2015年06月

    1: オムコシ ★ 2015/06/30(火) 01:56:28.84 ID:???.net
    シネマトゥデイ 6月29日 20時27分配信

    no title

    2位に入った「シンガンクリムゾンズ」 会社員しながらバンドするという妙にリアルな設定のキャラクターも - (C)2012, 2015 SANRIO

     サンリオキャラクターの人気投票企画「2015年サンリオキャラクター大賞」の結果が27日に発表され、
    ハローキティなどの人気2頭身キャラクターを生み出してきたサンリオのイメージを覆すような、
    等身&デザインのキャラクターがトップ10の4割を占めていることが注目を浴びている。

     その代表格が、18年ぶりの1位に輝いたポムポムプリン(獲得票数:27万837票)に続いて2位に入った「シンガンクリムゾンズ」(獲得票数:27万802票)だ。
    イラストには、ハイライトや影などの表現や色を多用したアニメ調で、少なくとも6頭身以上ある男性4人組が描かれている。
    彼らからはほかのサンリオキャラが醸し出す、ゆるさはみられない。
    そんな「シンガンクリムゾンズ」は、トップ10で同じく異彩を放っている「プラズマジカ」
    「トライクロニカ」「徒然なる操り霧幻庵」と同じキャラクタープロジェクト「SHOW BY ROCK!!」によって誕生した。

     「SHOW BY ROCK!!」は、サンリオ初のゲーム・アニメファン向けのプロジェクトとしてスタート。
    音楽とバンドをテーマに、キャラクターたちが世界一のバンドを目指す過程が描かれている。
    2013年7月にはリズムアクションとキャラクター育成ゲームの要素を組み合わせたスマートフォン向けゲームアプリを配信し、2015年4月にはテレビアニメの放送を開始した。
    そして「サンリオキャラクター大賞」の上位を占めるほどの人気を誇ることになるが、グッズはサンリオの公式オンラインショップで検索しても見当たらない。
    ここに子供や女性を中心に人気を集めてきた従来のサンリオキャラクターとの違いがある。

     ゲームアプリは、音楽に合わせて三つのボタンをタッチするという子供や女性を含むライトユーザーも取り込みやすいつくりになっているが、
    テレビアニメは基本的に夜22時や27時の「深夜アニメ」として放送。
    子供向けの朝・夕方ではなく、コアなアニメユーザーを取り込める時間帯に設定された。限定グッズも、ゲーマーズやアニメイトなどアニメファン御用達の店で販売。
    これにより、子供や女性を中心とした幅広い客層を対象とするほかのサンリオキャラと一線を画し、
    「SHOW BY ROCK!!」は層を絞り、ニッチなファンの声にも対応しやすいキャラとして差別化した。

     以前、ハローキティのファン「キティラー」をキャラクター化した「ハローキティといっしょ!」が、
    “オタクの祭典” コミックマーケットに出展したことが話題を集めたが、こちらはサンリオの子会社であるサンリオウェーブが展開。
    そのため、「SHOW BY ROCK!!」は、サンリオが“萌え”路線に本腰を入れた作品ともいえる。
    また今回「サンリオキャラクター大賞」の上位に入ったことにより、マクドナルドのハッピーセットのおもちゃになることも決定。
    よりサンリオキャラとして周知されることで、サンリオにどのような変革がもたらすのかにも注目だ。(編集部・井本早紀)

    no title


    http://www.cinematoday.jp/page/N0074488

    【【話題】サンリオキャラに異変?6頭身のアニメ調キャラが人気!“萌え”に本腰】の続きを読む

    1: coffeemilk ★ 2015/06/27(土) 19:57:31.17 ID:???.net BE:287993214-PLT(14012)

     「第30回サンリオキャラクター大賞」の結果が6月27日、発表されました。1位はポムポムプリンに決定!

     2位は「SHOW BY ROCK!!」に登場するバンド「シンガンクリムゾンズ」、3位はシナモロール、4位はぐでたま、5位はマイメロディ。

     シンガンクリムゾンズのほかにもプラズマジカ(6位)、トライクロニカ(8位)、徒然なる操り霧幻庵(10位)、クリティクリスタ(13位)とSHOW BY ROCK!!キャラクターが多く上位入りしています。

    no title

    no title


     昨年のキャラクター大賞では1位がマイメロディ、2位がハローキティ、3位がリトルツインスターズ、4位がポムポムプリン、5位がシナモロールとなっていました
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1506/27/news024.html

    1~20位
    no title


    no title

    no title

    【【サンリオ】「サンリオキャラクター大賞」1位はポムポムプリンに 2位はシンガンクリムゾンズ】の続きを読む

    f23110d7_1264273760590


    1: オムコシ ★ 2015/06/24(水) 11:35:42.38 ID:???.net
    映画やドラマ、小説、マンガなど、登場人物に感情移入しながら、ストーリーを味わうのはとても楽しいですよね。
    ただ、中には想像もしていなかったような、衝撃のバッドエンドを迎える作品も。
    そこで今回は社会人に、印象に残っている「バッドエンド作品」について聞いてみました。
    多少のネタバレも含まれますが、結末がわかっていても、その衝撃度は変わらない作品ばかりです!

    ■近ごろは、バッドエンドがはやり?

    ・「ドラマ『BORDER』。法で裁けない犯罪者を憎むあまり、自分もそちら側に堕ちてしまうのが印象的だった」(女性/31歳/小売店)

    ・「『○○妻』のラスト。何も殺さなくても良いと思った。後味が悪い。納得いかない」(女性/30歳/小売店)

    ・「『相棒13』最終回。相棒が容疑者で逮捕されて終わる。
    杉下右京も無期限停職になる。もう続編はないのだろうか」(女性/23歳/団体・公益法人・官公庁)

    まだ記憶に新しいドラマですね。結末に衝撃を受けた人は多いようです。

    ■予想を裏切る結末

    ・「『東京ラブストーリー』。主人公の二人がくっつかなかったのが印象的だった」(男性/33歳/機械・精密機器)

    こちらは、少し懐かしいドラマ。リカとカンチの恋は、思いもよらぬ結末を迎えます。

    ■主人公が……

    ・「『あしたのジョー』。最後に、主人公が死んだようなシーンで終わるので」(女性/23歳/その他)

    ・「『デビルマン』。主人公もヒロインも無残な姿で終わってしまったので、
    子どものころ読んでいて何とも悲しい思いになった」(男性/25歳/自動車関連)

    昔のアニメは、こういった悲しいラストのものが多かった気がします。

    ■「パトラッシュ……」

    ・「『フランダースの犬』。最後に天国へ旅立つ姿が悲しく、気分が落ち込む」(男性/28歳/警備・メンテナンス)

    主人公ネロの最後のセリフが泣けます。
    ただ、ずっと見たかったルーベンスの絵にたどり着いたという点では、まったくのバッドエンドとは言えないかも?

    ■タイトルからは想像できない!

    ・「『School Days(スクールデイズ)』。かわいい絵柄とは裏腹に、ドロドロした内容で最後は救いがないエンドばかりだったから」(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁)

    タイトルからは「さわやか青春系」という印象を受けますが、実はかなりドロドロ。これから見る人は、覚悟しておいたほうがいいかも。

    ■こんな話だったとは!?

    ・「『縞模様のパジャマの少年』。ジャケットの感じだとハートフルストーリーっぽくて、そういう展開を予想していたが、
    まさかの救いのないバッドエンドでその落差が今でもトラウマ」(女性/27歳/金融・証券)

    パッケージと内容にギャップを感じる作品もありますよね。

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/13764

    ※続く

    【ネタバレ注意! 最終回をみて衝撃を受けたバッドエンド作品は? 「主人公の死」「主役の2人が付き合わない」】の続きを読む

    4053CImG1bQWsAEtCLU


    魔女の儀式を実行するために7人の魔女全員を揃えなきゃならない山田たち。残すはうらら、美琴、リカの3人。とにかくうららを救いたい山田は、生徒会役員の宮村を連れて美琴の家へ向かおうとするが、姉のレオナにつかまる。事情を話して焦る山田に、うららよりもまずリカを説得すべきだと話すレオナ。
    リカは、儀式に参加する代わりにレオナを学校へ連れてくるよう交換条件を出してきた。レオナは決心をして、かつて自分が超常現象研究部の部員だったこと、そして、もうひとりの部員・山崎春馬と魔女伝説を探り、山崎は記憶を消され、レオナは学校に行かずリカから逃げ続けていることを明かすのだった。


    【山田くんと7人の魔女 第12話「俺は白石が好きだ!」 感想・実況まとめ】の続きを読む

    img20150628-102451-976-854x480

    叔母ミクルからの真剣な頼みと、ヴァンガードとの間で思い悩むクロノ。そんなクロノにシンはファイトを持ちかける。初めて見るファイターとしてのシンの実力を前に、クロノは…。

    【カードファイト!!ヴァンガードG 第35話「新田シン」 感想まとめ】の続きを読む

    150627-1008370329-1280x720

    プリパラでのアイドルデビューのために、まずはマネージャーをさがそうとするふわりとらぁらたち。元々動物たちと仲のいいふわりはマスコット受けも良く、あっという間にたくさんのマスコットに囲まれて大人気。ところがそんなふわりを遠くからこっそり見つめるマスコットが…

    【プリパラ 第51話「プリンス様と不幸せの青い鳥」 感想・実況まとめ】の続きを読む

    150627-0950570235-1280x720

    「めざせ!ジュエル城」
    だらけた日々を送るルビー達に、オパールから里帰り命令が下された。だがジュエルランドに戻るゲートがどこにあるかわからない!噂では意外と近場にあるらしいが…。


    「潜入!ジュエル城」
    色々がんばった結果、ジュエル城へたどり着いた一行。あいりは魔法の国に来たことに感動するが、どうも様子がおかしい事に気づく。そうしていると、あいりのペンダントがひとりでに空へ飛んで行ってしまった!

    【ジュエルペット マジカルチェンジ 第13話「めざせ!ジュエル城/潜入!ジュエル城」 感想・実況まとめ】の続きを読む

    1: オムコシ ★ 2015/06/25(木) 22:33:41.35 ID:???.net
    no title


    『ゼロの使い魔』シリーズ続巻刊行のご報告

     2002年にMF文庫Jが創刊されて3年目の6月。
    『ゼロの使い魔』第1巻がヤマグチノボル先生により上梓されました。
    『ゼロの使い魔』がMF文庫J創成期を支える大きな作品となったことは、皆様のご存知の通りです。

     はからずも絶筆となった『ゼロの使い魔』ですが、病床のヤマグチ先生より完結までのプロットが遺されておりました。
    ヤマグチ先生より編集部に完結を託されていたこと。
    ヤマグチ先生の急逝後も弊社カスタマーセンターにファンの皆様から続巻を望む声が続々と届いていたこと。
    ご遺族からも完結させてほしいとのお言葉をいただいたこと。
    これを受けて、このたび『ゼロの使い魔』続巻の刊行を皆様にご報告をさせていただきます。

     『ゼロの使い魔』はあまりに偉大な作品であり、今回のご報告も皆様の様々な思いを呼び起こすであろうこと、承知しているつもりです。
    今はただヤマグチ先生が思い描かれていたルイズと才人の物語の結末を、大切に皆様へとお届けできるよう努めてまいります。
    刊行の詳細につきましては、今後こちらにて随時発表してまいります。
    どうかご寛容にお待ちいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

    MF文庫J 編集長
    万木壮

    http://www.zero-tsukaima.com/editors/

    【【ラノベ】ヤマグチノボル先生の『ゼロの使い魔』シリーズ、続巻刊行決定!!】の続きを読む

    img20150626-024615-342-854x480

    脚本:打越鋼太郎/絵コンテ:三原三千夫/演出:林明偉/作監:岩崎将大

    "Punchline"とは『ジョークのオチ』のこと。はたしてこの物語はどんなオチへと辿り着くのか…。
    人類の運命は!? 古来館の住人達は最高にハッピーでピースフルな未来を迎えることができるのだろうか!?

    【パンチライン 第12話「パンチライン」 感想まとめ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/23(火) 23:40:52.368 ID:q/fOS6BJ0.net
    no title

    33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 00:02:18.190 ID:6K/YpMK00.net
    >>1
    ありがと^^

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/23(火) 23:41:24.605 ID:4k0rhxPa0.net
    この子やぞ
    no title

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/23(火) 23:43:25.986 ID:q/fOS6BJ0.net
    >>2
    no title

    これとかな

    【アイカツで一番可愛い子の画像】の続きを読む

    このページのトップヘ