インフォメーション

2017のフィラリア予防🐶スタートしました! ✨️

みなさま! ご機嫌いかがでしょうか?

さて、今年も もう3月! 弥生。暖かい日もあり、まだ肌寒い日もある、三寒四温な季節ですね。

フィラリアは1日の平均気温が15℃になると蚊が感染子虫をもつようになるといわれています。
つまり、1日の平均気温が15℃(バオの地域では三月下旬〜四月以降?)になると、何もしなければフィラリアにかかってしまうということになります。

ここで分かりにくいのが、フィラリア『予防薬』というのは、実は、蚊によって感染したフィラリアの感染子虫が心臓へ行くまでの間に駆除する一種の『駆虫薬』であるということなんです。
で、蚊に刺されたあと、1~1.5ヶ月に投与するのが効果的と言われています。
つまり、前もって飲ませておくお薬ではなく、蚊と同時か、後出し(1ヶ月後)でいいお薬なんです。

ですからいくら春がめっちゃ早くても、4or 5月スタートで間に合うわけです。

で、今年もバオでは、3月からフィラリア検査をスタートします!!

で、予防薬ですが、
今年も
1.月1回の錠剤・粉薬・チュアブル を基本に
2.月1回のノミ・ダニ予防薬と合体したもの
3.1年有効な注射 をケースバイケースで使っていく予定にしています。

で、キャンペーンですが!
3月中にフィラリア検査を受けていただいた場合→ 検査早○
4月に予防スタートしていただく場合(予防薬ワンシーズンご購入)→ 投薬早○
4or5月スタートで予防薬ワンシーズンご購入→ 12月まで予防しましょうキャン○ー○適応

、、、というようなものをご用意しております。
(もちろん検査・投薬・まとめ買い トリプルって適応可となっております!!!ww)
 
詳しくは直接病院までお問い合わせ下さい\(^_^)/\▼・ェ・▼/\=^_^=/
06-6337-1580

ここだけの話、本格的に暖かくなると、病院が混みますので、お早めのご来院をおすすめします(^_^)ココダケノ ハ ナ シ 

新しい手術装置~Sono Cure~導入しました!!

昨日のセミナー、そして今度の日曜のセミナー連続で肝外胆道系の勉強をしたのもするのも、この装置の有効利用を考えるため、でもあります。

さて、このSono Cureという手術装置は超音波振動をチップに伝え、軟部組織を破砕・乳化・吸引したり、骨の切削などができるというものなのです。

その際、大事な血管・神経を選択的に温存することが出来、手術をより安全に進めることが出来るわけです。

P8290762現在報告されているSono Cureを用いた手術例は
脳腫瘍摘出、脊髄腫瘍摘出、鼻腔内腫瘍摘出、肝臓切除術、線維肉腫、胆嚢摘出術、前立腺嚢胞、副腎摘出、リンパ節郭清、舌下腺癌、全耳道切除術、椎弓切除術、骨軟骨症、後頭骨・側頭骨切除、鼻骨切除などが報告されています。

バオでは、肝臓・胆嚢外科、腫瘍外科などでとりあえず使っていく予定です。
それにしても、ご家族とその動物さんにどうすることがベスト、ベター、グッドなのかを十分話し合って決めていくバオのスタイルは今までと何ら変わりません。 


バオのオペ室はもうキッツキツ(≧_≦)もう入りませーんw

さあ、またこれで、『できること』が増えました!!

すべては、あなたのかわいいパートナーのために。。。

 

アポキル錠とはなんぞや??

残暑お見舞い申し上げます。

現在、台風7号が北上しているようですが、皆様のところはいかがですか?大丈夫でしょうか?
これから台風の季節。備えあれば憂いなし。ご注意下さい。

さて、もうご存じかもしれませんし、初耳かもしれませんが、『アポキル錠』なるものが市場に出回りはじめ、バオにも入荷しました。

このアポキル錠の有効成分であるオクラシチニブは、インターロイキン-31等のアレルギーの痒みと炎症を惹起するサイトカインのヤヌスキナーゼを介した細胞内シグナル伝達を阻害する分子標的薬なのです。
話、すこしややこしや〜ですが、要は痒み・炎症のメカニズムの大事な部分をブロックするということです。

類似の薬は、いままではステロイド剤(プレドニゾロンなど)、ある種の免疫抑制剤(シクロスポリン)、犬インターフェロン製剤などがあったわけですが、それぞれにメリット・デメリットがあり、特にステロイドの副作用はどうしてもホルモン剤の宿命的なものがあり、短期において、長期においても効果と副作用の兼ね合いをいつも考えながらの使用だったわけです。

今回のアポキル錠。分子標的薬。
免疫系の抑制ということから感染の感受性上昇、腫瘍疾患の症状悪化などの副反応が考えられます。
あと、臨床的には下痢、嘔吐などの消化器障害、皮膚紅斑、膿皮症、外耳炎などの皮膚障害、尿路感染症、眠気などの事例があるようです。

薬は使われるのではなく、使うもの。

この新しい薬もその特性を十分考慮した上で適切に使用すれば、今までにないイイ薬になる可能性があります。

Dr.BAOは発売までにこの薬のセミナーなどで情報を収集してまいりました。
これからも実際の使用例などの報告などを逐次チェックし、患者様のアトピー、アレルギー治療に有効に使用していこうと思っております。

ではでは、また続報もいつか〜
Dr.BAOでした(^_^)ノノ゛

 

フィラリア予防〜12月まで予防しましょうキャンペーン〜

ワンちゃ〜んたち〜\(^_^)/\▼・ェ・▼/

フィラリア予防はじめてますか〜?\(^_^)/?

バオで毎年行っておりますフィラリア予防『12月まで予防しましょうキャンペーン』は、今月末までです。
検査・投薬がまだの方は、ぜひお越し下さい😃🐶

ネコちゃんもお庭やベランダなどの"お外"へ出ることが多くて、蚊に刺される可能性の高い場合には、バオでもフィラリア予防をおすすめしております。"フィラリア予防とノミ・ダニ予防が同時にできる"滴下型予防剤もあります。

お気軽にご相談下さい\(^_^)/\▼・ェ・▼/\=^_^=/♪


 

今年のGWは、、、

今年のGWも、例年通り、日曜のみの休診でがんばります\(^_^)/

月〜土、カレンダーが赤かろうが、ブルーだろうが、
am9:00~11:45 pm5:00~7:45 で受け付けております。

日曜だけ休みますから、お薬など切らさないように、日曜急変などないように、かわいいパートナーの様子を管理してあげて下さいね\▼・ェ・▼/\=^_^=/

ではでは、良いGWをお過ごし下さい〜😃🐶🐱ノノ゛


 
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ