株式

    1: おんさ ★ 2014/08/18(月) 01:52:55.52 ID:???.net BE:302861487-2BP(1000)
    株価と美少女キャラのご機嫌が連動 業の深そうな“株連動”萌えサイト「IRroid」公開 ≫ 2014年08月14日 12時54分 更新
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1408/14/news064.html

    (本文)
     美少女キャラクターと株情報が連動する、なんだか業の深そうなWebサイトが誕生しました。その名も「IRro
    id(アイアールロイド)」。企業ごとに設けられた美少女キャラが、株情報などを萌え~な感じで発信するサイ
    トです。

    no title

    めっちゃ萌えてる!
    no title

    いっぱいいるぅぅぅぅ!
     女の子たちは「株価連動型の人工知能プログラム」という設定で、そのご機嫌は株価次第。株価が上がればニ
    コニコしてるし、下がれば泣いたり怒ったりするらしいです。好きなキャラクターをなるべく悲しませないため
    には……分かってるよな! いやまあ、1人の力ではどうにもならないかもだけど!

     サイトを作ったのは金融情報企業のQUICK。多くのユーザーに「企業を知る機会」を与えるべく取り組んでい
    るそうですが……1社ごとに応援キャラクターを用意するなんてすごいですね。しかも、企業の特色を感じさせ
    るキャラデザインなのが面白い。一種の擬人化ですな。

    no title

    シマノの応援キャラ「六車紗江子」たん。ネットで釣りはあかんで!
    no title

    北越紀州製紙の応援キャラ長岡麻理子ちゃん。かわいい……!
     例えば自転車パーツなどでおなじみシマノは、「六車紗江子(むぐるまさえこ)」というカワイコちゃんが応
    援中。自転車用のヘルメットをかぶり背中にロットを背負ったスポーティーな女の子で、いかにもシマノっぽい
    ! 「12100円で前日比0.16%のプラスやで。調子えーやん」とご機嫌の様子でした(記事執筆時)。

     一方、雪国っぽい透明感がキュンキュンする「長岡麻理子(ながおかまりこ)」は総合製紙メーカーの北越紀
    州製紙の応援キャラ。記事執筆時点では「450円で前日比0.22%のマイナスです。紙一重です……」と表情は曇
    り気味。製紙だけに紙一重……だれがうまいこと言えと!

    http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1408/14/ys_ir04.jpg
    記者の一押しはピジョンの応援キャラ「愛川めばえ」たん。めばえたん悲しませたらダメェエエエエエ!!!!
     このサイトにはこうしたキャラクターページ以外にも、4コマ漫画コーナーといったお楽しみコンテンツが用
    意されています。この漫画がまた、企業の過去のあれこれをサラッとネタにしていたりして面白い。先ほどの長
    岡麻理子ちゃんが登場する「ホワイトナイト」の回とかジワジワきますね……!

     年内には100を超えるキャラクターが掲載される予定とのことで、推しメンを選ぶのもなかなか楽しそうです。

    【【話題】株価と美少女キャラのご機嫌が連動 業の深そうな“株連動”萌えサイト「IRroid」公開 [2014/08/14]】の続きを読む

    1: オムコシ ★ 2014/08/14(木) 23:03:55.61 ID:???.net
    2014年08月13日 12時23分更新

    KLab<3656>は8月12日、2014年12月期第2四半期(2Q、4~6月)の決算を発表し、都内で決算説明会を開催した。
    売上高は前四半期比16%増の51億円、営業利益は同6倍の6億円と増収増益を果たした。
    主力タイトル『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』の月商が、アニメ2期の放映効果もあって、毎月過去最高を更新するなど好調。
    コスト削減も利益改善に寄与した。

    足もとの実績に基づいて第3四半期(3Q、7~9月)は月商20億円と見積もる。
    真田哲弥社長によれば、この予測は『ラブライブ!』が「9月まで伸び続けないという前提の保守的な売り上げ予想」とのこと。

    また真田社長は今後の方針として、『ラブライブ!』で培った「音ゲー」のノウハウを活用し、「西洋でヒットする音ゲーを作る」方針だと言う。
    加えて他社(サードパーティ)のゲームを配信する「パブリッシング支援事業」を成長ストーリーとして語った。
    (以下、かぎ括弧内は真田社長の発言)

    ■四半期売上高が過去最高…『ラブライブ!』や今年リリースのタイトルが好調

    no title


    2Qの売上高は51.6億円と、2013年9~12月(4ヶ月決算)を3ヵ月換算した場合、実質的に四半期として過去最高となった。
    『ラブライブ!』だけでなく、バンダイナムコと共同で提供する『テイルズ オブ アスタリア』や自社オリジナルタイトル『天空のクラフトフリート』といった、
    今年リリースしたばかりのタイトルも堅調な売り上げを示した。
    なお、新作タイトルのひとつ『かぶりん』は課題点を改良中とのこと。

    売上に占める比率はGoogle Playが4割、App Storeが4割と、ネイティブゲーム系が売上全体の8割を占める。
    その主軸である『ラブライブ!』の月商は4、5、6月と過去最高を更新し、今も伸び続けているという。
    『ラブライブ』は「女性ユーザーが意外と多いのが(嬉しい)誤算」という。

    http://gamebiz.jp/?p=133462

    【【企業】KLab決算説明会 「他社ゲームのパブリッシュ支援」と「西洋でヒットする“音ゲー”」で成長目指す】の続きを読む

    BtiKESeCQAA4234

    7月31日付の日本経済新聞朝刊は、バンダイナムコホールディングス<7832>の第1四半期(4~6月期)の連結業績について、売上高が前年同期比で微増の1070億円前後、営業利益が約1割増の150億円前後だったようだと報じている。

    報道によれば、音楽ライブ映像のDVDなど映像音楽事業が好調だったほか、『ONE PIECE』を題材とするスマートフォン向けゲームなどが伸びて利益を押し上げたとのこと。また、玩具事業では、主力の「機動戦士ガンダム」や、「アイカツ!」のカード販売、「妖怪ウォッチ」のキャラクター商品の販売も好調だったという。

    なお、バンダイナムコホールディングスは、この報道について、「第1四半期連結業績の発表を行っておりません」とのコメントを発表している。決算発表は8月5日の予定。

    http://gamebiz.jp/?p=132966

    【「機動戦士ガンダム」「アイカツ!」「妖怪ウォッチ」バンダイナムコHD、第1四半期の営業利益が1割増の150億円前後、この報道を受けて新高値】の続きを読む

    このページのトップヘ