年明け間もない3連休は、心身ともに毎年めっちゃ助かるのは、私だけではないはず。
サービス業の方はそうはいかんよね。。

いきなり便の話で恥ずかしいんだけど、なんか、12月から年始にかけてストレスが溜まったのか、中学生の時以来の便秘発生。ヤクルトにヨーグルト、豆類などいつも通りお腹にいいもの食べてるし、日々動ける範囲でけっこう動いているのに、ちょろっとしか出てくれない日が1週間以上続いてしまった(基本割とちゃんと毎日出る人)。お腹の中はいつもグルグル鳴って、ガスだまりもひどい。
ググってみたら、おそらく”過敏性腸症候群”かと。メンタル弱いしそもそも腸が弱いしね。
3連休でリフレッシュもできて、少しずつ回復傾向。
思いつめない、考えすぎない、思考をシンプルに、呼吸を深く。

220109
<1月9日撮影>
毎年恒例の十日ゑびす大祭の、恵美須神社をお詣りした帰り、閉門ギリギリで立ち寄れた建仁寺境内にある両足院。狛犬ならぬ狛虎が見たかったから!(笑)
お〜〜かなり凛々しいお姿じゃ。
狛虎と言えば、鞍馬寺もよく知られるところゆえ、近々訪ねに行きたいな。

220110
身近な寅年と言えば、既に亡くなった父方の祖母だけだし、タイガースファンでもないし、そんなに思い入れはないはずなんだけど、なぜか気になる虎さん。
見てるとなんだかパワーが湧いてくるせいか、各所の絵馬もひじょーに気になる。
左上は北野の天神さん、右上は今宮神社(珍しい白虎だ)、左下は護王神社、右下は番外編で奈良の橿原神宮さん。
大絵馬を掲げているところは意外と少ないけれど、こうして撮り溜めていくとパワーも溜められるかな。

220110b
<1月10日撮影>
京の冬の旅・特別拝観で、この日は”報恩寺”へ。
目的は、秀吉ゆかりの”鳴虎図”の原画だ。(1/17からの第2期はレプリカの展示に変わります)
12年に一度、寅年の正月三が日にしか公開されない貴重な絵なだけに、そんな貴重な機会に触れることができてありがたや。
こういう文化財を前にしていつも思うけど、京都は応仁の乱をはじめ、江戸時代には享保・天明の大火や蛤御門の変など多くの大火に遭っているだけに、よくぞ残ってくださったと感謝することしきりだ。

220112
<1月12日撮影>
東京のお客様にお誘いいただき、大好きなビストロ、”ローストビーフの店 Watanabe"に行ってきた。
御池通り沿いにあった小さな小さなお店の頃から何度か行っていたけれど、去年このものすごく辺鄙な場所に移ってからは、このロケーションによる景観とスペースの広さも加わって更にお気に入りに。
夜の集まりに二度利用して、今回初めてランチに来ることができた。
あいにくの雪模様だったけど、比叡山が見え隠れするのを見ながら、ほぼ3時間おしゃべりに興じ、絶品のイチボの焼きたてローストビーフをいただく。あ〜最高。H様、ありがとうございました!!

今夜も雪になりそうで。。
珍しく今シーズンは何度も降っているのに、まだ雪景色を撮りに行っていない・・だって寒すぎて〜


「更新のお知らせ」がLINEで受け取れます