牙団では一番の高打点です。500パンプ効果も使い勝手が良いですね。
自身の打点もちゃんと上がるのが◎。2400打点になるので大抵のモンスターは戦闘破壊出来るサイズになります。
ビート+ブラーヴォからラファールをサーチする事で7400ダメージまで与えられます。


空牙団の剣士 ビート
空牙団の剣士 ビート》☆☆☆☆☆
サーチ効果が最強です。ビート+下級空牙団の二枚からラファールサーチ→そのまま特殊召喚までいけるのが素晴らしいですね。
現状、空牙団で一番強いのがこの”ビート+下級空牙団”の動きになります。
戦士族なので増援も含めてデッキ内に4枚積めることに。


空牙団の舵手 ヘルマー
空牙団の舵手 ヘルマー》☆☆
手札の空牙団を1ドローに変換する効果を持っています。
空牙団は基本腐る事がないので(特殊召喚出来ますし、ラファールやウィズのコストとしても使えるので)、わざわざ捨てる必要が無いんですよね。
ただ、前述した空牙団シール効果を序盤から使う為や蘇生カードと組み合わせやすいという事を考えると採用の余地はあります。
せめて攻1300くらいあれば打点としてカウント出来たんですけど、攻0だと盤面に出す意味も薄いんですよね。そこがかなり勿体ないな・・と。


空牙団の撃手 ドンパ
空牙団の撃手 ドンパ》☆☆☆☆☆
表側カード破壊効果は強力です。
蘇生カードと合わせる事でフリーチェーンの除去としても機能しますし評価は高めです。


空牙団の飛哨 リコン
空牙団の飛哨 リコン》☆☆
こちらはセットカード破壊ですね。
やはり表側カード破壊に比べると使い勝手は悪い印象です。


【空牙団魔法罠】
烈風の空牙団
烈風の空牙団》☆☆☆☆
専用の蘇生速攻魔法です。守備表示でのSSだったりオマケ効果(破壊耐性等)が無かったりと若干の物足りなさは感じますが、それでも強いと思います。
相手ターンに使える蘇生札は空牙団と非常に噛み合うので。


空牙団の修練
空牙団の修練》☆☆
空牙団をリクルート出来ますが、戦闘破壊された際は下級空牙団の効果を使えないので(ダメステ時に効果発動出来ない裁定の為)、かなり残念な印象です。
名称ターン1は無くても良いと思うんですけどね。同名カードのリクルートは出来ない訳ですし。


はい、という事で全空牙団の評価をしてみました。
では最後に大会で使用した空牙団デッキをご紹介します。

・デッキ紹介
kuugadann













個人的に評価の高い空牙団カードのみ採用しました。
下級空牙団の枚数をもう少し増やしたかったのですが、それよりも妨害札やサポートカードに費やすべきだと判断しました。
下級が何体いても結局ビートが無いとジリ貧なので。
強欲で貪欲な壺は空牙団にマッチしたドローソースなので個人的には3確です。
デッキを除外する事が苦になりにくいテーマですしね。

トーチゴーレムとゴウフウはスカルデットになれるので採用しています。
スカルデットによる4ドローでビートを引きつつ特殊召喚まで持っていきたいですね。
増殖するG,幽鬼うさぎが苦手なので墓穴もフル投入しています。

サイドとエクストラは特に必須カードはないので自由に決めてもらってOKです。
僕はトーチを入れているのでトーチセット(アカシック等)を採用していますが、トーチを入れないのであれば浮幽さくら用に枠を割いたりするのも良さそうです。


という事で本日は空牙団のカード評価&デッキ紹介をさせて頂きました。
正直、環境テーマに比べると見劣りするパワーですが、中堅レベルの強さはあるかなと思います。
何より使って楽しいテーマですしね。
安価で組めるので気になる方は是非組んでみて下さい。

それでは。。
↓お時間ありましたらクリックお願いします!↓

このページのトップヘ