〜LA DOLCE VITA〜

イタリア雑貨店・元店主のつぶやき

高いことはいいことだ!?

今夜の「世界・ふしぎ発見!」見ました?場所はイタリアのトスカーナ州を中心とする塔が建つ町たち。シエナ、ピサ、サン・ジミニャーノ、ルッカ、オルヴィエート(ここは塔じゃなくて深い井戸を地中の塔に見立てて出場してました)。すべて訪れたことがある町で、いくつか塔にも上っているだけに終始ワクワクしながら見てました♪しかも、今月から視聴者参加型にリニュアルされたんですね。もちろん、ちゃんと受話器を握り締めて参加しましたワッ。
ルッカのグイジーニ塔のてっぺんにはなぜ木々が生えてるか。答えは鳥が種を運んできたから!ピサの斜塔をこれ以上傾かせないため塔の上にある鐘たちを鳴らしてはいけない。オルヴィエートの巨大地下通路のあった規則正しい穴たちは鳩の飼育のためだった!(ちなみにわが日記にはワインセラーだとのたまっています。書き直さなきゃっ)、オルヴィエートの井戸の二重螺旋階段を考案したのはダ・ヴィンチだった!細い塔たちによく見られる穴は修繕の足場用だった!(通気孔かと思ってた。。)などなど、ずっとへぇ〜へぇ〜言ってました。でもでも、ボローニャの2本の斜塔も出して欲しかったなぁ。あの町も当時は教皇派と皇帝派が競いあって200本以上も建ってたんだったなぁ。。でも、現代になっても、あっちでもこっちでもどんどんビルが高層化してるんだから、人間ってよくよく高いもの好きのようです。

壁だらけ

昨日、ある税理士の先生のよる「経営者のためのマネーセミナー」があるというので(うれしい無料!)行ってみました。私は社長ではないですが、ただ帳簿を管理して目先の数字を見ているだけだと、あっという間に決算期を迎えてにっちもさっちもいかなくなるので、ちぃとは”数字の読める”経理マンにならなくちゃぁ..というのが動機です。主な内容は”賢い節税方法と銀行対策”で、今まで読んできたノウハウ本は何だったの?っていうくらい、分かりやすくて的を得ていて面白いものでした。セミナーの最後の方で、”売上10億円の壁というものがあって、会計や税金の大枠を理解して税理士などのブレーンを上手に活用できる経営者はすんなりと超えられるが、何でも自分でやろう、抱え込もうとする人は超えられない”という内容の話をされました。まぁ、業界や業態にもよるので一概に10億超えりゃいいってことはないのですが、思わずふむーっとうなってしまいました。後者はまさに私だー。。。
それともう1コ、いいことおっしゃってました。「知識と行為とは本来同一であり、知って行わないのは真に知ったことではない」。がーーん。。それも私だーーー。。。打ちのめされながらも、非常に実のある2時間でございました。がんばろっ。

だら〜り、のち集中〜

「本業もあってWebショップもやって家事もやって買い付けにも行って...yoriさんは時間のやりくりが上手なんでしょうね」というメールをいただきました。と、とーんでもございません!締切りのある仕事は際際になるまでお尻に火がつかないし(この性質は小学生の頃から治りません。夏休みの工作の宿題は、毎年31日の夜から9月1日の朝にかけて泣きながら仕上げてました。)、休日も1日中だら〜〜っとお見せできない無様さで過ごすことも多々あるし、そんな風に思って下さるなんて、ごめんなさーい!とひれ伏してしまいます。
友達の多くは、仕事を持ち母親業もこなし家事もするスーパー主婦たちで、それこそ尊敬してしまいます。中には経営者もいて、彼女は更に取り引き先の飲み会にまでちゃんと顔を出します(こういう場合、夫の協力は不可欠ですね)。いずれにしても、たくさんのことを抱えながら全てこなしていくために、みんなそれぞれに工夫してるんだろうと思います。私の場合、ダラダラ〜っと一見無駄に過ごす時間も大好きで、その後は、自分でも惚れ惚れするくらいの集中力で片っ端から片づけていきます。そうそう、優先順位をつけることも大事ですよね。明日でもいいことは明日にしーよおっ、とちょっとゆるめに設定することも大事(それが原因で夏休み最後の日に泣くことになったとは認めない私)。メリハリと集中力と無理しないこと、これが今の私のモットーです。

「ローマの平日」

All aboutのチャネルの「イタリア」ガイドを、スタート当初から愛読しています。そのガイド担当・岩田砂和子さんのメルマガコラムがいつも可っ笑しくて楽しくて、常々”1冊にまとめればいいのにな〜”と思っていたのですが、ついに「ローマの平日」というエッセイ本になったとのこと。早速アマゾンでお買い上げ〜♪一気に読み切りました。彼女の文章が持つリズム感、言い回しのセンス、鋭い観察力等々がこのコラムたちの何よりの魅力ですが、やっぱりイタリアって不思議な国だわと、素材の面白さを改めて思います。いつかは年単位で滞在したいという夢をまだ捨てていない私としても、大いに参考になるし、旅レベルではまだ計り知れない恐ろしさ(?!)にちょっと怖気づいたりしながらも、かなりワクワクするひと時でした。「夢は遠くで見るから美しい」確かにそうかもなぁ〜。でも、ちょっとM的に、ボロボロに打ちひしがれるのもいいかもぉ〜と思いつつ、あはは、おほほと他人事ならではで笑って楽しく読めたのでしたっ。しっかし、パーマ事件の佐藤蛾次郎は最高だわ。。。(あ、岩田さん、すみません。)
ローマの平日

雑貨天国

最近、本を買う時はアマゾンで”送信〜!”がお決まりになりつつありますが、本屋さんを見て歩くのも大好きです。行かなきゃ出会わないものもたくさんありますもんね。で、今日の収穫は「eyeco」というカタログ通販の雑誌で、リクルートが出版しているムックです。分厚い箱とくっついていて、その中からピンクの豚の鼻がのぞいているので最初は何かと思いきや、付録の雑貨のよう。”ぜーんぶ通販で買える!”というサブタイトルと豚の鼻に心を奪われ、即購入。付録っていくつになってもうれしいもんです。で、通販業を営む者としても一消費者としても、けっこう楽しめる一冊でした。機能良しデザイン良しプラスエコロジーがコンセプトで、衣食住から癒しといろんな切り口から、それほどまだ出回ってないものを500アイテムほどに絞ってあるので、1つ1つぜいたくに紹介されていて読み物としても充実してます。それにしても、ドイツの雑貨たちの躍進振りには目を見張ります。6〜7年程前までは、ドイツといえば質実剛健、そのお国柄のイメージどおりに、機能良しでも色気がないわぁというものが主流でしたが、今やイタリア雑貨もまっつぁお、遊びゴコロたっぷりです。それに勝るとも劣らず日本雑貨もすごいですけどね。機能面での貪欲さとこだわり方は世界一なのではないでしょうか。読み終わって雑誌を見たら至るページに折り跡が。。どーれーにーしーよーかーなっ。ちなみに、付録の豚の鼻は、電子レンジで温める時にラップの変わりに器にのっけるプラスチックのふたでした。落しぶたの豚さんは既によく見かけますが、同じメーカー製のもの。Buona idea!!

日々是細心

本業の仕事柄、振込み作業や請求関係などお金に拘わることがほとんどなので、とにかくミスのないよう神経を使っています。直接面識のない担当者の方へのメールもそうですし、書類を送るときもそう。細心の注意を払います。animataの仕事も同様で、お顔の知らないお客様がほとんどですから、ご注文以外のお問い合わせやご相談メールのやりとりにも、なるべく迅速に丁寧に対応しているつもりです。が、しかーし、たまーにポカもやってしまいます。
今日は、あるお問い合わせをいただき、ミラノのスタッフにその件を相談すべく転送したつもりが、お客様に返信するという初歩的ミスをしてしまいました。しかも、それをお客様からお知らせいただいたという失態ぶり。文面は、決して変じゃないけどあまり良くもないような、ちょっとビミョーな身内的な表現なもんで、顔から火が出るくらい恥ずかしかったです。忙しい時だからこそ、メールという一度送信を押しちゃったらやり直しが効かないものだからこそ、もっともっと気をつけねば、と心を新たにした次第です。とほっ。

もうそろそろ折り返し地点

時々メールで学生さんや20代の女性から、「私もこういうネットショップを開きたい!」「イタリアに関する仕事がしたい!」というお便りをいただきます。時に「どんなお仕事を経てこういう仕事をするようになったのですか」というものまで(汗)。お教えできるような大層なことはないのですが、できるだけ丁寧にお答えするようにしています。そうしながら自分を振り返って思うのは、子どもの頃や学生の頃、社会に出た後も、なりたいもの、してみたい仕事、色々思い描いて来ましたが、自分の志向と実際の向き不向きって、得てして食い違いがあるもんだなぁということ。既に持ち合わせている才能や力を発揮するために〜になりたい、〜をしたい、と思えることにこしたことはないですが、私の場合、取り立ててそんなものを見つけることができず、自分にない能力や才能に対する憧れやイメージへの憧れ、自分の弱い部分を克服したいという切望から来る”志向”がほとんどだったような気がします。でも、あまり”しゃべり”が上手でない私が販売の仕事に就いて接客の楽しさに目覚めたり、ゼロから何かを創造して生み出すことは全然だめだけど、現在のショップのように既にあるものを見い出したり組み合わせたりするのは大丈夫なことが分かったり、事務的なことが向いてると言われるのがなぜか嫌だったのが、今、経理や総務や労務や雑務といった一会社の非生産業務をひとりでやって、ルーチンではあるけど1つ1つコマを塗り潰していくようにこなす細かな仕事がけっこう向いていることを認めざるを得なかったり。。。でも、きっと一生満足しなくて悪あがきしているような気がするなぁ。。。
若い人たちには、自分の可能性を信じて、たくさんの経験を積んで、夢をたくさん持って突き進んで欲しいなぁと心から思います。私ももちょっとくらいいけるかなっ。

たかがチュッ。されどチュッ。

2年半ほど前に初めてフィレンツェでホームステイを体験しました。そのときお世話になった一人暮らしのニーデと彼女の親友ルチアには、年に2回の買い付け時のどちらかで会えるようスケジューリングしています。彼女たちに会える度に上手になっておきたいなぁと思うことは、イタリア語はもちろんですが、挨拶の”キスの音”。彼らは、私たち日本人が握手するのと同じように、男女問わず会った時別れる時、頬と頬を左右合わせチュッというキスを表す口の音を鳴らして挨拶します。最初はその慣れないスタイルに戸惑うものの(特に男性には)、とても心が近くなる感じがしてだんだんその良さに目覚めてきます。でも、なかなか彼らが放つ”チュッ”といういい音が出ないのが悲しいところ。下手すると、このやろ〜みたいな”チッ”に聞こえなくもない情けない音が出たりして。。これを家で1人で練習しているサマは、ちょっと人には見せたくないですねぇ(笑)。週に一度のイタリア語のレッスンと、思い出したときに試みる挨拶の音の練習。まだまだ当分続きそうです。

贈り物

e49aa1a8.jpg出会いと別れの季節がやってきました。お世話になった方へのお礼や、新しく出会った方へのご挨拶、何かと”ちょっとした”プレゼントを差し上げる機会が多くなる季節でもあります。”無難な”ものもいいけれど、キラリとセンスの光るモノでポイントアーップ!したい方は、ぜひアニマータをご利用下さいませ〜〜♪
お客様からよく「かわいいラッピングをありがとうございますっ!」とお礼のお言葉をいただきます。当方、OPEN時は特になーんにも考えず、ラッピングは無料導入しました。でも、こんなにもラッピング備品費用がかかっちゃうなんて浅はかだったわ。。と実は有料化を悩んだ時期もありました。ただ、実はご自分用のものだけどそれは言わずにラッピング希望ぉ〜の方も多く、一度「自分に初めてラッピングの注文をしました。妙に嬉しくてドキドキしながら包装を丁寧に開けました・・・」というお便りをいただいてからは、潔く無料化を貫くことにしました(よわっ)。でもでも、自分へのギフトって、ちょっと改まったうれしい気持ちになりますもんね。ね。
イタリアには、カラフルできれいな薄紙やリボン類、袋や箱などが、小さなカルトレリア(文房具屋さん)で比較的安く買うことができます。それを選ぶのも買い付け時の楽しみの1つ。そして、例えばお菓子屋さんでお土産を買うとき、どうせ荷物の中でくちゅくちゅになるのは分かっていても、時々「ペル レガーロ(プレゼント用に)」とラッピングをお願いしてみます。おじいさんでもおばあさんでも若いお姉さんでも、みんな似たような体裁で、カラフルな無地の包装紙でざくざくっと包んで両端をバチバチっとテープで止めて、カーリングできるカラフルなリボンで十字にきゅきゅっと結び、最後にきゅるきゅるっとカールしてくれるという塩梅です。まるでその方法しかイタリアにはないかのよう(笑)。しかも決して見た目美しくはありません。でも、その姿を見ていると何とも心があったかくなるのです。不思議なんですが。。。そういう姿を目指して、私も日々不器用なりに心をこめて、ラッピング作業に勤しんでおります。

心の師匠

仕事人として、主婦として、ひそかに師匠と尊敬している方がいます。既にカリスマ主婦で人気の料理研究家・栗原はるみさん。彼女の書くお料理本、おもてなし本などは、心から家族や友人を愛する姿、生活を楽しむためのゆとり、前向きさ、センスの良さ、創意工夫と、日頃から自分には必要だと思うモノばかりであふれていて、1冊読み終えるたびに、現実には及ばないことへの多少の凹みは感じるものの、”よし、頑張ろっ”と元気にしてくれます。雑貨店にいた頃、一度だけご夫婦でご来店になり(ご主人も雑貨好きで既に常連さんでした)、ナマはるみさんをお見かけしましたが、商品を見る目がとても真剣だったのが印象的でした。あの華奢なお体のどこから、あんなに次々とアイデアが生まれ、たくさんの仕事をこなすパワーが出てるんだろうと、いつも思います。私はと言えば、忙しさを免罪符にして日頃の家事がついさぼり気味になってしまうので、彼女の著書を数冊いつも目にとまるところに置いては、例えばそう、花の水やりでも何でもいいので、1日に1つは心をこめて暮らしを楽しむということを心がけるように心がけています(^^;)。あぁ師匠との距離はまだまだ遠い。。。
プロフィール

yori

イタリア雑貨店アニマータの店主yoriです。2021年7月末に閉店しましたが、引き続き、日々のつぶやき、京都ネタ、イタリアネタなどマイペースで更新していきます!

人気ランキング参加中!
↓ポチっといただけるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
Recent Comments
Archives
記事検索
こっそりマラソン記録・・
初フル:4時間28分30秒
(2013神戸)
初サブ4:3時間58分58秒
(2016名古屋ウィメンズ)
フルPB:3時間58分35秒
(2018奈良)
初ウルトラ:7時間15分59秒
(2016歴史街道丹後60km)
初100k:11時間56分06秒
(2018サロマ湖100kmウルトラ)

  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC