nag_nayです。


ぼちぼち本文イメージが出来上がりつつあるので、
公開いたします。

※具体的なコンテンツについては、前記事の目次をご参照ください。


1、イラスト例

今回は、各論考の間に、挿絵・ロゴを描いて挟んでくことになりました。

・アルドノア/ゼロ
image-1
image-3

・ガッチャマンクラウズ
ガッチャマンロゴ案

・serial experiments lain
lain01案_02

などなど。



2、概要・紹介頁

本論に付随して、作品概要・紹介、本誌を貫く問題意識をまとめたりする、文字小さめな頁です。
長いので抜粋で、繋がってないところも多々ありますが、だいたいの感じをつかんでいただく趣旨で公開します。


・第一部アウトライン(抜粋)

00_本文5_05-06
00_本文5_05-07
00_本文5_05-08
00_本文5_05-09
00_本文5_05-10

・『サイコパス』ブックガイド @deyidan
00_本文5_05-21
00_本文5_05-23



3、本文

本文です。内容紹介はまた今度行いますので、どうぞよろしくお願い致します。

・『サイコパス』論:「シビュラの深淵と託宣---槙島聖護の”存在しえぬ犯罪”」@WataruUmino

00_本文5_05-31

・『輪るピングドラム』論:「不純なるものたち---『輪るピングドラム』が描く彼方」@tacker10

00_本文5_05-81

 
・『serial experiments lain』『ガッチャマンクラウズ』論
 「どこにもいけない私たちは---『serial experiments lain』と『ガッチャマンクラウズ』の狭間で」@SpANK888
00_本文5_05-41



以上、とりあえず、本日のところはここまでということで。

11/24文フリ(と12/29-31冬コミ)にて、
『アニメクリティーク vol.2』と付属冊子『vol.2.1』、あと既刊本データ、お手に取っていただけたら幸いです。