アニメ

アニメ
アニメ情報

本日のアニメの学習の進捗状況0

ほとんどないのですが実家の母より携帯に電話がかかってきました。月に数回は電話してくるのですがほとんど何でもない話だけしかしてこないのですが。退屈みたいで世間話の相手を見つけて電話しまくっているようです。ちょっとくらいなら相手してあげよう。

アニメの勉強をしている最中に荷物がきたり集金の人が来たり落ち着かない日でしたが、なんとか計画通りしました。これから片付けないといけないことをいくつか抱えていますのでアニメの学習は今度します。そんなに根をつめて勉強ばかりするというふうにはいきませんが、自分のペースで進めていこうと考えています。


この日のアニメの勉強の進度0

近くの角がいつもと違ってやかましくて何事かとひょいと覗き見してみると、車がぶつかったみたいです。このような光景を見てしまうと嫌ですね。でもがんばってなんとかアニメの学習を開始しようと思います。

来る日も来る日もアニメの学習ばかりをしてよくもまあマンネリにならないものだと自分のことながら思います。勉強なんていうからよくないのですね。アニメの学習はどちらかというと趣味みたいなものだし。今日一日は本をじっくりと読んでおりました。記憶に留まるようにアニメの勉強で覚えたことをノートに模写したりしていました。結構良い学習になったかと思います。


いつもどおりアニメの学習しています0

こうやって毎回日記を書き連ねていて思ったりするのですが何かを書くのって簡単ではないものですね。文章にするのが得意じゃないほうですから何かを書こうとすると骨を折っています。けれども普通の生活では言葉を書く機会がほとんどないことですので頭の体操だと思ってしています。

本日のアニメの勉強は若干気合を入れていきました。アニメの学習もいいところまでいきましたので、今日のところはこれくらいにしようと思います。いったんこうパソコンをつけてしまうといつも終われないのですがさすがに食事の準備もしないと。それにしても、アニメの勉強は楽しいですね。


なんだかいろいろとあった0

なんとなく雑誌を目にすると似たような勉強をしている方のことが書かれていました。なんというか仲間が出てきたようでうれしくなります。仲間がいるとわかると気持ちも全く違います。

今日のアニメの学習ではうれしい事がありました。少し前によくわからなくて飛ばしておいた点を見直してみたところ、なぜか理解可能になったんです。アニメの勉強は継続すると以前はわからなかった箇所が理解できるようになることが多いですね。このような点もアニメの勉強のやりがいを感じるところです。


アニメ0

日本アニメーションが創設されており、同社制作番組だけとは毎週、テレビのアニメ番組内で、社名の一部として「アニメーション」という語が表示されるようになった。

1978年に雑誌アニメージュの刊行が始まり、その後数年で誌名に「アニメ」を含むアニメ雑誌が発刊されると、アニメという語は急速に普及し、1980年頃を境に「テレビまんが」「動画」という語はほとんど使用されなくなった。
前述の通りアニメに関心のない中高年の世代の人は、現在でもアニメを「まんが」と呼ぶことがある。

アニメ0



「アニメ」という用語の最初期の使用例は、雑誌『小型映画』1965年7月号で現れる。
この雑誌も映像制作者向けの専門雑誌であった。1965年6月号までは主に「アニメーション」という語を使用しており、この頃から映像業界内で「アニメ」という語が一般的にはじめたとみられる。
一般向けに「アニメ」という語をタイトルに用いた最初期の例は、絵本のシリーズ名に「名作アニメート絵話」という語が現れる。
動詞形のanimateを日本語読みにしたもので、「アニメーション」を略したものではない。アニメーション映画『千夜一夜』は、「アニメラマ」という語を用いた。
アニメラマはシリーズと第3作まで続いた。「アニメ」という語を用いた最初の書籍タイトルは、1975年、ポプラ社の絵本シリーズ名「テレビ名作アニメ劇場」とみられる。

アニメ0

「アニメーション」「アニメ」という語はあまり用いられず、「漫画映画」または単に「動画」と呼ばれていた。
アニメーションという語は映像業界の専門用語で、その略である「アニメ」という語も一般には普及しなかった。

アニメ


テレビでアニメーション番組が放送されるようになると、「テレビまんが」などという語が使われた。
最初のテレビアニメ番組とされる「鉄腕アトム」では、本放送当時「テレビマンガ」という表記を使っていた。中高年を中心に現在でも「アニメ」を「まんが」と呼ぶ者もいる。