金魚を飼育する上で、
活用する場面が多いヒーターですが、

特に冬期間は、
ヒーターの活用により、
電気代がどのくらい上がるか、
気になる方は多いのではないでしょうか。



今回の記事では、
コトブキ工芸から発売されている、
"セーフティーヒーター"を例に、
W(ワット)別に記載していきます。



以下は、
 定格消費電力で計算しています。



以下は、
 1kWhあたりの電力量料金を、
 27円として計算しています。


 

■80W






40㎝以下が、
適合水槽としての目安であり、
目安の水量は約26ℓです。


1日活用した場合の電気代は、
"約51.84円"であります。



■100W






45㎝以下が、
適合水槽としての目安であり、
目安の水量は約40ℓです。


1日活用した場合の電気代は、
"約64.8円"であります。



■150W






60㎝以下が、
適合水槽としての目安であり、
目安の水量は約60ℓです。


1日活用した場合の電気代は、
"約97.2円"であります。



■200W






60~75㎝以下が、
適合水槽としての目安であり、
目安の水量は約100ℓです。


1日活用した場合の電気代は、
"約129.6円"であります。



■300W



コトブキ セーフティーヒーター SH 300W

コトブキ セーフティーヒーター SH 300W
価格:2,930円(税込、送料別)




90㎝以下が、
適合水槽としての目安であり、
目安の水量は約150ℓです。


1日活用した場合の電気代は、
"約194.4円"であります。




以上が、
ヒーターの1日に掛かる電気代です。



おすすめのヒーターですが、
私はエヴァリスから発売されている、
"オートヒーターダイヤルブリッジN200AD"を、
ずっと愛用し続けています。



個人的には、
好感触を得られているヒーターであるため、
こちらも良かったら参考にしてみてください。



▼エヴァリス
 オートヒーターダイヤルブリッジN200AD




個人的には、
特に安全性が素晴らしいと思っております。