ゾンビ






この記事には頭部を失った金魚の動画が掲載されております。そのような類の動画が苦手な方は、閲覧にご注意ください。






「頭部を失った状態で泳ぎ続ける金魚の動画が世界中で話題になっている」





友人から驚くべき情報を教えていただいたため、早速調べてみました。





今回はこの話題についてご紹介いたします。どうぞご覧ください。






ゾンビ②






問題の動画が撮影された場所は台湾。動画を撮影した人は金魚の飼い主であるLin Shaolunさんです。





2017年10月20日にLin Shaolunさんが「Bao Liao Gong She」というFacebookのグループ内に動画を掲載したところ、その動画が世界中に拡散され、話題となりました。





以下に動画を掲載しておきますので、よろしければご視聴ください。

そもそも金魚は何で頭部を失うことになったのでしょうか。





Lin Shaolunさんの話によると、この金魚はフグの活餌として与えていたそうです。





フグは金魚を食べる際に金魚の頭部しか食べず、あとは残してしまったため、金魚はこのような頭部のない状態になってしまいました。





しかし、驚くべきことに頭部を失った金魚は全く影響がないかのように泳ぎ続け、その金魚は頭部を失った状態で3日間も生き続けたそうです。





「死んだ金魚が生き返ったのかもしれない」「ゾンビ金魚」という声があがるなど、ネット上は騒然。





「フグが金魚のアゴ部分だけを食べた」と指摘する声もあがっており、「金魚のエラなどは残っていたため、3日間も生きることができた」と、一部の視聴者によって推測もなされています。





「他の金魚に細菌が感染する可能性が高いため、この金魚は他の水槽に隔離するか捨てるべきた」と提案する声もあがっており、私も動画を見て、フグの活餌用とはいえ、早急に対策を講じる必要性があると感じました。






以前にも体半分を失った状態で生き続ける魚がタイにいましたが、「生き物は不思議だな」と改めて思わされる話題でした。






よろしければ以下のページもご覧になってください。