週末ポタリングの巻🚴

ただいま京都では、各所で恒例・秋の特別拝観、絶賛公開中〜
京都検定の勉強兼ねて、たまにはしっかり拝ませていただくとしよう。

と、その前に、先日新聞で知って一目見ようとまずはコチラへ。

211113a
お西さん(西本願寺)の唐門(国宝)の約40年ぶりの修復が完了〜
なんとも鮮やか黒漆もパキっと美しく、細かな彫刻の彩色の見事なこと
3年強がかりの修復だったようで、職人さん達の卓越した技術に拍手喝采👏👏
御影堂前の大銀杏の黄葉はまだまだ進行中。

211113b
京都の旅番組などで常連の祇園白川では、フォトウェディング中のグループが4組もいてまぁまぁカオスな状態に(笑)
一時は韓国人カップルだらけだったけど、やっぱり白無垢や色打掛はよろしいねぇ〜
コロナ禍で新婚夫婦の6割がお式や披露宴ができていないそうで、ほんま気の毒
でもその分、指輪や新居の家具などにお金をかけているとか。ま、それもいっかw
どうか皆さんお幸せにね。

211113c
さて、目的の金戒光明寺(通称:黒谷さん)に到着。
お隣の真如堂さんには何度も訪れるも、こちらはなかなか足を踏み入れることなく初めての参拝だ
山門前の紅葉は、、、まだか〜
今回の特別拝観では、通常非公開の大方丈や回遊式庭園を公開、そして山門にも上れる。
お庭の紅葉も見頃はまだほんの一部だけれど、書院に展示された伊藤若冲と富岡鉄斎の屏風絵をじっくり堪能。そして、”アフロ仏”として話題の”五劫思惟阿弥陀仏(ごこうしゆいあみだぶつ)”を参拝。気の遠くなるような長い時間修行をされた結果、伸びた髪の毛が渦高く積み重なったことを表したんだそうで、全国で16体しかないとのこと。それにしても、ユニークなお姿だ。

211113d
第2代将軍・徳川秀忠公の菩提を弔うために建立された三重塔(重文)がある墓地のてっぺんまで上ってみたら、なかなかの見晴らしだった。
去年あたりから話題の、ちょっと場違いとも思える花手水(笑)。これで若い人達の参拝のきっかけになっていればそれも良し、か。
この後、山門にも上ったけれど、一切合切撮影禁止(景色も!)で目に焼き付ける。楼上の釈迦三尊像に十六羅漢像、天井の蟠龍図など景色以外の見どころも十分。

これしきの境内を歩き回っただけで、右脚のしびれがもうアウト(涙)
最澄さんの1200年大遠忌記念の比叡山延暦寺の特別拝観が12月12日までなので、そちらもぜひとも行きたいんだけど、どうせなら東塔以外も全域観たいやん?でもきっと歩ききれない(涙)
せめて、好きなところを好きなだけ歩けるようになりたいのぉ・・

211113e
自転車に乗っているうちにしびれがおさまったので、自宅から1.5卆茲如紅葉情報サイトで”見頃”と出ていた等持院にも行ってみた。
こちらは久々の再訪で、南北朝時代の名作庭家・夢窓疎石による庭園と、創建者の足利尊氏をはじめ歴代足利将軍の木像が安置された霊光殿が素晴らしい。
臨済宗天龍寺派のお寺さんなので、天龍寺と同じく達磨図がまずお迎えしてくださる。
紅葉の方は、見頃まではいかないかなぁ・・。しかも、ここ半月ほど暖かい日が続いたからか、葉がチリチリしていてあまり美しくない。
いずれにしても、まだまだこれからの模様。近年では12月頭まで紅々としているところもあるもんね・・

ということで、なるべく小さい寺社中心に、ゆるゆる紅葉巡りをしていく所存。
お好きな方は、乞うご期待

人出、だいぶ戻ってきました〜〜



「更新のお知らせ」がLINEで受け取れます