仙台往診専門動物病院 「移動アニマルクリニック浜口」  

仙台唯一の往診訪問専門の動物病院です 少しでもみなさんに知っていただきたくブログやってます よろしくお願いします

仙台唯一の往診専門動物病院です
受付時間 6時~22時
不定休
受付電話番号 080-4405-0196
メールでの質問&問い合わせも随時受け付けてます
診療の予約およびキャンセルは、必ずお電話にてお願いいたします
FAX 022-290-0641
Eメール maware-nisi@agate.plala.or.jp
ホームページ http://www.animal-hamaguchi.info

この仕事をしていると
罹っていた病院に、
明らかに酷い治療を受けている方や、
診断に疑問がつくケース、

また、酷い対応にあったという

という話をよく聞きます。

そういう話を聞く中で「口コミサイトで評価が良かったからその病院に

行ったのに裏切られた」と言う方が以前いました。

 

さて、この口コミサイト

果たして信頼できるんでしょうか?

 

私は、微妙だと思います。


動物病院の評価って、飼い主さんのニーズによって全く異なります。


あまりお金がかけられない人はリーズナブルな価格の病院に高評価を

つけるでしょうし、

あまり時間がない人は時間の融通が利く病院が良い印象をもつと思います。


さらには病態にも関係していきます、

何としても助けたい!という人は高度な医療を求めますし、

積極的な治療を望まない方は症状緩和に努めてくれる

病院良い病院と思います


それ以外にも、院内が清潔だとか、スタッフの感じが良い

とか、そういった見た目の印象を大事にする方もいるでしょう。


残念ながら、これらのニーズを全て叶えてくれる動物病院は

宮城県にはありません


凄く評判が良くても、

待ち時間が長かったり、駐車場が狭かったり、

休みが多かったりとどこかしらの欠点はあります。


 勿論、当院だって欠点があります(自分では書きませんけど)


よって、口コミサイトはまず内容を見て、

自分が求める事項に高評価のコメントが

あったら参考にしてもいいとは思いますが、

基本的には話半分位にしておくべきだと思います。

 

その具体例をあげますと


<ある病院の高評価コメント>


先生を初め、スタッフの皆さんがとても温かく親切に接して下さいます。

親身になって話を聞いて下さり安心して通える病院です。

何より他医院より安価なのは助かります。


<この病院の低評価コメント>

他県から引っ越してきて動物病院をさがしていたので、

ネットで調べて口コミが良さそうでしたので受診いたしました。
 現在治療中の病気があり投薬を受けているため、

前の病院でいただいた経過の写真、数値等を見ていただきましたが、

特に検査もなく、「この薬はこういう理由でやめましょう〜」
と言われ、

そうなんだ〜とそのまま薬をやめました。

 数日後、体調が悪化し、
こちらがちょうど休診日で、他の病院で診ていただいたところ、

かなり危ない状態とのことでした。

その場で治療していただきこの時は持ち直しました。

 口コミ通り、対応がよかっただけに、とても残念です。
お医者さまのいうことを、
疑問ももたずそのまま聞いたわたしの責任ではありますが、

もし、あのまま命を落としていたら、
いつまでも後悔をひきずることになったと思います。


こんな感じです。

尚、文章はコンプライアンスの観点から編集させていただいております


この病院は優しい対応、安価というのが評価されている病院のようですが、

初診なのに検査もせずにそのまま薬を減らすという
誤った判断をしてしまったように思います。


薬を減らすというのは、
体と価格の負担を少なくしてあげたいという優しさかもしれませんが、

検査もしないで自分の判断だけで薬を減らして、
結果大きな問題が起こってしまっています。


上手くいけば
動物の負担も飼い主の負担も軽くしてくれる良い先生となりますが、

問題が起これば、
検査もしないでいいかげんな判断をするとんでもない先生

なってしまいます。


つまりは、高評価と低評価は紙一重なんです。


<高評価>無駄な検査をしないため安い、優しくて相談しやすい

<低評価>検査を省略して酷いことになった

 いいかげんな先生   


<低評価>高い、いらん検査ばかりする、厳しいことばかり言われる

<高評価>ちょっと怖いけど、検査に基づいて適格な診断してくれる


それでも、検査が少なくて安価な病院が好きな方には、安くて

良心的が評価ポイントに繋がりますよね。


だから、口コミサイトなんて鵜呑みにしちゃダメです

きちんと受診して確かめるべきだと思います。



それから、この口コミサイト

非常に困った問題があります。

それは、クレーマーの巣窟になってしまっていることです。


今回このテーマを発信するにあたり、いろんな口コミを参照させて

頂きましたが、これは本当に名誉棄損問題です

読んでて怒りがこみ上げてきました


この場で内容を一部ご紹介させて下さい。

*文章は要点をおさえて編集させていただいております


まずは当院の例をあげます



はっきり言って人間性を疑ってしまう獣医です。

たったの一度電話しただけですが無神経全開の物言いをされ、

心無い言葉を散々浴びせられました。

わたしは今でもこの電話のことを思い出すと辛くなります。

獣医もピンきりとは言うけれど・・

この獣医はそれ以前の問題でした。
 この獣医のブログを読めばこの方の人間性、
モラルの無さがよくわかると思います。

大事なペットを頼む前に是非一度、この獣医の人間性を確認して欲しい。

気に入らない人間を平気で「こいつ」呼ばわり。

「動物愛護団体など大嫌いな連中」と声高らかにブログで発しています。


そもそも診察してないので、病院の口コミではありません

 電話だけで、人間性まで批判してわざわざ口コミサイトに書き込む人

のほうが人間性がどうかしてると思います。

 それにしても、私の電話を思い出して辛い気持ちになるのに、

なぜブログをチェックできるんですか?

普通はそんな辛い思いをさせられた人のことは一刻も早く忘れたくなる

と思うもんですけどね。

 何はともあれ、当院のブログを宣伝してくれてありがとうございます。

お客さんでもないクレーマーに

「こいつ」呼ばわりして何が悪いんですか?

いずれにせよ、診察を受けたわけでないのに、

利用者の口コミコーナーにこういうこと書くのは

口コミサイトの主旨に反しています!

あとこちらは、診察を受けた方からの低評価コメントです。



ワクチンの抗体検査をしたら数値3以上なら大丈夫の事。
したがって1年間打たなくて大丈夫の事。

ずいぶんアバウトだと思い、他の病院に相談したら、

具体的な数値を細かく調べてくれて安心の結果を伝えて貰った。

ただ3より上で4とか5とか6なら大丈夫ってアバウト過ぎて信用出来ない。

 ここで抗体検査して5とか6とか言われて1年間ワクチン接種しなかったが、

その間ウイルス系の病気にならなくて良かった。
あと他の所も診てもらったが手際が雑で不器用でビックリした。
動物の扱いに愛情が感じられない。
 それと夕方に来て抗体検査終わって帰ると思いきや
ワクチンの種類の紙を見せられ勉強会?

みたいな感じで1時間以上居られた。
夕食の用意も有るので迷惑。
訪問診察を生業してるならそれくらいの常識解った方が良いですよ。


これには反論がいっぱいです


ワクチンの抗体検査はメーカーによる簡易検査キットで行っています。

これにケチをつけられても、単なるメーカーの商品批判にすぎません。

きちんと認可を受けた検査キットなのにアバウト呼ばわりは
失礼極まりないです。

 
 あと、夕食の用意があると言いながら、
他のところを診せるってどういうこと?

予防は急ぎの診察ではありません。

時間がないなら、時間があるときに呼べばいい話です。

「説明が長い」に関しては
相手が理解していただくまで説明をするのが、

私のやり方なので、それを省略するのは無理です。

 まぁ、1回呼んで合わなかったということで解釈しますし、

もう呼んでいただくことはないと思うので、

それがわかった時点で収穫があったと思います。


ちなみに、口コミサイトには
オーナーからの返信という欄があるのですが、

あそこは健全な口コミを閲覧する場なので、
あの場でやりあうのは
見苦しいのでしょうし、
匿名のクレーマーに対し、
情報をだしてる病院が反論しても

フェアな展開にならないでしょうから、
みなさん関わりたくないので定型文で平謝りしています。

 つまりは、匿名の嫌がらせに対して
反論の場が与えられてないですし、

こちらから削除することもできないんです。

 よって、ユーザーさんは検索するたびに
、このような見苦しいコメントを
目にすることとなります。


 ちなみに、私は世間体をあまり気にしない獣医なので、
これらの批判に関しては

弱めですが反論させていただいております。


 さて、当院はこんな感じなのですが、

他の病院ではもっと酷い

悪質なクレーマーが横行していました。

典型的なものをご紹介させて下さい。

文が長く、内容が酷すぎるので
抜粋して要点をまとめた内容に再編集させていただいております。

本当に悲しい気持ちになりました。



私はこの獣医に誤診されました。

 あやまってはいるものの反省と感じられない態度で、

謝罪というか挑発されている気分になりました。

 誤診してたからだと思うが、
他の人達が言うようにヘラヘラして

適当に誤魔化そうとする。

こちらが問いつめても、「そんな事実はない」と即答

こんなことばっかやってるから、
まともな人は他の病院に流れてるんでしょ。

飼い主失格の人たちにしっかり注意せずに愛想振りまいてるから、

変な人たちが集まってくる。

そんな人たちからの評判良くて嬉しいのか?

この獣医には、被害者の方たちに謝罪まわりして
治療費返還と慰謝料でも払っていただきたい。

真相究明などはもうこの病院には期待されてないんだから、

出来るのなんてそれくらいでしょ。



このようなクレームがほぼ近い内容で数回書き込まれています。

このほかの書き込みには「うちの子も・・・」
ここを見る限りあれからも誤診を繰り返してるみたいですね
という内容が加えられています。
 しかし、これらは違う人の貞で書き込まれています。



あくまでも、私の推測ですが、

これは複数のアカウントによる

同一人物のものではないか?と考えてしまいます。


こちらの先生にかなりの恨みがあるのでしょうが、

「医療ミス」とか「誤診」とか連呼するなら

裁判でもして実名で戦えばいいのにと思います。
 それができない時点で、単なる迷惑クレーマーなのではないでしょうか?。

こんな見苦しい口コミ書いて
誤診にあったというペットが、報われるのでしょうか?
きっと悲しい思いをしていると思います。



 こういう人ってすぐ「みなさんも~」とかいいそうでが、。

果たして、本当に「みなさん」なのでしょうか?

私の経験上 ネットの中で複数のアカウントを用いて、

何人にもなりすまして「みなさん」という言葉を使い

架空の同調圧力をかけてるケースって
結構多いのではないかと思います。
 このブログにも以前2人で8つくらいのアカウントを用いて
誹謗してくる輩がいました。
  こういうのって簡単にバレますよ~
ちょっと本気になって裁判したら、身元は分かる時代ですから~


 

 あと、通ってる患者さんの事を「変な人」とか
これは酷すぎます


自分のこと言われるならどうにか我慢できても、

贔屓にしてくれてるお客さんのことを悪く言われる

のは本当に我慢できないと思います。



あと別件でこんなものも発見しました


ここに通ったことを後悔しています。
とにかく酷い動物病院です。

偉そうに他の医師を否定するので、
偉いのかと思ってしまいましたが違いました。

 有名な名医さえも否定するので、
腕が良いのかと思ってしまいましたが違いました。

知識は素人レベルで、誤診され取り返しのつかないことになりました。
知ったかぶりばかりで、調べることも学ぶこともしない
救えないのに、料金も高い。
もっと早く他に行けばよかった。



これも上記と同一人物のもので、

少しパターンを変えてきたような気がします。


偉そうに他の医師を否定している」とありますが、


初診のときに、今までの内容が正しいかどうかの

自分なりの見解を示すことは必要です。

それが疑わしいときは、否定することは当然です。

この先、自分が担当することを前提で話しているんですから。

間違ったことを継続する訳わけにはいきません

 それを確認するために必要があれば検査も行います。


有名な名医」って?

誰基準?

そもそも、なにをもって名医といってる

んでしょうか?


知識は素人レベル」、「調べることで学ぶこともしない

この先生の何を見てこんなこと言ってるの?


話は変わりますが、

以前、患者さんと動物病院の話になり

「あそこの動物病院はランキング全国3

の病院なんだと聞いたことがあるんですけど?」

と聞かれたことがあります。


何の3位?コンテストでもあるの?

不思議な事言う人がいるもんです


こういうこと言う人って、

すぐ人のこと名医とか勉強してないとか言いますが、

そもそも名医ってなに?

 
名医の基準は人それぞれ。

大きな病院の院長=名医
という発想は浅はかで、呆れてしまいます。


勉強してない」って?

そういうこの人は勉強してるんでしょうか?

だったらこの誤診を正式な場で訴える知識もあるのではないでしょうか?

結局、匿名の立場で誹謗中傷しかできない時点で
獣医師に「勉強しろ
なんて言える立場ではないです。

 こういう人って都合が悪くなったら
「素人だから」とか言いがちです。


「勉強しろ!」と獣医師に言いたいなら同じ土俵に上がってきて下さい。



最後に口コミサイトに匿名でこんな事を書き込んで、

その病院が潰せるとでも思ってるのでしょうか?

ハッキリいってただの見苦しいクレーマーにしか見えません。

 

これらは、全て名前が公開された書き込みなら、

名誉棄損で訴えることができる案件です。

しかし匿名ですから、まずは裁判してからの犯人特定になるので、

現実には諦めて無視する方向に向かいがちです。


 口コミサイトを見てる側の人としては、

純粋にどんな病院か知りたいのに、

こんな悪質なクレーマーのコメントが書いてあると

悲しい気分になります。

 
 これを取り締まれない運営側にも問題がありますが、

みなさんはこんなクレーマーに惑わされず、

きちんと良識をもって口コミサイトをみていただきたく、

今回投稿しました。


匿名での誹謗中傷が

この世から無くなってくれることを

切に願います!



PS:先日のボランティアの記事の内容は誹謗中傷では?

と思う方もいるかもしれません。


実名の私が、相手を匿名にして批判しているので、

全くもって問題ありません。

   

                         

移動アニマルクリニック浜口

                     



新型コロナウイルス感染拡大に歯止めが効かない状況下のなか、
いかがお過ごしでしょうか?
以前告知した「無償お世話プロジェクト」も
ここ数日問い合わせが出てきました
危機感でいっぱいの日々です。

当院でも、少しでも皆さんとの接触を避けるために
説明の部分を電話に切り替えたりして、
努力はしてますが、
ついつい話し込んだりして悪い癖がでてしまいがちです

そんな中、
お医者さんの世界では
オンライン診療を認める傾向が出ています。

オンライン診療
とは、
テレビ電話のようにお家にいてもドクターと顔を合わせながら
診察を受けることができるシステムです。


そこで当院でも、アプリ「zoom」を使った
オンライン診療を始めることになりました。

 本当は実際に診察するのが一番なのでしょうが、
動画を通じて、電話ではわかりにくい情報を把握することが可能になり、
より診察に近い診療および相談が受けられることが可能になります。


 診察料は基本的に無料です。
薬等が必要な際は処方し郵送させていただきます。
その際は別途料金が発生します

「診察を受けなければいけないのかどうか迷ってる」、
「かかりつけが休みで、自分で状況の把握ができない」、
「オンラインで相談をしたい」、
「遠方のため診察のタイミング合わない」
などお困りな方がいれば事前にご相談下さい。

 また、診察前の予習(事前の状況把握)にも有効なツールです。

「ちょっとだけ動画で確認してほしい」という方にも最適です。


当院としても、電話では伝わにくい情報も、
対面動画ではより詳しい把握が可能になり、
訪問診療での診察の流れがスムーズになるのでは?
と期待しております。

 「オンラインで大丈夫?」「オンラインなんて面倒くさい」等

いろいろと、抵抗もある方いらっしゃると思います。

 でも、ものは試し

まずは、やってみる!


やって難しければ依頼して頂いて往診診察すればいいだけの話です。

これを期に、みなさんも試してみませんか?


以下に手順を紹介いたします



オンライン診療の手順


まずは当院にお電話下さい

080-4405-0196


次にZOOMのアカウントを取得下さい


そして、ご自分のメールアドレス(ガラケーは不可)を

上記の電話番号にショートメールにてお知らせ下さい。


確認後こちらからミーティング招待のURLをメールにてお知らせします。


メールを受け取ったら、URLをクリックしてガイドの指示に従って入場願います。

制限時間は40分以内ですのでご了承願います。




<オンライン診療対応可能時間>

当院の診察可能時間(6時~22時)で、
訪問の予定が入っていない時間での対応となります

基本、事前予約制ですが、スケジュールが空いてたら随時対応いたします。



こちらはPCまたはスマホでの対応となります。

出先の場合はスマホでの対応になりますが、
患者さん側の状況を把握するという意味では

遜色なく把握できると思います。



コロナ禍はまだまだ続きます

一人一人が前向きにできることをやっていくことが、

終息への近道ではないでしょうか?

 みなさんお気軽にご利用ください。

おかげさまで、8月30日の時点で
早くも2件実施させていただきました。
印象としては、カメラでとらえながら飼い主さんに触診してもらう
などの行為はかなり難しいですが、
脱水の判断は皮膚を摘まみ上げてもらえればある程度判断できます。

内容としては稟告(診察前に聞き込み)レベルですが、姿形が見えて
観察できるので、電話よりははるかに有益です。

あと、訪問すると緊張してしまうペットが多いのですが、オンライン
ではリラックスそのもので日常の姿が観察できるんです。
逆に直接診察してないのに強張った顔をしていたら、結構調子悪い
ことを物語っているんでしょう。
これってオンラインのほうが正確に得られる情報ではないでしょうか。 



                移動アニマルクリニック浜口




この仕事をしていると「保護猫関連」の相談が結構あります。

 
 その多くは、野良猫に餌を与えていたら、繁殖してしまい
周辺の住民から激しいクレームを受けているようなケースです。
また、怪我をしている野良猫を見つけたのだが、どうにかならないか?

というものも多いです。


 当院は獣医師会に所属してませんので市からの助成金も出ませんので、

基本こういう件はノータッチです。


 こういう事を相談できる方を知りませんか?

と言われても「先方に迷惑をかけるので私は決して紹介はしません」

と突っぱねます。


 そもそも、自分で解決できないなら野良猫に関わってはいけないと思うんです。


だから、私はどんなに苦しんでる野良猫を見つけても決して保護はしません。


だって、現状では飼う気はないですから。


 しかし、世間の皆さんはこういう可哀そうな猫や困った猫を見つけても
どうしたらいいか悩むでしょうし、
見て見ぬフリをできない方も多くいると思います。


 こんな時、最も相談できて頼りになるといえば、
動物愛護ボランティアを思い浮かべるのではないでしょうか?


 そんな、皆さんが頼りにしがちなボランティアさんですが、

先日当院の飼い主さんから、こんな最悪なボランティアの話を聞かされました。


こんな人の被害にあってほしくない!

という注意躍起の目的で今回そのエピソードをご紹介させていただきます。

 

この事例はこの猫を保護した現飼い主さんと、

この猫を預かって最近まで世話をしていたボランティア
やり取りのエピソードです。

(飼い主さんの証言を基に作成しました。
LINE等のやり取りも残っているのでかなり信憑性もあると思います。)

 


今年の春

「8~10歳位の野良猫(未去勢オス)」

「弱ってカラスに突っつかれているところを保護」


保護した方はペット不可の団地に住んでおり、猫を飼ったこともないため

飼う自身がない。

そのため知り合いに相談したところ、とあるボランティア団体の

ベテランボランティア(仮にAとします)を紹介され、このA

を信頼して世話を任せることになったそうです。


 こういう時は受診する病院もボランティアさんのかかりつけに連れていく

ものです。(ちなみに、費用は基本保護者の方が支払うもので、足りない分を

ボランティアとして募金を集めたお金で補います)

 

 そして診断内容ですが、

最初の病院では、肺気腫(肺に空気が貯まりすぎて上手く息を吐けない状態)

と診断され、様々な処置でその病態からは回復。


 しかしその後も呼吸の苦しさ、ぐったり感を繰り返したため、

別の病院に転院、この2番目の病院をY動物病院とします。

 

このY動物病院では、のどに腫瘍があり飲み食いができなくなり、

この先苦しむだけで予後不良の診断。

 そして、ボランティアAと一緒に安楽死を勧められて、

まだ生きてるのに火葬場の話までされたというありえない内容です。


 ちなみにこのボランティアAは、所属する団体には迷惑をかけられないとして、

団体とは無関係で個人として活動すると、事前に誓っています。


 しかし、募金を募る発信や世話活動の多くを

個人ではなく団体の名前を語って行っています



 途中で保護者の方が「おかしいな」と思ったらしいですが、世話になっている手前

文句は言えない状況だったそうです。

 

 ちなみにこの猫は保護期間開始から最近までレンタル酸素室に入って

生活してます。


 ボランティアAはこの費用も団体を利用しての募金と保護者の方から

への請求で賄っていたそうです。


 また、A氏が預かってる最中に、この猫は一度脱走して外に逃げてしまってもいます。

そして、自宅の中で他の猫(ボランティアAが所有する他の猫)によって怪我を

負わされるというありえない不注意もあったとのことでした。


まぁ、これだけでもかなり最低ボランティアなのですが、


とにかく酷いのはこの人の発した言葉なんです。


かかりつけのY動物病院の先生に腫瘍があるので予後不良と診断された

ときに、安楽死を先生と二人で勧めてきたのですが、その時に保護者の方にかけて

きた言葉

「ガンがあってこの先もがき苦しむんだから、
安楽死をしてラクにしてあげるべき、

 私の周りのボランティアもみんな安楽死すべきと言っている」


保護者の方が決断しかねる旨を伝えると

このまま安楽死してあげないで、生かしておくことは猫に対する虐待なのよ!」



そして、安楽死の説明は

「たった1万円で、注射1本でラクになるんだから、やるべき」


かかりつけY動物病院の先生に余命24時間と言われ翌日もう一度

病院を訪れたときも

「まだ生きてたの?」と猫に話かける始末


そして、私が聞いてもっとも許せなかったのが、

一生懸命ICUの中で生きようとしている猫の目の前で、火葬の説明

をしていたことです。

これだけは絶対に許せません(怒)


結局、保護者の方がたまりかねて半ば強引に連れて帰ってきたそうですが、

その際も酷い罵声を浴びせられたそうです。


現在この猫は、当院の提携先を経て、私が担当してますが、

治療してびっくり

衰弱は酷かったものの、

呼吸も安定して、酸素室からも出て、
食欲も出てきて毛繕いもできるようになりました。
どうみても、異常ないと思われます。

 

ガンと余命を宣告した獣医の誤った判断も勿論ですが、
このボランティアは自分がラクになるために、
この猫を殺そうした訳です。


以上がこの悪徳ボランティアに関する衝撃エピソードです。


ここでこのボランティアの悪事をまとめます


団体の名前を不正に利用した


→組織に迷惑をかけられないと宣言しているのにも関わらず、
団体名を不正利用して団体の名誉を傷つけています
寄付金利用目的なのか?募金集めを有利に行うためなのか?真意
はわりませんが、組織のタブーを犯しています。


安楽死を推奨した上に、生きてる動物の目の前で火葬場の説明をした


1頭でも多くの命を救うのが、動物愛護ボランティアです。

 そのボランティアが自ら安楽死という名の殺処分を勧めるなんて

 言語道断!


預かってるときに、猫に喧嘩させた、そして逃がした


→預かると決めたなら、ケージで管理しなきゃいけないことくらい

 誰でもわかることです、ありえない管理体制です。


度重なる暴言


→こんな奴がいるんだぁ~と思い、怖くなりました

 「たった1万円で、注射1本でラクになるんだから、安楽死をやるべき」

  という文言は今回はじめて使った言葉とは思えません。

 おそらく、何回かやってると思います


以上です


患者さんは動物病院を選べます

しかし、保護した方はボランティアを選べません


そして第二第三のこういう悪徳ボランティアが出てくるとも限りません

ですから、

こういうおかしなボランティアがいるという現実を知っていただきたいですし、

おかしいと思ったら連れて帰ってくるという判断をしてほしいものです。


最後にこれを言わせて下さい!


そもそも、ボランティアが他人の保護した猫を預かるっておかしいです

病気の猫を保護したのなら、お金もかるし労力も使います。

それをボランティアに押し付けるということ自体が無責任です

 

 今回の保護者(現飼い主)の方にもこのことは伝えました。

そして反省していただきました。

保護するなら、自分で飼え!声を大にして言いたいです


そして、ボランティアにも言いたい!

変な正義感で、他人が保護した野良猫預かる暇あったら、
一頭でも多く里親探し、避妊去勢の推進活動を

してください!!あなたたちはそれだけやってればいいんです!!!

他人が保護した病気の猫を預かってる暇なんてないと思います。
 
 そもそも預かってどうするんですか?
最終的に誰が飼うんでしょう?
自分が飼うんだったら自分の金で治療費を払うべきですし、
保護した方とはある一定の期間を経て連絡を絶つべきです。

 保護した方が飼うなら応急処置が終えた時点で返すべきでしょう。

ダラダラ医療費と餌代を請求し続けて何をしたかったのか理解不能です。
一定の期間で誰が飼い主かはっきりさせて、その時点でお金のやり取りは
終了すべきです。
 ですから、このような大変な案件には初めから手を付けずに

相談にのってアドバイスをしてあげるくらいに留めておくべきです。



今回取り上げたボランティアは極めて悪質なボランティアです。


世の中のほとんどのボランティアさんは自分を犠牲にして一生懸命

保護猫活動しています(していると信じたいです)ので、ご安心下さい。


                  

PS:先日、この記事に関しまして、
団体名個人名を特定して他の悪事やクレームなどを
私に報告してくれる方がいました。

 同業などでいろいろと不満やクレームをもたれているとは思いますが、
今回の件に関してはこちらの団体にも説明および抗議させていただいております。
 
 私は基本ボランティア同士のトラブルや活動には全く関心はありませんし、
今回は患者さんから聞いたあまりにも酷い事例に対して注意躍起を促すという
目的で再発防止に繋がればと思い掲載させていただいてますので、
他の案件に関しては関与するつもりは
ありませんのでご理解下さい。
  また、コメント欄などに個人名団体名など
プライバシーに関するの記載が発見された際は直ちに編集、
警告させていただきますのでご了承下さい。

 

移動アニマルクリニック浜口


↑このページのトップヘ