我が身体的に、次にイタリアに行ける日が来るのかどうかすら分からないので、まるで調べる気にもならなかった現状の渡航について。
なんと、オットが来月イタリア出張に行きたいと言う。
で、慌ててワクチンパスポートなどについて調べてみたら・・・

接種済証さえ持っていけば、区役所の窓口で即日発行してくれるのかと思っていたら、京都市では”新型コロナワクチン接種コールセンター”に必要書類を郵送しないといけなくて、1週間〜10日後に交付されるそうな。
えーーっそんなにかかるの?? で、急いで必要書類(ダウンロードした交付申請書とパスポートの写し、接種済証の写し、切手を貼った返信用封筒)を郵送した。
72時間以内のPCR陰性英語証明書は、トラベルクリニックで検査後24時間以内に発行してくれるらしい。でも、15,000円もかかる!早く欧州のように、無料か格安で受けられるようになればいいのに。
あとは、なになに・・?「居所情報に関するデジタルフォーマット」 (dPLF)に登録義務しないと入国できないらしい・・
イタリア自体はもう随分日常が戻っていて、グリーン・パス(ワクチン証明or陰性証明)さえ提示すればほぼ規制なくどこでも入れるようになっているようだ。
それはいいとして、たった4泊ほどの出張なのに帰国後は10日間の自主隔離・・・(ずっと家にいるやん!外食もできず朝昼晩メシ、全部要るやん!)
そこまでしていく価値のある出張ですか?と念のため聞いたらば、ある!って・・・
あぅ。
腹くくる。

211016a
花はフジバカマ

伊藤若冲ブームになって久しいけれど、近くに若冲作品がいつでも見られるところ(=相国寺)があるとついつい行きそびれてしまってた・・
年間を通して様々な企画展をされている相国寺境内の承天閣美術館だけど、ちょうど今(というか来週まで)若冲と同時代に活躍した絵師たちの作品も見られるというので、京都検定の勉強の一環で行ってきた。
感想:結局若冲はすごかった!以上!(笑) 
今の相国寺があるのも若冲のおかげということも知り、境内の墓地へ行って若冲の墓前にお礼詣りもした。私がお礼を言うことじゃないけれどw
圧巻の、金閣寺の大書院障壁画の一部は常設展で観られるので(金閣寺が相国寺の塔頭寺院の1つということも今まで知らなんだ)、また会いに行くことにしよう。(館内は靴を脱いで鑑賞するのがすごくいい!)
じっと立って観る姿勢はちょとつらいけど、途中椅子に座りながらも1時間半しっかりと鑑賞できたことは自信にもつながった。

211016b
帰りに平野神社に立ち寄ってみた。
今は十月桜がかわいい花を咲かせている。
2018年9月の台風21号でぺしゃんこになってしまった拝殿は、やっとここまで復活した。211016c
桜の時期ばかりでこの時期にはあまり来ていなかったからか、今の今まで全く気付かなかった。紫式部苑なんてあったのね。
艶々とした品のある紫色の実が美しい。珍しい白の実も!

明日から一気に季節が進むとのこと。
皆さまどうぞ体調に気を付けて・・



「更新のお知らせ」がLINEで受け取れます