ようやく見頃を迎えちょります。
紅葉巡り、行ってみよっ🚴

211120a
先月ツワブキの花を見に初めて訪れた蓮華寺へ再訪。
山門を入った一歩から感嘆の声が漏れる。
前回はほとんど独り占めだった書院は、朝8時半で既に人でわっさわさ
こんなに小さなお寺でも、紅葉情報サイトに出てしまうともう穴場ではなくなっちゃうわね・・
庭園もいいけど、山門から参道周りは散紅葉ともに陽光を受けて、本当に美しかった。

211120b
蓮華寺から高台の集落を少し入っていくと、三明院という真言宗の小さなお寺がある。
観光寺院ではないのでだーれもいない!!多宝塔と紅葉と背景とのコラボが実に素晴らしかった。

211120d
9年ぶりの再訪、赤山禅院(せきざんぜんいん)へ。
こちらは比叡山延暦寺の塔頭の1つで、御所の表鬼門(東北)を守護している。
拝殿の上には鬼門除けの神猿さまが鎮座 こちらは2代目で、拝殿の向かいの小さなお堂に初代の神猿さまが2代目を静かに見守っているので、行かれた方はぜひ見つけてみて〜

211120c
こちらも、中に入るのは10年ぶりの門跡寺院(皇室一門や公家の方が出家して住職を務める寺院のこと)、曼殊院。
内部の撮影は、書院前の枯山水庭園のみOK。大書院の、狩野探幽筆の障壁画がほとんど朽ちていたのが残念なんだけど、障壁画って修復は不可能なんだろうか・・
紅葉は、やっぱり坂道の参道から見上げる山門周辺が一番きれいなので、文化財に興味のない人は外からで十分かと(笑)。しっかし、中もえらい人だった・・

211120e
一気に西に向いて🚴を走らせ、西賀茂にある正伝寺(しょうでんじ)を初拝観。
本堂の前庭は、美しく刈り込みされたサツキを三群に配した枯山水で、比叡山を取り入れた借景式庭園。白壁の向こうのカエデ達もちゃんと借景になっていて、サツキの緑とのコントラストも美しい。
右手に大きな枝垂れ桜があるので、桜の季節もぜひとも眺めたい。
拝観者はぽつりぽつりなので、とりあえず穴場候補にあげておこうw
なんでも、デヴィッド・ボウイが宝酒造「純」のCMの舞台にこの正伝寺を指定したそうな(YouTubeを見て何となく見たような記憶が)。
また、伏見城の遺構の方丈や血天井が本堂に使われていて、史跡としても重要な寺院だ。
ちなみに、血天井(1600年の伏見城の戦いで鳥居元忠や家臣らが自刃した際の血痕の残る床板が、供養のために天井に貼られている)がある京都の寺院は、正伝寺の他に東山の養源院、鷹峯の源光庵、宇治の興聖寺などいくつかある。と、京都検定的に書いてみたw

そして、日曜につづく・・・



「更新のお知らせ」がLINEで受け取れます