1. かんこくじん(スレ主)

クリップボード01

クリップボード02

クリップボード03

クリップボード04

クリップボード05

クリップボード06

クリップボード07

クリップボード08


ゾウ、サイなら今、恐竜が生きていたとしても負けないだろうね。

翻訳元:http://www.ilbe.com/5858872574


2. かんこくじん
クジラって思ってたより大きいんだね


3. かんこくじん
ゾウ、サイは神クラスなので評価する


4. かんこくじん
所詮、想像の世界だろ


5. かんこくじん
遺伝子技術が発達して恐竜が復元したらいいのにw

6. かんこくじん
ジュラシックワールド6.11開封なのに6.8に入隊しなくちゃいけないなんてファックファックファック


7. かんこくじん
爬虫類 vs 哺乳類なのでやり直し


8. かんこくじん
ティラノサウルスは怖いので評価しない


9. かんこくじん
はっきり言ってあの恐竜たちであれば俺の腕を縛って戦っても1分以内に全部殺せる


10. かんこくじん
>>9
もう絶滅したから


11. かんこくじん
4枚目の写真に盧ちゃんがいる
クリップボード09

補足:韓国人「世界の名画を見てみよう」


12. かんこくじん
写真一つ一つに盧ちゃんを埋め込めばOK


13. かんこくじん
恐竜クッパを食べてみたい


14. かんこくじん
>>13
寄生虫ウヨウヨだぞ


15. かんこくじん
竹槍の前では皆、平等である


16. かんこくじん
サイのような体で首が長くて口が鳥のクチバシのような動物は何だ
めちゃくちゃ大きいけど


17. かんこくじん
>>16
新世代の動物インドリコテウム
めちゃくちゃ大きくてマンモスなんて目じゃない
補足:パラケラテリウム-Wikipedia
パラケラテリウム (Paraceratherium) は、は、およそ3600万~2400万年前(新生代第三紀の始新世末期から漸新世後期)に、ユーラシアの広い範囲に生息していた、哺乳類サイ類の属である。史上最大の陸生哺乳類とされる。
よく知られたジュニアシノニム(遅く記載されたため無効な名)に、インドリコテリウム (Indricotherium) とバルキテリウム (Baluchitherium) がある。これらにパラケラテリウムを加えた3属は、1989年ごろまでは別属とみなされており、近年でもインドリコテリウムの名が使われることがある。


18. かんこくじん
翼竜ってあんなに巨大だったのか?


19. かんこくじん
>>18
キリンに翼が生えて飛んでいる感じ


20. かんこくじん
>>18
両翼伸ばしたら10mはあるよ
人間なんて一口でペロリさ


21. かんこくじん
病身よ、ティラノサウルスはもっと大きいだろ


22. かんこくじん
>>21
ティラノは尾の長さを含めても12mほどなんだ
胴体だけ見れば、ゾウと差はない


23. かんこくじん
あの程度のフィジカルの恐竜が今も生存していたとしても人類が制圧していただろうね
恐竜を捕えて動物園で観覧している


24. かんこくじん
>>23
ほう、私はそれには懐疑的だな
先史時代の人類にとって驚異的な肉食動物は今のトラやライオンより少し大きい程度だったけど肉食恐竜はゾウよりも大きいので人間が近づくことが出来るかな
最近の研究結果によると単独ではなく群れで生活していたという発掘資料もある


25. かんこくじん
>>24
今ほど人類が発展していたからああいう発言をしたんだと思うけど、人類が恐竜と一緒に過ごしてきていたらとっくに人間が滅ぼされて化石になっていただろうね


26. かんこくじん
>>23
あの時代は恐竜よりも昆虫たちがもっと脅威だったんじゃないか
酸素濃度が高かったからサイズがものすごく大きかった


27. かんこくじん
あの時代は酸素濃度が高かったようだけど、もし人間がいたら巨人になってたのかな


28. かんこくじん
>>27/span>
致死量の酸素だぞ
現代人であれば即死


29. かんこくじん
>>28
俺がその時代にいれば超人ハルク級になっていたということか


30. かんこくじん
>>29
肉体は優れているけど脳の発達は遅れていたようだ(笑)


31. かんこくじん
ところで恐竜は爬虫類だけど、爬虫類って力は強いの?


32. かんこくじん
>>31
似たような体積であれば温血動物のほうが強い


33. かんこくじん
>>32
よく分からないけど哺乳類のほうがより強いって話かな


34. かんこくじん
>>33
大体、筋肉の強さは血液の酸素を燃やすことによって得られるが筋肉のタンパク質が最も活発に働く温度がその動物の体温で、もちろんほどよい温度の爬虫類の筋肉は温血動物の筋肉と同じように動作はする
ワニの咀嚼力が強いのは口の筋肉に特化したケースで他の部位の力の強さは同じぐらいの体積の温血動物に劣っている
実際、トカゲと同じくらいの大きさのネズミなど似たような体積同士で力比べをするとほとんどの場合、温血動物が勝利する


35. かんこくじん
やはり布団の外は危険ということ


36. かんこくじん
>>35
お前の布団にムカデいるぞ


37. かんこくじん
>>36
ひぃっ


38. かんこくじん
恐竜の骨なんてねつ造だぞ
恐竜なんて実際にはいなかった


39. かんこくじん
>>38
はい、次のキリスト教


40. かんこくじん
都心に本物の恐竜が現れたらどうなる?
20分以内に鎮圧できるよね?


41. かんこくじん
>>40
映画のゴジラを観ろ


42. かんこくじん
もし現在も恐竜が生きていたら二酸化炭素の排出がすごいので虐殺しなければならない


43. かんこくじん
>>42
榴弾砲で殺さないとね
補足:榴弾砲-Wikipedia
榴弾砲(りゅうだんぽう、りゅうだんほう)は、 火砲(大砲)の一種。基本の定義は同口径のカノン砲(加農砲・カノン・加農)に比べて砲口直径(口径)に対する砲身長(口径長)が短く、低初速・短射程であるが軽量でコンパクト、高仰角の射撃を主用する(定義)。しかしながら、概ね冷戦後の現代は火砲の進化(榴弾砲の長砲身化)による砲種の統廃合(榴弾砲の統一)により、榴弾砲とカノン砲の区別は無くなっている(歴史)。旧日本陸軍による呼び名は、りゅうだんぽうである。
250px-4-14_Marines_in_Fallujah


44. かんこくじん
恐竜の中で一番強いのは?


45. かんこくじん
>>44
ドゥーリー
補足:赤ちゃん恐竜 ドゥーリー-Wikipedia
『赤ちゃん恐竜 ドゥーリー』 (아기공룡 둘리) は、キム・スジョンによる韓国の漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品である。
ダウンロード


46. かんこくじん
>>45
ファックw


47. かんこくじん
>>44
恐竜


48. かんこくじん
>>47
極度の病身はコメントしないで下さい


49. かんこくじん
トリケラトプスとダンプカー、頭突きしたらどっちが勝つ?


50. かんこくじん
>>49
両方死亡


51. かんこくじん
>>49
ダンプカー
タンパク質が鉄の塊に勝てるわけない


52. かんこくじん
恐竜が進化して人間の知能をもったらとても恐ろしい
恐竜がスーツを着て会社員のように帰宅するとかw


53. かんこくじん
>>52
こいつ本物の病身か…


54. かんこくじん
>>53
wwwww


55. かんこくじん
>>52
まずは君に人口知能を搭載する必要があるようだ
進化=スーツ姿に直結するとは


56. かんこくじん
恐竜が使う駐車場は?
正解:共有(恐竜)駐車場
これはとても面白くオタク野郎は笑えないが、普段クールでユーモアセンスがあるやつのみ笑うことができる高度なギャグである


57. かんこくじん
>>56
死んで


58. かんこくじん
>>56
こういうギャグを女に使うと惚れられて、女が気絶するクラス


59. かんこくじん
>>58
この方、最低のムードメーカー


60. かんこくじん
なぜ象は鼻が長いのか?
一度よく考えてみないか?


61. かんこくじん
>>60
人からお菓子をもらうためだろ


62. かんこくじん
>>61
おいw


63. かんこくじん
>>60
鼻ニーだろ


64. かんこくじん
俺が6歳の時、神秘的な恐竜?だったかの長い説明と共に模型がういてる恐竜百科事典を買って数百回読んで200種類を超える恐竜を覚えたよ
ママとクイズすればすぐに恐竜の名前を答えることができたが、今思いつく恐竜はティラノサウルスのみ


65. かんこくじん
>>64
これリアルwww


66. かんこくじん
>>64
愛すべき息子^^


67. かんこくじん
クジラのような大きなものを見ると怖いんだけど、これが恐怖なのか


68. かんこくじん
>>67
俺はチェ・ホンマンですら怖いというのに
補足:チェ・ホンマン-Wikipedia
チェ・ホンマン(崔 洪万、Choi Hong Man、男性、1980年10月30日 - )は、韓国のキックボクサー、総合格闘家、俳優。済州島(済州市)出身。ニックネームは「テクノ・ゴリアテ」。
200px-ChoiHongMan


69. かんこくじん
翼竜、なぜ絶滅した(泣)
生きていればリアルモンハン生活ができたのに…