遊戯王 ブログランキングへ

アニブログ

テンション低めに更新中。完全趣味のノンアフィブログです。

タグ:制限改訂

皆様お久しぶりです。
約1年ぶりの更新となりました。
何故こんなにも更新出来なかったのか・・とか色々と語りたい事もあるのですが、まずはタイトル通り制限改訂についての感想を書いていこうと思います。

【禁止】1枚

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」
《使用デッキ》ガンドラワンキル

ドラゴン族を使った展開デッキで使用されていたカードです。
ガンドラワンキルを意識しての規制でしょうが、レダメが絡まないワンキルパターンもあると聞きますし抑止力になるのかは不明。
キャノンソルジャー系を一網打尽にしたのですから、諸悪の根源であるガンドラを規制してダークマターなんかを緩和する改訂の方が良かった気もします。
ファンも多いカードですし。


【制限】3枚

「SRベイゴマックス」
《使用デッキ》転生炎獣・オルフェゴール・セフィラ
チェーンを組まず、召喚権を使わずに2体のモンスターを並べる事が出来るという事から様々なデッキで採用されていたカードがついに制限に。
相方のSRタケトンボーグ(素引きしたくないゴミ)も合わせて採用しなければならないという都合上、採用はほぼ無くなると思われます。
カードパワーが高すぎる印象だったので、個人的には素晴らしい規制だと思います。



「終末の騎士」
《使用デッキ》オルフェゴール・恐竜サンドラ
類似効果を持つマスマティシャンが既に規制されているという事を考えれば当然の規制だと思います。
むしろ汎用性でいえばコチラの方が上で、
『デストルドー→ハリファイバー』
『ゴアトルス→究極進化薬』
『オルフェゴールディヴェル→オルフェゴール展開』
といった様々な形で使われてきました。
オルフェゴールは代替が効きますが、恐竜サンドラは終末の騎士への依存度が非常に高かったので、今回の規制は大きな痛手だと思います。



「サンダーボルト」
《使用デッキ》無し
伝説的カードがついに帰ってきました。
約15年ぶりの緩和との事で情報解禁直後は”サンダーボルト”がトレンド入りする程の盛り上がりを見せました。
が、騒がれている割には採用されないカードではないかなと思っております。
何故なら環境上位(転生炎獣、閃刀姫、サンドラ)のデッキに対して”モンスター破壊”が効き辛いからです。
類似カードのブラックホールですら全く採用されず、上位交換とも言える拮抗勝負の存在を押しのけてまで採用されるかと言うと・・・。
思い出補正でとりあえず採用したけど徐々にデッキから抜けていくカードだと思います。


【準制限】4枚

「真竜拳士ダイナマイトK」
《使用デッキ》命削り真竜

真竜のエースモンスターが準制限に緩和。
キーパーツの多くが規制されていた真竜ですが、時代の流れと共に徐々に緩和されてます。
影霊衣なんかと同じですね。
基本スペックが高く、対罠ビに対しての相性は非常に良いのですが、速い環境ではやや厳しい印象も受けます。
今回の制限改訂で上位陣の展開速度が落ちるようであればチャンスはありそうです。



「餅カエル」
《使用デッキ》ガエルバジェ・プランキッズ
環境ではまず見ないカードでしたし、新ルールによりエクシーズモンスターを出す前にリンクモンスターを出す準備が必要という点での緩和だと思います。
餅カエルを2体並べるよりガンドラワンキルする方が簡単そうです。
緩和されてもあまり見かけないかなと思います。



「ヒーローアライブ」
《使用デッキ》HERO・各種展開デッキの補助
剛鬼のせいで規制されてしまったカードがようやく戻ってきました。
HERO使いにとっては待望の緩和ですね。そもそもが冤罪規制という感じでしたし。
むしろ遅かったくらいですが。
1枚で色々と悪さが出来るカードなので、HEROデッキはもちろん、その他のデッキでも見かける機会は増えそうですね。



「リミッター解除」
《使用デッキ》列車・サイバー流
大味のパワーカードが緩和されました。
環境ではまず見かけないカードですし、攻撃力UPが軽視されている時代なので緩和されたのだと思います。
対機械デッキを相手にする場合は頭の片隅に置いておくと良いかもしれません。



【無制限】5枚

「源竜星ボウテンコウ」
《使用デッキ》セフィラ・竜星
妨害を構えたり展開に繋げたりと1枚で色々な活躍を見せるカードですが、相棒のハリファイバーが規制された為か無事に無制限となりました。
ボウテンコウの為に大事なエクストラの枠を割くのも現実的じゃありませんし。
無制限になったからと言って複数採用はされないと思います。



「妖精伝姫シラユキ」
《使用デッキ》芝刈りノイド・芝刈り系
相棒とも呼べる隣の芝刈りは依然として準制限ですし、墓地に複数枚落ちたからと言って嬉しいカードでもないので無制限になっても大きな影響は無さそうです。



「Emダメージ・ジャグラー」
《使用デッキ》無し
釈放された時は大いに盛り上がりましたが、実際に大会等で使われる事は無く、無事に無制限カードとなりました。
ダメージ回避手段としては心もとなく(儚無みずきのような上位交換もいますし)、サーチ先のEmモンスターもパッとしないという点で無制限でも問題は無さそうです。



「ユニオン格納庫」
《使用デッキ》ABC
最強のフィールド魔法がついに帰ってきました。
エースモンスターのドラバスは相変わらず制限中なので、一度除去られると立て直しが効かないという脆さはありますが、デッキ自体の安定性はグっと上がったように思います。
一時期流行った罠型ABCのような構築が良さそうだなと思います。



「神の警告」
《使用デッキ》サブテラー・オルターガイスト
最近の環境は1.2体のモンスターを処理した所で焼石に水というか、リソースが残ってしまうので罠ビートは永続罠(センサー万別、午前試合)に頼る傾向にありました。
ライフコスト的にも複数枚採用は厳しそうですし、無制限になったからといって罠ビートデッキにとっての追い風になるかと言われると疑問です。
※今期、神の警告不採用というサブテラーは少なくなかったです。


はい、という事で2019年4月からの制限改訂の感想を綴ってみました。
規制は少なく緩和が多いという改訂でしたね。
そういう制限改訂大好きなので非常に好感が持てました。
ただ、環境に与える影響はほとんど無いので新鮮味は無さそうです。


【個人的要望】
最後に個人的に規制して欲しいカードを書いていきます。


「レッドリブート」
《使用デッキ》展開系全般のサイド
最強の罠ビメタ。1枚で全てのバックをゴミにしてしまいます。強すぎ。
僕自身、罠ビを使用しているというのもありますが、1枚でゲームセットさせてしまうカードは規制が必要だと思います。
デメリットに対しての効果が強過ぎです。



「墓穴の指名者」
《使用デッキ》展開系全般のメイン
展開補助としての性能が非常に高いです。
自ターンでの手札誘発ケアはもちろん、相手ターンでの妨害にも使えるという点で先攻ゲーを加速させてしまう要因の一つではないかなと思います。



「魔鍾洞」
《使用デッキ》魔鍾洞チェーンバーン
ここ最近で1番嫌いなカードです。
”妨害の質が高すぎる”
”アクセス手段が豊富過ぎる”
”メインでの回答が無さ過ぎる”
・・と三拍子揃ったカード。
「貼られたら負け」というデッキも少なくないと思います。
サイドデッキでの対策は可能ですが、相手に遅延をされてしまうと2本目を仮に取れたとしても3本目でETに突入し負けてしまいます。
早急な対応が望まれる害悪カードだと思います。


最後は私怨まみれの感想になってしまいました。すみません。
本日は以上です。これから更新していきますので良かったらまた見にきて下さい。

↓良かったらクリックお願い致します↓
ブログランキングバナー

・制限改訂
スタ速のフラゲが流れるまでおあずけ状態だった”制限改訂”ですが、最近は”遊戯王.jp(ユウギオウドットジェイピー)”のお陰で、素早く正確な情報を手に入れる事が出来るようになりました。
ありがたいですね。

スタ速さんといえば、情報解禁前に『そろそろいきますか・・・』なんてツイートをして情報を心待ちにしているYP達を盛り上げるんですよね。
で、それを見たYP達が「来るぞ・・!!」なんて感じで案の定、盛り上がっちゃって。。

そんな感じの盛り上がりが見れなくなるかと思うと少し寂しいような気もしますが。



では早速ですが、今回の制限改訂での個人的注目カードTOP5を挙げていきます。


第5位『灰流うらら』
手札誘発のように相手の妨害にしか使えないようなカード(展開札ではないカード)は規制すべきでないという考えなので、前々回の”増殖するG準制限化”には大反対でした。
ただ、今回の規制はソレとは状況が全然違うんですよね。
何故なら灰流うららには、増殖するGを止めるという役割があるから。
つまり”展開デッキが先攻で握っていて強い手札誘発”になっているんですよね。
なので、灰流うららの規制はまあ納得かなと思います。
採用率100%という汎用性の高さも規制の後押しになったのでしょう。


第4位『グリモの魔導書』
ついに帰ってきましたね。
そもそもが冤罪逮捕って感じだったのでアレなんですけど。
まあ、無事に釈放されて良かったなと思います。
代わりにルドラの魔導書が制限になりましたが、それに関しては仕方ないかなと思います。
魔導の出張ギミックは強すぎたので。
これで純魔導も組めるようになりましたし、ブラマジに魔導ギミックを搭載する事も出来ます。
楽しみ。


第3位『エルシャドールネフィリム』
ようやく帰ってきたな・・という感じです。
今は圧倒的に先攻が強い環境なので、昔ほど”後攻でのデッキ融合”が脅威ではない印象です。そういうのも緩和の後押しになったのはないでしょうか。
ただ、これでシャドールが強くなったかと言われると微妙ですね。
何故なら代わりにミドラーシュが制限になったから。
出張性能は大幅に上がったと思うので、”シャドール〇〇”を見かける機会が増えるかなと思います。
純シャドールは・・見かけないでしょう。


第2位『召喚師アレイスター』
採用出来る枚数が1枚と2枚じゃ全然違うんですよね。
これで純召喚獣デッキが組めるようになりました。素直に嬉しいです。
代わりにメルカバーが規制されましたが、大した痛手ではないように思います。
それにしても今回はこういう緩和(規制)が多いですね。
〇〇を緩和する代わりに△△を規制する・・的な。


第1位『神の宣告』
遊戯王を始めた時からずーーーーっと1枚しか積めなかったカードなので、これが2枚積めるようになったというのは驚きの一言です。
早速、サブテラーデッキに2枚積んだのですが違和感が凄いですね。

まあ、それだけ罠が弱い時代になったという事ですよね。。
こういう妨害カードの緩和は罠ビ好きとしては嬉しいのですが、ちょっと複雑だったりもします。


という事で個人的に気になるカードを挙げてみました。
その他のカードは各自で調べて下さい。
それでは。

↓昨日23位!今日は何位でしょう・・。良かったらバナークリックお願いします!↓

・いつも作ってる画像

無題


















【一言】
制限改訂の度に作っている画像です。
基本的に一強環境の時は面白くないのであまり作らないのですが(十二獣環境の時とか)、今回はKONAMIへの皮肉も込めて作ってみました。
最初は作る気が無かったので、かなり遅めの投稿になっちゃいました。

今期は群雄割拠した良環境になりそうですね。3ヶ月間楽しみましょう。(棒読み)

Twitterの反応を見てると、本気で盛り上がると思っている人もいるみたいでちょっと驚きでした。
「アニさんは盛り上がりそうとか書いてるけど、流石に今期は微妙でしょ・・」みたいな。

ピュアか。


短いですが、この辺で。ではでは。。
↓現在、1位!クリックよろしくお願いします↓
 

・制限改訂
ついに制限改訂が発表されましたね。
以前はスタ速さんのフラゲ待ちでしたが、今は公式サイトからの発表なので情報が早くて正確です。
専売特許感のあったスタ速さんはドンマイですね。

前置きはこれくらいで。

では早速制限改訂についての感想に移りましょう。
今回はテーマごとに触れていきます。

【恐竜】
魂喰いオヴィラプター(制限)
ベビケラサウルス(制限)
ボウテンコウ(制限)
化石調査(準制限)
ドラゴニックD


【感想】
思ったよりもキツめに規制された印象です。
”サーチカード、割るカード、割られるカード”全てが規制されてしまいました。
核となる「オヴィラプター」へのアクセス手段が一気に減ったので安定しなさそうですね。
アルコン過激派や恐竜竜星型も一応作れそうですが以前のようなパワーは無いでしょう。


【真竜】
マスターP(禁止)
ドラゴニックD(禁止)
ダイナマイトK(制限)
真竜の継承(制限)
真竜皇の復活(制限)


【感想】
ここまでやるかってくらいの規制ですね。まさか永続魔法罠にまでかけるとは思いませんでした。
流石にここからの復活は無理でしょう。
出張要員としても厳しそうですね。
天気デッキにワンチャン採用されるかも・・くらいでしょうか。


【ABC】
ドラゴンバスター(制限)
テラフォーミング(制限)


【感想】
格納庫緩和で暴れたので3ヶ月で規制。。あっという間でしたね。
制限になったせいで怪獣なんかで処理されると挽回不可になりましたが、スタンバイ分解なんかでケアしていくのでしょう。。恐らく。
個人的には格納庫制限よりもドラバス制限の方が未来があると思っているので、今回の規制は割と納得です。
程よいパワーダウンになったと思います。


【召喚獣】
アレイスター(制限)

【感想】
ほぼ死にました。
アレイスターを持ってくる暴走魔法陣も採用し辛くなりましたし出張要員としての活躍は今後見込めないでしょう。
魔術師デッキは元からアレイスター1枚積みなので被害は皆無ですが。
個人的に好きなテーマなので非常に残念。


【その他個人的に気になったカード】

グリモの魔導書(制限)

【感想】
純魔導は「ルドラの魔導書」が来る前より弱体化するというまさかの事態に陥りました。
規制するポイントが明らかに間違ってますよKONAMIさん。
「ルドラの魔導書」が登場してからの採用率は確かに高かったのですが、それは「召喚獣」や「WW」といった優秀過ぎる魔法使い族がいたからこそです。
今回それらが規制されたのに何故グリモまでかける必要があったのでしょうか。。
3ヶ月後に「あれ?今期全然採用されてないな。よし無制限に戻すか!」となる事を願ってます。


増殖するG(準制限)

【感想】
1番の謎改訂です。
先攻ブンブンの抑止力となるカードを何故規制するのでしょうか。
”スパイラルを後押ししている”以外の理由が思い浮かびません。


貪欲な壺(準制限)

【感想】
今回の緩和で1番驚いたカードですね。むしろ規制される類のカードだと思っていたくらいなので。
リンクが充実する程に威力を増していきそうです。



はい、という感じで色々と感想を書いてみました。
なんやかんやと書いてますが、個人的には割と納得のいく改訂でした。
この制限改訂+スパイラルがいない環境で1度やってみたかったなって感じです。


今回もそうですが、基本的に緩和カードはスルーしてます。
規制されるカードと違って、緩和されるカードには特別な理由が無いからですね。
”時代と共に環境がインフレするのは当然=過去の規制カードが緩和されるのも当然”の流れなので。


※コメント返しは今からします。遅れてしまってすみません。

以上です。ではでは。。

クリック感謝です!サボってたら2位になってました・・

 


・制限改訂
本日は後編になります。
前編はコチラ→「

では早速参ります。


「削り真竜」
前期から結果を残しているテーマですね。
今期に入り、「ドラD」x2「マスP」x2「命削りの宝札」x1「テラフォ」x1・・と、キーパーツが軒並み規制されてしまったのですが、そんな事にはお構いなしって感じで結果をガンガン残してます。
個人的には数ある命削り系デッキの最高峰に位置するデッキだと思ってます。
命削りデッキにありがちな”先攻は強いが後攻は弱い”なんてこともないんですよね。
本当に強いデッキです。

【規制候補】
「マスターP」→禁止
これで十分かなと思います。
真竜自体のギミックは全然悪くないんです。ただ「マスターP」だけが強すぎるんです。
「ドラD」「マジェスティM」によって簡単にサーチが出来るので制限でも相変わらず大暴れでしたしね。凶悪犯には禁止以外の道はないのかなと思います。

「ドラD」の規制も悩みましたが、こちらは「マスターP」のせいで不当な扱いを受けてるだけな気もするんですよね。
単体で見れば割と良カードだと思うので制限のままで十分かなと。



「召喚真竜」
召喚権の残りやすい真竜が召喚権の使い道として「召喚師アレイスター」を採用したデッキですね。
こちらも前期から結果を残しています。
「魔導」や「WW」を混ぜた構築があったりと構築自由度が高いイメージです。

【規制候補】
「マスターP」→禁止
先ほどの削り真竜と同じですね。
召喚獣のギミック自体は悪くないと思うので(むしろ良テーマ)、規制はしなくても良いと思うんですよね。。
仮に規制するとすれば”メルカバー制限”が良いかな。

召喚獣というテーマが好きなせいでちょっと贔屓しちゃってるかもしれません。
という事で4強については以上です。
とりあえず恐竜とマスPの規制をお願いします!・・って感じです。

では次にその他のカードについても書いてみます。


「その他のカード」
【規制候補】
「ファイアウォールドラゴン」→制限
・・・あらゆるループに使われ過ぎです。
面白そうな即死コンボも結局コイツからのアマゾネス射手とかですからね。もう見飽きました。
今後、LINKモンスターやLINKと好相性なカードが出る度にコイツの存在が邪魔になると思います。
早めの規制を願います。


「スケープゴート」→制限
あらゆるデッキに採用されていましたね。
1枚でLINK4になれるっていうのは、どう考えてもパワーが高すぎるかなと思います。
今後LINKモンスターの種類が増える度に強くなるでしょうし、こちらも早めに規制すべきかなと。


「はるうらら」→準制限
基本的に手札誘発カードの規制は反対なのですが(海外の増G制限とかあり得ないです)、このカードに関しては規制されても仕方ないように思います。
1つ目の理由は汎用性があまりに高すぎるから。
どのデッキもこのカードを3積みする所から構築を始めるようになってますし、ちょっと面白みがないかなと思うんですよね。
2つ目の理由は増殖するGを止められるから。
僕が手札誘発の規制を反対するのは、ソレが”先攻ゲーへの対抗手段となり得るから”なんですよね。
先攻ブンブンへ一矢報いる事が出来る唯一の存在なので規制はすべきじゃない!・・と思う訳です。
ただ、「はるうらら」は違います。
このカードは先攻展開に一矢報いてくれる「増殖するG」を逆に返り討ちにしてしまうんです。。
つまり、先攻ゲーを加速させ兼ねないカードなんですよね。
そういう理由から規制すべきかなと思う訳です。


「命削りの宝札」→準制限
世界大会小学生の部でチェーンバーンが優勝したり、命削り系デッキが結果を出したりという事で規制が懸念されていますが、個人的には準制限のままで問題ないと思ってます。
単体で見れば3ドローの可能性を秘めた強力なカードなのですが、手札誘発との相性の悪さや構築段階で制約があるので、全体で見ればそんなに悪くないカードなのかな・・と。
確かに強いのですが、手札誘発が強ければ強くなるほどに評価が落ちるカードという印象です。


はい、こんな感じで来期の制限改訂予想をしてみました。
今回は割と規制対象が明確だったように思います。
個人的には「スパイラル」の早すぎる規制にも期待しているのですが、さすがにそれは無いかな??
「機械複製術」→制限とかでも全然良いので何らかの規制があれば嬉しいのですが。

という事で本日は以上です。ではでは。。
皆さんのお陰でランキング1位になりました。
お時間がありましたらクリックをお願いします。↓
 

このページのトップヘ