スポンサードリンク
軽度発達障害とワーキングメモリーという概念は、それぞれの障害において 関与しているといわれています。 ワーキングメモリーはトレーニングによって改善可能と いわれています。 多くの研究者が、前前頭皮質がワーキングメモリー機能と 関係していると考えている場所ですが、 ワーキングメモリに関連する脳の活動がトレーニング後、前前頭皮質などで 増加していると報告されています。
軽度発達障害児は増加しているといわれていますが、 その症状も様々で、高機能広汎性発達障害(HFPDD、アスペルガー症候群、高機能自閉症)、 ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)、ADD(注意欠陥障害)、 などがあります。 単独障害だけでなく、また、合併症状が見られる場合も多いです。 例えば、LD(学習障害)とADHD(注意欠陥多動性障害)、 ADD(注意欠陥障害)と高機能広汎性発達障害(HFPDD、アスペルガー症候群、高機能自閉症) というような合併症状が組み合わさっているケースも見られます。
認知心理学において、ワーキングメモリー(Working Memory)とは、一時的に 情報を保ちながらコントロールするためのプロセスや構造を意味する構成概念で。 作動記憶とか作業記憶ともいわれることがあります。 普通、ワーキングメモリーに関与するのは頭頂皮質、前頭皮質、前帯状皮質、および大脳基底核の一部 と考えられています。
すでに、大脳皮質のドーパミンD1受容体の密度の変化とワーキングメモリーの トレーニングの改善との関係が報告されています。 脳化学のレベルで伝達物質ドーパミンと ワーキングメモリートレーニングによる脳の関係、 トレーニングによる変化は、皮質のD1受容体にだけあり、 基底核のD2受容体にはないことなどが報告されています。
さらに、高機能広汎性発達障害(HFPDD、アスペルガー症候群、高機能自閉症)、 ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)、ADD(注意欠陥障害)などの 軽度発達障害とワーキングメモリー、短期記憶、長期記憶形成、 脳の前頭葉、前頭前野、二重貯蔵モデルに関する研究が期待されます。
軽度発達障害には二次障害や合併症が見られます。 軽度発達障害の二次障害の例としては、PTSD、行為障害、うつ、適応障害、解離性障害などがあります。 二次障害は子どもが抱えている困難さを周囲が理解して対応しきれないことから引き起こされるもので 軽度発達障害で本来抱えている困難さとは別に行動や情緒の問題が出てしまうものです。
また、軽度発達障害には合併症も多く見られます。 例えば、ADHD(注意欠陥多動性障害)、ADD(注意欠陥障害)、高機能広汎性発達障害(HFPDD、アスペルガー症候群、高機能自閉症)、 LD(学習障害)などの単独障害だけでなく、PDDとADHD、PDDとLD、HFPDDとLD、LDとADHDというように 軽度発達障害同士の合併症状が見られるケースです。 二次障害を起こす要因としては周囲の理解を得られず、いじめ叱責、虐待などが多く 生来の疾病とは別に、PTSD、行為障害、うつ、適応障害、解離性障害などの 心の問題を抱えてしまいます。
例えば、周囲からのいじめを疾病のために起こる相手の気持ちを理解しない行動・態度のために 受けたりします。相手の気持ちを理解しない行動・態度は、疾病のために起こっているにも関わらず、 たとえ、本人に全く悪意がなくても、周囲から疾病のことが理解されていないため 自分の言ったなにげない言葉で相手をひどく怒らせてしまって周囲からひどいいじめを受けることがあります。 このように、自分が理解されない結果周りからいじめられてしまう経験を持つと 「周りの連中はみんな敵だ」とか「社会は悪意に満ちた存在」という考えのまま成長してしまい 不幸な場合は大人になって、大きな犯罪を引き起こしたりするケースもあります。
大人の軽度発達障害は子供の頃から疾患が分っている場合もありますが、成人を過ぎて 社会にでてから、なかなか社会にうまく溶け込めない、うまくコミュニケーションが取れない等の 問題が発生してから病院で診察を受けて診断してもらってはじめて本人が気づく場合もあります。 大人の軽度発達障害でも症状は様々で、ADHD(注意欠陥多動性障害)、 ADD(注意欠陥障害)高機能広汎性発達障害(HFPDD、アスペルガー症候群、高機能自閉症)、 LD(学習障害)等があります。
大人の軽度発達障害は子供の頃から、診察やチェックを受けて診断が家族や本人に疾患が判明して場合は 子供の頃からトレーニングを受けるなどして、目立たなくするよう努力することも可能です。 しかし、ある程度の症状はそのまま残ることがほとんどで、完璧にトレーニングによって 克服できるものではないといわれています。 大人の軽度発達障害での問題点といえば、やはり就労・就職と自立した生活をおくれるようにすると いう点です。
大人の軽度発達障害では、就労・就職が決まってからも職場において不適応を起こしてしまい それが大きな悩みとなって大きなストレスを抱えることもあります。 大人の軽度発達障害者ほど場合によっては子供の時よりもさらに大きな集団生活の困難さや 精神的不安を実感するケースが多いといえます。また、二次合併症、二次障害として 精神疾患を引き起こしてしまうケースも見られます。 二次合併症、二次障害として引き起こされる精神疾患とは例えば、うつ病や強迫性障害、不安や抑うつ、パニック、解離性人格障害、いじめや虐待からくるPTSDなどです。

大学や専門学校の卒業研究に
アニマルセラピーをテーマに
している方は、最近の傾向では
増加しています。
卒業研究(卒論)のテーマに
アニマルセラピーを選ぶヒトが
増加しているということは
それだけ、若い人たちが
動物介在療法・活動(AAT・AAA)に
関心をもつようになったということで
さらなる普及にとっても
とても良い傾向であると思います。

アニマルセラピーの卒業研究(卒論)の
ための情報収集には、NPOの活動団体や
協会に参加したり、講座を受けたり、
実践例のデータを集めるために
アンケート調査を行ったり
するのもいいですね。

アニマルセラピーを実際受けた人と
心理療法を行う側のアンケート調査を
する際は、極端でかたよった
データばかりが集まらないように
幅広い分野での情報収集を
心がけたいところですね。

また、卒業研究(卒論)に取り組む際は
アニマルセラピーの何を研究したいのか
明確な問題点がちゃんと定まっていないと
アンケート調査などでのデータ収集も
ちぐはぐなものになりがちなので
いくつかのテーマや問題点を
書き出してみると良いですね。

大学の臨床心理学専攻の学生でも
アニマルセラピーの研究については
全く知らないような教授が
いる場合さえあります。
なので、反対したり理解しようとしない
教授もいる実情はあります。

また、アニマルセラピーの卒業研究(卒論)は
わかりやすくまとめたいので
アンケートなどのデータは
グラフや画像でまとめて発表すると
いいですね。


アニマルセラピーは、癌(がん)や
エイズ患者などの終末期医療の
病棟などにも導入されています。
また、日本でも高齢者介護、老人養護施設、
ホスピス、小児病棟でアニマルセラピーが、
導入されている実例があります。

アニマルセラピーは、日本で造語された
用語で、定義上は動物介在活動(AAA)と
動物介在療法(AAT)にカテゴライズできます。
日本のホスピスや高齢者介護、
老人養護施設、小児病棟で
取り入れられているのはAAAと
AATの両方ですが、アニマルセラピーという
言葉でひとくくりにされているというのが
実情です。

国内では、日本動物病院福祉協会が
行っているCAPP(人と動物のふれあい活動)が
よく知られていますが、これらの活動は
AAAという医療的な記録などは
行わない種類のものとなっています。
ただ、動物介在活動(AAA)でも
コンパニオンアニマルによる
精神的なヒーリング効果は
あるので、通常アニマルセラピーとして
扱われているケースが多いのが国内での実情です。

また、小児病棟以外にも
子どもの教育に対する
アニマルセラピーの導入の効用も
積極的にすすめられていて
保育園や幼稚園、学校などの
教育現場にもっと取り入れようという
動きも見られます。

これらの保育園や幼稚園、学校などの
教育現場にアニマルセラピーを
導入する活動は動物介在教育(AAE)と
言われています。
動物に触れると、病棟にいる
患者の血圧や脈拍数が安定したり
認知症、躁うつ病、精神分裂病などにも
効果があるという実践例も報告されています。

なので、日本国内で、これからますます
アニマルセラピーの病棟への
導入が期待されるところです。
ちなみに、米国や英国などの
欧米諸国ではアニマルセラピーが
日本より積極的に取り入れられていますが、
ドイツでは、乗馬療法が保険の適用も
されるほど認知されています。


スポンサードリンク