青水とは対照的な効果である、
運動促進の効果が備わっている点。



そして、
青水より摂食抑制の効果が少ない点や、
濃い目の青水と同程度の色揚げ効果を持つ点。



以上の点を考慮しながら、
青苔を上手く活用することにより、
金魚の色揚げを行いながら、
縦方向に成長させることができます。



青苔を活用するにあたり、
気をつけておきたいポイントは、
"青水との調和を図ること"です。



青苔ばかりに拘り、
青水を活用しないなどの様な飼育法を行うと、

あまり色揚げ効果が得られない、
または成長のコントロールが困難になるなど、
様々な支障が生じる可能性が出てくるため、

上手く青水と青苔を組み合わせて、
絶妙な調和を図ることが大切になります。



各々で飼育環境が異なってくるため、
各自で調整してゆく必要がありますが、

ひとつの成功例を挙げると、
成長期には低カロリーである青苔を、
全て除去することにより、
成長促進の効果が得られました。



また、
濃い目の青水と分厚い青苔を活用し、
それと並行して、
色揚げ効果を持つ餌を与えたところ、

私の飼育している金魚は、
十分な色揚げ効果を得られました。



給餌方法やおすすめの餌については、
以下のリンク内で詳細に紹介しているため、
分からない方や興味のある方は、
ぜひご覧いただければと思います。



金魚におすすめの餌とやり方の詳細|
餌の回数・頻度や量の解説有



また、
金魚を成長させながら、
青苔の持つ効果を得るため、

青苔を半分だけ除去する方法や、
3/4を除去する方法など、
様々な方法が存在するため、

各々に合った方法を、
各自で取り入れてみてください。



プラ舟などの様な、
比較的に青苔が生えにくい環境で
金魚を飼育している方は、

青苔の生えた石などを、
プラ舟の中に沈めてみてください。



青苔の作り方ですが、
私は以下の様な液肥を活用して、
早急に青苔を得ております。



▼株式会社ハイポネックスジャパン
 ハイポネックス原液 800ml
ハイポネックス原液(800mL)

ハイポネックス原液(800mL)
価格:852円(税込、送料別)





液肥を活用する場合は、
各々の環境に合わせて、
液肥を投与する量の調整が必要になります。



あまり参考になりませんが、
私の飼育環境では、
キャップ半分の量が適量でした。



不安な方は、
別の容器で青苔を作り上げてから、
金魚のいる環境に混ぜてみてください。



以上に記載した方法は、
青苔だけでなく、
青水も早急に作ることができます。